ミュージシャンや作曲家が音を確認するために使用するのが「モニターイヤホン」です。プロの現場では音を正確に聴く必要があるので、音質がよく、雑音が入りにくいのが特徴。プロフェッショナル向けの製品ですが、一般用としても使えるモデルも幅広く販売されています。

そこで今回は、モニターイヤホンのおすすめモデルをご紹介。選び方や人気メーカーについても解説します。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

モニターイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

モニターイヤホンは、主にステージミュージシャンやオーディオエンジニアなどが使用する、プロ向けの製品。自分が演奏している音を聴いたり、製作した楽曲の仕上がりを確認したりするために使います。

プロの現場では正確に音響をチェックする必要があるため、モニターイヤホンは非常に高音質で遮音性も高いのが特徴。製品によっては一般ユーザーでも購入しやすいモデルも販売されているので、音質にこだわる音楽好きの方にもおすすめです。

モニターイヤホンの選び方

使用目的で選ぶ

作曲・DTM用

By: sony.jp

普通のイヤホンやヘッドホンは、一般的に「リスニング用」と呼ばれ、人が心地よいと感じる音に調節されているのが特徴。しかし、作曲やDTMで適切な編集作業を行うためには、音の定位や音量バランスなど、音楽において重要なポイントをクリアに聴ける要素が求められます。

作曲などでモニターイヤホンを使いたい方には、余計な色付けがされていない、素直で原音に近い音を再生できるモデルがおすすめです。

ステージ用

By: amazon.co.jp

ステージやレコーディングで正確な演奏やボーカリングを行うためには、音の「返し」を適した状態で聴くことが重要。音の返しとは、自分やほかの人が発している演奏音や歌声のことを指します。

ほかにも、正しい演奏をサポートする、クリック音やバックトラッキング(伴奏)といった音の確認も必要。そのため、周囲のさまざまな音に惑わされず、聴き取りやすい、遮音性に優れたモニターイヤホンがおすすめです。

遮音性をチェック

By: amazon.co.jp

遮音性が低いモノだと周囲の音が聴こえてしまい、正確に音響をチェックできない場合があります。選ぶ際は本体やイヤーピースの形状・素材を工夫するなど、遮音性を向上させる設計が施されているモニターイヤホンを選びましょう。

また、イヤーピースは通常付属しているS〜Lなどのサイズ違いのモノに加え、硬さの異なるモノを同梱したモデルも便利。より確実に耳にフィットして、遮音性の高い製品を選ぶのがおすすめです。

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

プロフェッショナル用途と、一般の方が音楽を楽しむ用途のどちらの場合でも、装着感のよさは重要なポイントです。音質がよく遮音性に優れたモデルでも、フィット感が悪かったり、耳が痛くなったりすると、作業や音楽に集中しにくい場合があります。

モニターイヤホンの購入を検討する際は、長時間のリスニングが快適にできるよう、軽量でフィット感のよい製品を選ぶのがおすすめです。

ドライバーの駆動方式をチェック

バランスド・アーマチュア型

By: amazon.co.jp

「バランスド・アーマチュア型」は振動板に加えて「アーマチュア」という小型の鉄板を搭載しているドライバーです。アーマチュアに電流を流した際に生じる振動を利用し、音声を振動板に伝送。クリアなサウンド再生が得意で、中高音域の再現性に優れています。

ダイナミック型に比べると音のレンジが狭く、低音域の再生は苦手。解像度が高いため、繊細な音を求めている方におすすめです。

ダイナミック型

By: sony.jp

「ダイナミック型」はモニターイヤホンのなかでも、スタンダードなドライバーです。音声信号を振動板に伝える駆動方式で、再現できる音のレンジが広いのが特徴。低音域の出力に優れており、迫力のあるサウンド再生が得意です。

パワフルに楽曲を鳴らせますが、ひとつひとつの音表現は苦手。比較的リーズナブルなモデルが多い点もメリットです。

ハイブリッド型

By: iriver.jp

「バランスド・アーマチュア型」と「ダイナミック型」の両方のドライバーを搭載したのが「ハイブリッド型」。バランスド・アーマチュア型ドライバーでクリアな中高音域再生を、ダイナミック型ドライバーで迫力ある低音域再生を楽しめます。

