写真やビジネス用の資料などの紙媒体をデジタルデータに変換できる「スキャナー」。コンパクトなハンディスキャナーであれば、収納しやすいだけでなく、持ち運びも簡単です。出先でも気軽にデータ化することができます。

そこで今回は、ハンディスキャナーの選び方と、おすすめの人気モデルをご紹介します。番外編としてペン型やスタンド型といったモデルもピックアップしているので、あわせてチェックしてみてください。

ハンディスキャナーとは?

By: amazon.co.jp

ハンディスキャナーとは、手に持って使用するタイプの小型スキャナーを指します。通常のスキャナーは原稿をセットしたあとに自動で読み取るタイプがほとんどですが、ハンディスキャナーは手動で原稿を読み取るのが特徴。持ち運びに便利なことから「モバイルスキャナー」とも呼ばれます。

ハンディスキャナーの多くは、乾電池またはバッテリーで動作するため、周囲にコンセントがない場所でも使用可能です。通常のスキャナーとは違って、書籍を裁断せずともスキャンできるので自炊(所有している書籍や雑誌などを電子化すること)にもピッタリ。壁に飾られた写真などもそのまま読み取れます。すでに大型スキャナーを持っている方にもおすすめです。

ハンディスキャナーの選び方

解像度

By: amazon.co.jp

解像度とは、1インチの幅でドットの密度を表したもので、単位にはdpi(ドットパーインチ)が用いられます。たとえば、300dpiであれば、「1インチの中に300ドットを表現できる」という意味です。リーズナブルなモデルだと300dpiまたは600dpi、もう少し高価なモデルだと900dpiに対応しています。

カラー写真の焼き増しなどをする場合は1200dpi程度あると仕上がりが綺麗ですが、書類などをデータ化する場合は300dpiでも十分です。dpiが高ければよいというわけではないので注意しましょう。

Wi-Fi機能

By: amazon.co.jp

ハンディスキャナーのなかには、Wi-Fiによるワイヤレス接続に対応している機種があります。パソコンを介さずに、スキャンしたデータをそのままスマホやタブレットで閲覧することが可能。スキャンミスを防げるので便利です。

また、モバイル端末からクラウドストレージに保存したり、メールに添付すればデータ共有できたりするのも魅力。ケーブル類を持ち運ぶ必要もないので、荷物がコンパクトにまとまります。外出先での使用を考えている方におすすめの機能です。

電源

By: amazon.co.jp

ハンディスキャナーの電源は、主に「バッテリータイプ」と「乾電池タイプ」の2種類に分けられます。コストを重視するならバッテリータイプがおすすめ。充電することで繰り返し使えるため、電池代を節約することができます。乾電池タイプはコストがかかる一方、突然の電池切れにも対応できるのが魅力。用途に応じて使い分けましょう。

付属機能

By: amazon.co.jp

ハンディスキャナーは、メーカーごとに特徴が異なります。例えば、本体に液晶ディスプレイを搭載しているモデルなら、パソコンやタブレットを介さずに、スキャン後すぐに状態を確認できるので便利です。

ほかにも、設置型のシートフィードタイプとハイブリッドになっているハンディスキャナーもあります。普段は据え置きとして使いながら、必要な時はハンディスキャナー部分を分離してサッとスキャンするといったことも可能です。自分の用途にあわせてモデルを選びましょう。

ハンディスキャナーのおすすめモデル

エイドード(Aidodo) Aoleca A1-001

エイドード(Aidodo) Aoleca A1-001

シンプルなブラックが魅力のハンディスキャナー。メモ書きした紙やA4サイズの原稿をデータに変換できるので便利です。解像度は300dpi・600dpi・900dpiの3種類から選択でき、利用用途に合わせて使えます。

本モデルは、スキャン結果を確認できる液晶画面を搭載。どのようにスキャンしたのかをその場ですぐに確認できて便利です。乾電池式なので、外出先で気軽にスキャン・保存できるのもポイント。

そのほか、スキャナから印刷物の内容をテキストとして読み取ることができるOCR機能を搭載しています。価格は約6000円前後で購入可能。初めて購入する方でも扱いやすいおすすめのハンディスキャナーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンディスキャナー 400-SCN032

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンディスキャナー 400-SCN032

ディスプレイを搭載した、おすすめのハンディスキャナー。外出先でスキャンの設定内容やスキャンエラーを確認できます。25.7×3.6cmとコンパクトサイズで持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。

