日本の伝統的な包丁のひとつである「菜切り包丁」。野菜を切ることに特化しており、千切りやかつらむき、みじん切りなど、さまざまな調理方法に対応できます。野菜をスムーズに切れるため、うまく使いこなせれば調理時間の短縮も可能です。

今回は、菜切り包丁の選び方とおすすめの製品をご紹介。菜切り包丁のお手入れ方法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

菜切り包丁とは?

By: kai-group.com

菜切り包丁とは、主に野菜を切るのに使われる包丁のことです。ほかの包丁よりも刃が薄く、野菜を潰さずにカットできるのが特徴。一般的に、関東と関西では使われる刃の形が異なり、得意な用途も違うので注意が必要です。

関東の刃は全体が四角く、切っ先が尖っていません。均等に力が入るため、野菜の千切りや葉物を切るのにおすすめです。一方、関西の包丁は、切っ先が尖り峰側がカーブを描いています。刃の先端を使って飾り切りをしたり、野菜を切り抜いたりするのに適しています。

どちらの刃もまっすぐに作られており、反りがありません。使い慣れれば硬いモノもスムーズにカットでき、料理の幅が広がる調理器具です。

菜切り包丁のメリットとデメリット

メリット

By: kyocera.co.jp

菜切り包丁のメリットは、食材に刃が入りやすく少ない力できれいに切れること。カボチャや大根などの硬くて大きな食材も、スムーズにカットできます。刃の幅が広く、キャベツや白菜などの大きな野菜も一気に切れるため便利です。

菜切り包丁の刃はまっすぐに作られているので、野菜のかつらむきがしやすいのもポイント。大根や人参などの丸い側面に刃がぴったりと合って、皮がスルスルと向けます。

デメリット

By: amazon.co.jp

デメリットは、肉や魚などが切りにくいこと。菜切り包丁は先端が丸いため刃がうまく入らず、強引に刃を進めると食材を潰してしまいます。うまく切れないからと包丁を左右に揺らしたり強く押し当てたりすると、歯こぼれの原因にもなるので注意しておきましょう。

また、菜切り包丁は刃の幅が広いため、キッチンの包丁スタンドに入らないことがあります。収納スペースと包丁の大きさが合うかどうか、事前にしっかりと確認しておくのがおすすめです。

菜切り包丁の選び方

素材で選ぶ

鋼(はがね)製

By: amazon.co.jp

切れ味が鋭く、耐久力にも優れているのが鋼の特徴。鋼は柔らかい素材なので研ぎやすく、慣れれば数分で研ぎ直せます。適切なお手入れをすれば切れ味が長続きし、一生モノの包丁に適した素材です。

鋼はデリケートな素材のため、扱い方を間違うとすぐに錆びてしまうのが難点です。調理中もこまめに水分や油を落とさなければ、数分で錆びてしまうこともあります。表面に浮かぶ程度の錆びならクレンザーで軽くこすれば落ちるので、見つけ次第すぐに落とすようにしましょう。

ステンレス製

By: rakuten.co.jp

ステンレスは錆びにくく比較的安価なので、家庭用包丁のなかでも一般的な素材です。こまめに刃を研がなくても切れ味が長続きするため、お手入れに時間をかけたくない方にもおすすめ。柔軟性があるのでぶつけたり落としたりしても刃が欠けにくく、耐久力にも優れています。

ステンレスのデメリットは、摩耗しにくい素材なので鋼よりも研ぎにくいこと。刃を均等な厚さにするためには、時間をかけてじっくり研ぐ必要があります。

セラミック製

By: kyocera.co.jp

軽くて扱いやすく、錆びを気にせずに使えるのがセラミック製の菜切り包丁です。鋭い切れ味が長続きするため、お手入れの手間をかけたくない方におすすめ。セラミックは非金属の素材なので、金属アレルギーのある方でも安心して使えます。

セラミックの難点は、ほかの素材と比べると破損しやすいこと。床に落としてしまったり、硬い食材を切ったりすると刃がボロボロに割れることがあるため留意しておきましょう。

刃の長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用の菜切り包丁は、15〜20cmくらいの長さが一般的。刃が短いモノは小回りがききやすく、野菜の皮むきや飾り切りなど細かい作業に適しています。刃が長いモノは一度に切れる野菜の量が多く、カサの多い葉物や硬い野菜などを切るのにおすすめです。

