一般的なフライパンよりも底が深く、多岐にわたる調理が可能な「深型フライパン」。深型フライパンは、ティファールや和平フレイズなど、多くの調理器具メーカーから発売されています。サイズや重量もそれぞれ異なるので、どれを選ぶべきか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、深型フライパンのおすすめ製品を、選び方とともにご紹介していきます。生活環境や使用用途に合った深型フライパンを選んで、楽しく料理をしましょう。

深型フライパンのメリット

By: rakuten.co.jp

一般的なフライパンで調理可能な焼く・炒めるだけでなく、煮る・揚げる・蒸すといったメニューもつくれる深型フライパン。文字通り、フライパンの底が深くなっているので、油がはねたり飛び散ったりしにくいのが特徴です。

また、深さがあることで食材を一度にたくさん料理することが可能。調理中に食材が外にこぼれだすことも少なく、食材の無駄を軽減できます。フライパンよりも重みがありますが、鍋よりも軽く扱いやすいモノが多いのもポイント。1つ持っておくと料理のレパートリーが増えて便利です。

深型フライパンの選び方

8cmをベースに深さで選ぶ

浅めのタイプ

By: amazon.co.jp

フライパン調理をするうえで炒め料理が最も多い方には、深さ7cm程度のフライパンがおすすめ。深型フライパンのなかでも浅めなので、煽りやすいのが特徴です。チャーハンや野菜炒めなどをよくつくる方に適しています。

また、一般的なフライパンよりも深いので、食材がこぼれにくいところもポイント。ただし、煮る・揚げる・蒸す料理をするときは、深さが足りないこともあるので注意しましょう。

深めのタイプ

By: amazon.co.jp

深さ9cm以上のモノが、深型フライパンのなかでも深めのタイプに分類されます。フライパンというよりは「片手鍋」のような形状をしており、煮る・蒸す・揚げるメニューの調理も可能。水分や油をたくさん使う料理も難なくこなします。

深さがあるので油がはねにくいのもポイント。小さい子供がいる家庭でも安心して調理でき、油によって床が滑りやすくなるのも防ぎます。また、深さがあるため、何人分かをまとめてつくれるのも魅力。一人暮らし用としても、何人分かまとめてつくる用としてもおすすめです。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

深型フライパンは、焼く・炒める用途で使用する際に煽ることもあるので、なるべく軽量のモノを選ぶのがおすすめ。一般的なフライパンよりかは重たくなってしまいますが、深型フライパンのなかでは600~700gのモノが軽量に分類されます。1kg程度になるとずっしりとした重みを感じ、扱いにくくなるので注意が必要です。

ただし、煮込みや蒸し物のために深型フライパンを使用する場合は、多少重みがあっても問題ありません。使用用途に合わせて選んでみてください。また、重さの感じ方には個人差があるため、家にあるフライパンの重さなどと比較してみるのもおすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

深型フライパンは深さだけでなく、口径のサイズもチェックしておきましょう。1人分なら24cm口径のフライパンで十分。20cm以下の口径の深型フライパンも、1つあると取り回しやすく便利です。

2~4人分の料理をつくる場合は、26~28cmの口径を持つ深型フライパンがおすすめ。28cm以上のモノもありますが、このサイズを超えると重さや使い勝手の悪さが目立ったり、フタを選ぶのが難しくなったりします。20~30cm程度まで、さまざまなサイズが揃えられていますが、生活環境に適した大きすぎず小さすぎないモデルを選んでみてください。

蓋付きかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

煮込み料理や蒸し料理をつくるときに必要な蓋。深型フライパンには蓋付きのモデルと、蓋が付属していないモデルがあるので、用途に合わせて適したモノを選びましょう。

別売で蓋を購入できるモノもありますが、元からセットで売られているモノのほうが、より本体とフィット。蓋と本体の隙間から、熱や旨味を含んだ蒸気が逃げるのを防ぎます。また、蓋がフィットするモノのほうが調理効率があがるので、時短やガス代の節約も可能です。

