ビジネスシーンで欠かせないのが名刺交換。名刺をしっかりと管理しておくことで、新たなビジネスチャンスにつながることがあります。しかし、名刺の枚数が増えてくると管理に時間がかかり面倒。そんなときにおすすめなのが、名刺を簡単にデータ化できる「名刺スキャナー」です。

そこで今回は、名刺スキャナーのおすすめモデルとメーカーをご紹介します。記事を参考に、仕事のスタイルに合った名刺スキャナーを選んでみてください。

名刺スキャナーの種類

据え置きタイプ

By: rakuten.co.jp

据え置きタイプの名刺スキャナーは名刺だけでなく、普通の紙もスキャンできるのがメリット。一般的な書類もデータ化でき、オフィスのペーパーレス化におすすめです。機能も豊富で、特に自動給紙方式が備わっているタイプであれば大量の名刺を簡単に処理できます。

モバイルタイプ

By: amazon.co.jp

モバイルタイプの名刺スキャナーは、コンパクトでラクに持ち運べるのがメリット。オフィスで使用する場合でも引き出しに入れられるので、デスク周りがすっきりします。名刺のスキャンに特化したシンプルな機能で使い勝手がよく、名刺をこまめにデータ化したいという方におすすめです。

名刺スキャナー選び方

スキャンにかかる時間をチェック

By: amazon.co.jp

効率よく名刺をデータ化する際に気になるのが、スキャンにかかる時間。せっかく名刺スキャナーを購入しても、スキャンにかかる時間が長いと使うのが面倒になります。1回に1枚程度なら気になりませんが、複数の名刺を処理するならスキャンにかかる時間もチェックしておきましょう。

1度にスキャンできる枚数をチェック

By: rakuten.co.jp

イベント参加者から名刺を集めるような場合は、1度にスキャンできる枚数が多いと処理がラクになります。自動給紙装置を備えている名刺スキャナーであれば、セットするだけで名刺をデータ化できるのでおすすめです。名刺交換の頻度が高いという方や、オフィスで名刺管理の業務に携わっている方はスキャンできる枚数もチェックしておきましょう。

外部アプリとの連携が可能かチェック

外部アプリと連携できるモノかどうかも要チェック。名刺スキャナーを持ち運ばなくても、パソコンやスマホでデータを確認できるのでおすすめです。また、クラウドサービスと連携できるアプリなら、複数の端末でデータの共有が可能。使い勝手のよい名刺スキャナーを探している方は、あわせて検討してみてください。

名刺スキャナーのおすすめメーカー

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: amazon.co.jp

USBメモリやパソコンデスクなどのPC関連製品やシュレッダー、キャビネットなど、ビジネスシーンで使用する製品を幅広く取り扱っているメーカーです。

名刺スキャナーに関しては、名刺専用の製品から、各種書類もスキャンできるタイプまでラインナップ。リーズナブルな価格帯も魅力です。

キングジム(KingJim)

By: rakuten.co.jp

おもにオフィス向け事務製品を展開しているメーカーです。書類を整理するための各種ファイルをはじめ、業務を効率化させるデジタル製品を展開。ラベルライターの「テプラ」は代表的な製品で、一般家庭でも広く親しまれています。

名刺スキャナーに関しても、大量の名刺を処理できる製品など、用途に合わせて豊富な種類がラインナップ。便利なアイテムが揃っているので、ぜひチェクしておきましょう。

富士通(FUJITSU)

By: amazon.co.jp

総合エレクトロニクスメーカーで、ハードからソフトまで幅広くIT関連サービスを提供しています。スキャナーに関しては、「ScanSnap」シリーズが人気。同シリーズは名刺スキャナーとしても活用可能です。

名刺スキャナーのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺スキャナー 400-SCN005N

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺スキャナー 400-SCN005N

名刺1枚を3秒で読み取り可能なモバイルタイプの名刺スキャナー。名刺交換の頻度が高い方でも、多くの名刺をストレスなく処理できます。

読み込んだデータは、付属のソフトウェア「World Card」で管理。連絡先のグループ化など便利に使え、データはCSV形式などでエクスポートできます。アプリと連携すれば、外出先でもスマホでデータの確認が可能です。

本体サイズは幅10.7×奥行き10.0×高さ2.8cmとコンパクト。デスクに設置したり、引き出しに入れたりと、置き場所に困りません。使い勝手に優れたおすすめの名刺スキャナーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺スキャナー 400-SCN051

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 名刺スキャナー 400-SCN051

名刺以外にもA6サイズの用紙やはがきもスキャンできる名刺スキャナー。ビジネスシーンで使う納品書や請求書もスキャンできるのでおすすめです。

本体に名刺をセットしたらスキャンからデータ化まで、1枚あたり約5.5秒。文字をテキスト化してくれるOCR化の認識率は約85%で、15通りの言語に対応しています。また、付属のソフトウェアでスキャンデータの管理やCSVファイルへのエクスポートがラクに行えるため便利です。

本体サイズは幅17.5×奥行き6.1×高さ3.9cm、重量は約190g。据え置きタイプですがコンパクトで、デスクに置いても作業の邪魔になりにくいのも魅力です。

キングジム(KingJim) デジタル名刺ホルダー メックル MQ10

キングジム(KingJim) デジタル名刺ホルダー メックル MQ10

実際の名刺デザインをそのまま保存して管理できる名刺スキャナー。紙の名刺ホルダーの使用感をそのまま残したいという方におすすめです。

本体に名刺を挿し込むと1枚約6秒でスキャン可能。五十音順や登録日順などで登録でき、目当ての名刺をすぐに探し出せます。

本製品は最大で5000枚分の名刺を保存できるのも魅力。紙で保管するより大幅に省スペース化できます。また、本体サイズは幅13.9×奥行き12.5×高さ12.9cmとコンパクトなので、机の上における名刺スキャナーを探している方におすすめです。

