一人暮らしを始めるにあたって、まず初めに用意したい調理器具はフライパンです。フライパンが1つあれば、焼く・炒めるはもちろん、煮る・揚げるといった調理にも対応できます。

しかし、フライパンはサイズや材質などたくさんの種類があるので、そのなかから一人暮らしに適したフライパンを探すのはひと苦労。そこで今回は、一人暮らしの方にぴったりのフライパンをご紹介します。

一人暮らし向けフライパンの選び方

まずは、フライパンのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

フライパンを購入する際に、まず重要なのがサイズです。一人暮らしの場合は1~2人分の料理を作ることが多いため、24cmくらいのフライパンを選ぶと使いやすいでしょう。これくらいの大きさがあれば、野菜炒めや少量の揚げ物なども作りやすく、さまざまな料理に対応できます。

一度にたくさん食べる方や料理を作り置きする方は、つい28cmや30cmといった大きめのフライパンを選びたくなりますが、一人暮らしのキッチンは小さいもの。あまり大きなフライパンを選ぶと、調理スペースが狭くなったり、小さなシンクで洗いにくかったりと扱いにくさが生じてしまいます。一人暮らし用のフライパンは、大きいサイズを選ぶとしても26cmまでにとどめておくのがおすすめです。

ガスコンロかIHなのかをチェック

By: .rakuten.co.jp

キッチンの熱源がガスコンロかIHなのかも、フライパン選びにおいて重要なポイントのひとつ。フライパンのなかには、ガスコンロかIH、どちらかにしか対応していないものもあるので、お使いの熱源に対応しているかどうか必ずチェックしましょう。

フライパンに使われている素材をチェック

テフロン加工

By: amazon.co.jp

フライパンのなかで、最もポピュラーなのがテフロン加工。油を使用しなくても素材がこびりつきにくく、スムーズに調理を進められるのが最大のメリット。リーズナブルに手に入れられるのも魅力です。また、汚れがこびりついたり焦げついたりしにくいので、お手入れも簡単。サッと洗えばすぐにきれいになるので、後片付けもスピーディです。

しかし、テフロン加工は使用するにつれて劣化し、効果が薄れてしまうため、定期的に買い替えが必要になります。長持ちさせたいなら、耐久性に優れたものを選ぶのがコツ。その上で、傷がつきにくいシリコン製の調理器具を使うなどの工夫をしましょう。

セラミック

By: rakuten.co.jp

セラミック製のフライパンは、テフロン加工と同じく素材がこびりつきにくいので、調理しやすいのが特徴。また、セラミックは非常に硬くて丈夫なので、劣化しにくく、長期間使用できるのがメリットです。

また、熱伝導性にも優れているため、料理がおいしく仕上がるのも嬉しいポイントです。気をつけたいのは、コーティングを傷めないためにも空焚きをしないようにすることと、使用する際に少量の油を敷いておくこと。そうすれば、フライパンが長持ちするのでこの2点は覚えておきましょう。

By: amazon.co.jp

一人暮らしでも料理の仕上がりにこだわりたい方におすすめなのが、鉄製のフライパンです。鉄製のフライパンは、熱伝導性に優れているため、料理がぐっとおいしくなるのが最大の魅力。肉はジューシーに、野菜炒めはパリッと仕上がります。

使えば使うほど油がなじみ、だんだん使いやすくなっていくので、ひとつのものをじっくり使い込みたい方にもぴったりです。しかし、十分な予熱や油慣らしをしないとこびりついてしまうので、うまく扱うには技術が必要。また、使用後に薄く油を塗っておくなど、テフロン加工やセラミックに比べてお手入れに手間がかかるのがデメリットです。

チタン

By: amazon.co.jp

あまり一般的ではありませんが、チタン製のフライパンもあります。チタン製のフライパンの特徴は、とても軽くて取り回しがしやすいこと。また、ハードな使用にも耐えられる耐久性もあります。

調理面では、食材がこびりつきやすく焦げやすかったり、熱伝導率が悪かったりとあまり使いやすいとは言えませんが、その耐久性と軽さからアウトドア用品として重宝されているのが特徴。とにかく軽いフライパンが欲しい方におすすめの素材です。

作りたいレシピによっては、フライパンの形状もチェック

By: amazon.co.jp

フライパンを選ぶ際は、フライパンの深さもチェックするとよいでしょう。あまり浅いものは調理中に食材が飛び出してしまって使いにくいので避けた方が無難です。

4~5cmくらいの適度な深さのあるものなら食材をあおりやすく、チャーハンや野菜炒めといった料理もおいしく作れます。カレーや煮物などの煮込み料理や、揚げ物なども作りたい方は深さのあるフライパンを選ぶと便利です。

