卵料理やジューシーなお肉料理、野菜炒めなど料理を作る際に欠かせない「フライパン」。鉄製やアルミ製、食材をくっつきにくくする加工を施したモノなど種類も幅広く、向いている料理も異なります。

そこで今回は、おすすめのフライパンを、素材別にランキング形式でご紹介。また、素材の特徴や選び方、焦げ付きを防ぐ方法も解説します。フライパンの購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

フライパンの選び方

1.作りたい料理に適した素材で選ぶ

幅広い料理に対応する「鉄製・ステンレス製」

By: amazon.co.jp

プロの料理人にも愛用者の多い鉄製のフライパン。手入れ次第では一生モノとされるほど耐久性が高いのが魅力です。高温調理が可能で、焼いたり炒めたりといった調理方法に向いています。また、使い続けるほどに油がなじんできて、焦げ付きにくくなるのが特徴。さらに、オール熱源対応の製品が多いことも人気の理由です。

しかし、使用前する前には、焼き込みや油ならしといったひと手間が必要。なお、鉄フライパンの調理は油の使用が必須なので、油をひかない煮込み料理や蒸し料理には不向きです。

ステンレス製のフライパンは、錆びにくいのが魅力。予熱調理が可能なので、ガス代を節約したい方にもぴったり。一方、熱伝導が悪く食材がくっつきやすいという点がデメリットです。深さがある製品は、冷めにくさを活かした煮込み料理にも適しています。食材がこげつかなければ、ラクにお手入れできるのも魅力です。

鉄製・ステンレス製フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。


ステーキやハンバーグなどにおすすめの「鋳鉄製」

By: amazon.co.jp

溶かした金属を鋳型に流して作る鋳鉄製のフライパン。「スキレット」という名でも親しまれている製品です。熱伝導と蓄熱性の高さが最大の特徴。一度加熱すると冷めにくいので、じっくりと火を通したいハンバーグやステーキなどの肉料理に適しています。

基本的に鉄製フライパンと同様、油がなじむほど焦げ付きにくく使いやすくなるというメリットが挙げられます。しかし、フライパンのなかでも特に重いというということを考慮しておきましょう。

パスタにおすすめの「アルミ製」

By: amazon.co.jp

熱伝導に優れ、軽量なのがアルミ製のフライパンです。こまめな火力調整ができるため、ワインや日本酒などのアルコールを飛ばしたりソース濃度の調整が必要なパスタ料理や水分の多い料理を作ったりする際に適しています。

ただし、高温に弱く鉄製ほど油なじみはよくないため、食材がくっつきやすい肉や魚のソテーにはやや不向きです。直火限定の製品も多いため、IH調理器での使用を検討している方は、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

アルミ製フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

卵焼きにおすすめの「チタン製」

By: amazon.co.jp

チタン製のフライパンは、軽さと高い強度を兼ね備えているのが特徴。また、酸や食塩に対する高耐食性で錆びにくいといったメリットの多い素材です。熱伝導が低く予熱に時間がかかる反面、一度加熱したら高い蓄熱性で火を止めても長時間温かさが持続。

さまざまな調理法に対応できますが、特に予熱調理でじっくりと火を通したい肉料理や卵焼きなどに適しています。ただし、チタンは非常に硬い材質で加工が難しいため、他素材のフライパンに比べて少々値段が高め。また、純チタンのフライパンは基本的にIH非対応なので注意しましょう。

卵焼きフライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

2. 加工の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

フライパンには、食材が「くっつかない」「焦げ付かない」という利便性を追求した、表面加工(コーティング)が施されている製品も数多くリリースされています。それぞれに特性や耐久性も異なるので、使い勝手のよい表面加工のフライパンを求めている方は、それぞれの加工方法についてもしっかりとチェックしておきましょう。

焦げにくく食材がくっつきにくい「フッ素(テフロン)加工」

By: amazon.co.jp

「フッ素(テフロン)加工」は、調理面にフッ素樹脂コーティングを施しています。調理面の滑りがよく、少ない油でも食材がくっつきにくくヘルシーに調理できるのが特徴。その反面、磨耗と熱に弱く、コーティングが剥がれやすいことがデメリットです。

硬い人工ダイヤモンドの粒子をフッ素樹脂に混ぜた「ダイヤモンド加工」は、フッ素加工の一種。磨耗にも強く、コーティングも剥がれにくいため、食材がくっつきにくく手入れがラクにできるフッ素加工のメリットを長く受けられます。

大理石の粒子をフッ素樹脂に混ぜた「マーブル加工」もフッ素加工の一種です。ダイヤモンド加工と同じくフッ素加工よりも高い耐久性を有しています。

ただし、いずれも強火に長時間さらし続けるとコーティングが剥がれてしまうことがあり、表面が溶け出して有毒ガスを発生させる恐れもあるため、中火〜弱火での使用が鉄則。使い続けることでコーティングは劣化するので、適度な買い替えが必要であることも考慮しておきましょう。

