製氷皿は、自宅で氷を作るときに必要なアイテムです。最近では、氷を取り出しやすい便利なモノから、キャラクター形の氷が作れるモノまで、さまざまな製品が発売されています。しかし、種類が多いため、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。

そこで今回は、製氷皿の選び方やおすすめの製品をご紹介します。自分に合う製品選びの参考にしてみてください。

製氷皿の魅力

By: amazon.co.jp

製氷皿を使えば、自宅で簡単に氷を作ることが可能です。キューブ状の氷が作れる製品だけでなく、お酒を飲むときに使うボール状の氷を作れるモノや、ハート形・キャラクター形の氷を作れるモノなど、さまざまな製品がラインナップされています。

また、氷を作る以外にも、離乳食の食材の冷凍やデザート作りに役立つのも製氷皿の魅力です。

製氷皿の選び方

素材をチェック

シリコーン

By: amazon.co.jp

素材がシリコーンの製氷皿は、やわらかいため指で押すだけで氷を取り出すことが可能です。また、さまざまな形の製品が販売されているのも魅力。シンプルなモノから、キャラクターデザインのモノまで、好みのモチーフを選べます。

さらに、氷を作る用途だけでなく、調理器具として使用することも可能。耐熱性があり、オーブンに対応している製品であれば、デザート作りなどに使用できるのもポイントです。

ただし、シリコーン製の製氷皿は匂いが移りやすい傾向があるため、匂いが強い食材の使用は控えるか、用途を分けて使用するようにしましょう。

プラスチック

By: rakuten.co.jp

プラスチック製の製氷皿は、価格が安い製品が多いため、コスパの高さを重視したい方におすすめ。シリコーンタイプほどではないものの、さまざまな形の氷が作れるのも魅力です。

また、安定感があるため、扱いやすいのもメリットのひとつ。一度に全て取り出せる形状の製品も多く、大量の氷を作りたい方に向いています。お手入れも簡単なので、手軽に使える製氷皿を探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

アルミ

By: amazon.co.jp

素材にアルミを使用している製氷皿は、氷が早くできるのが特徴です。特に、氷を頻繁に使用する方に適しています。一方、アルミ製の製氷皿は、目の粗いスポンジなどで擦るとキズが付きやすいのが難点。やさしくお手入れするようにしましょう。

作れる氷の形をチェック

小粒型

By: amazon.co.jp

小粒型の氷が作れる製氷皿は、アイスコーヒーを作りたいときにおすすめです。小さい分溶けやすいので、コーヒーをすぐに冷やせます。また、お店で飲むジュースのように氷をたくさん入れたいときにも便利です。

小粒型の製氷皿があれば、一口サイズのアイスやチョコレートも作れます。幅広い用途に使用できる製氷皿を探している方におすすめです。

クラッシュ型

By: amazon.co.jp

クラッシュ型の製氷皿は、ランダムな形の氷を作りたい方におすすめです。氷をアイスピックで砕く必要がないため、手を傷付ける心配がないのもメリット。大きな形の氷が作れる製品であれば溶けにくいため、お酒に氷を入れたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

スティック型

By: amazon.co.jp

スティック型の氷は水筒やボトル、タンブラーに入れやすいのがメリット。夏場に冷えた飲み物を持参したい方に適しています。また、ジュースなどを入れることで、アイスキャンディを作ることも可能。細長い氷を使用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

モチーフ型

By: amazon.co.jp

モチーフ型の氷を作れる製氷皿は、誕生日パーティーやイベントなど、特別な日に使うのにぴったりです。動物の形やハート形、キャラクターモノまで、さまざまな製品が販売されています。ほかの形に比べると一度に作れる氷の量が少ない場合があるため、注意が必要です。

取り出しやすさをチェック

By: amazon.co.jp

製氷皿を購入する際は、取り出しやすさもチェックしておきましょう。特に、複雑なモチーフ型を使う場合や、氷をひとつずつ取り出したい場合、製氷皿から取り出す際に氷が割れてしまうことがあります。丁寧に氷を取り出したい方には、シリコーン製の製氷皿がおすすめです。

一方で、一度に大量の氷を取り出したいのであれば、プラスチック製の製品が向いています。使用する用途に適した製品を選びましょう。

製氷皿のおすすめ|シリコーン

メトレフランセ(MATRE FRANCAIS) Party デイリーに使える、蓋付きアイストレイセット

3タイプの製氷皿がセットになったアイテム。クラッシュ型・小粒型・大きいキューブ型の氷を作ることが可能です。

スタッキングできるため、未使用時にはコンパクトに収納できるのもおすすめのポイント。蓋が付いているので、ほこりが入ったり、水がこぼれたりするのを防げるのも魅力です。さまざまな用途に氷を使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

