紙の文書などをデジタルデータ化したいときに役に立つ「スキャナー」。持ち運びに最適な小型モデルから、フィルムカメラで撮影した写真をデジタルデータ化できるモデルまで、豊富にリリースされています。

そこで今回は、スキャナーのおすすめのモデルをご紹介。プリンターとの違いや選び方も解説しているので参考にしてみてください。

スキャナーとは?

By: amazon.co.jp

「スキャナー」とは、紙の文書や写真などを読み込み、デジタルデータとして保存するための機器。パソコンやタブレットなどと接続して、スキャンしたデータを保存できます。また、スキャナー自体にMicroSDカードスロットやUSB端子が搭載されていて、スキャナー単体で読み取りから保存まで行えるモデルもあります。

スキャナーとプリンターの違い

By: amazon.co.jp

プリンターは、文書や写真を紙に印刷するための機器。パソコンやスマホからプリンターにデータを伝送して、印刷します。スキャナーは紙のファイルを電子データにする製品、プリンターは電子データを印刷して紙面化できる製品と考えてください。

なお、プリンターのなかでも「複合機」と呼ばれるモデルは、スキャナー機能やFAX機能が搭載されているタイプです。ぜひ選ぶ際は留意しておきましょう。

スキャナーの選び方

スキャナーの種類と特徴から選ぶ

フラットベッドスキャナー

By: amazon.co.jp

「フラットベッドスキャナー」とはガラス面に原稿をセットするタイプ。厚い書籍や雑誌でも切り取らずに、ページをそのまま原稿台に乗せて読み込めます。1枚ずつ処理する必要があるので時間がかかりますが、高い解像度のスキャンが可能。スキャナーとしてはもっとも一般的なタイプで、文書や写真などを気軽に電子データ化することができます。

シートフィードスキャナー

By: amazon.co.jp

「シートフィードスキャナー」は自動給紙装置を搭載しているのが特徴。複数の原稿をセットできるほか、1度に多くの枚数をスキャンできるタイプです。厚みのある書籍などは読み込めませんが、オフィスなどで日常的に大量の書類を電子データ化する場合は、処理時間を短縮できます。両面を自動で読み取れるモデルもあるので、ペーパーレス化を効率的にできるのも魅力です。

スタンドスキャナー

By: amazon.co.jp

「スタンドスキャナー」とは写真撮影に近い感覚で原稿をスキャンするタイプ。通常のスキャナーと違い、読み取り機から原稿を離してもスキャンできるのが特徴です。インテリアの電気スタンドのようなデザインで、書籍や雑誌のページを開いて紙面を読み込みます。解像度は高くはないですが、出版物を傷つけずに気軽に電子データにできるのも魅力です。

ハンディスキャナー

By: amazon.co.jp

「ハンディスキャナー」は原稿の上をなぞるようにして読み取るのが特徴。コンパクトサイズにまとまっているモノが多く、「モバイルスキャナー」とも呼ばれています。文書を読み込んで電子データ化することが主な用途なので、解像度はそれほど高くはありません。

なお、製品ラインナップのなかにはペン型のスキャナーもあります。パソコンと接続しなくてもスキャナー単体で動作するタイプもあり、外出先でも扱いやすいのも魅力です。

特化機能を持つスキャナーもある

ドキュメントスキャナー

By: amazon.co.jp

過去に購入した書籍を自宅で電子書籍化する、いわゆる“自炊”に便利なのが「ドキュメントスキャナー」。短時間で大量の紙文書を連続スキャンできる読み取り能力の高さが特徴です。自宅に保管している書籍やコミックの置き場所に困っていて、データ化したい方はぜひチェックしておきましょう。

フィルムスキャナー

By: amazon.co.jp

写真をデータ保存したい方におすすめなのが「フィルムスキャナー」。ネガフィルムから直接データ化できるので、プリントした写真もスキャンするよりも高品位な画像で残せるのが特徴です。趣味でフィルムカメラの撮影を楽しんでいて、データとして整理したい方に便利なアイテムスです。

名刺スキャナー

By: rakuten.co.jp

仕事で名刺交換をする機会が多い方に便利なのが「名刺スキャナー」。名刺の枚数が増えてくると、過去に会った取引相手の情報を管理するのはなかなか手間です。名刺スキャナーがあれば大量の名刺を簡単にデジタル化が可能。付属のソフトで会社情報をデータベースに整理できる製品もあるので、効率的に名刺のデータ管理をしたい方におすすめです。

