卵料理やジューシーなお肉料理、野菜炒めなど料理を作る際に欠かせない「フライパン」。鉄製やアルミ製、食材をくっつきにくくする加工を施したモノなど種類も幅広く、向いている料理も異なります。

そこで今回は、おすすめのフライパンを素材別にご紹介。それぞれの特徴や選び方、焦げつきを防ぐ方法についても解説します。フライパンの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

フライパンの選び方

作りたい料理に適した素材を選ぶ

幅広い料理に対応する「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

丈夫で錆びにくいステンレス製のフライパン。汚れがこびりつきにくく、スポンジで汚れをさっと落とせる手軽さも魅力です。また、手入れ次第で一生使えるので、長く愛用できるフライパンを探している方におすすめ。

焼き物・炒め物はもちろん、深さのあるタイプなら蒸し物・揚げ物にも使えます。さらに、一度加熱すれば温度が下がりにくいので、余熱調理も可能。食材にじっくり火を通したい煮物などにも向いており、ひとつ持っているとマルチに活躍するアイテムです。

ステンレス製フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

パスタにおすすめの「アルミ製」

By: amazon.co.jp

熱伝導に優れ、軽量なのがアルミ製のフライパンです。こまめな火力調整ができるため、ワインや日本酒などのアルコールを飛ばしたりソース濃度の調整が必要なパスタ料理や水分の多い料理を作ったりする際に適しています。

ただし、高温に弱く鉄製ほど油なじみはよくないため、食材がくっつきやすい肉や魚のソテーにはやや不向きです。直火限定の製品も多いので、IH調理器での使用を検討している方は、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

アルミ製フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

卵焼きにおすすめの「チタン製」

By: amazon.co.jp

チタン製のフライパンは、軽さと高い強度を兼ね備えているのが特徴。また、酸や食塩に対する高耐食性に優れており、錆びにくいといったメリットの多い素材です。熱伝導が低く予熱に時間がかかる反面、一度加熱したら高い蓄熱性で火を止めても長時間温かさが持続。

さまざまな調理法に対応できますが、特に予熱調理でじっくりと火を通したい肉料理や卵焼きなどに適しています。ただし、チタンは非常に硬い材質で加工が難しいため、他素材のフライパンに比べて少々値段が高め。また、純チタンのフライパンは基本的にIH非対応なので注意しましょう。

卵焼きフライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ステーキやハンバーグなどにおすすめの「鉄製」

By: amazon.co.jp

熱伝導性が高い鉄製のフライパンは、強火で一気に火を通せるため、旨みを手早く封じ込み、料理を美味しく仕上げてくれます。特に、ステーキやハンバーグなどの肉料理に使うと香ばしく焼きあがるのでおすすめです。

丈夫で、手入れをきちんとすれば半永久的に使える点も大きな魅力。また、鉄が食材にとけるので自然に鉄分が摂取できるのも嬉しいポイントです。

デメリットは、重さがあること。重量は、毎日の使い勝手に直結するポイントなので、購入前にチェックしておきましょう。また、使用前に「空焼き」と「油慣らし」の必要がある製品もあるので要チェックです。

鉄製フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

加工の種類で選ぶ

食材がくっつきにくい「フッ素(テフロン)加工」

By: amazon.co.jp

「フッ素(テフロン)加工」は、調理面にフッ素樹脂コーティングを施しています。調理面の滑りがよく、少ない油でも食材がくっつきにくくヘルシーに調理できるのが特徴。その反面、磨耗と熱に弱く、コーティングが剥がれやすいことがデメリットです。

硬い人工ダイヤモンドの粒子をフッ素樹脂に混ぜた「ダイヤモンド加工」は、フッ素加工の一種。磨耗にも強く、コーティングも剥がれにくいため、食材がくっつきにくく手入れがラクにできるフッ素加工のメリットを長く実感できます。

大理石の粒子をフッ素樹脂に混ぜた「マーブル加工」もフッ素加工の一種です。ダイヤモンド加工と同じくフッ素加工よりも高い耐久性を有しています。

ただし、いずれも強火に長時間さらし続けるとコーティングが剥がれてしまうことがあり、表面が溶け出して有毒ガスを発生させる恐れもあるため、中火〜弱火での使用が鉄則。使い続けることでコーティングは劣化するので、適度な買い替えが必要であることも考慮しておきましょう。