さまざまな用途をこなす菜切り包丁が欲しい方は、刃渡りが16〜18cm程度のモノを選んでみてください。家庭用のまな板の長さは20cm前後が一般的なので、包丁の刃先が飛び出てしまうこともありません。体格や料理の腕前などを問わず、扱いやすい万能なサイズです。

柄の素材で選ぶ

By: kai-group.com

使いやすい菜切り包丁を選ぶためには、柄の素材もチェックしておきたいポイント。握りにくいモノを選ぶと食材に力がうまく伝わらないばかりか、包丁が滑り思わぬ怪我につながる恐れがあります。また、汚れが落としやすく腐食しにくいモノを選ぶと、お手入れの手間が省けて便利です。

握りやすさを重視するなら、木製の柄がおすすめ。木の質感が手にしっくりと馴染みやすいのが特徴です。また、お手入れのしやすさを重視する場合はオールステンレスも要チェック。つなぎ目部分がないため汚れが溜まりにくく、衛生的に使えます。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用の菜切り包丁の重さもしっかりとチェックしておきましょう。軽いモノは取り回しやすいですが、食材に力が伝わりにくいのが難点。また、重いモノは細かな作業がしにくく、長時間使い続けると手に負担をかけてしまいます。

150〜200g前後の重さの菜切り包丁であれば、程よい重量感があるため、カボチャや大根などの硬い野菜もスムーズに切れます。使い慣れている包丁があれば、その重さを基準に探してみるのもおすすめです。

菜切り包丁のおすすめ

藤次郎(TOJIRO) DP霞流し割込 薄刃 F-330

刃物メーカーとして有名な藤次郎が手がける、美しい積層模様が特徴の菜切り包丁です。芯材にコバルト合金鋼、外側にローカーボンステンレスとハイカーボンステンレスを組み合わせた「本鍛造多層構造」を採用。切れ味が持続しやすく、耐久性にも優れています。

また、柄の部分にはアウトドアナイフなどにも使用される積層強化剤を採用しており、長期間使用しても劣化しにくいのが魅力。本製品は刃渡りが165mmと、さまざまな食材に使いやすい長さです。

丈夫で切れ味のよい、高品質な菜切り包丁を求める方におすすめ。価格とクオリティのバランスがよく、ちょっとしたプレゼントとしても喜ばれやすい1本です。

藤次郎(TOJIRO) 藤寅作 菜切り包丁 FU-502

高品質な刃物を手がける、藤次郎「藤寅作」シリーズの菜切り包丁。職人によって1本ずつ手作業で仕上げられている、品質の高さが魅力です。

本製品は、環境に優しい積層強化木を柄に採用。手にフィットしやすい形状で握りやすいのが特徴です。また、高強度な18-8ステンレス鋼を口金に使用しているため、耐久性に優れています。

また、異なる鋼材を接合できる「クラッド技術」で仕上げたコバルト合金鋼を使用しているのもポイント。切れ味・耐久性・耐錆性を兼ね備えています。手軽に入手できる価格帯なので、コストパフォーマンスを求める方におすすめの1本です。

貝印 関孫六 15000ST 菜切り AE-5306

刃側と背側のコントラストが際立つ、美しい波紋が魅力の菜切り包丁です。本製品は異なる種類の鋼材を接合する特殊精密接合の技術により、家庭用包丁にも高級刃物鋼の採用を可能にしました。

コバルトを含有したステンレス刃物鋼を採用したことにより、耐摩擦性・耐食性・高靱性など多面的な強さを兼ね備えています。積層強化木を使用した柄の心地よい肌触りも魅力のひとつです。

また、全体がフラットな印象でデザイン性に優れているのもポイント。ワンランク上の菜切り包丁を使ってみたい方はもちろん、贈り物用に探している方にもおすすめの1本です。

貝印 関孫六 わかたけ 菜切り AB5424

錆びにくく耐久性に優れた「ハイカーボンステンレス」を採用した菜切り包丁。鋭い切れ味を実現する「特殊スキ加工」を施しており、刃入りのよさを求める方におすすめです。

また、本製品はポリプロピレンとナイロンを柄に採用しており、耐熱性を備えているのも特徴。食器洗浄機に対応しているので、メンテナンスのしやすさを求める方にも適しています。

