自宅で気軽にワッフルを作れる「ワッフルメーカー」。プレートを取り替えることで、ワッフル以外にホットサンドやドーナツを作れる製品も多く発売されています。また、直火式のモノを選べばアウトドアでもアツアツのワッフルを作ることが可能です。

そこで今回は、ワッフルメーカーのおすすめ製品をご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ワッフルメーカーの種類

電気式ワッフルメーカー

By: amazon.co.jp

電気式のワッフルメーカーは、プレートに内蔵された電気ヒーターが熱を発することでワッフルを焼く仕組みです。最近では、さまざまなメーカーからおしゃれなデザインのモノや高機能なモデルが発売されています。

メリット

スイッチを入れて生地を流し込むだけで手軽にワッフルが焼けるので、火加減の微調節が不要です。また、ガス火を使わないため、プレートによる火傷などに注意するだけで安心して使用できます。ホームパーティーや、親子で調理を楽しみたい方にもおすすめです。

デメリット

ほとんどの電気式モデルは、火加減の変更ができません。そのため、好みに合わせてカリッと焼いたり、ふんわり仕上げたりという調節をしにくいのがデメリットです。ワット数の高いモデルを選べばカリッと焼けますが、その分電気代がかかる傾向にあります。

また、プレートを外して洗えるモデルであっても、電気が通る本体は洗えないことがほとんどです。ワッフル生地が本体に付いてしまうと落としにくいので、注意しましょう。

直火式ワッフルメーカー

By: amazon.co.jp

直火式のワッフルメーカーは、2枚のフライパンの中に生地を挟んで、ガス火を使って焼くタイプの製品です。直火に耐えられるような、重厚な構造が特徴です。

メリット

直火式のワッフルメーカーは、自分の好みに合わせて火加減を調節しながら焼き上げられるのがメリット。ベルギー式やアメリカン式など、ワッフル生地に合わせた火加減にできるので、本格的なワッフルを楽しめます。

また、電気を使わないので、キャンプなどのアウトドアでも使用できるのが魅力。本体に加えて持ち手も丸洗いできるため、衛生的に使えます。

デメリット

直火式のワッフルメーカーには、持ち手の素材が、プレートと同じ金属で作られているモノが多く存在します。調理中に持ち手が熱くなりやすいため、火傷に注意が必要です。

また、プレートの素材によっては、油をよくなじませてから使う必要があり、電気式よりも手間がかかります。さらに、デザインによっては持ち手部分がコンロに当たって使いにくいので、購入前に確認しておきましょう。

ワッフルメーカーの選び方

一度に焼ける枚数で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なワッフルメーカーの調理時間は、下準備を除いて3〜7分。焼きたいワッフルの枚数が多い場合、一度にたくさん焼けるモノを選ぶのがおすすめです。

例えば、1辺約10cm程度の四角いワッフルなら、1〜4枚を一度に焼けるモデルがラインナップされています。丸型のワッフルメーカーの場合は、直径約13〜15cmのワッフルを1枚焼けるモノが主流。なかには、直径約8cmのミニワッフルを7枚同時に焼けるモノもあります。

また、切り分け用の仕切りが付いたタイプなら、1枚を数人でシェアすることも可能。パーティーなどで重宝する、おしゃれなハート型のモデルも人気です。

なお、複数同時に焼けるタイプのワッフルメーカーは、本体サイズが大きいのも特徴。収納のしやすさなども考慮して検討してみてください。

溝の深さで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なワッフルメーカーのプレートには、規則的に並んだ凹凸が設けられています。溝が深いほど表面積が広くなり、生地の中まで熱を伝えやすいのが特徴です。

ワッフルのなかでも、円形で食べ応えがある食感の「リエージュワッフル(ベルギーワッフル)」を焼きたい場合、より溝が深いモノを選ぶのがおすすめ。固形に近い濃厚な生地でも、しっかり焼き上げられます。