力強さと繊細さを兼ね備えたサウンドが魅力的ですが、価格はやや高め。モニターイヤホンのなかでも特に音質が高いので、予算に余裕がある方におすすめです。

モニターイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

1946年に設立された、日本を代表する電気機器メーカーです。1979年にはヘッドホンで音楽を楽しむ、携帯型のカセットプレーヤー「ウォークマン」を発売したことでも有名。音楽のリスニングスタイルを一変させました。

ソニーのモニターイヤホンは高性能なモデルが多く、一般向けからプロユースまで用途に応じたモデルを幅広く展開しています。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ドイツに本社を構える音響機器メーカーです。設立は1945年。特にヘッドホンやマイクが有名で、プロフェッショナル用途にも数多く採用されています。

ほかにも、イヤホン・航空用ヘッドセット・ゲーミングヘッドセット・ヘッドホンアンプなど、オーディオ関連の製品を幅広く手掛けているメーカーです。

シュア(SHURE)

By: rakuten.co.jp

1925年に創業した、マイクやイヤホンなど音響機器の製造・販売を手掛けるアメリカの老舗メーカーです。イヤホンブームの火付け役ともいえるモデルを開発したことでも有名。リスニングだけでなく、モニタリングにも使用可能な性能の高さが魅力です。

また、激しい動きにも安定してフィットする「シュア掛け」と呼ばれるイヤホンの装着方法を、世に広めたともいわれています。プロ・アマを問わず、人気のブランドです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: rakuten.co.jp

オーディオテクニカは、東京に本社を置く1962年創業の老舗音響機器メーカーです。イヤホンに関しては、リーズナブルに購入できるモデルからプロ向けの高性能モデルまで幅広い製品をラインナップ。利用シーンや予算に合わせて選べるのが魅力です。

モニターイヤホンにおいては、ダイナミックドライバーを搭載したエントリーモデルやバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したハイエンドモデルをラインナップする「Eシリーズ」が人気。初心者でも扱いやすいおすすめメーカーです。

モニターイヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) インイヤーモニター MDR-EX800ST


ライブステージでの使用を目的として開発されたモニターイヤホンです。同社が運営するソニー・ミュージックスタジオと共同で開発を行い、高音質はもちろん、優れた耐久性も備えています。

本モデルは大型の16mm径ダイナミックドライバーユニットを搭載しているがポイント。原音に忠実なサウンドを再生できるのが魅力です。また、手作業による音質調節により、音響特性の個体差が少なくなるように仕上げられています。

ケーブルは着脱式で、金メッキのL字型プラグを搭載。耳にかける部分には、しっかりと耳にフィットして確かな装着感が得られるフレキシブルイヤーハンガーを採用しています。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-M9


各帯域を補完し合う5つのバランスド・アーマチュア型ドライバーユニットを搭載したモニターイヤホンです。ボーカルを含む各楽器のバランスやリズムの立ち上がりを正確に把握でき、演奏の細かいニュアンスまで聞きとれる高音質なサウンドを実現しています。

内部のパーツには、ドライバーユニットからの再生音をロスなく届けるオプティマイズドサウンドパス構造や、マグネシウム合金の振動版とインナーハウジングなどを採用。高音質を実現するためのさまざまな技術や素材を駆使しているのも魅力です。

ケーブルは着脱式で、3.5mmステレオミニプラグケーブルと4.4mmバランス標準プラグケーブルの2本が付属。接続するデバイスに合わせて使い分けが可能です。

ハウジングには、装着時の安定性を考慮して、軽量さと丈夫さを兼ね備えたマグネシウム合金を採用。また、周囲の騒音を抑制し、音漏れも軽減できる遮音性に優れた形状をしているのも特徴です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 500 PRO


口径7mmの高性能ダイナミックドライバーを搭載したモニターイヤホン。繊細で解像度の高いニュートラルなサウンドを実現してしているほか、ドライバーユニットと連動する「TrueResponseテクノロジー」により、歪みのないクリアなサウンドを再生できるのが特徴です。

イヤホンの筐体は小型でフラットなデザインなので、快適かつ確実な装着感を長時間維持することが可能。イヤーピースには、シリコンチップと粘弾性メモリーフォームが付属。好みや環境に合わせて付け替えられます。

