プロの調理道具というイメージが強い「鉄フライパン」。家庭で使いこなすにはハードルが高いと思われがちですが、基本的なメンテナンスをしっかりおさえておけば、長く使う続けることができる有意義なアイテムです。

そこで今回は鉄フライパンのおすすめ製品をご紹介。特徴や選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

鉄フライパンとは?

By: amazon.co.jp

鉄のフライパンは使いこむほどに油がなじみ、高い熱伝導性が特徴です。強い火力を用いて短時間で調理できるため、食材の旨みを手早く封じ込め、料理をより美味しく仕上げられます。

メリットは、きちんと手入れすれば半永久的に使えること。テフロン加工のフライパンは、使っているうちにテフロンが剥がれてくるので寿命は数年ですが、鉄のフライパンは親から子へと、世代を超えて長い間愛用できるアイテムです。

丈夫で傷に強いことも魅力。フライパンをあおり、お玉で思い切りかき回して料理できるのは、強度のある鉄ならではの魅力。また、フライパンから鉄が食材に溶け出るので、自然に鉄分が摂取できるのも大きなメリットです。貧血気味や、健康に気を使っている方におすすめ。

一方、デメリットは重さと手入れが必要になることです。特に重さは毎日の使用の取り回しに直結するポイントなので、購入の際には重量をチェックしてみてください。

鉄フライパンの選び方

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

鉄フライパンは重みがあり、直径30cmほどの大きいサイズでは2kg近い製品もあります。同サイズで一般的なアルミ製のフライパンは1000g前後なので、使い勝手を考慮すると重さは1200g程度までに抑えておくのがベスト。鉄板が薄い1000g以下の軽量鉄フライパンを視野に入れておくのもよいでしょう。なお、厚みとしては1〜2mmのアイテムが理想的です。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

プロが扱う直径30cm以上から朝食作りに便利な手のひらサイズまで、鉄フライパンのサイズはさまざまですが、家庭で使うなら必要人数分の料理が1度に作れるサイズを選びましょう。

たとえば直径24cmなら1〜2人分の調理に適しています。直径26cmなら、ハンバーグをちょうど4つほど焼ける大きさで、4人家族におすすめ。また直径28cm以上なら、大きな食材も丸ごと入り、フライパンをあおる必要のない料理にも便利です。

持ち手の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

鉄フライパンの持ち手は大きく分けて、鉄製・鉄以外の金属製・木製・樹脂製の4種類。利便性を優先するなら、持ち手に熱が伝わりにくい木製や樹脂製がおすすめです。ただし、つなぎ目部分が劣化しやすいので、その点は留意しておきましょう。

長く愛用することを考慮するなら、持ち手は耐久性に優れた鉄製かステンレス製が候補に上がります。鉄製は長時間使用すると持ち手まで熱くなりやすいので、長めの持ち手や筒型に加工された形状がおすすめです。なお、ステンレス製は熱が伝わりにくく、見た目もスマートなので使い勝手は良好。購入する際はぜひ持ち手の素材もしっかりとチェックしておきましょう。

IHに対応しているものを選ぶ

By: amazon.co.jp

IH調理器が広く普及したことで、ほとんどの鉄のフライパンもIHに対応しています。とはいえ、中には直火しか使えないタイプもあるので、購入の際には確認を怠らないようにしましょう。

鉄のフライパンは、使いはじめに直火で熱する「焼き込み作業」が必要です。IH調理器では作業ができないため、焼き込み不要のタイプがおすすめ。表面にシリコン樹脂加工が施されているアイテムや窒化処理済みの製品なら、購入後すぐに使えます。

また、IH調理器は加熱ムラが生じやすいため、鉄フライパンの大きさに注意が必要です。IHのコイルからはみ出さないサイズで、底に厚みがあるタイプを使うことが、料理を美味しく仕上げるポイントです。

鉄フライパンのおすすめメーカー

リバーライト(RIVER LIGHT)

By: amazon.co.jp

世界中にユーザーが多い国産の鉄製フライパンメーカー。社名が刻印された木製の持ち手が特徴です。見映えだけを重視せず、ユーザーの健康やライフスタイルまで考慮した「質の高い道具」を作り続けています。

