ビジネスシーンで欠かせないのが名刺交換。名刺をしっかりと管理しておくことで、新たなビジネスチャンスにつながることがあります。しかし、名刺の枚数が増えてくると管理に時間がかかり面倒。そんなときにおすすめなのが、名刺を簡単にデータ化できる「名刺スキャナー」です。

そこで今回は、名刺スキャナーのおすすめモデルとメーカーをご紹介します。記事を参考に、仕事のスタイルに合った名刺スキャナーを選んでみてください。

名刺スキャナーの種類

据え置きタイプ

By: rakuten.co.jp

据え置きタイプの名刺スキャナーは名刺だけでなく、普通の紙もスキャンできるのがメリット。一般的な書類もデータ化でき、オフィスのペーパーレス化におすすめです。機能も豊富で、特に自動給紙方式が備わっているタイプであれば大量の名刺を簡単に処理できます。

モバイルタイプ

By: amazon.co.jp

モバイルタイプの名刺スキャナーは、コンパクトでラクに持ち運べるのがメリット。オフィスで使用する場合でも引き出しに入れられるので、デスク周りがすっきりします。名刺のスキャンに特化したシンプルな機能で使い勝手がよく、名刺をこまめにデータ化したい方におすすめです。

名刺スキャナーの選び方

スキャンにかかる時間をチェック

By: amazon.co.jp

効率よく名刺をデータ化する際に気になるのが、スキャンにかかる時間。せっかく名刺スキャナーを購入しても、スキャンにかかる時間が長いと使うのが面倒になります。1回に1枚程度なら気になりませんが、複数の名刺を処理するならスキャンにかかる時間もチェックしておきましょう。

1度にスキャンできる枚数をチェック

By: rakuten.co.jp

イベント参加者から名刺を集めるような場合は、1度にスキャンできる枚数が多いと処理がラクになります。自動給紙装置を備えている名刺スキャナーであれば、セットするだけで名刺をデータ化できるのでおすすめです。名刺交換の頻度が高い方や、オフィスで名刺管理の業務に携わっている方はスキャンできる枚数もチェックしておきましょう。

外部アプリとの連携が可能かチェック

外部アプリと連携できるモノかどうかも要チェック。名刺スキャナーを持ち運ばなくても、パソコンやスマホでデータを確認できるのでおすすめです。また、クラウドサービスと連携できるアプリなら、複数の端末でデータの共有が可能。使い勝手のよい名刺スキャナーを探している方は、あわせて検討してみてください。

読み取りの精度をチェック

By: amazon.co.jp

名刺スキャナーを選ぶ際の重要なポイントが文字読み取りの精度です。精度が低いモノは文字の読み取りミスが多く、パソコンで文字を訂正する手間がかかります。時間を節約するためにも、精度が高いモノを選ぶのがおすすめです。

名刺スキャナーはOCRという機能を使って文字を読み取っているため、この機能を見極めて選ぶのがポイント。OCRは印刷された文字を読み取って文字を判断し電子テキスト化する装置のことであり、OCRが優れている製品が使いやすいモノと言えます。

読み取れる言語の種類がどのくらいあるかもしっかり確認しておきましょう。海外関連の職業の方や外国人と接することが多い方は、複数言語に対応したモノを選んだ方が快適に使えます。

名刺スキャナーのおすすめメーカー

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: amazon.co.jp

USBメモリやパソコンデスクなどのPC関連製品やシュレッダー、キャビネットなど、ビジネスシーンで使用する製品を幅広く取り扱っているメーカーです。

名刺スキャナーに関しては、名刺専用の製品から、各種書類もスキャンできるタイプまでラインナップ。リーズナブルな価格帯も魅力です。

キングジム(KingJim)

By: rakuten.co.jp

おもにオフィス向け事務製品を展開しているメーカーです。書類を整理するための各種ファイルをはじめ、業務を効率化させるデジタル製品を展開。ラベルライターの「テプラ」は代表的な製品で、一般家庭でも広く親しまれています。

名刺スキャナーに関しても、大量の名刺を処理できる製品など、用途に合わせて豊富な種類がラインナップ。便利なアイテムが揃っているので、ぜひチェックしておきましょう。

富士通(FUJITSU)

By: amazon.co.jp

総合エレクトロニクスメーカーで、ハードからソフトまで幅広くIT関連サービスを提供しています。スキャナーに関しては、「ScanSnap」シリーズが人気。同シリーズは名刺スキャナーとしても活用可能です。

名刺スキャナーのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺管理スキャナ PSC-13UB

ビジネスシーンにおすすめのシンプルなデザインのモデル。名刺1枚を3秒で読み込んでデータ化できるので、大量の名刺も素早く処理できます。本体サイズが幅107×奥行100×高さ28mmと小さく、重さも168gと軽いので出張や外出で持ち歩きたい方にも適しています。

英語や中国語など25ヵ国語にも対応。読み取った名刺データを専用ソフト上でリスト管理することが可能です。ExcelやCSV形式に読み込み・書き出しができるので、専用ソフトがなくてもパソコンで閲覧や編集ができます。

また、日本語の認識率が90~95%と高いのもポイント。スマホに専用アプリを入れれば名刺データにアクセスできるので便利です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺スキャナ PSC-15UB

1枚の名刺を約6秒で両面スキャンできる名刺スキャナー。表と裏を2度読み込む必要がないため、名刺を素早く文字データ化できます。24ヵ国に対応しているのもポイント。日本語の認識率が90~95%と高いため、できるだけデータの修正処理をしたくない方におすすめです。