解像度をチェック

By: rakuten.co.jp

スキャナーを購入するときに、最初に確認しておきたいのが解像度。スキャナーの対応解像度が、読み込んだ画像の画質に直結するからです。

スキャナーの解像度は、「~dpi」として表記されるのが一般的。これは、「dots per inch」の略称で、1インチあたりどれだけのドットを打てるのかを表す指標です。数値が大きいほうが、より精細なスキャンが行えます。

なお、解像度が上がれば上がるほど、スキャン作業に時間がかかります。製品の公式ホームページには、解像度ごとのスキャン時間の目安が表記されていることもあるので、気になる方は事前に確認しておきましょう。

Wi-Fi機能をチェック

By: amazon.co.jp

スキャナーにWi-Fi機能が搭載されているかも重要。Wi-Fi接続が可能であれば、USBケーブルなどで接続する手間がなくなるので便利です。

頻繁に持ち運ぶならモバイル性にも注目

By: rakuten.co.jp

スキャナーのなかには、モバイル性を重視したモデルあり、そうした製品はビジネスシーンなど、外出先で持ち運んで使いたい方に最適です。

モバイル用途でスキャナーを選びたい方は、「バッテリー駆動か乾電池か」「連続何時間駆動するか」「バッテリーが切れた時に、USBバスパワーでも動作させることが可能か」の3点に注目しましょう。

また、スキャナーの読み取り方式は本体サイズに影響します。読み取りセンサーは大きく分けて「CCD」と「CIS」がありますが、モバイル性を求めるなら後者がおすすめ。CISタイプはCCDタイプと違い、本体内にミラーが必要ないので小型。サイズにこだわるなら、製品スペックの読み取りセンサーもチェックしておきましょう。

スキャナーのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、カメラやプリンターで有名なメーカーです。スキャナーは、リーズナブルなモデルから業務で使えるモデルまで、豊富にラインナップしています。写真の読み込みを目的としてつくられた「フィルムスキャン」を搭載したモデルあるのも、カメラ分野で業界を牽引している同社ならではの強みです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、プリンター業界で知名度の高いメーカー。スキャナーのラインナップは豊富で、さまざまな製品を取り揃えています。フォトスキャンの画質にこだわったモデルや耐久性に優れたモデルもリリースされているので、しっかりと確認しておきましょう。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

ブラザーは、ミシンやプリンターで有名なメーカー。主に文書を読み取るのが得意なスキャナーをリリースしています。同社のスキャナーは、カラー液晶が搭載されていて使いやすいのがポイント。操作性に優れたスキャナーを探している方は、要チェックです。

メーカーのおすすめモデル

エプソン(EPSON) スキャナー ES-60W

By: epson.jp

1枚あたり約4秒でスピーディーにスキャンができるモバイルスキャナー。サイズが272×47×33.8mmとコンパクトなので、ビジネスバッグにもスマートに入れられてラクに持ち運べます。

USBバスパワーに対応しており、ケーブル1本で使用できるためデスクがごちゃごちゃしないのが魅力。また、本体にリチウムイオン電池を内蔵しているため、充電しておけばワイヤレスで使えます。

iOS・Androidの専用アプリ「Epson DocumentScan」に対応しているため、スキャンした後の編集やデータ管理をスマートフォン上で手軽に行えるのが特徴。名刺やレシートなど幅広い用紙に対応していたり、連続スキャンができる「原稿待ち受けモード」を搭載していたりと便利に使えるおすすめモデルです。

スキャナーのおすすめ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フィルムスキャナー 400-SCN024

ネガフィルムをデジタル化できるフィルムスキャナーです。本体に搭載された2.4型カラーモニターで画像を確認しながらフィルムを1枚2〜3秒でスキャン可能。4416×2844ピクセル、3200dpiの高解像度の画像にデータ化します。パソコンに接続しなくても本体だけでスキャンでき、データはSDカードに保存可能。また、USBケーブルで接続すれば、パソコンにも読み込めます。

初心者でも簡単に使える画像編集ソフト「Media Impression」が付属しているのもポイント。写真プリントをする前にトリミングや色調補正などができます。

本体サイズは幅10.2×奥行き10.5×高さ16.1cmで、重さが約610gと軽量。手軽に使えて、フィルムカメラで写真を撮るのが趣味の方なら、楽しみ方が広がるおすすめのスキャナーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フィルムスキャナー 400-SCN006

