卵焼きを作るのに便利な「卵焼きフライパン」。卵焼き以外の料理を作れるモデルもあり、ひとつ持っておくと重宝するアイテムです。

そこで今回は、人気の卵焼きフライパンを素材別にご紹介します。素材ごとの特徴や違いに加えて、美味しい卵焼きを焼くコツやおすすめレシピ情報もチェックしてみてください。

卵焼きフライパンの選び方

素材で選ぶ

頑丈で長く使える「鉄製」

By: amazon.co.jp

鉄製の卵焼きフライパンは耐久性に優れているのが特徴。また、熱伝導率が高くしっかりと火を通せるため、外側を固めに焼いた卵焼きが好きな方におすすめです。ただし、油を十分に引かないと卵がくっつきやすいため、調理の際は注意しましょう。加えて、錆びる恐れがあるため、正しい方法でお手入れすることが大切です。

最初に使う際は、卵焼きフライパンを一度熱してから冷まし、油をなじませる「油ならし」をします。料理後は水洗いしてからしっかりと乾かし、再度油をなじませましょう。

プロの料理人にも選ばれている「銅製」

By: amazon.co.jp

プロの料理人も使用する銅製の卵焼きフライパンは、熱が全体にムラなく通り、厚みがあって柔らかく口当たりのよい卵焼きが作れます。

銅製の卵焼きフライパンのなかには、調理面を錫(すず)でコーティングしたタイプがあり、コーティングしていないモノと比べるときれいな見た目が特徴です。ただし、熱伝導率は落ちるため、柔らかい食感を重視したい方には、コーティングが施されていないタイプをおすすめします。

銅製も鉄製同様、最初使う前に火にかけ、油を塗る「油ならし」が必要です。また、変色や錆びが発生しやすいため、食材を長く入れたままにしないこと、湿気を避けて保管することを心がけましょう。

コスパに優れた「アルミニウム製」

By: amazon.co.jp

アルミニウム製の卵焼きフライパンは、鉄製や銅製と比べて軽く、扱いやすいのが特徴。熱伝導性にも優れているので、手早く卵焼きを作れます。比較的安い製品が多いので、卵焼きフライパンを初めて購入する方にもおすすめ。

また、家庭用に販売されているアルミニウム製の卵焼きフライパンは、コーティング加工が施されている製品がほとんどです。加工されているため卵がくっつきにくく、油の量を抑えて調理できます。さらに錆びにくいので、お手入れも簡単。

ただ、アルミニウムは高温に弱いので、長時間火にかけないよう注意する必要があります。初めて使う前には、お米のとぎ汁とくず野菜を一緒に煮立たせてみてください。ひと手間で、黒ずみや変色を防ぎやすくなります。

IH対応のモノが多い「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製の卵焼きフライパンは、硬くて丈夫な点に加え、錆びにくくお手入れがラクなのが特徴です。表面がツルツルしてなめらかなので、汚れを落としやすいのも魅力。IH対応の製品が多いので、IH調理器を使用している方にもおすすめです。

ただし、熱伝導性があまりよくないので、先に中心にだけ熱が回ってしまい焦げてしまうことも。火加減には注意が必要です。弱点を補うため、アルミニウムを間に挟んで熱伝導性を高くしている製品もあります。

表面加工で選ぶ

焦げ付きにくく洗いやすい「フッ素(テフロン)加工」

By: amazon.co.jp

卵焼きフライパンの加工で最も多いのが、フッ素を含む合成樹脂をコーティングした「フッ素(テフロン)加工」です。卵液がくっつきにくく焦げにくいので、キレイな卵焼きが簡単に作れます。また、表面がなめらかなので汚れを落としやすいのも魅力。

しかし、摩擦や高温での調理に弱いので、使い続けるうちに少しずつ劣化してしまいます。金属製のヘラやフライ返しは使わないようにしてください。焦げ付きやすくなってきたり、黒ずんできたりしたら、新しいモノに買い替えましょう。

