自宅で気軽にワッフルを作れる「ワッフルメーカー」。プレートを取り替えることでワッフル以外にも、ホットサンドやドーナツを作れる製品もあります。また、直火式のモノを選べばアウトドアでもアツアツのワッフルを作ることが可能です。そこで今回は、ワッフルメーカーの選び方とおすすめの製品をご紹介します。

ワッフルメーカーの種類

電気式ワッフルメーカー

By: amazon.co.jp

電気式のワッフルメーカーは、プレートの裏にある電気ヒーターが熱を発してワッフルを焼く仕組みです。最近では、さまざまなメーカーからおしゃれなデザインや高機能なモデルがリリースされています。

メリット

電気式はスイッチを入れて生地を流し込むだけで簡単にワッフルが焼けるので、微妙な火加減調節が不要です。ガス火を使わないため、プレートに触らないなど火傷に注意すれば手軽にワッフルが作れ、ホームパーティや親子で調理を楽しみたい方にもおすすめです。

デメリット

電気式モデルの多くは火加減の調節ができず、好みに合わせてカリッと焼いたり、ふんわり仕上げたりという微調整ができないのがデメリット。ワット数の高いモデルを選べばカリッと焼けますが、その分だけ電気代がかかります。

また、プレートを外して洗えるモデルであっても本体は電気が通るので洗えません。ワッフル生地が本体にこびり付いてしまうとなかなか取れないので注意しましょう。

直火式ワッフルメーカー

By: amazon.co.jp

直火式のワッフルメーカーは、2枚のフライパンの中にパンを挟んで、ガス火を使って焼きます。直火に耐えられるような重厚な造りが特徴です。

メリット

直火式は自分の好みに合わせて火加減を調節しながら焼き上げられるのが最大のメリット。ベルギー式やアメリカン式などのワッフル生地に合わせた火加減ができるので、本格的な食感のワッフルを楽しめます。

電気を使わないのでキャンプなどのアウトドアでも使用でき、本体に加えて取っ手も丸洗いできるので衛生面も安心です。

デメリット

直火式の中には持ち手の素材がプレート部と同じで熱くなるモデルがあるため、調理中の火傷に注意が必要です。プレートの素材によっては油をよく馴染ませてから使う必要があり、多少の手間がかかります。

キッチンがIHの場合は、IH対応かどうかもチェックが必要です。また、デザインによっては持ち手部分がコンロに当たって使いにくいのでよく確認しましょう。

電気式ワッフルメーカーの選び方

ワット数で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーはワット数が大きいほど火力が高いため、外側がカリッとして内側がふんわりしたワッフルが焼き上がります。ワッフルの焼き上がりにこだわりたい方は、800~1000Wのパワフルで高価格なモデルがおすすめです。

焼き上がりは特にこだわらない方、ワッフルはたまにしか焼かず、できるだけ安いモデルを探している方はワット数が低めのモノを選びましょう。

一度に焼けるワッフルの枚数を確認

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーは大きさによって一度に焼ける枚数が異なり、1枚だけ焼けるモノや4枚焼けるモデルまでさまざまです。4人家族なら4枚、一人暮らしなら1枚、といったように暮らしに合わせて選ぶと使い勝手がよくおすすめです。

電源スイッチとタイマーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気式ワッフルメーカーの多くは、コンセントを差し込むとランプがついて加熱が始まり、ランプの色が変わってスタンバイOKになると生地を流し込めます。

ただし、ワッフルが焼き上がっても自動で電源オフにはならず、自分で時間を計ってコンセントを抜く手間が難点。加熱し過ぎてワッフルを焦がしてしまった、コンセントの抜き忘れで本体が熱くなりすぎたなどのトラブルには注意が必要です。

そのため、ワッフルメーカーを安全に使うには、電源スイッチでオフできるモデルやタイマー付きのモデルを選ぶのがおすすめ。電源スイッチがあれば気づいたときにすぐオフにでき、タイマーが付いていればワッフルの焼き上がりを自分の好みに調節可能です。

交換プレートの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーには複数のプレートを付属しているモデルがあり、プレートを付け替えるとバリエーション豊かなレシピを楽しめます。

