紙の文書などをデジタルデータ化したいときに役に立つ「スキャナー」。持ち運びに適した小型モデルから、フィルムカメラで撮影した写真をデジタルデータ化できるモデルまで、豊富に展開されています。

そこで今回は、スキャナーのおすすめのモデルをランキング形式でご紹介。プリンターとの違いや選び方も解説しているので参考にしてみてください。

スキャナーとは?

By: amazon.co.jp

スキャナーとは、紙の文書や写真などを読み込み、デジタルデータとして保存するための機器です。パソコンやタブレットなどと接続し、スキャンしたデータを保存できます。また、スキャナー自体にmicroSDカードスロットやUSB端子が搭載されており、スキャナー単体で読み取りから保存まで行えるモデルもあります。

スキャナーとプリンターの違い

By: amazon.co.jp

プリンターは、文書や写真を紙に印刷するための機器です。パソコンやスマホからプリンターにデータを伝送して、印刷します。スキャナーは紙面の情報をデジタルデータにする製品で、プリンターはデジタルデータを印刷して紙面化するための製品です。

なお、プリンターのなかでも「複合機」と呼ばれるモデルは、スキャナー機能やFAX機能が搭載されています。プリンターを選ぶ際は留意しておきましょう。

スキャナーの選び方

スキャナーの種類と特徴から選ぶ

フラットベッドスキャナー

By: amazon.co.jp

「フラットベッドスキャナー」は、ガラス面に原稿をセットするタイプです。厚い書籍や雑誌でも切り取らずに、ページをそのまま原稿台に乗せて読み込めます。1枚ずつ処理する必要があるので時間がかかりますが、高い解像度でのスキャンが可能。スキャナーのなかでも一般的なタイプで、文書や写真などを気軽に電子データ化できます。

シートフィードスキャナー

By: epson.jp

「シートフィードスキャナー」は、自動給紙装置を搭載しているのが特徴。複数の原稿をセットできるほか、一度に多くの枚数をスキャンできるタイプです。厚みのある書籍などは読み込めませんが、オフィスなどで日常的に大量の書類を電子データ化する場合は、処理時間を短縮できます。両面を自動で読み取れるモデルもあるので、効率的にペーパーレス化できるのも魅力です。

スタンドスキャナー

By: amazon.co.jp

「スタンドスキャナー」とは写真撮影に近い感覚で原稿をスキャンするタイプ。通常のスキャナーと違い、読み取り機から原稿を離してもスキャンできるのが特徴です。インテリアの電気スタンドのようなデザインで、書籍や雑誌のページを開いて紙面を読み込みます。解像度はあまり高くありませんが、出版物を傷つけず気軽に電子データ化できるのも魅力です。

ハンディスキャナー

By: amazon.co.jp

原稿の上をなぞるようにして使用する「ハンディスキャナー」。コンパクトなモデルが多く、携帯性に優れているのが特徴です。ハンディスキャナーは文字をスキャンする目的で設計されている場合が多いので、解像度は低め。手軽に文字をデータ化したい場合に向いています。

また、ケーブルを必要としないワイヤレスタイプやスキャナー本体のみで使えるタイプも存在。外出先での使い勝手に優れている点もおすすめです。

ハンディスキャナーについて詳しく知りたい方はこちら

ドキュメントスキャナー

「ドキュメントスキャナー」とは、名前の通り文書をスキャンするために設計されたスキャナーです。書籍を手軽にデジタルデータとして保存できるのが特徴。所有している書籍の置き場所に困っている場合にも便利です。

また、大学のレポートや仕事に必要な資料を収集する際にもおすすめ。ドキュメントスキャナーで資料をデジタルデータ化しておけば、必要なときに素早く参照できます。

フィルムスキャナー

カメラのネガフィルムやポジフィルムをスキャンできるのが「フィルムスキャナー」。フィルムの画像を手軽にデジタルデータに変換できるメリットがあります。また、プリントアウトした写真をデータ化した場合より高い品質で画像を保存しておけるのもポイントです。