一人暮らし向けフライパンのおすすめ|ガスコンロ向け

北陸アルミニウム(HOKUA) フライパン センレンキャスト 24cm A-0242

アルミ製品のトップメーカーである北陸アルミニウムのフライパン。アルミキャストを採用しており、軽く、取り回しがしやすい上、熱伝導率に優れているのが特徴です。また、底面にはリップルウェーブ加工を施しているため、食材にムラなく熱が通るのも嬉しいポイント。

表面には3層のフッ素コーティングを施し、食材がこびりついたり焦げついたりすることなく、スムーズな調理が可能です。汚れもサッと落ちるので、お手入れも手軽にできます。

テフロン加工のなかでも最も傷に強いとされる「テフロンプラチナプラス」を使用しており、耐久性も良好。コーティングがはがれにくいので、長く愛用できるフライパンです。

ビタクラフト(Vita Craft) フライパン 24cm ウォックパン ソフィアII 1754

やや厚みがあり、高級感のあるビタクラフトのフライパン。シルバーとブラックのクールなカラーリングがおしゃれです。重さは1.77㎏と若干重めですが、その分安定感があって使いやすいのが魅力。
 
表面には「ナヴァロン3コート」という高密度のフッ素コーティングを施しており、油をひかなくてもこびりつかず、スムーズな調理ができます。このコーティングは20万回の耐久テストもクリアするほどの強度が自慢。長く愛用できます。

本体はアルミとステンレスの2層構造なので、アルミの持つ熱伝導率のよさとステンレスの錆びにくさを兼ね備えているのが魅力。弱い火力でも十分調理でき、料理がスピーディに仕上がるため、忙しい方にもぴったりのフライパンです。

島本製作所 鉄製フライパン 味一鉄 24cm KS05-P2440

料理が好きの方や一人暮らしでもしっかり自炊したいと考えている方におすすめの鉄フライパン。鉄製ながら重さが930gと軽く、取り回しやすいのが魅力です。

鉄ならではの熱伝導率のよさで、食材をスピーディに加熱できるため、料理がぐっとおいしく仕上がります。また、底面に厚みを持たせることにより、熱による変形がしにくいので安心して使えます。

表面にはたくさんの細かい穴が空いており、使えば使うほど表面に油がなじんで使いやすくなるのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フライパン 24cm スキレットコートパン SKL-24GS

木製の持ち手がおしゃれなスキレットコートパン。パエリアなどを作って、そのまま食卓に出しても見栄えがするので、お客様をもてなすときにもおすすめのフライパンです。

鉄製のスキレットは重くて扱いが大変ですが、本製品はアルミ製で軽く、扱いやすいのが特徴。鉄製と違ってお手入れも簡単です。表面にはフッ素コーティングを施しており、食材のこびりつきや焦げつきを防止。70万回もの耐摩耗性試験をクリアするほどの耐久性があるので、長く使用できるのもポイントです。

また、油が全体になじむ特殊コーティングや、加熱ムラが生じない厚底設計で、均一に火を通せることに加え、美しい焼き色をつけることもできます。

ビタベルデ フライパン 26cm コンテンポ クォーツグレイ CC000708-001

グレーとホワイトのカラーリングがスタイリッシュなフライパン。まるで雑貨のようなかわいらしさで、キッチンに置いておくだけでグッとおしゃれ度がアップします。表面にはセラミックコーティングを施しており、少量の油をひいておけば食材がこびりつきにくいのが特徴。焦げつきを気にせず、ノンストレスで調理が可能です。

コーティングには砂を原料としたサーモロン・セラミックコーティングを採用しています。化学物質を含まないため、過熱しすぎても有害物質が出ず、身体にも環境にも優しい素材。また、摩耗や熱に強いのもポイントです。

鍋の内側はホワイトなので、食材の焼き加減やソースの色などもチェックしやすいのも魅力。料理を美しく仕上げたい方におすすめのフライパンです。

ドウシシャ(DOSHISHA) エバークック アルファ EFPAE22RD

卵などのこびりつきやすい食材も快適に調理できるドウシシャのフライパン。表面のフッ素コーティングは、200万回の耐摩耗性試験や200時間の耐食性試験をクリアしており、高い耐久性があります。

優れた耐久性の秘密は、コーティングに配合されたダイヤモンド粒子や、フッ素を剥がれにくくするアンカー構造。もし、使用するにつれてフッ素が剥がれてしまっても、その下にあるアルマイトコーティング層がガードしてくれるのが特徴です。

汚れがこびりつきにくいので、使用後もサッと洗うだけできれいになるため、お手入れもスピーディに済みます。本体はアルミ製で、581gと非常に軽いのも魅力的。取り回しがしやすく、力の弱い方でも腕に負担がかからないのでラクに使用できるフライパンです。