また、専用のアダプタを用意すれば、iPadやAndroidスマホでスキャンデータを確認可能。さらに、スキャン画像が保存されたmicroSDをパソコンへ差し込めば、そのままデータ転送ができるので便利です。

専用ソフトの「Magic Scan」を利用すれば、WordやExcelから読み込んだ画像を貼り付けたり、OCR機能でデータに変換したりすることも可能。ビジネスや普段使いでおすすめのハンディスキャナーです。

ハル ハンディスキャナー AK001

ハル ハンディスキャナー AK001

小型サイズで持ち運びやすいハンディスキャナー。重量は約150gと軽いので、バッグに入れて持ち運んでも負担になりません。単三のアルカリ乾電池式なのでコードが必要なく、出張先などで気軽に書類をスキャンできて便利。

また、A4・B5・名刺などさまざまなサイズに対応しているのがポイントです。解像度は300dpi・600dpi・900dpiから選択可能。データを映し出す画面の大きさに合わせて、解像度を設定できます。データは「JPEG」「PDF」形式に対応。出張の際などに役立つ携行性に優れたおすすめのハンディスキャナーです。

Inlight iscan02

Inlight iscan02

持ち運びに便利な充電式のハンディスキャナー。バッテリー式を採用しているので、充電しておけば外出先でも使用できます。

また、16GBのmicoSDが付属しているのもうれしいポイント。microSDカードをパソコンに差し込めば、手軽にデータを保存することができます。解像度は300dpi・600dpi・1050dpiのなかから選択できます。テレビなどの大きな画面で見たい時は、高い数値のdpiを選択すれば高精細に映し出すことが可能。外出先で使用することが多い方におすすめです。

MUNBYN iscan01

MUNBYN iscan01

名刺からA4用紙まで幅広いサイズに対応したハンディスキャナー。シンプルなデザインなので、ビジネスシーンでも違和感なく使えます。DPIは300dpi・600dpi・900dpiの3種類から選択可能。

そのほか、「OCR」機能を搭載。保存したJPEGやPDFのデータをテキストデータとして使えるのが魅力です。また、ディスプレイが搭載されているので、パソコンがない環境でも使用可能。ビジネスシーンで快適に使えるモデルを探している方におすすめです。

Aibecy IScan02 FVN5104462979756IS

Aibecy IScan02 FVN5104462979756IS

液晶画面が見やすいハンディスキャナー。カラーディスプレイで、スキャン結果をより詳細に確認できるのが嬉しいポイントです。本体スキャン部にはダブルローラーを搭載し、ぶれることなく文書や写真を読み取れるのが特徴。

また、充電式を採用しているため、電池を購入する必要なく使用できて便利です。さらに、本モデルはWi-Fiを搭載しているため、スマホやタブレットで手軽に仕上がりを確認できるのが魅力。使い勝手に優れたモデルを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 2WAYハンディスキャナー 400-SCN040

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 2WAYハンディスキャナー 400-SCN040

大量にスキャンしたい方におすすめのハンディスキャナー。シートフィードスキャナーとしても使えるため、溜まった書類や原稿をまとめてスキャン・保存できます。

DPIは300dpi・600dpi・1200dpiのなかから選択可能。dpiの最大数値が高いので、スキャンして読み取った写真や絵を綺麗に焼き増しできるのが嬉しいポイントです。

また、専用のソフトによりOCR機能をはじめ、スキャン画像をwordやExcelに直接貼り付けられる「ピクチャーダイレクト機能」、名刺の情報を直接住所録に入力する「BCRダイレクト機能」などが使えます。付属の機能が充実したおすすめのハンディスキャナーです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ハンディスキャン 086318

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ハンディスキャン 086318

小型でピンクのデザインが魅力のハンディスキャナー。約54×1200mmまでの名刺サイズの書類を簡単にスキャン・取り込みができて便利です。専用のOCRソフトを利用すれば、Word・Excelといったソフトへテキストを貼り付けることも可能。取り込んだデータを画像修正ソフトで編集したり、JPEGで保存したりできます。

本体重量は約222gと軽量であることに加え、コンパクトなので持ち運ぶ際も快適。オフィスや外出先で気軽に使用できます。価格もリーズナブルなので、初めてスキャナーを購入する方におすすめです。