さらに、リーズナブルで入手できるのもポイント。コストパフォーマンスに優れた扱いやすい菜切り包丁を求めている方におすすめのアイテムです。

貝印 関孫六 菜切包丁 10000CL AE5257

白合板の積層強化木を柄に使用した、エレガントでやさしいデザインが魅力の菜切り包丁です。本製品は特殊精密接合の技術により耐久性と切れ味を両立させているのが特徴です。

また、刃渡り165mm、重量300gと扱いやすいサイズのため、野菜の皮むきや飾り切りなど幅広い場面に使用できるのもポイント。さらに、口金はブレードと一体のため洗いやすく、メンテナンス性を求める方にも向いています。

扱いやすさと切れ味を兼ね備えた、高品質な家庭用の菜切り包丁を求める方におすすめのアイテムです。

京セラ(KYOCERA) セラミック 菜切りナイフ FKR-150NK-N

硬くてしなりがある、純度の高い「ファインセラミック」を使用した菜切り包丁。切れ味がよく軽量で扱いやすいため、料理初心者の方や子供の練習用としても向いています。

また、セラミック製のため錆びの心配がなく、食材の変色や金属のニオイ移りがないのもメリット。フルーツや刺身など、食材の風味を最大限に活かしたい場面にもおすすめです。

さらに、本製品に施された「先端R形状」によって刃への衝撃が分散され、折れや欠けが発生しにくいのもポイント。切れ味の持続性に優れた「ハマグリ加工」も施してあり、長期間愛用できるのもおすすめのポイントです。

京セラ(KYOCERA) セラミック菜切りナイフ FKR-150HIP-FP

金属よりも高い硬度を持つ「ファインセラミック」を使用した菜切り包丁。素材の密度と純度を高める「熱間静水圧プレス加工」を施し、従来のセラミックナイフに比べて20%の強度アップを実現しています。

高硬度のため刃こぼれしにくく、快適な切れ味を長期間維持できるのが魅力。また、刃渡り150mmと小型で小回りが効きやすく、104gと軽量なため扱いやすい菜切り包丁を求めている方におすすめの1本です。

さらに、食洗機にも対応しているのでメンテナンス性に優れているのもポイント。家庭用として手軽に安心して使える菜切り包丁を探している方はぜひチェックしてみてください。

志津刃物製作所 ゆり 菜切り型 SY-4421

鋭い切れ味を備えた菜切り包丁。高度な技術を持つ刃物職人が、1本ずつ刃を薄く仕上げています。切れ味に優れた「モリブデンバナジウムステンレス鋼」を芯材に、両側へ錆びにくいステンレスを使用した3層構造が特徴です。

また、薄刃のため、軽量で扱いやすいのも魅力。軽い力で切れるので大根のかつらむきなどにも使いやすく、力作業が苦手な方にもおすすめのアイテムです。

そのほか、柄には手触りのよい無垢のケヤキ材を使用しているのもポイント。シンプルで心地よいデザインのため、贈り物としてもおすすめです。

スミカマ(SUMIKAMA) 菜切包丁 MVシャープ MV-200

オールステンレスで刃と柄の繋ぎ目がなく、衛生的に菜切り包丁を使用したい方におすすめの1本。柄の部分にはエンボス加工を施しているため、握ったときに滑りにくいのも特徴です。

また、刀身には高硬度で切れ味に優れた「モリブデンバナジウム鋼」を採用しているのもポイント。丁寧に1本ずつ刃付けされており、シャープな切れ味を実現しています。

洗いやすさ・扱いやすさ・手軽さを兼ね備えた、コストパフォーマンスの高い菜切り包丁を求めている方におすすめです。

ツヴィリング(Zwilling) Twin Fin 30925-171

オールステンレス製で食器洗浄機にも対応した菜切り包丁。手入れのしやすさを求める方におすすめです。本製品には「N60ステンレスチール」を採用しており、均一な組織構成によって高硬度・対腐食性が向上。切れ味と耐久性を両立させています。

さらに、日本とドイツで蓄積されたナイフ開発技術による、優れた重量バランスも特徴。中心に重心があるため扱いやすく、長時間の使用でも疲れにくいのが魅力です。

また、直線美を追求した、シャープで美しいデザインもポイント。機能性に加え、デザイン性を重視したい方にもおすすめのアイテムです。

TAKUMI 菜切り包丁165mm

高硬度な刃物用鋼材「7 Cr 17 MoV高炭素鋼」を採用した菜切り包丁。腐食・摩耗・錆びなどに強い耐性を持つのが特徴です。本製品は職人の手で1本ずつ12°の刃付け加工が施されており、鋭い切れ味を備えています。