ケーブルは専用のコネクターを採用した着脱式で、長さは1.3m。2本の線をより合わせたツイストペアケーブルなので、取り回しやすく、ノイズの発生も抑えられます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 100 PRO

耳にフィットするコンパクトな筐体ながらも、パワフルなサウンドを再生できるモニターイヤホンです。口径10mmのダイナミックドライバー1基のシンプルな構成なので、バランスのよい調和のとれたサウンドを実現しています。また、大音量時でも歪みのないクリアな音声の再生も可能です。

ケーブルは着脱式で、上位モデルと同じコネクターを採用しているのも特徴。遮音性の高い筐体構造により、ノイズキャンセリング効果を得られるのもメリットです。周囲の騒音を気にすることなく、作業や音楽に没頭できます。

比較的安い価格で購入できるコスパのよさも魅力。ステージでのモニタリングや自宅でのDTMからプライベートな音楽リスニングまで、幅広い用途で気軽に使用できます。

シュア(SHURE) SE846-CL-A

4基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載した上位モデルのモニターイヤホンです。高域・中域・低域の3Wayシステム構成で、原音の忠実なのはもちろん、伸びのある高音域と力強い低音域を実現しています。

また、交換可能なステンレス製のメタルノズルを採用しているのも特徴。ノズルはバランス・ウォーム・ブライトの3種類が付属しており、好みに合わせてサウンドを調節できます。

遮音性の高い筐体デザインで、周囲の騒音を最大37dBまで軽減可能。ケーブルは着脱式で、長さの異なる2種類の3.5mmオーディオケーブルが付属します。

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン SE215SPE-A

サウンドにこだわりたい、プロ向けのユーザーにおすすめの人気モデル。初めてモニターイヤホンを購入するという方などにもおすすめです。

ダイナミック型ドライバーを1基搭載しており、詳細なディテールもしっかりと聞き取れるあたたかみのあるサウンドが特徴。また、スペシャルエディションの本モデルには、より低音を強化したチューニングが施されています。

筐体は耳にしっかりとフィットする形状で、優れた遮音性を実現。周囲の騒音を最大37dB軽減できます。長時間快適に装着可能で、どんな環境でも音楽に集中しやすい仕様です。

ケーブルは着脱可能で、3.5mmステレオミニプラグ対応のストレートケーブルが付属。高耐久なケブラー素材を採用しており、116cmという使い勝手のよい長さも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ATH-E70

同社「Eシリーズ」のハイエンドモデルに位置する高性能なモニターイヤホン。ステージでのモニタリングからスタジオでの楽曲制作など幅広く対応可能です。

ドライバーユニットには、モニタリング用途に最適化された3基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載。低音域・中音域・高音域で分けられており、全音域でバランスのとれた原音に忠実なサウンドを再生できます。

着脱式のケーブルを採用し、イヤホンと接続するコネクターには、同社独自開発の高耐久な「A2DC端子」を採用。遮音性に優れた筐体デザインと柔軟性に優れたケーブルにより、長時間安定したフィット感を持続できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-E40

同社「Eシリーズ」のなかでも、抑えめな価格で購入しやすいエントリーモデルのモニターイヤホンです。ステージでのモニタリングから普段使いまで、さまざまな用途で気軽に使用できます。

本モデルは、2基の12.5mm径ダイナミックドライバーを向かい合わせに設置した独自開発の「デュアルフェーズ・プッシュブル・ドライバー」を搭載しているのが特徴。広いレンジと伸びのあるクリアなサウンドを実現しています。

また、ケーブルは着脱が可能で、同社独自開発の「A2DC端子」を採用。プラグには、L字型の3.5mmステレオミニプラグを採用しています。

ウエストン(Westone) Pro X50 WA-UM-PRO-X50

同社「Pro X」シリーズの上位モデル。プロのミュージシャンなどの要求にも応えられる、ハイエンドクラスのモニターイヤホンです。

ドライバーユニットには、5基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載。高い臨場感とディテールをしっかりと表現でき、全ての音域をバランスよく再生するのが特徴です。

