ミュージシャンや作曲家が音を確認するために使用するのが「モニターイヤホン」です。プロの現場では音を正確に聴く必要があるので、音質がよく雑音が入りにくいのが特徴。いわゆるプロフェッショナル向けの製品ですが、最近では一般用としても使えるモデルが多く販売されています。

そこで今回は、モニターイヤホンのおすすめモデルをご紹介。選び方や人気メーカーについても解説します。

モニターイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

モニターイヤホンは、主にステージミュージシャンやオーディオエンジニアなどが使用する、プロフェッショナル用途の製品。自分が演奏している音を聴いたり、製作した楽曲の仕上がりを確認したりするために使います。

プロの現場では正確に音響観測を行う必要があるため、非常に高音質で遮音性も高いのが特徴。最近では、一般ユーザーでも購入しやすい価格の製品も販売されているので、音質にこだわる音楽好きの方にもおすすめです。

モニターイヤホンの選び方

使用目的で選ぶ

作曲・DTM用

By: sony.jp

普通のイヤホンやヘッドホンは、一般的に「リスニング用」と呼ばれ、人が心地よいと感じる音に調節されているのが特徴です。しかし、作曲やDTMで適切な編集作業を行うためには、音の定位や音量バランスなど、音楽において重要な要素をクリアに聴けることがポイントになります。

作曲などでモニターイヤホンを使いたい方には、余計な色付けがされていない、素直で原音に近い音を再生できるモデルがおすすめです。

ステージ用

By: amazon.co.jp

ステージやレコーディングシーンで正確な演奏やボーカリングを行うためには、音の「返し」を最適な状態で聴くことが重要。音の返しとは、自分やほかの人が発している演奏音や歌声のことを指します。

ほかにも、正しい演奏をサポートする、クリック音やバックトラッキング(伴奏)といった音の確認も必要。そのため、周囲のさまざまな音に惑わされず聴き取りやすい、遮音性に優れたモニターイヤホンがおすすめです。

遮音性をチェック

By: amazon.co.jp

遮音性が低いと周囲の音が聴こえてしまい、正確な音響観測ができません。本体やイヤーピースの形状・素材を工夫するなど、遮音性を向上させる設計が施されているモニターイヤホンを選びましょう。

また、イヤーピースにおいては通常付属しているS〜Lなどのサイズ違いのモノに加え、硬さの異なるモノを同梱したモデルが便利。より確実に耳にフィットして、遮音性を高められるのでおすすめです。

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

プロフェッショナル用途と、一般の方が音楽を楽しむ用途のどちらの場合でも、装着感のよさは大切なポイントです。どれだけ音質がよく遮音性に優れていても、フィット感が悪かったり耳が痛くなったりすると、作業や音楽に集中できません。長時間快適に使用できるよう、軽量でフィット感のよいモニターイヤホンを選びましょう。

ドライバーの駆動方式をチェック

バランスド・アーマチュア型

By: audio-technica.co.jp

振動板に加えて、「アーマチュア」という小型の鉄板を搭載しているドライバーです。アーマチュアに電流を流した際に生じる振動を利用し、音声を振動板に伝送。クリアなサウンド再生が得意で、中高音域の再現性に優れています。

ダイナミック型に比べると音のレンジが狭く、低音域の再生は苦手。ただし、ドライバー自体がコンパクトなので、ほかのユニットを搭載してカバーしている製品もあります。また、解像度が高いため、繊細な音を求めている方にもおすすめです。

ダイナミック型

By: sony.jp

「ダイナミック型」はモニターイヤホンに採用されているなかでも、スタンダードなドライバー。音声信号を振動板に伝える駆動方式で、再現できる音のレンジが広い特徴をもっています。低音域の出力に優れており、迫力のあるサウンド再生が得意です。

パワフルに楽曲を鳴らせますが、1つ1つの音表現は苦手。構造がシンプルなので、比較的リーズナブルなモデルが多い点はメリットです。

ハイブリッド型

By: audio-technica.co.jp

バランスド・アーマチュア型とダイナミック型の両方のドライバーを搭載した「ハイブリッド型」。ダイナミック型ドライバーで迫力ある低音域再生を行い、バランスド・アーマチュア型ドライバーでクリアな中高音域再生を行います。

