ミュージシャンや作曲家が音を確認するために使用するのが「モニターイヤホン」です。正確に聴く必要があるため、音質がよく雑音が入りにくいのが特徴。いわゆるプロフェッショナル向けの製品ですが、最近では一般用としても使えるモデルが多く販売されています。

そこで今回は、モニターイヤホンのおすすめモデルをご紹介。選び方のポイントやおすすめメーカーについても解説するので、ハイクオリティな音楽を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

モニターイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

主にステージミュージシャンやオーディオエンジニアなどが使用する、プロフェッショナル用途の製品です。自分が演奏している音を聴いたり、製作した楽曲の仕上がりを確認したりするために使います。

正確に音響観測を行う必要があるため、非常に高音質で遮音性も高いのが特徴。最近では、一般ユーザーでも購入しやすい価格の製品も販売されているので、音質にこだわる音楽好きの方にもおすすめです。

モニターイヤホンの選び方

使用目的で選ぶ

作曲・DTM用

By: sony.jp

普通のイヤホンやヘッドホンは、いわゆるリスニング用といわれ、人が心地よいと感じる音に調節されているのが一般的です。しかし、作曲やDTMで適切な編集作業を行うためには、音の定位や音量バランスなど、音楽にとって重要な要素をクリアに聴けることがポイントになります。そのため、素直で余計な色付けがされず、原音に近い音の再生を重視したモデルがおすすめです。

ステージ用

By: amazon.co.jp

ステージやレコーディングシーンで正確な演奏やボーカリングを行うためには、音の返しを最適な状態で聴くことが重要。音の返しとは、自分やほかの人が発している演奏音や歌声のことです。

ほかにも、正しい演奏をサポートする、クリック音やバックトラッキング(伴奏)といった音の確認も必要になります。そのため、周囲のさまざまな音に惑わされず聴き取れるよう、遮音性の優れたモニターイヤホンがおすすめです。

遮音性をチェック

By: audio-technica.co.jp

遮音性が低いと周囲の音が聴こえてしまい、正確な音響観測ができません。本体やイヤーピースの形状・素材を工夫するなど、遮音性を向上させる設計が施されているモニターイヤホンを選びましょう。

また、イヤーピースについては通常付属しているS〜Lなどのサイズ違いに加え、硬さの異なるモノが付いているモデルがベター。より確実に耳にフィットでき、遮音性を高められるのでおすすめです。

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

プロフェッショナル用途、一般の方が音楽を楽しむ用途のどちらの場合でも、装着感のよさは大切なポイントです。どれだけ音質がよく遮音性に優れていても、フィット感が悪かったり耳が痛くなったりすると、作業や音楽に集中できません。長時間快適に使用できるよう、軽量でフィット感のよいモニターイヤホンを選びましょう。

ドライバーの駆動方式をチェック

バランスド・アーマチュア型

By: amazon.co.jp

振動板に加えて、「アーマチュア」という小型の鉄板を搭載しているドライバーです。アーマチュアに電流を流した際に生じる振動を利用し、音声を振動板に伝送。クリアなサウンド再生が得意で、中高音域の再現性に優れています。

ダイナミック型に比べると音のレンジが狭く低音域の再生は苦手。ただし、ドライバー自体がコンパクトなので、ほかのユニットを搭載してカバーしている製品もあります。また、解像度が高いので、繊細な音を求めている方にもおすすめです。

ダイナミック型

By: sony.jp

モニターイヤホンに採用されている最もスタンダードなドライバー「ダイナミック型」。音声信号を振動板に伝える駆動方式で、再現できる音のレンジが広い特徴をもっています。低音域の出力に優れており、迫力のあるサウンド再生が得意です。

パワフルに楽曲を鳴らせますが、1つ1つの音表現は苦手。構造がシンプルなので、比較的リーズナブルなモデルが多いメリットもあります。

ハイブリッド型

By: amazon.co.jp

バランスド・アーマチュア型とダイナミック型の両方のドライバーを搭載した「ハイブリッド型」。ダイナミック型ドライバーで迫力ある低音域再生を行い、バランスド・アーマチュア型ドライバーでクリアな中高音域再生を行います。

力強さと繊細さを兼ね備えたサウンドが魅力的ですが、価格は少し高め。モニターイヤホンのなかでも特に音質が高いので、予算に余裕がある場合におすすめです。

モニターイヤホンのおすすめメーカー

シュア(SHURE)

By: amazon.co.jp

1925年に創業した、マイクやイヤホンなど音響機器の製造・販売を手掛けるアメリカの老舗メーカーです。イヤホンブームの火付け役ともいえる名機「SE215シリーズ」でも有名。リスニングだけでなく、モニタリングにも使用可能な高性能が魅力です。

激しい動きにも安定してフィットする、いわゆる「シュア掛け」と呼ばれるイヤホンの装着方法を、世の中に広めたともいわれています。プロ・アマ問わず、音楽に携わる人にとって憧れのブランドです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

