写真やビジネス用の資料などの紙媒体をデジタルデータに変換できる「スキャナー」。コンパクトなハンディスキャナーであれば、収納しやすいだけでなく、持ち運びも簡単です。出先でも気軽にデータ化できます。

そこで今回は、ハンディスキャナーの選び方と、おすすめの人気モデルをご紹介します。番外編としてペン型やスタンド型といったモデルもピックアップしているので、あわせてチェックしてみてください。

ハンディスキャナーとは?

By: amazon.co.jp

ハンディスキャナーとは、手に持って使用するタイプの小型スキャナーを指します。通常のスキャナーは原稿をセットしたあとに自動で読み取るタイプがほとんどですが、ハンディスキャナーは手動で原稿を読み取るのが特徴。持ち運びに便利なことから「モバイルスキャナー」とも呼ばれます。

ハンディスキャナーの多くは、乾電池またはバッテリーで動作するため、周囲にコンセントがない場所でも使用可能です。通常のスキャナーとは違って、書籍を裁断せずともスキャンできるので自炊(所有している書籍や雑誌などを電子化すること)にもピッタリ。壁に飾られた写真などもそのまま読み取れます。すでに大型スキャナーを持っている方にもおすすめです。

ハンディスキャナーの選び方

解像度

By: amazon.co.jp

解像度とは、1インチの幅でドットの密度を表したもので、単位にはdpi(ドットパーインチ)が用いられます。たとえば、300dpiであれば、「1インチの中に300ドットを表現できる」という意味です。リーズナブルなモデルだと300dpiまたは600dpi、もう少し高価なモデルだと900dpiに対応しています。

カラー写真の焼き増しなどをする場合は1200dpi程度あると仕上がりがきれいですが、書類などをデータ化する場合は300dpiでも十分です。dpiが高ければよいというわけではないので注意しましょう。

Wi-Fi機能

By: amazon.co.jp

ハンディスキャナーのなかには、Wi-Fiによるワイヤレス接続に対応している機種があります。パソコンを介さずに、スキャンしたデータをそのままスマホやタブレットで閲覧することが可能。スキャンミスを防げるので便利です。

また、モバイル端末からクラウドストレージに保存したり、メールに添付すればデータ共有できたりするのも魅力。ケーブル類を持ち運ぶ必要もないので、荷物がコンパクトにまとまります。外出先での使用を考えている方におすすめの機能です。

電源

By: amazon.co.jp

ハンディスキャナーの電源は、主に「バッテリータイプ」と「乾電池タイプ」の2種類に分けられます。コストを重視するならバッテリータイプがおすすめ。充電することで繰り返し使えるため、電池代を節約できます。乾電池タイプはコストがかかる一方、突然の電池切れにも対応できるのが魅力。用途に応じて使い分けましょう。

付属機能

By: sanwa.co.jp

ハンディスキャナーは、メーカーごとに特徴が異なります。例えば、本体に液晶ディスプレイを搭載しているモデルなら、パソコンやタブレットを介さずに、スキャン後すぐに状態を確認できるので便利です。

ほかにも、設置型のシートフィードタイプとしても使えるハイブリッドなハンディスキャナーもあります。普段は据え置きとして使いながら、必要なときはハンディスキャナー部分を分離してサッとスキャンするといったことも可能です。自分の用途にあわせてモデルを選びましょう。

ハンディスキャナーのおすすめモデル

MUNBYN ハンディスキャナー IDS001

幅広いサイズに対応したハンディスキャナーです。A4やB5、写真、名刺などのスキャンを可能としており、プライベートやビジネスで役立ちます。また、解像度を300dpi・600dpi・900dpiの3種類から用途に合わせて選べるのもポイントです。

さらに、255×30×30mmのコンパクトサイズで携帯性に優れています。会議や展示会などに手軽に持ち込めるほか、簡単な操作でmicroSDカードにデータを残せるのも特徴です。

雑誌やパンフレットに記載されている文字をテキストデータとして保存できるOCR機能も魅力。Windows・Macの両OSに対応しているため、職場や自宅での共有にもおすすめのモデルです。

Aibecy IScan02 ハンディスキャナー FVN5104462979756IS

ワイヤレスで転送を行えるハンディスキャナーです。Wi-Fi機能に対応したモデルで、スキャンしたデータをスマホやタブレットに転送できます。また、LCDディスプレイを搭載しており、プレビューや設定情報などの確認に便利です。

バッテリー内蔵タイプで、USBによって充電できます。さらに、操作をしていない状態が3分間続くと、自動で電源がオフに切り替わり、電池の消耗を抑えられるのもポイント。最大1050dpiまで解像度を選べるため、写真や論文なども鮮明に読み取れます。

ZINT ハンディスキャナ ISCAN-03

3つの解像度から選べるハンディスキャナーです。300dpi・600dpi・900dpiでのスキャンに対応しており、細かい文字が記載されている文書などの保存にも便利です。また、最大32GBまでのmicroSDHCカードによるデータ保存が可能であるほか、PDF・JPEGの2種類からフォーマットを選択できます。

255×28×25mmのコンパクトサイズも魅力です。カバンに入れても荷物の負担になりにくく、会議や展示会などへの持ち運びにぴったり。OCR機能を搭載しているため、議事録作成などに必要なテキストデータの抽出にも便利なモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ポータブルハンディスキャナ PSC-HS1BK

機能性に優れた便利なハンディスキャナーです。カラーディスプレイを搭載しており、スキャンした内容をひと目で確認可能。また、ダブルローラーを採用しているため、安定した操作ができるのもポイントです。