フィルムスキャナーには、フィルムに加えて写真をスキャンできる製品も存在。色補正やフォーカス調整機能が搭載されたモノも販売されているので、必要な機能を搭載している製品を選ぶのがおすすめです。

名刺スキャナー

By: sanwa.co.jp

仕事で名刺交換をする機会が多い方に便利なのが「名刺スキャナー」。名刺の枚数が増えてくると、過去に会った取引相手の情報を管理するのは手間がかかります。名刺スキャナーがあれば大量の名刺を簡単にデジタル化することが可能。付属のソフトを使用して会社情報をデータベースに整理できる製品もあるので、効率的に名刺のデータ管理をしたい方におすすめです。

名刺スキャナーについて詳しく知りたい方はこちら

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

スキャナーの解像度は、1インチあたりに表現できる最小単位「ドット」の数を示す「dpi」として表記されます。dpiの値が大きいほど高精細な原稿を取り込めるのがポイントです。

プリンターでの印刷を目的とする場合、最低でも200dpiの解像度があれば快適。さらに、文章を取り込む場合は300dpi以上、自動で文字を判別して取り込む「OCR処理」を目的とする場合、200〜400dpiの解像度があれば認識率がよくなります。

そのほか、写真など情報量の多い原稿は600dpi以上の解像度に対応していると綺麗にスキャンできるので便利。また、製品によっては2000dpi以上の高解像度に対応しているモデルもあり、地図などの細かい情報を必要とするデータの取り込みに重宝します。

対応している原稿のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

スキャナーを選ぶ際、対応できる原稿のサイズをチェックしておくことが重要です。あらかじめ大きいサイズに対応しているスキャナーを選んでおけば、読み取りたい原稿のサイズが大きくなっても対応できます。

また、はがきや名刺などの小さいサイズにも対応できるかもチェックしておくと便利。さまざまなサイズに対応できるモデルなら、目的に合わせてスムーズなデータの取り込みが可能です。

Wi-Fi機能をチェック

By: fujitsu.com

Wi-Fiに対応したスキャナーを選ぶことで、パソコンとスキャナーの距離が離れていてもスムーズに原稿が取り込めます。また、配線を気にする必要がないため、機器の移動もしやすく便利なのがメリットです。

さらに、製品によっては高速通信に対応したWi-Fi規格「IEEE802.11ac」に対応しているモノもあります。最大6.9Gbpsの高速通信に対応しているため、一度に大量の原稿を連続でスキャンしたい場合などにおすすめの通信規格です。

頻繁に持ち運ぶなら持ち運びのしやすさにも注目

By: amazon.co.jp

外回り訪問など外出先で文書の取り込みが必要な場合は、持ち運びやすいコンパクトタイプのスキャナーが便利。製品によってはUSB給電に対応しているモノもあり、モバイルバッテリーなどに接続して使用できるのがポイントです。

また、省スペースでの使用が可能なので、パソコン周辺をすっきり見せられるのも魅力。さらに、本体を立てたまま使えるモノもあるため、少しでも作業スペースを節約したい方におすすめです。

そのほか、SDカードやUSBメモリなど外部メモリに対応しているモデルなら、パソコンがなくてもデータの取り込みや保存ができます。臨機応変に使用できる、高い汎用性が魅力です。

スキャナーのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラやプリンター、電卓などで有名な日本国内のメーカー「キヤノン」。スタイリッシュなデザインのフラットベッドスキャナーや、携帯性に優れたモバイルスキャナー、Wi-Fi通信に対応したドキュメントスキャナーなどを製造しています。用途に合う製品を選択しやすいのが特徴です。

カメラメーカーとして人気を集めるメーカーらしく、フィルムスキャンが可能なモデルも存在。多彩な画像補正機能が搭載されており、美しい画像をデジタルデータとして保存できる点がおすすめです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

プリンターやプロジェクターの製造で有名な「エプソン」。スキャナーのラインナップも充実しており、家庭用から業務用まで多種多様なスキャナーを製造しています。

コンパクトで軽量な携帯性に優れたモデルや、USBバスパワーで駆動するモデル、Wi-Fi通信に対応したモデルなども存在。用途や好みに合わせて選択しやすいのが魅力です。

