卵料理やジューシーなお肉料理、野菜炒めなど料理を作る際に欠かせない「フライパン」。鉄製やアルミ製、食材をくっつきにくくする加工を施したモノなど種類も幅広く、向いている料理も異なります。

そこで今回は、おすすめのフライパンを素材別にご紹介。それぞれの特徴や選び方、焦げつきを防ぐ方法についても解説します。フライパンの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

フライパンの種類

ステンレス製

By: amazon.co.jp

丈夫で錆びにくいステンレス製のフライパン。手入れ次第で一生使えるので、長く愛用できるフライパンを探している方におすすめ。焼き物や炒め物はもちろん、深さのあるタイプなら蒸し物や揚げ物にも使えます。

さらに、一度加熱すれば温度が下がりにくいので、余熱調理も可能。食材にじっくり火を通したい煮物などにも向いており、ひとつ持っているとマルチに活躍するアイテムです。

ステンレス製フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

アルミ製

By: amazon.co.jp

熱伝導に優れ、軽量なのがアルミ製のフライパンです。こまめな火力調節ができるため、ワインや日本酒などのアルコールを飛ばしたり、ソース濃度の調節が必要なパスタ料理や水分の多い料理を作ったりする際に適しています。

ただし、高温に弱く鉄製ほど油なじみはよくないため、食材がくっつきやすい肉や魚のソテーにはやや不向きです。直火限定の製品も多いので、IH調理器での使用を検討している方は、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

アルミ製フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

チタン製

By: amazon.co.jp

チタン製のフライパンは、軽さと高い強度を兼ね備えているのが特徴。また、酸や食塩に対する高耐食性に優れており、錆びにくいといったメリットの多い素材です。熱伝導が低く予熱に時間がかかる反面、一度加熱したら高い蓄熱性で火を止めても長時間あたたかさが持続。

さまざまな調理法に対応できますが、特に予熱調理でじっくりと火を通したい肉料理や卵焼きなどに適しています。ただし、チタンは非常に硬い材質で加工が難しいため、他素材のフライパンに比べて少々値段が高め。また、純チタンのフライパンは基本的にIH非対応なので注意しましょう。

鉄製

By: amazon.co.jp

熱伝導性が高い鉄製のフライパンは、強火で一気に火を通せるため、旨味を手早く封じ込み、料理を美味しく仕上げてくれます。特に、ステーキやハンバーグなどの肉料理に使うと香ばしく焼きあがるのでおすすめです。

丈夫で、手入れをきちんとすれば半永久的に使える点も大きな魅力。また、鉄が食材にとけるので自然に鉄分が摂取できるのもうれしいポイントです。

デメリットは、重さがあること。重量は、毎日の使い勝手に直結するポイントなので、購入前にチェックしておきましょう。また、使用前に「空焼き」と「油慣らし」の必要がある製品もあるので要チェックです。

鉄製フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

フライパンの選び方

加工の有無で選ぶ

ステンレス製や鉄製などの加工なしフライパンは、高温調理ができ、長く使えるのが特徴。一生モノのフライパンを探している場合に適しています。ただし、使い方にコツがあり、長く愛用するためにはしっかりとしたお手入れが必要な製品もあるため要注意。

毎日気軽に使えて、扱いやすいフライパンを探している場合には、加工ありのフライパンがおすすめです。なお、フライパンに施されている加工には、テフロン加工やダイヤモンド加工などいくつかの種類があります。好みや用途に合うモノを選んでみてください。

加工の種類で選ぶ

食材がくっつきにくい「フッ素(テフロン)加工」

By: amazon.co.jp

「フッ素(テフロン)加工」は、調理面にフッ素樹脂コーティングを施しています。調理面の滑りがよく、少ない油でも食材がくっつきにくくヘルシーに調理できるのが特徴。

その反面、磨耗と熱に弱いことがデメリットです。表面が溶け出して有毒ガスを発生させる恐れもあるため、中火〜弱火での使用が鉄則。表面の傷などでもコーティングは劣化するので、適度な買い替えが必要であることも考慮しておきましょう。