ケーブルは着脱式で、長さは132cm。イヤホン本体と接続するコネクターには「T2コネクター」を採用しています。信頼性と耐久性に優れているおすすめのモデルです。

Campfire Audio SATSUMA CAM-5591

スタジオやDTMなどでのモニター用途からプライベートでの音楽リスニングまで、シーンを選ばず使用しやすいモニターイヤホン。フルレンジのバランド・アーマチュア型ドライバーを1基搭載しており、正確な空間表現と明瞭なサウンドを実現しています。

また、ドライバーの背面にポートを設けているので、低音域も良好。内部のパーツを3Dプリンターで一体成型した「ソリッドボディ構造」を採用しているのも特徴で、パーツ数が少なく、耐久性にも優れています。

ノズル部分には、本モデルのためにデザインされたステンレス製のノズルを搭載。より快適なフィット感が得られるように設計されています。ケーブルは着脱式で、長さは約120cm。純銅銀メッキ導体を採用したツイストデザインの「Smoky Lite Litz Cable」が付属します。

アコースチューン(Acoustune) Monitor RS ONE ACO-MONITOR-RS-ONE

同ブランド初のモニターイヤホン。過去のイヤホンシリーズの開発で培った音響技術や筐体デザインを活かして設計されています。

部品点数を減らすことで堅牢性の高いボディを実現しており、ハウジングは2つのパーツで構成。さらに、素材には耐衝撃性・耐熱性に優れたポリカーボネートを採用しています。また、誰にでもフィットしやすいコンパクトな形状も魅力です。

ドライバーユニットには、独自開発のダイナミック型ドライバー「ミリンクスELドライバー」を搭載。本モデル用に開発されたドライバーで、迫力のあるサウンドとモニターイヤホンならでは正確なサウンドを両立しています。

ケーブルには、PU素材の被膜を採用しており、取り回しやすい仕様です。イヤホン本体からの着脱も可能で、コネクターにはPentaconn Earコネクターを採用しています。

マッキー(MACKIE) MP シリーズ インイヤモニター MP-120

ライブなどのステージ上で、より正確なサウンドをモニタリングできるように開発された遮音性の高いモニターイヤホンです。筐体は人間工学に基づいて設計されており、騒音を軽減できる高い遮音性と、優れた低域再生能力を有しています。

ドライバーユニットには、口径10mmのダイナミックフルレンジドライバーを1基搭載。高音域から中音域の明瞭度を損なうことなく、豊かな低音域再生を実現しています。リスニング用途においては、全音域でバランスのとれたサウンドが好みの方などにぴったりです。

ケーブルには、高耐久性と高音響特性を実現した編組シールドケーブルを使用。着脱可能なMMCXコネクターを採用しており、耳に引っ掛けるようにして装着できるオーバーイヤーデザインを採用しています。

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) EVO ER-MULTI3

3基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したモニターイヤホン。原音に忠実で、正確なサウンドを再生するのが特徴です。

筐体には、美しいカーブがデザインされたメタル合金加工を採用。耳にしっかりとフィットする形状で、快適な装着感と高音質を実現しているのもポイントです。

ケーブルには、アラミド繊維を採用。極細ながらも耐久性に優れているほか、電気抵抗が少ないのも魅力です。プラグには、3.5mmステレオミニプラグ搭載し、長さは132m。T2コネクターによる着脱にも対応しています。

アステル&ケルン(Astell&Kern) AK ZERO1 IRV-AK-ZERO1

異なる3つのドライバーユニットを搭載したハイブリッド型のモニターイヤホンです。特別に開発された平面駆動型ドライバーを1基、バランスド・アーマチュア型ドライバーを2基、5.6mmダイナミック型ドライバーを1基採用しています。

筐体は耳の内耳道にぴったりとフィットするように設計されており、快適な装着感を実現。光を受けて輝く美しい外観も魅力です。

TAGO STUDIO TAKASAKI T3-02

同社のモニターヘッドホン「T3-01」を基に開発したモニターイヤホンです。屋外での使用も考慮して「BOX-IN-BOX構造」と呼ばれる建築構造を応用して設計されているのが特徴。環境を選ばずに、より正確なモニタリングが可能です。

ドライバーユニットには口径10mmのダイナミック型ドライバーを搭載し、原音を忠実なサウンドを実現。ケーブルの長さは約1.2mで、MMCXコネクターによる着脱にも対応しています。