フライパンのなかでも高い熱伝導性と軽さが魅力の「アルミフライパン」。ホテルやレストランなど調理のプロが愛用していることが多いキッチンアイテムのひとつです。

特徴としては水分量の多い料理が作りやすいことが挙げられますが、どれも見た目が似ており、製品の違いはよくわからないもの。そこで今回はおすすめのアルミフライパンをご紹介します。購入を検討している方はもちろん、料理の腕を上げたい方もぜひチェックしてみてください。

アルミフライパンとは?

アルミフライパンの特徴って?

フライパンには鉄やアルミ、ステンレス、チタンなど製品によって採用されている素材が異なります。アルミフライパンの特徴は軽量で、熱伝導率が高いこと。ぜひしっかりと確認しておきましょう。

軽量で煽りやすい

By: amazon.co.jp

アルミフライパンは非常に軽量なのが最大の特徴。たくさんの食材を入れた状態でも取り回しやすく、パスタを煽るのもスムーズにできます。軽量なため大きなサイズを選んでもさほど負担がかからないので、たくさんの料理を作りたい方にもおすすめです。

優れた熱伝導性

アルミフライパンはステンレスや鉄製のものに比べて熱伝導性に優れています。食材をムラなくスピーディに加熱できるので、パスタを手早く仕上げるのにぴったり。また、細かな火加減の調整ができるため、煮込み料理にも向いています。弱い火力でもすぐに温まるので、エネルギーの節約ができるのもポイントです。

使い方にはコツが必要

By: amazon.co.jp

アルミフライパンを使うと、黒ずみや食材のこびり付きが気になることがあります。黒ずみを防ぐためには、購入直後にくず野菜とお米のとぎ汁を煮立たせておくと効果的。もし黒ずんでしまった場合でも、水とレモン汁を入れて煮立たせるときれいになります。

こびり付きの対策としては、アルミフライパンを使用前に必ず多めの油で油ならしをすることが重要です。ぜひ覚えておきましょう。

アルミフライパンはどんな方におすすめ?

By: amazon.co.jp

アルミフライパンは、軽量で煽りやすいので強火での調理におすすめ。特に、フライパンの内部が銀色の製品はソースの色がわかりやすいことなどから、パスタなど色彩が豊かな料理を作るのに最適です。パスタをよく作る方にはぜひアルミフライパンを活用してみましょう。

アルミフライパンの選び方

IHに対応しているかをチェック

By: amazon.co.jp

本来、アルミ製のフライパンはIHには対応していないため、自宅の熱源がIHの方は使用できません。しかし、アルミフライパンのなかには、底面に別の金属を使用するなどの工夫でIHでも使用できるタイプもあります。IHでもアルミフライパンが使いたい方は、こちらを検討することをおすすめします。

アルミフライパンのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

アルミフライパンのサイズを選ぶ際には、どれくらいの量の料理を作りたいかをまず考えましょう。2人分のパスタを作るなら、24~25cmくらいのものを。3人分ならひと回り大きい26~27cmがおすすめです。

食材をソースと絡める料理は大きさに余裕のあるフライパンの方が調理しやすく、おいしく仕上がります。特にアルミフライパンは軽量なので、大きすぎても使いづらいということは少ないので、サイズで迷ったら大きめのフライパンをチョイスしましょう。

表面のコーティングの有無をチェック

By: amazon.co.jp

アルミフライパンは、コーティングを施さずアルミそのものをいかしたタイプと表面にコーティングを施したタイプの2種類があります。前者はより熱伝導率が高く、軽いので使い勝手良好です。ただし、使い続けていくとフライパンが変色したり、食材がこびり付きやすくなったりします。その点は留意しておきましょう。

一方、コーティングを施してあるタイプは、変色やこびりつきをある程度カバーできるのがメリット。ただ、アルミそのもののフライパンに比べると熱伝導性の点ではやや劣ります。なお、仕様によってはIHに対応しているものもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

アルミフライパンのおすすめモデル

アカオアルミ DONシリーズ アルミフライパン

プロにも愛用者が多い「アカオアルミ」のアルミフライパン。クールなシルバーの色合いとなめらかなフォルムが特徴です。

熱伝導性が非常によいため、ソースを絡めるなど料理の仕上げはもちろん、お湯を沸かしたり食材を焼いたりといった作業もスピーディ。加熱ムラができにくく、食材に均一に火を通せるので、料理がおいしく仕上がります。

シルバーの鍋肌で、ソースの色がよくわかるのもポイント。トマトソースやホワイトソースは焦げ付きやダマになることも少なく、すばやく作れます。ハンドルには角度がつけてあり、煽りやすく扱いやすい工夫がされています。また、持ちやすいようハンドルに幅を持たせてあるので、料理を入れた状態でも手のひらに食い込むことなく、使用感は快適です。

表面は外側・内側ともにきめ細かくなめらかに仕上げてあり、汚れにくいのもポイント。サイズラインナップも豊富で、18~36cmまで7種類を取り揃えています。長く愛用できるアルミフライパンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

柳宗理 セラミック コーティング アルミフライパン

考え抜かれた機能性と美しく無駄のないデザインでファンも多い「柳宗理」のアルミフライパン。両側に向かってなだらかに広がったデザインは、汁気のあるものを移すときはもちろん、フタをずらして蒸気を逃がしたり、水切りをしたりする際にも便利です。

