音の解像度が高く、ダイナミックマイクに比べて高音質な「コンデンサーマイク」。DTMでのボーカルや楽器録音に使用されるほか、ゲーム実況や動画配信など幅広いジャンルで利用されています。

最近ではUSBケーブルでパソコンと接続できるモデルも人気。しかし、製品数が多く、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、コンデンサーマイクの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

コンデンサーマイクとは?

By: amazon.co.jp

コンデンサーマイクとは、「電気をためられる素子(コンデンサー)」の原理を利用したマイク。音の振動を電圧の変化にして伝送します。ダイナミックマイクとは異なり電源の供給が必要ですが、感度が高く高音質な録音が可能です。

電源は、マイク入力端子からコンデンサーマイクに電力を供給するファンタム電源が一般的。また、パソコンと直接接続する場合には、USBケーブルから電源供給できるモデルが便利です。ケーブル1本で音声の入力と電源の供給が行えます。

ダイナミックマイクとの違い

By: amazon.co.jp

音による空気の揺れを振動板で捉え、コイルで電気信号を生じさせるのがダイナミックマイク。コンデンサーマイクのように電源の必要がなく、比較的湿度に強いというメリットがあります。対してコンデンサーマイクは、湿度や振動に弱いものの、レンジが広く繊細な音も拾えるのが特徴です。

頑丈でハウリングしにくいダイナミックマイクは、ライブハウスや路上ライブでの使用におすすめ。コンデンサーマイクは、レコーディングや動画配信での使用に向いています。

ダイナミックマイクについて詳しく知りたい方はこちら

コンデンサーマイクの選び方

指向性をチェック

無指向性

By: amazon.co.jp

無指向性のコンデンサーマイクは、マイクを中心に360°全方向の音を等しい感度で集音するタイプです。テーブルを囲んで行う会議やマイクの向きを変えられない状況など、特定の音を強調せずに多方向からの音を漏れなく拾いたい場合に役立ちます。

全方向からの音を拾うため、環境音を拾いやすいのが特徴。会議などで利用する際は、雑音を拾うことで話し声が聞こえにくくなる場合もありますが、あえて周囲の音を集音することで臨場感を出したい場合にも使われます。

無指向性のコンデンサーマイクでスピーカーの音を集音すると、ハウリングしやすいので要注意。雑音を拾いやすいことやハウリングのしやすさから、音楽の現場ではあまり使われない傾向にあります。

単一指向性

By: amazon.co.jp

ひとつの方向からの感度が特に高いコンデンサーマイクが単一指向性。マイク正面の音に対して感度が高く、マイク背面の音に対して感度が低くなる「カーディオイド」が一般的です。

周囲の雑音が入りにくく、狙った音をピンポイントに捉えやすいのが特徴。ハウリングしにくいため、ボーカルや楽器の音を集音する音楽の現場でよく使われるタイプです。1人で行う動画配信などにも向いています。

双指向性

By: amazon.co.jp

双指向性は「フィギュア8」とも呼ばれ、マイクの正面と背面からの音に対して等しい感度で集音するタイプ。横方向からの音に対する感度が低く、マイク背面からの音に注意すれば、雑音が入りにくいのがポイントです。

背面に音源がなければ正面の音のみをピックアップできるほか、向かい合った楽器のセッションやラジオのような対談形式、インタビューなどの収録に適しています。

接続端子をチェック

配信・宅録には「XLR」

「XLR端子」は米国キャノン社によって開発された、現在の音楽制作現場に広く普及している規格です。多くの場合、PCに直接接続はできず、ミキサーやオーディオインターフェースを経由してPCに接続します。

ノイズの影響を受けにくく、ロック機構の搭載により、不意に外れてしまうようなトラブルを防げる点が魅力。周辺機器を揃える必要があるものの、高音質で本格的なレコーディングが可能です。

