包丁の種類のひとつである「出刃包丁」は、昔から日本で使われてきた主に魚をさばくための包丁です。種類にこだわって包丁を選んだことがない方でも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの出刃包丁をご紹介します。初心者の方に向けた選び方も解説しているので、新しく出刃包丁を購入しようと考えている方はぜひチェックしてみてください。

出刃包丁とは?

By: amazon.co.jp

出刃包丁とは、魚をさばく際に必要となる和包丁のひとつです。ずっしりとした重みがあり、刃元は厚く、刃先は薄く鋭いのが特徴。魚をおろすほか、獣肉の硬い骨を叩き切る際にも活用できます。

なお、出刃包丁は江戸時代に大阪府の堺市で作られはじめたモノ。最初に開発した堺の鍛冶職人が出っ歯だったことから、出っ歯包丁、そして出刃包丁になったともいわれています。

出刃包丁の選び方

種類で選ぶ

本出刃包丁

By: amazon.co.jp

本出刃包丁はずっしりした重量感があり、重みを利用して魚や肉をさばくのに適した出刃包丁です。刃に厚みがあるうえ、家庭用でも刃渡りは最低15cm以上あります。軽い力でも切りこめますが高価なモノが多く、プロの料理人向けの出刃包丁です。

中出刃包丁

By: amazon.co.jp

本出刃包丁よりも刃の厚みが薄く、重さも軽いため家庭用でも使いやすいタイプです。魚を三枚におろしたり、硬いかぼちゃを切ったりするのもおすすめ。本出刃包丁よりも威力は劣りますが、さまざまな調理方法と相性のよい出刃包丁です。

小出刃包丁

By: yoshikin.co.jp

本出刃包丁の刃渡りを10cmほどの長さにしたのが小出刃包丁です。刃渡りは短いものの小回りがきき、魚の中骨や細かい骨を絶ち切りやすいタイプ。刃が骨にあたる感覚が分かりやすく、魚の二枚おろしや三枚おろしなどに慣れていない方にも向いています。

アジ切り包丁

By: amazon.co.jp

アジなどの魚をさばくのに適した出刃包丁で、刀身が比較的薄いのが特徴。また、刃先が鋭利になっており、魚の身が割れたり崩れたりするのを防ぎます。アジだけでなく、サンマやイワシなどをさばくのにもおすすめです。

利き手で選ぶ

By: amazon.co.jp

片刃の出刃包丁は、基本的に右利き用に作られています。左手でも使えますが、上手く切りにくいので左利きの方は専用の出刃包丁を購入しましょう。

また、両刃の出刃包丁であれば利き手に関わらず使用可能。片刃より切れ味が少し劣りますが、利き手がどちらでも使えるため家族で使う際にも便利です。

刃の材質で選ぶ

By: amazon.co.jp

切れ味を重視して出刃包丁を選ぶのであれば、鋼がおすすめです。出刃包丁の材質のなかでも硬くて切れ味が鋭く、プロの料理人が愛用することも多いのが特徴。魚をさばくときも、スパッとキレイに切れるのも魅力です。

ただし、錆びやすいためきちんとお手入れをする必要があります。研ぎ直せば鋭い切れ味が長く持続するので、一生モノの出刃包丁として使い続けられます。見た目も鋼特有の渋さがあり、高級感があるのも魅力です。

ステンレス

By: rakuten.co.jp

切れ味がよく、使いやすいのがステンレス製の出刃包丁。ステンレスは錆びにくく、鋼より手入れが楽にできるため、出刃包丁のお手入れに時間をかけたくない方にもおすすめです。

刃だけでなく、柄までステンレスでできたオールステンレス製の出刃包丁であれば、繋ぎ目がない分汚れもたまりにくいのが魅力。ただし、鋼ほどの硬さはないので、モノによっては刃が欠けやすいこともあるため注意が必要です。

柄の形で選ぶ

By: amazon.co.jp

柄とは持ち手のこと。一般的に出刃包丁は「小判型」と呼ばれる、楕円やオーバル型を採用しています。握りやすく、力を入れやすいのが特徴。骨が硬い鯛や青魚など、大型の魚をさばくのにもぴったりです。

ほかにも「八角型」と呼ばれる、文字通り八角の形をした柄もあり、握りやすく滑りにくいのが特徴です。なお、「一体型」なら洗いやすく、清潔感を保てます。それぞれにメリットがあるので、選ぶ際はチェックしておきましょう。