力強さと繊細さを兼ね備えたサウンドが魅力的ですが、価格はやや高め。モニターイヤホンのなかでも特に音質が高いので、予算に余裕がある方におすすめです。

モニターイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

1946年に設立された、日本を代表する電気機器メーカーです。1979年にはヘッドホンで音楽を楽しむ、携帯型のカセットプレーヤー「ウォークマン」を発売したことでも有名。音楽のリスニングスタイルを一変させました。

ソニーのモニターイヤホンは業界でも高い評価を得ており、一般向けからプロユースまで用途に応じた高性能なモデルを販売しています。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ドイツに本社を構える音響機器メーカーです。設立は1945年と古く、70年以上続く老舗ブランド。特にヘッドホンやマイクが有名で、プロフェッショナル用途にも数多く採用されています。

ほかにも、イヤホン・航空用ヘッドセット・ゲーミングヘッドセット・ヘッドホンアンプなど、オーディオ関連の製品を幅広く手掛けているメーカーです。

シュア(SHURE)

By: amazon.co.jp

1925年に創業した、マイクやイヤホンなど音響機器の製造・販売を手掛けるアメリカの老舗メーカーです。イヤホンブームの火付け役ともいえるモデルを開発したことでも有名。リスニングだけでなく、モニタリングにも使用可能な性能の高さが魅力です。

また、激しい動きにも安定してフィットする「シュア掛け」と呼ばれるイヤホンの装着方法を、世に広めたともいわれています。プロ・アマを問わず、音楽に携わる方々から人気のブランドです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: rakuten.co.jp

オーディオテクニカは、東京に本社を置く1962年創業の老舗音響機器メーカーです。イヤホンに関しては、リーズナブルに購入できるモデルからプロ向けの高性能モデルまで幅広い製品をラインナップ。利用シーンや予算に合わせて選べるのが魅力です。

モニターイヤホンにおいては、ダイナミックドライバーを搭載したエントリーモデルやバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したハイエンドモデルをラインナップする「Eシリーズ」が人気。初心者でも挑戦しやすいおすすめメーカーです。

モニターイヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) INNER EAR MONITOR MDR-EX800ST

ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発したモニターイヤホン。ステージユースのために開発されており、優れた音質はもちろん、ハードな使用にも対応する耐久性を備えているのが特徴です。

ドライバーには、16mmと大口径のダイナミック型を採用。レコーディングスタジオのモニタースピーカーのような、再現性の高いサウンドを実現しています。また、使用者の耳の形状に合わせて調節できる「フレキシブルイヤーハンガー」を搭載しているのも魅力のひとつ。

外れにくく優れたフィット感を備えているので、さまざまな現場で使えるおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ステレオイヤホン IER-M7

バランスド・アーマチュアドライバーを4基搭載した高性能なモニターイヤホンです。ボーカルや各楽器のバランス、リズムなどさまざまなサウンドを忠実に把握できるのが特徴。ステージやレコーディングにおいて、適した音質でリスニングできます。

高剛性と高内部損失のマグネシウム合金を採用することで、不要な振動を抑制しクリアなサウンドが楽しめるのも魅力。遮音性にも優れているので、あらゆる環境で音楽に集中しやすいのもうれしいポイントです。

合計13種類のイヤーピースが同梱されており、自分の耳に合ったフィット感を得られるのもメリット。細部の音までしっかり聞き分けられる、高性能なモニターイヤホンを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン XBA-N3

原音が有する音色を忠実に再現できるモニターイヤホンです。ダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーに、独自開発のサウンドスペースコントロールを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載。低音から高音までのバランスに優れており、モニターライクなサウンドを楽しめます。

また、信号伝送ロスを低減して、なめらかな高音域再生を実現する「銀コートOFCケーブル」を採用しているのも魅力。セレーションケーブルにより、絡まりにくく快適に持ち運べます。