溝が深いモノは、四角い形でふわっとした食感の「ブリュッセルワッフル」を焼く場合にもぴったり。表面はカリッと、中をふんわり仕上げることが可能です。

素材や表面の加工で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーのプレートには主に、アルミニウム合金やステンレス、鋳鉄など、熱伝導率の高い素材が使われています。電気式モデルなら、アルミニウム合金が一般的。直火式モデルもアルミニウム合金を採用したモノが主流ですが、アウトドアでも扱いやすい鋳鉄製のモノも人気があります。

アルミニウム合金のプレートは、すばやく加熱でき、表面をムラなく焼き上げられるのが特徴。ただし、高温になると焦げ付きやすいため、表面にフッ素樹脂加工を施したモノが一般的です。鋳鉄に比べて、軽量なのもポイント。直火式の場合、腕への負担が少なく、片手で調理しやすいのが魅力です。

鋳鉄のプレートは保温性が高く、生地に熱をじっくり伝えるので、外はサクッと中はふんわり焼き上げられます。油ならしの手間がかかりますが、高温でも焦げ付きにくいのがメリット。また、タワシでこすり洗いができるため、お手入れも簡単です。耐久性が高く、アウトドアの使用にも適しています。

電気式ワッフルメーカーはここもチェック

ワット数

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーは、ワット数が大きいほど火力も高くなります。カリッとした焼き上がりにこだわりたい方には、800~1000Wのモデルがおすすめ。ただし、パワフルなモデルは本体価格も高い傾向にあります。

焼き上がりに強くこだわらない方や、頻繁にワッフルを焼く予定がない方には、ワット数の低いモデルがおすすめ。低価格なモノでも充分楽しめるので、予算や好みに応じて検討してみてください。

電源スイッチとタイマーの有無

By: vitantonio.jp

ほとんどの電気式ワッフルメーカーは、コンセントを差し込むと自動でランプが点灯し、加熱が始まる仕組み。ただし、焼き上がっても自動で電源がオフにならないモデルも多く、自分で時間を計ってコンセントを抜く必要があります。

加熱し過ぎてワッフルを焦がしてしまったり、コンセントの抜き忘れで本体が熱くなりすぎたりといったトラブルには注意が必要です。

安全性が気になる方には、電源スイッチが搭載されたモデルや、タイマー付きで自動的に電源オフにできるモデルがおすすめ。タイマー付きのモデルは、ワッフルの焼き上がりを自分好みに調節できるのもメリットです。

交換プレートの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーには複数のプレートが付属しているモデルもあり、プレートを付け替えてさまざまなレシピを楽しめます。

ワッフルメーカーで作るホットサンドなどは、簡単に作れるだけでなく、味も本格的。ワッフルだけでは飽きてしまいそうな方は、数枚のプレートが付属したモデルを選ぶのがおすすめです。

直火式ワッフルメーカーはここもチェック

IH対応かどうか

By: sugimetal.jp

直火式のワッフルメーカーには、ガス火のみに対応したモデルと、IH対応のモデルがあります。自宅の加熱方式がIHクッキングヒーターの場合、IH対応モデルしか使えないため、購入前にラベルや製品の表示をしっかり確認するようにしましょう。

持ち手の長さ

By: amazon.co.jp

直火式ワッフルメーカーは、調理中、持ち手が非常に熱くなります。火傷などが心配な方には、熱が伝わりにくい素材のカバーを備えたモノがおすすめ。また、持ち手が長いモノなら、調理中にワッフルの焼き加減をチェックする際も安心して使えます。

特に、アウトドアでワッフルメーカーを使う場合は、風で急に火力が強くなることも。トラブルを防ぐためにも、できるだけ持ち手の長いモノを検討してみてください。

電気式ワッフルメーカーのおすすめ人気モデル

テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー HSM530

ワッフルを同時に2枚焼き上げられるワッフルメーカーです。ワッフルのほかにも、スティック菓子やホットサンドを手軽に作れます。スティック型のプレートを使用することで、ハートと星の焼き印が入ったスティックスイーツを8本作れるのも魅力です。

