自宅で気軽にワッフルを作れる「ワッフルメーカー」。プレートを取り替えることで、ワッフル以外にホットサンドやドーナツを作れる製品も多く発売されています。また、直火式のモノを選べばアウトドアでもアツアツのワッフルを作ることが可能です。

そこで今回は、ワッフルメーカーのおすすめ製品をご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ワッフルメーカーの種類

電気式ワッフルメーカー

By: rakuten.co.jp

電気式のワッフルメーカーは、プレートに内蔵された電気ヒーターが熱を発することでワッフルを焼く仕組みです。最近では、さまざまなメーカーからおしゃれなデザインのモノや高機能なモデルがリリースされています。

メリット

スイッチを入れて生地を流し込むだけで手軽にワッフルが焼けるので、火加減の微調節が不要です。また、ガス火を使わないため、プレートによる火傷などに注意するだけで、安心して使用できます。ホームパーティーや、親子で調理を楽しみたい方にもおすすめです。

デメリット

ほとんどの電気式モデルは、火加減の変更ができません。そのため、好みに合わせてカリッと焼いたり、ふんわり仕上げたりという調節をしにくいのがデメリットです。ワット数の高いモデルを選べばカリッと焼けますが、その分電気代がかかる傾向にあります。

また、プレートを外して洗えるモデルであっても、電気が通る本体は洗えないことがほとんどです。ワッフル生地が本体に付いてしまうと落としにくいので、注意しましょう。

直火式ワッフルメーカー

By: amazon.co.jp

直火式のワッフルメーカーは、2枚のフライパンの中に生地を挟んで、ガス火を使って焼くタイプの製品です。直火に耐えられるような、重厚な構造が特徴です。

メリット

直火式のワッフルメーカーは、自分の好みに合わせて火加減を調節しながら焼き上げられるのがメリット。ベルギー式やアメリカン式など、ワッフル生地に合わせた火加減にできるので、本格的なワッフルを楽しめます。

また、電気を使わないので、キャンプなどのアウトドアでも使用できるのが魅力。本体に加えて持ち手も丸洗いできるため、衛生的に使えます。

デメリット

直火式のワッフルメーカーには、持ち手の素材が、プレートと同じ金属で作られているモノが多く存在します。調理中に持ち手が熱くなりやすいため、火傷に注意が必要です。

また、プレートの素材によっては、油をよくなじませてから使う必要があり、電気式よりも手間がかかります。さらに、デザインによっては持ち手部分がコンロに当たって使いにくいので、購入前に確認しておきましょう。

ワッフルメーカーの選び方

一度に焼ける枚数で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なワッフルメーカーの調理時間は、下準備を除いて3〜7分。焼きたいワッフルの枚数が多い場合、一度にたくさん焼けるモノを選ぶのがおすすめです。

例えば、1辺約10cm程度の四角いワッフルなら、1〜4枚を一度に焼けるモデルがラインナップされています。丸型のワッフルメーカーの場合は、直径約13〜15cmのワッフルを1枚焼けるモノが主流。なかには、直径約8cmのミニワッフルを7枚同時に焼けるモノもあります。

また、切り分け用の仕切りが付いたタイプなら、1枚を数人でシェアすることも可能。パーティーなどで重宝する、おしゃれなハート型のモデルも人気です。

なお、複数同時に焼けるタイプのワッフルメーカーは、本体サイズが大きいのも特徴。収納のしやすさなども考慮して検討してみてください。

溝の深さで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なワッフルメーカーのプレートには、規則的に並んだ凹凸が設けられています。溝が深いほど表面積が広くなり、生地の中まで熱を伝えやすいのが特徴です。

ワッフルのなかでも、円形で食べ応えがある食感の「リエージュワッフル」を焼きたい場合、より溝が深いモノを選ぶのがおすすめ。固形に近い濃厚な生地でも、しっかり焼き上げられます。

溝が深いモノは、四角い形でふわっとした食感の「ブリュッセルワッフル」を焼く場合にもぴったり。表面はカリッと、中をふんわり仕上げることが可能です。

素材や表面の加工で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーのプレートには主に、アルミニウム合金やステンレス、鋳鉄など、熱伝導率の高い素材が使われています。電気式モデルなら、アルミニウム合金が一般的。直火式モデルもアルミニウム合金を採用したモノが主流ですが、アウトドアでも扱いやすい鋳鉄製のモノも人気があります。

