紙の文書などをデジタルデータ化したいときに役に立つ「スキャナー」。持ち運びに最適な小型モデルから、フィルムカメラで撮影した写真をデジタルデータ化できるモデルまで、豊富に展開されています。

そこで今回は、スキャナーのおすすめのモデルをランキング形式でご紹介。プリンターとの違いや選び方も解説しているので参考にしてみてください。

スキャナーとは?

By: amazon.co.jp

「スキャナー」とは、紙の文書や写真などを読み込み、デジタルデータとして保存するための機器です。パソコンやタブレットなどと接続し、スキャンしたデータを保存できます。また、スキャナー自体にMicroSDカードスロットやUSB端子が搭載されており、スキャナー単体で読み取りから保存まで行えるモデルもあります。

スキャナーとプリンターの違い

By: rakuten.co.jp

プリンターは、文書や写真を紙に印刷するための機器です。パソコンやスマホからプリンターにデータを伝送して、印刷します。スキャナーは紙面の情報をデジタルデータにするための製品で、プリンターはデジタルデータを印刷して紙面化するための製品です。

なお、プリンターのなかでも「複合機」と呼ばれるモデルは、スキャナー機能やFAX機能が搭載されています。プリンターを選ぶ際は留意しておきましょう。

スキャナーの選び方

スキャナーの種類と特徴から選ぶ

フラットベッドスキャナー

By: amazon.co.jp

「フラットベッドスキャナー」とはガラス面に原稿をセットするタイプです。厚い書籍や雑誌でも切り取らずに、ページをそのまま原稿台に乗せて読み込めます。1枚ずつ処理する必要があるので時間がかかりますが、高い解像度でのスキャンが可能。スキャナーとしてはもっとも一般的なタイプで、文書や写真などを気軽に電子データ化できます。

シートフィードスキャナー

By: amazon.co.jp

「シートフィードスキャナー」は自動給紙装置を搭載しているのが特徴。複数の原稿をセットできるほか、一度に多くの枚数をスキャンできるタイプです。厚みのある書籍などは読み込めませんが、オフィスなどで日常的に大量の書類を電子データ化する場合は、処理時間を短縮できます。両面を自動で読み取れるモデルもあるので、効率的にペーパーレス化できるのも魅力です。

スタンドスキャナー

By: amazon.co.jp

「スタンドスキャナー」とは写真撮影に近い感覚で原稿をスキャンするタイプ。通常のスキャナーと違い、読み取り機から原稿を離してもスキャンできるのが特徴です。インテリアの電気スタンドのようなデザインで、書籍や雑誌のページを開いて紙面を読み込みます。解像度は高くないですが、出版物を傷つけず気軽に電子データ化できるのも魅力です。

ハンディスキャナー

By: amazon.co.jp

「ハンディスキャナー」は原稿の上をなぞるようにして読み取るのが特徴。コンパクトサイズにまとまっているモノが多く、「モバイルスキャナー」とも呼ばれています。文書を読み込んで電子データ化することが主な用途なので、解像度は控えめです。

なお、製品ラインナップのなかにはペン型のスキャナーもあります。パソコンと接続しなくてもスキャナー単体で動作するタイプは、外出先でも扱いやすいのも魅力です。

特化機能を持つスキャナーもある

ドキュメントスキャナー

By: rakuten.co.jp

過去に購入した書籍を自宅で電子書籍化する、いわゆる“自炊”に便利なのが「ドキュメントスキャナー」。短時間で大量の紙文書を連続スキャンできる読み取り能力の高さが特徴です。自宅に保管している書籍やコミックの置き場所に困っていて、データ化したい方はぜひチェックしておきましょう。

フィルムスキャナー

By: amazon.co.jp

写真をデータ保存したい方におすすめなのが「フィルムスキャナー」です。ネガフィルムから直接データ化できるので、プリントした写真をスキャンするよりも高品位な画像で残せるのが特徴。フィルムカメラが趣味で、データを整理したい方に便利なアイテムです。

