パン好きなら1本は持っておきたい「パン切り包丁」(ブレッドナイフ)。フランスパンや焼きたてのパンを潰さずに切れるので重宝します。しかし、刃の形状や柄の材質などにさまざまな種類があるため、どれ選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのパン切り包丁をご紹介します。あわせてパン切り包丁の選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

パン切り包丁の選び方

刃の形状をチェック

パンの硬さに関係なく使える「波刃タイプ」

By: rakuten.co.jp

波刃タイプのパン切り包丁は刃がギザギザした形状のモノを指します。刃先の形状によって適したパンが変わり、先が尖って大きく鋭いモノは硬いパン向け、小さくなめらかな波刃は柔らかいパンに向いているのが一般的です。

また、刃が高品質でほどよい粗さの波刃なら、硬いパンも柔らかいパンも切りやすいため、初めて持つパン切り包丁に適しています。

柔らかいパンをキレイに切れる「平刃タイプ」

By: amazon.co.jp

刃先が平らな平刃タイプのパン切り包丁は、柔らかいパンを切るのに適しています。耳まで柔らかい食パンやフワフワのスポンジケーキにも刃がすんなり入り、パンくずが出にくいのが特徴です。また、なめらかできれいな断面に切れます。

刃の手入れが難しい波刃と違い、研ぎ直しが簡単な点もメリットです。ただし、硬いパンは切りにくく、汎用性が低いので注意しましょう。

波刃と平刃が合わさった「ハイブリッドタイプ」

By: kai-group.com

ハイブリッドタイプのパン切り包丁は、部位によって刃の形状を変えており、両方の長所を組み合わせています。ギザギザした刃やなめらかな刃などが組み合わされており、硬いパンにも柔らかいパンにも対応可能です。

使い方にコツが必要ですが、使い慣れれば汎用性が高く重宝します。しかし、機能面で優れるだけあって、価格も高くなりがちです。また、研ぎ直しができないなど、手入れしにくい面もあります。使用頻度やコストとのバランスを比較して検討するのが重要です。

刃渡りは20~24cm程度がおすすめ

By: amazon.co.jp

パン切り包丁は、ノコギリのように前後に行ったり来たりさせながら使うため、長めの刃渡りが必要です。尖っている部分をパンにひっかけて、きっかけを作り引くように切るときれいに切れます。

一般的な家庭で使うなら刃渡り20~24cmがおすすめ。長さが24cm以上あると普段使いには長く感じますが、ケーキや大型のパンを切る機会が多い方に向いています。また、刃渡り10~15cmの小さい波場のパン切り包丁は、クロワッサンやロールパンなどを切り分けるのに便利です。

柄の素材をチェック

握り心地がよい「木製」

By: kai-group.com

木製の柄は手触りが柔らかく握り心地がよいのが魅力。ただし、水や熱にも弱いため、劣化しやすいのが難点です。

なかには耐水性が高く、腐食しにくい強化木を柄に採用しているパン切り包丁もありますが、木の特性上、ほとんどの製品が食洗機に対応していません。柄が木製のパン切り包丁は手洗いでお手入れをするのがおすすめです。

軽くて扱いやすい「樹脂製」

By: amazon.co.jp

柄が樹脂でできているパン切り包丁は、軽くて扱いやすいのがメリット。力の弱い方でも使いやすいのがポイントです。

また、水に強く劣化しにくいため、お手入れも簡単。ただし、樹脂の耐熱温度によっては食洗機に対応していない製品もあるので、注意が必要です。食洗機を使うなら、購入する際に対応しているかどうかを必ず確認してみてください。

お手入れが簡単で衛生的に使える「ステンレス製」

By: rakuten.co.jp

柄と刃が一体となっているステンレス製のパン切り包丁は、衛生的でお手入れが簡単。柄と刃の境目がない一体型となっているため汚れがたまりにくく、洗いやすいのもメリットです。

ただし、ステンレス製のパン切り包丁は重いモノが多く、柄も木製に比べてすべりやすい傾向にあります。ずっしりとした握り心地が好みの方にはぴったりです。また、食洗機に対応している製品が多く、食洗機での洗浄を考えているならステンレス製が適しています。

簡単に薄切りができる「電動式」も便利

By: amazon.co.jp

手作業では難しい薄切りをするなら電動式のパン切り包丁も便利です。パン以外にも巻きずし・トマト・肉などの柔らかい食材を切れる汎用性の高い製品もあるため、ほかの用途でも重宝します。

