卵焼きを作るのに便利な卵焼きフライパン。卵焼き以外の料理を作れるものもあり、ひとつあることで重宝するアイテムです。

そこで今回は、人気の卵焼きフライパンを素材別にご紹介します。素材ごとの特徴や違いもまとめているため参考にしてください。ほかにも、美味しい卵焼きを焼くコツ、おすすめレシピ情報も紹介します。

卵焼きフライパンの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

鉄製の卵焼きフライパンは耐久性に優れているのが特徴。また、熱伝導率が高くしっかりと火を通せるため、外側を固めに焼いた卵焼きが好きな方におすすめです。ただし、油を十分に引かないと卵がくっつきやすいため、調理の際は注意しましょう。加えて、錆びる恐れがあるため、正しい方法で手入れすることが大切です。

最初に使う際は、卵焼きフライパンを一度熱してから冷まし、油をなじませる「油ならし」をします。料理後は水洗いしてからしっかりと乾かし、再度油をなじませましょう。

By: amazon.co.jp

プロの料理人も使用する銅製の卵焼きフライパンは、熱が全体にムラなく通り、厚みがあって柔らかく、口当たりのよい卵焼きが作れます。

銅製の卵焼きフライパンのなかには調理面を錫(すず)でコーティングしたタイプがあり、コーティングしていないモノと比べるときれいな見た目が特徴です。ただし、熱伝導率は落ちるため、柔らかい食感を重視したい方には、コーティングが施されていないタイプをおすすめします。

銅製も鉄製同様、最初使う前に火にかけ、油を塗る「油ならし」が必要です。また、変色や錆びが発生しやすいため、食材を長く入れたままにしないこと、湿気を避けて保管することを心がけましょう。

アルミニウム

By: amazon.co.jp

お手入れが簡単で、手軽に使えるのがアルミニウム製の卵焼きフライパン。軽量で扱いやすく、熱伝導率が高いのも魅力です。アルミニウム製の卵焼きフライパンの多くは、テフロン加工が施されています。そのため卵がくっつきにくく、油の量を抑えて調理することが可能です。

ただし、高温にさらされるとテフロン加工が剥がれやすくなるため、弱火から中火程度で使いましょう。また、テフロン加工は衝撃にも弱いため、金属ヘラなど表面を傷つけやすい調理器具の使用は避けるのが無難です。洗うときも表面を強くこすらないように注意しましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

自分に合ったサイズの卵焼きフライパンを選ぶことも大切です。一人暮らしの方や家族の少ない方には、卵1個でも調理できる9×14cm程度のコンパクトなサイズをおすすめします。

家族の多い方には、卵3~5個を調理できる、13~15×18cm程度のサイズが最適です。また、収納スペースも考慮して選びましょう。卵焼きフライパンはある程度深さがあり、取っ手の長さもあるため注意が必要です。

IH調理器対応かチェック

By: amazon.co.jp

IH調理器を使っている方は、必ずIH対応かどうかを確認してください。鉄製の卵焼きフライパンであればIHに対応しているものが多いですが、銅製やアルミニウム製は非対応の場合もあります。

ただし、IH調理器の種類によっては、銅製もしくはアルミニウム製でも使えることがあります。卵焼きフライパンだけでなく、IH調理器の仕様もあわせて確認しておきましょう。

卵焼きフライパンのおすすめ|鉄

ビタクラフト(Vita Craft) エッグパン スーパー鉄 2009

ビタクラフト スーパー鉄シリーズの卵焼きフライパンは、使用前の油ならしなど、鉄のフライパンに必要なお手入れをしなくてよいのが特徴。初めて鉄のフライパンを使う方にも使いやすい製品です。

また、錆を防ぐ加工が施されており、頑丈で長く使い続けられます。IH調理器に対応しているのも魅力です。さらに、調理面には凹凸があり、油が素早くムラなくなじみます。火も均一に通りやすく、美しい焼き目のついた卵焼きを作れる卵焼きフライパンです。

タクミジャパン(TakumiJAPAN) 玉子焼き 小

本製品はメーカーが独自に開発した、マグマプレートを使用しています。表面に小さな凹凸があり、火の通りが早いのが特徴です。熱もムラなく通って卵が均一の固さに焼き上がりやすく、見た目も食感もよい卵焼きを作れます。

加えて、油がなじみやすく、焦げつきを防ぐのも優れたポイント。使い込むほど油が表面を覆って焦げつきにくくなり、長く使い続けられます。また、本製品はサイズが小さいため、一人暮らしの方や家族の少ない方におすすめです。

及源(OIGEN) 南部鉄器 フライパン 玉子焼き

岩手県の伝統工芸品、南部鉄器を使った卵焼きフライパン。熱が均一に広がり、保温性が高く、卵焼きを柔らかく仕上げられます。

さらに、使うほどに油がなじみ、使いやすくなるのが特徴。肉や餃子を焼くなど、ほかの調理にも使えて便利です。ただし、調理時間が長くなると持ち手が熱くなるため、使う際はカバーをつけることをおすすめします。

