紙の文書などをデジタルデータ化したいときに役に立つ「スキャナー」。持ち運びに最適な小型モデルから、フィルムカメラで撮影した写真をデジタルデータ化できるモデルまで、豊富に展開されています。

そこで今回は、スキャナーのおすすめのモデルをランキング形式でご紹介。プリンターとの違いや選び方も解説しているので参考にしてみてください。

スキャナーとは?

By: amazon.co.jp

「スキャナー」とは、紙の文書や写真などを読み込み、デジタルデータとして保存するための機器です。パソコンやタブレットなどと接続し、スキャンしたデータを保存できます。また、スキャナー自体にMicroSDカードスロットやUSB端子が搭載されており、スキャナー単体で読み取りから保存まで行えるモデルもあります。

スキャナーとプリンターの違い

By: rakuten.co.jp

プリンターは、文書や写真を紙に印刷するための機器です。パソコンやスマホからプリンターにデータを伝送して、印刷します。スキャナーは紙面の情報をデジタルデータにするための製品で、プリンターはデジタルデータを印刷して紙面化するための製品です。

なお、プリンターのなかでも「複合機」と呼ばれるモデルは、スキャナー機能やFAX機能が搭載されています。プリンターを選ぶ際は留意しておきましょう。

スキャナーの選び方

スキャナーの種類と特徴から選ぶ

フラットベッドスキャナー

By: amazon.co.jp

「フラットベッドスキャナー」とはガラス面に原稿をセットするタイプです。厚い書籍や雑誌でも切り取らずに、ページをそのまま原稿台に乗せて読み込めます。1枚ずつ処理する必要があるので時間がかかりますが、高い解像度でのスキャンが可能。スキャナーとしてはもっとも一般的なタイプで、文書や写真などを気軽に電子データ化できます。

シートフィードスキャナー

By: amazon.co.jp

「シートフィードスキャナー」は自動給紙装置を搭載しているのが特徴。複数の原稿をセットできるほか、一度に多くの枚数をスキャンできるタイプです。厚みのある書籍などは読み込めませんが、オフィスなどで日常的に大量の書類を電子データ化する場合は、処理時間を短縮できます。両面を自動で読み取れるモデルもあるので、効率的にペーパーレス化できるのも魅力です。

スタンドスキャナー

By: amazon.co.jp

「スタンドスキャナー」とは写真撮影に近い感覚で原稿をスキャンするタイプ。通常のスキャナーと違い、読み取り機から原稿を離してもスキャンできるのが特徴です。インテリアの電気スタンドのようなデザインで、書籍や雑誌のページを開いて紙面を読み込みます。解像度は高くないですが、出版物を傷つけず気軽に電子データ化できるのも魅力です。

ハンディスキャナー

By: amazon.co.jp

「ハンディスキャナー」は原稿の上をなぞるようにして読み取るのが特徴。コンパクトサイズにまとまっているモノが多く、「モバイルスキャナー」とも呼ばれています。文書を読み込んで電子データ化することが主な用途なので、解像度は控えめです。

なお、製品ラインナップのなかにはペン型のスキャナーもあります。パソコンと接続しなくてもスキャナー単体で動作するタイプは、外出先でも扱いやすいのも魅力です。

特化機能を持つスキャナーもある

ドキュメントスキャナー

By: rakuten.co.jp

過去に購入した書籍を自宅で電子書籍化する、いわゆる“自炊”に便利なのが「ドキュメントスキャナー」。短時間で大量の紙文書を連続スキャンできる読み取り能力の高さが特徴です。自宅に保管している書籍やコミックの置き場所に困っていて、データ化したい方はぜひチェックしておきましょう。

フィルムスキャナー

By: amazon.co.jp

写真をデータ保存したい方におすすめなのが「フィルムスキャナー」です。ネガフィルムから直接データ化できるので、プリントした写真をスキャンするよりも高品位な画像で残せるのが特徴。フィルムカメラが趣味で、データを整理したい方に便利なアイテムです。

名刺スキャナー

By: rakuten.co.jp

仕事で名刺交換をする機会が多い方に便利なのが「名刺スキャナー」。名刺の枚数が増えてくると、過去に会った取引相手の情報を管理するのはなかなか手間です。名刺スキャナーがあれば大量の名刺を簡単にデジタル化が可能。付属のソフトで会社情報をデータベースに整理できる製品もあるので、効率的に名刺のデータ管理をしたい方におすすめです。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

スキャナーの解像度は、1インチあたりに表現できる最小単位「ドット」の数を示す「dpi」として表記されます。dpiの値が大きいほど高精細な原稿を取り込めるのがポイントです。