テフロン加工フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

長持ちする「セラミック加工」

By: amazon.co.jp

「セラミック加工」は、金属製フライパンの表面に硬いセラミック(陶磁器)粒子をコーティングしたフライパンです。高い耐久性と焦げつきにくさが特徴。約400°C前後の高温まで耐えられ、フッ素樹脂のように有毒ガスを発生させることがありません。

また、コーティング面はフッ素(テフロン)加工に比べ、傷つきにくく剥がれにくいのも魅力。少量の油をひくことで食材のひっつきや焦げつきを防ぐ効果が高まるので、調理前に必ず油をひくことを忘れないようにしましょう。

セラミック加工フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

フライパンのサイズは、家族の人数や個人の食べる量を考慮して選ぶようにしましょう。1人暮らしの方は、大きすぎず小さすぎない24cmサイズ、2人暮らしの方は24〜26cmサイズを選ぶのがおすすめ。3〜4人暮らしの方は27〜28cmサイズ、4人以上で暮らしている方は28cm以上のモノを目安としてみてください。

家族が多くても大きすぎるフライパンだと扱いにくい方は、24~26cm程度のサイズを選ぶのもアリ。また、20cm程度の小さいフライパンを別途購入しておくと一人分の調理や一品料理を作りたい場合にも便利です。

重量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

フライパンは1kg程度のできるだけ軽いモノを選ぶのがおすすめ。重すぎると片手で扱いにくく、特に炒め物などの調理ではストレスを感じます。しかし、軽くても底の厚みが薄いと料理にムラができてしまうので、軽くても底が厚いフライパンを選ぶのがベストです。

対応している熱源をチェック

フライパンがどの熱源に対応しているのかも購入前に必ずチェックしておきたいポイント。コンロの熱源がIHであればフライパンもIH対応のモノというように、必ずコンロの熱源に合った製品を選ぶようにしましょう。

なお、IHとガスの両方に対応している便利なオール熱源のフライパンも販売されています。引っ越しやコンロの買い替えなどで熱源が変わる可能性がある場合には、オール熱源タイプのモノを選んでおくと安心です。

フライパンのおすすめ|ステンレス製

フィスラー(Fissler) クリスピープレミアム 121-400

ドイツの調理器具メーカー「フィスラー」のおしゃれなフライパン。高品質なステンレス鋼を使用した、高温調理にぴったりの製品です。底面部分がアルミをステンレスで包み込んだ3層構造なので、高い熱伝導性と保温性を兼ね備えているのが特徴。

高温でムラなく加熱できるため、外はカリっと香ばしく、中はジューシーに焼きあがります。表面に施された独自の凹凸加工「ノボグリル」によって、肉や魚の余分な脂が落ち、ヘルシーに仕上げられるのもうれしいポイント。

すべての熱源に対応したオール熱源タイプで、オーブン調理ができるのも魅力です。なお、サイズは20・24・26・28cmの4種類。家族構成や用途に合わせてセレクトしてみてください。

ビタクラフト(Vita Craft) プロ フライパン 24.0cm No.0313

アメリカの人気調理器具メーカー「ビタクラフト」。本製品は、省エネや安全性などといったプロの料理人のさまざまなニーズに応えるために開発された、業務用シリーズのオールステンレス製フライパンです。

アルミ合金とアルミニウムをステンレスで挟み込んだ独自の全面5層構造により、熱しやすく冷めにくい熱効率を実現。底面の熱がフライパン全体へ素早く均一に伝わるため、肉や魚などは素材から出る脂だけで調理できます。

余分な油を使わない無油調理でカロリーやコレステロールを抑えられるので、ヘルシー志向の方や健康を気遣う方にもおすすめ。ガスでもIHでも使用できる、便利なオール熱源タイプなのもうれしいポイントです。

ビタクラフト(Vita Craft) ソフィアII フライパン 26.0cm No.1746

くっつきにくく焦げつきにくい、3層のフッ素樹脂コーティングが施されたフライパン。ステンレスターナーによる耐摩耗テストでは、3000回の耐性で基準を満たすところ、20万回以上をクリア。繰り返し使っても素地が露出しない耐久性の高さが特徴です。