テフロン加工フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

長持ちする「セラミック加工」

By: amazon.co.jp

「セラミック加工」は、金属製フライパンの表面に硬いセラミック(陶磁器)粒子をコーティングしたフライパンです。高い耐久性と焦げつきにくさが特徴。約400°C前後の高温まで耐えられ、フッ素樹脂のように有毒ガスを発生させることがありません。

また、コーティング面はフッ素(テフロン)加工に比べ、傷つきにくく剥がれにくいのも魅力。少量の油をひくことで食材のひっつきや焦げつきを防ぐ効果が高まるので、調理前に必ず油をひくことを忘れないようにしましょう。

セラミック加工フライパンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

IH対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

「IH」とは、電気抵抗によってフライパンや鍋などの調理器具を直接発熱させる方式。ガスと違って火を使わないので火事の危険性が少なかったり、空気が汚れづらかったりとさまざまなメリットがあります。ただし、IHはすべての調理器具に対応しているわけではありません。

IHで加熱できる条件としては、「底面が磁性体の金属」である点、加熱しやすいように「底面が平ら」である点、熱で歪まないように「底面が厚い」点などが挙げられます。同じプライパンメーカーでもIH対応・非対応の製品が混在しているので、IHでの調理を考えている方は必ずチェックするようにしてください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

フライパンのサイズは、家族の人数や個人の食べる量を考慮して選ぶようにしましょう。1人暮らしの方は、大きすぎず小さすぎない24cmサイズ、2人暮らしの方は24〜26cmサイズを選ぶのがおすすめ。3〜4人暮らしの方は27〜28cmサイズ、4人以上で暮らしているという方は28cm以上のモノを目安としてみてください。

家族が多くても大きすぎるフライパンだと扱いにくいという方は、24~26cm程度のサイズを選ぶのもアリ。また、20cm程度の小さいフライパンを別途購入しておくと一人分の調理や一品料理を作りたい場合にも便利です。

重量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

フライパンは1kg程度のできるだけ軽いモノを選ぶのがおすすめ。重すぎると片手で扱いにくく、特に炒め物などの調理ではストレスを感じます。しかし、軽くても底の厚みが薄いと料理にムラができてしまうので、軽くても底が厚いフライパンを選ぶのがベストです。

フライパンのおすすめ|ステンレス製

宮崎製作所 ジオ ソテーパン 25cm GEO-25ST

宮崎製作所 ジオ ソテーパン 25cm GEO-25ST

アルミニウムをステンレスでサンドした全面7層構造のフライパン。優れた熱伝導性で全体にムラなく熱が広がるため、短い調理時間で美味しく料理を仕上げてくれます。

シンプルな形状により、汚れにくくお手入れがしやすいのも嬉しいポイント。また、「親子3代に受け継がれる品質」をモットーに作られており、15年のロング保証がついています。

本体と蓋が密着する構造なため、無水調理や余熱調理も可能。レシピブックもついてくるので無水調理にチャレンジしたい方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) StyleChef SF-24NC

アイリスオーヤマ StyleChef SF-24NC

熱伝導性の高いアルミニウムを、保温性の高いステンレスで挟んだ3層構造を採用したフライパン。表面にはセラミック加工が施されているため、お手入れが簡単なのが魅力です。

丈夫で優れた耐食性の「FW2ステンレス」を採用。調味料などで使う塩水環境でも錆びにくく、長く愛用できます。価格もリーズナブルなので、コストパフォーマンスに優れたフライパンをお探しの方におすすめです。20・24・26・28cmの4サイズを展開。IHにも対応しています。

マイヤー(MEYER) スターシェフ2 MSC2-P26

マイヤー(MEYER) スターシェフ2 MSC2-P26

焦げつきにくいフッ素加工が施され、お手入れが簡単なフライパン。ミラー加工の美しいステンレスボディーが特徴です。フライパンの縁は液だれしにくいフォルムのほか、握りやすい親指当てハンドルを採用。デザインだけでなく、機能性にもこだわったフライパンです。

熱伝導率に優れた「底面三層構造」により、短い時間で効率的な調理が可能。ガスはもちろん、IH・電気プレート・セラミックヒーター・シーズヒーター・ハロゲンヒーターに対応しています。

