キッチンアイテムの代表格とも言える「フライパン」。ただ焼くためだけの調理器具のように思われますが、製品によってサイズや素材が異なり、料理の仕上がりにも違いが出てきます。

とはいえ、実際に試してから購入するのは難しいので、ユーザーとしてはなかなか悩ましいもの。そこで今回はおすすめのフライパンをご紹介します。素材別の特徴やお手入れ方法についても解説するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

フライパンの選び方

素材別フライパンの特徴

アルミ

By: amazon.co.jp

26cm程度のサイズならおおよそ850g前後、軽く持ち上げられるのがアルミ製フライパンです。フライパンを煽るようなダイナミックな動きもこなしやすいのが魅力。熱伝導率も高く、熱源にかけると素早く調理に取りかかれます。

また、見た目が銀色なのでソースをつくる際色味がわかりやすく、火加減の調整がしやすいのも魅力。一方フライパン表面には、コーティングが施されていないため、食材がこびりつきにくく油なじみがあまりよくないので注意が必要。パスタなどをつくる際のフライパンが欲しい方はチェックしておきましょう。

By: amazon.co.jp

銅製フライパンは軽さと熱伝導率の高さが特徴。一般家庭のコンロでも加熱ムラの少ない料理を作ることができます。調理面への焦げ付きも少なく、サビも出にくいとメリットの多い素材です。

なお、フライパン本体が高額になりがちな側面もありますが、じっくり使い続けられるフライパンを探している方にはおすすめ。ただ、酸の強い食材で銅が溶け出してしまうことがあるため、酸味のある食材の調理はしない方が無難です。

By: amazon.co.jp

鉄製フライパンの特徴は丈夫さ。たとえ焦げ付いてしまっても、ゴシゴシ金だわしでこすれるもポイントです。重さとしては例えばサイズ26cmで1.5kgほど。ずっしりした重みがあります。

高熱に強く油なじみも良いので、食材がくっつきにくくいのがポイント。ややサビが出やすい性質ですが、メンテナンスを地道に重ねて行けば何年も保つほど長く使えます。

ステンレス

By: amazon.co.jp

サビが出にくく、丈夫なのが特徴のステンレスフライパン。傷にも強いので、食材が焦げ付いたときに金だわしを使うことも可能です。

ステンレスは熱伝導率が低く、熱ムラが出やすい素材ですが、その代わりに一度熱すると冷めにくい性質を持っているので、余熱調理に適しています。火が通りにくい食材をじっくり調理するときなどにも便利です。ソテーなどに使うときは、十分に加熱してから調理を開始するとキレイに仕上がります。

チタン

By: rakuten.co.jp

耐食性に優れサビの心配が少ない素材です。金属としての強度が高く、傷、落下による衝撃などに強い耐性を示します。26cmではおおよそ750g前後。鉄やセラミック製のフライパンと比較して半分程度の重さです。

一方で熱伝導率はやや弱く、調理面が温まりにくいという側面もあります。なお、純チタンというよりも異素材との組み合わせて用いられることが多いので、その点も留意しておきましょう。

表面加工(コーティング)フライパンの特徴

フッ素(テフロン)加工

By: amazon.co.jp

アルミなどの金属でできた本体に、フッ素樹脂をかけてコーティングしたものです。高い耐熱性を持ち、くっつきにくくなることから、フライパンには多く使用されています。

ソースや食材の焦げ付きも少なく、お手入れも容易。ただし、フッ素加工フライパンはややコーティングが剥がれやすいため、その点には注意が必要です。

ダイヤモンドコート加工

By: amazon.co.jp

ダイヤモンドコート加工とは、フッ素加工のコーティング材をベースに粒子状にしたダイヤモンドを混ぜ込み、調理面を覆うという作り方です。

フッ素加工にはコーティングが剥がれやすいという弱点がありますが、ダイヤモンドを使うことで強度を担保。表面加工したフライパンをできるだけ長く使いたい方にはおすすめです。

マーブルコート加工

By: amazon.co.jp

フッ素加工のコーティング材に「マーブル(大理石の粉)」を混ぜて地金を覆うタイプ。作り方は、上記で説明したダイヤモンドコート加工と同じです。実際の使用感も、ダイヤモンドコート加工と大きな差はありません。耐久性能はフッ素加工のみのフライパンと比較すると優れていますが、ダイヤモンドコート加工にはやや劣ります。