低価格でおすすめのフィルムスキャナー。パソコンにUSBケーブルで接続して、35mmフィルムを読み込めます。自宅に古くから保管しているネガフィルムをデータ化して整理したいと考えている方におすすめです。

フィルムスキャナーはスキャンするときの小さなホコリが大敵。本製品は、付属の専用クリーナーブラシで簡単に汚れを落とせて、フィルムをきれいに読み取れます。

搭載されたCMOSイメージセンサーで、解像度が最高3600dpiで517万画素の画像にデータ化が可能。本体サイズは幅10.5×奥行き9.5×高さ15.0cmで、重さが約360gと軽量。思い出のフィルムを気軽にデータ化できるおすすめのスキャナーです。

イーサプライ(esupply) フィルム&写真スキャナー EZ4-SCN041

写真とフィルムをスキャンできるスキャナーです。ネガフィルムは最高3200dpi、プリントされた写真は最高700dpiの解像度でデータ化します。フィルムが残っていない古い写真も画像にして保存が可能。本体に搭載された2.4型カラー液晶ディスプレイで確認しながら、失敗なく作業ができます。

本製品は本体のみで動作し、パソコンと接続する必要がいりません。内蔵バッテリーをコンセントからUSB充電して、場所を選ばず使えます。また、本体を雑誌や新聞に直接乗せてもスキャンでき、気になる情報があれば手軽に残すことが可能です。

本体サイズは幅20.9×奥行き16.2×高さ18.2cmで、重さは約1050g。1台で2役こなせるおすすめモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ペン型スキャナー WorlsPenScan X 400-SCN031

ペンのように文章をなぞって使えるスキャナー。OCR機能を備えているので、パソコン接続時は日本語だけでなく、英語、中国語を始め、合計193ヶ国語をテキスト化できます。さらに、テキストを翻訳する機能を搭載。英語、北京語、広東語の発音機能もあるので、学習用途として活用するのもおすすめです。

本製品はBluetooth対応で、iOSやAndroid端末のアプリでも使用が可能。アプリ使用時は読み取り可能な言語が28ヶ国語で、英語、フランス語などに対応しています。ケーブルが必要ないので、英字新聞や洋書を読む際にも便利です。

本体サイズは幅3.3×奥行き11.5×厚さ2.3cmで、重さが約55gと軽量。ビジネスからプライベートまで、外国語と多く接する方におすすめのペン型スキャナーです。

Scanmarker Air ペン型スキャナー

外国語学習におすすめのペン型スキャナー。英語、ドイツ語、中国語など、世界40ヶ国語以上の言語を翻訳できます。対応言語は音声も聞けるので、発音の勉強も可能。Bluetooth機能を搭載し、対応端末であればパソコンやスマホでも使えます。

フル充電で連続5時間の使用可能。本体サイズは幅3.5×奥行き14.0×厚さ2.5cmで、重さが約60gと持ち運びながらの使用にも適しています。学習用や海外旅行にもおすすめのペン型スキャナーです。

富士通(FUJITSU) ScanSnap iX100

重量わずか400gの薄型バッテリーを採用したモバイルスキャナー。フル充電時に260枚を読み取れ、USBポートを使えば、AC電源がなくても充電できます。

A4カラーの片面原稿を1枚5.2秒で読み取る高速設計。連続して読み取った場合は、自動的にまとめてPDF化されます。Wi-Fi機能を使用して、パソコンやタブレットとワイヤレスで接続できるところもポイント。

他にも、プラスチックカードの読み取り機能、2枚並べてスキャンできる「デュアルスキャン」など便利な機能を搭載。A4・B5・A5・B6・A6・はがき・名刺サイズに対応するほか、海外取引文書で一般的なレターやリーガルサイズにも対応できます。

富士通(FUJITSU) ScanSnap iX500

A4カラー両面原稿を毎分25枚スキャンできる、フラッグシップモデルのスキャナー。1度に大量の原稿を読み取りたい方におすすめです。

同社が業務用スキャナーで培った給紙技術である「ブレーキローラー」による原稿分離方式を採用。原稿の重なりを検知する「超音波方式マルチフィードセンサー」も相まって、原稿を高速かつ正確にデータ化することができます。