耐久性に優れた「マーブル加工」

By: rakuten.co.jp

「マーブル加工」はフッ素加工の一種で、フッ素とともに大理石がコーティングされた加工のこと。白い大理石の粉が散りばめられたルックスも、高級感があって人気です。

フッ素加工の焦げにくさとお手入れのしやすさに加え、耐久性が高いのがポイント。ただ、フッ素加工と同じく高温には弱いので、強火で長時間調理したり、空焚きをしたりしないように気をつけてください。

摩耗に強くて高耐久「ダイヤモンド加工」

By: amazon.co.jp

「ダイヤモンド加工」は、その名の通りダイヤモンド粒子をフッ素樹脂に混ぜてコーティングした加工のこと。ダイヤモンドは非常に硬度が高いので、マーブル加工よりもさらに耐久性が高く、評判を集めています。

しかし、フッ素加工の一種なので、高温での調理には注意が必要。摩擦も劣化の原因になるので、ヘラやフライ返しはシリコン製の製品を使うことをおすすめします。

キズに強い「セラミック加工」

By: amazon.co.jp

近年人気を集めているのが、「セラミック加工」の卵焼きフライパン。セラミックは陶磁器と同じ素材で、フッ素加工と比べて高温やキズに強いのが特徴です。カラフルでおしゃれな製品が多いので、デザイン性を重視する方にもおすすめ。

さらに、セラミックは温度の上昇とともに遠赤外線を放射する性質があります。遠赤外線には食材を内側からじっくりあたためる効果があるので、表面を焦がさず中まで火の通った美しい卵焼きを作ることが可能。ただし火の回りが早いので、火加減には気をつけましょう。

また、フッ素加工に比べて若干食材がくっつきやすいという弱点があるので、必ず薄く油を引いてから使用してみてください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

自分に合ったサイズの卵焼きフライパンを選ぶことも大切です。一人暮らしの方や少数で使う方は、卵1個でも調理できる9×14cm程度のコンパクトなサイズをおすすめします。

家族で使う方は、卵3~5個を調理できる、13~15×18cm程度のサイズが最適です。また、収納スペースも考慮して選びましょう。卵焼きフライパンはある程度深さがあり、取っ手の長さもあるため注意が必要です。

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

卵焼きフライパンはどの製品も同じような形状に見えますが、大きく分けて「関東型」と「関西型」の2種類があります。正方形の関東型は卵を一気に巻けるため、厚みのある卵焼きを作れるのが特徴。長方形の関西型は少しずつ巻いて卵焼きを作りたい方におすすめです。

現在販売されている卵焼きフライパンは関西型が一般的ですが、厚く巻きたい方はぜひ関東型の製品もチェックしてみてください。

IH調理器対応かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

IH調理器を使っている方は、必ずIH対応のフライパンかどうかを確認しましょう。鉄製の卵焼きフライパンの多くはIH対応ですが、銅製やアルミニウム製は非対応の場合もあります。

ただし、IH調理器の種類によっては、銅製もしくはアルミニウム製でも使えることがあります。卵焼きフライパンだけでなく、IH調理器の仕様もあわせて確認しておきましょう。

卵焼きフライパンのおすすめ|鉄製

リバーライト(Riverlight) 極 JAPAN 玉子焼き用フライパン

リバーライト(Riverlight) 極 JAPAN 玉子焼き用フライパン

鉄に特殊熱処理を施した、極シリーズの卵焼き用フライパンです。窒化鉄層と酸化鉄層を表面に形成することで、鉄製でも錆びにくいのが特徴。蓄熱性が高いので、卵の美味しさを十分に味わえる、ふっくらとした卵焼きが作れます。

使うほどに油が馴染み、使いやすくなっていくのも鉄製ならではの魅力。コーティング加工されていないので、摩擦を気にせずたわしでこすり洗いしても問題ありません。長く使いたいアイテムを探している方におすすめです。

岩鋳(Iwachu) 玉子焼(木柄付)24017

岩鋳(Iwachu) 玉子焼(木柄付)24017

持ち手が熱くなりにくい、木枝付きの卵焼きフライパンです。肉厚の南部鉄器を使用しているので、じっくりとあたたまり熱が均一に伝わります。卵のうまみを逃がさずに中まで火を通せるため、美味しく仕上げることが可能。