ただし、電動式は収納スペースをとるうえ、電源が必要となるため、使える場所が限られるのがデメリットです。購入する際は、用途やキッチンで使用できるかを確認しておきましょう。

パン切り包丁のおすすめ

貝印 パマル ウェーブカット AB5630

パン好きが行列を作る名店「365日」のオーナーシェフである杉窪章匡氏と、刃物メーカーの貝印が共同開発したパン切り包丁。プロならではの視点を取り入れ、1本で硬いパンから柔らかいパンまで対応できます。

表面の硬いパンに適した細かく鋭角な刃や、柔らかいパンを軽い力で切れるゆるやかな波刃、サンドイッチに適したストレートの刃など、4種類の刃付けをしているのが特徴。さまざまなパンが気持ちよくスパッと切れます。

刃にはハイカーボンステンレス刃物鋼を採用しており、耐久性と切れ味が高いのも魅力です。柄は木製のため、ナチュラルな質感が特徴。また、刃渡りは24cmで大型のパンも切りやすいサイズです。

貝印 ウェーブカット AC0061

パンのほか、肉・ハム・野菜・果物のスライスや魚の三枚おろしなど、幅広く使えるパン切り包丁。刀身にはステンレス刃物鋼を採用し、刃の形状は波刃なので鋭い切れ味が特徴です。スライスする際は引き切るように使うと上手に切れます。

また、刃渡りは約14cmで小さなパンを切り分けるのに適したサイズ。全長は約26.7cmとコンパクトなため、省スペースで収納できるのもポイントです。柄はポリプロピレン樹脂製で110gと軽量なのも特徴。汎用性が高くコストパフォーマンスにも優れたおすすめのパン切り包丁です。

サンクラフト(SUNCRAFT) パン切り包丁 せせらぎ

大きな波刃・小さな波刃・ストレート刃を併せ持ち、さまざまな硬さのパンが簡単にカットできるパン切り包丁。刀身全体にゆるやかなカーブが付いており、切るときに余分な力をかけずに切断できます。

指がフィットするハンドル形状で持ちやすいのも魅力。はじめてパン切り包丁を使う方にもおすすめです。刃には切れ味が長持ちするモリブデンバナジウム鋼を採用しているのもポイント。適切にお手入れをすることで長持ちするので、贈り物に適した製品です。

サーモハウザー TH 平刃 スライサー 66010

平刃が特徴のレストラン向けプロ用スライサーです。高品質モリブデン合金素材を採用しており、刀身に柔軟性と耐久性を有しているのが特徴。良好な切れ味なので断面を美しく仕上げます。また、スパチュラーとしても使用できるので、ケーキ作りにも使用可能です。

ブレードの付け根はハンドルの奥深くまで入り込んでおり、耐久性にも優れています。刃渡りは26cmと大型のパンやケーキをカットするのにぴったり。プロの方はもちろん、ケーキ作りやパン作りを楽しむ方におすすめです。

庖丁工房タダフサ パン切り包丁 HK-1

刃物作りで有名な新潟県三条市の職人が手掛ける、こだわりのパン切り包丁。刃全体ではなく、刃先だけが波刃になっているのが特徴です。先端の波刃で硬いパンの表面に刃を入れ、平刃部分でパンを潰すことなくカットできます。

鋭い切れ味でパンくずがあまり出ないため、食パンやサンドイッチのカットにぴったりです。刃渡り23cm・全長36.5cmと使いやすいサイズなのも魅力のひとつ。柄には炭化木を採用し、手なじみのよい質感があります。飽きの来ない高級なデザインと鋼の切れ味が魅力のパン切り包丁です。

富田刃物 仁作 押しても引いても切れる パン切&スライス包丁 波刃ナイフ 小 No.3000

押しても引いても切れるのが特徴のパン切り包丁。切断時に波刃が触れる刃面を「押す」と「引く」に分けた新型波刃を採用しています。硬いパン・柔らかいパン・レーズンパン・調理パンなど、硬さの異なるパンも崩さずにカットできる汎用性が魅力です。

さらに、海苔巻きやトマトなどのカットが難しいといわれている食材や料理をカットできます。また、柄は手がまな板に当たらないように設計されており、使いやすいのも魅力のひとつです。

ビクトリノックス(VICTORINOX) ブレッドナイフ SP

アーミーナイフとして世界的なシェアを有するスイスのメーカー、ビクトリノックスのパン切り包丁。パン好きの方だけでなく、パティシエや料理の先生などプロの方からも多く支持されています。

