パン好きなら1本は持っておきたい「パン切り包丁(ブレッドナイフ)」。フランスパンや焼きたてのパンを潰さずに切れるので重宝します。しかし、刃の形状や柄の材質などにさまざまな種類があるため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのパン切り包丁をご紹介します。あわせてパン切り包丁の選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

パン切り包丁の選び方

刃の形状をチェック

パンの硬さに関係なく使える「波刃タイプ」

波刃タイプのパン切り包丁は、刃がギザギザした形状のモノを指します。刃先の形状によって適したパンが異なり、先が尖って大きく鋭いモノは硬いパン向け、小さくなめらかな波刃は柔らかいパンに向いているのが一般的です。

また、刃が高品質でほどよい粗さの波刃なら硬いパンも柔らかいパンも切りやすいため、初めて持つパン切り包丁に適しています。

柔らかいパンをキレイに切れる「平刃タイプ」

By: amazon.co.jp

刃先が平らな平刃タイプのパン切り包丁は、柔らかいパンを切るのに適しています。耳まで柔らかい食パンやフワフワのスポンジケーキにも刃がすんなり入り、パンくずが出にくいのが特徴です。また、なめらかできれいな断面に切れます。

刃の手入れが難しい波刃と違い、研ぎ直しが簡単な点もメリットです。ただし、硬いパンは切りにくく、汎用性が低いので注意しましょう。

波刃と平刃が合わさった「ハイブリッドタイプ」

By: kai-group.com

ハイブリッドタイプのパン切り包丁は、部位によって刃の形状を変えており、両方の長所を組み合わせています。ギザギザした刃やなめらかな刃などが組み合わされており、硬いパンにも柔らかいパンにも対応可能です。

使い方にコツが必要ですが、使い慣れれば汎用性が高く重宝します。しかし、機能面で優れるだけあって、価格も高くなりがちです。また、研ぎ直しができないなど手入れがしにくい面もあります。使用頻度やコストとのバランスを比較して検討するのが重要です。

刃渡りは20~24cm程度がおすすめ

By: amazon.co.jp

パン切り包丁は、ノコギリのように前後に行ったり来たりさせながら使うため、長めの刃渡りが必要です。尖っている部分をパンにひっかけて、きっかけを作り引くように切るときれいに切れます。

一般的な家庭で使うなら刃渡り20〜24cmがおすすめ。24cm以上あると普段使いには長く感じますが、ケーキや大型のパンを切る機会が多い方に向いています。また、刃渡り10〜15cmの小さい波刃のパン切り包丁は、クロワッサンやロールパンなどを切り分けるのに便利です。

柄の素材をチェック

握り心地がよい「木製」

By: kai-group.com

木製の柄は手触りが柔らかく握り心地がよいのが魅力。ただし、水や熱に弱いため、劣化しやすいのが難点です。

なかには耐水性が高く、腐食しにくい強化木を柄に採用しているパン切り包丁もありますが、木の特性上、ほとんどの製品が食洗機に対応していません。柄が木製のパン切り包丁は手洗いでお手入れをするのがおすすめです。

軽くて扱いやすい「樹脂製」

By: amazon.co.jp

柄が樹脂でできているパン切り包丁は、軽くて扱いやすいのがメリット。力の弱い方でも使いやすいのがポイントです。

また、水に強く劣化しにくいため、お手入れも簡単。ただし、樹脂の耐熱温度によっては食洗機に対応していない製品もあるので、注意が必要です。食洗機を使うなら、購入する際に対応しているかどうかを必ず確認してみてください。

お手入れが簡単で衛生的に使える「ステンレス製」

柄と刃が一体となっているステンレス製のパン切り包丁は、衛生的でお手入れが簡単。柄と刃の境目がない一体型となっているため汚れがたまりにくく、洗いやすいのもメリットです。

ステンレス製のパン切り包丁は重いモノが多く、柄も木製に比べてすべりやすい傾向にありますが、ずっしりとした握り心地が好みの方にはぴったりです。また、食洗機に対応している製品が多く、食洗機での洗浄を考えているならステンレス製が適しています。

簡単に薄切りができる「電動式」も便利

By: thanko.jp

手作業では難しい薄切りをするなら電動式のパン切り包丁も便利です。パン以外にも巻きずし・トマト・肉などの柔らかい食材を切れる汎用性の高い製品もあるため、ほかの用途でも重宝します。

電動式のデメリットとしては、収納スペースをとるうえ電源が必要となるため、使える場所が限られること。購入する際は、用途やキッチンで使用できるかを確認しておきましょう。

パン切り包丁のおすすめ

貝印 KHS Bready ONE パン切りナイフ AB5524

ハード系のパンも綺麗に切り分けられる

3種類の波刃形状を備えた切れ味のよいパン切り包丁です。エッジのある刃・緩やかな波刃・直線刃を使い分けることで、パンの硬い表面や柔らかい内面、底面までスムーズに切断できます。