ワッフルメーカーで作る焼きドーナツやホットサンド、たい焼き、マドレーヌなどは簡単に作れるだけでなく味も本格的。ワッフルだけでは飽きてしまいそうな方は数枚のプレートが付いたモデルを選ぶのがおすすめです。

手入れのしやすさで選ぶ

By: irisohyama.co.jp

ワッフルメーカーは予想以上に油や生地で汚れるため、プレートが取り外せて洗えるモデルを選ぶと手入れがしやすくおすすめです。プレートが取り外せないモデルはスポンジや布での拭き掃除しかできません。そのため、ワッフルメーカーを衛生的に使いたい場合は、プレートが外せるモデルを選びましょう。

プレートに焦げ付いた生地をキレイに取り去るのは大変な作業ですが、フッ素加工やノンスティックコーティングが施されているモノであればキレイに取り去りやすくなります。また、フッ素加工が施されたプレートは、焼き上げたワッフルがスルッと取れて型崩れしにくいのでおすすめです。

直火式ワッフルメーカーの選び方

IH対応かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

直火式のワッフルメーカーには、ガス火のみ対応のモデルとIH対応のモデルがあります。自宅がIHならIH対応モデルを選ばないと使えないため、直火式を購入するときはラベルや製品の表示をよく確認しましょう。

一度に焼ける枚数を確認

By: amazon.co.jp

直火式のワッフルメーカーは電気式と同じように大きさがさまざま。4人家族なら一度に4枚焼ける大きめのモデル、たまにしかワッフルを作らない場合は、小さなワッフルが1枚焼けるモデルでも十分活用できます。自分がワッフルを焼くシチュエーションに合ったモデルを選びましょう。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

直火式のワッフルメーカーの素材には主にアルミや鉄が採用されており、それぞれの素材によって焼き上がりや重さが異なります。

アルミ製は軽くて手入れがしやすいのが特徴ですが、鉄製に比べるとカリッと焼き上げる機能が劣ります。鉄製は熱伝導性が高いので外側がカリッとして内側がふんわりした本格的なワッフルを焼くことが可能。しかし、本体が重くてこびり付きやすいのが難点です。

持ち手の長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーを直火で加熱すると持ち手がかなり熱くなるので、熱が伝わらない素材のカバーが付いたモノを選ぶと安心して使えます。調理中にワッフルの焼き加減をチェックする際には持ち手が長いほうが安全です。

特にアウトドアでワッフルメーカーを使う場合は、風で急に火力が強くなることもあるので、できるだけ持ち手の長いモデルを使った方がトラブルを防げます。

電気式ワッフルメーカーのおすすめ人気モデル

ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200

「ビタントニオ」がリリースするワッフルメーカーのハイエンドモデルです。900Wのハイパワーかつ高温設計で、約3~4分の短時間で焼き上げられるのが特徴。外生地はサクサク、中身はふっくらとした本格的なワッフルを楽しめます。

本体には、ワッフルとスクエアホットサンドの2種類のプレートが付属。厚みがある仕様のため、連続で使う際にも蓄熱効果でスピーディーに焼くことが可能です。また、プレートにはフッ素樹脂加工が施されているので汚れが付きにくいのも魅力。取り外してラクに丸洗いできます。

さらに、電源スイッチが付いており自分でオン・オフをコントロールできるのもポイントです。プレートの温度が適温になるとランプで表示される便利な機能が付いています。焼き上がりだけでなく、使い勝手も考慮されたおすすめのモデルです。

ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-30

丸みを帯びたフォルムがおしゃれなワッフルメーカー。ハイエンドモデルであるVWH-200との違いは、焼き時間とコード収納の有無です。本モデルは、焼き時間が約4〜5分でコード収納がありませんが、900Wのハイパワーと高温設計で本格的なワッフルが焼けます。

プレートはワッフルとスクエアホットサンドの2種類が付属。その他にもマドレーヌやドーナツ、パニーニなど11種類の別売プレートがラインナップされています。電源スイッチも付いているので使い勝手も良好です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチサンドメーカー PMS-704P

リーズナブルな価格で満足度の高い製品をリリースしている「アイリスオーヤマ」。本モデルは、ワッフル・ホットサンド・ドーナツ・パニーニのプレートが付属しており、1台で朝食からおやつまで作れるのが特徴です。