しかし、いずれにしても使用を重ねることでコーティングが劣化するので、買い替えが必要となることは考慮しておきましょう。

セラミック加工

By: amazon.co.jp

金属でできた本体を、セラミックで覆ったフライパンです。上記の3種類とは異なり、フッ素樹脂はコーティング材に使用しません。

コーティング面は白色。非常に摩擦に強く、傷つきにくい構造となっています。400℃前後までの耐熱性もあり、熱による劣化を長く抑えることも可能です。

表面加工フライパンの取り扱い

By: amazon.co.jp

表面加工を施したフライパンには、金属のキッチンツールは使わないようにしましょう。表面に傷をつけ、コーティングを剥がす恐れがあるためです。

木製やシリコン製のキッチンツールを使い、不必要にこすらないことがおすすめ。また、本体を熱し過ぎるとわずかに有毒ガスが出る危険性があるため、空焼きをしないよう気をつけてください。

素材別フライパンのお手入れ方法

アルミ

By: amazon.co.jp

調理後は事前に水かぬるま湯で汚れを落としておき、そのあとスポンジでこすり洗いを行います。洗剤を使う場合は中性洗剤がおすすめ。アルミの弱点である酸やアルカリが含まれているものは使用しないようにしましょう。作った皮膜が取れてしまうので、クレンザー、金だわしなどを使うのも避けた方が無難です。

なお、汚れや焦げ付きがひどいときは、コンロに水とかけて煮立たせ、本体に温かさが残るうちに対応すると汚れが落ちやすくなります。

By: amazon.co.jp

調理のあとは、中性洗剤とスポンジで汚れを落とします。金だわしは、傷の原因となるため注意しましょう。なお、銅に緑色の変色が出たときはクレンザーが有効。ただし、できるだけ目の細かいクレンザーを使用し、スポンジか古布で磨くのがポイントです。

By: amazon.co.jp

使い終わったあとは、洗剤のついていないスポンジか、たわしで洗いましょう。油が落ちきってしまうと焦げ付くようになるので、洗剤は使いません。洗い終わったあとは水気をふき取るか、コンロにかけて水気を飛ばします。

本体がサビてしまったときは、クレンザーと金だわしを使ってこすりましょう。水気を取ったあと、再び油をなじませることでサビの侵食を止められます。なお、ハードテンパーという加工がされたフライパンは、出荷前に油ならしが行われているため事前の作業は不要です。

ステンレス

By: amazon.co.jp

普段のお手入れは、中性洗剤とスポンジで軽くこすり洗いをするのがおすすめ。汚れがひどいときはお湯を注いでしばらく置くか、水と重曹を合わせて火にかけて煮沸すれば落ちやすくなります。

チタン

By: amazon.co.jp

料理を終えたあとは、スポンジに中性洗剤を使用して汚れを落としましょう。汚れがひどくなってしまったときは、金だわしでこするのもアリです。

ちなみに、酸化を防ぐためにシリコンなどで表面にコーティングがしてある場合は、こするとはがれ落ちることはあるものの、代わりに酸化皮膜を作れるので問題はありません。全体に磨きこむよう丁寧にこすりましょう。

セラミック以外の表面加工フライパン

By: amazon.co.jp

フッ素樹脂をベースとした表面加工フライパンには、特別なお手入れは不要です。スポンジに中性洗剤を取り、こすり洗いをする程度で汚れは落ちます。ただし、傷には弱いので、クレンザーや金だわしなどを使って洗うのは避けてください。

汚れが落ちにくいときは、ぬるま湯でふやかすようにしながら洗うのがおすすめ。油汚れやソースがべったり付いたときは、食器洗い用のゴムベラや不要な布でサッとふき取ってから洗うようにしましょう。

セラミック加工

By: kyocera.co.jp

使いはじめる前に油ならしという工程が必要です。弱火で全面があたたまるまで加熱し、キッチンペーパーに取った油をなじませます。加熱時間は、30~40秒ほど。事前に油をなじませておくことで、フライパンの耐久性をアップさせることができます。

毎日のお手入れは、中性洗剤とスポンジで対応。調理面に傷がつくと性能が落ちてしまうので、クレンザーや金だわしなどは使わないようにしてください。また、調理後急に冷水を注ぐとコーティングが剥がれる原因になるので、その点は注意しておきましょう。

