卵焼きを作るのに便利な「卵焼きフライパン」。卵焼きをきれいに作れるのはもちろん、卵焼き以外の料理を作れるモデルもあり、1つ持っておくと重宝するアイテムです。

そこで今回は、おすすめの卵焼きフライパンをピックアップ。おすすめレシピもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

卵焼きフライパンの選び方

素材で選ぶ

頑丈で長く使える「鉄製」

By: amazon.co.jp

鉄製の卵焼きフライパンは耐久性に優れているのが特徴。また、熱伝導率が高くしっかりと火を通せるため、外側を固めに焼いた卵焼きが好きな方におすすめです。ただし、油を十分に引かないと卵がくっ付きやすいので、調理の際は注意しましょう。加えて、錆びる恐れがあるため、正しい方法でお手入れすることが大切です。

最初に使う際は、卵焼きフライパンを一度熱してから冷まし、油をなじませる「油ならし」をします。料理後は水洗いしてからしっかりと乾かし、再度油をなじませましょう。

プロの料理人にも選ばれている「銅製」

By: amazon.co.jp

プロの料理人も使用する銅製の卵焼きフライパンは、熱が全体にムラなく通り、厚みがあり柔らかく口当たりのよい卵焼きが作れます。

銅製の卵焼きフライパンのなかには、調理面を錫(すず)でコーティングしたタイプがあり、コーティングしていないモノと比べるときれいな見た目が特徴。ただし、熱伝導率は落ちるため、柔らかい食感を重視したい方はコーティングされていないタイプがおすすめです。

銅製も、最初使う前に火にかけ油を塗る「油ならし」が必要。また、変色や錆びが発生しやすいので、食材を長く入れたままにしないことや、湿気を避けて保管することを心がけましょう。

コスパに優れた「アルミニウム製」

By: amazon.co.jp

アルミニウム製の卵焼きフライパンは、鉄製や銅製と比べて軽く、扱いやすいのが特徴。熱伝導性にも優れているので、手早く卵焼きを作れます。比較的安い製品が多いため、卵焼きフライパンを初めて購入する方にもおすすめです。

また、家庭用に販売されているアルミニウム製の卵焼きフライパンは、コーティング加工が施されている製品がほとんど。卵がくっ付きにくく、油の量を抑えて調理できます。さらに、錆びにくいのでお手入れも簡単です。

ただし、アルミニウムは高温に弱いため、長時間火にかけないよう注意しましょう。初めて使う前には、お米のとぎ汁とくず野菜を一緒に煮立たせるのがおすすめ。黒ずみや変色を防ぎやすくなります。

IH対応のモノが多い「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製の卵焼きフライパンは、錆びにくく簡単にお手入れできるのが特徴です。表面がツルツルしてなめらかなので、汚れを落としやすいのも魅力。IH対応の製品が多いため、IH調理器を使用している方にもおすすめです。

ただし、熱伝導性があまり高くなく、先に中心にだけ熱が回ってしまい焦げてしまうこともあるので火加減には注意しましょう。弱点を補うために、アルミニウムを間に挟んで熱伝導性を高くしている製品もあります。

表面加工で選ぶ

焦げ付きにくく洗いやすい「フッ素加工」

By: amazon.co.jp

卵焼きフライパンの加工に多いのが、フッ素を含む合成樹脂をコーティングした「フッ素加工」です。卵液がくっ付きにくく焦げにくいため、きれいな卵焼きが簡単に作れます。また、汚れを落としやすいのも魅力です。

ただし、摩擦や高温での調理に弱く、使い続けるうちに少しずつ劣化してしまうのは懸念点。金属製のヘラやフライ返しは、なるべく使わないようにしましょう。焦げ付きやすくなってきたり、黒ずんできたりしたら、新しいモノに買い替えるのがおすすめです。

耐久性に優れた「マーブル加工」

By: rakuten.co.jp

「マーブル加工」とはフッ素加工の一種で、大理石を混ぜたフッ素樹脂がコーティングされた加工のこと。白い大理石の粉が散りばめられた見た目で、高級感があります。

フッ素加工の焦げにくさとお手入れのしやすさを備えているほか、耐久性が高いのがポイント。ただし、フッ素加工と同じく高温には弱いので、強火で長時間調理したり、空焚きをしたりしないように気を付けましょう。