オーディオインターフェースを使わないなら「USB」

USBケーブルでPCと直接接続できるコンデンサーマイクは、ミキサーやオーディオインターフェースが不要で気軽に使える点がメリット。電源もUSBから得られるので、コンデンサーマイクとPCがあれば、すぐにレコーディングを始められます。

ノイズに対する耐性や音質は、XLR端子のコンデンサーマイクに及ばない点が多いのはデメリット。低価格なモデルも豊富に展開されているため、動画配信やポッドキャストを手軽に始めてみたい方におすすめです。

価格で選ぶ

ダイナミックマイクに比べて、コンデンサーマイクは価格が高い傾向にありますが、エントリーモデルであれば低価格な製品も存在。最近ではコスパに優れたコンデンサーマイクも多くラインナップされているので、エントリーモデルであっても動画配信などで活躍します。

ゲーム実況や趣味で音楽を楽しんでいる方には、より品質の高い3~5万円のモデルがおすすめ。ノイズの少ないクリアな音声を録音できます。

専用ケース付きがおすすめ

By: amazon.co.jp

コンデンサーマイクは衝撃に弱いため、保管には気を配る必要があります。緩衝材入りの専用ケースが付いているモデルなら、ケースを用意する手間を省けて便利です。

また、コンデンサーマイクを湿度の高い場所で保管すると一部のパーツが結露し、故障の原因となる場合があります。保管の際は、除湿庫や乾燥剤を利用して対策するのがおすすめです。

最近はスマホに接続できるモデルも

By: amazon.co.jp

種類は多くないものの、PCだけではなくスマートフォンに接続して使用できるコンデンサーマイクもあります。LightningケーブルやUSBケーブルでスマートフォンに接続するだけで、すぐに動画撮影やライブ配信ができる手軽さが魅力です。

専用のスマートフォンアプリを使用して指向性や音量を調節したり、録音したファイルを即座に共有できたりなど、スマートフォンならではの使い方も可能。スマートフォンと一緒に持ち運びやすいように、小型なモデルがラインナップされています。

いつでも気軽に配信を行いたい方は、スマートフォンに接続できるコンデンサーマイクを探してみてください。

コンデンサーマイクのおすすめメーカー

オーディオテクニカ(audio-technica)

コンデンサーマイクを多く展開しているメーカー「オーディオテクニカ」。ヘッドホンやイヤホン、スピーカーなど、多数の音響機器を取り扱っています。

比較的低価格ながら高品質なコンデンサーマイクが多く、コスパに優れているのもポイント。エントリーモデルから、プロの現場でも使われるハイエンドなモデルまで、幅広くラインナップされています。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

「アーカーゲー」は、1947年に設立されたオーストリアの音響機器メーカーです。マイクロホンやヘッドホンは世界中にある多くのレコーディングスタジオに導入されているほか、一般ユーザー向けにコンデンサーマイクなどの販売も行っています。

アーカーゲーには、大きめのダイアフラムを搭載したシリーズや、高音域の再現性に優れたモデルなど、さまざまなコンデンサーマイクがラインナップされています。目的に応じて選び分けられるのが魅力です。

ブルー(Blue)

By: amazon.co.jp

「ブルー」は、1995年に創業された、アメリカのマイクメーカーです。YouTubeやゲーム配信、ラジオ向けのマイクを多く手掛けており、現在はアメリカのコンピューター周辺機器メーカー「ロジクール」の傘下に所属しています。

また、ブルーはさまざまなモデルをラインナップしているのが魅力です。コンデンサーマイクは、音声の録音に適しているのが特徴。レコーディングやボイスチャットでの使用におすすめです。

コンデンサーマイクのおすすめモデル|初心者向け

オーディオテクニカ(audio-technica) コンデンサーマイクロホン AT2020

XLR端子が搭載された初心者向けのコンデンサーマイク。正面からの収音に優れた単一指向性が採用されています。両サイド・後ろの収音を抑えることで、正面以外から発生するノイズや環境音を拾いにくくしているのがポイントです。