操作も簡単なほか、Wi-Fi接続にも対応しているので、据え置きタイプのスキャナーを探している方におすすめです。

エプソン(EPSON) A4フラットベッド GT-S650

本製品は、USBケーブルをPCに接続して電源を供給する「USBバスパワー」で駆動します。重量約1.5kg、249×364×39mmの軽量薄型設計です。本体の底面に立て置きスタンドを搭載しているので、設置の自由度が高いのが魅力。

コンパクトサイズにも関わらず、4800dpiの高解像度に対応。さらに、逆光で撮影された写真を補正する「逆光補正」、色あせてしまった写真を鮮やかな色彩にする「退色復元」など、複数の画像補正機能も搭載しています。他にも、文字の読みやすさを向上させる「文字くっきり機能」を搭載しており、使い勝手は良好です。

本体の原稿カバーは取り外すことが可能。分厚い書籍なども簡単にスキャンできます。頻繁に利用するPDF作成・転送・コピー・スキャンの4機能に関しては、ワンプッシュで操作できるボタンを本体側面に搭載しているのが特徴です。

エプソン(EPSON) A4コンパクト シートフィードスキャナー DS-360W

サイズは288×88.5×67mmとコンパクトなスキャナー。スキャンしたい原稿をセットすると自動的にスキャンが開始する「原稿待ち受けモード」を搭載。サイズの異なる原稿を1枚ずつセットして、1つのファイルにまとめられます。他にも、「カードスキャン」に対応するなど、カウンター業務などにも使える便利な機能を搭載しているのが魅力です。

また、iOS・Androidに対応したアプリ「Epson DocumentScan」を使用すれば、スマホやタブレットと直接接続が可能。ビジネスシーンで使い勝手のよい1台です。

ブラザー(Brother) ドキュメントスキャナー ADS-2200

USB接続で動作するシンプルなスキャナー。A4カラー原稿を毎分35枚のスピードでスキャンできます。A4サイズの原稿を一度に50枚までセットできるので、高速で読み取りできるスキャナーを探している方におすすめです。

スキャンしたデータをUSBメモリに直接保存できる「スキャン to USBメモリー」を搭載。パソコンを使わず、USBメモリに直接保存ができます。

さらに、原稿の傾きを自動修正する「傾き補正機能」、原稿の向きを認識して補正する「向き補正機能」、異なる原稿のサイズを自動で最適化する「サイズ自動検知機能」など、便利な機能を搭載しているのが魅力です。

A3サイズの原稿でも、半分に折って両面スキャンして後から画像を合成できる「キャリアシートモード」も搭載。大きな原稿にも対応できるところもおすすめポイントです。

エプソン(EPSON) A4シートフィードスキャナー DS-570W

レシートや輸送伝票などの薄紙からカード類まで、幅広い種類の用紙に対応したスキャナー。別売りのキャリアシートを使用すれば、A3やB4サイズの用紙でも対応することができます。

1度に50枚までセットできるADF機能に対応するほか、続きの原稿を継ぎ足すことが可能。大量の原稿を途中で止めることなく読み取れます。耐久性も良好なので、長く使える据え置きのスキャナーを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺スキャナー 400-SCN051

名刺をデジタル化して管理したい方におすすめの製品。1枚当たり約5.5秒でスキャンが完了します。付属のソフトで簡単にデータを管理できるのも魅力。読み込んだ文字情報を、自動的に認識して登録する仕様です。認識率は85%もあり、15ヶ国語に対応。読み込んだ情報はPDFやテキストデータで管理することができます。

名刺以外にも、A6サイズ・はがき・KG・Lサイズのスキャンにも対応。本体サイズは、横幅174.5×奥行60.5mmと名刺約2枚分なので、コンパクトにまとまっているのもポイントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンディスキャナ 400-SCN032

本体を手で持って原稿の上をなぞるだけでスキャンできる便利アイテム。スキャンしたデータはmicroSDに直接保存する仕組みを採用しています。

付属ソフトを使用すれば、スキャンデータを直接WordやExcelに貼り付けたり、読み込んだ文字をテキストデータにしたりすることが可能。また、専用のケーブルを使用すると、保存したデータをスマホやタブレットでも確認できます。