プリンターで印刷を目的とする場合、最低でも200dpiの解像度があれば快適。そして、文章を取り込む場合は300dpi以上、自動で文字を判別して取り込む「OCR処理」を目的とする場合、200〜400dpiの解像度があれば認識率がよくなります。

そのほか、写真など情報量の多い原稿は600dpi以上の解像度に対応していると綺麗にスキャンできるので便利。また、製品によっては2000dpi以上の高解像度に対応しているモデルもあり、地図などの細かい情報を必要とするデータの取り込みに重宝します。

対応している原稿のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

スキャナーを選ぶ際、対応できる原稿のサイズをチェックしておくことは重要です。あらかじめ大きいサイズに対応しているスキャナーを選んでおくことにより、読み取りたい原稿のサイズが大きくても対応できます。

また、はがきや名刺などの小さいサイズにも対応できるかもチェックしておくと便利。さまざまなサイズに対応できるモデルなら、目的に合わせてスムーズなデータの取り込みが可能です。

Wi-Fi機能をチェック

By: fujitsu.com

Wi-Fiに対応したスキャナーを選ぶことで、パソコンとスキャナーの距離が離れていてもスムーズに原稿が取り込めます。また、配線を気にする必要がないため、必要に応じた機器の移動もしやすく便利なのがメリットです。

さらに、製品によっては高速通信に対応したWi-Fi規格「IEEE802.11ac」に対応しているモノもあります。最大6.9Gbpsの高速通信に対応しているため、一度に大量の原稿を連続でスキャンしたい場合などにおすすめの通信規格です。

頻繁に持ち運ぶなら持ち運びのしやすさにも注目

By: fujitsu.com

外回り訪問など外出先で文書の取り込みが必要になる場合に備え、持ち運びやすいコンパクトタイプのスキャナーを用意しておくと便利。製品によってはUSB給電に対応しているモノもあり、モバイルバッテリーなどに接続して使用できるのがポイントです。

また、省スペースでの運用が可能なので、パソコン周辺をすっきり見せられるのも魅力。さらに、本体を立てたまま使用できるモノもあるため、少しでも作業スペースを節約したい方におすすめです。

そのほか、SDカードやUSBメモリなど外部メモリに対応しているモデルなら、パソコンがなくてもデータの取り込みや保存ができます。臨機応変に使用できる、高い汎用性が魅力です。

スキャナーのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、カメラやプリンターで有名なメーカーです。スキャナーは、リーズナブルなモデルから業務で使えるモデルまで、豊富にラインナップされています。写真の読み込みを目的としてつくられた「フィルムスキャン」を搭載したモデルがあるのも、カメラ分野で業界を牽引している同社ならではの強みです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、プリンター業界で知名度の高いメーカー。スキャナーのラインナップは豊富で、さまざまな製品を取り揃えています。フォトスキャンの画質にこだわったモデルや耐久性に優れたモデルも発売されているので、チェックしてみてください。

富士通(FUJITSU)

By: amazon.co.jp

富士通は、パソコンや携帯電話、業務用複合機などさまざまな製品を手掛ける総合エレクトロニクスメーカーです。富士通が展開するスキャナーはさまざまなラインナップがあり、手軽なハンディタイプから業務用の高性能モデルまで幅広く取り揃えています。

なかでも、同社が発売している「ScanSnap」シリーズは、簡単操作でスキャンができるので初心者の方にもおすすめ。見た目もスタイリッシュなので家庭用としても人気があります。

スキャナーのおすすめランキング|ハンディタイプ

第1位 富士通(FUJITSU) ScanSnap S1100 FI-S1100A

273×47.5×34mmとコンパクトで、A4サイズの原稿を読み取れる最小クラスのサイズを実現。また、重さわずか350gと軽量で、カバンに入れて楽に持ち運べる、優れた携行性が魅力のハンドスキャナーです。

最大600dpiの解像度にも対応し、カラーでの読み取りができ、写真などの情報を高精細にデータ化可能。独自のクラウドサービス「ScanSnap Home」とも連携できます。

さらに、「ScanSnap Home」の学習機能でデータ生成をアシストできるのもポイント。原稿の読み取りはもちろん、アプリケーション連携で閲覧・編集・管理・検索を一元管理できるのも魅力です。

第2位 エプソン(EPSON) DS-40

外形寸法296×69×43mm、重量約515gと軽量コンパクト。専用のキャリングポーチ付属で持ち運びに便利なハンドスキャナーです。600dpiの光学解像度を備え、写真なども高精細なスキャンが可能。読み取り解像度も50〜1200dpiで調節できます。