ガスコンロはもちろん、IH調理器にも対応しています。卵焼きだけでなく、目玉焼きやベーコンなどを焼くのに使うのもおすすめ。朝食やお弁当作りの頼もしい味方になってくれるアイテムです。

及源(OIGEN) 南部鉄器 フライパン 角玉子焼 F-141

及源(OIGEN) 南部鉄器 フライパン 角玉子焼 F-141

素材に南部鉄器を採用しているガスコンロ専用の卵焼きフライパン。熱をしっかりと蓄えられるため、ふっくらとした美味しい卵焼きが作れます。均一に熱が伝わることで、キレイな焼き色になるのもポイント。また、先端が細くなっているので、卵をキレイに巻けるのも魅力のひとつです。

藤田金属 スイト 使いやすいふわふわ玉子焼き 68206

藤田金属 スイト 使いやすいふわふわ玉子焼き 68206

「ハードテンパー」という独自加工が施された卵焼きフライパン。これにより、油ならしをする必要がないためすぐに使い始められます。使っていくうちに油がなじむので、長く愛用できる卵焼きフライパンを探している方におすすめです。

錆びやこびりつきが起きにくいのも特徴で、ラクにお手入れをすることが可能。熱源はガスコンロやIHのほか、シーズヒーターやハロゲンヒーターなど幅広く対応しています。

ラバーゼ 有元葉子の玉子焼き器 LB-091

ラバーゼ 有元葉子の玉子焼き器 LB-091

高級鋼板のブルーテンパー材が採用されており、耐久性に優れている卵焼きフライパン。錆びにも強いので、通常の鉄素材と比べてラクにお手入れができます。熱が伝わりやすいため、キレイで美味しい卵焼きに仕上がるのも魅力。柄が必要最低限の長さなので、場所を取らずスマートに収納可能です。

匠 玉子焼き MGEG-M

匠 玉子焼き MGEG-M

高品質な日本製の鉄材を採用した卵焼きフライパン。細かい凹凸があるマグマプレートを使用しているのが特徴で、熱がよく伝わるため卵焼きの美味しさをしっかりと活かせます。凹凸のおかげで油がなじみやすいのもポイント。厚みが約1.6mmと適度なので、焦げつきにくく快適に使えます。

ビタクラフト(Vita Craft) エッグパン スーパー鉄 2009

ビタクラフト(Vita Craft) エッグパン スーパー鉄 2009

窒化4層加工と呼ばれる熱処理が施されており、錆びが発生しにくい卵焼きフライパン。表面のデコボコに油がしっかりなじむので、こびりつきにくくキレイな卵焼きが作れます。焼き入れなどの準備が必要ないため、すぐに使い始められるのもポイントです。

熱が伝わりにくいステンレス製の取っ手を採用しており、熱くなりにくく安心して握れます。デザイン性も高いので、スタイリッシュな見た目の卵焼きフライパンを探している方におすすめです。

卵焼きフライパンのおすすめ|銅製

田辺金具 ふわっと 銅のたまごやき 3997

田辺金具 ふわっと 銅のたまごやき 3997

ミニサイズでラクに扱える卵焼きフライパン。熱が全体に伝わりやすいためムラができず、ふわっとキレイな卵焼きが作れます。取っ手が上を向いているので、調理するときに握りやすいのもポイントです。

モノづくりの街として知られる新潟県燕市で製造されており、品質は折り紙付き。それでいて比較的手に届きやすい価格なので、質の高い卵焼きフライパンをリーズナブルに入手したい方はぜひチェックしてみてください。

浅草 銅銀銅器店 純銅製 玉子焼鍋

浅草 銅銀銅器店 純銅製 玉子焼鍋

台東区認定文化財に指定されている大正13年創業の老舗「銅銀銅器店」が製造している卵焼きフライパン。職人歴40年の星野氏が手作業で仕上げを行なっており、細かいところまで丁寧に作られています。フライパン本体と取っ手がしっかり繋がっているので、握ったときの安定感があるのが魅力です。

熱が均一に伝わるので、ふんわりとした卵焼きを作りたい方に最適。また、丁寧にお手入れをすれば50年は使えるため、一生モノの卵焼きフライパンを探している方にもおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) お弁当用 玉子焼き器 銅職人 HB-1377