本体は、サビにくく保温性の高いステンレスと熱伝導に優れたアルミの全面2層構造。熱効率がよいので、時短料理や光熱費の節約が期待できます。

オール熱源対応なので、ガスはもちろんIHでも使用できます。丈夫で扱いやすいうえ、価格が安いのも魅力。コストパフォーマンスの高いフライパンを探している方におすすめの製品です。

ツヴィリング(Zwilling) バイタリティーフライパン 20cm 66461-200

マットな質感がおしゃれなフライパン。鍋底にステンレスとアルミの3層構造を採用し、高い熱伝導性と保温性を実現。食材をムラなく均一に加熱できるため、肉や魚が香ばしい焼きあがりに。炒めたり揚げたりする調理にも適した製品です。

ガスにもIHにも対応した、オール熱源タイプなのも魅力。ハンドルもステンレスなので、オーブン調理もできます。サイズは、20cmと26cmの2種類からセレクト可能。

食材を高温調理でカリッとおいしく仕上げたい方におすすめのフライパンです。

宮崎製作所 ジオ・プロダクト ソテーパン GEO-25ST

アルミニウムとアルミ合金をステンレスで包み込んだ全面7層構造の日本製フライパン。熱効率性が高く、熱がフライパン全体にムラなく伝わるので、調理時間の短縮が期待できます。さらに、肉や魚などは素材から出る脂でヘルシーに調理できるため、余分な油も必要ありません。

加熱時にフタを使用すると、フライパンの中の水蒸気が本体とフタの間に水の膜を作って密閉する「ウォーターシール効果」を発揮するため、無水調理や余熱調理も可能に。素材の旨味を活かした調理ができるうえ、ガス代や電気代の節約にもつながります。

オールステンレス製で、ガスやIHはもちろん、オーブンも使用可能。15年間の保証がついているのもうれしいポイント。長く愛用できる機能的なフライパンを探している方におすすめの製品です。

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ IHステンレス・エクセレンス セット6 L93994

ティファールで大人気の「取っ手のとれる」シリーズ。本製品は、22cmと26cmサイズのステンレスフライパン・18cmのソースパン・18cmのガラス製フタ・18cmのシールリード・専用取っ手の6点セットです。

取っ手をつけて通常のフライパンとして使うほか、取っ手を外してそのままオーブン調理したりテーブルに並べたりと、使い方は自由自在。すべてのフライパンを重ねられるので、すっきりと収納できるのもうれしいポイントです。

なお、取っ手はワンタッチでスピーディーに脱着可能。独自設計により、しっかりフィットしてぐらつかないので安心して使用できます。

フライパンのおすすめ|アルミ製

アカオアルミ(AKAO) DON アルミフライパン 24cm AHL24024

1947年に創業された老舗のアルミニウム総合メーカー「アカオアルミ」のフライパン。プロの料理人に長年親しまれている、持ち手から鍋部分まですべてアルミ素材でできた本格仕様の製品です。

本体には、強度が通常のアルミの2倍と謳われている硬質アルミを採用しているため、ハードに使える耐久性の高さが魅力。熱伝導にも優れているので、料理時間が短縮でき、光熱費の節約も期待できます。

なお、本製品はIH非対応なので注意が必要。プロ仕様の頑丈なアルミフライパンを探している方におすすめです。

キプロスター(KIPROSTAR) 業務用アルミフライパン 20cm

使いやすさと丈夫さを兼ね備えた、プロ仕様のアルミフライパン。耐蝕性と耐摩耗性に優れた3000系アルミ合金を使用しています。フチを外側に曲げる「エッジロール工法」を採用しているのが特徴です。がたつきや変形、たわみなどの異常がないことを認めるJISの「強度証明書」も取得しています。

また、フライパンの底が分厚く設計されている点にも注目。熱伝導が向上し、スピーディーに調理できるので、時短料理や省エネ効果が期待できます。ガス火のほか、フライパンごとオーブン調理もできる使い勝手のよさも魅力。

高性能ながらリーズナブルなので、アルミフライパンを初めて使う方にもおすすめです。

北陸アルミニウム(HOKURIKU ALUMINIUM) センレンキャスト 深型フライパン

1930年創業の老舗メーカー「北陸アルミニウム」のガス火専用フライパン。重さがステンレスの3分の1ほどとされるアルミ・マグネシウム合金を使用し、底の厚みをキープしたまま側面を薄くする特殊加工を施して軽量化を実現。30cmサイズで重さ770gと、軽さが魅力の製品です。