名刺スキャナー

By: rakuten.co.jp

仕事で名刺交換をする機会が多い方に便利なのが「名刺スキャナー」。名刺の枚数が増えてくると、過去に会った取引相手の情報を管理するのはなかなか手間です。名刺スキャナーがあれば大量の名刺を簡単にデジタル化が可能。付属のソフトで会社情報をデータベースに整理できる製品もあるので、効率的に名刺のデータ管理をしたい方におすすめです。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

スキャナーの解像度は、1インチあたりに表現できる最小単位「ドット」の数を示す「dpi」として表記されます。dpiの値が大きいほど高精細な原稿を取り込めるのがポイントです。

プリンターで印刷を目的とする場合、最低でも200dpiの解像度があれば快適。そして、文章を取り込む場合は300dpi以上、自動で文字を判別して取り込む「OCR処理」を目的とする場合、200〜400dpiの解像度があれば認識率がよくなります。

そのほか、写真など情報量の多い原稿は600dpi以上の解像度に対応していると綺麗にスキャンできるので便利。また、製品によっては2000dpi以上の高解像度に対応しているモデルもあり、地図などの細かい情報を必要とするデータの取り込みに重宝します。

対応している原稿のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

スキャナーを選ぶ際、対応できる原稿のサイズをチェックしておくことは重要です。あらかじめ大きいサイズに対応しているスキャナーを選んでおくことにより、読み取りたい原稿のサイズが大きくても対応できます。

また、はがきや名刺などの小さいサイズにも対応できるかもチェックしておくと便利。さまざまなサイズに対応できるモデルなら、目的に合わせてスムーズなデータの取り込みが可能です。

Wi-Fi機能をチェック

By: fujitsu.com

Wi-Fiに対応したスキャナーを選ぶことで、パソコンとスキャナーの距離が離れていてもスムーズに原稿が取り込めます。また、配線を気にする必要がないため、必要に応じた機器の移動もしやすく便利なのがメリットです。

さらに、製品によっては高速通信に対応したWi-Fi規格「IEEE802.11ac」に対応しているモノもあります。最大6.9Gbpsの高速通信に対応しているため、一度に大量の原稿を連続でスキャンしたい場合などにおすすめの通信規格です。

頻繁に持ち運ぶなら持ち運びのしやすさにも注目

By: fujitsu.com

外回り訪問など外出先で文書の取り込みが必要になる場合に備え、持ち運びやすいコンパクトタイプのスキャナーを用意しておくと便利。製品によってはUSB給電に対応しているモノもあり、モバイルバッテリーなどに接続して使用できるのがポイントです。

また、省スペースでの運用が可能なので、パソコン周辺をすっきり見せられるのも魅力。さらに、本体を立てたまま使用できるモノもあるため、少しでも作業スペースを節約したい方におすすめです。

そのほか、SDカードやUSBメモリなど外部メモリに対応しているモデルなら、パソコンがなくてもデータの取り込みや保存ができます。臨機応変に使用できる、高い汎用性が魅力です。

スキャナーのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、カメラやプリンターで有名なメーカーです。スキャナーは、リーズナブルなモデルから業務で使えるモデルまで、豊富にラインナップされています。写真の読み込みを目的としてつくられた「フィルムスキャン」を搭載したモデルがあるのも、カメラ分野で業界を牽引している同社ならではの強みです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、プリンター業界で知名度の高いメーカー。スキャナーのラインナップは豊富で、さまざまな製品を取り揃えています。フォトスキャンの画質にこだわったモデルや耐久性に優れたモデルも発売されているので、チェックしてみてください。

富士通(FUJITSU)

By: amazon.co.jp

富士通は、パソコンや携帯電話、業務用複合機などさまざまな製品を手掛ける総合エレクトロニクスメーカーです。富士通が展開するスキャナーはさまざまなラインナップがあり、手軽なハンディタイプから業務用の高性能モデルまで幅広く取り揃えています。