アルミニウム合金のプレートは、すばやく加熱でき、表面をムラなく焼き上げられるのが特徴。ただし、高温になると焦げ付きやすいため、表面にフッ素樹脂加工を施したモノが一般的です。鋳鉄に比べて、軽量なのもポイント。直火式の場合、腕への負担が少なく、片手で調理しやすいのが魅力です。

鋳鉄のプレートは保温性が高く、生地に熱をじっくり伝えるので、外はサクッと中はふんわり焼き上げられます。油ならしの手間がかかりますが、高温でも焦げ付きにくいのがメリット。また、タワシでこすり洗いができるため、お手入れも簡単です。耐久性が高く、アウトドアの使用にも適しています。

電気式ワッフルメーカーはここもチェック

ワット数

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーは、ワット数が大きいほど火力も高くなります。カリッとした焼き上がりにこだわりたい方には、800~1000Wのモデルがおすすめ。ただし、パワフルなモデルは本体価格も高い傾向にあります。

焼き上がりに強くこだわらない方や、頻繁にワッフルを焼く予定がない方には、ワット数の低いモデルがおすすめ。低価格なモノでも充分楽しめるので、予算や好みに応じて検討してみてください。

電源スイッチとタイマーの有無

By: amazon.co.jp

ほとんどの電気式ワッフルメーカーは、コンセントを差し込むと自動でランプが点灯し、加熱が始まる仕組み。ただし、焼き上がっても自動で電源がオフにならないモデルも多く、自分で時間を計ってコンセントを抜く必要があります。

加熱し過ぎてワッフルを焦がしてしまったり、コンセントの抜き忘れで本体が熱くなりすぎたりといったトラブルには注意が必要です。

安全性が気になる方には、電源スイッチが搭載されたモデルや、タイマー付きで自動的に電源オフにできるモデルがおすすめ。タイマー付きのモデルは、ワッフルの焼き上がりを自分好みに調節できるのもメリットです。

交換プレートの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワッフルメーカーには複数のプレートが付属しているモデルもあり、プレートを付け替えてさまざまなレシピを楽しめます。

ワッフルメーカーで作るホットサンドやたい焼き、マドレーヌなどは、簡単に作れるだけでなく、味も本格的。ワッフルだけでは飽きてしまいそうな方は、数枚のプレートが付属したモデルを選ぶのがおすすめです。

直火式ワッフルメーカーはここもチェック

IH対応かどうか

By: amazon.co.jp

直火式のワッフルメーカーには、ガス火のみに対応したモデルと、IH対応のモデルがあります。自宅の加熱方式がIHクッキングヒーターの場合、IH対応モデルしか使えないため、購入前にラベルや製品の表示をしっかり確認するようにしましょう。

持ち手の長さ

By: amazon.co.jp

直火式ワッフルメーカーは、調理中、持ち手が非常に熱くなります。火傷などが心配な方には、熱が伝わりにくい素材のカバーを備えたモノがおすすめ。また、持ち手が長いモノなら、調理中にワッフルの焼き加減をチェックする際も安心して使えます。

特に、アウトドアでワッフルメーカーを使う場合は、風で急に火力が強くなることも。トラブルを防ぐためにも、できるだけ持ち手の長いモノを検討してみてください。

電気式ワッフルメーカーのおすすめ人気モデル

テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー HSM530

テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー HSM530

1台でワッフルのほか、スティック菓子やホットサンドも作れるワッフルメーカー。ワッフルを同時に2枚、効率よく焼き上げられるのが魅力です。スティック型のプレートを使えば、ハートと星の焼き印が付いた、かわいいスティックスィーツを8本作れます。

ダイヤル式の「電源タイマー」を搭載しているのもポイント。最大15分後まで、1分単位で設定できます。電源の切り忘れを予防できるほか、焼き加減を好みに合わせて調節できるのもメリットです。タイマーのオフ時には、ベル音で通知する機能が搭載されています。

本製品は、縦置き収納に対応。本体底面に電源コードを巻きつけられ、省スペースですっきり収納できるのも魅力のひとつです。

レコルト(recolte) ワッフルボールメーカー RWB-1

レコルト(recolte) ワッフルボールメーカー RWB-1

直径13cmのボウル型ワッフルを焼けるワッフルメーカー。型に生地を流し込んでフタをすれば、約2〜3分で「食べられる器」が完成します。焼き上がったボウルに具材を入れて、デザートはもちろん、アレンジ次第でさまざまな食事メニューを楽しめるのが魅力です。