声や楽器などの強弱を捉えやすく、高音質での録音が可能なため歌ってみた・弾いてみたなどの活動で使いたい方におすすめ。ポッドキャストでのラジオ配信にも向いています。

専用スタンドマウントが付属しているので、サイズの合うデスクアームに取り付ければゲーム実況でも活躍。比較的リーズナブルな定番モデルがほしい方はチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) コンデンサーマイクロホン AT2050

単一指向性・無指向性・双指向性の3つから指向性を選べる初心者向けのコンデンサーマイク。切り替えはスイッチで簡単に行えます。歌唱録音はもちろん、ドラムなどの楽器を用いた録音や対面でのラジオ配信など、幅広いシーンで活躍するのが魅力です。

エアコンなどの騒音を抑えられる「80Hzローカットフィルタースイッチ」を本体。部屋が暑くなりやすい夏場や防音室などで快適に録音をしたい方にぴったりです。

コンデンサーマイクの振動板であるダイアフラムには、ハニカム形状の凹凸が設けられています。より高い感度で収音できるため、息遣いや演奏の細かな表現が可能な製品を探している場合はチェックしてみてください。

ロード(RODE) コンデンサーマイク NT1-A

本体のほか、ショックマウントとポップガード、マイクケーブルが付属する初心者向けコンデンサーマイク。オーディオインターフェース以外のセットが揃うため、マイクに合うアイテムを探す手間が省けるのが魅力です。

自己ノイズ5dBと低ノイズを実現しているため、小さな音も収音することが可能。ボーカル用だけでなく、アコースティックギターなどの楽器用としても活躍する製品がほしい方に適しています。

高級感あるシルバーのカラーリングは、シンプルなデザインとマッチ。おしゃれな製品を探している方にもおすすめです。

アーカーゲー(AKG) C214

1インチのダイアフラムを採用しているコンデンサーマイクです。サイズがあり、やわらかな振動版を搭載しているので、音圧が低くても振動しやすく、高い感度も備わっています。繊細な音から高い音域まで対応可能です。

本体内部に設けたサスペンションがメカニカルノイズの発生を抑制。耳障りな雑音を低減させ、録音できます。加えて、2重構造のメッシュグリルを採用しており、無線周波の干渉を低減するのも特徴です。

耐久性に優れたメタルボディーを採用しているため、衝撃に強いのもポイント。また、本体重量が280gと軽量なので、安定してマイクアームに取り付けられるおすすめのモデルです。

ブルー(Blue) コンデンサーマイクロフォン Blackout Spark SL

配信やボイスチャット中に大きな声を出してしまった際の音割れを防げるよう、20dBの「減衰パッド」が搭載された初心者向けコンデンサーマイク。通話相手やリスナーに配慮できるのが魅力です。

低周波ノイズを抑える「ハイパスフィルター」が備えられているのもポイント。歌や朗読をレコーディングした際に、車の走行音などが入り込んでしまうのを防げます。声だけ、アコースティックギターだけの録音といったノイズの少ない収音が求められる用途で便利です。

繊細な音の再現が可能な「Class Aディスクリート回路」も搭載。自分が演奏した音を忠実に拾いやすい製品がほしい方に適しています。

エムエックスエル(MXL) コンデンサーマイク MXL-V67G

30~20000Hzと、幅広い周波数特性を備えた初心者向けのコンデンサーマイクです。単一指向性を採用しているので、動画の配信やリモートでのWeb会議、ポッドキャストの収録などに向いているのも特徴。加えて、直径25mm×厚さ6μのダイアフラムを搭載しているのもポイントです。

本体サイズは47×184mmで、重量は470g。さらに、ゴールドのグリルとヴィンテージな見た目で、デザイン性も良好です。専用のソフトケースが付属しているので持ち運びやすく、外出先での使用にも適しています。