フライパンの用途をチェック

料理好きで色々作る方なら

By: amazon.co.jp

色々な料理にオールマイティーに使えるフライパンをひとつ持っていると便利です。鉄製、セラミック製、ステンレス製、フッ素樹脂加工製のものが特に役立ちます。食材のくっつきが少なく、調理法、食材の制限を受けないので便利に使用可能です。

料理にこだわりたい方は、アルミ製のフライパンに注目。くっつきやすく高温、酸、アルカリに弱いという性質を持つ一方、とても軽いので煽りながら食材にソースを絡める調理に向いています。

卵焼きをよく作る方なら

By: rakuten.co.jp

卵焼きはムラなく均一に加熱されるのが理想的なので、熱伝導率の高い鉄製、銅製のフライパンがおすすめです。熱ムラが少ないため、色味も損なわずキレイに仕上げることができます。

くっつき具合が気になる方はフッ素樹脂加工のフライパンも候補。丸い形のフライパンだけでなく長方形の卵焼き用フライパンもあるので、検討してみましょう。

肉料理をメインに作る方なら

By: amazon.co.jp

肉料理を作るときにはムラなく均一に、中までしっかり火をとおすことが大切です。熱伝導率が高い鉄製、蓄熱効果の高いセラミック製、ステンレス製などを使うと美味しく仕上がります。薄切りのお肉を料理するなら、フッ素樹脂加工製もよいでしょう。

用途にあったサイズと形状をチェック

By: kyocera.co.jp

フライパンは用途に合ったサイズと形状のモノを選ぶことが大切です。一人分の朝食やお弁当のおかずの調理には、小さくて扱いやすい直径20cm以下のモノがおすすめ。サッと取り出して調理ができ、洗うのにも手間がかかりません。収納場所も取らないのでキッチンが狭い方にも適しています。

22~24cmのフライパンは2人分の調理におすすめ。扱いやすいサイズで、収納しやすいのも魅力です。2人分でも食事を多めに作りたい場合は、一回り大きい24~26cmのフライパンを選びましょう。家族の人数が多い場合は、28~32cmの大型サイズを選ぶと、たくさんの量をストレスなく調理できます。

フライパンで煮込み料理や揚げ物を作る場合は、鍋のように使える深型のフライパンがおすすめ。フライパン1つで調理を済ませたい場合も、深型を選べばさまざまな用途に使えます。卵焼きを頻繁に作る方には、長方形のモノがおすすめです。

フライパンの熱源をチェック

お使いのコンロがIH対応かガス火か、またはそれ以外の熱源を使用しているかをチェックしておくことはとても大切。対応していない熱源のフライパンを使うと、トラブルが起こるので、購入時には必ず確認しておきましょう。

フライパンの取っ手をチェック

By: amazon.co.jp

フライパンには、主に樹脂製、木製取っ手がつくことが一般的。表面加工製やセラミック製のフライパンには、基本的に最初から取っ手が付属していることがほとんどです。熱源にかけても手が熱くなりませんが、つなぎ目のネジがゆるみやすいので劣化したら付け替えるか、フライパンごと買い替える必要があります。

表面加工製、セラミック製以外のフライパンには、他の金属でできた取っ手や地金そのままの取っ手がついているモデルもあります。金属製の取っ手は火傷が懸念されるほど熱くなるので、厚手の布やシリコンでできたカバーを用意しておくといいでしょう。

熱源からできるだけ遠い方が取っ手に熱が回るのが遅くなるので、できるだけ長めの取っ手がついたものを選ぶこともポイントです。

フライパンのおすすめ人気ブランド

ティファール(T-fal)

By: t-fal-onlineshop.jp

ティファールは調理器具や小型調理家電を扱うフランスのメーカー。取っ手が取れるフライパンが有名で、世界各国で人気があります。フライパンは大きさやカラーのバリエーションが豊富で、デザインがおしゃれなのも魅力。チタンコーディングを施したモノは、焦げ付きにくく耐久性も高いので、使い勝手がよくラクに調理できます。

北陸アルミニウム(HOKUA)

By: rakuten.co.jp

鋳物の生産で知られている富山県高岡市に本社を構える「北陸アルミニウム」。その確かな技術で作られたアルミフライパンは、美しい見た目と使いやすさで評判のアイテムです。

中尾アルミ製作所

By: amazon.co.jp

ホテルやレストランのシェフなど、プロも愛用している「中尾アルミ」のアルミフライパン。アルミならではの熱伝導率のよさで、ソースをサッと温めたり、パスタをすばやく仕上げたりするのに最適なフライパンが揃っています。