富士通(FUJITSU)

By: amazon.co.jp

富士通は、パソコンや携帯電話、業務用複合機などさまざまな製品を手掛ける総合エレクトロニクスメーカーです。富士通が展開するスキャナーはさまざまなラインナップがあり、手軽なハンディタイプから業務用の高性能モデルまで幅広く取り揃えています。

なかでも、同社が販売している「ScanSnap」シリーズは、簡単操作でスキャンができるため初心者の方にもおすすめ。見た目もスタイリッシュなので家庭用としても人気があります。

スキャナーのおすすめランキング|据え置きタイプ

第1位 富士通(FUJITSU) ScanSnap iX1600 FI-IX1600A

大量の書類をまとめて処理できる、おすすめのドキュメントスキャナー。本体正面に4.3インチのカラー液晶画面を搭載しており、直感的なタッチ操作が可能です。アイコンを利用したわかりやすいUIを採用しており、初心者でも迷わずに使用できます。

最大で約50枚の原稿をセット可能。自動給紙装置を搭載しており、1分間で最大約40枚の原稿を自動で読み取れます。また、A4用紙以外にも2つ折りのA3や封筒なども読み取り可能です。

USB経由の有線接続のほか、Wi-Fi接続にも対応。DropboxやGoogle Drive、Evernoteなどの定番のクラウドサービスにも対応しており、スキャンした原稿を判別して直接指定のクラウドに保存できます。

第2位 キヤノン(Canon) imageFORMULA DR-C225W II

高性能ながら省スペースに設置できる、おすすめのドキュメントスキャナー。排紙スペースがいらない独自の「ラウンドスキャン」方式を採用しており、省スペースで設置して使用できます。原稿をセットしてボタンを押すだけの、簡単操作も魅力です。

セットできる原稿は、最大で約30枚まで。解像度を200dpiに設定した場合、A4用紙を1分間に約25枚のスピードでスキャン可能です。超音波センサーの搭載も特徴。重送を検知すると、動作を自動でストップできます。

歪みや文字の向きを修正したり、白紙面を自動でスキップしたりする機能にも対応。読み取り後に傾きを調節したりトリミングしたりもできるので、書類の中の必要な部分だけをデータとして保存できます。

Wi-Fi接続にも対応。本体と端末を直接Wi-Fi接続する、アクセスポイントモードにも対応しています。

第3位 エプソン(EPSON) スキャナー DS-571W

簡単な操作でスピーディーにスキャンできる、おすすめのドキュメントスキャナー。最大で50枚までの給紙に対応しており、1分間に35枚のスキャンが可能です。継ぎ足しスキャンにも対応しているので、大量の書類もまとめてデータ化できます。

A4用紙のほか、名刺やプラスチックカードのスキャンも可能。別売りのキャリアシートを使用すれば、A3やB4サイズの用紙もスキャンできます。また、超音波センサーを利用した重送検知機能に対応している点も魅力です。

破れが心配な用紙を安全にスキャンする「低速モード」も搭載。専用のドライバーには、原稿の色を認識してカラー・モノクロから適した設定を適用したり、文字の視認性を高めたりする機能も搭載されています。

Wi-Fiに対応しているのもポイント。パソコンを介さずにスマートフォンやタブレットにデータを転送できます。

第4位 エプソン(EPSON) フォトスキャナー FF-680W

写真をデータ化したい方におすすめのフォトスキャナー。最大で約36枚の写真をセットして連続で読み取れるシートフィードタイプのスキャナーなので、大量の写真を短時間で処理可能です。写真1枚につき、約1秒でスキャンできます。

専用アプリ「Epson FastFoto」を使用した際の読み取り解像度は、300dpi・600dpi・1200dpiの3段階から選択可能。両面スキャンにも対応しているため、裏面の日付やメッセージなどもまとめて保存できます。付属のキャリアシートを使えば、汚れや破れのある写真もスキャン可能です。