なかでも、同社が発売している「ScanSnap」シリーズは、簡単操作でスキャンができるので初心者の方にもおすすめ。見た目もスタイリッシュなので家庭用としても人気があります。

メーカーのおすすめモデル

エプソン(EPSON) スキャナー DS-571W

大量の書類を素早く電子データ化できる省スペース設計のシートフィードスキャナー「DS-571W」。1分間に約35枚※のA4カラー原稿を読み取りできるのが魅力です。また、両面同時読み取りも可能。毎分およそ70面※のスキャンもできます。

Wi-Fi対応で、スマートデバイスとの連携も簡単。専用アプリ「Epson Smart Panel」を使用して、スマホやタブレットから直接操作できます。
薄いレシートや免許証などのカード類に加え、サイズ違いの原稿を混在スキャンできるのもメリット。家庭やオフィスに存在するさまざまな書類をデジタル化し、整理するといった使い方もできます。

さらに、「重送検知機能」「原稿保護機能」「ガラス汚れ検知」など、読み取り時の失敗を防ぐ給紙機能が充実しているのもポイント。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでも活躍する汎用性の高いおすすめモデルです。
※エプソン自社基準測定値(使用環境・方法によって異なります)。読取速度の測定条件についてはエプソンのホームページをご覧ください。

▼【家庭からオフィスまで】優れた性能とデザイン性を兼ね備えたコスパ抜群のスキャナー


スキャナーのおすすめランキング|ハンディタイプ

第1位 エプソン(EPSON) ES-60WB

幅272×奥行47×高さ33.8mmとコンパクトサイズのスキャナーです。重量は約300gと軽量。バッグに入れて持ち歩いたり、スペースの狭いカウンターへスッキリと設置したりできるのが魅力です。

スキャン速度は、バッテリー使用時で1枚あたり4.0秒、USBバスパワー使用時で1枚あたり5.5秒と良好。A4~B6用紙・身分証などのプラスチックカード・名刺・レシートなどのスキャンに対応しています。

また、PCを必要とせずにスキャンを行える「Epson ScanSmart」アプリを利用可能。面倒な準備作業を省けるのがおすすめポイントです。名刺管理ソフトの「やさしく名刺ファイリングエントリー5」を利用すれば、名刺をOCR処理によってテキストへ変換し、効率よく管理できます。

第2位 富士通(FUJITSU) ScanSnap iX100 FI-IX100A

本体に薄型バッテリーを内蔵した、文書スキャナーです。充電はUSBケーブルをPCへ差し込んで行います。重量は約400gと軽量なため、出張先や旅行先へ気軽に持ち運べるのがメリットです。

自宅やオフィスにWi-Fi環境があれば、USBケーブルを必要とせずワイヤレスで通信できるのが魅力。複数台のパソコンでスキャンを行いたい場合にもおすすめです。また、Wi-Fi接続を自動で切り替えられる「Wi-Fi Auto Select」機能を搭載しています。

読み取り速度は、A4カラーの場合で1枚当たり5.2秒。従来製品よりもスキャン速度が大幅に向上しています。読み取りモードの「エクセレント」を選択すれば、600dpi相当の高解像度でスキャンすることが可能です。

第3位 ブラザー(Brother) MDS-940DW

リチウムイオン充電池によって駆動する、モバイルスキャナーです。一度の充電で320枚程度をスキャンできます。重量は約700gと軽いのでバッグの中へ入れてもあまり負担になりません。

また、ブラザー独自の「Brother iPrint&Scan」アプリに対応。スキャンデータをタブレットやスマホに直接取り込めるのが魅力です。搭載するMicroSDスロットにカードを挿せば、PCにつなぐことなくデータを保存できます。