摩耗に強くて高耐久「ダイヤモンド加工」

By: rakuten.co.jp

「ダイヤモンド加工」とは、名前の通りダイヤモンド粒子をフッ素樹脂に混ぜてコーティングした加工のこと。ダイヤモンドは非常に硬度が高く、マーブル加工よりもさらに耐久性が高いのが特徴です。

ただし、フッ素加工の一種なので、高温での調理には注意が必要。摩擦も劣化の原因になるため、ヘラやフライ返しはシリコン製のモノを使うのがおすすめです。

キズに強い「セラミック加工」

By: amazon.co.jp

最近人気を集めているのが、「セラミック加工」の卵焼きフライパン。セラミックは陶磁器と同じ素材で、フッ素加工と比べて高温やキズに強いのが特徴です。カラフルでおしゃれな製品が多く、デザイン性を重視する方にもおすすめ。

さらに、セラミックには温度の上昇とともに遠赤外線を放射する性質があります。遠赤外線には食材を内側からじっくりあたためる効果があり、表面を焦がさず中まで火の通った美しい卵焼きを作りやすいのがメリット。ただし、火の回りが早いので、火加減には注意が必要です。

また、フッ素加工に比べて食材がくっ付きやすいため、必ず薄く油を引いてから使用しましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

卵焼きフライパンは、自分に合ったサイズのモノを選ぶことも大切。一人暮らしの方には、卵1個でも調理できる幅9×奥行14cm程度のコンパクトなサイズがおすすめです。家族で使う方は、卵3~5個を調理できる幅13~15×奥行18cm程度のサイズが便利。

また、収納スペースも考慮しておくと安心です。卵焼きフライパンにはある程度深さがあり、取っ手の長さもある点には留意しておきましょう。

IH調理器対応かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

IH調理器を使っている方は、IHに対応しているどうかも必ず確認しておきましょう。鉄製の卵焼きフライパンの多くはIH対応ですが、銅製やアルミニウム製は非対応の場合もあります。

ただし、IH調理器の種類によっては、銅製もしくはアルミニウム製のフライパンが使えることも。卵焼きフライパンだけでなく、IH調理器の仕様もあわせて確認してみてください。

取っ手が取れるタイプだと収納しやすい

By: amazon.co.jp

卵焼きフライパンは細長い形をしているため、収納場所に困りやすいのが懸念点。取っ手が取れるタイプの製品を選択すれば、棚の中やラックの上などへコンパクトに収められて便利です。

また、着脱式の卵焼きフライパンを使用することで、調理後に直接テーブルの上に置きやすいのがメリット。さらに、取っ手を外してオーブンの中へ入れられる製品も存在します。

取っ手を外せる卵焼きフライパンは、ピクニックやおせち料理など、年に数回しか卵焼きフライパンを使用しない方にもおすすめです。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

卵焼きフライパンのおすすめ|鉄製

及源(OIGEN) 角玉子焼 F-141

ふっくらとした卵焼きが作れる鉄製の卵焼きフライパンです。表面温度が高く、外側を固めに仕上げられるのが特徴。IH対応なので、自宅の熱源でIHを採用している場合も安心して使用できます。

900年以上続く技術を使用した南部鉄器で、品質に優れているのも魅力。使えば使うほど味が出てくるため、長く愛用できます。大切な方へのギフトとしてもおすすめの製品です。

なお、取っ手の部分も鉄でできているので、素手で使用すると火傷するおそれがある点には要注意。鍋つかみや濡らした布巾などを通して使用しましょう。

藤田金属(Fujita-kinzoku) 卵焼き 鉄フライパン 大

幅15.5×奥行15cmの、大きめの鉄製卵焼きフライパンです。卵を3〜5個使用した卵焼きを作れるサイズのため、家族で使いたい方にもおすすめ。アルミとフェノール樹脂を使用した持ち手を採用しているので、布巾などを通さずそのまま調理できます。

鉄製ながら重量755gの軽量設計を実現しているため、利便性も良好。使えば使うほど油が馴染んで使いやすくなるので、長期的に使用したい方にもぴったりです。日本製のため、品質面が優れているのもうれしいポイント。IH調理器やシーズヒーター、ハロゲンヒーターなどさまざまな調理器具に対応しています。