「退色復元機能」の搭載もポイント。経年劣化により色が褪せてしまった写真も、鮮やかな色に復元してデータ化可能です。また、写真以外にもA4用紙や名刺、はがきにレシートなどにも対応しているので、ドキュメントスキャナーとしても使用できます。

第5位 キヤノン(Canon) imageFORMULA RS40

写真を綺麗に保存できる、おすすめのスキャナー。最大で約40枚の写真をセットして、連続でスキャン可能です。専用のソフトもシンプルなレイアウトを採用しているので、初めて使う方でも迷わず簡単に操作できます。

インスタント写真やパノラマなど、豊富な写真サイズに対応している点も特徴です。また、スキャンした写真を綺麗にデジタル化できる補正機能も複数搭載。赤目を軽減したり色褪せた写真を鮮やかに補正したりできるほか、美肌加工も可能です。

ドキュメントスキャナーとして利用できるのもポイント。A4用紙はもちろん、名刺やプラスチックカード、レシートなどもデジタル化可能です。傾きの補正や白紙面のスキップなどの機能も搭載されています。

第6位 富士通(FUJITSU) ScanSnap SV600 FI-SV600B

本などを手軽にデジタル化できるおすすめのスタンドスキャナー。スタンド上部にカメラが搭載されており、真下にセットした原稿を撮影してデジタル化します。紙面に触れずにスキャンできるため、本やイラストなども原稿を傷めにくく読み取り可能です。

見開きの本のスキャンに便利な、画像補正機能の搭載が魅力のひとつ。見開きの歪みを補正できる「ブック補正機能」や、ページを抑える指を修正できる「ポイントレタッチ機能」が搭載されているので、さまざまな原稿を綺麗に読み取れます。

「ページめくり検出機能」の搭載もポイント。ページをめくる動作を認識してスキャンを開始できるため、ページ数の多い雑誌もスムーズにスキャン可能です。また、名刺や新聞の切り抜きなどをまとめてデータ化できる「マルチクロップ機能」にも対応しています。

第7位 エプソン(EPSON) スキャナー GT-X980

フィルムの読み取りに対応した、おすすめのフィルムスキャナー。4種類のフィルムホルダーが付属しており、35mmや大判など、さまざまなフィルムのスキャンが可能です。35mmフィルムであれば、最大18コマをまとめてセットしてスキャンできます。

フィルムホルダーは、5段階の高さ調節に対応。柔軟にピントの位置を合わせながら使用可能です。また、アクリル板も搭載されておりニュートンリングの発生も抑えられます。高性能な2つのレンズが搭載されており、最大6400dpiでスキャン可能です。

「DIGITAL ICE」の搭載も魅力のひとつ。フィルムに付いた小さなゴミや傷などを検出し、自動的に補正・修正しながらスキャン可能です。

第8位 キヤノン(Canon) CanoScan LiDE 400

シンプルで使いやすい、おすすめのフラットヘッドスキャナー。USBケーブルでパソコンに接続するだけで使用可能です。天板に施されたヘアラインシボ加工も特徴のひとつ。置き場所を選びにくい、コンパクトな設計もポイントです。

独自の「LIDE技術」を搭載しており、高精細なスキャンが可能。A4の約8秒の高速スキャンに対応しているほか、原稿の種類を判別して自動で最適な設定を適用したり補正したりできるので、手間を抑えてスムーズに
使用できます。

最大21mmまでの厚手の原稿もスキャン可能。本を見開きでセットしてもスキャンできます。また、付属のスタンドを使用すれば縦置きも可能。縦置きのままスキャンもできます。

第9位 シーザー(CZUR) Shine Ultra

スタンドタイプながらコンパクトな、おすすめのスキャナー。本体重量が1kgと軽量なうえ、折りたたみにも対応しており、使わないときはスッキリと収納できます。USBポートから給電できるので、コンセントがない場所で使用できるのも魅力です。