コンデンサーマイクのおすすめモデル|高級

オーディオテクニカ(audio-technica) 真空管コンデンサーマイクロホン AT4060a

本体内部に真空管が搭載された高級コンデンサーマイク。抜けのよいクリアな音質で録音できるのが魅力です。細かな音の表現も拾えるため、声の響きや強弱などを忠実に再現できる製品を探している方に適しています。

真空管が安定するために必要なヒートアップを短時間で済ませることが可能。すぐに録音を始めたい方にもぴったりです。

高感度かつローノイズを実現する「ダブルウェーブダイアフラム」を搭載しているのもポイント。ボーカルだけでなく、アコースティックギターのような繊細な響きがある楽器の音を録りたい場合はチェックしてみてください。

アーカーゲー(AKG) C414 XLII

周波数特性が20~20000Hzと、広範囲なのが特徴の高級コンデンサーマイク。原音の魅力を高める、華やかなサウンドが収音できます。ボーカルをはじめ、ピアノやギターなど、幅広い音源に対して使用が可能です。

2枚のダイアフラムを平行に配置した構造を採用しており、広い音域に渡ってクリアなサウンドが実現できるのもポイント。ほかにも、近接効果を低減し、ノイズを抑えられるのも魅力のモデルです。

ノイマン(NEUMANN) ラージダイアフラムマイク TLM 102 studio set

最大入力音圧レベルが144dBと高いコンデンサーマイク。ドラムなどの大きな音も歪みを抑えつつ録音できるのが魅力です。

声が埋もれにくくなるよう、6kHz以上の音声をわずかにブーストしているのもポイント。歌唱収録などでは特に活躍します。

グリル内にポップスクリーンを内蔵しているため、破裂音を抑えることが可能。勢いのあるロック、ゆっくりとためて歌うバラードなどさまざまなジャンルで役立つ製品がほしい方にぴったりです。

ノイマン(NEUMANN) U87 Ai

無指向性・単一指向性・双指向性と、3つの指向性パターンに対応している高級コンデンサーマイクです。ヘッドグリルの下に搭載したスイッチから切り替えが可能。直感的な操作で使い始められます。

周波数特性は20~20000Hz。低音域から高音域まで対応しています。本体背面に備え付けたスイッチから、カットオフ周波数の変更が可能。アンプの入力に干渉を及ぼす低周波が低減できます。

スタジオやレコーディングでの使用はもちろん、楽器の宅録などにもおすすめです。

ソニー(SONY) コンデンサーマイクロホン C-100

独自に開発したマイクカプセルを採用し、2ウェイカプセル構成の高級コンデンサーマイクです。振動膜の軽量化とインピーダンスの低減により、20~50000Hzの周波数特性を実現。広帯域の収音が行えます。

カプセルケースと背面電極の素材には切削加工を施した真鍮を採用。カプセルには樹脂切削加工を施した絶縁構造材を使用しています。加えて、振動膜に24金蒸着を施すことで、制度や純度が高い収音を実現しているのが魅力です。

マイクケースとシャーシには亜鉛ダイキャストを採用。マイクスリーブにアルミニウム、スリーブボトムに真鍮をそれぞれ採用し、異種金属を組み合わせることで、防振性と制振性を確保しています。ハイレゾ収録におすすめのアイテムです。

ソニー(SONY) エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-100N

信号ラインすべてのコンデンサーに、フィルムコンデンサーを採用した高級コンデンサーマイク。クリアな音質が楽しめます。加えて、すべての抵抗に精度の高い金属皮膜抵抗器を採用。力強さをプラスしているのも特徴です。

銅箔厚70μmの厚膜銅箔基板を導入しているのもポイント。中低域の豊かさや、高域の解像度の高さを実現しています。また、全方向の音を等しい感度で集音する無指向性を採用。環境音を拾うのにも適しています。

