「アウトドア向けフライパン」は、屋外で調理をする際に揃えておきたいアイテムのひとつです。炒めることはもちろん、煮たり焼いたりとさまざまな調理に使えます。また、器代わりにしてできた料理をそのままサーブして食べることも可能です。

そこで今回は、アウトドア向けのフライパンの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてください。

アウトドア向けフライパンの選び方

フライパンの素材をチェック

アルミ

By: amazon.co.jp

アルミのフライパンは軽量で扱いやすく、熱伝導効率が高いので短時間で調理できるのが特徴です。また、リーズナブルな価格で購入できる点も魅力。一方、料理が焦げつきやすく、耐久性が低いのが欠点です。

最近では、耐食性・耐摩耗性を向上させるため「アルマイト加工」が施されたモデルも販売されています。

チタン

By: amazon.co.jp

チタンのフライパンは、非常に軽量で強度があり、錆びにくいのが特徴です。保温性が高いため、料理が冷めにくいのもポイント。ただし、熱の伝導効率が低いため火が強く当たる部分だけ焦げやすく、焼き加減にムラが出やすいのが欠点です。

軽さを重視したい登山やソロキャンプなどでは、チタン素材のフライパンがおすすめです。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス素材は、丈夫で錆びにくいのが特徴です。熱伝導率が低く、一度あたためたら冷めにくいので余熱調理に向いています。重めですが、安定するので調理しやすい点も魅力。車移動でのファミリーキャンプなどにおすすめです。

By: amazon.co.jp

鉄は手入れを怠らなければ長年使える丈夫な素材。熱伝導率が高く、高温で調理ができます。また、使い込むことによって油がなじんでいくので焦げつきにくくなるのも魅力。ただし、重いので登山や荷物を軽くしたい場合には向きません。

アウトドアでも本格的な料理を楽しみたい方におすすめの素材です。

フライパンの重さをチェック

できるだけ荷物を軽量化したいソロキャンプや登山などでフラインパンを使用する際は、チタンやアルミなど軽量な素材のモノを選ぶのがおすすめ。キャンプなど車で移動をする場合は、重さはそれほど気にしなくてもよいので、鉄製のフライパンを選ぶのもアリです。

スタッキングしてコンパクトに収納できると便利

By: amazon.co.jp

スタッキングとは、フライパンやクッカーなどを積み重ねて収納することを指します。アウトドア向けのフライパンは、同じシリーズのクッカーなどとスタッキングできるモデルが多いのが特徴。さまざまな調理道具をコンパクトにまとめて持ち運びたい方は、同じシリーズで揃えるのがおすすめです。

手入れのしやすさをチェック

アウトドア向けフライパンを選ぶ際は、「フッ素加工」などの焦げつき防止コーティングが施してあるフライパンを選ぶのがおすすめです。汚れが落としやすいので、使用後も手入れがしやすく便利に使えます。

アウトドア向けフライパンのおすすめモデル

ユニフレーム(UNIFLAME) 山フライパン 17cm No.667651

深型で幅広い調理が可能なアウトドア向けフライパンです。サイズは、直径17×深さ4cm。深型のため、スープやパエリアなどの調理も可能です。本体の材質はアルミを採用。約175gと軽量で、熱伝導性に優れています。また、フッ素樹脂加工を施しており、お手入れも簡単です。

ハンドルは折りたたみ式で、収納しやすい設計。専用のメッシュ素材ケースも付属し、携帯性に優れています。小さめのサイズなので、ソロキャンプで使用するのにおすすめの製品。より深さが欲しい方は、同シリーズの「山フライパン 17cm 深型」もチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ふっ素樹脂加工 ミニフライパン 16cm UH-4112

フッ素樹脂加工を施した、使い勝手のよいアウトドア向けフライパンです。食材が焦げつきにくく、メンテナンス性は良好。アルミを採用しているため、錆びにくいのも特徴です。サイズは直径17×長さ26.5×高さ35cmと小さめ。小型ガスバーナーとの相性も良好です。

取っ手は折りたたみ式を採用。収納時は外径17×高さ3.8cmまでコンパクトになります。軽い素材のため、バッグに入れても負担が少ないおすすめ製品です。

モンベル(mont・bell) アルパインフライパン 20 1124699

軽量かつ、熱伝導性に優れたアルミ製のアウトドア向けフライパンです。本体重量は255gと軽量。メッシュタイプの収納袋も付属しているので、持ち運びに便利です。フライパンの表面には、硬質の酸化被膜を施しており、耐食性と耐摩耗性を向上しています。

ハンドルはシリコンカバーつき。手袋をした状態でも滑りにくく、熱さも軽減します。折りたたみも可能なので、収納時も省スペースを実現。フライパンの内部はリベットなどの凹凸がなく、洗いやすい設計です。また、フッ素加工も施してあるので、焦げつきも防止します。