使い方も簡単で、予熱したプレートに具材を入れて約4〜5分で焼き上がります。電源スイッチが付いているので安全に使うことができ、プレートは丸洗いできるので衛生的に使うことが可能です。

サイズは24.6×25.7×11cmで、キッチンの隙間などに縦置きしてスッキリと収納できるのもポイント。コスパの高いワッフルメーカーを探している方におすすめのモデルです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ワッフル&ホットサンドメーカー GH-HOTSA

一人暮らしの方におすすめのワッフルが1枚焼けるモデルです。ホットサンドプレートも付属しているので朝食を作る際にも役立ちます。

一定の温度まで上がると自動的に加熱をストップする「温度過昇防止装置」を搭載しているので安心して使うことが可能です。電源ケーブルは、脚部に巻きつけられるのでスッキリと収納できます。

丸みのあるフォルムや木目調のハンドルなどおしゃれなデザインも魅力。カラーはレッドとホワイトの2色展開なので、キッチンのインテリアなどに合わせて選んでみてください。

レコルト(recolte) スマイルベイカー ミニ RSM-2

直径約9.5cmの丸型ワッフルが作れる、コンパクトサイズのワッフルメーカー。プレートは熱伝導に優れたモノを採用しているので、約2〜3分の短時間で焼き上げられます。

また、重さも約560gしかないため気軽に使えるのも魅力。キッチンのちょっとしたスペースに立てて収納できるのもポイントです。

カラーは4種類ありますが、ワッフルが焼けるのはイエローとラテだけ。ピンクとカカオはパンケーキしか焼けないので購入の際には注意しましょう。

レコルト(recolte) ワッフルボウルメーカー RWB-1

アイスやフルーツなどの具材が入れやすい、ボウル型のワッフルが作れるモデルです。生地はホットケーキミックスを使っても作れますが、アレンジ次第でご飯や焼きそばを使ったユニークな生地を楽しめます。

プレートは焦げ付きにくいノンスティック加工が施してあるので、お手入れがラクにできるのも魅力。全20種類のメニューを掲載したレシピブックが付属しているので、参考にしてフル活用してみてください。

アピックス(APIX)マイビストロ ワッフルメーカー ASW-284

メタリックブラウンカラーのおしゃれなワッフルメーカーです。ボタン操作は不要で、電源プラグを抜き差しするだけと簡単に扱えます。本体は縦置きしてスッキリと収納できるのもポイント。

また、生地を変えるだけでさまざまな食感のワッフルが焼けるのも特徴のひとつです。ふわふわのベルギーワッフルはもちろんサクサクのアメリカンワッフルにも対応できます。また、餅をワッフル型に挟んで焼く「モッフル」が作れるのも魅力です。

ディースタイル(D-STYLIST) Wワッフルメーカー AILES KA-00279

10.5×10.5cmのワッフルが2枚焼けるモデルです。プレートにフッ素樹脂加工が施してあるため、ノンオイルで調理できるのが特徴。ヘルシーなワッフルを作ることができるうえに、食材がこびり付きにくいのでお手入れがラクにできます。

また、縦置きにしてスッキリと収納できるコンパクト設計な点も魅力。取り出しやすいところに置いておけば、頻繁に使う場合にも便利です。ワッフル生地以外にも、お餅を生地にしたちもちのワッフルも作れるのでおやつのレパートリーを広げてみてください。

クイジナート(Cuisinart) 縦型ワッフルメーカー WAF-V100J

クイジナート(Cuisinart) 縦型ワッフルメーカー WAF-V100J

本製品はワッフルメーカーのイメージを一新するタテ型が特徴。邪魔にならない省スペース設計で、収納場所にも困りません。また、出しっぱなしにしておきたくなるような洗練されたフォルムやステンレスのシンプルなデザインも魅力です。

生地を流し込むだけで、簡単にワッフルを焼き上げられ、焼き加減は好みに合わせて5段階で調節可能。また、余熱の完了と焼き上がりはブザーとランプの両方で通知するので便利です。さらに、材料を挟んで焼くこともできるため、幅広いメニューを楽しめます。

ノンスティック加工のアルミダイキャスト製プレートを採用しており、ムラのないきれいな焼き上げが可能。また、汚れがつきにくいBMC樹脂加工が施されています。お手入れはさっと軽くふき取るだけなので簡単。取り扱いがラクなおすすめのワッフルメーカーです。

テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー レッド HSM530

テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー レッド HSM530

リーズナブルで高機能な家電を手掛ける「テスコム」らしい、幅広いメニューを焼き上げられるモデル。ホットサンドプレート・ワッフルプレート・スティックスイーツプレートと3タイプのプレートが付属しています。

また、タイマー機能を搭載しており、ワッフルの焼きすぎが心配な方にもおすすめ。タイマーをセットすると焼き上がりと同時にベルが鳴り、電源が自動でオフになるので、切り忘れる心配が少なく安心です。

さらに、それぞれのプレートを取り外して丸洗いすることができ、清潔に使えるのもメリット。収納時はタテ置きできるので、キッチンのちょっとした隙間にもコンパクトに納まります。コンセントを製品の裏に巻き付けられることもポイント。すっきり収納できて便利なモデルです。

直火式ワッフルメーカーのおすすめ人気モデル

イタリア商事 ワッフルトースター XBW03

ホットサンドメーカー「バウルー」で有名な「イタリア商事」のワッフルトースターです。本製品は、30年以上の歴史がある直火式のモデル。分厚い鋼材を採用しているので、熱を均等にじっくりと伝えた美味しいワッフルを焼き上げられます。

プレートは、ワッフルの食感をよくするために、凹凸を深く作るなどの工夫が施されているのも魅力。また、内部にはフッ素加工を施してあるため、こびり付きにくくラクにお手入れできるのもポイントです。外はカリカリ、中はふんわりとした直火式ならではの美味しいワッフルを楽しみたい方におすすめです。

和平フレイズ グリドリッチクローバーワッフルプレート GR-6911

クローバー型のワッフルが焼ける直火式のワッフルメーカーです。クローバーを4つに切るとハート型になるので、バレンタインデーなどでも重宝します。

プレートには熱を均等に伝えられるアルミダイカスト素材を採用。焼きムラを抑えた美味しいワッフルを焼き上げられます。また、こびり付きにくいフッ素樹脂加工を施しているためお手入れもラクラクです。SNS映えが狙える可愛らしいワッフルを作りたい方はぜひチェックしてみてください。

パール金属 おやつDEっSE ワッフルメーカー D-422

赤いハンドルがおしゃれな、サイズ9.5×9.5cmのワッフルが同時に2枚焼けるガス火専用のワッフルメーカーです。ガス火を使うため、自分好みの焼き加減を楽しめるのが魅力。また、ガスは電気よりも火力が強いので慣れれば短時間で焼き上げられるのもポイントです。

プレートにはフッ素樹脂加工が施されているので、型離れがよくお手入れもラクにできます。重さが1kg程度なので、複数人で行うキャンプに持っていく際にもおすすめのワッフルメーカーです。

ノルディックウェア(NORDIC WARE) ベルジャンワッフラー 15040

「ノルディックウェア」は60年以上の歴史があるアメリカの製菓道具メーカー。高度な鋳造技術により繊細で美しいデザインの製品を次々に作り出しています。ベルジャンワッフラーは9cm角のワッフルを4枚同時に焼けるだけでなく、中心に生地を丸く広げれば円形の大きなワッフルも焼ける優れモノです。

素材はアルミダイキャスト製で焦げ付きにくいノンスティック加工を施しているため、パリッとした焼き上がりの生地を楽しめます。約1420gと重量はありますが、熱伝導性と保温性に優れているので、直火でおいしいワッフルを焼きあげたい方におすすめです。

持ち手には熱に強いフェノール樹脂を採用しており、調理中でも安心して持ち上げられます。プレートは取り外しができ、汚れは柔らかいスポンジで落とせるので手入れも簡単。レストランでも使われる本格仕様の直火式ワッフルメーカーを探している方におすすめのモデルです。

ローム(ROME) オールドファッションワッフルアイロン

1964年の創業以来、昔ながらの鋳鉄製にこだわったワッフルメーカーを製造しているローム。熱伝導性の高いワッフルメーカーで焼き上げるワッフルは、オーブン調理で仕上げたようなふっくら感が最大の魅力です。

鋳鉄は、使い込むほどに油がよく馴染み、焦げ付きにくくなってカリッとしたワッフルが作れます。プレートは上下で分割できて手入れも簡単。使い方によってはフライパンとしても利用できるので、キャンプにもおすすめです。