テフロン加工フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

焦げ付きにくく長持ちする「セラミック加工」

By: amazon.co.jp

「セラミック加工」は、金属製フライパンの表面に硬いセラミック(陶磁器)粒子をコーティングしたフライパンです。高い耐久性と焦げ付きにくさが特徴。約400°C前後の高温まで耐えられ、フッ素樹脂のように有毒ガスを発生することがありません。

また、コーティング面はフッ素(テフロン)加工に比べ、傷つきにくく剥がれにくいのも魅力。少量の油をひくことで食材のひっつきや焦げ付きを防ぐ効果が高まるので、調理前に必ず油をひくことを忘れないようにしましょう。

セラミック加工フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

3.IH対応の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

「IH」とは、電気抵抗によってフライパンや鍋などの調理器具を直接発熱させる方式。ガスと違って火を使わないので火事の危険性が少なかったり、空気が汚れづらかったりとさまざまなメリットがあります。ただし、IHはすべての調理器具に対応しているわけではありません。

IHで加熱できる条件としては、「底面が磁性体の金属」である点、加熱しやすいように「底面が平ら」である点、熱で歪まないように「底面が厚い」点などが挙げられます。同じプライパンメーカーでもIH対応・非対応の製品が混在しているので、IHでの調理を考えている方は必ずチェックするようにしてください。

4.サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

フライパンの適切なサイズ選びは、調理する際の効率を左右する重要なポイントです。一人暮らしなら直径14〜20cmの小ぶりなサイズがおすすめ。少し作り置きしておきたい場合は、ひと回り大きなサイズを購入しておくのもアリです。

また、直径22〜26cmなら、ちょうど2〜3人分の料理を作るのにぴったりの大きさ。夫婦やカップル、小さな子どもを含めた3人家族に最適です。

4人以上で使用する場合は、直径28〜34cmの大型サイズが向いています。人数分の料理を一度に作れる大きさです。ただし、フライパンは大きくなるにつれ重さも増していきますので、軽量であることも視野に入れながら選んでみてください。

5.タイプや機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

フライパンには、薄型や深型などさまざまな仕様のフライパンがあります。炒め物など振る動作をする調理には薄型フライパンが適していますが、煮込み料理やふっくらとしたパンケーキには深さのあるフライパンが便利です。また、鍋としても活用できるタイプや揚げ物に使えるタイプもあります。

ハンドルが取れるタイプであれば、コンパクトに収納が可能できるのが魅力。オーブン対応のモノであれば、ハンドルが邪魔にならないため便利に使えます。素材やサイズで選ぶのもアリですが、用途や収納場所に合わせて選ぶのもおすすめです。

フライパンの焦げ付きを防ぐ方法

By: amazon.co.jp

採用している素材にかかわらず、調理前にはしっかりとフライパンを加熱することで、焦げ付きや食材のくっつきを防げます。使う前に、手をかざしてしっかり温まっているかどうかを確認しておきましょう。

油が必要な鉄素材などのフライパンには、まんべんなくフライパン全体に油をなじませる「油返し」を行うことで、食材の焦げ付きやくっつきを軽減できます。油が不要とされているフッ素(テフロン)加工などのフライパンでも、脂分がほとんどない食材を焼いたり炒めたりする時は少量でも油をひくことが重要。火の通りがよくなり旨味も増して美味しく仕上がります。

また、冷たい食材をそのまま入れると、一気にフライパンの温度が下がってしまうので注意が必要。食材を使用する前に冷蔵庫から取り出して常温に戻しておくことで、調理中のフライパンの温度を保てます。

フライパンのおすすめTOP5|鉄製・ステンレス製

第1位 リバーライト(RIVER LIGHT) 極JAPAN フライパン 26cm J1226

ベーシックな形で焼き物や炒め物に最適な鉄フライパンです。特殊熱処理を施しているため、通常の鉄の約5倍の強度を有し、錆びにくく手入れもラクに行えます。

重さも約950gと軽量で、煽りが必要な料理にも最適。得意な高温調理で短時間でも焼き物や炒め物がおいしく仕上がります。また、使うほどに油がなじみ、使いやすくなるのも魅力です。長い期間愛用できるフライパンを探している方はチェックしてみてください。

第2位 宮崎製作所 ジオ ソテーパン 25cm GEO-25ST

機能美を追求した、オールステンレス製のフライパン。優れた熱効率で全体にムラなく熱が伝わるため、少ない油でも焦げ付かずヘルシーに調理できるのが特徴です。フタには蒸気穴がなく密閉できるため、無水調理や余熱調理にもおすすめ。

