イヤホンを使って、スマホ、デジタルオーディオプレーヤーで音楽を聴く方は多いですよね。毎日のように使うイヤホンですが、音質にはこだわっていますか? イヤホンを高音質なものに替えると、驚くほど音楽がよく聴こえます。

イヤホンは価格も幅広いですが、種類も豊富。目的に合った特徴を備えたイヤホンを選ぶと、一層便利に使えます。音がよく、使い勝手もよいイヤホンを見つけるために、今回は、イヤホンの種類と種類別のおすすめ機種をご紹介します。

イヤホンの種類

形状で分類するとカナル型とインナーイヤー型

By: amazon.co.jp

イヤホンの基本的な分類は、形状によって行われます。カナル型とインナーイヤー型の2種類が多いです。カナル型は耳栓型とも呼ばれます。その理由は、耳栓のようなイヤーピースを耳穴に押し込むようにして聴くからです。

カナル型のイヤホンは本体が小型で高遮音、音漏れが少ないためイヤホンの主流となっています。価格、製品数も非常に多いです。低音に強く、細かい音が聴こえやすい一方、装着に閉塞感と疲労を覚える場合もあります。

インナーイヤー型は、イヤホン本体を耳介に乗せて聴くタイプ。やや大きめのイヤホンです。遮音性は低く、音漏れも多め。かつては主流でしたが、音漏れ問題から製品数は激減しています。

臨場感の高い自然な音質は魅力的で、疲労感の少ない装着性。人前で使わない前提なら現在でもおすすめです。

発音方式ではダイナミック型とBA型、ハイブリッド型

By: amazon.co.jp

次は、発音方式による分類。形状に関わらず、イヤホンの大多数はダイナミック(D)型を採用しています。性能、コスト面で無難かつ、完成度が高いのが理由。低音を強めるのが容易で、しかもワイドレンジでもあります。

一方、近年製品数を増やしているのがバランスド・アーマチュア(BA)型。D型の弱点とされる、繊細で細かい再現力に優れます。ただ、レンジが狭く、コストが高めなのが欠点。

最近では、開発が進み、コスト面は急速に改善しています。また、複数のユニットを使うことでワイドレンジも達成しました。

D型とBA型を両方使って、いいとこ取りをしたハイブリッド型もあります。高価になりがちですが、音質バランスは良好。中国メーカーによる低価格品も登場し、市場は活気を帯びています。

有線かBluetoothワイヤレスか

By: amazon.co.jp

イヤホンは従来、3.5mmステレオミニプラグによる有線接続が基本でした。それが21世紀に入ると、Bluetooth規格での無線接続タイプが登場。

ワイヤレスなので煩わしさがなく、近年爆発的人気に。特に、iPhone7のステレオミニジャック廃止がその流れに拍車をかけています。

Bluetoothは有線よりも原理的に音質が劣り、接続の安定性、バッテリー時間に縛られるのが弱点。しかし、ハイレゾ相当の高音質伝送できる新コーデック、ロングバッテリー化など、改善も進んでいて好みで選べる状況です。

Bluetoothイヤホンを使うには、プレイヤー側がBluetooth送信に対応している必要があります。

ノイズキャンセリング型

By: amazon.co.jp

騒音の大きい場所では、イヤホンをしていても音が気になって音楽がよく聴こえないこともあります。それを解消してくれるのがノイズキャンセリング(NC)イヤホンです。周囲の騒音をマイクで集音・分析。それを打ち消す音波を発生させ、騒音だけを聴こえなくします。

最近は遮音性の高いカナル型も多いので、NC機能なしでも騒音が気にならないという人も。必要性をよく検討しましょう。

スマホ用マイク・リモコン付き

By: amazon.co.jp

スマホにイヤホンを組み合わせ、音楽プレーヤーとして使う方は多いです。そこで、スマホでの音楽再生操作ができるリモコンを装備したイヤホンも多く販売あされています。

さらには、イヤホンを付けたまま電話もできる、ハンズフリー対応のマイクセットも多いです。通常、iOS/Androidに両対応しますが、iOSのみの機種もあります。Androidユーザーの方は、対応しているかどうか要チェックですよ。

種類別おすすめのイヤホン|カナル型

シュア(SHURE) カナル型イヤホン 高遮音性 SE215-CL

商品価格 ¥ 9,806

カナル型イヤホンの隆盛を築いたシュアの代表機です。カナル型の遮音性、コンパクトさ、音のよさを世間に知らしめました。独自のダイナミック型MicroDriverによるバランスのいい高音質で、どんな音楽もそつなく聴かせます。

シュアは、快適な装着性を高めるため、コードを耳の後ろ側に回す「シュア掛け」も開発。カナル型イヤホンの装着法の標準として業界に定着させました。カナル型イヤホンの長所を確保し、同時に短所を改善。