また、縦置きにしまえるのも特徴。電源コードを底面に巻きつけることで省スペースにすっきりと収まるので、キッチンの収納スペースが広くない家庭でも安心です。

さらに、「電源タイマー」にはダイヤル式になっており、最大15分後まで設定が可能。1分単位で調節しながら、好みに合わせた絶妙な焼き加減が実現できるのもポイントです。

レコルト(recolte) ワッフルボールメーカー RWB-1

いつもと違う朝食を楽しみたい方に適したワッフルメーカー。型に生地を流し込んでフタをすることで、直径13cmのボウル型ワッフルが焼けます。約2〜3分で完成するので、忙しい時間帯にも手早くできるのが魅力です。

焼き上がったボウルには、デザートだけでなくさまざまな具材を入れてアレンジが可能。プレートには「ノンスティック加工」が採用されているので、ご飯や白玉などの焦げ付きやすい生地にも使えます。

さらに、ホットケーキミックスだけでなく、餅や麺類なども生地として使用できるのもポイント。食パンを生地にしてフレンチトーストにするなど、ワッフルメーカーひとつでメニューの幅を広げたい方にもぴったりのモデルです。

レコルト(recolte) スマイルベイカーミニ RSM-2

ホットケーキミックス200gで、約9枚のワッフルが焼けるワッフルメーカー。一度にたくさん作れるので、まとめて焼いて冷凍保存しておきたい場合に便利です。たったの3分で、約9.5cmのミニワッフルが完成。子供のおやつはもちろん、小腹を満たすための軽食としてもぴったりです。

また、重さ約550gと軽量で、移動やお手入れを手軽にできるのもポイント。本体は、幅13×奥行15×高さ10cm程度の小さめサイズなので、狭い場所でも使用しやすいうえ、収納時に邪魔になりにくいのも魅力です。

さらに、脚にはテーブルを吸着する吸盤が備わっているので、使用中のぐらつきも軽減でき、事故のリスクを軽減できます。ワッフルを同時にたくさん焼き上げつつ、コンパクトに扱いたい方におすすめのモデルです。

ドウシシャ(DOSHISHA) Disneyワッフルメーカー WAFU-100

1000Wという大火力で焼き上げるワッフルメーカー。短時間で焼き上げられるので、忙しい時間にもさっと使えて便利です。ディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」の顔型に焼けることで、子供のおやつとしてもぴったり。普段はもちろん、ホームパーティーなどでも活躍します。

また、プレートの表面にはフッ素樹脂加工が施されており、生地が焦げ付きにくいのもポイント。洗い物がしやすく、お手入れの手間が省けるのも魅力です。さらに、上下のプレートは取り外しができます。そのまま丸洗いできるので、衛生面も安心。見た目のかわいいワッフルを楽しみたい方におすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチサンドメーカー IMS-703P

3種類のプレートが付属されているワッフルメーカーです。ワッフルを2枚同時に焼き上げられるほか、ドーナツなら6個、ホットサンドなら4個を一度に作れます。また、切り餅を挟めば「モッフル」を作るのも可能。さまざまなアレンジメニューを楽しめます。

なお、本製品は省スペースに収納できるのも魅力。サイズとしてはやや大きいものの、縦置きできるのでコンパクトに収まります。プレートは取り外して丸洗いでき、清潔さをキープできるのも特徴。使い勝手のよい人気のモデルです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ホットサンドメーカー GH-HOTSA

ホットサンドプレートとワッフルプレートが付属されたワッフルメーカー。ホワイトベースのおしゃれなデザインが、女性にも人気です。プレートの表面には、「フッ素樹脂加工」が施されており、汚れが落ちやすい作り。上下のプレートは取り外して丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

また、温度の上昇しすぎを防ぐ「過度過昇防止装置」が搭載されているのもポイント。安全性も高く、安心して使えます。さらに、幅13.8×奥行22.2×高さ9.15cmとスリムサイズなので、保管の際も場所をとりません。