第4位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ポータブルハンディスキャナ PSC-HS1BK

スキャン時のブレが発生しにくい、ハンディスキャナーです。読み取り部分には、安定感のあるダブルローラーを採用。やり直しの手間を省いて、効率よく作業を行えます。

また、スキャンデータを即座に確認できるカラー液晶を搭載。スキャンに失敗したら、エラー画面などを液晶に表示されます。電源は充電式を採用しているので、営業先やオフィスなどへ気軽に持ち運べるのもポイント。

スキャン範囲は216×356mmと良好。MicroSDカードが付属しているので、差し込んですぐに使い始められます。大事な資料を失敗なくデータ化したい方におすすめの、ハンディスキャナーです。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディスキャナー HSC-A8

レシートや名刺を手軽にスキャンできる、ハンディスキャナーです。読み取り幅は54mmを採用。300dpiの良好な解像度で、文字や写真を綺麗に読み取ります。

また、画像データをExcelやWordに直接貼り付けられる「ピクチャーダイレクト機能」を搭載。「OCRダイレクト機能」を使えば、言語や数字を読み取り、テキストとして保存できるので便利です。

さらに、専用の名刺台を付属。ビジネスシーンだけでなく、プライベートでも幅広い用途で使用できます。非常に安い価格で購入できるのもおすすめです。

第6位 サンワダイレクト(SANWA DIRECT) ペン型ワイヤレススキャナー 400-SCN031

多言語の読み取りに対応している、ドキュメントスキャナーです。WindowsやMacといったパソコンであれば193か国、iOSやAndroidのスマホだと28か国語を読み取り可能。語学学習の用途としてもおすすめです。

スキャンして読み取ったデータは、Bluetooth4.0のワイヤレス通信でスマホ・タブレットへ送信。PCと通信する場合は、付属のUSBケーブルを挿入して行えます。

また、文書ソフトへ読み取りデータを直接入力できる「データ入力機能」、即座に翻訳を行う「翻訳機能」、英語を音声で読み上げる「朗読機能」など便利な機能が満載。横書きの文章だけでなく、小説などの縦書き文章の取り込みにも対応しています。

第7位 キヤノン(Canon) ドキュメントスキャナー DR-P208II

自宅やオフィス、出張先などさまざまな場所で使えるドキュメントスキャナーです。利用時のセッティングは、USBケーブルをPCへ接続するだけで完了。自動原稿送り装置を搭載し、最大10枚までの原稿を一度にセットできます。

また、「1パス両面スキャン」機能を採用。1回のスキャンで原稿の両面を読み取れるので、より素早く作業を行えます。具体的な設定やアクションは、同梱ソフトウェアの「CaptureOnTouch」を使って実行。シンプルな画面なので、初めての方でも迷わずに操作できるのが魅力です。

第8位 富士通(FUJITSU) ScanSnap S1100 FI-S1100A

幅273×奥行47.5×高さ34mmのスリムサイズを採用したハンディスキャナー。A4型ノートパソコンよりも小さなサイズなので、収納時に邪魔になりにくいのがポイントです。電源はUSBバスパワーによって駆動します。

対応している原稿は、A4・B5・A5・B6・A6などさまざま。会員カードをはじめとしたプラスチックカードの読み取りにも対応しているため、店舗を経営している方にもおすすめです。

第9位 ミヨシ(MCO) 高解像度モバイルハンディスキャナー UMSC-05

900dpiの高解像度で保存できる、高性能ハンディスキャナーです。チラシや設計図などをPCでそのまま編集したい方などにおすすめ。PCのOSは、Windows・Macの2種類に対応しています。

また、Windowsの「MagicScan」ソフトと連携可能。関連ソフトにスキャンデータを直接貼り付けられる「ピクチャダイレクト機能」、PC画面上でスキャン状況をリアルタイムに確認できる「みながらスキャン機能」を使用できます。

本体重量は、電池未装着時で160gと軽量。単四乾電池で駆動し、取り換えまでに最大で約350枚のスキャンを行えます。取り込み時の画質を重視したい方におすすめのハンディスキャナーです。