一人暮らし向けフライパンのおすすめ|IH向け

ティファール(T-fal) フライパン 24cm IHハードチタニウム・プラス C63004

本製品は従来品よりも3倍長持ちするという優れた耐久性を持つチタンコーティングが施されており、食材がこびりつきにくく、快適な使い心地が味わえます。また、フライパンの外側は汚れがつきやすく、見た目が悪くなってしまいがちですが、本製品は外側にもフッ素コーティングが施されているため、外側もきれいに保てます。

また、中央には適温を知らせてくれるお知らせマークがついているのもポイント。ベストなタイミングが一目で分かるので料理初心者の方にもおすすめです。

底面の素材にはアルミに加えステンレスが配合されており、IHでの熱伝導性も抜群。しっかり熱が伝わるのでチャーハンなどもスムーズに作れます。底が平らになっているため、油が均一に広がり、食材がムラなく焼きあがるのも嬉しいポイントです。

リバーライト(RIVER LIGHT) 鉄フライパン 極ジャパン 24cm

鉄製の本体と、木製の持ち手の組み合わせがおしゃれなフライパン。そのまま食卓に出しても絵になるので、おもてなしの際にもぴったりです。

鉄フライパンは錆びやすいのがネックでしたが、本製品は錆びにくく、金属製のヘラなども使える強度があるので鉄フライパンを初めて使う方にも扱いやすいのが魅力。鉄ならではの熱伝導率のよさで、料理がぐっとおいしく仕上がります。

お手入れはタワシやササラでこするだけ。もし焦がしてしまっても、お手入れですぐに元に戻せるので安心。使えば使うほど油がなじみ、使いやすくなっていくおすすめの鉄製フライパンです。

バッラリーニ(Ballarini) トリノ フライパン 24cm 75001-762

イタリアのメーカー、バッラリーニのフライパンです。模様の入った、高級感が漂う佇まいが特徴。一人暮らしでもこだわりのフライパンを選びたい方におすすめしたいフライパンです。

独自の特殊5層コーティングを採用しており、食材がこびりつきにくくスムーズかつスピーディに調理が可能。金属ヘラも使えるほどの強度があるため、快適な使用感が長続きします。

底を厚く作ることにより、均等に熱を伝えられるため、料理が美しく、おいしく仕上がるのもポイントです。

リーンパン(GREENPAN) フライパン ウッドビー ホワイト 24cm CC001010

真っ白な本体と木目の持ち手が特徴的なフライパンです。キッチンに出しっぱなしにしておいても絵になる、おしゃれな佇まいが魅力。スタイリッシュなキッチンを作りたい方にもおすすめです。

表面には化学物質を含まないサーモロン・セラミックコーティングを使用。食材がこびりつきにくいのはもちろん、有害物質が出る心配がなく環境や身体にも安心です。

また、ダイヤモンドを配合することにより、耐久性や耐摩耗性、塩分への耐性などがさらにアップ。こびりつきにくさが長持ちするので、快適に使用できます。また、フライパンの内側のホワイトなので調理中に食材の色がよく見えるのもポイントです。

さらに、底面には銅を加えているため、熱伝導率に優れており、弱い火力でも調理が可能。IHでも温まりやすく、スピーディに調理できます。樹脂製のハンドルは持ちやすく、熱くなりにくいので調理中も快適です。

パール金属(PEARL METAL) 深型フライパン 22cm HB-3757

焼く・炒めるだけでなく、カレーや肉じゃがといった煮込み料理や、ちょっとした揚げ物などにも対応できる深型のフライパン。一人暮らしでもいろいろな料理にチャレンジしてみたい方や、調理器具をたくさん持ちたくない方におすすめのフライパンです。

深さがありますが、アルミ製のため本体の重さは630gととても軽く、扱いやすさは抜群。料理が入ったままでもラクに持ち運びが可能です。

また、食材がこびりつきにくいテフロン加工を施しており、スムーズな調理ができます。さらに、ダイヤモンド加工を施しているため、金属ヘラも使用できるほどの強度を実現。表面加工が劣化しにくいので、快適な使用感が長続きします。

マイヤー(MEYER) フライパン スターシェフ2 26cm MSC2-P26

つややかなシルバーが印象的のフライパン。シンプルなルックスが、キッチンをスタイリッシュな雰囲気にしてくれます。錆びに強いステンレス製なので適度な重みがあり、安定感があるので調理中もフライパンがズレることなく快適に使えるのが魅力的。

内部はフッ素コーティングを施しているため、食材がこびりつきにくく調理もスムーズに行えます。お手入れもサッと洗うだけと簡単。液だれしにくいフレアリムで、フライパンの外側が汚れにくいのもポイントです。