銅フライパンは、プロの料理人からも高い評価を得ているアイテム。多大なメリットがありますが、一般ユーザーにはあまり知られていないため、ほかの素材に比べて普及していないのが現状です。

ここでは、おすすめ銅フライパンをご紹介。おすすめ製品だけでなく、銅フライパンのメリットやデメリット、チェックすべきポイントなども解説します。

銅フライパンのメリット・デメリット

銅フライパンのメリット

By: amazon.co.jp

銅フライパンのメリットは、熱伝導率が高いこと。銅はほかの金属よりも、熱が素早く均等に伝わります。フライパンに入れた食材全体に均等な熱を加えることで、ムラなく調理が可能。さらに火力の強さがそのまま熱として伝わるため、温度調節がしやすいのもポイントです。

また、銅は金属の中でも特に腐食しにくい素材で、フライパンなどの調理器具に使うと錆びにくいという特徴があります。手入れしやすいこともメリットです。錆びにくいため強く擦って洗う必要はなく、柔らかいスポンジで汚れを落とすだけで手入れが済みます。その後油を塗っておけば長く使用可能です。

銅フライパンのデメリット

By: amazon.co.jp

多くのメリットがある銅フライパンですが、当然デメリットも存在します。まずデメリットとして挙げられるのは、重さです。銅は鉄と同程度の重さのため、片手で長時間持ち上げるのは困難といえます。

また、ほかの金属と比べて変形しやすく、長期間使用することで、フライパンの中心が盛り上がるケースも。ただし、通常の使用で変形することはほとんどありません。落としたりぶつけたりして強い衝撃を与えなければ問題なく使用できます。

銅フライパンはどんな料理に適しているの?

By: amazon.co.jp

銅フライパンは熱伝導に優れているため、熱を素早く伝えたい料理に適しています。また、長時間煮込む料理にも銅フライパンはおすすめです。火加減の調節によって仕上がりに差が出る煮込み料理に銅フライパンを使うことで、均一に熱が広がります。火の通り具合にムラが出ず、美味しく仕上がるのが魅力です。

銅フライパンの選び方

用途をチェック

浅めの銅フライパン

By: amazon.co.jp

玉子料理やパンケーキなど、素早く熱を通したい料理に使うのであれば、浅めの銅フライパンを選びましょう。短時間で仕上げる料理には、基本的に深さは不要です。

また、浅めのフライパンであれば、銅のデメリットである重さが気にならないのもポイント。フライパンを振ったり持ち上げたりする料理には別のフライパンを使用し、サッと仕上げる料理には銅フライパンを使うといった使い分けもできます。

深めの銅フライパン

By: amazon.co.jp

銅フライパンを煮込み料理に使いたい場合は、深めのものを選びましょう。深めのフライパンを選ぶことで、食材を多めに入れてもしっかり煮込めます。

また、煮込み料理だけでなく、揚げ物や焼き物、蒸し物など幅広く活用したい方も、深めのフライパンを選ぶのがおすすめです。銅フライパンは熱伝導のよさを活かしてあらゆる料理に対応できるため、万能な調理器具として使えます。

玉子焼き器

By: amazon.co.jp

お弁当や晩酌のおかずとして玉子焼きを作る機会が多い方には、銅製の玉子焼き器がおすすめ。料理人の多くが、玉子焼きを作るときに四角い銅フライパンを愛用しています。熱伝導のよさを活かして、ふっくらとした美味しい玉子焼きを調理可能です。

IHに対応しているかをチェック

自宅キッチンの熱源がIHの場合、IH対応の銅フライパンを選ぶ必要があります。銅は電気抵抗が大きくIHで使用すると熱伝導が悪くなることから、IHで使用できないケースが多くありました。

現在では、すべての金属類に対応しているオールメタル対応IHであれば、問題なく使用可能です。購入予定の銅フライパンが自宅のIHに対応しているか、確認しておきましょう。

サイズや重さをチェック

By: amazon.co.jp

サイズが大きくなればなるほど、フライパンは重くなります。あまりに重いと調理や手入れが困難になるので注意しましょう。

大きいフライパンであれば、一度に大量の料理を作れますが、一人分の料理しか作らないのであれば、大きいフライパンは不要です。本当に自身が必要としているサイズなのか、よく考えて選びましょう。

1〜2人暮らしの方であれば、20〜24cmのフライパンがおすすめ。3人暮らしなら、26cm程度のフライパンが適しています。家族の人数が4人以上であれば、28cmサイズの大きいフライパンがおすすめです。

すでに大きなフライパンを持っていて、サブとして銅フライパンを購入するのであれば、20cm未満の小さなものでもよいでしょう。家族の人数や目的に合ったフライパンを選んでください。