柳宗理

By: rakuten.co.jp

柳宗理(やなぎ そうり)は、日本におけるインダストリアルデザインで有名なブランド。さまざまな製品を手掛けていますが、鉄フライパンもそのひとつで、特に左右が張り出した製品をリリースしているのが特徴です。

フライパンのおすすめモデル

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ IHブルゴーニュ・エクセレンス 26cm L66605

取っ手がとれるのでコンパクトに収納可能

フライパンをスマートに収納したい方におすすめの製品。「インジニオ」は、取っ手が外れる人気シリーズで、狭い棚や引き出しにも収納できるのが魅力です。取っ手を外してオーブン調理もできるので、レシピのバリエーションを増やしたい方にもおすすめ。取っ手まわりが汚れても外して洗えるため、手入れもラクにできます。

6層の「チタン・エクセレンスコーティング」を施しているため、耐久性が高く焦げ付きにくいのがポイント。また、内面中央には適温になると色が変わる「お知らせマーク」があり、食材を入れるタイミングが分かるので便利です。

ワインレッドのおしゃれなデザインも魅力のひとつ。使いやすさとデザイン性を兼ね備えたフライパンです。

北陸アルミニウム(HOKUA) まとめて焼けるビッグパン 32cm

軽量で扱いやすい大型サイズのフライパン

たっぷりの料理を調理できる大きいフライパンを探している方におすすめの製品。餃子を一度に約40個焼ける直径32cmの大きめサイズで、4~5人分の食事もまとめて作れます。ハンバーグを焼きながら空いたスペースで付け合わせを作れたり、サンマなどの長い魚を焼いたりするのにも適しています。

オール熱源対応で、IHやハロゲンヒーターでも調理することが可能。内面と外面の両方に「マーブル加工」が施されているので、汚れが付いても簡単に落とせます。さらに、フッ素樹脂でコーティングされており、食材がこびり付きにくいのもポイント。大型サイズでも軽量なアルミを採用しているので、ラクに扱えます。

中尾アルミ製作所 キングフロンフライパン 27cm

ムラなく加熱し料理を美味しく調理する

ステンレスと厚めのアルミを採用したフライパン。キズやサビに強いステンレスと、熱伝導性の高いアルミの特性を併せ持つのが特徴です。内面にはセラミック配合の「3層ハードコートフッ素樹脂加工」を施しており、耐久性が高く焦げ付きにくいので快適に使用できます。

外側全面に磁力への反応がよい445M2ステンレス材を採用し、内側に極厚2.6mmのアルミ材を挟み込んでいるため、熱ムラが少なく側面までしっかり加熱することが可能。食材にムラなく加熱できるので、料理が美味しく仕上がります。自宅で本格的なフライパン料理を楽しみたい方におすすめの製品です。

柳宗理 南部鉄器 ミニパン 16cm 2319900

日本の伝統工芸である南部鉄器をモダンなデザインにアレンジしたフライパン。見た目がおしゃれなので、料理をそのままテーブルに出すのにも適しています。IHやガス火に加えてオーブンでも調理できるため、スキレットのように使えるフライパンを探している方にもおすすめです。

鉄に厚みがあり蓄熱性が高いため、食材にじっくりと熱を加えて美味しく焼き上げます。また、鉄製のフライパンは油なじみがよく、ソーセージやベーコンをパリッと香ばしく焼けるのも魅力。初めて鉄製のフライパンを購入する方にもおすすめの製品です。

サーモス(THERMOS) 炒め鍋 28cm KFC-028D

「プラズマ超硬質コート」により、抜群の耐久性を実現したフライパン。表面のフッ素コーティングが削れても、超硬質のプラズマ加工コートが残ったフッ素層を守るため、焦げ付きにくさをキープできます。IHとガス火に対応しているのもポイントです。

直径が28cmの大型サイズで深さが8.5cmあるので、中華料理や煮物をたっぷり作ることが可能。大きくてもアルミ製で軽量なため、鍋を振って調理する料理にも対応できます。

さらに、握りやすい形状のハンドルにはフェノール樹脂を採用。熱くなりにくいので安心して使用できます。深めのフライパンで焦げ付きにくいモノを探している方におすすめです。