また、USBバスからの給電もしくは単3電池4本で駆動できるので、手軽に電源を確保できるのも魅力のひとつ。A4の原稿を1枚あたり10秒でスキャンでき、場所を選ばずに原稿の取り込みができます。

そして、Wi-Fi経由で直接スマホ・タブレットにスキャンできる「Wi-Fiダイレクト」に対応。無線LANルーターがない環境で使用できるのもメリットです。

そのほか、スキャンしたデータは接続している端末へ直接送信され、本体に残らないのもポイント。必要な場所にだけデータを保管できるため、セキュリティ面を重視したい場面にもおすすめです。

第3位 富士通(FUJITSU) ScanSnap iX100 FI-IX100

外形寸法273×47.5×36mm、重量400gと軽量コンパクトで、持ち運びに便利なハンドスキャナーです。バッテリー搭載によりケーブルの給電せずに使えるため、場所を選ばずに使用できるのがメリット。また、充電もUSBケーブルで手軽に実施できます。

そして、600dpiの光学解像度を備えているので写真なども高精細な取り込みが可能。A4はもちろん、はがきや名刺、レター、リーガルなどさまざまな原稿のサイズに対応できる汎用性も備えています。

さらに、Wi-Fiダイレクトに対応しているので、無線LANルーターがない環境でもパソコンやスマホ、タブレットなどにデータ送信ができるのもポイント。コンパクトさと高機能を両立させたい方におすすめのモデルです。

第4位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WorlsPenScan X 400-SCN031

ペンのように手でつまんで文章をスキャンできる、ペン型のスキャナーです。OCR機能を搭載しているので、なぞった部分を画像ではなく文字としてデータ化できるのがポイント。そのまま朗読させたり、パソコンへ文字を入力したりできます。

また、縦書きや横書きのほかに外国語へも対応可能。読み取った文字をスマホなどの端末に送信し、翻訳アプリへそのまま入力できるのも魅力です。取り扱いも簡単で、握りやすいグリップとローラーでペンを滑らせるように使用できます。

そのほか、LEDアラートを備えているので、読み取りが正常に行えているかどうかをリアルタイムで確認できるのもポイント。文章の多い資料をよく扱う方などにおすすめのアイテムです。

第5位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 400-SCN040

ハンドスキャナーとして書籍などを非破壊でデータ化でき、付属のドックに取り付ければ大量の書面をスキャンできるシートフィードスキャナーとしても使用可能。2WAY使用に対応した、汎用性の高いモデルです。

また、シートフィードスキャナーとして使用すると自動読み取りが可能。名刺やメモ書き、A4などさまざまな原稿に対応し、ページごとに原稿を入れ替えたり、スキャンボタンを押したりする必要がないのもポイントです。

さらに、解像度も300・600・1200dpiに対応し、PDFかJPEG形式を選択して取り込みできます。メール添付したい際や、資料を作成したい場合などにもおすすめです。

第6位 エイドード(Aidodo) Aoleca A1-001

300dpi・600dpi・900dpiの3種類から解像度を選択可能。シンプルな形状のボディで持ちやすく、利用用途に合わせて使い分けしやすいハンドスキャナーです。

また、メモ書きや名刺、A4サイズの原稿など幅広いサイズのデータ化にも対応。細かい文字や写真を綺麗に取り込みたい場面にも向いています。さらに、OCR機能に対応しているため文章を簡単にテキストデータ化できるのもポイントです。

そして、本製品は2本の単3アルカリ乾電池で駆動可能。外出先で急にスキャンが必要になった場面でも、手軽に使用できるのが魅力です。

第7位 ブラザー(brother) MDS-940DW

リチウムイオン電池を内蔵し、1回の充電で約320枚のスキャンができる、持ち運びに便利なハンドスキャナーです。また、USBバスパワーに対応しているため、パソコンなどからUSBケーブルを使用して充電ができます。

また、Wi-Fiにも対応しているので、無線LANアクセスポイントがあればスマホとの連携も可能。専用のアプリケーションをインストールしておくことで、スキャンした内容を直接取り込めるのもメリットです。

さらに、microSDカードへ直接データを保存できる「スキャンtoSDカード」機能も搭載しており、パソコンなしでも使用できるのがポイント。パソコンをあまり持ち歩かない方にもおすすめのモデルです。

第8位 ケンコー・トキナー(Kenko Tokina) ハンディスキャン KS-H500

約166×29×23mmとコンパクトで扱いやすいハンドスキャナーです。600dpiの高解像度でスキャンできるため、資料や雑誌、新聞紙、写真などに対応可能。本体をスライドさせるだけで簡単にデータを読み取れます。

