中華料理にはもちろん、さまざまな料理に使えて便利な「中華包丁」。刃の厚さや重さなどの種類により、備えている性能や使い勝手が異なります。そのため、用途や目的に適したタイプを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、中華包丁の選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各タイプの特徴も解説するので、ぜひ自分に合った中華包丁を選ぶための参考にしてみてください。

中華包丁とは?

By: amazon.co.jp

主に中華料理の調理で使用される包丁で、大きく強靭な刃が特徴の中華包丁。肉・魚・野菜など幅広い食材をカットでき、中華料理以外にも多様な料理に対応できる万能な包丁です。

強靭な刃で魚の骨を切断したり、骨付き肉を叩き切ったりと、あらゆる分野で汎用的に使えるのが魅力。また、中華包丁は刃の種類やサイズなども多岐にわたります。用いるシーンに応じて特徴や使いやすさをチェックしたうえで、自分に合ったタイプの中華包丁を選びましょう。

中華包丁のメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

中華包丁があれば、食材や料理の分野によって包丁を使い分ける必要がなく、1本でマルチに対応できるのがメリットです。刃が大きく重みがあり、非常に切れ味も鋭いため、スムーズにカットできるのも魅力。

また、大きくて重い刃を利用すれば、肉や魚の骨を切断するのはもちろん、エビやカニなどの甲殻類の殻を割ることも可能です。中華包丁が1本あるだけで、挑戦できる料理のレパートリーも大きく広がります。

デメリット

By: amazon.co.jp

大きくて重さのある刃を備えている中華包丁は、幅広い料理に使えて便利な反面、負担が大きな点がデメリットです。重さにより、長時間使用すると手や腕に疲れを感じやすく、慣れるまでは取り扱いが難しい面もあります。

さらに、強靭で切れ味が鋭いため、万が一操作を誤ってしまうと、勢いよく指などを切ってしまう危険もあり、注意が必要。また、刃が大きくて厚さもあるので、研ぎ方にも慣れやコツが必要です。

中華包丁の選び方

刃の種類をチェック

薄刃

By: rakuten.co.jp

比較的軽量で取り扱いがしやすく、家庭用として使うのに適しているのが薄刃タイプ。柔らかい食材をカットするのに適したタイプで、スーパーなどで市販されている肉・魚・野菜などであればスムーズに切れます。初心者の方が、中華包丁の取り扱いに慣れるまでの使用におすすめのタイプです。

中厚刃

By: rakuten.co.jp

薄刃よりも厚みがあり、重さも多少増す中厚刃タイプ。鶏や魚の骨など、硬い食材も切断可能なため、中華包丁を本格的に使いたい方に適しています。ただし、厚みや重さもあるので操作の難易度は高くなり、初心者の方が取り扱いに慣れるまではある程度の時間も必要です。

とはいえ、使い方のコツを掴めば幅広い食材に使用できるため、家庭でも多様な料理が楽しめます。さまざまな食材カットや料理に使える汎用的な包丁を求めている方におすすめです。

厚刃

By: rakuten.co.jp

刃が厚く重さもあり、ブロック肉や骨などの硬い食材を切断するのに適した厚刃タイプ。高い切断能力を備えているプロ用の中華包丁です。非常に重いため、初心者の方にとっては操作が難しく、家庭料理に用いるのには扱いにくい面もあります。

ただし、厚刃タイプの中華包丁が1本あれば、ほかの包丁では調理が難しい食材にも対応可能。プロの料理人並に、本格的な料理に挑戦できるのが魅力です。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

中華包丁を選ぶ際には、利用シーンに応じて重さをチェックするのがポイント。重量が大きくなれば、切断能力も高くなり、太く硬い食材でもカットしやすくなります。

しかし、重量が大きすぎる中華包丁では、家庭での料理で用いる場合には取り回しがしにくい点がデメリットです。そのため、家庭での料理に用いるのであれば、取り扱いがしやすい重量300g以下のタイプが適しています。とくに、初心者の方が使用する場合には、重量250g前後の軽いタイプがおすすめです。

刃渡りをチェック

By: amazon.co.jp

使用する環境によって、刃渡りのチェックも重要です。刃渡りが長ければ大きな食材をさばくのに便利な反面、細かい操作がしにくく、包丁を扱うのに応じたスペースも必要。しかし、短すぎても大きな食材をカットするのに不便です。