銅フライパンのおすすめモデル

スターライフ コッパーパン 3点セット 20・24・28cm

銅の粒子を表面加工に使用したフライパン。銅の熱伝導のよさを活かし、熱が均等に伝わります。IH調理器対応で、オール電化のキッチンに対応しているのも特徴。IHにもガスにも使える銅フライパンを探している方におすすめです。

20・24・28cmの3点セットなので、用途に応じて異なるサイズを使い分けられます。これから一人暮らしを始める方へのプレゼントにもおすすめ。サイズ違いのフライパンをいくつか揃えたい方にも向いています。

和田助製作所(WADASUKE) 銅プチフライパン 10cm 2503-0100

10cmと小型サイズの銅フライパン。1人分の玉子料理や、家族数人分の副菜づくりに活躍します。また、少量のソースやカラメルが必要なときにもおすすめです。熱伝導がよく、バターなどの固形物も素早く溶かせるため、スムーズに調理できます。

あまり大量の料理を作らない一人暮らしの方や、ソース作りに使える小型のフライパンを探している方におすすめです。本体は銅、ハンドルは真鍮でできているので、見た目も本格的。プロが使用するようなデザインのフライパンを使いたい方にも向いています。

新光金属(SHINKOUKINZOKU) プレイクッキング エッグパン 12cm

12cmと小さな銅フライパン。1人分のオムレツなどを作れるサイズです。おかずを作りたい一人暮らしの方や、小さなサブ用のフライパンを探している方におすすめ。

本体だけでなくフタも銅でできているため、統一感があるデザインが魅力。キッチンの見えるところに置いても、景観を損ねません。使い勝手のよさとおしゃれさをあわせ持ったフライパンを探している方におすすめです。

モビエル(MAUVIEL) 1830 M’minisシリーズ ミニフライパン コパー 12cm

フランスの有名ブランド・モビエルの小型銅フライパン。12cmというコンパクトなサイズで、調理後はフライパンごとテーブルの上に置けます。卓上ヒーターの上に置くことで、長時間温かい料理を楽しめるのもポイントです。

モン・サン・ミッシェルのオムレツ作りに使われているブランドのフライパンなので、玉子料理には特に適しています。熱伝導のよさを活かし、短時間で美味しい玉子料理を作れるのが魅力。料理の仕上がりにこだわりたい方におすすめです。

新光金属(SHINKOUKINZOKU) まごころ伝心シリーズ フライパン 20cm

1〜2人暮らしの方に適した20cmの銅フライパン。少人数分のおかず作りに最適なサイズです。煮こぼれしにくい深めの形状で、煮込み料理に適しています。

本体は銅製ですが、ハンドルには天然木を採用。温かみのあるデザインと、木ならではの握りやすさが魅力。使うたびに、ハンドルが手に馴染みます。見た目の柔らかさと使い勝手のよさを両立させたフライパンを探している方におすすめです。

オークス(AUX) ameiro フライパン20 20cm

20cmの銅フライパン。1〜2人分の調理に活躍します。錫メッキ加工を施していないため、使う度に表面が飴色になっていくのが特徴。銅ならではの美しい色合いを楽しめます。

表面に加工が施されていないので、銅の優れた熱伝導率を最大限発揮できるのも特徴。火加減の調節をきちんと行えば、焦げ付かず均等に火が通ります。料理の仕上がりをワンランクアップさせたい方におすすめ。真鍮製のハンドルに被せるレザーカバーもおしゃれで、キッチンの雰囲気を変えてくれます。

田辺金具 ふんわり銅のぱんけーきpan 20cm

優れた熱伝導率を備える銅の魅力を引き出したフライパン。火加減を調節することで、食材にそのまま熱が伝わります。パンケーキやオムレツはふんわりと、ステーキはジューシーに調理できるのが特徴です。

いつもの料理をもっと美味しく仕上げたい方におすすめ。ハンドルに天然木を採用することで、握りやすさにもこだわっています。ハンドル先端にフックが付いているため、キッチンの壁に掛けて収納可能。収納スペースを取らない銅フライパンを探している方におすすめです。

新光金属(SHINKOUKINZOKU) エンペラーシリーズ フライパン 24cm

1〜2人分の料理を作るのに適した24cmの銅フライパン。本体は純銅製なので、熱をしっかり伝えてくれます。サッと火を通したい玉子料理から、じっくり味を染み込ませたい煮込み料理まで、幅広く調理できるのがポイント。さまざまな料理に使えるフライパンを探している方におすすめです。

ハンドルは真鍮製で、デザイン性にも優れています。プロが使っているような、シンプルでおしゃれなデザインのフライパンを探している方におすすめです。

浅草銅銀銅器店 純銅製フライパン 24cm

1〜2人暮らしの方におすすめの24cm銅フライパン。深めの構造で、煮込み料理をしても食材や煮汁がこぼれにくいのが特徴です。快適に料理を楽しみたい方に適しています。