カナル型イヤホン初心者でも失敗しにくいので、幅広くおすすめします。

種類別おすすめのイヤホン|インナーイヤー型

ゼンハイザー(SENNHEISER) インナーイヤー型イヤホン MX375

商品価格 ¥ 2,218

インナーイヤー型現行機では随一の定番です。高効率のダイナミック型ドライバーを備え、インナーイヤー型で弱くなりがちな低音再生を充実。その上、インナーイヤー型ならではの、開放感のある爽やかな高音質を堪能できます。

同価格帯のカナル型では難しい、アコースティック楽器のしなやかなリアリティーも際立って優れています。カナル型しか聴いたことのない方にもおすすめ。音漏れには気を付けて使用して下さい。

種類別おすすめのイヤホン|BA型

ソニー(SONY) カナル型イヤホン バランスド・アーマチュア型 XBA-100

商品価格 ¥ 5,200

BA型ユニットを1基使用したカナル型イヤホンです。独自のT型シンメトリックアーマチュアを使用し、波形再現性を向上。より原音に忠実な再生音が楽しめます。

また、真鍮製ハウジングを採用することで、反応のよい低音域も実現。輝きのある中高音にも寄与しています。全体にシングルBA型特有の繊細さと透明感を生かしながら、豊かなサウンドも両立。

内容にしてはリーズナブルな価格も魅力です。BA型イヤホンの入門として、大いにおすすめします。

種類別おすすめのイヤホン|ハイブリッド型

シャオミ(Xiaomi) ハイブリッドドライバー Mi In-Ear Headphones Pro HD

商品価格 ¥ 2,585

リーズナブルな中国メーカー製のハイブリッド型イヤホンです。ダイナミック型2基、BA型1基の凝った構成ながら、破格の安さ。国内メーカー製の同様構成品の半額以下です。

シャオミは中国の世界的家電メーカー。イヤホン市場でも急速に評価を高めていて、品質には全く問題ありません。しかも、高級感のあるメタルハウジングにスマホ用リモコンマイクも装備します。

40kHz再生をクリアするハイレゾ対応のハイスペック。見た目と内容だけでも元が取れるほどです。音も情報量豊富で、ワイドレンジとハイブリッド型のメリットを生かしています。ハイコスパイヤホンとしておすすめ。

種類別おすすめのイヤホン|Bluetooth型

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン h.ear in Wireless MDR-EX750BT

商品価格 ¥ 19,323

高音質かつ高機能なBluetoothワイヤレス対応カナル型イヤホンです。ユニットの構造を最適化した、9mmダイナミック型ドライバーを搭載。小型ハウジングながらワイドレンジ再生を実現しています。BluetoothコーデックにはSBC、AAC、aptXです。

加えて、LDACも対応。ハイレゾ相当の音質でワイヤレスを楽しめます(LDAC送信対応機が必要)。有線使用にも対応するので、電池切れでも安心です。また、装着性を考慮したネックバンドスタイルを採用しています。長時間使用でも疲労しにくいです。

少し高価ですが、幅広く使えるイヤホンとしておすすめ。

種類別おすすめのイヤホン|ノイズキャンセリング型

ボーズ(BOSE) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン QuietControl 30 wireless headphones

商品価格 ¥ 34,560

高性能なノイズキャンセリング(NC)機能搭載Bluetoothイヤホンです。ボーズは、NCヘッドホンの開発元であり、常にNC機では業界をリードしてきました。本機も、イヤホンでは最高レベルの騒音低減効果を謳っています。

また、新開発のコントローラブル・ノイズキャンセレーションにより、周囲の騒音状況によってNC効果を変えられます。必要に応じて周囲の音も取り込めるので、安全性も向上。細部まで聴き込める高音質を実現する、独自のサウンド設計もポイントです。

かなり高価ですが、NC性能にこだわるならおすすめ。

種類別おすすめのイヤホン|マイク付きリモコン型

ソフトバンク(SoftBank SELECTION) ハイレゾ対応 カナル型イヤホン SE-5000HR

商品価格 ¥ 5,300

スマホ用のマイク付きリモコンにこだわったカナル型イヤホンです。携帯キャリアのソフトバンクが自ら開発。多くのスマホを扱っている同社だけに、マイク付きリモコンの品位だけでなく、互換性を重視しました。

スマホによって、ボリュームが効かないというありがちな問題を減らしています。さらに、同社が販売しているスマホとの機種別動作状況を詳細に公開。肝心のイヤホンとしても秀逸です。

楽器をイメージした金属ハウジングからは、自然でバランスのよいサウンドを聴かせます。頻繁にスマホを替える方におすすめです。

イヤホンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

イヤホンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。