そのため、キッチンや使用しているまな板のサイズに応じて、刃渡りの長さを選ぶのがポイント。目安として、刃渡り165~200mm程度の長さがおすすめです。刃渡りが165mm程度の長さであれば、比較的軽量で取り扱いがしやすく、コンパクトに収納できます。

持ち手の材質をチェック

By: amazon.co.jp

中華包丁の持ち手は、主に木製かステンレス製の2タイプが展開されています。木製タイプは、手に馴染みやすく握り心地がよいうえ、滑りにくいため、操作がしやすいのが魅力です。

一方、ステンレス製は耐久性が高く、劣化しにくい材質。刃と一体となっているため、手入れがしやすく衛生的に使用できます。中華包丁の持ち手に採用されている材質もチェックしたうえで、自分に合ったタイプを選びましょう。

中華包丁のおすすめ

貝印 中華包丁 175mm AB5523

両刃のため、右利き・左利きのどちらにも対応できる中華包丁。刃の素材はステンレスで、サビに強く手入れがしやすいのが特徴です。また、刃渡りは175mmと家庭でも使いやすい長さで、初心者の方が用いるのに適しています。

価格が比較的安いのも魅力。はじめて中華包丁を使う方におすすめです。家庭での料理で手軽に使える中華包丁を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

貝印 関孫六 匠創 中華包丁 165mm AB5165

刀身をハンドルの内部にまで通した独自設計で、全体のバランスと耐久性に優れた人気の中華包丁。切断抵抗を小さくする研削加工も施されており、鋭い切れ味でスムーズに切り込めます。

刃渡りは165mmで重量が約210gと、コンパクトかつ軽量なので、初心者の方でも取り扱いやすいのが特徴。さらに、流線型で指掛かりのよいハンドル形状で、握り心地も良好です。

また、オールステンレスの一体構造により、衛生的に使える点も魅力。食洗機対応のため、簡単に手入れできます。切断能力の高さはもちろん、使い勝手のよさを重視する方にもおすすめの中華包丁です。

下村工業 正次 中華庖丁 M-18

410gと適度な重さがあり、肉や野菜などの幅広い食材をスムーズにカットできる中華包丁。刃の素材はステンレスを採用しており、サビにくく手入れがしやすいのも特徴です。

刃渡りは195mmと、コンパクトながらも比較的長めで、大きい食材もカットしやすいサイズ。持ち手の部分は天然木を使用した木製で滑りにくく、操作性にも優れています。切断能力が高く、幅広い食材を使って本格的な料理をしたい方におすすめの中華包丁です。

杉本刃物 中華庖丁 1号 4001

伝統の技術を継承するメーカー「杉本刃物」の高級中華包丁です。丹念な手作業で仕上げられているのが特徴。本モデルは、比較的柔らかい肉や野菜などの食材カットに適した薄刃タイプです。

重量は370gと少し重いものの、刃渡りは220mmと長すぎず、家庭での調理シーンでもバランスよく使えるのが魅力。使いやすさと力強さを兼ね備えた中華包丁を求めている方におすすめのモデルです。

杉本刃物 中華庖丁 7号 4007

中厚刃タイプで、柔らかい食材から小骨程度までを切断できる万能型の中華包丁。高級包丁を手掛けるメーカー「杉本刃物」の上質な製品です。メンテナンスもしやすく、長く愛用できます。

重量が580gあるので、とくに初心者の方は慣れるまでは取り扱いが難しい面もありますが、1本あれば汎用的に使えて便利なのが魅力。本格的で幅広い料理に使用したい方におすすめの中華包丁です。

カンダ 神田作 中華包丁 K-3 438047

主に業務用厨房用品を手掛けるメーカー「カンダ」の高性能な中華包丁です。刃にはDPコバルト合金鋼割込素材を採用。厚刃タイプのため、魚の骨や肉などの硬い食材の切断も可能です。

また、刃渡りは220mmと長めなので、大きな食材を効率よくスムーズにカットできるのも特徴。重量は580gで、初心者の方は慣れるまで取り扱いが難しい面はあるものの、使いこなせば1本でマルチな料理に対応できます。