手入れは洗剤を使わずにタワシで軽くこするだけ。環境にも優しいエコな使い方ができます。直火にもIHにも対応している点も優秀。重厚なワッフルメーカーで本格的なワッフルを楽しみたい方におすすめのモデルです。

杉山金属 スナックワッフル KS-2936

コンパクトで持ち運びにも優れたスナックワッフルは、アウトドアやキャンプにもぴったりなモデル。熱伝導性に優れたアルミ合金とステンレス底板の隙間に空気の層を作るアルプレッサ構造により、焼きムラのないワッフルが仕上がります。

内面にはフッ素樹脂塗膜を加工し、焦げ付きにくいので後片付けも簡単。ワッフルだけでなく、餅や焼きおにぎりを挟んで焼くとパリッとした新しいおいしさを楽しめます。持ち手が長いので火傷などのトラブルを減らせ、親子でワッフル作りを楽しむ際にもおすすめです。

ガスコンロだけでなくIH100Vやハロゲンヒーターでも使用可能。コンパクトなのでカセットガスで使用するのにも向いています。軽くて小さい直火式のワッフルメーカーを探している方におすすめのモデルです。

パール金属 スマイルスイーツ D-6094

スマイルスイーツは直径8cmのワッフルが一度で7枚焼けるワッフルメーカー。フライパンと同じように1枚のプレートで焼き加減を見ながらワッフルを作れます。生地を流して裏返しにする作業はプレートで挟むよりも簡単なので、子供と一緒にワッフルを作りたい方におすすめです。

直火専用の本体はアルミニウム合金で手入れが簡単。持ち手には耐熱温度150℃のフェノール樹脂を採用し、安全面にも配慮。丸いワッフルにバターやクリームをトッピングして皿に盛り付け、パーティーやおもてなしの時間を楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

SNHUATONG ワッフルメーカー

とにかく安いワッフルメーカーで気軽にワッフルを作ってみたい方におすすめのモデル。四角いワッフルを1枚焼いて朝食にしたり、生地を円形に焼いてカットし、アイスやフルーツをトッピングしたりすれば簡単にデザートが完成します。

直火専用の本体にはアルミニウム合金が採用され、持ち手には高い耐熱性を誇るベークライトで覆われているため安心して使えます。キャンプやアウトドア用に1台、自宅用に1台と複数購入してさまざまなシチュエーションで楽しむのもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャスト アルミ ワッフルメーカー UG-3007

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャスト アルミ ワッフルメーカー UG-3007

リーズナブルなアウトドアツールで知られる「キャプテンスタッグ」のワッフルメーカー。熱伝導率がよく熱が均一に伝わるアルミダイキャスト製なので、ムラなくおいしく焼きあがります。軽くて取り扱いやすい上に、サビに強くて丈夫なのもメリット。

家庭ではもちろん、アウトドアでもできたてのワッフルづくりを楽しめます。持ち手が短いため、たき火での調理には向きませんが、カセットコンロやガスバーナーでの調理に最適です。

内側にはフッ素樹脂加工が施されており、焼き上がったワッフルが型からすっきり離れる上に、汚れが付きにくいことも魅力。さまざまなシチュエーションで、焼きたてのワッフルを楽しみたい方におすすめです。

TOPINCN ワッフルメーカー

TOPINCN ワッフルメーカー

ポコポコとした丸形模様のかわいいワッフルが焼けるワッフルメーカー。卵型の小さなケーキを作ったり、丸い型の中にフルーツを入れてフルーツワッフルを作ったりするなど、アイデア次第でメニューが広がります。

安全な高品質アルミ合金を使用しており、熱伝導性がよい上に、サビに強いこともメリット。また、開閉しやすい固定ブラケットデザインで簡単に使えます。持ち手にはプラスチック製のシェルが付いているため、直火調理でもさほど熱くなりません。

内側には高度なテフロンコーティングが施され、焦げつきも防止。表面が滑らかで掃除がしやすい点も便利です。IH調理器には非対応なので注意が必要。自宅のガスコンロで、手軽にカフェのような本格的なワッフルづくりを楽しめるアイテムです。

ワッフルメーカーの楽天市場ランキングをチェック

ワッフルメーカーの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。