メトレフランセ(MATRE FRANCAIS) 1ラージボール アイストレイ

スタイリッシュな見た目が特徴の製氷皿。直径5.8cmの丸い氷を作ることが可能です。

シリコーン製なので、氷を取り出しやすいのもおすすめのポイント。お酒に入れる氷を作るのにはもちろん、フルーツやハーブを加えたデザート作りにも適しています。また、デザインがおしゃれなので、置きっぱなしにしてもインテリアとして映えるのがメリットです。

ポーラーアイス(Polar Ice) ポーラーアイストレイ

透明度の高い、丸い氷を作りたい方におすすめの製氷皿です。温度差を作り出す内部構造を採用し、透明な氷を作れるのが特徴。直径約6cmのきれいな氷ができあがります。いつものお酒の時間を、よりおしゃれに楽しみたい方におすすめです。

また、氷の中に花やミントを入れて、パーティーを盛り上げる装飾アイテムを作ることも可能。アッパードームの素材にはシリコーンが使用されているので、氷を簡単かつきれいに取り出せます。食洗機で洗えるため、楽にお手入れできるのもポイントです。

スパイス(SPICE) CORKCICLE ウィスキーウェッジ 7001

お酒が好きな方におすすめの製氷皿です。付属のシリコーンカバーを使用することで、グラスに直接斜めの氷を作ることが可能。氷に沿ってウイスキーを注ぐと、香りが立ちやすくなります。氷がゆっくり溶けるのもポイント。ウイスキーに入れる氷を作りたい方にぴったりの製品です。

シリコーン製なので、氷の形を崩しにくいのもメリット。就職祝いや昇級祝いなど、お祝いのプレゼントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スケーター(Skater) シリコン アイストレー 製氷皿

人気キャラクター「ミニオンズ」の製氷皿です。素材にはシリコーンが使われているので、型の底を押せば簡単に氷を外せます。

また、ジュースを凍らせて、キャラクター形のシャーベット・アイス・チョコレートなどを作れるのもメリットです。さらに、食洗機に対応しており、清潔に保ちやすいのも魅力のひとつ。子供が飲むジュースに入れる、かわいい氷を作りたい方におすすめです。

カロラータ(COLORATA) 動物の形の氷がつくれるアイストレー

サメの仲間と深海生物の形の氷が作れる製氷皿です。パッケージには各動物の解説が付いており、子供と一緒に楽しく学びながら氷を作れます。

氷は1回で10個作ることが可能。素材にはシリコーンが使用されており、取り出しやすいのもメリットです。電子レンジで使用できるので、デザート作りにも使用できます。ユニークな形の氷を作りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Luxuvee 食品用シリコーン 四角氷 丸氷

キューブ状の氷を作る型と、丸い氷を作る型のセットです。キューブ状の氷は5cmほどのモノを8個、丸い氷は4.5cmほどのモノを6個作れます。素材にシリコーンが使用されているため、取り出しやすく、必要な分だけ氷を使いたい方にぴったり。食洗機に対応しているのも魅力です。

そのほか、オーブンで使用できるのもおすすめのポイントです。幅広い用途で使用できる製氷皿を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

2YDS クラッシュアイストレー

約1.3cmのハート形の氷が作れる製氷皿です。一度に55個の氷が作れるので、お店で飲むジュースのように氷をたくさん入れることが可能。さまざまなジュースを凍らせることで、カラフルな氷を作れるため、パーティーシーンに使用する氷作りにもぴったりです。

また、シリコーン製のため、押すだけで簡単に氷を外せるのもメリット。必要な分だけ氷を使用したい方にも向いています。さらに、耐熱温度は230℃で、デザート作りに使用することも可能です。

LOKIPA 製氷皿

六角形の氷を作れる、シリコーン製の製氷皿です。一度に大量の氷を作れるので、氷を使う頻度が高い方におすすめ。また、さまざまなジュースを凍らせてカラフルな氷を作れば、パーティーやイベント時など、特別な日の演出としても使用できます。

製氷皿のおすすめ|プラスチック

パール金属(PEARL METAL) クールランド スティックアイストレー 蓋付 H-5239

スティック型の製氷皿です。スティック状の氷ができるので、水筒やボトルに氷を入れたい方にぴったり。氷は一度に9個作れます。

また、匂いが移るのを防ぐ蓋が付いているのもおすすめのポイント。トレーを積み重ねて冷やすことも可能です。サイズは、約幅9×奥行26.5×高さ4.5cmとスリムな設計。邪魔になりにくい製品を探している方にもおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) クーリス ボックス付アイストレーM 21個取

