フライパンや天ぷら鍋の収納に困っているなら、「揚げ物フライパン」を使うのがおすすめ。揚げ物フライパンは深さがあるので、揚げ物だけでなく炒め物や煮込み料理も作れて便利です。

そこで今回は、揚げ物フライパンの選び方とおすすめの製品をご紹介します。大きさや材質もさまざまなので、自分にとって使いやすいモノを選びましょう。

揚げ物フライパンの選び方

深さで選ぶ

By: amazon.co.jp

揚げ物フライパンを選ぶ際に重要なのが、フライパンの深さ。浅いフライパンを使うと周囲に油が跳ねやすく、調理後の掃除に手間がかかります。また、跳ねた油でやけどをしたり、ガスコンロの火に引火したりする恐れもあり危険です。フライパンを揚げ物鍋として使う場合は、できるだけ深さがあるモノを選びましょう。

さらに、揚げ物フライパンで煮物や汁物を作りたい場合も、深さがあるモノを選んだほうが快適に使えます。深さがあれば麺や野菜も茹でられるので、便利です。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

エビフライ・とんかつなどといった大きめの食材を揚げる場合や、一度に大量の揚げ物を作る場合には、広口の揚げ物フライパンがおすすめ。サイズが大きいモノは、揚げ色の確認がしやすいのもメリットです。また、天ぷらやかき揚げなどを大きな揚げ物フライパンで揚げると、衣がくっつかずにきれいに仕上がります。

一人暮らしの方やお弁当用に少量の揚げ物を作りたい方には、小さくて深さがある揚げ物フライパンがおすすめ。1~2人分のカレーやスープを作るのにも使えます。

厚みで選ぶ

By: amazon.co.jp

油の温度を一定に保つことが、揚げ物を作る際のポイントです。厚みのあるフライパンは食材を入れた瞬間に油の温度が下がりにくく、揚げ物をカラッと仕上げることが可能。揚げ物をより美味しく作りたい方には、厚みのあるタイプがおすすめです。

一方、揚げ物フライパンの重さを重視する場合は、薄くて軽いモノを選びましょう。毎食の調理に揚げ物フライパンを使うのであれば、取り回しやすい軽いモノが適しています。

熱源で選ぶ

By: amazon.co.jp

揚げ物フライパンには「ガス火のみ」「ガス・IH対応」「オール熱源対応」などがあります。IH対応のモノは価格がやや高いため、自宅のキッチンがガスコンロの場合は、ガス火にのみ対応したモノを選ぶのがおすすめです。

自宅のキッチンがIHの方は、IH対応のフライパンを選びましょう。また、なかにはガス火とIHに対応した両用タイプもあります。ハロゲンヒーターやシーズヒーターでも使いたい場合は、オール熱源対応のモノを選びましょう。

フタの有無で選ぶ

By: yutori.co.jp

揚げ物フライパンを煮込み料理にも使いたい場合は、フタがついているモノを選ぶのがおすすめ。食材にじっくり熱を通して煮込むには、フタがあったほうが効率よく調理できます。

揚げ物フライパンを揚げ物にしか使わない場合は、フタがなくても問題ありません。自分の使い方に合わせて、フタつきのモノにするかどうかを決めましょう。

コーティングで選ぶ

By: amazon.co.jp

揚げ物フライパンは、コーティング加工が施されたモノを選ぶのがおすすめ。コーティング加工により、油汚れが簡単に落ちるので扱いやすいのが魅力です。

コーティング加工のなかでも、多くのフライパンに採用されているのがフッ素加工。食材の滑りがよく、焦げつきにくいのが特徴です。高温に弱いので、空焚きや260℃以上での高温調理ができない点に注意しましょう。

揚げ物フライパンのおすすめ

サーモス(THERMOS) デュラブルシリーズ炒め鍋KFF 30cm KFF-030D

家族の人数が多い方や、揚げ物を大量に作りたい方におすすめの揚げ物フライパン。深型設計で直径が30cmと大きいので、揚げ物だけでなく炒め物や煮物もたっぷり作れます。硬質フィラーを配合した「デュラブルコート」を施しており、摩耗に強く焦げつきにくいのが特徴。耐久性が高いので、長く愛用できます。

蓄熱性に優れており、食材にじっくり熱を通せるのも魅力。ガスとIHの両方に対応しています。できるだけ大きな揚げ物フライパンを使いたい方におすすめの製品です。

パール金属(PEARL METAL) 軽いねストロングマーブルいため鍋 28cm HB-1229

重いフライパンを扱うのが大変な方におすすめの製品。軽量なアルミ鋳物製で、直径が28cmと大きくても重さが約792gと軽いのがポイントです。深さが11.5cmあるため、とんかつやエビフライなどの大きな食材も揚げられます。煮物や炒め物もたっぷり作れるので便利です。