刀身にはステンレス刃物鋼を採用し、刃渡りは21cmで扱いやすいサイズです。柄は耐熱温度100℃のポリプロピレンで、滑りにくく握りやすいのも魅力。重量は69gと軽く、長時間使用しても手首に負担がかかりません。

比較的リーズナブルな価格帯に設定されているのもポイント。美しい断面にこだわる方におすすめのパン切り包丁です。

貝印 KHS ブレッドナイフ DH7345

軽量・コンパクトサイズで扱いやすいのが魅力

卓上使いにおすすめのパン切り包丁です。刃渡りは11.5cmと短めで、フランスパンやパウンドケーキなどを切り分けるのに適しています。全長22.5cm、重さ50gと小型・軽量で扱いやすく、アウトドア用にも便利。省スペースで収納できるのもポイントです。

刀身にはステンレス刃物鋼、柄には耐熱温度140℃のポリアセタールを採用。お手入れも簡単なので、気軽に使えるコンパクトなパン切り包丁を探している方におすすめです。

貝印 ブレッドナイフ pas mal WAVECUT AB5630

さまざまな種類のパンに対応するブレッドナイフ

4種類の異なる形状の刃を備えたパン切り包丁。細かいエッジの刃・鋭利な小波刃・ゆるやかな大波刃・ストレート刃を使い分けることで、硬いパンから柔らかいパン、サンドイッチまで幅広く活躍します。

刀身には耐久性と切れ味に優れたハイカーボンステンレス刃物鋼を採用。柄は木製で手に優しくフィットし、ナチュラルな質感です。刃渡りは24cmで、大型のパンもスムーズにカットできます。

パン好きが行列を作る名店「365日」のオーナーシェフである杉窪章匡氏と、刃物メーカーの貝印が共同開発して生まれた製品。プロならではの視点を取り入れた、ハイブリッドタイプのパン切り包丁です。

パール金属(PEARL METAL) パン切り包丁 Jet Black BLKP 黒 AZ-5117

ブラックカラーで統一されたスタイリッシュなパン切り包丁です。刀身には錆びにくいモリブデン鋼を採用。刃の表面には汚れを落としやすいフッ素樹脂粉体塗装が施され、長く愛用できます。柄はステンレス鋼で、継ぎ目のない一体型がおしゃれです。

刃はパンの形を崩しにくい形状で、使いやすさにこだわっています。刃渡り約19cm、全長約32cmと大きすぎないサイズ感も魅力のひとつ。デザインを重視する方におすすめのシックなパン切り包丁です。

下村工業 パンスライサー ヴェルダン OVD-17

新潟県燕三条の職人が仕上げた人気のパン切り包丁です。刀身にはモリブデン鋼を採用し、耐久性が高く切れ味は良好。柄は丸みを帯びたフォルムのステンレスで、手に優しくフィットします。

刃は硬いパンにも柔らかいパンにも使える、滑らかな波状設計。刃渡り約22.5cm、全長34.5cmと普段使いにちょうどよいサイズ感です。境目がない一体型のスタイリッシュなデザインも魅力。食洗機に対応しているので、お手入れが簡単です。

重量は110gで、柄の中を空洞にすることにより軽量化を実現しています。切れ味・デザイン・リーズナブルな価格にこだわる方におすすめのパン切り包丁です。

サンクラフト(SUNCRAFT) パン切りナイフ せせらぎ MS-001

3種類の形状刃を備えたパン切り包丁です。大きな波刃・小さな波刃・ストレート刃を使い分けることにより、さまざまな硬さのパンを簡単にカットできます。中身の切りにくいフルーツサンドのカットや、ローストビーフの薄切りなども可能です。

約21cmの刃渡りには全体にゆるやかなカーブが付いており、余分な力をかけずに切断できます。刀身には切れ味が長持ちするモリブデンバナジウム鋼を採用。木製の柄はコンパクトで握りやすい形状になっています。

パンにこだわる方や、自宅で料理をする機会の多い方に適したパン切り包丁です。

サーモハウザー(thermo hauser) TH 平刃 スライサー 66010

平刃タイプのパン切り包丁です。レストラン向けの業務用商品ですが、自宅でケーキやパン作りを楽しむ方にもおすすめ。刀身には高品質モリブデン合金素材を採用しており、柔軟性と耐久性に優れています。

良好な切れ味で断面を美しく仕上げられるのが魅力。刃渡りは26cmと長く、大きめのパンやケーキをカットするのに適しています。スパチュラーとしても使用可能です。

柄は樹脂製で握りやすく、手に優しくなじみます。柔らかいパンやケーキをカットするのにおすすめのパン切り包丁です。

庖丁工房タダフサ パン切り HK-1

刃物作りで有名な新潟県三条市の職人が手がけたパン切り包丁。刃先だけが波刃になった、こだわりの形状です。先端の波刃で硬いパンの表面に刃を入れ、平刃部分でパンを潰すことなく滑らかにカットできます。