サイズは直径21.5×高さ5.6cm。よりコンパクトなモデルが必要な方は、同シリーズの「アルパインフライパン 16」「アルパインフライパン 18」もチェックしてみてください。

エバニュー(EVERNEW) チタンフライパン20 セラミック ECA443

金属加工の街で有名な、新潟県燕市で製造されたフライパンです。材質はチタンを採用。155gと軽量で、錆びにくい特徴があります。サイズは直径20.5×深さ4cm。内側にはセラミックコートを施しており、耐熱性と耐久性に優れています。焦げつきも防ぐため、扱いやすいモデルです。

取っ手は折りたたみが可能で持ち運びに便利。シリコンチューブつきで、グリップ力も向上しています。ほかのサイズと組み合わせて、スタッキングすることも可能です。

トークス(TOAKS) チタニウム フライパン 115mm PAN-115D

直径12.1×高さ3cmと小型で、ソロキャンプや少量の料理を作るのに適したモデル。重量も46gと非常に軽量のため、持ち運びの負担になりません。ハンドルは折りたたみ式を採用し、省スペースで収納できます。

本体の材質にはチタンを使用。錆びに強く、強度と保温性に優れています。軽量で持ち運びやすいアイテムを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) チタン トレック900 SCS-008T

収納性に優れたフライパンとポットがセットになったモデル。フライパンはポットの蓋になり、中にシングルバーナーなどの小物を収納して持ち運べます。同シリーズの「チタントレック1400」とスタッキングも可能。175gと軽量なので、携帯性も良好です。

素材はチタンを採用。強度と耐食性に優れ、金属臭も少ないのがメリットです。サイズはフライパンが直径12.8×高さ3.9cm、ポットが直径12×高さ10.7cm。ポットは1回で2人分のパスタを調理できます。フライパンはお皿としても機能するので便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 3層鋼 フライパン 17cm M-8609

軟鉄にステンレスを挟んだ3層鋼のフライパンです。本体は外径17.5×高さ3.9cmと小さめ。軟鉄の高い熱効率に加え、ステンレスの耐久性を備えています。火力のある焚き火やガスバーナーにも安心して使用可能。お手入れも簡単なので、手間を省きたい方に適した製品です。

取っ手はネジでしっかりと固定でき、調理時にガタつきを防ぎます。取り外しにも対応しコンパクトに収納できるので、荷物を減らしたいソロキャンプにおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) パエリアパン ファイバーライン M-6693

「ファイバーライン加工」により、油なじみがよく、焦げつきにくいアウトドア向けフライパンです。サイズは外径28×高さ3cm。本体の表面に繊維状の凹凸を設けることで、接地面が狭くなり、こびりつきを最小限に抑えます。

鉄製なので熱伝導性に優れ、肉を焼いたり、パエリアなどを調理したりするのにぴったり。定期的なメンテナンスは必要なものの、丈夫で長持ちするおすすめアイテムです。

コールマン(Coleman) クラシックアイアンスキレット 2000021880

蓋つきで蒸し料理も可能な鋳鉄製のアウトドア向けフライパン。蓋裏にはリベットが配置されており、水分が食材に均等に落ちる設計です。鋳鉄製のため、重量は約4.4kgと重たいものの、熱伝導率に優れています。植物オイル仕上げが施されているので、シーズニングの手間もありません。

サイズは幅27.5×長さ41.5×高さ10cmで、2人分の調理をするのに適した大きさ。専用ケースも付属し、多少の汚れを気にせずに持ち運べます。LPガスに非対応な点には注意しておきましょう。キャンプで美味しい餃子や目玉焼きを作るのにぴったりのおすすめ製品です。

ペトロマックス(Petromax) シュミーデアイゼンフライパン 32 12547

表面に網目状の溝を設けてある、特殊なデザインのアウトドア向けフライパン。油や肉汁が溝に流れ込み、食材が焦げつきにくい設計です。本製品の材質は鉄を採用。1975gと重量がある分、安定感は良好です。強靭な作りのため、焚き火や薪ストーブでの調理にも対応しています。

サイズは直径32cmあるので、多人数向けの調理におすすめ。ほかのサイズと組み合わせれば、スタッキングもできて便利です。

ブッシュクラフト(Bush Craft) たき火フライパン 10-03-orig-0002

ハンドルをブッシュクラフトで用意するタイプのアウトドア向けフライパン。ハンドルは、生木をナイフで削り出して用意します。フライパンの柄へ装着する際は、付属のネジで固定可能。準備に手間はかかりますが、セッティングの自由度が高く、調理と同時にブッシュクラフトを楽しめる製品です。

シーズニング済みのため、手に入れてからすぐに調理できるのも嬉しいポイント。リネン製収納ケースつきかつ、ハンドルのない製品のため、持ち運びに便利です。堅牢な作りのため、アウトドアシーンで気兼ねなく使えます。

アウトドア用フライパンのAmazonランキングをチェック

アウトドア用フライパンのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。