岩鋳(IWACHU) 南部鉄 玉子焼

国内だけでなく海外でも有名な南部鉄器ブランド・岩鋳の卵焼きフライパン。木柄付のため、調理中に持ち手が熱くならないのが特徴です。

また、ムラなく熱が通り保温性も高いため、卵の固まり方が均一になり食感のよい卵焼きを作れます。さらに、目玉焼きを作るのにも適していて、ハムやソーセージも焼けるなど、通常のフライパンとして使えるのも魅力です。

藤田金属(Fujita-kinzoku) 使いやすいふわふわ玉子焼き 中

本製品は、メーカー独自のハードテンパー加工が施されているのが特徴です。すでに油がなじんだ状態になっており、油ならしをせずに使い始められます。錆びや焦げがつきにくく、鉄製でも手軽に使える卵焼きフライパンです。

さらに、持ち手部分が樹脂で覆われているため、熱くなりにくいのも魅力。卵焼きフライパンを初めて購入する方にも使いやすい製品です。また、IHだけでなく、ハロゲンヒーターやシーズヒーターなどさまざまな調理器で使用可能。

加えて、熱の通りがよく冷めにくいため、外側はやや固め、中は柔らかい卵焼きを作れます。中サイズは一人暮らしから3~4人家族用に適し、家族が多い方、食べる量が多い方にはワンサイズ上の大がおすすめです。

卵焼きフライパンのおすすめ|銅

中村銅器製作所(Nakamuradouki) 玉子焼鍋 ミニ10

卵1~2個の調理に適した、ミニサイズの卵焼きフライパン。お弁当用として小さめの卵焼きを作るのに便利で、一人暮らしの方にもおすすめです。

本製品は銅製のため熱伝導率が高いのが特徴。調理時間が短くなり、焼き目の少ない柔らかな卵焼きを作れます。また、使ううちに油がなじみ、焦げつきにくく使いやすくなるのも魅力です。使う時間が長くなるほど、卵焼きの仕上がりがきれいになっていきます。

田辺金具(Tanabekingu) ふわっと銅のたまごやき 12cm

金属洋食器の産地として知られる、燕市の田辺金具が手がける卵焼きフライパン。卵に素早く熱を通し、卵焼きの食感が柔らかくなります。そのうえムラなく焼き上がるため、見た目もきれいです。

また、油がなじんでいくため、使う回数を重ねるごとに使いやすくなります。色合いが落ち着いていく変化も魅力で、愛着をもって長く使い続けられる製品です。

オークス ameiro エッグパン 12cm

オークスのameiroシリーズは、使うほどに深い飴色に変化して味が出てきます。そのうえ、本製品は調理面をコーティングしている錫メッキ、金色の真鍮の持ち手が美しい彩りを添えており、デザイン性に優れた卵焼きフライパンです。

また、機能性にも優れており、銅の熱伝導率の高さを活かして焼き目のきれいな、食感の柔らかい卵焼きを作れます。そして、錫メッキが油のなじみをよくするため、焦げつきを防げるのも特徴です。加えて、オーブンで使用できるのも便利なポイント。グラタンも作れるなど料理の幅が広がります。

さらに、専用の持ち手カバーがついているのも魅力です。オーブン使用時も手早く持ち手にはめて、簡単に卵焼きフライパンを持ち運べます。

オークス ameiro エッグパン 錫メッキなし 12cm

ameiroシリーズの、錫メッキを施していない卵焼きフライパン。コーティングをしていない分熱伝導率が高く、食材全体に素早く火を通せます。弱火でも十分調理できるため、ガス代を節約したい方におすすめです。

錫メッキありタイプ同様オーブン対応のため、卵焼き以外の料理も作れて重宝します。ただし、IH調理器は使えないため注意が必要です。

卵焼きフライパンのおすすめ|アルミニウム

北陸アルミニウム(HOKUA) 玉子焼 センレンキャスト 21×20cm

北陸アルミニウムの卵焼きフライパンは、アルミニウムとマグネシウムの合金を使って作られています。耐久性に優れ、熱伝導性も高いのが特徴です。

加えてテフロン加工が施されているため、汚れが落としやすくお手入れも簡単。また、油の使用量を減らせるのも魅力です。軽量のため、女性や高齢者など力の弱い方に使いやすい製品でもあります。利便性の高さを重視したい方におすすめの卵焼きフライパンです。

北陸アルミニウム(HOKUA) 玉子焼 IHハイキャスト 18×16cm

ガス、IH調理器に加え、ハロゲンヒーターやシーズヒーターなどオール熱源対応の卵焼きフライパン。アルミニウムを鋳造して作られているため保温性が高く、弱めの火でも食材にムラなく熱が通ります。調理の時間短縮につながるため、忙しい方におすすめです。

また、3層のフッ素加工が施されているため傷がつきにくく、金属ヘラを使えるのが特徴。汚れが落ちやすく手軽に使え、さらに耐久性にも優れた製品です。

ティファール(T-fal) キャストライン エッグロースター 14×18cm

ティファール キャストラインシリーズは、アルミニウムを鋳造したアルミキャスト製。熱伝導率が高いうえに火の通り方にムラが少なく、こげつきも防ぐため卵焼きがきれいに仕上がります。5層のコーティングにより汚れや錆びに強く、IH調理器のほかオール熱源対応というのも魅力です。