パール金属(PEARL METAL) お弁当用 玉子焼き器 銅職人 HB-1377

油なじみのよいビーズブラスト加工が施された、ガスコンロ専用の卵焼きフライパン。焦げつきにくいのも特徴で、調理しやすくキレイな卵焼きを作れます。熱が均一に伝わるほか、熱伝導性にも優れているため、焼きムラのない卵焼きフライパンを探している方におすすめです。

EBM 玉子焼 関東型

EBM 玉子焼 関東型

卵を厚く巻ける関東型の卵焼きフライパン。熱が均一に伝わるので、焼きムラができにくくキレイな卵焼きを作れます。内側に銀色の錫引き加工が施されているのもポイント。正方形の卵焼きフライパンを探している方はぜひチェックしてみてください。

中村銅器製作所(Nakamuradouki) 銅製 玉子焼鍋 12長

中村銅器製作所(Nakamuradouki) 銅製 玉子焼鍋 12長

プロも愛用する老舗の銅鍋専門店「中村銅器製作所」の卵焼き用フライパン。熱伝導性が高く、卵を入れた瞬間からすぐに膨らみ始めます。調理が短時間で済むので、風味を損なわずふんわりした食感の卵焼きを作れるのが魅力。

約1.3mmと、熱を保ちやすい厚みに作られているのも卵焼きを上手に作るポイントです。卵焼きだけでなく、副菜などのちょっとしたおかず作りにも活用してみてください。

アサヒ 食楽工房 本職用玉子焼き 木蓋付 CNE117

アサヒ 食楽工房 本職用玉子焼き 木蓋付 CNE117

プロ仕様の木蓋付き卵焼きフライパンです。あかがね(銅)色が美しく、洗練された雰囲気が魅力。蓋付きで上から圧力をかけられるため、お寿司屋さんのようなキレイな卵焼きを作りたい方におすすめです。

熱が均一にすばやく回るのは、銅製の卵焼きフライパンの大きなメリット。使い込むほどに味わいが増すので、長く愛用できるアイテムを探している方はぜひ候補に入れてみてください。

卵焼きフライパンのおすすめ|アルミニウム製

ティファール(T-fal) 卵焼きフライパン グランブルー プレミア エッグロースター D55118

ティファール(T-fal) 卵焼きフライパン グランブルー プレミア エッグロースター D55118

耐久性に優れた5層構造を採用した卵焼きフライパン。チタンコーティングが施されており、こびりつきにくいため調理時のストレスを軽減できるのが特徴です。耐久性テストをクリアしており、キズや摩擦にも強いので長く使えます。

フライパン内の適温マークをチェックすれば、最適な温度で卵焼きを作ることが可能。取っ手は握りやすい形状が採用されているので、負担を減らしてラクに調理できます。フライパンの外面にエナメル加工が施されており、キレイな見た目をキープできるのもポイントです。

ティファール(T-fal) 卵焼きフライパン キャストライン エッグロースター C76618

ティファール(T-fal) 卵焼きフライパン キャストライン エッグロースター C76618

アルミニウムとキャスト(鋳物)のメリットを併せ持っている卵焼きフライパン。熱をしっかりと蓄えられるのが特徴で、卵を入れても温度が急に下がらないためムラなく熱を伝えられます。

底面が5.5mmと厚いため、熱で変形しにくく快適に調理が可能。フッ素樹脂が施されており、汚れが落ちやすいのでお手入れもラクに行えます。調理のしやすさとお手入れのしやすさが両立したおすすめ製品です。

パール金属(PEARL METAL) 卵焼きフライパン ライズ ブルーダイヤモンドコート HB-323

パール金属(PEARL METAL) 卵焼きフライパン ライズ ブルーダイヤモンドコート HB-323

ダイヤモンド粒子が配合されたブルーダイヤモンドコーティングを採用している卵焼きフライパン。耐久性に優れており、キズにも強いため金属ヘラを使用した調理に適しています。汚れや焦げつきにくいのも特徴です。