さらに、microSDなど外部メモリにも対応し、会議資料などを手早くデータ化したい場面にもおすすめです。JPEG形式での取り込みが可能で、付属のUSBケーブルでパソコンに転送できるのも便利なポイント。そのままドキュメント用の画像として引用やメール添付などもスムーズです。

第9位 ケンコー・トキナー(Kenko Tokina) ハンディスキャン KS-H mini

本体重量わずか41.5gと超軽量、91×27.5×20mmと手のひらサイズで持ち運びに便利なコンパクトタイプ。収納スペースを節約しながら、スタイリッシュで便利なツールを厳選したい方におすすめのアイテムです。

そして、USBケーブルでパソコンと接続し、ダイレクトにデータの取り込みが可能。付属のOCRソフトを使用することでテキストデータ化もスムーズにできます。

さらに、日本語以外にも世界の主要言語を認識可能。外国の文書や記事をスキャンしてパソコンのWordやExcel、翻訳アプリへの貼り付けもスピーディーにこなせるのが魅力です。

第10位 アイリスオーヤマ(IRIS OYAMA) ハンディスキャナー HSC-A4

コンセントや充電など電源の確保が必要ない、手軽さが魅力のハンドスキャナーです。単4アルカリ乾電池3本で動作可能。microSDカードに対応しているので、場所を選ばずに簡単にデータを保存できます。

また、USBケーブルでパソコンに接続することで画像をWordやExcelなどにそのまま貼り付けられる「ピクチャーダイレクト機能」も搭載。OCR機能にも対応しているので、読み取った文章をそのままテキストデータとして取り込めるのもポイントです。

そのほか、OCR機能としては日本語・英語・数字に対応。帳簿や打ち合わせ資料の取り込み用としてもおすすめのアイテムです。

スキャナーのおすすめランキング|据え置きタイプ

第1位 富士通(FUJITSU) ScanSnap iX1500 FI-IX1500

名刺・レシート・写真・文書の4種類を自動で判別できる、おしゃれでコンパクトなドキュメントスキャナー。タッチパネル式でメニューが見やすく、初心者の方でもワンタッチで簡単に操作しやすい仕様です。

また、用途に合わせてプロファイル(アイコン)を設定できるので、オフィスで複数の方が操作するような場面にも便利。さらに、会計に必要なレシートの取り込みも、専用のガイドを備えているので快適にスキャンできます。

そして、独自のクラウドサービス「ScanSnap Home」を利用して、スキャンしたデータを自動で振り分けて保存が可能。スマホのアプリと連携をすれば、必要なデータをいつでも確認できるので便利です。

第2位 エプソン(EPSON) GT-X830

エプソン独自のCCD技術を応用した「α-Hyper CCD II」を搭載。光学解像度最大6400dpiを実現した、超高精細なスキャンが可能なフラットベッドスキャナーです。

文書や写真、細かい情報が記載されたノートや地図などを正確にデータ化したい場面におすすめ。また、2本のLED光源を搭載し、使用時に原稿のシワも軽減させる機能も備えています。

また、独自のユーティリティソフト「Easy Photo Scan」を使用し、パソコンなどの端末と組み合わせたスムーズなデータ管理も可能。メール添付やクラウドサービス、SNSへのデータアップロードなどの効率化が期待できます。

第3位 エプソン(EPSON) DS-510

給紙容量50枚、用紙を1枚ずつ正確に給紙できる「スマートフィーディングシステム」を搭載。カラーで200dpi・モノクロで300dpi26枚/分の高速スキャンができる、大量の文書をデジタル化したい場面に適した、生産性に優れたシートフィードスキャナーです。

また、読み取り用の「CISセンサー」を2本搭載したことで両面同時読み取り機能にも対応しています。さらに、A4〜A6までの原稿給紙も可能。異なるサイズの原稿でも連続して読み取りができ、各用紙サイズでの切り出し保存ができるので便利です。

そのほか、封筒・長尺紙・はがき・名刺・プラスチックカードにも対応。運転免許証や戸籍謄本など、本人確認証明書のコピーが必要なカウンター業務でも活躍できます。コンパクトで汎用性に優れたスキャナーを求めている方におすすめのモデルです。

第4位 富士通(FUJITSU) ScanSnap SV600 FI-SV600A

非接触で情報を読み取れる「オーバーヘッド読取方式」を採用した、スタンドスキャナー。最大A3までの原稿サイズに対応し、書籍などを傷めずにデータ化できるのが大きなメリットです。