鋭い切れ味が特徴でパンくずが出にくく、食パンやサンドイッチのカットにおすすめです。刃渡り23cmで、長すぎず使いやすいサイズ。柄には抗菌を施した炭化木を使用し、腐食しにくく衛生的です。

紙箱入りで、贈り物にも適した製品。高級感のあるデザインと鋼の切れ味が魅力のパン切り包丁です。

アーネスト(Arnest) つばめのパンナイフ A-77028

柄が刃よりも少し上にデザインされた、独自のフォルムが印象的なパン切り包丁。カットしたときに手がまな板に当たらない仕様です。柄はケヤキの天然木を使用し、ゆるやかな形状で手になじみます。

波刃と直刃の2種類を組み合わせており、硬いフランスパンから柔らかい食パンまでスムーズにカット可能。波刃は先端と刃元にあるため、押し切りと引き切りの両方に対応します。また、刃渡りは23.5cmと扱いやすいサイズです。

特殊鋼材を使用した刃は、切れ味の良さと見た目の美しさを備えた鏡面仕上げ。使いやすいフォルムと刃が特徴のパン切り包丁です。

柳宗理 ブレッドナイフ

日本を代表するインダストリアルデザイナー・柳宗理氏がデザインしたパン切り包丁。モリブデンバナジウムを添加した特殊ステンレス鋼を使用しているため切れ味が鋭く、耐久性・耐食性に優れています。特殊なウェーブ刃を採用し、パンくずが出にくいのも魅力です。

オールステンレスで継ぎ目のないスタイリッシュなデザインも魅力。180℃までの耐熱性があり、食洗機による高温高圧洗浄もできるなどスムーズに手入れができます。高級感がある日本製のパン切り包丁を探している方におすすめです。

佐藤金属興業(SALUS) キュイジーヌ ブレッドナイフ

金物の街である燕市で作られた、リーズナブルなパン切り包丁です。全長は28.5cmとコンパクトで重量は35gと軽量。持ち運びやすいため、アウトドアシーンにもおすすめです。

刀身にはステンレス鋼、柄には手に優しくフィットする天然木を採用しています。あたたかみのあるナチュラルなデザインも魅力。安い価格帯で気軽に使える日本製のパン切り包丁です。

京セラ(KYOCERA) パン切りナイフ FKR-180P-N

ファインセラミックス製のパン切り包丁です。耐久性が高く、鋭い切れ味をキープしやすいのが魅力。マイクロギザ刃を採用し、焼きたてパンやサンドイッチ、ケーキなど柔らかい食材を切るのにおすすめです。

刃渡りは18cmで重量は83gと、コンパクトで持ち運びやすい仕様。ハンドルにはポリプロピレンを使用し、食洗機にも対応しています。漂白除菌も可能なのでお手入れが簡単。

錆びにくく、お手入れ簡単なパン切り包丁を探している方におすすめです。

ビクトリノックス(VICTORINOX) スイスクラシック ブレッドナイフ 6.8636.21L5E

カラフルなハンドルが印象的なパン切り包丁。ナイフやドライバーなどをひとつにしたマルチツールを展開するスイスのブランド「ビクトリノックス」の製品です。

人間工学に基づいて設計されたハンドルで、握りやすいのがポイント。食洗機に対応し、お手入れ簡単です。重量は90gと軽く、手に負担がかかりにくい仕様。

刃は細かい波状で、切れ味がよく断面を美しく仕上げます。刃渡りは21cmで、扱いやすいサイズ。また、ハンドルのカラー展開が豊富で、好みに合わせて選べます。贈り物にもおすすめのおしゃれなパン切り包丁です。

ビクトリノックス(VICTORINOX) ベーカーズナイフ 0.7830.10R4

折りたたみ式のコンパクトなパン切り包丁です。刃渡りは6cmで、小さめのパンをカットするのにおすすめ。幅10.3cm、奥行3.4cmの付属ケースにすっきり収納できます。パンを切断するために開発された波刃で、高い切れ味も魅力です。

パンの表面に切り込みを入れるクープナイフとしても使用可能。刀身はステンレススチールですが、ハンドルにアルミニウムを採用し、本体重量20gの軽量化を実現します。アウトドアシーンでも活躍する、携帯性に優れたパン切り包丁です。

ユニフレーム(UNIFLAME) FD ブレッドナイフ No.661802

2種類の波刃を備えた、折りたたみ式のパン切り包丁。全長約42cmですが、折りたためば約23cmとコンパクトに収納できます。刃渡り約19cmと扱いやすく、キャンプなど野外で利用するのもおすすめ。