第10位 Aidodo ハンディスキャナー A1-001

メモ用紙や名刺、A4サイズの用紙などに対応しているハンディスキャナーです。解像度は300・600・900dpiの3種類から選択できます。保存する画像は、JPEGとPDFの2種類から選べるのが特徴です。

また、Word・Excel・テキストファイルなどへ出力できるOCR機能を搭載。営業資料や研究課題の論文などを、簡単に取り込めます。電源は2本の乾電池で駆動するので、場所を問わずにいつでも使い始められるのも魅力です。

スキャナーのおすすめランキング|据え置きタイプ

第1位 キヤノン(Canon) CanoScan LiDE 400

スタイリッシュなデザインがかっこいい、おすすめの文書・フィルムスキャナーです。サイズは幅250×奥行367×高さ42mmとコンパクト。コンセントを必要とせず、USBケーブルとPCをつなぐだけで利用できます。

スキャン速度は、A4サイズ時で約8秒と高速。データ化する文書が多くても、効率よく作業を行えます。また、「AUTO SCAN」ボタンを押せば、原稿の種類に合わせてスキャンモードを設定・保存。面倒な手間を省いて、ラクラクとデータへ変換できます。

イメージセンサーには、キヤノンの独自技術「LED Indirect Exposure」を搭載。コンパクトモデルながら、4800dpiの高解像度を実現しています。付属のスタンド使用時は、省スペースの縦置きにして使えるのが魅力です。

第2位 富士通(FUJITSU) ScanSnap iX1500 FI-IX1500

オフィスや自宅など、幅広いシーンで使いやすいシートフィードスキャナーです。本製品には4.3インチの液晶タッチパネルを搭載。20種類以上のテンプレートのなかから、行いたい操作を設定できます。

また、富士通の「ScanSnap Home」アプリを利用可能。原稿の読み取りはもちろん、編集や検索、ほかアプリ連携なども行えるのがメリットです。標準で最大5台までのデバイスを登録できます。

さらに、「ScanSnap Cloud」を搭載。会計ソフトのfreeeやストレージサービスのDropboxなどと連携できます。ハードだけでなくソフト面も充実している、おすすめのスキャナーです。

第3位 エプソン(EPSON) FF-680W

大きな写真をデータとして残せる、シートフィードタイプのフォトスキャナーです。エプソン独自の画像処理技術「Epson ScanSmart」を搭載。カラーやモノクロの原稿を自動で認識し、適した画像で保存できます。

解像度は、300・600・1200dpiの3種類に対応。写真を引き伸ばしたりトリミングしたりするときでも、高精細な画像で残せます。また、最大36枚までの写真を1度にセットして、効率よく作業を進められるのがポイントです。

さらに、退色復元機能を採用。経年劣化で色あせた写真をスキャンしたときに、自然な補正で色鮮やかな画像へ変えられます。対応する写真サイズは、L判・2L判・パノラマ・年賀はがきなどさまざまです。

第4位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) A3フラットベッドスキャナ PSC-12UF

スタイリッシュなデザインがかっこいいフラッドヘッドスキャナーです。本製品は、スキャン速度に優れているのが特徴。A3用紙1枚をスキャンするのに、約3.8秒で済ませられます。

解像度は、100~2400dpiの範囲に対応。スキャン範囲はA3までの大きさに対応し、会議資料や見開きのカタログなどをスムーズに読み取れます。OCR機能を利用すれば、テキストデータとして保存できるのが魅力です。

上部のフタは上方向へ伸びるので、厚さのある本でも収められるのがうれしいポイント。高性能な据え置き型スキャナーを探している方におすすめです。

第5位 ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 5インチ液晶フィルムスキャナー KFS-14WS

フィルムを直接差し込んでスキャンできる、コンパクト型フィルムスキャナーです。本体へのホルダーセット後、サイドへフィルムを入れるだけで読み込みを実行。本製品は、35・110・126フィルムの3種類に対応しています。スキャンしたデータは、SDHCカードに直接保存。PCやほかの接続機器を使用せずに、ラクラクとデータ保存ができます。