側面に凹凸がある、槌目打ちのデザインも魅力。職人がハンマーで叩くことで、独創的な模様に仕上がっています。機能性だけでなく、おしゃれさも重視した銅フライパンを探している方におすすめです。

中村銅器製作所 銅製フライパン 24cm

創業80年を超える銅器製作所が、手作業で作っている銅フライパン。高い熱伝導率と細かな気遣いが魅力で、プロからも愛用されています。使い込むことで色合いが変化し、味わい深くなるのが特徴。長年愛用できるフライパンを探している方におすすめです。

24cmというサイズは、1〜2人暮らしの方に向いています。あらゆる料理に対応できるため、レパートリーを増やしたい方にもおすすめです。

アサヒ(ASAHI) 食楽工房 フライパン 25cm 木へら付き CNE308

2〜3人暮らしの方におすすめの25cmの銅フライパン。深めの構造なので、サッと火を通したい玉子料理やパンケーキだけでなく、じっくりと加熱したい煮込み料理にも使えます。あらゆる料理に使える万能なフライパンを探している方におすすめです。

かき混ぜたり炒めたりするのに便利な木へら付き。フライパンの表面を傷つけないように調理できます。

モビエル(MAUVIEL) 1830 M’heritage 150 フライパン 26cm

高級フレンチやイタリアンの厨房で使われることも多い、本格ブランドの銅フライパン。本体は約90%銅でできているため、高い熱伝導性を有しています。強火にしなくてもしっかり熱が通るので、省エネ調理も可能です。

表面の約10%はステンレス製で、手入れしやすいのが特徴。本格調理と簡単手入れが同時に叶えられるフライパンを探している方におすすめです。サイズは26cmで、2〜3人暮らしの方に適しています。

前田家(MAEDAYA) 熱が早く伝わる高級フライパン 26cm

26cmの銅フライパン。3人家族の料理に向いているサイズです。熱ムラが少ないため、あらゆる料理を焦げずに仕上げられます。加熱具合に差が出ないため、煮込み料理がうまくいかないと悩んでいる方におすすめです。

ハンドルは真鍮製で、本体の銅とのコントラストが魅力。金属の美しさを活かしたデザインのフライパンを探している方におすすめです。

和田助製作所(WADASUKE) 銅小判フライパン 30cm 3404-0300

小判型の銅フライパン。楕円形のデザインがおしゃれで、フライパンごと食卓に置くと華やかさがアップします。別売りの木台を下に敷くことで、安全に置けるのも特徴。長時間温かい料理を楽しみたい方におすすめです。

小判型のデザインだけでなく、真鍮製のハンドルもおしゃれ。デザイン性の高いフライパンを探している方におすすめです。30cmと大きめサイズで、4人以上の家族に向いています。

せともの本舗(SETOMONO HONPO) 銅丸フライパン 30cm

30cmと大きめサイズの銅フライパン。4人以上いる家族の料理におすすめです。深さがあるため、煮物・焼き物・揚げ物などあらゆる料理に活用できます。どんな料理にも対応できる、万能なフライパンを探している方におすすめです。

厨房で働くプロの意見を取り入れて作られているので、確かな実力が魅力。優れた熱伝導率で、毎日の料理をワンランクアップさせてくれます。

工房アイザワ 純銅玉子焼き 関西型 12cm 70085

関西型といわれる、縦長の玉子焼き器。関西の玉子焼きは出汁を多く使うため、緩い玉子液が特徴です。そのため、一度入れた玉子液を何度もひっくり返して巻いていく必要があり、フライパンが縦長に作られています。

本製品は玉子焼き用の純銅フライパンなので、熱伝導がよく玉子液に火が通りやすいのが魅力。失敗すると薄くなってしまう玉子焼きをふっくら仕上げられます。

田辺金具 銅玉子焼関東型 18cm 0712

正方形が特徴の関東型玉子焼き器。関東型の玉子焼きは江戸前寿司で使われていたもので、たっぷりの玉子を二つ折りにして焼くのが特徴です。二つ折りにしやすいよう、長さが均等な正方形になっています。

熱が均等に伝わる銅フライパンなので、焦げ付きにくくキレイな玉子焼きを調理可能。ふんわりとした本格的な玉子焼きを作りたい方におすすめです。

田辺金具 銅玉子焼名古屋型 18cm 0903

横長の形が印象的な、名古屋型の玉子焼き器。結婚式が派手なことで有名な名古屋では、家に大勢の客を招いて出前を利用することが多くあります。その際、冷めても美味しい玉子焼きにするため、横から何度も巻いて出汁を閉じ込めるのが特徴です。そこで横長の玉子焼き器が採用されています。

銅フライパンの魅力である熱伝導のよさを活かし、ふわっとした食感の玉子焼きを作れるのが魅力。お弁当や晩酌のおかずに玉子焼きをよく作る方におすすめです。