刃は細かい波状なので、切れ味がよく断面がきれいです。硬いバゲットはもちろん、柔らかい食パンやケーキなどもスムーズにカットできます。また、パンくずが出にくいのも特徴。さらに、刃の根元から刃先までが同じ幅なので、食パンのスライスも安定します。

価格がリーズナブルにも関わらず耐久性が高く切れ味が持続しやすいのもポイント。硬いパンから柔らかいパンまで幅広く使いたい方におすすめです。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) センスL パンナイフ 200mm Twin FinL 32346-201

なめらかな握り心地とバランスのよい軽さでデイリーに使いやすいパン切り包丁。ハンドルはすべりにくい樹脂製かつ握りやすい流線形なので、持ちやすさに優れています。

また、ブランドロゴ入りの刀身にはドイツの鋼材を使用。日本の工場で職人が1本ずつ仕上げを施した確かな品質も魅力です。刃渡りは20cmと、狭めのキッチンでも収納しやすいサイズ。コストパフォーマンスに優れており、初めてのパン切り包丁におすすめです。

下村工業 パンスライサー ヴェルダン OVD-17

お手入れ簡単なパン切り包丁です。スタイリッシュな一体型のデザインで、衛生面にも配慮されています。刃は硬いパンにも柔らかいパンにも使える波状設計。より切れ味が長持ちするモリブデン鋼を採用しています。

刃渡り約22.5cm・全長34.5cmと大きすぎないサイズ感も魅力のひとつ。初めてパン切り包丁を購入しようと考えている方にもおすすめのパン切り包丁です。

柳宗理 日本製 パン切り 刃渡り21cm 包丁 ブレッドナイフ

日本のインダストリアルデザイナー柳宗理氏がデザインしたパン切り包丁です。使いよさを追求したシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴。オールステンレスの一体型で、お手入れしやすいのも魅力です。

刃にはモリブデンバナジウムを添加した特殊ステンレス鋼を使用。耐久性・耐蝕性に優れており切れ味も良好です。また、パンくずが出にくい特殊なウェーブ刃を採用しています。

180℃までの耐熱性があるため、食洗機による高温高圧洗浄も可能。切れ味がよく衛生的なため、家庭でも重宝するパン切り包丁です。

佐藤金属興業(SALUS) キュイジーヌ ブレッドナイフ

リーズナブルな価格で購入できるパン切り包丁です。省スペースで収納できるコンパクトサイズのため、使用頻度があまり高くない方にも適しています。また、全長28.5cm・重さ35gと軽量なので、アウトドア用としてもおすすめです。

刀身にはステンレス鋼、柄には天然木を採用しています。ナチュラルで柔らかいイメージのため、食卓に置いてもおしゃれ。気軽に使えるパン切り包丁です。

AUGYMER パンナイフ

柔らかいサンドイッチから、硬いフランスパンまで切りやすいパン切り包丁。また、パンだけでなく、ケーキやパイ・フルーツ・ハム・ローストビーフなどのスライスにも重宝します。

特殊な波刃を採用しており、パン生地に負荷をかけないスムーズな切れ味となめらかな切り口が特徴です。刀身の材質には高炭素ドイツステンレス鋼を使用しています。

また、柄は人間工学に基づいて設計されているのも魅力のひとつ。140gのほどよい重量感で力を入れずにスムーズに切断できるほか、一体型のハンドルは握りやすく手に自然にフィットします。使い勝手のよいパン切り包丁を探している方におすすめの製品です。

パン切り包丁のおすすめ|電動

クイジナート(Cuisinart) エレクトリックナイフ CEK-30

ハンドル部分が人間工学に基づいて設計された電動パン切り包丁。調理中に手が疲れにくく快適に使用できます。パワフルなモーターを搭載しており、硬いフランスパンや塊肉もスムーズにカットすることが可能。電源コード付きで常に一定のパワーで使えるため、電池切れを気にせずに調理したい方におすすめです。

右利きにも左利きにも対応しており、大人数でバーベキューなどを楽しむ際に使う人を選びません。サイズは幅約30×奥行7×高さ10cmと大きすぎないため、キッチンの空きスペースに保管できます。デザインもシンプルでさまざまなキッチンにマッチする製品です。

クイジナート(Cuisinart) エレクトリック・ナイフ CEK-40

パン用と肉用のブレード1本ずつが付属した電動ナイフ。用途別にブレードが分かれているため、衛生的に利用できるのが特徴です。また、食材に適した形状の刃なのでスムーズに切断できます。