金属ヘラも使える「マーブルコーティング」をフライパン全体に施しているため、内面も外面も楽に洗浄できます。取っ手の内側に出っ張りがない一体成型を採用しており、洗いやすいのも魅力のひとつ。軽くて扱いやすい揚げ物フライパンです。

ティファール(T-fal) IHルビー・エクセレンス 26cm マルチパン

本体の左右に大きさの異なる2つの注ぎ口がついた、便利な揚げ物フライパン。小さい注ぎ口は油をオイルポットに移しやすく、大きい注ぎ口は料理を盛りつけるのに便利です。全体的に丸みを帯びた形状で、レードルやターナーなどが使いやすいのもポイント。深型で揚げ物だけでなく、炒め物や煮物もたっぷり作れます。

「チタンコーティング」を施しており、こびりつきにくさが長く続くのも魅力。油や汚れがついても、簡単に洗い落とせます。3~4人家族分の料理を作るのに適したIH対応の揚げ物フライパンです。

ウルシヤマ金属工業 ディープフライパン ルミエール 24cm LME-D24

IHやガス火だけでなく、ハロゲンヒーターやラジエントヒーターでも使える、オール熱源対応の揚げ物フライパン。熱源を選ばないので、自宅だけでなくさまざまな場所で使えます。本体の側面を薄く延ばすスピニング加工により、軽量化を実現しているのもポイントです。

内面には、角が丸い金属ヘラも使える「テフロンプラチナ加工」を施しているのが特徴。少量の油でも焦げつきにくく、ヘルシーな料理を作りたい方におすすめです。外面がミラー研磨仕上げのスタイリッシュなデザインで、吊り下げて収納すればキッチンをおしゃれに演出できます。

北陸アルミニウム(HOKUA) ウー・ウェンパン+ WPL24 24cm

高さのあるドーム蓋と蒸しトレーが付属している、ガス火専用の揚げ物フライパン。シューマイなどの簡単な蒸し料理も作れるのが特徴です。ドーム蓋にあるレバーを動かすことで蒸気の量を調節できるのがポイント。食材に合わせた蒸し方で美味しい料理を作れます。

内面には「テフロンTMプラチナプラス加工」、外面には「フッ素樹脂塗膜加工」が施されており、楽にお手入れできるのが魅力。重さも560gと軽く扱いやすいので、力に自信のない方におすすめです。型番違いでIH対応のモノや28cmサイズもあり、自分に合ったモノを選べます。

ヨシカワ 栗原はるみ 深型フライパン HK11661 24cm

メインのフライパンより一回り小さい揚げ物フライパンを探している方におすすめの製品。24cmサイズで深さが8.4cmあるため、唐揚げやフライドポテトをたっぷり作れます。手持ちの蒸し器を入れれば、茶わん蒸しなども作ることが可能です。

液ダレしにくい縁になっており、どの位置からでもオイルポットに注ぎやすいのがポイント。内面には「フッ素樹脂加工」が施されており、料理が焦げつきにくく快適に使えます。ステンレス製のワイヤーハンドルはフックに掛けやすいだけでなく、見た目もおしゃれです。

和平フレイズ IH対応スーパーディープパン メガフッカ 22cm MR-7506

価格が安い揚げ物フライパンを探している方におすすめの製品。サイズが22cmと小さいので、一人暮らしの方にもおすすめです。お弁当用の揚げ物を少量作るのにも適しています。深さが約7.5cmで、カレーやみそ汁なども作ることが可能です。

内面には耐摩耗性に優れた特殊フッ素樹脂加工の「クイックマーブル」が施されており、焦げつきにくく楽にお手入れできます。ガス火とIHの両方に対応しているのもポイント。ひとつ持っていると重宝する、使いやすい揚げ物フライパンです。

ベストコ(Bestco) 鍛造深型IHフライパン 20cm ND-7954

揚げ物フライパンとしても、小鍋としても使える便利な深型フライパン。20cmサイズでも深さが約8cmあるので、1~2人分の煮物や汁物も作れます。1人分のラーメンやパスタを茹でるのにも便利。コンパクトサイズで収納場所に困りにくく、出し入れしやすいのが魅力です。

内面には2層の「ダイヤモンドコート」と「マーブル加工」が施されており、焦げつきにくく快適に調理できます。油の処理や料理の盛りつけに便利な注ぎ口が左右についており、扱いやすいのもポイント。少しだけ揚げ物を作りたい、一人暮らしの方におすすめです。