また、天然のバラの木でできた柄は、八角形に加工されているのもポイント。握りやすく滑りにくいため、長時間使用しても疲れにくいのが魅力のひとつです。

刃のグラデーションも美しく、高級感を感じられる1本。重量はわずか258gと軽量なため、力に自信のない方にもおすすめのアイテムです。

田中一之刃物製作所 誠貴作 菜切り包丁

職人によって1本ずつ丁寧に作り上げられた菜切り包丁。刃の美しい積層模様が特徴です。ブレードに、錆びにくく切れ味のよい刃物用鋼材「V金10号」を使用。研ぎやすく切れ味を維持しやすいのが魅力です。

また、柄に強化木を採用しているため落ち着いた印象があり、菜切り包丁にデザイン性を求める方にもおすすめ。自分で研いで使い込むほどに味が出てくるのもポイント。本格志向の方にも適しています。

土佐刃物 菜切り包丁 青鋼1号

炭素含有量が高く高硬度な刃物用鋼材「青鋼1号」を使用した菜切り包丁。鋭い切れ味が長持ちしやすいのが特徴です。また、両刃タイプのため真っ直ぐに食材へ刃が入りやすいのもポイント。利き腕を選ばずに使用できるため、初心者の方や家族で共有する方におすすめです。

また、ブレードは刃の部分だけを削り、あえて黒い部分を残した「黒打」仕上げを採用しているのも特徴のひとつ。クルミの木を使用した柄も趣があり、高級感があるのも魅力です。

土佐刃物 菜切り包丁 白鋼1号

プロの間でも人気のある「白鋼」をブレードに採用した、鋭い切れ味が特徴の菜切り包丁です。本製品は、あえて全体を削らない「黒打」で仕上げられており、見た目の美しさと錆びにくさを兼ね備えています。

また、両刃タイプのため食材へ真っ直ぐ刃が入りやすいのもポイントです。さらに、片刃タイプに比べて切れ味が長持ちしやすいのもメリット。利き腕を選ばずに使用できるうえ、リーズナブルなため初心者の方にもおすすめの1本です。

スミカマ(SUMIKAMA) 霞 菜切包丁 84017

職人によって本鍛造で仕上げられた高級菜切り包丁。32枚のステンレス層による美しい霞模様のブレードが特徴です。複数の国際品評会で賞を受賞しています。

本製品は手作業で作られているため、1本ずつ模様が異なるのもポイント。黒積層強化木の柄による重厚な印象も魅力です。

家庭用の包丁としてはもちろん、プレゼント用として菜切り包丁を探している方にもおすすめです。

刀皇 白紙鋼 菜切包丁

鍛冶屋手造りの絶妙な不揃い具合が魅力の高級菜切り包丁。千葉県の伝統的工芸品指定を受けた「関東牛刀」を手がける鍛治職人、八間川義人氏によって作られている1本です。

また、刃材には加工が難しい「安来白紙鋼一号」を使用しており、高い技術で熱処理と研磨を施して作られているのがポイント。両脇に錆びに強い軟ステンレスをあわせた3層構造となっており、切れ味と耐久性を高いレベルで両立しています。

さらに、強化木パッカーの柄を採用しており、木の趣を感じられるのも魅力です。口金はつなぎ目のない溶接手仕上げなので、メンテナンスしやすいのもメリット。菜切り包丁に優れた切れ味を求める方におすすめです。

番外編:菜切り包丁のお手入れ方法

By: rakuten.co.jp

菜切り包丁を長く使うには、定期的に刀身を研ぐ必要があります。包丁を挟んで抜き差しするシャープナーも便利ですが、切れ味を重視するなら砥石を使うのがおすすめです。

まずは、砥石を10分以上水に浸けてしっかり濡らします。砥石が動かないよう濡れた布巾に載せたら、10°ほどの角度で刃を砥石の上に寝かせましょう。人差し指と中指を刃に軽く添えて、リズムよく研ぐのがコツです。

刃が自分の方を向いているときは、砥石の手前から奥に向かって研ぎます。刃が自分の方に向いていないときは、奥から手前に向かって研ぎましょう。砥石や金属のカスがたまらないよう、こまめに水を流すのもポイントです。

包丁のお手入れについてさらに知りたい方は、以下の記事もあわせてチェックしてみてください。