手動式のパン切り包丁に比べると重量はありますが、ハンドル部分が握りやすく、使いやすさに配慮された設計です。カットの精度も良好で、ホームベーカリーで焼いた食パンをガイドなしでまっすぐスライスできます。パンやハムなどをきれいにスライスしたい方におすすめの電動パン切り包丁です。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) 電動ブレッド&マルチナイフ パンきり包丁 EK700

誤作動を防止する安全ロック付きの電動パン切り包丁。安全ロックを外さなければスイッチを入れても刃が動かないため、誤作動による事故のリスクを軽減できます。

高速で動く2枚の刃によって食材をカットするので、焼きたてパン・サンドイッチ・巻きずし・ショートケーキなども形がくずれにくいのが特徴。また、1mmほどの薄いスライスも可能なほか、表面が硬いバゲットもスムーズに切れます。

なお電源が必要となりますが、コードの長さは2.2mあるので、キッチンの電源が遠い場合でも無理なく使用できます。

サンコー(THANKO) エレクトリックナイフ SECSKHKR

キャンプ場にも持参できるコードレスのモノを探している方におすすめの製品。コンパクトサイズなので、キャンプ用の調理道具と一緒にまとめて携帯できます。重さも460gと軽く、手に負担をかけずに食材をカットすることが可能です。

本体には2枚のエレクトリックナイフが搭載されており、硬い食材もきれいにカットできます。エレクトリックナイフはボタンを押すと着脱できるので、汚れてもお手入れしやすいのがポイント。パンや肉だけでなくトマトなどの柔らかい食材も薄くカットできるため、サラダ作りなどにも活躍します。

マクロス ステンレスブレード MEK-8

パンや肉の断面をきれいにカットできる電動パン切り包丁。ブレードがパン用と肉用に分かれており、それぞれ2枚刃設計なので、硬いフランスパンや大きなステーキ肉もスムーズにカットできます。パン用のブレードは分厚いサンドイッチやホールケーキを切り分けるのにもおすすめです。

肉用のブレードは半解凍状態の肉もカットできるので、調理に時間をかけたくない方にもぴったり。ブレードは着脱式で汚れてもきれいに洗えます。ホームパーティーやイベントで大きな食材をサービングするのにも便利。価格も安いので初めて電動パン切り包丁を使う方におすすめの製品です。

Santuo 電動ブレッドナイフ

丈夫でサビにも強い304ステンレス製の刃を2枚搭載した電動パン切り包丁。硬いパンや肉も力を入れずにカットできるため、調理中の負担を減らしたい方におすすめです。ステンレスの刃はボタンひとつで簡単に着脱できるため、パンくずや肉の油で汚れてもお手入れすることが可能。ハンドル部分がコンパクトで狭い場所にも収納できます。

素早い刃の動きでチーズやハムを1mm程度の薄さにカットできるので、サンドイッチやサラダ作りに便利。野菜もさまざまな料理に適した薄さにカットできます。作動中はLEDインジケーターが赤く光るため、安全を確認しながら使用することが可能です。

ハミルトンビーチ(Hamilton Beach) 電動ナイフ 74250R

収納ケースとサービングフォークが付属した電動パン切り包丁。収納ケースに本体とサービングフォークをまとめて入れられるため、携帯しやすくなるだけでなく収納もスムーズにできます。先端が鋭利なサービングフォークはステーキ肉や丸鶏をしっかりと固定することが可能です。

ハンドルは人間工学に基づいて設計されており、長時間作業しても疲れにくいのがポイント。ステンレス製の刃は切れ味のよいレシプロ鋸歯状で、食材を均一にカットすることが可能です。デザインもおしゃれなので、友人を招いたホームパーティーで食材を切り分けるのにも適しています。

ワーリング(WARING) コードレスエレクトリックナイフ WEK-200J

ロックボタンを解除しないと作動しない安全設計が特徴のパン切り包丁。人が集まるバーベキューやキャンプ場で万が一のトラブルを防ぎたい方におすすめです。ハンドル部分が空洞でしっかり握れるため、手からすべりにくく安全に使用できます。重さが約580gと軽く、手に負担をかけずに使用できるのがポイントです。

2枚のステンレスブレードが交互に動いて食材を素早くカットするため、力を入れなくても使えるのがポイント。包丁で切ると潰れやすいフルーツやロールケーキの切り分けにも適しています。ステンレスブレードは簡単に着脱できるので、使用後はきれいに洗うことが可能です。