プレートに「ノンスティック加工」を施しているため、白玉やご飯などの焦げ付きやすい生地にも対応。ホットケーキミックスはもちろん、餅や焼きそばなども生地に使えます。

食パンを生地にすれば、フレンチトーストや、ハムトーストボウルを作ることも可能。いつもと違う朝食を楽しみたい方に、ぴったりの製品です。

レコルト(recolte) スマイルベイカーミニ RSM-2

レコルト(recolte) スマイルベイカーミニ RSM-2

約9.5cmの円形ミニワッフルを、3分で焼き上げられるワッフルメーカー。子供のおやつタイムや、1人分の軽食作りにぴったりのサイズです。ホットケーキミックス200gで、約9枚のワッフルを作ることが可能。まとめて焼いて、冷凍保存しておくのもおすすめです。

本体は、幅13×奥行15×高さ10cm程度のコンパクトサイズ。狭い場所でも使いやすく、省スペースで収納できるのがメリットです。約550gと軽量で、移動やお手入れの際もラクに持ち上げられます。脚に吸盤が備わっているため、テーブルに吸着してぐらつきを防げるのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチサンドメーカー IMS-703P

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチサンドメーカー IMS-703P

焼きドーナッツや三角形のホットサンドも作れる、便利なワッフルメーカー。3種類のプレートを付属し、朝食からおやつまで幅広く活用できます。ドーナッツなら6個、ホットサンドなら4個、ワッフルなら2枚まで同時に焼き上げられるのもポイント。切り餅を挟んで、「モッフル」を作ることも可能です。

プレートは取り外して、丸洗い可能。汚れをしっかり落とせるので、清潔に使用できます。本体サイズは幅24.6×奥行25.7×高さ11cm程度と大きめながら、縦に置いて省スペースで収納できるのも特徴です。

ドウシシャ(DOSHISHA) Disneyワッフルメーカー WAFU-100

ドウシシャ(DOSHISHA) Disneyワッフルメーカー WAFU-100

ディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」の顔型に焼ける、ワッフルメーカー。朝食や子供のおやつタイムにぴったりです。味はもちろん、かわいい見た目も楽しめます。1000Wの大火力で、短時間で焼き上げられるのも魅力です。

上下のプレートは取り外して丸洗い可能。プレートの表面にフッ素樹脂加工を施しているため、生地がへばり付きにくく、お手入れがしやすいのもポイントです。

ハミルトンビーチ(Hamilton Beach) ベルギースタイルワッフルメーカー

ハミルトンビーチ(Hamilton Beach) ベルギースタイルワッフルメーカー

一度に4枚のワッフルを焼けるワッフルメーカー。同時に焼けるワッフルの枚数が多いので、ホームパーティーなどにもおすすめです。

プレートは焼き上がったワッフルを取り出しやすい構造。汚れも落としやすく、濡れ布巾などで簡単に拭き取れます。本体サイズは幅30×奥行33×高さ10cm程度と大きめですが、縦置きに対応しているため、スマートに収納可能です。

アピックス(APIX) ホールワッフルメーカーマイビストロ AWM-297

アピックス(APIX) ホールワッフルメーカーマイビストロ AWM-297

直径約18cmの円形ワッフルを作れるワッフルメーカー。ワッフルプレートに十字形の仕切りを搭載しています。焼き上がったワッフルを切り込みにそって分割すれば、扇形のワッフルが4個完成。フルーツやシロップで盛り付ければ、カフェスイーツのようにおしゃれなワッフルを楽しめます。

専用計量カップと漏斗が付属しているのもポイント。適量を計って簡単に注げるので、生地が横からあふれにくく、きれいな形のワッフルを焼き上げられます。本体は縦置きに対応しており、場所を取らずに収納できるのも魅力です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ホットサンドメーカー GH-HOTSA

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ホットサンドメーカー GH-HOTSA

おしゃれなデザインのワッフルメーカー。ホットサンドプレートと、ワッフルプレートが付属しています。電源コードを挿すだけでサッと使えるので、忙しい朝の食事作りにもおすすめです。

「温度過昇防止装置」を搭載しているのもポイント。安全性に配慮しながら使用できます。上下のプレートは、取り外して丸洗いが可能。プレート表面にフッ素樹脂加工が施されているため、汚れが落ちやすくお手入れも簡単です。