出刃包丁のおすすめブランド

貝印

By: amazon.co.jp

国内でも人気の高い貝印は、幅広い種類の出刃包丁を取り扱っています。出刃包丁だけでもさまざまなモデルが揃っているので、希望通りの製品を見つけやすいのが魅力です。

また、左利き用の出刃包丁が充実しているのもポイント。海外にも出刃包丁を輸出しており、創業100年を超える刃物メーカーのこだわりを詰め込んだ製品が人気です。

下村工業

By: amazon.co.jp

三条刃物鍛冶として140年以上創業を続ける、下村工業。昔ながらの出刃包丁はもちろんのこと、時代に合った新しい発想を重視した出刃包丁が幅広い世代から人気を集めています。

伝統的な刃物の加工技術を活かし、プロ専用の出刃包丁から家庭で使えるモノまで数多くの種類の出刃包丁をラインナップしているのが特徴。切れ味だけでなく、清潔さや使いやすさを追求した設計も魅力です。

藤次郎(TOJIRO)

By: amazon.co.jp

プロの料理人が愛用する包丁の切れ味を家庭でも体感できる「藤次郎」の出刃包丁。日本有数の刃物産地である新潟県燕三条で、職人が質の高い包丁作りを行っています。現在では国内だけでなく海外でも人気があるブランドです。

出刃包丁のおすすめモデル

貝印 出刃包丁 関孫六 金寿 ステンレス 180mm AK1103

貝印のおすすめシリーズ「関孫六」のなかでも高品質な金寿の出刃包丁です。材質には鋼に近い硬さをもつといわれている、モリブデンバナジウム鋼を使用しているのがポイント。また、切れ味をよりよくするためにステンレス製の和包丁には難しい「糸切り刃付け」を採用することで、砥ぎ直しをしやすくしています。

柄の部分には高級感と強度に優れた「積層強化木」を使用。八角ハンドルにすることで、フィット感を高め、作業時の安定性を高めています。木材を使用しているとはいえ、水に強い特殊加工を施すことで木の良さを生かしつつ、水に強い製品になっているのが魅力です。

貝印 出刃包丁 関孫六 銀寿 ステンレス 105mm AK5060

貝印のおすすめシリーズの「関孫六」のなかでも、初めて和包丁を手にする方が扱いやすい製品です。刃には錆に強いモリブデンバナジウム鋼が使用されており、耐久性が高く、長い期間使用し続けることが可能。切れ味も鋭く、研ぎ直しも可能です。

柄の部分には高級感があり水にも強い「天然木」を使用。刃渡りは10.5cmで、さまざまな調理に幅広く対応できるのが魅力です。魚をさばく際は刃元の厚い部分を使用し、小骨の処理や内臓を取り出す際は刃先の鋭い部分を使うなど、素材に合わせた使い方が楽しめます。

貝印 出刃包丁 関孫六 碧寿 ステンレス 150mm AK5072

耐水性に優れたプラスチック製ハンドルを採用した出刃包丁です。長期間衛生的に使えるのが特徴。また、洗いやすくお手入れしやすいのも魅力です。

本格刃付けを使用しているため、研ぎ直しができるのもおすすめポイント。鋭い切れ味を持続させて、長期間愛用できます。刃渡りは15cm、重量は135gとオールマイティに使えるサイズ。価格が比較的安いので、初めて出刃包丁を買う方にもおすすめです。

下村工業 ヴェルダン 出刃 包丁 150mm OVD-15

1874年の創業以来キッチン用品メーカーとしても活躍しているブランド、下村工業が作る出刃包丁です。耐久性の高いモリブデンとバナジウムが添加されたステンレス刃物鋼が使用されており、鋭い切れ味がポイント。耐久性が高くコストパフォーマンスに優れているのも魅力の製品です。

丈夫で衛生的なステンレス一体型ハンドルで、食器洗い乾燥機にも対応しています。柄元を握りやすく力が入りやすい形状に設計し、柄を中空構造にすることで軽量化しているのが魅力。長時間料理を行っても疲れにくいのが特徴です。コスパに優れた使い勝手のよい出刃包丁を探している方に適しています。

藤次郎(TOJIRO) 出刃 165mm 白紙鋼 片刃 F-902

刃の芯材に白紙鋼を、側材に軟鉄を複合させることで切れ味を追求した片刃包丁の製品です。砂鉄系の原料を使用し、不純物を極限まで減少させた素材の白紙鋼を使用することで、強度と耐久性を高めているのがポイント。研ぎやすく鋭い切れ味があります。職人がひとつひとつ手作りしているのも人気の理由です。