液晶画面にはIPSディスプレイを採用。画面内でネガフィルムを反転させて、写真をしっかりと確認できます。サイズは5インチと大きいので、デジタルフォトフレームとしても使えるのがおすすめポイントです。

第6位 エプソン(EPSON) DS-32000

業務用として大量にドキュメントをデータ化できる、シートフィードスキャナーです。読み取り速度は、モノクロ・カラーのどちらも1分間あたり約90枚。最大120枚までの原稿を一度にセットして、スムーズに作業を行えます。

給紙モードは、「標準」「デリケート」「手差し」の3タイプを用意。レシート・パスポート・冊子・プラスチックカードなど、さまざまな用紙を読み取れるので便利です。

また、原稿保護機能を搭載。ホチキスの針が付いたまま用紙をスキャンしてしまっても、自動で停止できるので安心です。さらに、センサーに付着した汚れを検知する「ガラス汚れ検知」機能、重送を検知して自動停止する「重送検知」機能などを搭載しています。

第7位 富士通(FUJITSU) ScanSnap SV600 FI-SV600A

雑誌や辞書などを見開きで置いたまま読み込める、スタンドスキャナーです。本製品は、最大A3サイズまでの大きさに対応。オリジナルの「ブック補正機能」によって、取り込み時の歪みを補正して保存できるのがポイントです。

また、一度に複数の原稿を読み取れる「マルチクロップ機能」を搭載。名刺や小さな写真、身分証など、こまごまとした原稿をスムーズに電子化できるのがポイントです。

さらに、高被写界レンズ・高指向性LED光源・ライン型CCDセンサーの3つからなる「VIテクノロジー」を採用。ピントをしっかりと合わせて、画質のムラを抑えられるのが特徴です。別売のブックプレッサーを購入すれば、書籍や雑誌を強力にプレスして、より綺麗な画像で保存できます。

第8位 ブラザー(Brother) ADS-2800W

タッチパネル液晶を搭載した、シートフィードスキャナーです。頻繁に使う機能やお気に入りの設定などをホーム画面に設定して、すぐさまスキャンを開始できます。

スキャン時は、A4用紙を一度に50枚までセット可能。1分あたりで約40枚・80面の高速スキャンを行えるのが魅力です。また、リバースローラー分離機構を搭載。用紙の取り込みの速さを維持しながら、安定した搬送を実現しています。

さらに、Google DriveやDropboxなどのクラウドサービスと連携可能。PCを必要とせず、スキャンしたデータをそのままアップロードできます。使い勝手に優れた便利なモデルを探している方におすすめです。

第9位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺スキャナ PSC-13UB

営業や異業種交流などが多い方にとって使いやすい、名刺スキャナーです。読み取り速度は、1枚あたり3秒と非常に速いのが特徴。溜まっている名刺を一気にデータ化したいと考える方にもおすすめです。

また、専用ソフトの「WordCard Scan」アプリに対応。読み取ったデータは、画像とテキストの2種類で保存します。氏名やメールアドレス、電話番号などで絞って検索できるので便利です。

本製品は、WindowsとMacの両OSに対応。英語・中国語・スペイン語など、25か国語を認識できるので、国際交流があったときでも安心です。

第10位 ブラザー(Brother) ADS-2200

シンプルな機能とデザインを採用した、シートフィードスキャナーです。本体サイズは幅298×奥行205×高さ177mmと非常に小型。狭い置き場しか確保できないような場合でも、安心して設置できます。

読み取り速度は、1分あたり35枚・70面と高速。データ化した書類が大量に溜まっているような場合でも、あっという間に終わらせられます。作業時は、A4原稿を最大50枚まで一度にセットできるのが魅力です。

また、「スキャン to USBメモリー」機能を搭載。本体へUSBメモリを挿入していれば、PCと接続していなくてもデータを保存できるのが特徴です。