柳宗理

By: amazon.co.jp

柳宗理(やなぎ そうり)は、日本におけるインダストリアルデザンのパイオニア的存在。これまでさまざまなデザインを手掛けていますが、鉄フライパンもそのひとつで、特に左右が張り出した製品をリリースしているのが特徴です。

ターク(turk)

By: amazon.co.jp

ドイツの鍛冶職人、アルバート=カール・ターク氏が創業したターク。品質に定評があるのが特徴です。フライパンは鉄の板を高温で熱し、鍛造を繰り返しながら成形。継ぎ目のない一体型のフライパンをリリースしています。しっかりとメンテナンスを行えば半永久的に使えるのもポイント。熟練の職人が作る逸品を求めている方は要チェックのブランドです。

及源(OIGEN)

By: amazon.co.jp

及源(おいげん)は、岩手県奥州市の南部鉄器鋳造メーカー。溶けた鉄を鋳型に流し込んで作る鋳物製の南部鉄器で素朴な質感が魅力です。160年以上受け継がれる伝統技は、現代のキッチンにも調和します。長く付き合えるフライパンを探している方はぜひ候補として検討しておきたいブランドです。

鉄フライパンのおすすめ

リバーライト(RIVER LIGHT) 極JAPAN フライパン 8130-000215 24cm

表面に特殊熱処理を施しているため、鉄製なのにサビにくく、お手入れが簡単なフライパンです。サビ止めの塗装がされてないため、使い始めに行う焼き込み作業も必要なく、手軽に利用できます。

1000g以下と軽量で、取り回しのしやすさも大きなポイントです。また、持ち手が取り外しできるので、サイズの違うフライパンをスタッキングして、コンパクトに収納可能。部品も交換できるため長く愛用できるアイテムです。

手軽に扱える鉄フライパンとして、初めての方におすすめ。IHにも対応しています。

リバーライト(RIVER LIGHT) 極 ジャパン 炒め鍋

ベーシックな形のフライパンより深さがあるため、野菜炒めやチャーハンなどに最適です。強い火力でダイナミックにフライパンをふるいながら料理できるので食材の旨味を逃しません。

美味しい料理を追求したいのであれば、「焼く」と「炒める」でフライパンを使い分けるのがおすすめです。ベーシックな形のフライパンをすでに持っている方も、次のステップとしてぜひチェックしてみてください。焼き込み作業が不要でIH対応と、導入しやすい鉄フライパンです。

柳宗理 鉄フライパン 25cm

表面に南部鉄板のような凹凸をつけた「マグマプレート加工」により、通常のフライパンより熱伝導がよいことが特徴。熱を蓄えてスピーディーに食材を加熱するので、炒め物の仕上がりに差が出ます。

マグマプレート加工のもうひとつの利点は、食材に溶け出す鉄分の量が多いこと。健康志向の強い方にはおすすめの鉄フライパンです。また、焼き込み作業も必要ありません。

左右に張り出した形は、機能性を重視する柳宗理ならではのデザイン。付属のふたをずらして余分な脂分や水分を捨てたり、蒸気抜きにしたり、あまりの使いやすさに一度使うと手放せないと好評です。また左右に注ぎ口があるので、左利きの方にも不自由なく使えます。

ターク(turk) クラシックフライパン 28cm

150年以上もの間、変わらぬ製法で作られている同社の鉄フライパン。熟練の職人が1枚の鉄を何度もたたいてフライパンの形に仕上げていくため、年間わずか8000本しか製造できないという逸品です。

継ぎ目のない一体型のデザインで、きちんと手入れすれば100年でも使えるフライパン。自宅だけでなくアウトドアでも利用できるのも嬉しいポイントです。長く付き合える鉄フライパンを探している方にはぜひチェックしてみてください。

及源(OIGEN) フライパン 24cm

シンプルなフォルムと重厚感が魅力の南部鉄板のフライパン。160年以上受け継がれてきた技術で、職人によりひとつひとつ丁寧に作られています。蓄熱性に優れているのが特徴で、注ぎ口がある深めの形状は使いやすいと評判です。