1946年に設立された、日本を代表する電気機器メーカーです。1979年にはヘッドホンで音楽を楽しむ、携帯型のカセットプレーヤー「ウォークマン」を発売したことでも有名。音楽のリスニングスタイルを一変させました。

ソニーのモニターイヤホンは業界でも高い評価を得ており、コンシュマー向けからプロユースまで用途に応じた高性能のモデルを販売しています。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ドイツに本社を構える音響機器メーカーです。設立は1945年と古く、70年以上続く老舗ブランド。特にヘッドホンやマイクが有名で、プロフェッショナル用途にも数多く採用されています。

ほかにも、イヤホンや航空用ヘッドセットやゲーミングヘッドセット、ヘッドホンアンプなど、関連する製品を幅広く手掛けているメーカーです。

モニターイヤホンのおすすめモデル

シュア(SHURE) SE215 SE215高遮音性イヤホン

モニターイヤホン初心者に最適なシュアのエントリーモデル。プロ向けに開発されているにも関わらず、比較的低価格で購入できるのがメリット。豊かな低音域と透明感ある高音域再生を実現しており、クリアなサウンドが味わえます。

シリコン製イヤーピース 3サイズとウレタン製イヤーピース 2種類が付属。「シュア掛け」とも呼ばれる耳の上にケーブルを通す装着方式により、快適なフィット感が得られます。

ステージ上のミュージシャンを想定して設計されているので、遮音性が高く、周囲の環境音をシャットアウトしやすい点もおすすめです。

シュア(SHURE) SE846 SE846高遮音性イヤホン

4基のカスタムドライバーを搭載したモニターイヤホンです。バランスド・アーマチュア型ドライバーを4基内蔵し、各帯域のバランスに優れ、あたたかみのあるクリアなサウンド再生を実現。サブウーファーが表現するような豊かな低音域再も魅力です。

シリコン製・ウレタン製イヤーピースだけでなく、3層構造の「トリプルフランジ・イヤパッド」や低音域が増強できる「イエロー・フォーム・イヤパッド」などが付属。イヤーピースを交換して、好みのフィット感に調節できる点もおすすめです。

高音質なaptX・aptX HD・aptX LL・AACなどのコーデックに対応したBluetooth接続を採用しているのもポイント。デバイスとワイヤレス接続して使用できるので、有線接続のケーブルを煩わしく感じる方におすすめです。

ソニー(SONY) インイヤーモニター MDR-EX800ST

ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発したモニターイヤホンです。評価の高いモニターヘッドホン「MDR-CD900ST」と同様、ソニー・ミュージックスタジオが開発に関わっています。

ドライバーには、16mmと大口径のダイナミック型を採用。レコーディングスタジオのモニタースピーカーのような、サウンドの高再現性能を有しています。

ユーザーの耳の形にあわせて形状調節できる「フレキシブルイヤーハンガー」を搭載しているので、しっかりとした装着が可能。ライブステージで使用しても外れにくい設計もおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-M9

5基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したモニターイヤホンです。搭載されているドライバーそれぞれが、異なる帯域を担当。幅広い帯域で正確に再生できます。

インナーハウジングにはマグネシウム合金を採用。不要な振動を抑え、音の透明感を高める仕様です。ケーブルには「プリフォームドイヤーハンガー」が採用されており、快適かつ安定感のある装着が可能。

合計13種類のイヤーピースやハードケースが付属している点もおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 60

高い遮音性を誇るモニターイヤホンです。耳に挿し込むタイプのカナル型イヤホンによって、最大20dBの空間ノイズを減衰。ダイナミックドライバーに加えて、強力なネオジウムマグネットを採用しており、低音レスポンスを向上させています。

丈夫なケーブルと耐久性のあるハウジングを採用し、堅牢性を高めているのも魅力。保護ケースやイヤーピースだけでなく、クリーニングツールが付属しているので、メンテナンスが簡単な点もおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 80 S

音質だけでなく外観にもこだわって設計されたモニターイヤホンです。コンパクトなボディにネオジウムマグネットを採用したダイナミック型ドライバーを搭載することで、明瞭で精度の高いサウンド再生を実現しています。

耳掛けスタイルで装着でき、最大26dBまでノイズを減らせるのも魅力。コンプライの形状記憶イヤーピースが付属しており、快適な装着感が得られるのもメリットです。

ユーザーの好みにあわせて周波数特性を変更できる「マニュアルサウンド調整機能」が搭載されており、簡単にサウンドカスタマイズ可能。脱着式のケーブルを採用しているので、ケーブル変更による音質変化が楽しめる点もおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ATH-E50

遮音性やフィット感が追及されたモニターイヤホンです。フルレンジ再生のバランスド・アーマチュア型ドライバーを1基搭載。フラットな音質が特徴で、モニタリングしやすいサウンド再生が可能です。

フレキシブルに可変する専用ケーブルが付属しているので、ユーザーの耳の形状にあわせてフィット感を調節できるのもポイント。4サイズのイヤーピースが同梱されており、遮音性が高められる点もおすすめです。

