キッチンのマストアイテムである「フライ返し」。別名「ターナー」とも呼ばれ、食材を返したり、炒めたり、盛り付けしたりするときに、なくてはならない存在です。

シンプルなアイテムですが、ステンレス製やシリコン製、木製など、素材やカタチはさまざま。そこで今回は、フライ返し(ターナー)を選ぶときのポイントやおすすめのアイテムを紹介します。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

フライ返し(ターナー)の選び方

素材をチェック

ステンレス製

By: amazon.co.jp

サビにくく、耐久性に優れているのがステンレス製のフライ返し。長く愛用できるモノを探している方におすすめの素材です。また、耐熱温度が高いのもポイント。熱したフライパンに接しても溶けにくいので、安心して調理ができます。

ただし、テフロン加工が施されているフライパンに使うと、コーティングを剥がしてしまうこともあるため注意が必要。現在持っているフライパンの素材を考慮して購入するようにしましょう。

シリコン製

By: amazon.co.jp

シリコン製のフライ返しは、柔らかく、ほどよくしなるため、食材が返しやすいのが特徴。鍋やフライパンを傷つけにくく、テフロンコーティングが施されているフライパンでも安心して使用できます。また、カラーバリエーションが豊富でおしゃれなアイテムも多く、デザイン重視の方にもおすすめです。

ただし、熱したフライパンに長時間置いたままにすると、溶けてしまうリスクがあるので注意が必要です。

ナイロン製

By: amazon.co.jp

ナイロン製のフライ返しは、薄く、弾力性もあるため、食材の下に入れて食材を返しやすいのが特徴です。強度もあるので、食材をカットしたり、炒めながらほぐしたりと、汎用性の高さもポイント。炒め物から卵焼きまで、さまざまな料理に使えます。扱いやすく価格もリーズナブルなので、料理初心者におすすめです。

木製

By: amazon.co.jp

ナチュラルなインテリアのキッチンにマッチする、あたたかい雰囲気の木製のフライ返し。鍋やフライパンのコーティングを傷つけることも少なく、食材を炒めたり、混ぜたりするときも気を使わずに調理ができます。持ちやすく使いやすいので、キッチンに1本は常備しておきたいアイテムです。

ただし、洗った後に完全に乾かさないとカビが生えてしまうこともあるため、お手入れには気をつけるようにしましょう。

返しやすさをチェック

By: amazon.co.jp

返しやすさを重視するのであれば、シリコン製やナイロン製がおすすめ。柔らかく、ほどよくしなって食材の下にスッと入るので便利です。

素材のほか、返し部分の形状や柄の長さも確認しておきたいポイント。最近では、大きな食材でもきれいに返せるワイド設計のフライ返しも人気です。よく作る料理や、手持ちのフライパンのサイズなどを考慮して購入するようにしましょう。

耐熱温度をチェック

By: amazon.co.jp

熱したフライパンは高温になるため、フライ返しの耐熱温度も重要なポイント。なかでもステンレス製は耐熱性が高く、中華料理といったような高温調理でも安心して利用可能です。

シリコン製やナイロン製に関しても、約200℃の耐熱性を有しているモノがラインナップ。食材を返したり炒めたりするには問題ありませんが、熱したフライパンに置きっ放しにしていると溶けてしまうこともあるので、調理の際には十分に注意しましょう。

お手入れのしやすさをチェック

毎日使うアイテムなので、お手入れのしやすさも気にしておきたいポイント。柄と返し部分が一体化していて継ぎ目がないモノだと、汚れがたまらず洗い残しが少ないためおすすめです。

なかには、食洗器で洗えるアイテムもラインナップ。利便性を重視したい方は、あわせてチェックしてみてください。

フライ返し(ターナー)のおすすめメーカー

オクソー(OXO)

By: rakuten.co.jp

誰もが使いやすい「ユニバーサルデザイン」を理念に、1990年に創業したキッチンメーカー。数多くの試作品とデザイン修正を重ね、現在までに1000以上の優れた製品を世に送り出しているブランドです。