キングジム(KingJim) デジタル名刺ホルダー ピットレック DNH20

キングジム(KingJim) デジタル名刺ホルダー ピットレック DNH20

交換した名刺の情報を常に持ち歩きたいという方におすすめの名刺スキャナー。モバイルタイプで本体サイズは幅12.8×奥行き7.2×高さ1.5cm、重量は約119gとポケットに入れられる大きさです。容量が2GBのmicroSDカードを使用すれば、5000枚程度の名刺情報を携帯できます。

名刺の取り込みは、本体のカメラで撮影して画像をOCRでデータ化。画面はタッチ式に対応しており、名刺画像に手書きメモ機能で書き込みができるので便利です。名刺データは、「会社名」「氏名」など7種類の方法で検索でき、効率よく情報を探し出せます。

キングジム(KingJim) デジタル名刺ボックス ビズレージ DNX100

キングジム(KingJim) デジタル名刺ボックス ビズレージ DNX100

大量の名刺を一気にデータ化できる名刺スキャナーです。1度に15枚の名刺を両面スキャンできるのが特徴。業務の効率化などを図りたい方におすすめです。

データは本体のメモリに保存するので、パソコンに接続しなくても使用可能。パソコンとUSBや有線LANで接続し、好きなタイミングで転送できます。

取り込んだ名刺データは付属のソフトウェア「DA-1」で管理可能。名刺情報を検索したり、ExcelやCVS形式でエクスポートしたりと、さまざまな活用ができるため便利です。

スキャンした名刺は本体内部の「名刺保存ボックス」に収納され、最大約800枚まで保管できます。本体サイズは幅10.5×奥行き21.6×高さ19.5cm、重量は約1.4kg。多くの名刺を効率よくデータ化できるおすすめの名刺スキャナーです。

富士通(FUJITSU) スキャナー ScanSnap FI-IX100A

富士通(FUJITSU) スキャナー ScanSnap FI-IX100A

スキャナー分野において定評のある「ScanSnap」シリーズのハンディタイプ。本体サイズは幅27.3×奥行き4.75×高さ3.6cm、重量は約400gと軽量設計です。電源はUSBバスパワーだけでなくリチウムイオン電池でも駆動可能。カバンに入れて持ち運んで使用できます。

スキャンは名刺だけでなく、A4用紙やはがきも可能。A4用紙を1枚5.2秒で処理できるので、ビジネスシーンで活躍できます。さらに、2枚の名刺を同時にスキャンできる「デュアルスキャン」機能を搭載しているのもポイント。名刺の枚数が多くても、素早くデータ化できるためおすすめです。

読み込んだデータは付属のソフトウェア「ScanSnap Home」で管理可能。場所を選ばずに名刺から書類まで手軽にデータ化できるおすすめの製品です。

富士通(FUJITSU) ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500

富士通(FUJITSU) ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500

汎用性に優れたおすすめスキャナー。A4サイズをはじめ、B5サイズ、はがきサイズ、名刺サイズなど、さまざまな大きさに対応しているのが特徴です。

付属のソフトウェア「ScanSnap Home」は、読み込んだ原稿を自動で「文書」「名刺」「レシート」「写真」の4種類に判別可能。事前に指定したDropboxやGoogleドライブなどのクラウドサービスに保存できます。

本体サイズは幅29.2×奥行き16.1×高さ15.2cmで、重量は約3.4kg。操作はすべて4.3インチのタッチ式のパネルで行えます。さまざまな情報をデータ化できるおすすめアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディスキャナー HSC-A8

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディスキャナー HSC-A8

本体をスライドさせて用紙をスキャンするハンディスキャナー。読み取りできる最大の大きさは幅5.4×長さ120cmなので、名刺スキャナーとしても活躍します。

本体サイズは幅9.1×高さ2cmとコンパクト。製品価格は安いですが、OCRダイレクト機能を搭載しており、読み込んだ画像をテキストデータに変換できます。新聞の気になる記事や辞書など、身の回りの用紙も気軽にデータ化できるおすすめアイテムです。

エプソン(EPSON) スキャナー ES-60WB

エプソン(EPSON) スキャナー ES-60WB

小型かつ軽量で、持ち運びに適したおすすめのスキャナー。本体サイズは幅27.2×奥行き4.7×高さ3.4cmコンパクトですが、名刺やレシートのような小さな紙はもちろん、A4サイズの用紙にも対応しています。

名刺管理は付属のソフトウェア「やさしく名刺ファイリングエントリー5」で簡単に可能。読み込んだ名刺画像をOCR処理でデータ化し、必要な情報を効率よく検索できます。

本製品はWi-Fiに対応し、ケーブルレスで手軽にスキャン可能。持ち運びながら、名刺や書類を素早く処理できます。

ハル ハンディスキャナー

ハル ハンディスキャナー

軽量で扱いやすいおすすめのスキャナーです。本体サイズは幅25.7×奥行き2.5×高さ3.0cm、重量は約150gとコンパクトかつ軽量。読み込んだデータはmicroSDカードにそのまま保存されます。

読み込みサイズはA4用紙まで対応。また、専用ソフトウェアの「ピクチャダイレクト機能」を使えば、WordやExcelに写真や図を貼り付けられます。さまざまなシーンで活躍するおすすめアイテムです。