先端は大きめの波刃、中央から刃元にかけては小さめの波刃で、硬さの異なるパンに合わせて使い分け可能です。刀身にステンレス刃物鋼を採用し、柄は樹脂製で手に優しくフィットします。重量は約92gと軽量なのも魅力。

アウトドア用品メーカーならではの、携帯性と機能性に優れたパン切り包丁です。

クイジナート(Cuisinart) 電動ナイフ CEK-30J

2枚重ねのブレードが備わった電動パン切り包丁です。前後に素早く動くため、柔らかい焼きたてパンや硬いフランスパンでもスムーズに切断できます。刃渡りは18cmで扱いやすいサイズです。

操作性に優れ、オンオフボタンを押すだけでスタートします。本体が自立するので、中断するときにブレードがテーブルに触れることなく置けて安全。人間工学に基づいて設計されたハンドルで、調理中に手が疲れにくく快適に使用できます。

ブレードは取り外して丸洗い可能。ブレードカバーが付属し、安全に収納できます。パンだけでなく、塊肉や野菜のカットにも活躍する電動パン切り包丁です。

クイジナート(Cuisinart) 電動ナイフ 2本刃タイプ CEK-40

用途の違う2種類のブレードが付属した電動ナイフ。パン切り用と肉切り用のステンレススチール製ブレードを使い分ければ、幅広い調理シーンで活躍します。刃渡りは19.3cmで、大きすぎず扱いやすいサイズです。

ハンドルは人間工学に基づいた設計で、重くなりがちな電動ナイフでも、握りやすく手に負担がかかりません。セーフティボタンが付いており、安全面にも配慮されています。木製トレイが付属し、立てかけてすっきり収納可能。洗練されたデザインで、スマートに収納できる電動ナイフです。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) 電動ブレッド&マルチナイフ パンきり包丁 EK700

安全ロック機能付きの電動パン切り包丁です。アメリカ合衆国の電動工具メーカー「ブラック・アンド・デッカー」の製品。安全ロックを外さないとブレードが動かない設計で、誤作動による事故のリスクを軽減できます。

2枚の波型ブレードが高速で動くため、焼きたてパン・サンドイッチ・ショートケーキなど形を崩さずきれいに切断できるのが魅力。刃渡りは18.5cmで、ブレードを取り外して丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

電源コードは2.2mと長く、コンセントから離れた場所でも利用できます。電動タイプでは比較的リーズナブルな価格に設定されているのもポイント。安全面に配慮された電動パン切り包丁を探している方におすすめです。

サンコー(THANKO) エレクトリックナイフ SECSKHKR

コードレスタイプの電動パン切り包丁です。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、ACアダプタで充電可能。約1.5時間でフル充電でき、連続で約70分使用できます。重量は460gと電動ナイフのなかでは比較的軽く、手首に負担がかかりにくいのもポイントです。

刃渡りは19cmで、2枚の刃により硬い食材もきれいにカットできます。刃は着脱できるので、汚れてもお手入れしやすいのが魅力です。

ハンドル上部にあるボタンを押すと電源が入り、ボタンから手を離すと動作が止まるため安全に使用できます。コンセントの場所を気にせず使える電動パン切り包丁です。

サンコー(THANKO) エレクトリックナイフ Slim TKELRCTR

コードレス式のスリムな電動パン切り包丁です。ハンドル部分の厚みが4cmとスリムで、滑らかなカーブが施されているため、握りやすく手になじみます。重量は約330gと電動タイプながらも軽量で、疲れにくいのが魅力です。

リチウムイオンバッテリーを内蔵し、USBケーブルで充電可能。約4時間でフル充電でき、連続で約45分使用できます。スイッチは押しながら上にスライドさせる設計のため、誤ってスイッチを押しただけでは作動しません。

刃渡りは20cmで、大きすぎずちょうどよいサイズ。ストラップが付属し、壁掛け収納にも対応しています。持ちやすさにこだわった電動パン切り包丁を探している方におすすめです。

デリモ(Delimo) 電動パン切り包丁 DL-EK100

2種類のブレードが付属した、コードレスタイプの電動ナイフです。パン切り用ブレード、肉と野菜用のマルチブレードを使い分けることで幅広く活用できます。着脱式のブレードは、食洗機にも対応しているのでお手入れ簡単です。

約1.5時間でフル充電でき、連続で約70分使用できます。刃渡りは14.9cmと短めで、小さなパンを切り分けるのに適したサイズ。安全スイッチを押しながら動作スイッチを入れる設計のため、誤作動による事故のリスクを軽減できます。

コンセントを気にする必要がないので、キャンプなどのアウトドアシーンにもおすすめ。さまざまな食材をカットできるコードレス式の電動パン切り包丁です。