同ブランドのフライ返しは、使い勝手に優れているのが特徴。人間工学に基づいた設計で手に持ったときのフィット感がよく、実用性の高さが魅力です。

貝印

By: rakuten.co.jp

調理用品や化粧道具、衛生用品など、生活に寄り添ったモノづくりをしているメーカー。家庭用包丁や爪切りなどの分野で、国内トップクラスのシェアを有しています。

同ブランドのフライ返しはステンレス製をメインに展開しており、使いやすさを追求した形状が特徴。シンプルなフォルムで、食材を返すだけでなく、抑えやすいようにも設計されています。

フライ返し(ターナー)のおすすめ

オクソー(OXO) ステンレスソフトターナー

ヘッド部分がステンレス製のフライ返し。薄く、弾力があるので、フライパンと食材の間にスッと入り返しやすいのが特徴です。オムレツや白身魚なども、形を崩さずに簡単にひっくり返せます。

人間工学に基づいて設計されたグリップ部分は、持ちやすく、手首に負担がかかりにくいのがポイント。フライパンや鍋にくっついてしまった食材や、重さのある食材も、きれいに持ち上げられます。

食洗器にも対応しているため、お手入れも簡単。シンプルで、使い勝手のよいフライ返しを探している方はぜひチェックしてみてください。

オクソー(OXO) ナイロンソフトターナー

ヘッド部分がナイロン製のフライ返し。ほどよい弾力性があるため食材の下にスッと滑り込み、簡単にひっくり返せます。持ったときのフィット感も良好。鍋やフライパンを傷つけにくいのもポイントです。

ヘッド部分の耐熱温度は200℃。食洗器に対応しているので、お手入れが簡単なのもメリットです。ブラック・トマト・バジルの3色がラインナップされています。

オクソー(OXO) シリコンターナーミニ

長さ24cmと、ミニサイズのシリコン製ターナー。食材同士の隙間にも入りやすく、天板に並んだクッキーや、小さいフライパンで調理した食材をひっくり返したりするのに便利です。

シリコン製のヘッド部分は、適度に弾力があり使いやすいのもポイント。テーブルに出しても邪魔にならないサイズ感で、取り分け用のカラトリーとしても活躍します。また、収納スペースを取らないのもメリットです。

ヘッド部分の耐熱温度は280℃と高く、安心してさまざまな調理が可能。食洗器にも対応しています。小回りが利くフライ返しを探している方におすすめです。

貝印 SELECT100 DH3012

ステンレス製のフライ返し。ヘッド部分が薄く、フライパンと食材の間にサッと滑りこみます。ほどよくしなり、フライパンのフチに沿って使えたり、小さい食材を調理したりするときも便利です。

75gと軽く、持ったときのフィット感に優れているのもポイント。また、ステンレス製のため油汚れも簡単に落とせ、お手入れが楽なのもメリットです。シンプルで、長く愛用できるフライ返しを探しているはぜひチェックしてみてください。

貝印 o.e.c. マイティー・スパチュラ

料理研究家の脇雅代さんが手掛けたシリコン製のフライ返しです。ヘッド部分のフチの固さがそれぞれ違うのが特徴。カーブ部分は、具材を混ぜ合わせるのにちょうどよい弾力性を備えています。直線の部分は、一気に食材やソースが拭えるように、固めの弾力感に設計。用途によって使い分けができる便利なアイテムです。

耐熱温度は200℃。また、食洗器にも対応しているので、お手入れも簡単です。お菓子作りから普段の調理まで幅広いシーンで活躍します。

柳宗理 フライ返し バタービーター

日本を代表するインダストリアルデザイナー、柳宗理氏がデザインしたフライ返し。使いやすさを追求したフォルムと、オールステンレス製で洗練されたデザインが特徴です。

先の部分は薄くなっているので、食材の下にサッと差し込めます。適度なしなやかさを備えており、パンケーキや大きな魚でも、形を崩せず簡単に返せるのがポイント。また、返したり炒めたりするほかにも、バターをつぶしたりと、さまざまなシーンで活躍します。