2種類のイヤーピースが付属しており、自分に合ったフィット感を得られるのもメリット。持ち運んで屋外で気軽に使えるモニターイヤホンを探している方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO

プロ向けに設計された高性能なモニターイヤホンです。ダイナミック10mm広帯域トランスデューサーを搭載し、精密なモニターとパワフルなサウンドを兼ね備えているのが特徴。均一で歪みのない再生が可能なので、大音量でも聴きやすく快適にリスニングできます。

また、シングルドライバー設計により、心地よい装着感と安定したフィット感を得られるのも魅力。イヤーチップは3サイズ同梱されているため、自分の耳に合わせて調節できます。

高性能ながらコンパクトボディなのもうれしいポイント。普段使いはもちろん、プロユースにも耐えられるおすすめモデルです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 500 PRO

ボーカルやギタリストなどのプロ向けに設計された、高性能なモニターイヤホンです。非常に細かいディテールまで再現でき、高い音圧レベルでも歪みの少ない音を再生可能。大音量でも細部まで快適にリスニングできるのが特徴です。

直径わずか7mmのダイアフラムが備わったダイナミックドライバーを搭載しているのも魅力。コンパクトなため、耳の奥までしっかりフィットするだけでなく、ワイドレンジで再生できます。激しく動いても外れにくいので、ライブステージなどでの使用にもぴったり。

レコーディングやステージなどで使える、高性能なモニターイヤホンを探している方におすすめです。

シュア(SHURE) カナル型イヤホン SE215SPE-A

比較的安価なエントリーモデルながら、上位モデルに匹敵するサウンドを実現したモニターイヤホンです。ダイナミックドライバーを搭載しており、優れた低域と空間表現を再現。騒音カット効果の高いイヤーパッドを採用し、繊細なサウンドをしっかりリスニングできます。

また、物理的に騒音を低減できるので、あらゆる環境で音楽に集中しやすいのも魅力のひとつ。カナル型ながら耳への負担が小さいため、長時間着用しても快適です。

さらに、着脱式ケーブルを採用しており、万が一断線しても交換可能。自由にカスタマイズできるので、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

シュア(SHURE) カナル型イヤホン SE112-GR-A

プロ向けオーディオ機器の製造で培った技術が活かされた、エントリーモデルのモニターイヤホンです。周囲の雑音を最大37dBまで低減する、優れた遮音性を備えているのが特徴。さまざまな環境で音楽に集中できます。

また、人間工学に基づいた軽量・薄型デザインを実現。快適な装着感を得られるので、長時間のリスニングにもぴったりです。耳の上にケーブルをかける「シュア掛け」をすることで、優れたフィット感が得られます。比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) モニターイヤホン ATH-E40

普段使いからプロのステージまで、幅広いシーンで使えるモニターイヤホンです。ワイドレンジの再生を可能にする、独自開発のφ12.5mmモニタリング用デュアルフェーズ・プッシュプル・ドライバーを2基搭載。クリアなサウンドをリスニングできるのが特徴です。

また、フレキシブルに調節でき、優れた装着感を実現する専用コードが備わっているのも魅力。優れたフィット感で、長時間でも快適に使用できます。音質のバランスがよいので、さまざまなジャンルの音楽を楽しめるのもうれしいポイント。

さらに、高い遮音性を備えているため、カフェや電車の中などさまざまな環境で音楽に集中できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイブリッド型カナルイヤホン ATH-IEX1

優れた音質のハイレゾ再生に対応している、高性能なモニターイヤホンです。ダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載しているのが特徴。それぞれのドライバーがまっすぐ配置されているので、まとまりのあるサウンドを実現しています。

また、剛性のあるチタニウムを素材として採用しており、不要な振動を低減できるのも魅力のひとつ。原音に忠実でクリアなサウンドを楽しみたい方におすすめです。

着脱可能な「A2DCコネクター」を採用しているのもポイント。バランス接続用の4.4mm5極プラグタイプと、通常の3.5mmステレオミニプラグタイプの2種類のケーブルが付属しており、シーンに応じて使い分けられます。