伝統工芸品の南部鉄板ですが、IHにも対応。モダンなデザインで、どんなキッチンにもマッチします。ただし、重さがややあるので、その点は留意しておきましょう。

及源(OIGEN) 蓋付ミニパン 14cm

日本のクラフトデザインの草分け的存在である小笠原陸兆氏。同氏がデザインした、シンプルモダンな南部鉄板のミニフライパンです。小ぶりサイズなので、1人分の朝食を作ったり、そのままオーブンにいれたり、さまざまなシーンで利用可能です。

持ち手のつまんだようなフォルムがかわいらしく、そのままテーブルに出してもおしゃれな空間を演出してくれます。一人暮らしをはじめる友人へのプレゼントにもおすすめです。

藤田金属 スイト 鉄フライパン 26cm

藤田金属は、ものづくり精神あふれる社風で、使い勝手を追及したキッチンアイテムを製造しているメーカーです。同社の鉄フライパンは、独自技術である「テンパード加工」を施してあることが大きな特徴。

テンパード加工とは、職人がひとつずつフライパンを焼き入れ、油に浸すことにより、初めから油がなじんだ状態にできる技術。この技術により、焼き込み作業や、油ならしさえも必要がなくなりました。

IH対応の他に、サビにくく、こびりつきにくいのも嬉しいポイント。手入れが面倒で鉄フライパンの購入を迷っていた方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

ラバーゼ (La Base) 鉄フライパン 26cm

人気料理研究家、有元葉子さんがプロデュースするキッチン用品ブランド「ラバーゼ」。日本製にこだわり、考え抜かれた使い勝手のよさで、根強いファンがいる注目のブランドです。

表面に「ブルーテンパー材」を施しているため、丈夫でサビにくいのが特徴です。少量の油でもよくなじみ、鉄のフライパンにありがちなこびりつきの心配もありません。IHにも対応し、持ち手が短いのでそのままオーブンに入れて調理もできる汎用性の高い鉄フライパンです。

岩鋳(IWACHU) フライパン 24cm

岩鋳は盛岡に拠点を置く、南部鉄器の老舗ブランド。明治35年の創業以来、400年以上にわたり伝統の技術を守りながら、南部鉄器を製造しているメーカーです。

デザインから販売まで、一貫して同社が管理しており、無駄のないシンプルなデザインは、どんなキッチンにもフィットするアイテム。左右に注ぎ口がある他に、IHにも対応しているのも嬉しいポイントです。

山田工業所 打ち出しフライパン TARO 21cm

中華街のシェフの間で厚い信頼を得ている同社のフライパン。プロ向けの中華鍋が有名ですが、一般家庭向けに製造したのが同シリーズです。

1枚の鉄を何回も叩いて形成していく「打ち出し製法」は、打ち出すことで強度が増しているので、タフさが魅力。板厚は1.2mmと薄くて軽く、持ち手には熱が伝わりにくいチタンを採用しています。軽さと丈夫さ、使いやすさの3拍子がそろった鉄フライパンです。

錦見鋳造 魔法のフライパン 28cm

熱伝導に優れているのが大きな特徴のフライパン。200℃に達するまでたったの44秒という実験データが出ています。素早く熱を伝え調理できるので、食材の旨みと栄養を逃しません。

一度温めると冷めにくく、蓄熱性にも優れているので、ガスや電気の節約にもつながります。IH対応なのもポイント。鉄鋳物の懸念点であった重さも、板厚1.5mmまで薄くすることにより、女性でも片手で扱える軽さの鉄フライパンです。

和平フレイズ フライパン 24cm

和平フレイズは、鉄製品で有名な新潟県燕市に拠点を置くキッチンメーカー。フライパンの表面に窒化処理を施し、サビにくくタフさが魅力の鉄フライパンです。さらに、内面には凸凹を浮き立たせた「ファイバーライン加工」を施してあるので、焦げにくく、食材のこびりつきを防ぎます。

IH対応製品のうえ、焼き込み作業も必要なく、購入後すぐに使用出来るのも便利。価格帯もリーズナブルなので、コスパ面でも良好です。

匠JAPAN 鉄製フライパン 26cm

表面に凹凸をつけるマグマプレート加工により、油なじみがよく、使えば使うほど焦げ付きにくく使いやすくなります。通常のフライパンより鉄分が多く摂取できるのも嬉しいポイントです。