富士通(FUJITSU) ScanSnap S1300i

同社の人気スキャナー「ScanSnap」シリーズのエントリーモデル。専用のソフトケースを付属しているので、持ち運びにも便利です。

AC電源使用時は、A4両面原稿を毎分12枚のスキャンが可能。原稿を1度に10枚まで読み取ることができるのもポイントです。さらに、読み取り完了後に原稿を継ぎ足して読み取りを行うことも可能。「とりあえずスキャナーがほしい」というに方は要チェックのおすすめアイテムです。

キヤノン(Canon) パーソナル向けスキャナー CanoScan LiDE220

スキャン用の光源として3色LEDを採用したスキャナー。起動後すぐに安定した光量が得られるので、素早くスキャン処理ができるのが特徴です。USBバスパワーで駆動するモデルで、配線の手間もありません。

本体前面には、ドキュメントなどをPDFに変換する「PDFボタン」、スキャンした画像などをプリンターに出力する「COPYボタン」など使用頻度の高いボタンを搭載しています。

そのほか、縦置きスタンドを付属しているので、デスク周りの狭い隙間にセットすることもできます。また、原稿台のカバーを最大で20mm持ち上げられるため、厚手の原稿をスキャンする際も快適です。

キヤノン(Canon) パーソナル向けスキャナー CanoScan9000F MarkII

9600dpiの高精細CCDセンサーを搭載した、高解像度なスキャンができるのが特徴。フィルムスキャンにぴったりの製品です。

多様な画像補正機能を搭載しており、フィルム上のゴミを除去する「ごみ傷除去」、逆光で撮影された写真を調整する「逆光補正」、色あせてしまったフィルムを色鮮やかにする「褪色補正」などの便利な機能が揃っています。

通常の文書スキャンでも「自動文書補正」機能により、快適な読み取りが可能。文字や画像、背景の領域を判定して、それぞれに適した補正を行うので、フィルムカメラのデータをスキャンしたいという方は要チェックです。

富士通(FUJITSU) ScanSnap SV600

新聞や雑誌の見開きのような大きな原稿を読み取ることができるスキャナー。「ページめくり検出」機能を搭載しており、ページをめくったことを自動で検知してスキャンします。

また、本や雑誌の中央部の歪みを自動で補正する「ブック補正機能」を搭載。ほかにも、映り込んだ指など本来必要のない部分を取り除く「ポイントレタッチ機能」や、スキャンの歪みを補正する「コンテンツ歪み補正機能」など、便利な機能を多数搭載しているのもポイントです。

さらに、名刺などの小さな原稿を複数枚置いて、まとめてスキャンする「マルチクロップ機能」も便利。A3サイズ1枚を約3秒以下で処理できるので、スピーディーにスキャン作業したいをしたい方におすすめです。

エプソン(EPSON) A4フラットベッド GT-X980

フォトスキャンの画質にこだわりたい方におすすめのスキャナーです。35mmストリップ・マウント・ブローニー・4×5フィルムに対応する、4種類のフィルムホルダーを付属しているのが特徴。フィルムホルダーは5段階の高さ調整が可能で、最適なピント位置調整ができます。

細かいゴミや傷、写真の折れ目を除去する「DIGITAL ICE」機能も搭載しているので、仕上がりは良好。紙焼き写真などによくある破れに対しても、高精度に修正したスキャンが可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フラットベッドスキャナ 400-SCN025

A3サイズに対応した高性能スキャナー。カバーを取り外すことで厚手の本でもスキャンできます。上開きなので、省スペースでも使いやすいのがポイントです。

また、複数の原稿を同時にスキャンして、自動で分割して別々に保存する「Batch Scan」機能も搭載。最大2400dpiの高解像度でスキャンができ、JPEG・PDF・BMP・TIFFの4種類の保存に対応しています。なお、本製品はWindowsのみに対応したモデルなので、その点はご注意ください。

キヤノン(Canon) ドキュメントスキャナー DR-M260

毎分60枚の片面読み取りが可能な高性能スキャナー。最大5588mmの長尺原稿や、オプションのキャリアシートを使用してICチップが入ったパスポートをスキャンすることもできます。

本体にはLEDパネルが付いており、エラーメッセージやスキャンした原稿の枚数、ジョブの状況などの情報を簡単に確認できます。また、高速のデータ伝送ができる「USB3.1インターフェース」に対応している点もおすすめポイントです。