外側は固めで、内側はふんわりやわらかめの卵焼きを作りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

リバーライト(RIVER LIGHT) 極ジャパン たまご焼 小

鉄製ながら錆びにくいのが特徴の卵焼きフライパンです。使えば使うほど油が馴染み、扱いやすくなるのが特徴。お手入れも簡単なため、長期的に使いたい方にもおすすめです。

木製の取っ手を採用しており、おしゃれで高級感があるのも魅力。取っ手は取り外し可能なので、省スペースに収納できます。コーティングは施されていないため、金属製のヘラやフライ返し、金ダワシを使用できるのもうれしいポイント。

使いやすくお手入れしやすい卵焼きフライパンを探している方は、チェックしてみてください。

タクミジャパン(TakumiJAPAN) 玉子焼き 小 MGEG-S

比較的リーズナブルに購入できるコスパに優れた鉄製の卵焼きフライパンです。本体は幅9.8×奥行15.2cmとコンパクトで、一人暮らしの方にぴったり。卵1〜2個で小さめな卵焼きを作れます。

日本製の鉄材を使用しており、高品質なのも魅力。耐久性にも優れているので、長期的に使用できます。独自開発の「マグマプレート」を採用しているのもポイント。熱伝導率がよく、油の馴染みも良好です。

天然木の持ち手が付いており、そのまま調理できるのもメリット。コンパクトかつ高コスパなおすすめ製品です。

パール金属(PEARL METAL) The鉄 玉子焼 HB-2408

鍛冶職人の街としても有名な「新潟県燕三条」で作られた、高品質な鉄製卵焼きフライパンです。耐久性が高く、使い込むほど使いやすくなるのが特徴。長期的に使用したい方にもおすすめです。

サイズは約幅12×奥行19cmと大きめで、家族で使いたい方にもぴったり。卵を3〜4個使った大きめの卵焼きが作れます。天然木を使用した取っ手は高級感があり、スタイリッシュなのもポイント。

高品質ながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

ラバーゼ(La Base) 鉄玉子焼き器18×18cm LB-091

卵焼き以外に伊達巻やパン、お菓子作りなどにも活用できる正方形形状の鉄製卵焼きフライパンです。オーブンに対応しているのが特徴。持ち手が短いため、省スペースでコンパクトに収納できます。

熱伝導率が高く、素早く調理できるのも魅力。表面はパリッと、内面はふんわりとした卵焼きが作れます。本体には、錆びにくく高耐久なブルーテンパー材を採用。表面がツルツルしているので、油馴染みも良好です。

ガスだけでなくIH調理器に対応しているのもうれしいポイント。汎用性の高い卵焼きフライパンです。

卵焼きフライパンのおすすめ|銅製

中村銅器製作所 玉子焼鍋

幅10×奥行15cmとコンパクトな銅製の卵焼きフライパンです。卵を1〜2個使用して作る小さめの卵焼きにぴったり。一人暮らしの方や、お弁当のおかずを作りたい方におすすめです。

品質に優れた日本製で、全国の一流料亭や寿司職人などに愛用されているのも魅力。熱伝導率が高く均一に熱が伝わるため、ふんわりとした卵焼きを作れます。また、厚みが約1.2mmと厚めなので、熱を保ちやすいのもおすすめのポイントです。

株式会社アサヒ 食楽工房 純銅玉子焼き 18cm 木蓋付 CNE117

ふっくらとした卵焼きが作れる、おしゃれな卵焼きフライパン。熱伝導率の高い銅製で、ムラが少ない卵焼きを作れます。プロの料理人にも愛用されるほど、高品質なのが特徴です。

約幅18×奥行18cmの正方形型で、卵焼き以外の調理に使いやすいのも魅力。蓋付きなので、目玉焼きなど蒸し工程が必要な料理にも適しています。安心の日本製で、長期的に愛用できるのもうれしいポイント。

汎用性の高い高品質な銅製卵焼きフライパンを探している方は、チェックしてみてください。

丸新銅器 関東型 卵焼きフライパン BTM01

幅15×奥行15cmの正方形形状を採用した、銅製の卵焼きフライパンです。卵焼きはもちろん、目玉焼きなどさまざまな調理に活用できるのが特徴。普段あまり卵焼きを作らない方にもおすすめです。