ソニーが独自のマイクカプセルを採用。周波数特性は20~50000Hzと、高い再現性を確保しています。加えて、異種金属を組み合わせた構造を採用することで、不要共振によるノイズを低減しているのも魅力です。

コンデンサーマイクのおすすめモデル|USB

オーディオテクニカ(audio-technica) USBマイクロホン AT2020USB+

本格的な性能ながら気軽に使えるコンデンサーマイク。プラグ&プレイに対応しているため、難しい設定をせずPCに接続するだけで使える簡単な設計が魅力です。単一指向性を採用しており、動画配信やポッドキャストの収録、ビデオ会議などにも向いています。

さまざまな用途をカバーできる、20~20000Hzの幅広い周波数特性も特徴のひとつ。ヘッドホン出力端子が搭載されているので、遅延のない快適なモニタリングも可能です。レコーディング済みの音源とマイク音声のミキシングにも対応します。

折り畳み式の三脚スタンドが付属するため、安定して使用可能。Windowsだけではなく、Mac OSにも対応します。通話や収録の音質を手軽に向上できる、おすすめのコンデンサーマイクです。

ソニー(SONY) エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PCV80U

低価格なUSB接続のコンデンサーマイク。感度が高く高音質な音声を収録できます。投稿動画の音声収録や実況配信はもちろん、楽器演奏やボーカルの収録、カラオケゲームのマイクなど、さまざまな用途に利用できる使い勝手のよさが魅力です。

周囲のノイズを拾いにくい単一指向性を採用。付属のUSB Audio Boxを経由するとノイズの少ないクリアなデジタル伝送が可能です。USB Audio Boxから出力した音は遅延がほとんどなく聞こえてくるので、快適に使用できます。

低価格ながらダイキャストボディを採用しており、高い耐久性と高級感を両立。付属のマイクホルダーは角度調節にも対応します。低価格で気軽に使える、おすすめのコンデンサーマイクです。

ハイパーエックス(HyperX) スタンドアロンマイク QuadCast S HMIQ1S-XX-RG/G

配信におすすめのコンデンサーマイク。ステレオ・無指向性・単一指向性・双指向性の4つに対応し、本体のダイヤルで自由に切り替え可能です。複数人の声を録音したい場合は無指向性、1人の動画配信のときは単一指向性など、シーンに応じて使い分けられます。

マイクにはLEDが搭載されており、ミュートの状態をひと目で確認可能。本体の上部をタップするだけで素早くミュートできる機能も魅力です。LEDの色は専用のソフトからカスタマイズできるので、ゲーミングデバイスらしい見た目も楽しめます。

底のダイヤルでマイク感度を調節可能。防振・耐衝撃マウントも搭載されており、振動や衝撃によるノイズも予防できます。ゲーム実況者にもおすすめのコンデンサーマイクです。

ロード(RODE) NT-USB Mini NTUSBMINI

コンパクトながらプロレベルのサウンドを実現したコンデンサーマイク。正面にはダイヤルが搭載されており、直感的にボリュームを調節できます。モニタリング用のヘッドホン端子も搭載。ダイヤルの1回押しで、ほぼ遅延なく自分の声を確認できます。

ポップフィルターが内蔵されているので、ノイズを低減しながら収音可能。USBケーブルでPCと接続するだけで簡単に使えます。WindowsやMac OSのほか、タブレットにも対応するため、さまざまシーンで気軽に使用可能です。

マウントは360°スイングするので、自由な位置に調節できます。デスクトップスタンドにはマグネットで固定されているため、簡単に取り外しできるのも魅力。ハイクオリティな音を楽しめる、おすすめのコンデンサーマイクです。

ブルー(Blue) Snowball iCE BM200BK

レトロなデザインがおしゃれなコンデンサーマイク。周囲の雑音が入りにくい単一指向性を採用しているため正面の音だけを収音しやすく、クリアな音声でビデオ通話や録音ができます。インテリアに馴染みやすい、かわいらしいデザインも魅力です。