コーティングには、テフロンの最高グレード「テフロンプラチナプラス」を採用。くっつきにくく、焦げつきにくいので、余分な油を使用せずに調理できます。汚れもサッと落ちるためお手入れも簡単。使い勝手のよいアルミフライパンを探している方におすすめのモデルです。

グリーンパン(GREEN PAN) ウッドビーシリーズ セラミック ノンスティック フライパン

ナチュラルでおしゃれなデザインが魅力的な「グリーンパン」のアルミ製フライパン。表面に、ダイヤモンド粒子配合の「サーモロン・セラミック・コーティング」という独自加工が施された製品です。

「サーロモン」とは、主に砂と同じミネラル成分から作られているフッ素を使用しないノンスティック素材のこと。熱を均一に伝えて料理をおいしく仕上げ、さらに、こびりつきにくくお手入れも簡単にできる優れモノです。

また、高温に対する耐性もあり、うっかりフライパンを熱し過ぎてしまっても有害なガスが出ないため安心して使えます。キッチンで明るく映える、おしゃれなフライパンを探している方におすすめです。

アサヒ軽金属 オールライト

22・26cmの2種類がセットになったフライパン。人気の「オールパン」シリーズの性能はそのままに、より軽くよりリーズナブルに進化した製品です。

本体の材質には、細かい気泡のあるスポンジ状の多孔質アルミを使用。火のあたりがソフトになり熱が均一に伝わるため、焼きムラが少ないのが特徴です。さらに、側面下部に設けた凹凸の「ヒートダム構造」によって、高い蓄熱性を実現。

焼いたり炒めたりするのはもちろん、揚げモノや蒸しモノ、スポンジケーキやパンも焼けます。また、内面には耐久性の高い「ロングライフコート加工」が施されているため、食材がくっつきにくく無油調理ができるのもうれしいポイント。

さまざまな料理を作れる、高性能な深型のフライパンを探している方におすすめです。

フライパンのおすすめ|チタン製

長谷元 純チタン 木柄フライパン 24cm

チタン製品の製造販売を行う「長谷元」の日本製フライパン。24cmサイズで510gと、軽量で扱いやすい製品です。純チタン製なので、強度が高く、優れた耐蝕性を備えているのもうれしいポイント。お手入れも簡単です。

使用できるのはガス火のみで、IHには対応していませんので注意しましょう。また、天然木を使った使い勝手のよいハンドルもおすすめのポイントです。

エバニュー(EVERNEW) チタンフライパン18セラミック ECA442

0.4mm厚のチタンに焦げつきにくいセラミックコーティングを施した、耐熱性・耐久性の高い製品です。加熱しても素手で触れるよう、ハンドルにシリコンチューブが巻きつけられているのもポイント。

また、18cmで138gと軽く小ぶりなサイズ感なので、サブのフライパンにおすすめ。手早くと一品作りたいときなどに重宝します。

ホリエ(HORIE) 3層チタン鍋 TIARA ティアラ TAT-270

アルミをチタンで包み込む3層構造を採用した製品です。

チタンの高い熱効率により、野菜炒めなどはシャキシャキの仕上がりに。また、チタンと熱伝導性の高いアルミの相乗効果によってコンロからの熱が均一にフライパンへ伝わるため、焼きムラができにくいのもポイントです。

表面は純チタン製なので、サビつきにくく耐蝕性に優れているのが特徴。27cmサイズで重さはおよそ380gと、片手で扱えるほどの軽さもおすすめです。

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ IHルビー・エクセレンス セット6 L66391

さまざまに使えるフライパンやフタなどの6点セット。22cmと26cmサイズのフライパン・18cmのソースパン・18cmガラス製フタ・18cmのシールリード、専用取っ手がついています。

本体に、独自の「6層チタン・エクセレンスコーティング」が施されているのが特徴。こびりつきにくさが長持ちする、ティファール史上最高レベルの耐久性を実現した製品に仕上がっています。