取っ手が着脱できるかで選ぶ

By: amazon.co.jp

深型フライパンは深さも直径もあるので、どうしても収納に場所を取られがち。取っ手がとれるタイプのモノを選べば、鍋と重ねやすくなったり、横幅が狭くても収納しやすくなったりと便利です。

取っ手をほかの鍋やフライパンに付け替えできるモノは、汎用性の高さも魅力。取っ手部分に穴が開いているタイプなら、壁に取り付けたフックにも掛けられます。

深型フライパンのおすすめ

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ グランブルー・プレミア ウォックパン 炒め鍋深型 28cm L61419

「取っ手の取れるティファール」というフレーズのCMでもおなじみの調理器具メーカー。取っ手が別売になっており、取っ手を外せばよりコンパクトに収納可能です。

本製品には、耐久性の高いチタンコーティングが施されています。フライパンの外面にも、傷に強いエナメルコーティング加工がされており、見た目も美しいフライパンです。

本体の深さは8cmと標準的。炒め料理にはもちろん、少量であれば煮込み料理をしてもこぼれにくいタイプです。旨味と風味を引き出すベストタイミングで調理ができるように、適温を知らせるお知らせマークがポイント。1つあれば家庭でさまざまな料理を楽しめて便利です。

レミパン(REMI PAN) 24cm 深型フライパン NISD-RHF

人気の料理愛好家・平野レミ氏が考案した「レミパン」。料理愛好家ならではの視点を活かして、使いやすさにこだわってつくられています。ミルキーなイエロー・オレンジ・ブラウンカラーから選べて、バリエーションも豊富です。

フライパンの内面は傷になりにくい「高密度3層ふっ素コート」を採用。食材を扱いやすい鍋底形状で、さまざまなメニューで活躍します。スタンド式のガラス蓋は、調理中に蓋を自立させられ便利。料理の最中も食材の状態をガラス蓋で見られるので、失敗が少ないのがポイントです。ガスコンロだけでなく、IH調理器にも対応しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フライパンセット

7.9cmの深さのフライパン。1958年に日本で創業した家電メーカー「アイリスオーヤマ」の本製品では、4~5人分の料理をつくれます。IHにもガスコンロにも対応するので、どんなキッチンでも使えて便利です。

表面にはダイヤモンドコーティングを施しており、汚れがこびりつかずスルッと落ちます。およそ50万回の耐摩耗性試験もクリアしているため、傷がつきにくく長く使い続けられるのも魅力です。満水容量は4.2Lと大容量ながら、860gと1kgを切る重さで扱いやすく、片手でもラクに調理できます。

サーモス(THERMOS) フライパン 28cm

ステンレス魔法瓶を発売している「サーモス」の深型フライパン。8.5cmと一般的な深型フライパンよりも深さがあるので、煮込み料理や簡単な揚げ物をする際にも使えます。耐久性の高い「デュラブルコート仕様」を採用しているため、焦げつきにくく丈夫です。

内径は28cmで、2~4人分のメニューをつくれます。取っ手部分に穴が開いているので、フックに掛けて収納可能です。

パール金属(PEARL METAL) トップダイヤ プラチナプラス深型フライパン 22cm HB-3757

ガスコンロからIH、ハロゲンヒーターなど、さまざまな熱源に対応する深型フライパン。22cm口径なので、一人暮らしの方にもぴったりのサイズです。深さは約6.8cmで、煮込み料理よりも炒め・焼きの調理に向いています。

「テフロンプラチナプラス ダイヤモンド加工」が施されており、熱変形に強いのが特徴。金属ヘラも使用できる超特厚タイプなのも嬉しいポイントです。重量も約630gと片手でもラクに持てる重さなので、料理初心者でも簡単に扱えます。