ガスコンロやIH調理器、シーズヒーターなど対応している熱源の種類が豊富なので、料理の環境を選ばないのが魅力。価格もリーズナブルなので、初めて卵焼きフライパンを購入する方にもおすすめです。

ウルシヤマ 卵焼きフライパン 匠枝 プロスタイル

ウルシヤマ 卵焼きフライパン  匠枝 プロスタイル

アルミダイキャスト製の卵焼きフライパン。底が4mmと厚いので、熱をしっかりと蓄えられるのが特徴です。フライパンの内側のテフロンに「プラチナプラス」と呼ばれる加工が施されており、3層のフッ素樹脂でコーティングされています。卵焼きを作る際のこびりつきを防げるのが魅力のひとつです。

また、木製の頑丈な取っ手を採用することで、握ったときの安定感があるのもポイント。フライパンの外側はアルミ研磨で仕上げられており、キレイで美しい見た目に仕上がっています。

グリーンパン(Greenpan) エッグパン ヴェニスプロ

グリーンパン(Greenpan) エッグパン ヴェニスプロ

ダイヤモンド粒子を配合したセラミックコーティングが施されており、耐久性に優れている卵焼きフライパン。キズに強いスクラッチガード加工を採用しているので、金属ヘラを使った調理にも対応しています。また、銅が含まれた電磁誘導粉末を底に採用することで、熱をしっかりと食材に伝えられるのが魅力です。

取っ手にはステンレスを採用。根元でふたつに分かれており、熱が伝わりにくいので安心して握れます。食器洗い洗浄機に対応しているため、お手入れがラクに行えるのもポイントです。

和平フレイズ 玉子焼き器 ノルディーズ NR-7964

和平フレイズ 玉子焼き器 ノルディーズ NR-7964

外面のホワイトと木柄ハンドルがおしゃれな、北欧風デザインの卵焼きフライパンです。天然木を使用した木柄のおかげで、料理中も熱くならず持ちやすいのがポイント。キッチンに置いておいても絵になります。

耐摩耗試験を50万回クリアした「ポリゴ・マキシプラス」という独自のフッ素加工を施しているのも大きな特徴。金属ヘラを使っても問題ありません。機能に対して価格が安いのもうれしいポイントです。

卵焼きフライパンのおすすめ|ステンレス製

宮崎製作所(Miyazaki Seisakusho) ジオ・プロダクト 玉子焼き GEO-15EP

宮崎製作所(Miyazaki Seisakusho) ジオ・プロダクト 玉子焼き GEO-15EP

金属加工に秀でた地域、燕三条で生まれたジオ・プロダクトの卵焼きフライパンです。熱伝導性に優れたアルミニウムをステンレスで挟んだ全面7層構造。ステンレスの丈夫さと、アルミニウムの熱伝導性を兼ね備えた製品です。

熱が全体にムラなく伝わるので、失敗なく卵焼きを作れます。フチの段差や底面の角がなだらかになっていて、洗いやすく乾きやすいのもポイント。IH調理器にも対応しています。

マイヤー(MEYER) スターシェフ2 ステンレス エッグパン MSC2-EM

マイヤー(MEYER) スターシェフ2 ステンレス エッグパン MSC2-EM

調理器具のトップブランドとして人気の高い、マイヤーの卵焼きフライパンです。ミラー仕上げのステンレスが美しく、高級感たっぷり。朝食やお弁当作りのモチベーションが上がります。

内側にはフッ素加工が施されているので、汚れがこびりつきにくくお手入れも簡単。フチは外側に広がる「フレアリム」仕様で、卵液が垂れにくい設計です。

ビタクラフト(Vita Craft) エッグパン ソフィアII 1780

ビタクラフト(Vita Craft) エッグパン ソフィアII 1780

ステンレスの間にアルミニウムをサンドした、3層構造の卵焼きフライパンです。熱効率がよく、料理初心者の方でも扱いが簡単。20万回の摩擦試験に耐えた丈夫さも自慢です。

横幅が広めなので、お弁当用の小さい卵焼きを作るのにぴったり。高密度のフッ素加工のおかげで汚れ落ちも早く、卵焼きを焼いた後にさっと洗ってほかのおかずを作るのにも便利です。