ウエストン(Westone) ユニバーサルイヤホン UM Pro10 WST-UMPRO10-2017

プロ向けのエントリーモデルとして人気のモニターイヤホン。ステージユースに適しており、ステージ上での騒音から耳を保護するだけでなく、ミキサーからのリターンを細部まで忠実にリスニングできるのが特徴です。

また、優れた耐久性を備えているのも魅力のひとつ。頻繁に長時間装着する場合など、ハードな使用にも耐えられます。コンパクト設計で、快適な着け心地を実現しているのもメリット。本製品はリケーブルに対応しているので、音質をカスタマイズしたい方にもおすすめです。

ウエストン(Westone) インイヤーモニター AM Pro10 WST-AMPRO10

周囲の音を取り込める開放型のモニターイヤホン。独自の「SLEDテクノロジー」と「TRUオーディオフィルター」を採用することで、適切な周波数をキープしたまま不要なノイズを抑制できるのが特徴です。

また、自然な音場で聴き取りやすいサウンドを再生できるのも魅力のひとつ。耳にすっぽり収まるコンパクト設計を採用しているほか、シリコンタイプ・フォームタイプなど合計10ペアのイヤーピースを付属しているため、優れたフィット感を得られます。

リケーブルに対応しており、好みの音質にカスタマイズできるのもポイント。耐久性にも優れているので、長期的に使いたい方にもおすすめです。

ファイナル(fainal) カナル型イヤホン E5000

音響工学や心理学の研究成果を踏まえて設計されたモニターイヤホンです。強調した音域を作らず、細部の音までしっかり表現できるのが特徴。包み込むような、自然な音場を実現しています。

また、6.4mmφダイナミック型ドライバーユニットを搭載しているのも魅力。ダイナミック型を採用していながら小型設計のため、優れた精度に加えて、快適な装着感を得られます。イヤーピースは硬度が異なる2種類のシリコン素材を使用。サイズもそれぞれ5サイズ同梱されているので、自分の耳に合わせて調節できます。

そのほか、リケーブルに対応しており、万が一断線しても簡単に交換可能。長く使える高性能なモニターイヤホンを探している方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) WOODシリーズ カナル型イヤホン HA-FX1100

ウッドハウジングを採用した、スタイリッシュなデザインのモニターイヤホンです。自然な音の拡がりを感じられる「ウッドドームユニット」を搭載。ウッドハウジングが不要な振動を抑制し、クリアなサウンドを再生できるのも特徴です。

音声信号の伝送経路には音響特性に優れた高品質ハンダを採用しており、原音に忠実なサウンドを再生できるのも魅力。リケーブルにも対応しているので、好みに合わせて音質をカスタマイズできます。

木目調のデザインがおしゃれで高級感もあるため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

マッキー(MAKIE) デュアルハイブリッド型プロフェッショナルインイヤーモニター MP-240

人間工学に基づいて設計された、プロ向けのモニターイヤホンです。バランスド・アーマチュア型ドライバーを1基、ダイナミックドライバーを1基搭載。低域をダイナミック型が、中高域をバランスド・アーマチュア型がそれぞれカバーし、ワイドレンジの再生を実現しているのが特徴です。

また、薄型のエンクロージャーを採用することで、優れた装着感を備えているのも魅力のひとつ。遮音性も高いので、ステージにおける騒音などをしっかり抑制し、細部の音までしっかりリスニングできます。

リケーブルに対応しており、好みの音質にカスタマイズできるのもポイント。別売りのBluetoothアダプター「MP-BTA」と接続すれば、ワイヤレスでも音楽を楽しめます。

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) スタジオリファレンスイヤホン ER4SR

原音に忠実なフラットなサウンドを再生できるモニターイヤホンです。ハウジングには、アノダイズド加工が施されたアルミ製ボディを採用。3層構造のイヤーピースにより、高い遮音性を実現しているのも特徴です。

ドライバーにバランスド・アーマチュア型を採用し、中高域の繊細なサウンドをリスニングできるのも魅力。また、複数のイヤーピースを同梱しているので、フィット感を調節できます。

遮音性に優れたモニターイヤホンを探している方は、チェックしてみてください。