加えて、電源コードを脚部に巻き付けて、よりすっきりと収納可能。レシピブックが付属した、使い勝手のよいモデルです。

アピックス(APIX) ホールワッフルメーカーマイビストロ AWM-297

カフェのような円形ワッフルが家庭でできるワッフルメーカーです。直径18cmの丸いワッフルが簡単に作れます。また、プレートには十字型の仕切りが搭載。完成したワッフルを十字型に沿って分ければ、扇形のワッフルが4個できあがります。フルーツやシロップで飾り付けて、カフェスイーツのようなデザートを楽しめるのも魅力です。

また、本製品は縦置きに対応しているので、狭いスペースにも手軽に収納が可能。さらに、付属品の専用計量カップと漏斗を使って適量を計れば、プレートから生地があふれる心配もありません。ワッフルメーカーを初めて使う方にも安心のモデルです。

ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-500

900Wのハイパワーで焼き上げるワッフルメーカーです。ハンドルには、最長10分の「タイマー設定ダイヤル」が搭載されており、タイマーが切れると連動して電源もオフに。うっかり切り忘れる心配もありません。

また、深型のワッフルプレートと、2枚同時にホットサンドが焼けるマルチサンドプレートが付属されているのも魅力。本場のベルギーワッフルのような仕上がりが楽しめるほか、耳なし食パンを使った本格的なホットサンドも作れます。

さらに、別売のオプションパーツでメニューの幅を広げられるのもポイント。プレートは本体から簡単に取り外して丸洗いでき、清潔に保管できます。ステンレスをあしらったデザインで、高級感のあるワッフルメーカーを求めている方におすすめのモデルです。

ライソン(LITHON) 着脱式サンドメーカー2in1 KDHS-004

2種類のプレートが付属した、ワッフルメーカー。ホットサンドも作れるので、朝食作りなどにも適しています。四角形のワッフルを一度に2枚作れるうえ、生地を流し込んでからフタをすることで、約3~5分の短時間で完成するのも魅力。忙しい時間帯にも、手軽に使えます。

また、プレートの表面には「フッ素樹脂加工」が施されており、生地や食材が焦げ付きにくく、ワッフルが取り出しやすいのも特徴。プレートはワンタッチで取り外せるので、片付けやお手入れも簡単です。

さらに、立てて収納できるのでコンパクトに保管できるのもメリット。リーズナブルで使い勝手のよいワッフルメーカーを求めている方におすすめのモデルです。

直火式ワッフルメーカーのおすすめ人気モデル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャスト アルミワッフルメーカー UG-3007

ワッフルを2枚同時に作れるワッフルメーカー。プレートには「アルミニウム合金」が使われているので、熱伝導率が高く、ワッフルの表面をカリカリに焼き上げられます。また、プレートの表面には「フッ素樹脂加工」が施されており、生地が焦げ付きにくく、スムーズなお手入れが可能です。

さらに、ハンドル部分は、耐熱温度150℃のフェノール樹脂仕様。長さがあるので、直火でも使いやすいデザインです。重さは約600gと軽量で、持ち上げても手首や腕の負担にならないのが魅力。使いやすくてお手入れもしやすいワッフルメーカーを探している方におすすめのモデルです。

タイガークラウン MBベルジャンワッフルメーカー 1590

ガス火だけでなく、200WのIH調理器やシーズーヒーター、ハロゲンヒーターなど、あらゆる熱源で使えるワッフルメーカー。ワッフルが2枚焼けるプレートを手早く加熱でき、まんべんなく焼き上げます。

プレートの表面は「マーブルコーティング」が施されており、生地が焦げ付きにくく、耐久性にも優れているのが特徴。また、プレートの外側はステンレス製なのでIHと相性がよく、内側にはアルミニウムを採用しているので、熱伝導率が高いのも魅力です。

また、プレートのコーティング作用によって完成したワッフルが取り出しやすいほか、お手入れの際に汚れをきれいに落とせるのもポイント。さまざまな熱源に対応できるうえ、衛生的に使えるワッフルメーカーを使いたい方におすすめのモデルです。