真上から撮影するため、原稿に触れずにスキャンできるのがポイント。「見開きページ湾曲補正」や画像中の指を検出して修正する機能も搭載されているので、本を傷つけにくくデジタル化可能です。OCRにも対応し、WordやPDFに出力することもできます。

切手や名刺、雑誌の切り抜きなどをまとめてスキャンできる、「複数対象個別認識」機能も搭載。免許証や保健証の裏と表を撮影し、結合して出力する機能も利用可能です。

第10位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺スキャナー PSC-13UB

名刺の読み取りに特化したおすすめのスキャナー。本体サイズが幅107×奥行き28×高さ100mmと非常にコンパクトなので、デスク上にスッキリと設置可能です。本体の背面には、USBケーブルを収納するスペースも用意されています。

パソコンにUSBケーブルで接続し、専用ソフトを導入するだけで使用可能。Windowsだけではなく、macOSを搭載したパソコンでも使用できます。名刺1枚のスキャンにかかる時間は約3秒と短く、大量の名刺も短時間で処理可能です。

スキャンした名刺は自動でデータ化されるほか、OCRも可能なため簡単に管理したり検索したりできます。CSVやJPG、Excel形式などでデータのエクスポートもできるので、専用ソフトをインストールしていないパソコンでもデータを使用可能です。

スキャナーのおすすめランキング|ハンディタイプ

第1位 富士通(FUJITSU) ScanSnap iX100 FI-IX100A

コンパクトながらスピーディーにスキャンできる、おすすめのスキャナー。スリムかつ本体重量400gの軽量なボディに、高性能なバッテリーも搭載されています。ノートパソコンと一緒に持ち運べるサイズなので、場所を選ばずに使用可能です。

読み取り速度が高速な点も魅力のひとつ。カラーのA4原稿であれば、約5.2秒でスキャン可能です。複数枚の書類を連続で読み取れば、自動的にPDFファイルにまとめられます。

Wi-Fi接続に対応しているのもポイント。Google DriveやOneDrive、Evernoteなどのクラウドサービスにも対応しており、スキャンしたデータをワンタッチで保存可能です。

第2位 キヤノン(Canon) imageFORMULA R10

外出先でも使用できる、おすすめのスキャナー。USBバスパワーで動作するため、電源が確保できない場所でも使用可能です。また、本体にソフトが内蔵されているので、USBケーブルでパソコンと接続するだけですぐに使い始められます。

本体の開閉が電源のオン・オフと連動しているため、スムーズに準備と片付けが可能。コンパクトながらA4用紙を最大で約20枚セットできるほか、伝票や名刺などもスキャンできます。プラスチックカード用のスロットが用意されているのも魅力です。

原稿の傾きや裏写りなどを補正する機能にも対応。用紙のサイズを自動的に検知する機能も搭載されています。

第3位 キヤノン(Canon) imageFORMULA DR-P208II

コンパクトで扱いやすい、おすすめのスキャナー。片手で持てるほどの小型サイズと重量なので、ノートパソコンと一緒に気軽に持ち運び可能です。USBケーブルでパソコンと接続すれば電源も取れるため、外出先でも使用できます。

コンパクトながら連続スキャンにも対応。自動給紙装置も搭載されているので、最大約10枚まで原稿をセットして自動でスキャンが可能です。また、1回の搬送で表裏の両面を読み取れるため、効率的に書類をデータ化できます。

文字や原稿の傾きを検知し、補正する機能にも対応。また、クレジットカードや免許証のスキャンも可能です。

第4位 Inlight ハンディスキャナー Iscan01

気軽にスキャンできる、おすすめのハンディスキャナーです。原稿の上に本体を置き、滑らせるように動かしながらスキャンします。ボタンを押すだけでスキャンが開始され、もう1度押すと停止する簡単な操作も魅力です。

コンパクトながらOCR機能にも対応。データは別途用意が必要なmicroSDカードに保存されるものの、専用ソフトをインストールするとWordやExcelに直接貼り付けも可能です。