日本製にこだわり、天然木を使用した持ち手がアクセントのデザイン。IH対応で扱いやすく、価格も安いので初めての鉄フライパンにおすすめです。

パール金属 鉄フライパン 24cm

ものづくりの産地、新潟県燕市から生まれた鉄フライパンです。持ち手の部分も鉄を採用しており、シンプルで飽きのこないデザインで、長く愛用できるアイテム。IHにも対応しています。

サイズ展開も豊富なほかに、安い価格が最大の魅力。「とにかく鉄フライパンにチャレンジしたい」という方におすすめです。

釜定 シャロウパン

岩手県の老舗鋳物屋「釜定」による南部鉄器のフライパン。現在は3代目である宮伸穂氏が継いでいます。国際的に活躍しているデザイナーだけあって、美しいデザインが特徴です。

本体と持ち手が一体しており、シンプルで軽やかなフォルムは、南部鉄器の持つ重厚さを感じさせません。

IHやオーブンにも利用でき、実用性とデザインの美しさを兼ね揃えています。こだわりの逸品を探している方におすすめ。使えば使うほど愛着の湧くアイテムです。もちろんIHにも対応しています。

FD STYLE 深型鉄フライパン 24cm

表面に施された「オキシナイト加工」により、サビに強いのが特徴。また、鉄を伸ばしながら丸めていく「スピニング加工」により、女性でも楽に扱える軽さの鉄フライパンです。

深さ7.6cmの深型なので、豪快に煽ってチャーハンや炒め物を調理したり、揚げ物をしたり、マルチに活用できます。

使いはじめの焼き込み作業は必要なく、IHにも対応。竹素材のスクエアハンドルも目を引くデザインで、見た目の美しさと機能性を合わせ持つ、おすすめの鉄フライパンです。

ケユカ(KEYUCA) Runo 鉄フライパン

シンプルでおしゃれなキッチン用品を販売しているケユカ。同社の鉄フライパンは、表面を窒化処理しているので、サビにくく、キズに強いことが特徴です。鉄に凹凸をつけるエンボス加工を施すことで、焦げ付きを防ぎ、優れた熱伝導と保温性を備えています。

使えば使うほど油がなじむので、長く愛用できる鉄フライパンをお探しの方におすすめ。IHにも対応しています。

譚彦彬 フライパン 26cm

中華料理の一流店、「赤坂璃宮」のオーナーシェフで有名な譚彦彬氏が厳選した製品。一流シェフの厳選だけあって、まさに本格仕様の鉄フライパンです。表面に細かい凹凸を浮き立たせた特殊加工を施しているため、こびりつきや焦げ付きにくいのが特徴。

強い火力で一気に調理できるため、食材の旨味を損なうことなく、料理をより一層美味しく仕上げてくれます。油なじみもよく、少量の油で調理可能。IHにも対応しているため、自宅で本格的な中華料理を作りたい方におすすめの鉄フライパンです。

番外編:鉄フライパンのお手入れ方法

使用前には焼き込みや油ならしが必要

鉄フライパンは、サビ防止のために出荷時はニスが塗られている場合がほとんどです。使いはじめには、サビ止めのニスを取り除いて、油をなじませるため「焼き込み」と「油ならし」作業が必須。

基本的にこの2つの作業は、どの鉄フライパンも同様に行いますが、製品の形状や各メーカーによって、微妙に作業手順が異なるため、購入する鉄フライパンのメーカーで推奨された手順に従いましょう。

直火にかけて高温で鉄フライパンを熱する必要があるため、IH調理器で直火が使えず作業が困難な場合は、あらかじめ焼き込み処理済みで販売されている鉄フライパンがおすすめです。

最初の1ヶ月は油返しをおこなう

油返しとは、調理前の熱した鉄フライパンにたっぷり油を注ぎ、全体になじませたら油ポットへと戻す方法です。鉄フライパンに油がなじみ、温度ムラを防いで焦げつきにくくする役割があります。

鉄フライパンは、使うごとに油がなじみ、焦げつきは徐々になくなっていきますが、使いはじめは油が十分になじんでおらず、食材が付着しやすい状態です。最低でも最初の1ヶ月間は使うたびに油返しを行うようにしましょう。