熱伝導率のよい銅製なので、焼きムラの少ないふんわりとした卵焼きが作れるのも魅力。取っ手部分には木を採用しているため、布巾などを挟まずにそのまま使用できます。重量約560gと軽量なので、扱いやすいのもポイント。

高品質ながら比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方にもぴったりの製品です。

銅銀銅器店 純銅製玉子焼鍋 大

約幅15×奥行18cmと大きめの銅製卵焼きフライパンです。卵を4〜6個使用した卵焼きに適しており、家族で使いたい方にもおすすめ。均一に熱が伝わりやすいため、絶妙な火加減で本格的な卵焼きを作れます。

厚みは1.5mmと厚めで、余熱での調理がしやすいのも特徴。細部まで丁寧に手作業で作られており、品質面も良好です。しっかり手入れすれば50年ほど使えると謳われているので、長期的に使いたい方にもおすすめです。

オークス(AUX) 玉子焼き12 錫メッキなし アメイロ COS8001

錫メッキが施されていないため、銅に伝わった熱をそのまま伝えやすい卵焼きフライパンです。使えば使うほど味が出てくるので、長期的に使いたい方にぴったり。取っ手部分には、経年による色合いの変化を楽しめるヌメ革を採用したレザーカバーが付属します。

均一に熱が伝わりやすいため、ムラのないふんわりとした卵焼きを作りやすいのも魅力。汎用性が高く、さまざまな調理に応用できます。収納に便利な袋が付属しているのもポイント。高品質かつおしゃれなので、料理が好きな方へのギフトとしてもおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) 銅職人 一気に巻けるお弁当用玉子焼 HB-1378

料理のプロからも支持されている銅製の卵焼きフライパンです。熱伝導率が高く、ムラなくあたためられるのが特徴。取っ手部分には天然木を採用しており、そのまま調理できるのも魅力です。

安心の日本製で、品質面も良好。長期的に使いたい方にもおすすめです。約幅9.5×奥行19.5cmと縦長の形状を採用。一人暮らし用としてはもちろん、家族で使いたい方にも適しています。

重量約350gと軽量設計で、扱いやすいのもポイント。利便性に優れた高品質な製品を探している方は、チェックしてみてください。

卵焼きフライパンのおすすめ|アルミニウム製

北陸アルミニウム(HOKUA) エッグパン

フッ素樹脂加工が施されたアルミニウム製の卵焼きフライパンです。内面の素材にはダイキンの「Silkwarw SD」を採用しており、優れた耐久性を実現。高耐久のため、金属ヘラなどの使用にも対応しています。

ガス火はもちろん、IH調理器などさまざまな調理器具に対応しているのも魅力。安心の日本製なので、長期的に使用したい方にもおすすめです。サイズは幅13×奥行18cmと大きめのため、家族で使いたい方にもぴったり。軽量設計で使い勝手がよいのもポイントです。

サーモス(THERMOS) デュラブルシリーズ卵焼きフライパン KFF-013E

耐摩耗性に優れた「デュラブルコート」を本体に施している、アルミニウム製の卵焼きフライパンです。焦げ付きにくいので、初心者でも調理しやすいのが特徴。ガスはもちろんIH調理器にも対応しており、汎用性が高いのもメリットです。

内側に留め具などがないフラット構造のため、汚れなどが残りにくくお手入れしやすいのも魅力。厚さ3.5mmと厚めで、熱がムラなく伝わりやすいのもおすすめのポイントです。

コンパクト設計なので、一人暮らしの方にもぴったり。比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ マホガニー・プレミア エッグロースター L63118

別売りの取っ手を着脱して使用できる、アルミニウム製卵焼きフライパンです。4層の「チタン・エクストラ」コーディングを施しているのが特徴。焦げや汚れなどが付きにくく、手軽にお手入れできます。

また、内面中央には「お知らせマーク」を搭載。調理をスタートするベストなタイミングを色の変化で知らせる仕組みで、失敗しにくいのも魅力です。取っ手が取り外せるので、利便性の高いモデルを探している方にもおすすめです。なお、本製品はガス火専用のため、IH調理器で使用できない点には留意しておきましょう。

和平フレイズ マーブルコートフライパン RB-1909

比較的安く購入できる、高コスパなアルミニウム製卵焼きフライパンです。内面にすべりのよい「クイックマーブル特殊ふっ素樹脂加工」を施しているのが特徴。また、4層のコーティングで優れた耐久性・耐摩耗性を実現しているため、金属ヘラを使用できるほか、焦げも付きにくい仕様です。