また、卵焼きフライパン中央にあるロゴマークは、模様が消えることで予熱が終わったことを知らせてくれます。卵を入れるタイミングがわかりやすいため、料理初心者の方におすすめです。

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ IHキャストラインN エッグロースター

ティファールの取っ手がとれるタイプの卵焼きフライパン。料理ができたらそのままテーブルに運び、皿代わりとして使える利便性の高さが魅力です。また、取っ手を外した状態でオーブン調理ができ、肉・魚料理など幅広く使えます。料理を卵焼きフライパンに入れた状態のまま、冷蔵庫で保存することも可能です。

さらに、オーブンだけでなくIH調理器など、さまざまな熱源で使えます。また、チタンコーティング仕様のため頑丈というのも優れたポイントで、金属ヘラを使っても傷つきにくく、長く使える製品です。

番外編:美味しい卵焼きを焼くコツ

卵をかき混ぜすぎない

By: amazon.co.jp

卵がなめらかな状態になりすぎると、卵がかたまりにくく食感が損なわれる恐れがあります。卵焼きを美味しく作るには、卵をかき混ぜすぎないように注意しましょう。

ポイントは、菜箸を上下に動かし、卵を切るようなイメージで混ぜていくこと。ムラがなくなるまで徹底的に混ぜるのは避け、白身と黄身が混ざり合った程度で止めましょう。また、卵を泡立てないことも意識してください。

ヘラを使う

By: rakuten.co.jp

卵を焼きながら巻いていくとき、ヘラを使うと卵焼きの型崩れを防げるうえ、形も整えやすくなります。特に、卵が破れにくく、しなりがあって使いやすいゴムべらがおすすめです。

番外編:卵焼きフライパンで作れるおすすめレシピ

だし巻き卵

By: amazon.co.jp

最初に、混ぜすぎないように注意して、卵を溶きます。次に、希釈タイプの白だしと水を合わせ、卵に加えて混ぜましょう。このときもかき混ぜ過ぎには注意。

その後、卵焼きフライパンにサラダ油を引き、火にかけて熱します。卵とだし汁を合わせたものを約1/3流し入れて焼き、端から巻いていっていください。奥から手前に巻いていくときれいに仕上がりやすいです。

さらに、卵とだし汁を合わせたものを新たに約1/3流し入れ、同様に巻いていきます。それをもう一度繰り返し、最後にヘラで形を整えてください。

そして、お皿等にキッチンペーパーを敷き、その上へだし巻き卵を移しましょう。しばらく置いておくことで余熱により卵が固まります。冷めたら適当な大きさに切り分ければ完成です。

たこ焼き

By: otafuku.co.jp

たこ焼き器を卵焼きフライパンで代用することで、四角い見た目がユニークなたこ焼きを作れます。たこ焼き器のない家庭でも手軽にたこ焼きを楽しめるためおすすめです。

まず、たこ焼き粉・卵・水を混ぜ合わせて生地を作ります。次に、卵焼きフライパンに油を引き、中火にかけて熱した後、生地を流し入れましょう。その後、小口切りにした青ネギ・紅ショウガ・天かすを生地の上に置きます。続いて、たこも生地の上に置いていきますが、手前側に入れるのがポイントです。

生地の周囲が固まってきたら、へらを使って半分に折ります。約1分焼いたらひっくり返し、もう約2分焼きましょう。そして、焼き上がった生地の形を整えてお皿に盛りつけます。ソースやマヨネーズ、青のりをかけて完成です。

バウムクーヘン

まず、バウムクーヘンを焼くための芯を用意しましょう。ラップの芯を卵焼きフライパンの幅に合わせて切ります。丸めた紙を使ってもよいです。そして、芯の外側にアルミホイルを巻きます。

ホットケーキミックス・卵・牛乳・はちみつ・溶かしたバター・バニラエッセンスを混ぜ合わせて生地を作りましょう。

卵焼きフライパンに溶かしたバターを塗り、中火で熱します。卵焼きフライパンに生地を流し入れ、弱火にして焼きましょう。流し入れる生地の量は、卵焼きフライパンの調理面が覆われる程度を目安にしてください。

表面に穴があき、裏面に焼き色がつくまで生地を焼いたら、まな板の上へ移しましょう。それから芯を生地の上へ置き、生地を巻いていきます。

その後、巻き終えた生地を卵焼きフライパンの奥側に乗せてください。手前側に生地を流し入れ、弱~中火で焼きましょう。焼き上がったら、既に巻いてある生地を中心に手前側に巻いていきます。

巻いた生地を卵焼きフライパンの奥側に乗せ、手前側に生地を流し入れて焼く、焼き上がったら生地を巻く、という工程を生地がなくなるまで繰り返してください。最後に、焼き上がったバウムクーヘンの粗熱を取り、芯を引き抜きます。バウムクーヘンを切り分ければ完成です。