表面には2層のセラミックコーティングを施し、アルミフライパンのデメリットであるこびりつきやすさをカバー。耐久性にも優れ、使いやすさが長持ちします。

内側だけでなく、外側もコーティングしてあるので焦げ付きがちな外側が汚れにくいのもポイント。底には5mmの厚みを持たせているので蓄熱性に優れており、加熱ムラが生じません。食材を均一に加熱できるため、仕上がりが美しいのはもちろん、食材のおいしさを存分に引き出した調理ができます。

ガスだけでなく、IHにも対応しているため、どんな熱源でも使用可能。カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップしています。

北陸アルミニウム(HOKUA) フライパン センレンキャスト

鋳物の生産で知られている富山県高岡市に本社を構える「北陸アルミニウム」。その確かな技術で作られたアルミフライパンは、美しい見た目と使いやすさで評判のアイテムです。

本製品は素材にアルミキャストを採用。表面は熱伝導率に優れており、内側は熱保有率に優れている素材のため、食材にムラなく、すばやく熱を加えることが可能です。

また、軽さも秀逸。ステンレスの3分の1の重さの特殊合金を用いているほか、底から側面にかけて薄くなるようなデザインにすることで軽量化を図っています。大きめのサイズを選んでも取り回しがしやすく、料理を入れた状態でも持ち運びがラクラク。スムーズに調理を進められます。

外側は美しい輝きが楽しめるミラー加工。底面はサテン加工で、キズがついても目立ちにくい上、すべり止めの効果も期待できます。サイズは18~36cmまで全16種類。豊富なバリエーションがあるのも魅力です。

中尾アルミ製作所 キング アルミフライパン

ホテルやレストランのシェフなど、プロも愛用している「中尾アルミ」のアルミフライパン。アルミならではの熱伝導率のよさで、ソースをサッと温めたり、パスタをすばやく仕上げたりするのに最適です。

本製品は明るいシルバー色で、ソースの色を確認するのにぴったり。パスタをよく作る方にぜひおすすめしたいフライパンです。とても軽いのでフライパンを煽るのも容易。柄は角度がついており、長さもちょうどよく取り回しやすいデザインです。

普段のお手入れは、洗剤とスポンジで洗うだけと簡単。アルミフライパンは、鉄フライパンのように錆びる心配がないので、洗ったあとにそのままにしておいても安心です。コーティングされたフライパンはどうしても劣化が気になりますが、本製品は無塗装のため劣化を気にせず長く愛用できるのもポイントです。

キプロスター(KIPROSTAR) 業務用アルミフライパン

「キプロスター」のアルミフライパンは、アルミのなかでも耐久性・耐摩耗性にすぐれた3000番系のアルミニウム合金を使用しているのが特徴。また、フチをわずかに外側へ曲げる「エッジロール工法」を採用することにより、より強度を高めています。

アルミの持つ高い熱伝導率を生かし、食材をスピーディに加熱できます。熱伝導率をよくするため、底が厚めに設計されているのもポイント。加熱ムラがなく、肉や魚に満遍なく火を通せるので、仕上がりが格段によくなります。

フライパン本体と持ち手の接合部分は広めで、3か所をしっかりと留めつけているのもポイント。手の動きがしっかりとフライパンに伝わり、安定して使うことが可能です。持ち手の部分のみメッキを施した鉄製ですが、その分歪みが生じず丈夫なので、長く愛用できます。

なお、本製品はオーブン調理も対応可能。オーブンが使えれば、表面にサッと焼き色をつけたり、じっくりローストしたりと、料理の幅がぐんと広がります。使い勝手のよいアルミフライパンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

和平フレイズ 超軽量フライパン

人気の高い「和平フレイズ」のアルミフライパン。深さがあるため「焼く」だけでなく、「炒める」「煮る」といった調理にも対応できるのが特徴です。これひとつで、ハンバーグや焼き魚、カレーなどさまざまな料理を作れます。

重量は660gと軽さもポイント。汁気のある料理がたっぷり入っていても重さを感じにくくスムーズに持ち運べるため、取り回しがよいのも魅力です。

内部は4層のダブルマーブルコート加工により、こびりつきや汚れにも配慮。20万回の耐摩耗試験をクリアしており、丈夫さもお墨付きです。

素材は軽さと強さに加え、加熱ムラが少ないアルミダイカストを採用。ムラなくスピーディに調理を仕上げることができるので、食材のおいしさを存分に引き出すことができます。

また、内部と持ち手をつなげる金属の留め具(鋲・びょう)がないのもメリット。フライパン内部に凸凹がないことので、お手入れがしやすいのも注目すべき点です。

グリーンパン(Greenpan) フライパン ウッドビー

2007年にベルギーで生まれた人と環境に優しいアルミフライパン。食材も汚れもよく滑るメーカー独自の加工「サーモロン」によって、調理ストレスが少ないのが特徴です。ホワイトカラーと木目調のナチュラルなデザインもポイント。キッチンに映えるフライパンを求めている方におすすめです。

バイオタン(BIOTAN) 深型フライパン

TVドラマで使用されたことで注目度が上がったIH対応のアルミフライパン。バイオミネラルと珪藻土をコーティングのベースとしており、安心かつ安全に使えるのが特徴です。

他の製品と比べて分厚さは気になるところですが、その分料理のクオリティは上々。こびり付きに強いのもポイントです。価格としては高価ですが、満足度の高いフライパンを求めている方はぜひチェックしてみてください。