頑丈で錆びにくいほか、スタイリッシュな見た目が魅力のステンレスフライパン。焦げ付きやすく使いにくいイメージをもたれがちですが、材質の特徴を踏まえて適切な使用方法を心掛けることで、一生モノのフライパンとして大活躍してくれます。

そこで今回は、おすすめのステンレスフライパンをご紹介。ステンレスフライパンの特徴や選び方も合わせて解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ステンレスフライパンの特徴

メリット

By: amazon.co.jp

ステンレスは錆びにくく衛生的であるほか、頑丈で高温の熱にも耐えられるので、さまざまな調理シーンで毎日使用しても長持ちしてくれます。また、加熱すると冷めづらいため余熱調理が可能であり、ガス代の節約になるのもメリットです。

さらに、汚れが落ちやすいので洗い物がラクなのも魅力。食材が少し焦げ付いてしまっても、お湯を張ってしばらくすると勝手に汚れが剥がれていきます。なお、シンプルかつおしゃれな見た目なので、デザイン性を重視している方にもおすすめです。

デメリット

By: amazon.co.jp

ステンレスは食材がくっつきやすく、焦げやすいのがデメリット。また、熱伝導が悪いため、冷めにくい反面フライパンを熱するのに時間がかかります。しかし、使用時のコツさえ掴んでしまえば快適に使用できるのがステンレスフライパンです。

調理開始前にしっかりフライパンを加熱し、油を馴染ませておくことで食材が焦げ付きにくくなります。さらに、熱が冷めにくい特徴を活かして通常よりも少し弱めの火加減で調理すると、食材に熱を加えすぎることなく美味しく仕上がるのもポイント。ステンレスフライパンを最大限に活用するためには、特徴を把握したうえで使い慣れていくことが大切です。

ステンレスフライパンの選び方

全面多層構造のモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

ステンレスフライパンは、熱伝導のよい「アルミニウム」とステンレスを何層にも重ねることで、ステンレスの熱伝導の悪さを解消している製品が主流です。このタイプは多層構造と呼ばれており、熱伝導のみならず蓄熱性も高まるため、”熱しやすく冷めにくい”理想的なフライパンとして重宝します。

この多層構造フライパンのなかには、”底面のみ多層構造”のタイプと”全面が多層構造である”タイプの2種類がありますが、使いやすさを追求したい場合には全面多層構造タイプがおすすめ。底面のみ多層構造のモノに比べて熱がより効率的に伝わりやすく、熱ムラなく美味しく仕上がります。また、全面多層構造のほうが比較的軽量なモノが多いため、片手でも扱いやすく快適に使用できるのも魅力です。

価格で選ぶ

製品によって価格は大きく異なりますが、初めてステンレスフライパンを使用する場合には、5,000円以下の比較的リーズナブルな製品を選ぶのがおすすめです。ステンレスフライパンを上手に使いこなすにはコツを掴む必要がありますが、なかには上手く使いこなすのに時間がかかってしまう方もいます。

一度高価な製品を購入してしまうと、上手く使いこなせなくてもなかなか手放せず、調理時のストレスになってしまう可能性もあるため、まずはリーズナブルなモノで使い方を確認してみましょう。そのうえで、長く使用できそうであればより丈夫で機能性の高い、高級アイテムにチャレンジしてみてください。

サイズや重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

最後に、サイズや重さをチェック。ステンレスフライパンのサイズは、使用シーンを踏まえて選ぶことが重要です。何人分の料理を作るかによって適切なサイズは異なり、2人分までであれば24~26cm、4人分までの場合には28cm前後のモノを選ぶと重宝します。また、少量の一品料理や一人分の朝食などに使用する場合には、20cm前後のモノがおすすめです。

さらに、快適に調理をするためには重さも大切。頑丈なステンレスは比較的重めの素材ですが、製品によってはほかの素材と組み合わせたり構造を工夫したりすることで、軽量性を追求しているモノも多く見られます。特に、ステンレスフライパンを毎日使用したい場合には、調理時の負担を軽減できるよう、軽量タイプのモノを選んでみてください。

ステンレスフライパンのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ステンレスフライパン StyleChef SF-26NC

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ステンレスフライパン StyleChef SF-26NC

丈夫で錆びにくい「FW2ステンレス」を使用したアイリスオーヤマの人気モデル。熱伝導性の高いアルミをステンレスで挟み込んだ3層底構造で、保温力に優れているのが魅力です。

ガス火・IH、さらにはラジエントヒーターに対応。抜群のコストパフォーマンスを誇るため、ステンレスフライパンを試しに使ってみたいという方にもおすすめです。

ヴェーエムエフ(WMF) ステンレスフライパン W0718806041

ヴェーエムエフ(WMF) ステンレスフライパン W0718806041

鍋・フライパンをはじめとするキッチンツールを幅広く取りそろえるドイツブランド「ヴェーエムエフ」のステンレスフライパン。銀のような美しい輝きを放つ高品質ステンレスを採用しており、スタイリッシュなたたずまいが目を引きます。

内寸18cmの小振りなサイズ感で、サイドディッシュやソース作りにもピッタリ。また、どこから注いでも液ダレしないストレスフリーな設計が魅力です。

ビタクラフト(Vita Craft) ステンレスフライパン オレゴン 8674

ビタクラフト(Vita Craft) ステンレスフライパン オレゴン 8674

1939年の創業から一貫して健康調理を提唱し続けるアメリカのキッチンツールメーカー「ビタクラフト」のステンレスフライパンです。全面多層構造により、アルミの熱伝導性・ステンレスの保温性を両立。熱効率に優れているので、素材の油だけでも肉や魚をヘルシーに調理できます。

また、本体と付属のフタが密着する設計のおかげで水蒸気が外に流出しにくく、食材に含まれる水分を利用した無水調理が可能。お湯で茹でると水に溶け込んでしまう野菜の栄養素を逃さずに摂取したい方におすすめです。

宮崎製作所 ステンレスフライパン ジオ GEO-25ST

宮崎製作所 ステンレスフライパン ジオ GEO-25ST

親子3代で愛用できる品質・機能を追求する「ジオ・プロダクト」シリーズの日本製ステンレスフライパン。アルミニウムをステンレスでサンドイッチした全面7層構造により熱効率性が高く、省エネ・調理時間の短縮が期待できます。

すっきりとしたフォルムのシンプルデザインで、掃除がしやすくお手入れも簡単。また、ガスやIHをはじめとする幅広い熱源に対応しており、オーブン調理も可能な万能アイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ・バーベキュー用ステンレスフライパン

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ・バーベキュー用ステンレスフライパン

使い勝手のよい製品をリーズナブルな価格で提供する日本のアウトドアブランド「キャプテンスタッグ」のステンレスフライパン。落下の衝撃にも耐えうる抜群の耐久性を誇り、キャンプやバーベキューにも安心して持ち込めます。

取っ手はネジを用いた取り付け式で、取り外せば持ち運びが便利。また、軟鉄をステンレスで挟んだ多層構造のおかげで熱効率はバッチリです。

マイヤー(MEYER) ステンレスフライパン スターシェフ2 MSC2-P26

マイヤー(MEYER) ステンレスフライパン スターシェフ2 MSC2-P26

カルフォルニアに本拠地を置く老舗キッチンツールメーカー「マイヤー」のステンレスフライパン。内側にフッ素樹脂加工を施すことにより、食材が焦げ付きにくくお手入れがしやすい仕様となっています。

ガス火はもちろんIHに対応しているので、さまざまな環境で使用可能。機能美があふれるシンプルデザインが好きな方におすすめのアイテムです。

遠藤商事 ステンレスフライパン ムラノインダクション AHLV601

遠藤商事 ステンレスフライパン ムラノインダクション AHLV601

電磁調理器に対応したプロユースのステンレスフライパン。握り心地がよく疲れにくい空洞ハンドルをビスなしで本体に接合しているため、お手入れがしやすく衛生的に使用できます。