ボックスが付いている製氷皿です。できあがった氷はボックスにストックでき、必要なときに取り出せます。製氷皿はボックスの上に重ねられ、省スペースで大量の氷を作ることが可能です。

氷の形状はスタンダードなブロックタイプで、一度に21個まで作れます。氷を使う機会が多い方におすすめの製氷皿です。

エビス(Ebisu) ワンプッシュアイストレー

プラスチック製ながら、氷を必要な分だけ取り出せる製氷皿です。底の浅い丸みを帯びた氷ができあがるので、氷をスムーズに押し出せます。また、冷凍庫内で重ね置きができるので、無駄なスペースを使うことなく大量に冷やせるのもおすすめのポイントです。

さらに、密閉蓋が付いているため、引き出し式冷凍庫を開閉する際や、水を入れて運ぶ際に水がこぼれにくいのもメリット。匂い移りも低減できます。使いやすい製氷皿を探している方におすすめです。

エビス(Ebisu) 3段スティックアイストレー

ステンレスボトルに収まりやすい、スティック状の氷が作れる人気の製氷皿です。外出時やアウトドアに持参する飲み物を冷やしたい方におすすめ。3段タイプで蓋が付いているので、重ね置きもできます。また、1段でも使用でき、必要な分だけ氷を作れるのもメリットです。

さらに、蓋は密閉タイプなので、引き出しタイプの冷凍庫に入れた際に水がこぼれにくいのもおすすめポイント。そのほか、匂い移りやほこりが入るのを防ぐことも可能です。

エビス(Ebisu) こつぶ氷アイストレーN

小粒型の氷を大量に作りたい方におすすめの製氷皿。蓋が付いているため、匂い移りを低減することが可能です。また、重ね置きができるので、冷凍庫の中でスペースを取らないのも魅力のひとつ。蓋は受け皿としても使用できます。

氷が小さく、溶けやすいのもポイント。すぐに飲み物を冷やしたい場合に重宝します。

アスベル 製氷皿 アイストレー 3段

幅7cmのスリムな製氷皿の3個セットです。専用のホルダーが付属しており、各トレーに蓋が付いているので、コンパクトに重ねて収納できます。

また、ひとつのトレーでキューブ型の氷を7個作ることが可能。必要な分だけ無駄なく使用できます。さらに、氷を作るほかに、デザートやアイス作り・お惣菜の小分け冷凍用など、それぞれ別の用途に使用できるのもおすすめのポイントです。

小久保工業所(KOKUBO) deLijoy ゆきポン プチまる氷

小さくてかわいい氷を10個作れる製氷皿です。ジュースを凍らせれば、見た目が華やかなアイスキャンディーを作ることも可能。さらに、イチゴやブルーベリーなど、フルーツを入れて凍らせれば、パーティー時にも活躍する氷を作れます。

価格が安いので、複数個購入してさまざまなカラーの氷を作るのもおすすめ。コスパに優れた製氷皿を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ライクイット(like-it) アイスボールメーカー STK-06L

ロックグラスにちょうどよい、直径6cmの丸氷が作れる製氷皿。氷がゆっくりと溶けていくので、お酒に合う氷を作りたい方におすすめです。

本体の素材にはポリプロピレン、蓋の素材には熱可塑性エラストマーが使用されています。蓋はやわらかいので、ひねったり、押し出したりすることで簡単に氷を出すことが可能です。

また、サイズは直径7.5×高さ7.5cmとコンパクトなので、冷凍庫の中でスペースを取りにくいのもメリット。2個使用する際は、製品同士でスタッキングが可能です。

Cherie フタ付き製氷器

小粒の氷が作れる製氷皿です。素材にはポリプロピレンを使用。底を押すだけで一度に多くの氷を取り出せます。手軽にかわいい氷を作れる製品を探している方におすすめです。

蓋付きなので、重ねて冷蔵庫に入れられるのもメリット。ホームパーティー時など、たくさんの氷を用意したいときに活躍します。

製氷皿のおすすめ|アルミ

パール金属(PEARL METAL) クールズ アルミ製氷カップ D-992

大きめの氷が作れる製氷皿です。本体にはアルマイト加工されたアルミが使用されており、丈夫で長く使えるのが特徴。蓋が付いているので、匂い移りを防ぐことが可能です。

本製品は、かき氷用の氷を作りたい方におすすめ。自宅でかき氷を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

オーディーエー 木の葉型製氷器

木の葉形の氷が作れる製氷皿です。製氷皿はアルミ製で、きちんとお手入れすれば長く使えるのがポイント。

できあがった氷は、和食などの際に、料理を華やかに彩る小物として活躍します。パーティーやイベントに映える演出小物が欲しい方におすすめです。

製氷皿のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

製氷皿のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。