幅13.8×奥行22.2×高さ9.15cmのスリム設計も魅力。電源コードを脚部に巻き付ければ、すっきりと収納できます。

ライソン 着脱式サンドメーカー2in1 KDHS-004

ライソン 着脱式サンドメーカー2in1 KDHS-004

リーズナブルながら使い勝手のよいワッフルメーカー。2種類のプレートが備わっており、ホットサンドとワッフルを作れます。四角形のワッフルを2枚同時に作ることが可能。生地を流し込んでフタをすれば、約3〜5分の短時間で焼き上げられるのも魅力です。

プレートの表面は、フッ素樹脂加工済。食材がへばり付きにくく、ワッフルを簡単に取り出せます。また、プレートをワンタッチで取り外せるので、お手入れもスムーズです。本体は、幅23×奥行23×高さ10cm程度のコンパクト設計。縦置きができるので、省スペースで収納できるのもメリットです。

ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-50-R

ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-50-R

ワッフルを2枚同時に作れるワッフルメーカーです。焼き上がりにこだわった深溝プレートと900Wの大火力で、表面をサクッと中はふんわり仕上げられるのが魅力。また、最大10分まで設定できる切タイマーを搭載しているので、好みに合わせて焼き上がりを調節できます。

本製品には、ワッフルプレートのほかに、マルチサンドプレートが付属。6枚切り食パンを使えば、耳付きのホットサンドを作れます。耳なし食パンなら、2枚同時に調理可能。グリル風の焼き模様を付けられるので、おいしそうな見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

各プレートの表面はフッ素樹脂加工済み。焦げ付きにくく、汚れが落ちやすいので、衛生的に使用可能です。

なお、付属プレートのほか、12種類のプレートも別売りされています。用途に合わせて買い足せば、ハート型ワッフルやドーナッツ、マーマレードなど、多彩なお菓子を作って楽しめるのもメリットです。

デロンギ(DeLonghi) マルチグリル エブリデイサンド&ワッフルメーカー SW13ABCJ

デロンギ(DeLonghi) マルチグリル エブリデイサンド&ワッフルメーカー SW13ABCJ

ワッフルやホットサンドはもちろん、肉や魚介のグリルも楽しめるワッフルメーカーです。2枚同時に焼けるワッフルプレートや、三角形のホットサンドを4個焼けるホットサンドプレート、余分な油分を落としてグリルできる波型のグリルプレートが付属。オリジナルレシピブックを参考にすれば、1台で毎日さまざまなメニューを作れます。

プレートは取り外して丸洗いが可能。使用後は電源コードを本体下部に巻きつけて、すっきり片付けられます。本体サイズは幅29.5×奥行25×高さ10.5cmと大きめですが、垂直方向に自立するので、狭い場所にも収納しやすいのがメリットです。

直火式ワッフルメーカーのおすすめ人気モデル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャスト アルミワッフルメーカー UG-3007

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャスト アルミワッフルメーカー UG-3007

約600gと軽量ながら、ワッフルを2枚同時に焼けるワッフルメーカー。プレートには、熱伝導率の高いアルミニウム合金を使用し、ワッフルの表面をカリッと焼き上げられます。

軽い力で持ち上げられるため、手首や腕への負担が少ないのもメリット。持ち運びしやすく、アウトドアにもぴったりです。

プレートの表面は、生地が焦げ付きにくいフッ素樹脂加工仕様。汚れを落としやすく、お手入れも簡単にできます。持ち手部分には、耐熱温度150℃の「フェノール樹脂」を使用。持ち手には長さがあるので、直火でも使いやすい設計です。

タイガークラウン MBベルジャンワッフルメーカー 1590

タイガークラウン MBベルジャンワッフルメーカー 1590

ガス火はもちろん、200WのIH調理器やハロゲンヒーター、シーズヒーターなど、さまざまな熱源に対応できるワッフルメーカーです。プレートの外側はIHと相性のよいステンレス製で、内側には熱伝導率の高いアルミニウムを採用。ワッフル2枚分のプレートをすばやく加熱でき、ムラなく焼き上げられます。

プレートの表面は、焦げ付きにくく耐久性の高いマーブルコーティング仕様。焼き上げたワッフルを取り出しやすいほか、汚れをきれいに落とせて衛生的に使えるのがポイントです。

パール金属(PEARL METAL) おやつDEっSE ふっ素加工ワッフルメーカー D-422

パール金属(PEARL METAL) おやつDEっSE ふっ素加工ワッフルメーカー D-422

ワッフルを2枚同時に焼ける、ガス火専用のワッフルメーカー。アルミニウム合金のプレートを搭載し、ワッフルの表面をカリッと焼き上げます。フッ素樹脂加工なので、焦げ付きにくく、お手入れも簡単です。