ガス火はもちろん、IH調理器に対応しているのも魅力。サイズは約幅13×奥行18cmと大きめなので、卵を3〜5個使用する大きめの卵焼きが作れます。汎用性が高く、お手入れもしやすい初心者向けの卵焼きフライパンです。

パール金属(PEARL METAL) ブルーダイヤモンドコート玉子焼き器 HB-2020

軽くて調理しやすいアルミニウム製卵焼きフライパン。内面に留め具などがないフラットな構造で、汚れが付きにくくお手入れしやすいのが特徴です。

また、内面に3層の「ブルーダイヤモンドコート」を施しているのも魅力。耐久性に優れているので、金属ヘラも使用でき、快適に調理できます。高い利便性を備えながら、比較的リーズナブルに購入できるのもポイント。なお、本製品はガス火専用のため、IHで使用できない点には留意しておきましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ダイヤモンドコートパンディープラス IHエッグパン DCI-SE

別売りのハンドルを着脱して使用できる、アルミニウム製卵焼きフライパンです。調理後ハンドルを外してそのまま食卓に並べたり、オーブンに入れて調理したりできるのが特徴。ガス火はもちろん、IH調理器にも対応しています。

内面には「ダイヤモンドコート」加工を施しており、キズや焦げなどが付きにくいのも魅力です。汚れてもサッと洗い流せるので、お手入れも簡単。収納しやすく、幅広い調理ができる汎用性の高い卵焼きフライパンです。

京セラ(KYOCERA) セラブリッド タマゴヤキ CF-EB-WBU

内面に熱が伝わりやすいセラミック加工を施した、アルミニウム製卵焼きフライパンです。素早く卵焼きが作れるため、朝の忙しい時間にお弁当を作る際にも便利。中火以下の弱めの火力でも調理できます。

遠赤外線効果で、省エネ調理ができるのも魅力です。汚れも落としやすいので、お手入れが簡単にできる製品を探している方におすすめ。金属ヘラの使用に対応しているのもポイントです。

卵焼きフライパンのおすすめ|ステンレス製

マイヤー(MEYER) スターシェフ2 エッグパン MSC2-EM

お手入れのしやすさが魅力のステンレス製卵焼きフライパンです。内面にフッ素樹脂加工を施しており、食材や焦げが付きにくいのが特徴。変形しにくいフレアリムを採用しています。

耐久性に優れているのも魅力。長期的に使いたい方にもおすすめです。ガス火だけでなく、IH調理器などのオール熱源に対応しているのもメリット。さまざまな家庭で活用できる汎用性の高さもポイントです。

また、ミラー加工により清潔感だけでなく、高級感も演出。性能面はもちろん、見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

宮崎製作所 ジオ・プロダクト 卵焼き GEO-15EP

スタイリッシュなデザインで、高級感が漂う卵焼きフライパンです。サビなどで劣化しにくいステンレスを素材に採用しており、長期的に使用できるのが特徴。非常にシンプルなので、さまざまな家庭のキッチンにマッチします。

熱伝導率の高いアルミニウムをステンレスで挟み込んだ「全面7層構造」を採用しているのも魅力。熱がムラなく伝わりやすく、省エネや料理の時短につながります。

なお、取っ手部分もステンレスでできているため、そのまま持つと火傷するおそれも。調理の際は、濡れた布巾などを挟んで使用しましょう。

ビタクラフト(Vita Craft) ソフィアII エッグパン NO.1780

熱伝導率の高いアルミニウムと、焦げ付きにくいステンレスの特徴をかけ合わせた卵焼きフライパンです。また、内面に「高密度3層フッ素樹脂コーティング」も施されているので、焦げ付きをしっかり防ぎます。

耐久性が高く、長期的に使えるのも魅力。豊富な熱源に対応しており、ガス火はもちろんIH調理器でも使用できます。デザインがスタイリッシュなのもおすすめのポイントです。性能面だけでなく、見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

パール金属(PEARL METAL) コンパクト 2層鋼ふっ素加工玉子焼 9.5×17.5cm HB-2189

内面に「ふっ素樹脂塗膜加工」が施された卵焼きフライパンです。約幅9.5×奥行17.5cmと縦長の形状で、サイズはコンパクト。一人用のおかずやお弁当用の卵焼きが作りやすく、無駄な電力やガス代を節約できます。