また、アルミニウムをステンレスでサンドイッチした3層底により、ムラのないスピーディーな加熱が実現。豊富なサイズバリエーションから用途に合わせて最適な1枚を選択してみてください。

キプロスター(KIPROSTAR) ステンレスフライパン IHFP-T26

キプロスター(KIPROSTAR) ステンレスフライパン IHFP-T26

低価格ながらもクオリティーの高い調理機器を展開する国内ブランド「キプロスター」のステンレスフライパン。焦げ付きを防止するため、表面にはテフロン加工が施されています。

熱効率に優れた3層鋼構造で、食材にまんべんなく火が通りやすく調理時間の短縮が可能。また、直火やIHに対応しているのはもちろん、そのままオーブンに入れることができるプロ仕様なのも魅力です。

ティファール(T-fal) ステンレスフライパン コンフォートマックス C99402

ティファール(T-fal) ステンレスフライパン コンフォートマックス C99402

世界的な人気を誇るフランスの調理器具ブランド「ティファール」のステンレスフライパン。ステンレスの美しさを活かしたスタイリッシュなデザインが目を引きます。

素材にはクロムやニッケルが含まれ、腐食しにくいのが魅力。また、破損の原因となる空洞ができないように底面を丁寧に加工し、長く使用できる品質に仕上げています。

ツヴィリング(Zwilling) ステンレスフライパン ツヴィリングセンセーション 66008-240

ツヴィリング(Zwilling) ステンレスフライパン ツヴィリングセンセーション 66008-240

ナイフを中心とした高品質なキッチンツールで知られるドイツブランド「ツヴィリング」のステンレスフライパン。美しい光沢を放つ表面は酸を含んだ食材などによる変色に強く、手跡がつきにくいのでお手入れが簡単です。

フチまで火が通りやすいように、熱伝導性に優れたアルミニウムをステンレスで挟み込んだ全面5層構造を採用。また、スポット溶接のおかげで調理中にハンドルが熱くなりにくいので、使い勝手は抜群です。

フィスラー(Fissler) ステンレスフライパン クリスピープレミアム FISS-12140020100

フィスラー(Fissler) ステンレスフライパン クリスピープレミアム FISS-12140020100

優れた技術力とデザインの美しさで高く評価されるドイツブランド「フィスラー」のステンレスフライパン。表面には独自の凸凹加工が施され、食材から余分な油を落としながら調理できます。

また、高級感のあるオールステンレス仕様で、直火・IHはもちろんオーブンにも対応。人間工学に基づいたデザインのハンドルは、濡れた手でも滑りにくいのが魅力です。

プリムス(PRIMUS) ステンレスフライパン P-C738003

プリムス(PRIMUS) ステンレスフライパン P-C738003

燃焼器具を得意とするスウェーデンブランド「プリムス」のステンレスフライパン。艶やかなステンレスで熱伝導率に優れたアルミを挟んだ3層構造を採用しています。

ハンドルは折りたたみ可能で、持ち運びに便利な収納袋が付属。アウトドアシーンで料理を楽しみたい方におすすめの1枚です。

グリーンパン(GREENPAN) ステンレスフライパン エバーシャイン CC001073-001

グリーンパン(GREENPAN) ステンレスフライパン エバーシャイン CC001073-001

安全性の高い調理器具で親しまれるベルギーブランド「グリーンパン」のステンレスフライパン。化学物質を含まない特殊なコーティングにより、食材が焦げ付きにくくお手入れは簡単です。

また、ステンレスに施された電解加工が変色を防止。強固なリベット留めのハンドルは根本が2つに分かれており、熱くなりにくいのが特徴です。

パデルノ(PADERNO) ステンレスフライパン 1014-20 AHLR220

パデルノ(PADERNO) ステンレスフライパン 1014-20 AHLR220

1925年にイタリアで設立したキッチンブランド「パデルノ」のステンレスフライパン。錆びに強い「18-10ステンレス」を使用しており、抜群の耐久性を誇ります。

また、熱伝導率が向上するようにステンレスとアルミを組み合わせたサンドイッチ式3層底を搭載。握り心地に優れたハンドルは、人間工学に基づいてデザインされています。