ウルシヤマ金属 ルミエール いため鍋 30cm

本体の成形から内面のふっ素コーティング、組み立てまですべて国内で一貫生産されているフライパンです。丁寧に研磨され、外面が美しいのも特徴。まるで鏡のような輝きを放ちます。30cmの大きめサイズなので、3人以上で同居している家庭におすすめです。

本体には、熱伝導性を高める全面2層構造と、軽量化を実現するスピニング加工で、性能と軽さを両立。ガス火やIHのほか、電子レンジ以外のすべての熱源に対応するタイプです。フライパンの内面にはテフロンプラチナ加工を採用。少ない油でヘルシーに調理できるほか、料理がこびりつきにくいのでお手入れも簡単にできます。

アサヒ軽金属 オールライト 26cm

26cmの大容量サイズながら、重さが約0.95gと軽くて扱いやすいフライパンです。ガス・IHクッキングヒーター・ハロゲンヒーター・電気クッキングヒーターの熱源に対応。大きく湾曲したハンドル付きの蓋が付属しています。

本製品は、独自の新構造である「ヒートダム構造」を採用。スピーディに熱を伝えて、高い蓄熱性を実現しています。本体が軽いので、炒め物をする際に煽りをいれやすいのもポイント。ハンドルが握りやすいデザインになっているため、使いやすさも良好です。細かなパールが入ったような淡い色味も可愛らしく、キッチンに置いておいてもインテリアになじみます。

ケユカ(KEYUCA) IH深型フライパン 20cm

シンプルでおしゃれなインテリア用品を販売する「ケユカ」の深型フライパン。深みのあるベージュブラウンのカラーリングと、木目調のハンドルがポイントです。

セラミックコーティングが採用されているため、傷に強く汚れを落としやすいのが特徴。注ぎ口も両辺に付いているので、右利きでも左利きでも注ぎやすい仕様です。IHでもガスでも対応しており、熱源を気にせずに使えます。20cmの小さめサイズなので、一人暮らしの部屋での調理に重宝するフライパンです。

和平フレイズ 超深型フライパン 26cm WR-5951

金物の街である新潟県燕市に本拠を構える「和平フレイズ」。同社の深型フライパンは、2種類のマーブルコーティングを施しているので、傷や汚れに強い仕様です。耐摩耗試験に約20万回クリアしており、金属ヘラとの併用もできます。

およそ7.7cmの深さがあるので、焼く・炒めるだけでなく、煮る・蒸すなどの調理も可能です。重さは820gと軽量なため、力の弱い方でも扱いやすいのが魅力。比較的安価で手に入るので、費用がかかりがちな新生活用としてもおすすめのフライパンです。

北陸アルミニウム(HOKUA) 深型フライパン 26cm

約400年もの鋳物の歴史がある富山県高岡で操業した「北陸アルミニウム」。同社の深型フライパンは、純国産の洗練されたデザインと性能が魅力です。26cmの口径があるモデルながら、重量は0.63kgと軽く、使いやすい仕様になっています。

本製品は鋳造製の厚手調理器で、熱ムラを防ぎ均一に過熱。熱伝導性・熱保有力を両立しており、自宅でも素材の旨味を逃さない料理を楽しめます。高耐久なテフロンプラチナプラス加工を施しているので、傷に強く汚れもこびりつきにくく、後片付けも簡単。鏡面のような外面と、木目のハンドルがスタイリッシュな深型フライパンです。

コージークック セラミックパン 28cm 深型

硬質のセラミック加工を施した深型のフライパンです。IHやガスコンロなど、さまざまな熱源に対応します。熱伝導率が高いため、スピーディに調理可能。時短も省エネも叶えます。

深さ9cmと、一般的なフライパンのなかでも深いモデル。炒め料理はもちろん、スープや煮物などの煮込み料理にも活躍します。表面に汚れがこびりつきにくいので、お手入れも簡単。スタイリッシュなデザインと明るいカラーリングで、調理器具の見た目にこだわる方にもおすすめです。