パソコンに専用ソフトをインストールすれば、名刺データをリストにして表示できます。さらに、Googleアカウント使ってパソコンやタブレットにデータの同期ができるため、部門全員で名刺データの共有が可能。アプリを使ってスマホからも名刺データの閲覧や活用ができます。

キングジム(KingJim) デジタル名刺ホルダー ピットレック DNH20

本体のカメラで撮影した名刺をOCRで文字データ化できる名刺スキャナーです。別売のmicroSDカード(2GB)を使用すれば、本体内に約5000枚の名刺を保存できるので、データの持ち歩きもラクに行えます。

また、パソコンに専用ソフトをインストールすれば名刺データの編集や管理も簡単にできます。本体の液晶画面をタッチして名刺情報を閲覧したり、手書きで相手の細かな情報などを書き加えたりも可能。

リチウムイオンバッテリーを搭載し、3.5時間の充電で約56時間使えるので、ケーブルなしでスマートに使えます。パスワードを設定して個人情報を守れるのもポイントです。

富士通(FUJITSU) スキャナー ScanSnap SV600

本体の下に置いた原稿をそのまま読み取れる非接触タイプの名刺スキャナー。A3サイズまで読み取りが可能で、1枚あたり約3秒で高速スキャンができます。読み取り範囲内に置いた複数の名刺を一度にまとめて電子化できるため、大量の名刺をデータ化したい方におすすめです。

名刺に触れずに読み込めるため、名刺が変形したり傷んだりしないのがポイント。名刺だけでなく、契約書など汚したり折り曲げたりしたくない書類の読み取りにも適しています。

専用ソフトを使えばパソコンからスキャナーの設定やファイルの管理ができるだけでなく、WordやExcelの形式に出力可能。名刺に加えてさまざまな原稿を手軽にスキャンできる便利な製品です。

富士通(FUJITSU) スキャナー ScanSnap S1100

コンパクトながらもさまざまなサイズの用紙を読み取れる名刺スキャナー。名刺やA4サイズだでなく、海外取引文書に用いられるレターサイズやリーガルサイズにも対応しています。任意の原稿サイズを設定して読み取ることも可能です。

スリムでコンパクトなデザインなので、デスクの上で場所を取らずに使えます。プラスチックケースに入った名刺や会員証もそのまま読み取れるので、面倒な手間を省いて素早く作業可能。専用ソフトを使えば、読み取ったデータを簡単に管理できます。

サンワダイレクト(SANWA DIRECT) 名刺スキャナー 400-SCN005N

名刺1枚を3秒で読み込めるスピードが特徴の製品です。名刺をセットすると自動的にスキャンしてパソコン内の専用ソフトに文字データとして登録できます。両面スキャンにも対応し、25ヵ国語を読み取れるので外国人の名刺が多い方にもおすすめ。日本語の認識率が90~95%と高いのもポイントです。

名刺を横に2枚並べたサイズとほぼ同じなので、カバンに入れて携帯するのにも便利。本体背面にUSBコードを格納できるのでスマートに持ち運べます。Googleアカウント使用して、パソコン・スマホ・タブレット間で簡単にデータの同期ができるため、名刺データを共有したいときに便利です。

エプソン(EPSON) スキャナー DS-570W

自動給紙機能を搭載しており、一度に複数の原稿をセットして読み取れる名刺スキャナー。名刺は15枚までセットできるため、1枚ずつ読み込む面倒な手間が省けます。宅配便の伝票やレシートなどの薄い紙も読み取れるため、名刺に加えてさまざまなデータを電子化したい方におすすめです。

A4までの原稿に対応しており、幅広い情報をパソコンで管理できます。解像度を200dpiにすると1分間で35枚の原稿をスキャンできるので、作業を効率的に進めることが可能です。エプソン公式サイトから名刺整理ソフトをダウンロードしておけば、名刺データをスムーズに管理できます。

ブラザー(brother) スキャナー ADS-2200

コンパクトサイズながら、1度に50枚の原稿を自動給紙で読み取れるスキャナー。解像度300dpiで1分に35枚のスキャンが可能なので、大量のデータを電子化したい方におすすめです。スキャンしたデータをUSBメモリに直接保存できるため、パソコンがなくても使えます。

サイズ自動検知機能により、異なるサイズの原稿もまとめてスキャンできるので、名刺と一緒に書類を読み取ることも可能。多彩なソフトウェアが揃っており、名刺をデジタル化して編集できる名刺管理ソフトも用意されています。

ブラザー(brother) ドキュメントスキャナー MDS-940DW

スリムでコンパクトな名刺スキャナーを探している方におすすめの製品。充電式のリチウムイオン電池を採用しており、出張先や外出先で電源がなくても使えます。原稿の表と裏を約4秒でスキャンできるため、名刺データを素早く電子化することが可能です。

別売のmicroSDカードを挿し込んで、読み取ったデータを直接保存できるため、パソコンがなくても使えるのがポイント。 Wi-Fiに対応しており、スマホに専用アプリを入れればスキャンしたデータを簡単に確認できます。コンパクトで使いやすい製品です。

サントラスト(SUNTRUST) ハンディスキャナ MagicScan STMSC

手のひらサイズでどこにでも楽に持ち運べるハンディスキャナ。常にカバンに入れて持ち歩きたい方におすすめの製品です。名刺やカードを安定して読み取るための専用台が付属しているので、複数枚の名刺もスムーズにスキャンできます。

読み取った名刺データは付属の専用ソフトで管理したり、Wordなどでテキストデータとして活用したりすることが可能。名刺をテキストデータにするだけでなく、画像データとしても読み込めます。重さが約20gと軽くて扱いやすい製品です。