ドウシシャ(DOSHISHA) エバークック フライパン 26cm EFPN26RD

焼いた食材が焦げ付かずにツルっとすべるフライパンを探している方におすすめの製品。隙間が設けられた「アンカー構造」が、フッ素をつかんで離さないため、内面のツルっとした使用感が長く続きます。焦げ付きやすい餃子なども簡単に皿に移せるので、調理の仕上げにも便利です。

使いやすい26cmサイズで、炒め物も焼き物も快適に作れます。また、素材は軽量なアルミニウムで、腕に負担を軽減して調理が可能。油汚れなども簡単に落ちるため、使用後の後片付けにも手間がかかりません。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ダイヤモンドコートフライパン 26cm DIS-F26

ダイヤモンドコーティングを施したフライパン。食材がこびり付きにくく快適に使えるのが魅力です。人工ダイヤモンドを細かい粒子状にしてフッ素樹脂コーティングに配合しているので、耐久性が高く、長く愛用できます。

滑りがよく油汚れも容易に落とせるため、手入れがラクにできるモノを探している方にもおすすめです。ガス火とIHに対応しているのもポイント。直径が26cmで深さが10.3cmなので、カレーやシチューなどの煮込み料理も作れます。

ハンドルには耐熱温度150℃のフェノール樹脂を採用。本体はアルミ製で、はり底がステンレスのため、熱伝導性が高く食材にムラなく熱を通せます。価格の安さも魅力のフライパンです。

京セラ(KYOCERA) セラブリッドフライパン 26cm CF-26B

扱いやすいセラミックフライパンを探している方におすすめの製品。本製品はオール熱源対応で、ガス火でもIHでも使えて便利です。セラミック加工の調理面は強度が高く、角が丸い金属ヘラで調理したり、メラミンスポンジで洗浄したりできます。

熱伝導性が高く中火でも強火のように食材に熱が通るので、ガス代や電気代を節約したい方にもおすすめです。さらに、遠赤外線効果により食材にじっくり熱を通せるため、食材の旨みをしっかり閉じ込めた美味しい料理を作れます。直径26cmの使いやすいサイズでデザインがおしゃれなのも魅力です。

貝印 軽量・高熱効率・マルチ炒め鍋IH対応 24cm DW5633

フライパン1つでさまざまな料理を作りたい方におすすめの製品。直径が24cm、深さが11.5cmあるため、炒め物や焼き物だけでなく煮込み料理も作れます。キッチンが狭くて多数の鍋やフライパンが置けない一人暮らしの方にもおすすめです。

アルミニウム製で内面にフッ素樹脂加工を施しているので、食材が焦げ付きにくくラクに調理が可能。機能性の高さとコスパのよさが魅力のフライパンです。

また、本体側面を薄く加工することで、熱伝導性を高めています。さらに、保温性を高めるために、はり底にステンレススチールを採用しているのもポイント。時短調理にも適しています。

ツヴィリング(Zwilling) ヴァイタリティフライパン 20cm 66461-200-0

重厚な底構造により、高い蓄熱性と熱伝導を実現したステンレス製のフライパン。ステーキや魚の表面をカリッと焼いて内側にしっかり熱を通せるので、料理がより美味しく仕上がります。フライパン全体の温度が上がった後は弱火で調理できるので、光熱費を抑えられるのも魅力です。

IHとガス火だけでなくオーブン調理にも対応しているため、メニューのバリエーションを増やしたい方にもおすすめ。シンプルで無駄のないデザインなので、そのまま食卓に出してもおしゃれです。

また、直径20cmサイズで取り回しもラクにできます。1~2人分の料理を美味しく仕上げるステンレス製のフライパンです。

中村銅器製作所 銅製 玉子焼鍋 12×16cm

料亭や寿司店のようなふんわりおいしい卵焼きを焼きたい方におすすめの製品。卵焼き用の長方形タイプで素材に熱伝導性の高い銅を採用しているため、ふっくらした卵焼きを焼けます。

銅製のフライパンは全体にムラなく熱が通る特性があり、微妙な火加減を伝えられるので、焦げのない美しい卵焼きを作ることが可能です。サイズは12×16cmで、卵焼きを作る際は、2~4個の卵を使用することが目安とされています。

また、サイズが小さいので、お弁当用のソーセージをサッと炒めるのにも使えて便利です。職人が1つ1つ手作りしている素朴なデザインも魅力のひとつ。毎日の卵焼きをふんわりおいしく焼き上げたい方におすすめの製品です。