また、専用ケースに入れてしまえば、カバンに入れても安心して持ち歩けます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイブリッド型インナーイヤーヘッドホン ATH-IEX1

高音質なハイレゾ音源に対応したモニターイヤホンです。ダイナミック型ドライバー2基とバランスド・アーマチュア型ドライバー 1基を搭載。各ドライバーがまっすぐ配置されているので、音が滑らかに伝わります。

ハウジングには剛性のあるチタニウムを使用し、不要な音の振動を低減する設計です。着脱可能なケーブルには、高音質な「A2DCコネクター」を採用。バランス接続用の4.4mm5極プラグタイプと、通常の3.5mmステレオミニプラグタイプの2種類のケーブルが付属している点もおすすめです。

ウェストン(Westone) AM PRO 10 EARPHONES

外音を取り入れる開放型を採用したモニターイヤホンです。ウェストン独自の「SLEDテクノロジー」と「TRUオーディオフィルター」により、正確な周波数を保ったまま不要なノイズをカット。

ナチュラルで聴きやすいサウンドが特徴です。耳にすっぽりとおさまるコンパクトなボディと、シリコンタイプやフォームタイプなど合計10ペアの付属イヤーピースにより、快適なフィット感が得られます。

脱着式のケーブルには「EPIC編み込みケーブル」を採用。タッチノイズが少ないだけでなく、耐久性に優れている点もおすすめです。

ウェストン(Westone) UM PRO 50 EARPHONES

低音から高音まで原音に忠実なサウンド再生ができるモニターイヤホンです。プロミュージシャンの要望にも応えられる厳しい音質チューニング工程を経たバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載。明瞭でナチュラルな音質が特徴で、多くのミュージシャンやエンジニアから人気を得ています。

また、2017年にリデザインされており、ボディがコンパクト化。より優れた装着感が得られる設計です。イヤーピースには、シリコンタイプの「Starチップ」とフォームタイプの「True-Fit」がそれぞれ5サイズずつ付属。MMCX採用の脱着式ケーブルが採用されているので、リケーブルによる音質変化を楽しみたい方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ステレオミニヘッドホン HA-FX1100

木製の振動板とハウジングを採用したモニターイヤホンです。ジェーブイシーケンウッド独自の薄膜加工技術によってドーム型に加工した「ウッドドーム振動板」や、輪状に加工した「ウッドディフューザー」を搭載。音の響きが美しく、自然な広がりを体感できます。

音声信号の伝送経路には音響特性に優れた高品質ハンダを使用しており、原音に忠実なサウンド再生を実現。製品ごとに木目が異なり、愛着が持てる点もおすすめです。

Etymotic Research ER4SR

3層構造のイヤーピースが特徴的なモニターイヤホンです。一般的なイヤーピースに比べて、遮音性が高いのがメリット。ドライバーにはバランスド・アーマチュア型を採用しており、解像度の高い繊細なサウンドが楽しめます。

ボディには、「アノダイズド加工」と呼ばれる特殊加工が施された上質なアルミ素材を使用。原音の再現性が高く、遮音性能に優れているモニターイヤホンを探している方におすすめです。

マッキー(MAKIE) MP-240 デュアルハイブリッド型プロフェッショナルインイヤーモニター

人間工学に基づいて設計されたモニターイヤホンです。スリムでコンパクトなボディは、耳にフィットしやすいだけでなく、高い遮音性の実現にも役立っています。最大で40dBのノイズ減衰量を有するので、周囲のノイズを気にせず音楽に集中したい方におすすめ。

ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の2種類のドライバーを搭載しているので、低音から高音までクリアで原音に忠実なサウンド再生が可能です。3種類3サイズのイヤーチップやハードケース、MMCXコネクター採用のケーブルなど、付属品も充実。ハイブリッド型ながら、比較的低価格で購入できる点もおすすめです。

ファイナル(final) E5000

音響工学や心理学の研究成果を踏まえて設計されたモニターイヤホンです。強調した音域を作らず、細かい音の表現にこだわった仕様。ユーザーを包み込むような広い音場を実現しています。

筐体内部のL字に折れ曲がった空間「アコースティックチャンバー」により、中低音域の特性をコントロール。クリアながら量感のある低音再生が可能です。

MMCXコネクター採用のケーブルは、5万回以上の屈曲試験に耐える仕様。イヤーピース部を左右にスイングできる構造なので、耳道の傾きにしっかりとフィットできる点もおすすめです。

フィーオ(FiiO) FA1J

アメリカのKnowlesと共同開発したドライバーを搭載。バランスド・アーマチュア型である「ED-33357」ドライバーにより、切れの良い低音・豊かな中音・高分解能な高音を実現しています。

15Ωの低インピーダンス設計なので、スマホと接続して使用するモニターイヤホンとしてもおすすめ。日本市場向けに音質チューニングが施されており、色付けの少ないモニター指向のサウンドが楽しめます。