食材を入れるベストなタイミングが目で見てわかる、「お知らせマーク」つきなのも注目ポイント。取っ手を取れば、重ねてすっきり収納できる使い勝手のよさも人気です。

フライパンのおすすめ|鉄製

ビタクラフト(Vita Craft) スーパー鉄 フライパン 26cm No.2002

フライパン本体の成形から最終検品まで、すべてがメイドインジャパンのフライパン。鉄の本体に、持ちやすく熱くなりにくいY字型のハンドルがついた、シンプルでスタイリッシュな製品です。

表面には、ビタクラフト独自の「窒化4層加工」を施して強度をアップ。料理をおいしく仕上げる鉄ならではの魅力はそのままに、サビにくくこびりつきにくいフライパンに仕上げています。

なお、使いはじめる前の焼き入れや使用後の油ひきなど、従来の鉄フライパンに必須のお手入れが不要。購入後すぐに使用でき、使った後はサッと洗えばきれいになるので、鉄フライパン初心者でも扱いやすいのがポイントです。

柳宗理 鉄フライパン 22cm

シンプルで使いやすいデザインが魅力的なフライパン。左右に張り出した器のようなフォルムが特徴で、できあがった料理をどちらからでもよそいやすい優れモノ。専用のフタをずらして使えば、フタをしたまま蒸気を逃がしたり軽く水を切ったりもできます。

本体の表裏両面には、南部鉄器のような凹凸のある「マグマプレート」を採用。油なじみがよく、さらに凹凸によって食材に接する面が少なくなるため、焦げつきやこびりつきを抑えられるのもうれしいポイントです。

鉄フライパンならではの耐久性もあるので、旨味を閉じ込める強火調理や金属ツールによるハードな使い方も可能。日本製で長く愛用できるモノを探している方におすすめです。

デバイヤー(de BUYER) 鉄フライパン ミネラルビー 5610.24

1830年創業のフランスを代表する老舗調理器具メーカー「デバイヤー」。本製品は、プロの料理人も愛用する、ずっしりとした重みと厚みが特徴の本格的な鉄フライパン。蜂マークのついた、おしゃれでかわいいデザインも人気です。

また、熱伝導性と蓄熱性に優れている点にも注目。温度のムラが少なく食材にじっくりと火が通るため、野菜はシャキシャキに、お肉は旨味を閉じ込めて香ばしく焼きあがります。なお、未使用時にはサビ止めの蜜蝋が塗布してあるため、使用前に油慣らしが必要です。

使いはじめはシルバーの製品ですが、使い込むうちにだんだん黒く変化していくのも魅力。育てているような感覚で、愛着を持って使っていける一生モノの製品です。

ラバーゼ (La Base) 鉄フライパン 26cm

料理研究家有元葉子氏のキッチンブランド「ラバーゼ」のフライパン。世界有数の金属加工の町、新潟県燕三条地区の職人により丁寧に作られている、メイドインジャパンの上質な製品です。

フライパンなどの焼き物用に開発された鉄板「ブルーテンパー材」を使用。特殊な熱処理を施し、あらかじめ酸化膜を作っているため、サビにくく耐久性に優れているのが特徴です。

熱まわりもよく、ガスはもちろん、IHにも対応したオール熱源タイプ。ひとこぶし分程度の短いハンドルは、収納しやすく、家庭用オーブンにも入れやすい仕様です。深型なので、パンやお菓子作りの型としても使えて便利。

食材のおいしさを引き出す、シンプルな鉄製フライパンを探している方におすすめです。

リバーライト(RIVER LIGHT) 極 JAPAN フライパン

サイズ展開が豊富な日本製フライパン。表面にテフロン加工やセラミックコーティングなどを施すのではなく、鉄そのものに特殊な熱処理をして強度を高めているのが特徴。

高温・短時間調理で、野菜はシャキッとお肉はジューシーな仕上がりに。金属ツールを使用した調理や金属タワシでのお手入れも可能です。また、使うほどに油がなじんで焦げつきにくくなり、どんどん扱いやすくなっていくのも魅力。愛着を持って使える、一生モノのフライパンです。

なお、木製ハンドルは、取り外し可能。取り外せば省スペースで収納でき、劣化した際にはハンドルのみの交換もできます。