また、ハンドル部分には耐水性が高く、手触りのよい「朴木」を使用。握りやすく、力を入れやすい小判型にすることで、長時間調理をしても疲れを感じにくいのも特徴。刃渡りが16.5cmと長めのため、本格的に魚や肉をさばきたい方にもおすすめの製品です。

吉田工業 GLOBAL-IST 小出刃 包丁 刃渡り12cm IST-05

1954年に新潟県燕三条地区で洋食器メーカーとしてスタートした、「吉田金属工業」が作る出刃包丁です。日本の食文化のために作られた出刃包丁で、小ぶりな魚から40cm程度のタイやイサキまで、さまざまな魚をさばくシーンで活躍できるアイテムです。

刃先を滑らかに仕上げることで鋭い切れ味と優れた耐久性を実現させた「エクストラエッジ」を採用。軽い力で滑らかに食材を切ることが可能です。また、柄の部分には力強く握れるよう安定性を重視したデザインを採用。魚の調理だけでなく、カボチャや肉の塊などを切るのにも役立ちます。

佐竹産業 濃州正宗作 出刃包丁 155mm

柄に感触が柔らかく滑りにくい「白木」を採用した手になじみやすい出刃包丁です。刃には耐久性に優れたモリブデンバナジウムステンレスを使用しており、錆びにくく切れ味がよいのが魅力。全長約28cm、刃渡り15.5cmとさまざまな調理に使いやすいサイズ感も人気です。

また、高級感のある見た目ながら、リーズナブルな価格で購入できるのもポイント。品質が高く長い間使用し続けられるため、コストパフォーマンスを重視したい方におすすの製品です。

アーネスト 猫柄 出刃包丁 A-77094

刃の部分に猫の家族のシルエットが描かれたかわいらしい出刃包丁です。燕三条の職人が作っており、刃には切りやすく錆びにくいステンレスを使用。刃渡りは16cmあり、さまざまな調理に使いやすいタイプです。硬い魚や肉や野菜だけでなく、崩れやすいトマトなどのカットにも向いています。

刃にダメージを与えにくくするために、刃元に厚みをもたせているのも特徴。一方で刃先は鋭利になっており、細かい作業がしやすいのも魅力です。箔押し印刷を採用した専用ケースに入って送られてくるので、プレゼント用としてもおすすめ。切れ味にも見た目にも満足できる製品です。

穂岐山刃物 土佐刃物 包丁 黒打ち 出刃包丁 150mm

400n年以上の歴史をもつ伝統的な土佐の手打ち包丁です。両刃包丁で、比較的価格が安いのが特徴。両刃初心者の方でも手に取りやすいのがポイントです。

両刃は慣れるまで取り扱いが難しい場合もありますが、切れ味は良好。タイの骨など硬い骨はもちろん、骨付き肉やかぼちゃなど、魚以外の固いモノもキレイに切れます。刃渡り15cm、本体重量250gと重厚感のある製品です。

澤数馬 越前打刃物 江戸菊水貝サキ庖丁 鋼付 黒打 120mm

刃渡り12cmと小型タイプの貝サキ包丁です。名前の通り貝類や小さな魚をさばくのに適しており、刺身包丁として使用するのもおすすめ。魚をさばくのが初心者の方でもキレイにさばきやすいのが特徴です。本体サイズ24.3×2.9cm、本体重量約79gと軽量コンパクトな製品です。

アジやカワハギ、キスやイカなどの小魚類をさばくのにも使えるため、船釣りなど釣り用に持ち運べるのもポイント。釣った魚をその場でさばいて調理することも可能です。小型ながら丈夫で切れ味は良好。使った後は包丁砥ぎで丁寧にお手入れするようにしましょう。

キッチンツール 燕三条製造 出刃包丁

燕三条が製造する職人技で仕上げられた出刃包丁です。全長29.5cm、刃渡り16cmとやや大きめのサイズで、大きな魚の頭なども切り落とすことが可能。大きな魚だけでなく、刃先が鋭く尖っているため、小骨を取ったり内臓を取ったりと細かい作業にも適しています。

刃にはステンレスが使用されているので、メンテナンスがしやすく、清潔を保ちやすいのもポイント。柄の部分には「ホウの木」が使用されており、手になじみやすく長時間使用できます。魚以外にも肉や野菜を切る際にも使用でき、初心者でも扱いやすい製品です。