ツヴィリング(Zwilling) バイタリティーフライパン 20cm 66461-200

ツヴィリング(Zwilling) バイタリティーフライパン 20cm 66461-200

Y字のハンドルが美しいデザインのフライパン。熱が伝わりにくい「ステイクールハンドル」のため、使い勝手も良好です。独自の底構造により、一度加熱したら熱が下がりにくいのが特徴。保温性が高く、省エネ調理が可能です。

IHや食洗器に対応しているのも嬉しいポイント。10年のロング保証もついているので、長く愛用できるフライパンをお探しの方におすすめです。

ビタクラフト(Vita Craft) フライパン 28cm ソフィアII 1748

ビタクラフト(Vita Craft ) フライパン 28cm ソフィアII 1748

フライパンの表面に「高密度3層フッ素樹脂コーティング」を採用し、焦げつき防止と高い耐久性を備えたフライパン。繰り返し使用しても、素地の露出がないのが大きな特徴です。

本体には丈夫で錆びにくいステンレスと、高い熱伝導率のアルミニウムの全面2層構造を採用。時短調理や、省エネ料理が可能です。ガスはもちろん、IH・クッキングヒーターなど、さまざまな熱源に対応しています。

フライパンのおすすめ|アルミ製

パール金属(PEARL METAL) フライパン HB-2018

パール金属 フライパン HB-2018

約527gと軽さが特徴のフライパン。大量の料理を作る機会が多い方や、取り回しが楽なフライパンを探している方におすすめのアイテムです。ブルーダイヤモンド3層構造の採用により、丈夫でキズに強いのが特徴。焦げつきにくく、金属ヘラも使えます。

スタンダードな形のフライパンのほか、深さのあるタイプや炒め物専用のタイプもラインナップ。また、蓋やキッチンツールなどのオプションも豊富に揃っているのでチェックしてみてください。

和平フレイズ フライパン ACM9574

和平フレイズ フライパン ACM9574

660gの軽さが魅力のフライパン。深さが83mmなので、炒め物はもちろん、煮込み料理や蒸し料理にも最適です。全4層構造で、耐久性の高さもポイント。耐摩耗試験20万回にもクリアしたフッ素加工を施しているため、金属ヘラも使用できます。

汚れがたまりにくく、洗いやすいのも魅力。ガス専用でIHには対応していませんが、丈夫で軽く、使いやすいと人気のフライパンです。

エバークック(evercook) フライパン 26cm ガス火専用

エバークック(evercook) フライパン 26cm ガス火専用

フッ素コーティングを密着させる独自構造の採用で、こびりつきがなく、できあがった料理をさらっとお皿に移すことができるフライパンです。こびりつきがないので、汚れてもスポンジで簡単に汚れが落とせるのも魅力。使いやすく、お手入れも簡単な人気のフライパンです。

フッ素の剥がれに対して、1年間の保証がついているのも嬉しいポイント。本アイテムはガス専用ですが、IHに対応しているモデルもあるので、チェックしてみてください。

北陸アルミニウム(HOKUA) フライパン センレンキャスト 26cm

北陸アルミニウム フライパン センレンキャスト 26cm

富山県高岡市に本社を置き、国産アルミ製フライパンを丁寧に作っている同ブランドの人気シリーズ。熟練した技術により、620gの軽さと丈夫さが特徴のフライパンです。

底面は、熱が素早く均一に行きわたる「リップルウェーブ加工」が施され、食材の旨味を逃しません。内面には、テフロンの最高級グレードである「テフロンプラチナプラス」がコーティングされているため、焦げや汚れが付着しにくく、お手入れが簡単なフライパンです。

18・20・22・24・26・28cmと、豊富なサイズバリエーションをラインナップしています。家庭で使うシーンからプロ仕様まで、自分に合ったサイズのアイテムをチョイス可能。本アイテムはガス専用ですが、IHに対応したモデルもラインナップされています。

クックスマーク(Cooksmark) フライパン 26cm

クックスマーク(Cooksmark) フライパン 26cm

内側が5層、外側が4層のマーブルコーティングにより、汚れに強く優れた耐久性を持つフライパン。アルミ製の底板は2.2mmという厚さで、フライパン全体にムラなく熱が行きわたり、食材の旨味を封じ込めます。

焦げや汚れがつきにくく、洗う手間がかからないのも魅力。食洗器にも対応しているのも嬉しいポイントです。ガス火はもちろん、IH・ハロゲンヒーターなどのさまざまな熱源にも対応。購入しやすい価格帯なので、使いやすくお手入れも簡単なフライパンがとりあえず欲しいという方にもおすすめです。