調理前にはフライパンを十分に予熱する

金属は温度が80℃になるとタンパク質と結合する性質を持っています。鉄フライパンに食材が付着するのは、鉄の表面温度が80℃に達する前に調理をはじめてしまうからです。

食材のくっつきを防止するためにはまず、油と鉄フライパンを煙が出る寸前くらいまで十分に予熱し、その後適正な火力に調節してから調理するようにしましょう。

また鉄の表面温度を80℃以上に保つためにも、冷たいままの食材は入れず、食材を入れた後も温度が急激に下がらないよう、火力を調節してください。表面温度が200℃まで上がると焦げつきの原因となるため、表面温度は120〜180℃が理想です。

調理後の洗浄には洗剤を使用しない

By: amazon.co.jp

調理後に洗剤を使って洗ってしまうと、せっかくなじませた油の効果がなくなってしまうため、鉄フライパン洗いの基本はお湯とタワシのみがおすすめ。鉄フライパンはテフロン加工などと違い、何もコーティングされていませんので、思い切ってゴシゴシこすっても大丈夫です。

お湯で洗い流した後は、水気を火にかけて飛ばすか、十分に乾かした後に再度油を薄く塗ってから保管しましょう。油のヌメリが気になる場合は、新聞紙などに包んで保管するのがおすすめです。

焦げつきやサビはお湯でふやかしてから取り除く

通常洗いでは取れなくなってしまった焦げつきや長期間保管している間に発生したサビは、熱いお湯でふやかしてからタワシやヘラなどで取り除きましょう。サビた部分をヘラで取り除いた後、水を入れて火にかけてから汚れを浮かせるのもアリです。

普段はなじんだ油がはがれないよう洗剤は使いませんが、焦げつきやサビを落とす場合は、重曹やクレンザーを使って落とします。洗い終わった鉄フライパンは火にかけてしっかりと水分をとばし、再度油ならしをおこなうのが、鉄フライパンを長持ちさせるコツです。

番外編:鉄フライパンで作れるおすすめレシピ

餃子

外側はパリッとし、中はジューシーな調理を得意とする鉄フライパンに、餃子は最適なメニューです。パリッとした焦げ目や羽根を作るには、ちょっとしたコツが必要。

まずはしっかりと予熱して油返しをした鉄フライパンに、餃子を並べていきます。表面温度が80℃を下回ると皮が鉄板にくっついてしまいますので、蒸し焼きするときは水ではなくお湯を入れて、表面温度を下げないようにするのがポイント。

温度を保ったまま、水分がなくなったところにゴマ油をまわしかければ、おいしい餃子の出来上がりです。

パンケーキ

By: amazon.co.jp

鉄フライパンは熱伝導に優れているため高温調理が得意です。温まったら冷めにくいので、一定の温度を保ってじんわりと火を通すことも比較的容易。そんな特性を生かしておいしく焼けるのがパンケーキです。

パンケーキにおすすめなのは、小ぶりで厚みのある鉄フライパン。南部鉄器やスキレットなどの鋳物製なら、蓄熱性に優れているため極弱火でじっくりと焼くのに適しています。

予熱した鉄フライパンを極弱火まで下げた後、パンケーキのタネを流し入れてじんわりと火を通していくのがコツ。外は黄金色で、中はふんわりふっくらのパンケーキが焼き上がります。

チキンソテー

皮をパリパリに焼きたいチキンソテーも鉄フライパンならスムーズ。皮はパリッと香ばしく、中は肉の旨みを閉じ込めた味わい深い一品に仕上がります。

まずは、表面に塩コショウをした鶏肉を、十分に予熱したフライパンで皮目を下にして焼いていきます。この時はかなり強めで、皮を香ばしく焼いていきましょう。予熱や火力が不十分だと、皮が十分に焼けないので気をつけましょう。

焦げ目を付けるために、ミートプレスなどで上から鶏肉をおさえるとキレイに皮目が焼けて、肉自体も縮まらないのでおすすめです。皮目も焼きつつ加熱ムラを防ぐため、上からフタをして蒸し焼きにしましょう。焼き色がついたら、肉を返して反対の面も同様に対応。最後にもう一度皮目に火を入れると、さらにパリパリになり、旨みが凝縮されたチキンソテーに仕上がります。