運ぶ際に便利な補助ハンドルが付いており、収納する際はフックの様に利用して壁にかけておくことも可能です。熱源は、ガスはもちろんIH調理器などにも対応しています。

第3位 和平フレイズ 燕三 鉄木柄フライパン 26cm EM-8129

1.6mmの鉄材を採用したフライパン。少し深めに設計された中華鍋仕様です。かさの多い野菜炒めでも、食材がこぼれ落ちにくいため思い切り振れます。高温にも強い仕様のため、高火力での調理も可能です。

また、気軽に使えるリーズナブルな価格も鉄フライパン初心者におすすめしたい理由のひとつ。手入れを怠らなければ長年愛用できるおすすめのフライパンです。

第4位 スイトブランド(SUITO BRAND) 使いやすいふか~い鉄パン 20cm 004006

焼き物や炒め物はもちろん、天ぷら鍋や煮込み鍋としても使える鉄製のフライパンです。出荷前に、職人がひとつひとつ約700°Cの高温で焼き入れを行う「ハードテンパー加工」を施しているのが特徴。油ならしなどの面倒な作業をせずとも、届いたら洗ってすぐに使えます。

フタをのせる際にハンドルが邪魔にならない、アップハンドル仕様なのもポイント。熱源は、IHにも対応しています。フライパンひとつでさまざまな調理をこなしたい方にもおすすめです。

第5位 ビタクラフト(Vita Craft) プロ フライパン 28cm 0314

「プロ」シリーズは、厨房でのハードな調理にも耐える強さと使いやすさを兼ね備えた製品です。ステンレスの全面5層構造ですばやく全体に熱が伝わるのが特徴。ヘルシーな無油調理も可能なので、コレステロールが気になるという方にもぴったりです。

プロシリーズ専用のフタを使えば、無水調理もできます。熱源を選ばずマルチに対応できるのもポイント。油を控え健康的な料理を作りたい方や、時短調理をしたい方におすすめのステンレス製フライパンです。

フライパンのおすすめTOP5|鋳鉄製

第1位 岩鋳(IWACHU) フライパン 24cm 24012

南部鉄器で有名な「岩鋳」の鋳鉄製フライパン。約4mmと肉厚なため、熱をしっかりとキープして食材に均一に熱を伝えられます。じっくりと火を通したいハンバーグや肉厚のソテーにおすすめです。

使い続けていくうちに油が馴染んでいくので、焦げつきやこびりつきが起こりにくくなるのも魅力。熱源に関しては、直火はもちろんIH調理器にも対応できます。

第2位 ロッジ(LODGE) スキレット10 1/4インチ L8SK3

アメリカを代表する鋳鉄製調理器具メーカー「ロッジ」の製品。IH調理器にも使用可能で、自宅からアウトドアシーンまでマルチに使いたい方におすすめです。

約2.54kgと重ためなので、フライパンを振って調理するよりもスキレットカバーを使ったオーブン調理にぴったり。また、油でならす「シーズニング」がすでに施されているので、洗ってすぐに使えるのも魅力です。

第3位 フィネックス(FINEX) キャストアイアン スキレット 8インチ S8-10001

クラフトマンの多いアメリカポートランド発のキャストアイアンスキレット。他のフライパンにはない八角形のフォルムで、どこからでも食材やスープを注げます。ハンドルは熱くなりにくい様、スプリング状に仕上げており先端には真鍮製のキャップが付いているため引っ掛けて収納することが可能です。

焼き面は滑らかなため食材が離れやすく、分厚いため熱を均等に伝えられます。無骨なデザインがおしゃれなおすすめの鋳鉄製フライパンです。

第4位 及源(OIGEN) フライパン 24cm CA-9

南部鉄器のキッチンウェアが数多く揃う「及源」の鋳鉄製フライパン。職人の熟練した技によって、ひとつひとつ丁寧に作り上げられています。優れた蓄熱力で、ステーキはカリッとジューシーに、野菜はシャキッと短時間で調理できます。900年も続く伝統技術を守り続け作られた南部鉄器。本物の道具を長く愛用したい方におすすめです。

第5位 岩鋳(IWACHU) オムレット 22cm

南部鉄器「岩鋳」のオムレツ作りに最適なオムレット。熱がじっくり伝わるので卵料理がふっくらと仕上がります。フライパンの調理面はなだらかな形状で、料理を器へ移す際もするっとスムーズです。

持ち手にはスリットを入れて、軽量化されているのもポイント。オムレツを作るのはもちろん、朝食作りの補助フライパンとしてもおすすめです。

フライパンのおすすめTOP6|アルミ製

第1位 アカオアルミ DONシリーズ アルミフライパン 27cm AHL24027

直火専用のアルミ製フライパン。通常のアルミ製フライパンに比べ強度が約2倍と、ハードな調理にも耐えられるのが魅力です。熱伝導率もよく、再加熱する際もスムーズに温められます。