あらゆる硬い食材のカットに便利な厚刃タイプの中華包丁で幅広い料理を作りたい方におすすめのモデルです。

藤次郎(TOJIRO) PRO DPコバルト合金鋼割込 中華 220mm F-630

丸洗いが可能で、衛生的に使えるオールステンレス製の中華包丁。刀身部にはコバルト合金鋼を使用し、切れ味のよさを実現しています。オールステンレスなので、高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力です。

また、両刃タイプのため、右利きと左利きの兼用で使えます。さらに、持ち手部分にはトルネード状の溝が施されており、手が濡れていたり、油が付いていたりしても滑りを軽減。操作もしやすく、スムーズに食材がカットできます。

しっかりとした切れ味と使いやすさを備え、おしゃれに使える中華包丁を求めている方におすすめのアイテムです。

片岡製作所 Brieto-M11 PRO 中華包丁 #6 M1168

切れ味の鋭さと使いやすさを兼ね備えた中華包丁です。1050℃の焼入れと、-73℃以下の冷却による特殊な処理が施されており、強度と切れ味を高めたモデル。さらに、ハンドル内部を空洞にした「ステンレスモナカ構造」により、軽くしているのも特徴です。

刃渡りは220mmと長めなので、効率よく作業できます。また、オールステンレスの一体構造のため、手入れもしやすく衛生的に使用可能。ハイクオリティな中華包丁で、快適な料理を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

青木刃物製作所 堺孝行 33層 中華包丁 195mm

美しくスタイリッシュなデザインが魅力の中華包丁。ダマスカスの槌目模様が、高級感のある雰囲気を漂わせます。

芯材には、鋭い切れ味でサビにくい「VG-10」を使用。重量は349gあるため、硬めの素材も安定してスムーズにカットできます。刃渡りは195mmと、長すぎず短すぎない汎用的な長さで、幅広い食材や環境に対応しやすいのも特徴です。

高性能な中華包丁で、幅広く本格的な料理に取り組みたい方はチェックしてみてください。

トギノン(toginon) 一角作 赤龍 黒合板貫通中厚用 中華包丁 2002GC

プロの料理人も使用する中華包丁。刃の素材にはステンレスモリブデン鋼を採用しており、サビに強いうえ切れ味にも優れたモデルです。

刃渡りは240mmと長く、500gの重量があるため、大きく硬い食材もスムーズにカットできます。また、牛刀タイプの持ち手で握りやすく、操作がしやすいのも特徴。幅広い食材のカットが可能な中華包丁で、プロ並みの技術を身に付けたい方にもおすすめです。

YARENH ダマスカス 中華包丁

67層のダマスカス鋼を刃の素材に採用した、独特の美しい模様が特徴の中華包丁。優れた切れ味と耐久性を備えており、336gと比較的重さもあるため、幅広い食材をスムーズに切断できます。

刃渡りは約177mmと扱いやすい長さなので、家庭での調理シーンでも便利に使用可能。また、持ち手には強度と耐久性が高い「ダルベルギア天然木」を採用しています。水を通しにくい素材で、長く愛用しやすいのも魅力。美しいデザインにこだわる方にもおすすめの中華包丁です。

Imarku 中華包丁

刃の素材にステンレスを採用した中華包丁です。焼入れの加工が施されており、強度が高められているのが特徴。また、サビに強く手入れがしやすいうえ、耐摩耗性や耐久性にも優れているため、長く愛用しやすいのも魅力です。

持ち手は木製で、人間工学に基づいた設計により、握りやすさと扱いやすさも良好。ハンドル部分も水洗いが可能で、食洗機にも対応しています。衛生的に使える中華包丁を探している方におすすめのモデルです。

MUKAI ドイツステンレス製 中華包丁

リーズナブルで手軽に購入できる中華包丁。刃は切れ味がよく、サビや腐食に強いのが特徴です。骨のない肉や魚、野菜などのカットに対応します。また、きめ細かく滑らかな木材を使用したハンドルは握り心地がよく、滑りにくいのがポイントです。

刃に施された、波紋模様のデザインもおしゃれ。食材が張り付きにくく、洗浄や手入れも簡単に行えます。さらに、刃と持ち手の間に隙間がなく、衛生面を重視する方にもおすすめの中華包丁です。

中華包丁のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

中華包丁のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。