持ち手には、耐熱温度120℃のメラニン樹脂を採用。断熱性が高く、熱くなりにくいのが特徴です。また、持ち手に長さがあるため、直火でも安心して調理できます。価格が比較的安いのも、魅力のひとつです。

杉山金属 スナック ワッフル KS-2936

杉山金属 スナック ワッフル KS-2936

コンパクトな直火式のワッフルメーカーです。熱伝導率の高いアルミニウム合金製のプレートと、ステンレス製の底板を搭載。プレートと底板の間にある空気層により保温性が増し、プレートをより均一に加熱します。焼きムラを防ぎながら調理できるのが魅力です。

プレートの表面はフッ素樹脂塗膜加工済みで、焦げ付きを防ぎます。汚れを落としやすく、お手入れも簡単です。650gと軽量なので、アウトドアにもぴったり。ガス火のほか、100VのIH調理器やハロゲンヒーターなど、幅広い熱源に対応できるのもポイントです。

バウルー ワッフルトースター XBW03

バウルー ワッフルトースター XBW03

ホットサンドメーカーで有名な「バウルー」の、ガス火専用ワッフルメーカー。熱伝導率の高いアルミダイキャストとステンレスを採用したプレートにより、ムラなく焼き上げられるのが特徴です。

プレートの表面はフッ素樹脂加工済み。汚れが付きにくいので、使用後のお手入れも簡単です。640gと軽量のため、家庭での使用はもちろん、アウトドアでのワッフル作りにも適しています。

ヨシカワ あつあつワッフルメーカー SJ2275

ヨシカワ あつあつワッフルメーカー SJ2275

約415gと軽量で、片手でもラクに調理できるガス火専用ワッフルメーカーです。プレートは熱伝導率の高いアルミニウム合金製で、ワッフルの表面をカリッと焼き上げます。

プレートの表面にはフッ素樹脂加工を施し、生地の焦げ付きを軽減。また、焼きたてのワッフルを取り出しやすく、スムーズに調理できるのもメリットです。

和平フレイズ みんなでチアーズ クローバーワッフルプレート RA-9773

和平フレイズ みんなでチアーズ クローバーワッフルプレート RA-9773

幅約13.5cmの、四つ葉のクローバー型ワッフルが焼けるガス火専用ワッフルメーカー。クローバーの切れ目にそって切り分ければ、おしゃれなハート型のワッフルも作れます。数人でシェアしたい場合にもぴったりです。

プレートの素材には、アルミニウム合金を採用。表面にフッ素樹脂加工が施されているため、焦げ付きを予防できます。約450gと軽量なのも魅力。頻繁に持ち上げても腕が疲れにくく、ホームパーティーなどでワッフルを大量に焼きたい方におすすめです。

ローム(Rome) オールドファッションド ワッフルアイロン

ローム(Rome) オールドファッションド ワッフルアイロン

昔ながらの鋳鉄にこだわった製品を販売している、「ローム」のワッフルメーカー。直径約15.5cmの円形ワッフルが焼けます。切り目にそって切り分ければ、4等分することも可能。鋳鉄のプレートは保温性が高く、生地の中までしっかり熱を通せるのが魅力です。

本体のプレートは上下で分離できるため、1枚ずつ洗えてお手入れも簡単。傷が付きにくく丈夫なので、生地が焦げ付いてしまった場合も、タワシを使ったこすり洗いが可能です。また、使うたびに油がなじんで焦げ付きにくくなるため、お手入れもラクになります。

パール金属(PEARL METAL) スマイルスイーツ ふっ素加工ワッフルパン D-6094

パール金属(PEARL METAL) スマイルスイーツ ふっ素加工ワッフルパン D-6094

直径約8cmの円形ミニワッフルを、一度に7枚焼けるガス火専用ワッフルメーカー。焼き上がったワッフルに、アイスや果物など、さまざまなトッピングをして楽しめます。子供のおやつにもぴったりです。

プレートの表面はフッ素樹脂加工済みで、焦げ付きにくいのも魅力。また、使用後の汚れを落としやすく、簡単にお手入れできます。通常のフライパンのように、手軽に使いやすい製品です。

ワッフルメーカーの楽天市場ランキングをチェック

ワッフルメーカーの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。