スリムなデザインのため、使わないときに収納しやすいのも魅力。外面にステンレス、内面にアルミニウムを採用した2層構造なので、焦げ付きにくいだけでなく、効率的に熱を伝えられます。比較的リーズナブルに購入できるのもポイントです。

和平フレイズ ディアロッソ IH対応玉子焼 DR-8249

内面にアルミニウム、底面にステンレスを採用した卵焼きフライパンです。内面には「ダイヤモンドコート特殊ふっ素樹脂加工」が施されており、焦げが付きにくく耐摩耗性に優れているのが特徴。耐久性も高いため、金属ヘラも使用できます。

底面はステンレスで、ガス火はもちろんIH調理器でも使用可能。サイズは約幅13×奥行18cmとやや大きめなので、家族用としてもおすすめです。

内面のダイヤモンドコートがアクセントとなった、スタイリッシュなデザインもポイント。利便性だけでなく、見た目にもこだわりたい方はチェックしてみてください。

ウルシヤマ金属工業 クワトロ-IH QTR-E19-14

ステンレスとアルミがサンドイッチ状に4層重なった卵焼きフライパンです。蓄熱性の高いステンレスと熱伝導性に優れたアルミニウムを重ねることで、両方の特徴を備えているのが特徴。内面にはふっ素樹脂を配合した「高密度3層コーティング」を施しており、汚れを落としやすい仕様です。

安心の日本製で、高品質なのもポイント。取っ手部分が握りやすく、使い勝手も良好です。高い耐久性を備えており、長く愛用できるのもメリット。外面はひとつひとつ丁寧に磨かれたミラー研磨仕上げで、高級感のあるデザインも魅力です。

卵焼きフライパンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

卵焼きフライパンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:卵焼きフライパンを活用できるおすすめレシピ

たこ焼き

By: otafuku.co.jp

卵焼きフライパンの小さな形状を活用すれば、たこ焼き器がなくても、ふっくらとした四角い形のたこ焼きが作れます。

まず、たこ焼き用の生地を薄力粉・和風だし・卵・水で作り、卵焼きフライパンで加熱。1分ほど経って生地のまわりが焼けてきたら、みじん切りにしたキャベツ・青ネギ・紅生姜・食べやすい大きさのタコを、手前2分の1の部分にそれぞれ散らします。

さらに3分ほど加熱したら、奥の生地を手前に折りたたみしっかり火を通しましょう。6等分にカットし、お好みでソース・マヨネーズ・かつおぶし・青のりをかければ完成。形を整える際にサラダ油を使用すると、外はカリッと、中はふんわりと仕上がります。

オムレツ

型崩れしやすい具だくさんのスペイン風オムレツも、卵焼き器を使えば手軽に調理可能。まずは、玉ねぎやベーコン、ジャガイモなど好みの具を1cm角にカットして、サラダ油を熱した卵焼きフライパンで炒めます。火が通ったら一度取り出しておきましょう。

フライパンの粗熱が取れたら卵2個・粉チーズ・塩コショウを混ぜて卵液を作り、半熟になるまで焼きます。取り出しておいた具材を入れた後にフタやアルミホイルを被せ、3分ほど蒸し焼きに。ひっくり返して、さらに3分ほど焼いたら完成です。余った野菜を活用すれば、さまざまなアレンジを楽しめます。

ミルクレープ

By: rakuten.co.jp

ミルクレープも、卵焼きフライパンを使えば簡単に調理可能。形が整った本格的なモノが作れます。まずは、卵・小麦粉・牛乳・グラニュー糖・溶かしバターを混ぜてクレープの生地を作りましょう。その後、ザルで一度濾しておきます。

加熱した卵焼きフライパンに薄く油を引き、大さじ2程度の生地を流し入れて平らにならします。表面が乾いてきたら、裏返して20~30秒加熱。同じ工程で20枚程度焼いたら、一度冷蔵庫で冷やしておきましょう。

生地が冷めたら、ホイップクリームとカスタードクリームを混ぜ合わせたクリームをクレープに挟みながら積み上げていきます。冷蔵庫でよく冷やし、最後に対角線上にカットすれば、きれいなミルクレープの完成です。