解像度は300dpi・600dpi・900dpiに対応しており、保存形式もJPEGとPDFの2種類をサポートしています。

第5位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ポータブルハンディスキャナ PSC-HS2BK

ダブルローラーを採用したポータブルタイプのハンディスキャナーです。上下2つのローラーによって安定感が高められており、紙の上をまっすぐに滑らせることが可能。ブレが生じにくいのでスムーズにスキャンできます。

また、本体上部には「モノクロディスプレイ」が搭載されているのもポイント。スキャンした枚数や設定を液晶画面ですぐに確認できるため、スキャンミスを減らせます。

本製品は単三電池2本で使える乾電池式なので、持ち運びも簡単。携帯に便利な「収納ポーチ」も付属しています。オフィスではもちろん、外出先でも作業したい方におすすめのモデルです。

第6位 ブラザー(Brother) ドキュメントスキャナー MDS-940DW

柔軟な使い方ができる、おすすめのスキャナー。バッテリーを内蔵しているほかUSBバスパワーにも対応しているので、外出先でも使用可能です。本体の天面には、LEDパネルも搭載。各種設定を目視で確認しながら使用できます。

データはmicroSDカードに保存できるため、パソコンがない環境でも使用可能。パソコンに専用のソフトをインストールしておけば、DropboxやGoogle Drive、OneDriveなどのクラウドサービスにもアップロードできます。

第7位 ミヨシ 高解像度モバイルハンディスキャナー UMSC-05

By: mco.co.jp

軽量かつコンパクトで扱いやすい、おすすめのスキャナー。小型ながら本体にカラー液晶が搭載されており、スキャンしたデータをすぐに確認可能です。Windows用のソフトを使用すれば、読み込み状況をリアルタイムで確認しながらスキャンできます。

高解像度も魅力のひとつ。最大900dpiに対応しているので、文章も写真も高精細なデータとして保存可能です。電源には、入手しやすい単4のアルカリ電池を採用。万が一電池が切れても、コンビニやドラッグストアですぐに調達できます。

第8位 エプソン(EPSON) スキャナー ES-60WB

限られたスペースでも使いやすい、おすすめのスキャナー。スリムかつ軽量な設計なので、ノートパソコンと一緒にカバンに入れて持ち運び可能です。デスクの引き出しにも収まりやすいため、使わないときはスッキリと収納できます。

A4用紙のほか、免許証やレシートなど、さまざまな原稿に対応。A4用紙の場合は1枚約4秒でスキャンできるので、複数の書類がある場合でもスムーズに処理可能です。また、継ぎ足しスキャンにも対応しています。

第9位 ZINT ハンディスキャナー SMY1031

場所を選ばずに使いやすい、おすすめのハンディスキャナー。本体がスリムかつコンパクトなうえ、専用のポーチも付属しているので気軽に持ち運んで使用可能です。電源には単4乾電池を採用しているため、電池が切れても交換すればすぐに使用できます。

電源ボタンを押し、原稿の上をゆっくりと動かすだけでスキャン可能。保存形式や解像度は、事前に本体のボタンで設定できます。また、Windowsパソコン向けに専用のOCRソフトも付属。データをExcelやWord形式に変換できます。

第10位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ペン型スキャナ WorldPenScan X 400-SCN031

コンパクトで持ち運びやすいペン型のハンディスキャナーです。テキストをなぞるだけで簡単にデータ化することが可能。縦書きと横書きのどちらも読み取れるのはもちろん、最大194カ国語に対応しているので外国語文書もスキャンできます。

また、無料専用アプリがあるのもポイント。英語や中国語などを翻訳できる「翻訳モード」、単語ごとに意味を調べられる「辞書モード」、画像をスキャンする「画像モード」など、さまざまな機能が使えるので便利です。

本製品はWindowsやMacなどのパソコンのほか、iOSやAndroid OSのスマートフォンにも対応しています。Windowsは有線接続のみですが、BLE4.0に対応したMacまたはスマホならばBluetooth接続することも可能です。携帯性や機能性を重視している方はチェックしてみてください。

スキャナーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スキャナーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。