パール金属(PEARL METAL) おやつDEっSE ふっ素加工ワッフルメーカー D-422

直火専用ならではのさまざまな工夫がされているワッフルメーカーです。持ち手は、長さがあるうえに耐熱温度120℃の「メラニン樹脂」を採用。熱を帯びにくく、直火でも安心して使えます。

また、プレートには「フッ素樹脂加工」が施されているので、生地の焦げ付きが少なく洗う際も簡単。さらに、比較的低価格なので、ワッフルメーカーを手軽に購入したい方におすすめのモデルです。

杉山金属 スナック ワッフル KS-2936

重さ650gと軽量なワッフルメーカー。軽いだけでなくコンパクトなので、アウトドアでの使用にもぴったりです。熱源はガス火のほか、100VのIH調理器やハロゲンヒーターなどにも対応できます。

プレートの表面には「フッ素樹脂塗膜加工」が施されており、焦げ付きを防げるのも魅力です。汚れを落としやすいので、お手入れの際も便利。また、熱伝導率の高いアルミニウム合金製のプレートと、ステンレス製の底板を搭載しているのも特徴です。

さらに、底板の間の空気層によって保温性が増すので、プレートをムラなく加熱します。ワッフルに均一な焼き色をつけたい場合にも適したモデルです。

バウルー ワッフルトースター XBW03

ホットサンドメーカーでおなじみの「バウルー」が展開する、ガス火専用のワッフルメーカーです。プレート表面にはフッ素樹脂加工が施されているので、焦げ付きを防ぎます。

また、優れた熱伝導率を持つ「アルミダイキャスト」と「ステンレス」のプレートで、ワッフルに焼きムラを作ることなく焼き上げられるのも魅力です。

また、重さが640gと軽量なのもメリット。家庭で使うだけでなく、持ち運んでャンプなどでもワッフル作りを楽しめます。作る場所を選ばず、気軽にワッフルを作りたい方にぴったりのモデルです。

ヨシカワ あつあつワッフルメーカー SJ2275

調理がスムーズに進むワッフルメーカーです。重さ約415gと非常に軽量なので、片手でも扱いやすいのが特徴。また、プレートの表面は「フッ素樹脂加工」がされていることで生地が焦げ付かず、焼きたてのワッフルを取り出しやすいのもポイントです。

加えて、プレートは熱伝導率の高いアルミニウム合金製なので、ワッフルの表面をカリッと焼き上げられるのも魅力。ワッフルメーカーを普段から手軽に使いたい方におすすめのモデルです。

エピコティスパイ(EPPICOTISPAI) ワッフルメーカー B002D7BEYE

ガス直火とIHクッキングヒーターのどちらにも対応可能なワッフルメーカーです。家庭ではもちろん、キャンプ場などのアウトドアでも活躍します。11.5×12.5cm角のワッフルが手軽に焼けるので、軽食やおやつにも最適です。

また、デザインがおしゃれなのも魅力のひとつ。持ち手は木材を使用しており、目に留まる位置に収納してもあたたかみのある雰囲気を演出できます。さらに、コンパクトなので扱いやすい仕様。デザイン性も使いやすさも求めたい方におすすめのモデルです。

パール金属(PEARL METAL) スマイルスイーツ ふっ素加工ワッフルパン D-6094

ミニワッフルを一度に複数焼ける、ガス火専用ワッフルメーカーです。直径約8cmの丸いミニワッフルが、一度に7枚焼けるのが特徴。フルーツなどのトッピングを楽しんだり、ホームパーティーにも使えたりするなど、幅広く活躍します。

プレートの表面は「フッ素樹脂加工」がされており、生地が焦げ付きにくいのも魅力。お手入れも簡単で、清潔に管理できます。子供のおやつメニューにワッフルを取り入れたい方におすすめのモデルです。

ワッフルメーカーの楽天市場ランキングをチェック

ワッフルメーカーの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。