Windows・Mac OSの両方のPCでプラグ&プレイに対応。PCの設定やオーディオ機器に詳しくない方でも、接続するだけで簡単に使えます。PCからはファームウェアのアップデートができるほか、音量のコントロールも可能です。

スタンドは角度調節に対応。小型なので限られたスペースでも使いやすく、デスクに置いたままでも邪魔になりません。おしゃれなコンデンサーマイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブルー(Blue) yeti NANO BM300SG

2種類の指向性を切り替えられるUSBタイプのコンデンサーマイク。単一指向性と無指向性に対応しており、自由に切り替え可能です。会議には無指向性、ライブ配信には単一指向性といったように、用途に合わせてさまざまな使い方ができます。

独自のマイクカプセルを2基搭載。人の声を強調しながら細部のディテールも的確に表現できるので、ボーカルはもちろん、ゲーム実況やビデオ会議にも適しています。ヘッドホンを接続すれば、遅延のないリアルタイムモニタリングも可能です。

専用のソフトウェアを使うと、感度や音量の調節・指向性・モニタリングの設定などをカスタマイズできます。小型ながら多機能な、おすすめのコンデンサーマイクです。

ファイファイン(FIFINE) USBマイク K670

高音質に録音できるUSBタイプのコンデンサーマイク。正面約130°の単一指向性の採用とノイズキャンセリング機能の搭載により、雑音を抑えながらクリアに収音できます。プラグ&プレイに対応しており、接続するだけですぐに使用可能です。

リアルタイムのモニタリングができるヘッドホン端子を搭載。本体正面のダイヤルで音量の調節とミュートもできます。本体とスタンドの素材には高級感のある金属を採用。耐久性に優れているので、長期間安心して使用できます。

マイクスタンドは3段階の高さ調節に対応。設置場所や身長に合わせて最適な位置にセットできます。頑丈で使いやすい、おすすめのコンデンサーマイクです。

マランツ(Marantz) デスクトップUSBコンデンサーマイクロフォン Umpire

USBケーブルでパソコンに直接接続するだけで使用できるコンデンサーマイク。USBケーブルは本体に直付けされており、接続が切れにくい仕様です。また、重厚感のある金属製のデスクスタンドが付属しているのも魅力。サイズはコンパクトで、机の上で快適に使用できます。

ノイズを軽減できるポップフィルターやショックマウントを搭載しているのもポイント。プロフェッショナル品質のクリアなサウンドを録音できます。指向性はカーディオイドタイプで、動画配信用のコンデンサーマイクを探している方におすすめです。

キングストン(Kingston) USB Condenser Gaming Microphone HyperX QuadCast HX-MICQC-BK

ベースのブラックにポイントカラーとしてレッドを組み合わせた、スタイリッシュなデザインのコンデンサーマイク。ポップフィルターや耐衝撃マウントを搭載しているため、ノイズの少ないクリアなサウンドを録音できます。

本体上部のLEDインジケーターで、マイクが作動しているかどうかをひと目で確認可能。タップミュート機能を備えており、使い勝手も良好です。また、底部のダイヤルを回転させれば、マイク感度を手軽に調節できます。

パソコンはもちろん、PS4のストリーミングにも対応しており、ゲーム実況を楽しみたい方におすすめです。

コンデンサーマイクのおすすめモデル|スマホ向け

ソニー(SONY) エレクトレットコンデンサーマイク ECM-SP10

XperiaやiPhoneをはじめとする、スマホとの接続に対応したコンデンサーマイク。スマホのアプリを利用すれば、会議などを手軽に録音可能です。本体はノイズに強い真鍮製で、コンパクトサイズながら高音質での録音を実現します。