長さ30.8cmなので、手の大きな男性にも使いやすくおすすめ。長く愛用できるシンプルなフライ返しを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

マーナ(MARNA) ワイドターナー

返し部分がワイド設計になっているフライ返し。柔らかい食材でも形を崩せず返せたり、大きな食材を運べたりと、ストレスフリーの使い心地が魅力です。

両側が波型になっているので、卵をときほぐせるのもポイント。そのまま卵焼き器に流し込んで調理ができます。また、強度もあり、できた食材を切り分けることも可能。忙しい朝のお弁当作りにも活躍するアイテムです。

一体型で洗いやすいほか、食洗器にも対応しているのも魅力。耐熱温度は200℃で、使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

マーナ(MARNA) トライアングリップ シリコンターナー

握りやすさを追及したフライ返しです。持ち手に三角断面の「トライアングリップ」を採用しており、フィット感に優れているのが特徴。手が疲れにくく、調理の負担を軽減します。

先端が薄くなっているため、食材の下にスッと入って簡単に返せるのもポイント。また、ヘッド部分には適度に厚みがあるので、重さのある食材でも返しやすいほか、切り分けたり、炒めたりとさまざまな調理シーンで活躍します。

耐熱温度は200℃。さらに、シリコン製のため、鍋やフライパンを傷つけにくいのもポイントです。

ティファール(T-fal) フライ返し インジニオ

ブラックの本体に、ステンレスのロゴプレートがワンポイントで映えているおしゃれなフライ返しです。鍋のフチに立てかけておいても滑りにくい「シリコーンストッパー」がついているのが特徴。シリコン部分の耐熱度は230℃と高く、安心して調理ができます。

ナイロン製で、ヘッド部分の耐熱度は220℃。また、色移りがしにくいほか、食洗器に対応しているのも嬉しいポイントです。使いやすいうえに価格もリーズナブルなので、はじめてのフライ返しに適しています。

サンクラフト(SUNCRAFT) フライ返し(ターナー)GF-02B

グラスファイバーを約30%含んだナイロン製のターナー。大切な鍋やフライパンを傷つけにくいほか、62gと軽くて持ちやすいのが特徴です。

耐熱温度が230℃と高く、さまざまな料理に安心して調理が可能。また、継ぎ目のない一体型はお手入れも楽なうえ、食洗器にも対応しています。リーズナブルな価格も魅力なので、コスパの高いターナーを探している方におすすめです。

ストウブ(staub) シリコン サービングターナー

グリップ部分にアカシアの天然木を使用しているかわいらしいターナー。ストウブのロゴがおしゃれで、キッチンの壁にかけておくだけで、シンプルながらも存在感を放つアイテムです。

返し部分はシリコン製で、ホーロー鍋やフライパンを傷つけにくいのもポイント。適度にしなるため食材を返しやすく、使い勝手にも優れています。ストウブの鍋を愛用している方は、ぜひチェックしてみてください。

ル・クルーゼ(Le Creuset) メープルウッド ターナー

北米産のメープルウッドで作られた木製ターナーです。柄の部分にル・クルーゼのロゴが刻印されているのがおしゃれ。使うほど味わいが増して経年変化が楽しめるので、長く愛用できるアイテムを探している方におすすめです。

手に馴染みやすく、シンプルで使いやすいのが特徴。食材を返したり炒めたりするほかにも、ジャムを作るときに混ぜたりするのにも適しています。飽きのこないデザインで、キッチンにひとつ置いておきたいアイテムです。

三好漆器 フライ返し

美しい形状で、上品な雰囲気がある木製フライ返し。長く使うほど手に馴染み、つややかな風合いが増してくるのが魅力です。

木製のため、鍋やフライパンを傷つけにくいのがポイント。変形もしにくく、長く愛用できます。シンプルな木製のフライ返しが欲しい方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

フライ返し(ターナー)のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フライ返し(ターナー)のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。