フライパンのおすすめ|チタン製

ティファール(T-fal) グランブルー プレミア フライパン

ティファール(T-fal) グランブルー プレミア フライパン

チタン粒子を配合したトップコートなど、全5層のチタン・プレミアコーティングを施し、優れた耐久性を持つフライパン。食材がこびりつきにくく、熱やキズにつよいホーロー加工でおしゃれな見た目も魅力です。

フライパンの底面に内蔵された温度センサーで、適温マークが表示されるのも嬉しいポイント。余熱が完了し、適温になったらマークで教えてくれるので、ベストなタイミングで調理のスタートが可能です。料理に自信がない方でも、失敗なく美味しい料理がつくれます。

握りやすい形状のハンドルは、力の少ない女性でも取り回しが簡単。使い勝手と耐久性に優れた人気のフライパンです。

ティファール(T-fal) IHルビー・エクセレンス フライパン C62205

ティファール(T-fal)  IHルビー・エクセレンス フライパン C62205

全6層のチタン・エクセレンスコーティングにより、トップクラスの耐久性を持つIH対応のフライパンです。安定したホールド感のあるハンドルは取り回ししやすいと人気。外面に合わせた高級感のあるカラーを採用しています。

中面だけでなく、外面もフッ素加工が施されているので、汚れにくくお手入れも簡単。底面には余熱完了・適温サインもついています。

ガスはもちろん、IH・セラミックヒーター・ハロゲンヒーターなどのさまざまな熱源に対応。スタンダードなフライパンのほか、深さのある炒めもの専用のアイテムもあります。蓋もオプションで用意してあるので、セットで購入すると便利です。

スキャンパン(SCANPAN) フライパン 26cm Classic 26001200

スキャンパン(SCANPAN) フライパン 26cm Classic 26001200

デンマークの老舗キッチンメーカー、スキャンパンのフライパン。最近、安全性が問題視されている「PFOA/PFOS」を使うことなくフッ素加工ができる「GREEN TEK」を採用。人体と環境への影響を配慮して作られた、安全性の高いフライパンです。

チタンを立体的に組み合わせることで、丈夫で長持ちするのがポイント。10年保証がついているので、万が一コーティングが剥がれてしまっても、長い期間愛用できるおすすめのフライパンです。

長谷元 純チタン 木柄フライパン 26cm

長谷元 純チタン 木柄フライパン 26cm

ものづくりで有名な新潟県燕市で製造されている、オール純チタンを採用したフライパン。680gと軽さが特徴で、手首や腕への負担が少なく扱いやすいと人気のアイテムです。

ステンレスやアルミニウムよりも強度が高く、ダイナミックな使い方で調理を楽しめます。なお、本アイテムはガス専用でIHには対応していないので注意しましょう。

長谷元 純チタン 木柄いため鍋 30cm AIT1230

長谷元 純チタン 木柄いため鍋 30cm AIT1230

直径30cmと、大きめの純チタン製のいため鍋。大きいながらも870gと軽いので、大量の食材を調理する際も、取り回しのしやすいアイテムです。チタン製なので錆びにくく、長く愛用できお手入れが簡単なのも嬉しいポイント。

深さがあるので、炒めるだけでなく、揚げ物や煮物などにも向いています。どんな調理シーンにもオールラウンドで活躍するおすすめのアイテムです。

フライパンのおすすめ|鉄製

柳宗理 鉄フライパン 25cm

柳宗理 鉄フライパン 25cm

機能性とデザイン性を兼ね揃えたアイテムを数々生み出したプロダクトデザイナー、柳宗理の鉄フライパン。表面に凹凸をつけた「マグマプレート加工」の採用により、通常のフライパンより熱伝導性に優れているのが特徴。すばやく食材を炒めて、旨味を封じ込みます。また、油馴染みがよく、使っていくほどに焦げつきにくくなるのもポイントです。

左右に張り出したフォルムは、蓋をずらすことによって、余分な脂や水分を排出できます。左右に注ぎ口があるので、左利きの方にも難なく扱え、使い勝手に優れたフライパンです。

鉄製なので強度が高く、お玉をかきませて炒めたり、フライパンを煽ったり、ハードな使い方をしても安心。焼き込み作業が必要なく、購入した日から利用できます。鉄フライパンはハードルが高くて躊躇していた方も、この機会にぜひチャレンジしてみてください。