ホルダークリップが付いており、胸ポケットなどに取り付けられるのもポイント。給電方法は、接続しているデバイスから電源を供給するプラグインパワー方式です。周辺機器なしで録音できるため、使い勝手にも優れています。リーズナブルな価格設定も魅力で、コスパを重視する方におすすめです。

シュア(SHURE) デジタル・コンデンサー・マイクロホン MV5

球体型のデザインが特徴的なスマホ向けのコンデンサーマイク。付属のLightningケーブルで、iPhoneやiPadに接続して使用可能です。MFi認証も取得しているので、iOSのアップデートで使用できなくなるリスクも抑えられています。

単一指向性を採用しているため、正面の音を的確に収音可能。背面には、プリセットされたDSPモードを切り替えられるボタンとマイクのミュートボタンが搭載されています。ヘッドホン端子も搭載しているので、収録中の音をリアルタイムで確認可能です。

付属のスタンドには1/4インチ標準ネジでマウントされているため、自由に取り外しできる点も魅力。スタンドなしの重量が約90gと非常に軽いので、気軽に持ち運べます。スマートフォンと一緒に持ち歩ける、おすすめのコンデンサーマイクです。

シュア(SHURE) デジタル・ステレオ・コンデンサー・マイクロホン MV88

iOSデバイスとの相性がよいコンデンサーマイク。Lightning端子を搭載しているため、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスに直接接続可能です。本体サイズも幅25×高さ67×奥行き35mmと小型なので、気軽に持ち運べます。

単一指向性と双指向性の2つに対応し、状況に応じて切り替え可能。専用のiOSアプリが用意されており、指向性の切り替えのほか、ステレオ幅の調節や録音したファイルの共有ができます。マイクの角度も調節できるため、さまざまなシーンに対応可能です。

ウインドスクリーンとキャリングケースが同梱。オールメタル製で、耐久性が高い点も魅力です。iPhoneに直接接続できるマイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コンデンサーマイクと一緒に揃えたい周辺機器

マイクスタンド

マイクスタンドとは、マイクロホンを立てかけるための器具のことです。ストレートタイプやブームタイプ、デスクアームタイプなど、さまざまな種類があります。目的に応じて選び分けるのがおすすめです。

近年では、自身が歌っている様子や楽器を演奏する様子を、動画投稿サイトにアップロードする方が増加傾向にあります。自宅で配信を楽しみたい方は、一台持っておくことをおすすめします。

XLRケーブル

XLRケーブルとは、音響機器同士を接続するためのケーブルのことです。「キャノンケーブル」と呼ばれることもあります。XLRケーブルは、バランス接続という方式を採用しているのが特徴。クリアな音声が伝送できます。

XLRオス-XLRメスタイプやXLRメス-フォーンタイプなど、XLRケーブルはモデルによって接続端子が異なります。また、製品によってケーブルの長さや素材も異なるので、予算やニーズに合わせて選び分けるのがおすすめです。

ポップガード

ポップガードとは、歌や実況動画などの録音を行う際、ノイズが入り込んでしまうのを低減するアイテムです。「ポップノイズ」という雑音を防ぎます。さらに、息に含まれる湿気からマイクを保護する効果が期待できるのも特徴です。

布や金属と、ポップガードに用いられる素材はモデルによって異なります。加えて、クリップ式やクランプ式、カゴ式と取り付け方法も違うので、コンデンサーマイクの大きさやニーズに合わせて選ぶのがおすすめです。

防湿庫

防湿庫とは、その名前の通り、湿気やカビに弱い機材を収納するのに適した保管庫のことです。ホコリや微細なゴミの付着を低減する効果も期待できます。コンデンサーマイクは湿気に弱いため、併せて購入するのがおすすめです。

防湿庫には、こまめな湿度管理を必要としないスタンダードタイプや、乾燥剤を一緒に使用するドライボックスタイプといった種類があります。また、モデルによってサイズや容量も異なるので、部屋の広さやマイクの数に応じて選びましょう。