Inlight ハンディスキャナー iscan01

Inlight ハンディスキャナー iscan01

軽量で使いやすいハンディスキャナー。重さが約150gと軽いので、バッグに入れても負担になりません。ビジネスや自宅などさまざまなシーンで使える優れものです。

また、スキャンボタンを押すだけでスキャニングできるのも特徴。スキャナーをあまり使ったことない方や、データの取り込みを急いでいる時などに便利です。dpiは300dpi・600dpi・900dpiの3種類を選択可能。

本体は乾電池式なので、充電する必要がありません。対応サイズがA4・B5・はがきなど幅広いのも魅力。手軽に扱えるモデルを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディスキャナー HSC-A4

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディスキャナー HSC-A4

赤・青・黒の三色の色のなかから選べる、おすすめのハンディスキャナー。OCR機能がついているので、スキャンしたデータをすぐに使用するソフトへ貼り付けできるのが嬉しいポイントです。

また、画像データをWordやExcelに直接貼り付けできる「ピクチャーダイレクト機能」を搭載。読み込んだデータをパソコンとUSBケーブルで接続して、使用できるのが魅力です。

テキストデータは日本語・英語・数字に対応。専用ソフトが日本語ソフトで安心して使えます。電源は単四乾電池で駆動。

ハンディスキャナーのAmazonランキングをチェック

ハンディスキャナーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ハンディスキャナーのおすすめモデル|番外編

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナー

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナー

写真を撮影するようにスキャンできるスタンド型のスキャナー。800万画素の高性能カメラを搭載しているほか、A3サイズまで対応しています。楽譜のコピーや書籍の自炊などに活用できるのが特徴です。

写真データを文字に変換するOCR機能、スキャン後の自動補正機能など機能が充実しています。使用しないときは折りたたんでコンパクトに収納可能。持ち運んで外出先でも使用できます。ただし、macOSに対応していないため、Appleユーザーの方はご注意ください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スタンドスキャナー 400-CMS013

USBケーブル1本で接続して使用する卓上スキャナー。A3サイズまで対応しており、雑誌や書籍を裁断なしでスキャンできます。3~10秒の間で連続撮影ができるため、ページをめくるたびに撮影ボタンを押す必要がありません。

対象物とマットの状態を自動で検知する機能も搭載。被写体の大きさに合わせて周囲をトリミングして、余計なデータが入らないようにできます。ヘッド部分には6つのLEDライトを備えていて、薄暗い場所で使えるのもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ペン型スキャナー 400-SCN031

調べたい単語やデータ化したい文章をなぞるだけで、テキストデータに変換できるペン型スキャナーです。OCR機能によって、文章をテキストデータにすることが可能。縦書き・横書きの両方に対応しています。

接続も簡単。スマホやタブレットとはBluetooth接続、パソコンとはUSBケーブルでの接続に対応しています。翻訳機能や朗読機能があるので、勉強にもおすすめです。

エプソン(EPSON) A4モバイルスキャナー DS-40

Wi-Fi接続でスマホやタブレットにダイレクトにデータ伝送できるモバイルスキャナー。AndroidとiOS用に専用アプリが用意されていて、接続も簡単です。単3乾電池4本で約250枚のスキャンができる設計。パソコンとUSB接続したときはバスパワーで動作するため、電池の心配をする必要がありません。

A4用紙だけでなく、厚みのあるプラスチックカードでもスキャン可能。運転免許証やクレジットカードでも読み取れます。ADFと呼ばれる給紙を補助する機能を搭載していて、読み取り精度を高めているところもポイントです。

富士通(FUJITSU) スキャナー ScanSnap FI-IX100A

バッテリーを搭載しながら重量はわずか400gのモバイルスキャナー。USBケーブルでパソコンと接続するだけで充電できるため、コンセントがない場所でも充電できます。また、フル充電で260枚の読み取りが可能です。A4カラー片面原稿をスキャンするのに必要な時間は1枚5.2秒というスピード仕様。大量にスキャンしたいときに便利です。

ほかにも、小さな紙を2枚並べて同時に読み取る「デュアルスキャン」、A3サイズの原稿を折ってスキャンして後から自動合成する機能など、便利機能も充実しています。小型ながら高性能なおすすめのモバイルスキャナーです。