258×41×34mmのコンパクトサイズも魅力。また、専用ポーチを付属しているので、本体に傷をつけずに持ち運べます。さらに、microSDHCカードに最大32GBまで保存できるため、展示会のパンフレットや会議資料などを多くスキャンする方におすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 2WAYスキャナ 400-SCN059W

手動読み込みと自動読み込みの両方に対応した2WAYタイプのハンディスキャナーです。書籍を裁断せずに自炊したい場合は手動スキャン、A4書類や名刺を手間なく読み取りたい場合は自動スキャンなど、用途にあわせて使い分けできるのが魅力です。

縦21×横35mmのディスプレイが搭載されているのもポイント。大きく見やすいので、読み取ったデータやエラー内容を確認する際に役立ちます。

本体は258×41×34mmと持ち運びやすいコンパクトサイズ。バッテリー残量が切れても、付属のUSB充電ケーブルを活用すれば充電しながら使用できます。外出時にも使える製品がほしい方におすすめです。

ミヨシ 高解像度モバイルハンディスキャナー UMSC-05

By: mco.co.jp

900dpiの高解像度スキャンに対応したハンディスキャナーです。「1.4インチカラー液晶」を搭載しているので、スキャンしたデータがその場で確認できます。USBホスト機能に対応したスマホ・タブレットでもチェックできるため、より大画面でデータを見たい方にもぴったりです。

USBケーブル接続のほか、単4アルカリ乾電池を3本セットすることで単体使用も可能。電池駆動でも最大約350枚と大量にスキャンできるのが魅力です。

データを編集する際は、付属のWindows用ソフト「MagicScan」が便利。ハンディスキャナーにデータを保存せず、直接WordやExcelなどに貼り付けできます。容量を気にせず使える製品がほしい方におすすめです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ハンディスキャン KS-H500

By: kenko-tokina.co.jp

幅約124mm、長さ約1270mmまでの読み取りに対応したハンディスキャナー。スキャンモード「HIGH」を選択した場合は、長さ約635mmまでの原稿を600dpiでデータ化できます。

付属の「ホワイトバランスシート」を使うことで、ホワイトバランスの調節が可能。写真や雑誌をスキャンする際など、色味にこだわりたい場合に便利です。

また、センサー部分の汚れ取りに便利な「クリーニングクロス」が付属しているのもポイント。簡単にお手入れできる製品がほしい方におすすめです。

ハンディスキャナーのAmazonランキングをチェック

ハンディスキャナーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:スキャナーのおすすめモデル

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナー

写真を撮影するようにスキャンできるスタンド型のスキャナー。800万画素の高性能カメラを搭載しているほか、A3サイズまで対応しています。楽譜のコピーや書籍の自炊などに活用できるのが特徴です。

写真データを文字に変換するOCR機能、スキャン後の自動補正機能など機能が充実しています。使用しないときは折りたたんでコンパクトに収納可能。持ち運んで外出先でも使用できます。ただし、macOSに対応していないため、Appleユーザーの方は注意しましょう。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ペン型スキャナー 400-SCN031

調べたい単語やデータ化したい文章をなぞるだけで、テキストデータに変換できるペン型スキャナーです。OCR機能によって、文章をテキストデータにすることが可能。縦書き・横書きの両方に対応しています。

スマホやタブレットとはBluetooth接続、パソコンとはUSBケーブルでの接続に対応しており、簡単に設定可能。翻訳機能や朗読機能があるので、勉強にもおすすめです。

エプソン(EPSON) ドキュメント スキャナー DS-30

シートフィードタイプのスキャナーです。読み取りたい書類などをセットして、スキャンボタンを押すだけで簡単に使用できます。また、USBケーブルによるバスパワー方式であるため、ACアダプタを持ち歩く必要がありません。

スキャンしたデータをメールに添付して送信可能な「Scan to メール」という便利な機能を搭載。メールソフトを立ち上げる手間を省けるため、スムーズな作業を行えます。さらに、276×50×36.5mmのコンパクトサイズに加え、重さも約325gと軽量で、携帯性を重視する方にもおすすめです。

エプソン(EPSON) A4モバイルスキャナー DS-40

Wi-Fi接続でスマホやタブレットにダイレクトにデータ伝送できるモバイルスキャナー。AndroidとiOS用に専用アプリが用意されており、接続も簡単です。単3乾電池4本で約250枚のスキャンができる設計。パソコンとUSB接続したときはバスパワーで動作するため、電池の心配をする必要がありません。

A4用紙だけでなく、厚みのあるプラスチックカードでもスキャン可能。運転免許証やクレジットカードでも読み取れます。ADFと呼ばれる給紙を補助する機能を搭載しており、読み取り精度を高めているところもポイントです。

富士通(FUJITSU) スキャナー ScanSnap FI-IX100A

バッテリーを搭載しながら重量はわずか400gのモバイルスキャナー。USBケーブルでパソコンと接続するだけで充電できるため、コンセントがない場所でも充電できます。また、フル充電で260枚の読み取りが可能です。A4カラー片面原稿をスキャンするのに必要な時間は1枚5.2秒というスピード仕様。大量にスキャンしたいときに便利です。

ほかにも、小さな紙を2枚並べて同時に読み取る「デュアルスキャン」、A3サイズの原稿を折ってスキャンして後から自動合成する機能など、便利な機能も充実しています。小型ながら高性能なおすすめのモバイルスキャナーです。