實光包丁 堺包丁 出刃 上打

明治33年創業 堺の老舗 實光刃物が仕上げた本格的な出刃包丁。料理を本格的に始めたいと考えている方にもおすすめ製品です。

機械で研ぐのではなく、出荷前に砥ぎ専門の職人が1本1本丁寧に研いでから出荷するので、到着後すぐに使用できます。切れ味がよく魚も肉も野菜もよく切れるのが特徴。刃渡り15cmと使いやすいサイズで、出刃包丁デビューにも適した製品です。

土佐刃物 包丁 おばあちゃんの黒打 出刃包丁 180mm

伝統的な土佐の手打ち鋳造包丁です。刃には鋼が使用されており、分厚い構造のため、固い食材を切ったり魚をおろしたりするのに適しています。鋼を加熱し、打ち鍛えた3層構造に仕上げることで、耐久性が高いのが特徴です。

包丁を使うほど手になじむ製品で、何度も研ぎ直しができるので、長時間愛用できます。刃の厚い丈夫な包丁で、硬い食材や魚をさばくのにおすすめの製品です。

左利き用出刃包丁のおすすめモデル

貝印 KAI 出刃包丁 関孫六 銀寿 本鋼 左用 150mm 日本製 AK5203

貝印のおすすめシリーズ「関孫六」の左利き用出刃包丁。ほどよい大きさや購入しやすい価格で、初心者の方でも手に取りやすいタイプです。刃には錆に強いモリブデンバナジウム鋼が使用されているため、耐久性が高く、長い期間使い続けられます。

右利き用と同様に、柄の部分には高級感があり水にも強い天然木の「朴」を使用。八角型を採用しているので、利き手を問わず握りやすく力を入れやすいのもポイントです。刃渡りは15cmと、大きな魚やお肉もスムーズにカットできるのが魅力の製品です。

下村工業 大門屋 景綱作 ステンレス 出刃庖丁 150mm 左利き用 DKT-S36

刃にはステンレス素材を採用することで、日ごろのメンテナンスを手軽にできる左利き用の出刃包丁です。切れ味がよいうえに錆びにくいのが魅力。長さは27.5cmで刃渡りは15cmあるため、魚をさばくのにはもちろん、細かい作業をするのにも役立ちます。

柄の部分が天然の木でできているので、手になじみやすく、使用するうちに風合いが増すのも人気のポイント。左利きの方が使用しやすいよう、左側に刃付けが施されています。

濃州正宗作 左利き用 片刃出刃包丁

昭和22年創業の株式会社佐竹産業のブランドである、濃州正宗作の左利き用の出刃包丁です。刃物に向いている特殊ステンレス鋼を使用し、熟練工が独自の刃付加工を施しているのがポイント。切れ味が鋭いのも魅力です。研ぎ直しが可能なので、鋭い切れ味を長時間維持できます。

柄には「白木」が使われており、握った感触が柔らかく手になじみやすいのが特徴。長さは約29cm、刃渡りは15.5cmと使い勝手のよいサイズが人気です。魚をさばく際に重宝する骨抜きも付属しています。

長雲斎 堺産 左用 出刃包丁 150mm

魚をさばいたり、肉を切ったりするのにおすすめの刃渡り15cmの左利き用出刃包丁です。砥ぎ直すことで繰り返し使用できるため、耐久性が高いのがポイント。柄の交換が可能で、柄の部分に不具合が起きたときに丸ごと買い替える必要がありません。

食洗器には対応していないので、使用後は丁寧に洗って乾燥させることが重要です。刃の形状は片刃で初心者でも使いやすいタイプ。魚の三枚おろしから小骨の処理まで幅広い調理が行えます。

富士カトラリー 出刃 左利き用 150mm

「富士カトラリー」の厳しい品質管理基準をクリアした工場で生産されている左利き用の出刃包丁。刀身にはステンレス刃物鋼が使用されており、サビにくく長持ちしやすいのが特徴です。

ハンドル部分には手になじみやすい「天然木」を使用。長さは28cm、刃渡りは15cmとさまざまな調理に使いやすい万能サイズです。価格も安いので、初めて左利き用出刃包丁を購入する方にもおすすめ。耐久性にも優れているため、コスパを重視したい方に向いています。

出刃包丁のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

出刃包丁のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。