匠 日本製 フライパン 26cm TAKUMIJAPAN MGFR26

匠 日本製 フライパン 26cm TAKUMIJAPAN MGFR26

日本製の鉄材を使用したフライパンです。柄の部分にも、天然木のブナ材を採用。キッチングッズにこだわりのある方におすすめのフライパンです。

表面のマグマプレート加工により、強い火力で食材の芯まで一気に火を通すことが可能。食材の旨味を逃さず、料理の仕上がりに差が出ます。IH対応も嬉しいポイント。リーズナブルな価格も魅力なので、はじめての鉄製フライパンにおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) 鉄フライパン 28cm HB-1522

パール金属 鉄フライパン 28cm HB-1522

ものづくり産地、新潟県燕三条でひとつひとつ丁寧に製造されているフライパンです。持ち手の部分も鉄を採用しており、シンプルで飽きないデザインも魅力。使うえば使うほど手に馴染み、手入れをすれば一生つきあえるアイテムです。

IHに対応しているほか、豊富なサイズバリエーションとリーズナブルな価格もポイント。2つめのフライパンとしてや、サイズ違いで購入するのもおすすめです。

藤田金属 スイト こだわり職人 26cm 065908

藤田金属 スイト こだわり職人 26cm 065908

職人がひとつひとつ丁寧に作り上げ、独自の「ハードテンパー加工」を施しているのが特徴です。ハードテンパー加工とは、700℃くらいでフライパンを焼き入れ、その後油を浸すことにより、初めから油が馴染んだ状態にする技術。面倒な「油ならし」や「焼き込み作業」が必要なくなり、購入したらさっと洗ってすぐに使える優れものです。

また、ハードテンパー加工により、鉄製フライパンの従来の懸念点であった「錆びる」「こびりつき」も軽減されているのがポイント。ガスのほか、IHやハロゲンヒーターなどのあらゆる熱源に対応しています。

20・24・26・28cmの4サイズをラインナップ。価格も安く、気軽に扱えるフライパンなので、この機会にぜひ鉄製フライパンにトライしてみてください。

リバーライト(RIVER LIGHT) 極ジャパン 26cm

リバーライト(RIVER LIGHT) 極ジャパン 26cm

鉄に特殊熱加工を施し、鉄製なのに錆びにくく、お手入れが簡単と人気のフライパンです。強度が高いため、金属製のツールや金タワシも使用可能。お玉でかき混ぜながら、ダイナミックな調理が楽しめます。

鉄製にも関わらず、1000g以下の軽さもポイント。取っ手が取り外しできるので、収納スペースを効率的に活用できます。また、取っ手は部品交換ができるので、長い間使えるのも魅力です。

サイズバリエーションも豊富で、IHにも対応しています。軽くて使い勝手もよいうえ、お手入れも簡単なおすすめのフライパンです。

ビタクラフト(Vita Craft) スーパー 鉄 フライパン 26cm 2002

ビタクラフト(Vita Craft ) スーパー 鉄 フライパン 26cm 2002

鉄に特殊な熱処理「窒化4層加工」を施すことにより、錆びにくく、こびりつきにくいのが魅力の鉄フライパンです。使い始めの「焼き入れ」や、使用後の「油ひき」も必要なく、使ったあとはさっとぬるま湯で洗うだけ。気軽に使える鉄フライパンとして人気の高いアイテムです。

フライパンの成形から加工・最終検品まで一貫して日本の工場で行っているので、信頼性の高さもポイント。職人のこだわりが詰まったフォルムは、優れた熱伝導率で料理の美味しさをより一層引き立てます。

ハンドル部分は熱が伝わりにくい「ステンレススティール」を採用。使いやすさにとことんこだわった鉄製フライパンです。IHにも対応し、サイズも豊富に展開しています。

山田工業所 打出し 鉄フライパン 26cm

山田工業所 打出し 鉄フライパン 26cm

プロの料理人にも愛用者が多い、山田工業所の鉄フライパン。業務用が有名ですが、本アイテムは一般家庭用でも使えるサイズ感が魅力です。1枚の鉄を叩いてフライパンを形成していく「打ち出し製法」を採用。何回も叩くことによって強度が増し、ダイナミックな使い方をしても安心なのがポイントです。

厚みは2.3mmと厚く、強い火力で一気に食材の旨味を閉じ込めます。プロ仕様を家庭でも味わいたい方におすすめのフライパンです。