ハンドルは、手が熱くなりにくい様長めに設計されているのもポイント。焼き面は直径27cmと大きめサイズなので、一度に3〜4人分の調理がしたい方におすすめです。

第2位 ティファール(T-fal) IHハードチタニウム・プラス ウォックパン 28cm C63019

「ティファール」のチタンコーティングが施されたフライパン。アルミに、強靭チタンコーティングを重ねた耐久性の高いフライパンに仕上がっています。従来のコーティングに比べ約3倍長持ちするのが特徴です。

予熱完了を知らせてくれる「おしらせマーク」付きで、ベストなタイミングを逃さず調理できます。また、ノンスティック加工を施しているため汚れがスルっと落ちやすいのも魅力です。耐久性の高いフライパンを探している方はぜひチェックしてみてください。

第3位 北陸アルミニウム(HOKUA) センレンキャスト フライパン 28cm

鋳物生産で有名な富山県高岡市で作られた、ガス火専用のアルミ製フライパン。高品質なアルミキャストを主材に、最高級グレードのテフロン加工を施した使い勝手のよいアイテムです。

内面と外面には、「リップルウェーブ」と呼ばれる熱伝導性に優れた加工を施しているのがポイント。そのため、フライパン全体に熱がムラなく伝わリます。また、約690gと軽量なため大きめのサイズでも扱いやすいのでおすすめです。

第4位 グリーンパン(GREENPAN) ウッドビー 26cm CW001688-002

「グリーンパン」は、フッ素樹脂を採用しないエコなフライパンを開発するドイツ生まれの調理器具メーカー。「ウッドビー」シリーズは、アルミニウム合金に化学物質を含まない、サーロモン・セラミックコーティングを施した環境にやさしいアイテムです。

優れた熱伝導性で、中火〜弱火でも十分に食材に火が通りガス代の節約にも一役買います。ホワイトカラーとナチュラルなウッド調のハンドルもおしゃれ。健康を気づかう方にもおすすめのフライパンです。

第5位 キプロスター(KIPROSTAR) 業務用アルミフライパン 20cm

ハードな調理にも耐えられる強度と耐摩耗性にこだわった製品です。高品質の3000番系アルミニウム合金を採用しており、フライパン上部を外側に巻き込むエッジロール工法で、さらに強度を高めています。フライパンの板厚は丈夫な3mm厚で、熱伝導がよいためすばやく熱を通すことが可能です。

第6位 ケヴンハウン(KEVNHAUN) セラミックフライパン ツイストハンドル 28cm KDS.6560

アルミ合金をベースに、2層のセラミックコーティングで耐久性を強化したフライパン。汚れがこびりつきにくく手入れがラクにできるため、毎日の調理に重宝するアイテムです。約5mmの厚底仕様で均一に熱が伝わり、少量の油でも調理できるためヘルシーな料理ができます。

また、ネジ式のハンドルなので回して簡単に取り外すことが可能。使わないときはサイズの違うフライパンを重ねて置けるので、コンパクトに収納できます。

フライパンのおすすめTOP3|チタン製

第1位 長谷元製作所 純チタン 木柄いため鍋 30cm AIT1230

オール純チタンを採用した製品です。金属のなかでもトップクラスの強度を有し、耐食性に優れているのが特徴。さらに、軽量で扱いやすいためフライパンとしてはまさに理想の素材といえます。酸や塩分にも強いので、気軽にさまざまな料理ができるのも魅力です。

直径30cmと大家族にも対応できる大きさですが、約870gと軽量なのでチャーハンや炒め物に欠かせない煽りもラクにできます。なお、本製品はガス火専用なのでIH調理器を使っている方は注意してください。

第2位 チタニアファクトリー フライパン 28cm

レストランなどでも使用されている「チタニアファクトリー」のチタン製フライパンです。直径28cmという大き目のサイズでありながら、重量は0.8kgと軽めです。調理の際、手首への負担を軽減することができます。

また、純チタンの強みとして「耐食性」に優れているのもポイント。酸やアルカリなどに強く、メンテナンスの手間もそれほどかかりません。ただし、IHは非対応なので注意してください。取り回しやすい軽量フライパンを探している方におすすめです。

第3位 ホリエ(HORIE) チタンゴールドパン 24cm チタン鍋

ゴールドカラーのチタン製フライパンです。表面に化学処理が施されており、焦げ付きを抑えているのが特徴。化学処理に用いられている塗装は高温時に溶ける恐れのないものを採用しているので、安心して使えます。

サイズは24cmとやや小さめのサイズ。重さは約300gと軽いので、手首にもほとんど負担がかかりません。高さもあるため、焼くのはもちろん、炒め物や簡単な煮物にもチャレンジすることが可能。オールマイティーに使える一人暮らしにおすすめのチタン製フライパンです。