また、高被写界深度レンズやCCDセンサーなどを組み合わせ、「VIテクノロジー」を搭載しているのもポイント。読み取り時のムラを抑えて均一のイメージデータを作成でき、書籍の電子化をスムーズに実施したい場面にも重宝します。

第5位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 400-SCN024

ネガフィルムから直接スキャンして写真をデータ化が可能なフィルムスキャナーです。フィルムカメラでの撮影が趣味の方や、昔の写真をデータ化して整理したい方におすすめ。また、SDカードに直接保存できるため、パソコンがなくても作業できます。

スキャンを実施する際には、本体上部のディスプレイで実際に確認しながら操作できるのもポイント。専用のスライドフィルムホルダー付属で操作しやすく、大量のネガから欲しい写真をピンポイントで取り込めるのも魅力のひとつです。

そして、読み取り用のセンサーは1400万画素のCMOSイメージセンサーを採用。3200dpiの解像度を備えているため、大切な写真を高精細にスキャンできます。

第6位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 400-SCN041

3200dpiの高解像度でネガやフィルムから写真を直接スキャンできる、便利なフィルムスキャナーです。また、紙媒体の写真も700dpiの高解像度でデータ化できるがポイント。思い出の写真やネガなどを劣化から守りたい場面におすすめのアイテムです。

フィルムモードの場合、35mmフィルムとスライドフィルムに対応しています。さらに、USBケーブルでの給電ができるバッテリーが付属。コンセントなどの電源がない場面でも使用できる手軽さも魅力のひとつです。

そして、フィルムスキャン時に気になるホコリなどの汚れを除去する「クリーナーブラシ」を備えているのもポイント。シンプルな構造で扱いやすい、家庭用としてもおすすめのアイテムです。

第7位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 400-SCN005N

1枚あたり3秒で名刺をデータ化できる名刺スキャナーです。カラーで600dpiの高解像度スキャンに対応しているため、相手のメールアドレスや電話番号などの正確な取り込みも期待できます。

専用のソフトをダウンロードすることでOCR機能にも対応可能。アドレス帳への直接転送ができ、大量の名刺データを効率よく管理したい方におすすめのアイテムです。

また、日本語や英語を含む24か国語にも対応。海外の名刺もスムーズに読み込めるため、多言語の付き合いがある方でも活用できるビジネスシーンに欠かせないアイテムです。

第8位 キヤノン(Canon) CANOSCAN LIDE 400

ヘアライン加工を施した天板のデザインが美しい、高級感のあるフラットベッドスキャナーです。250×367×42mmと薄型でコンパクトなのもポイント。専用の縦置きスタンドが付属しているので、使用スペースの節約をしたい方にもおすすめです。

また、同梱のUSBケーブルをパソコンに接続するだけでスキャンできる「ワンプラグスキャン」を採用。データの高速転送ができるUSB規格「Type-C」にも対応しているほか、複数ページのPDF作成ができるなど快適な操作性も魅力のひとつです。

さらに、画像・文字・背景などの領域を自動判定する、高度な分析処理技術「自動文書補正」機能を搭載しているのもポイント。美しい読み取りを実現し、文章の多い原稿をスキャンしたい場面に優れた効果を発揮できます。

第9位 エプソン(EPSON) FF-680W

撮り貯めた写真の管理をしたい方におすすめのシートフィードタイプのスキャナー。紙焼きの写真も高速でスキャンできるほか、「退色復元機能」を搭載し、経年劣化で色あせた写真も鮮やかに復元してスキャンできるのが特徴です。

また、専用のアプリケーション「Epson FastFoto」をパソコンにインストールすることで、写真の読み取りや保存、共有などを簡単に操作可能。初心者の方でも扱いやすい、優れた操作性も魅力のひとつです。

さらに、L判や2L判から、パノラマ、長尺写真、年賀はがきなど、さまざまなサイズの写真に対応できるのもポイント。必要に応じて、名刺スキャンやA4文書の保存にも活用できる汎用性も併せ持っています。

第10位 エプソン(EPSON) GT-X980

写真のスキャン品質にこだわりたい場面におすすめのスキャナーです。たわみによるピントのバラつきを抑える「アンチニュートンリングアクリル板」を標準搭載。6400dpiの優れた光学解像度を有し、5段階で高さを調節できるフィルムホルダーも備えています。

そして、4種類のフィルムホルダーを使い分けることで、35mmストリップや4×5フィルム、マウント、ブローニーなどさまざまなフィルムに対応可能。ホルダー自体の剛性も強化されているので、耐久性にも優れています。

本体のデザインは直線を意識し、高級感あふれるアルミ質感のアクセントが魅力。スタイリッシュさと機能性を兼ね備えている、ハイエンドモデルです。