オーディオ機器同士を接続するケーブルは、音質にも大きな影響があります。そのため、クオリティの高いサウンドを得るためには、ケーブル選びも重要。マイク接続に利用される場合の多い「XLRケーブル」も品質の高い製品がおすすめです。

しかし、いざ購入するとなるとどの製品がよいのか悩みがち。そこで今回はおすすめのXLRケーブルをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

XLRケーブルとは?

By: amazon.co.jp

キャノンケーブルとも呼ばれる「XLRケーブル」は、音響機器同士を接続するためのケーブル。マイクの接続に使うのが一般的ですが、スピーカーやオーディオインターフェース、プリアンプの接続にも利用されます。

XLRケーブルではバランス接続という方式を採用しており、クリアな音声を伝送できるのが特徴。スタジオでのレコーディングはもちろん、ライブハウスやコンサートホールでも使用されています。また、ケーブルの耐久性が高く断線がしにくいのもXLRケーブルの魅力。長期間使用できるのでコスパにも優れています。

XLRケーブルの選び方

端子をチェック

By: amazon.co.jp

XLRオス-XLRメスタイプ

XLRケーブルに採用されている端子の種類はいくつかありますが、最もスタンダードなタイプは「XLRオス-XLRメスタイプ」。一般的にXLRケーブルやキャノンケーブルといった場合には、このタイプのケーブルを指します。

入力側には3つの穴がある「メス端子」を接続し、3つのピンがついた「オス端子」は出力側に接続。同じXLR端子でも形状が異なるのが特徴です。音声の伝送だけでなく電力も送れるので、ファンタム電源を使用するコンデンサーマイクに必須のケーブルです。

XLRメス-フォーンタイプ

マイクに接続する入力側の端子はXLRの「メス端子」。出力側はエレキギターやベースの接続にも使われる「フォーン端子」が採用されています。コンパクトなタイプのミキサーやオーディオインターフェイスでは、XLR入力端子よりもフォーン入力端子を多めに搭載しているのが一般的。オーディオ機器の種類によっては、フォーン入力端子のみ搭載しているモデルもあります。

所有している機器や購入予定の機器にXLR入力端子が搭載されていない場合にもおすすめです。

XLRオス-フォーンタイプ

「XLRオス-フォーンタイプ」は、入力側に「フォーン端子」を採用し、出力側にXLRの「オス端子」を搭載しているタイプ。マイクの接続ではなく、ミキサーの出力やレコーディング機器同士の接続に使われるのが一般的です。ミキサーからフォーン端子を利用して音声を出力し、スピーカーからサウンドを再生したい場合に適しています。

また、エレキギターやベースをXLR入力端子に接続したい場合にもおすすめです。

XLRオス-オスタイプ・XLRメス-メスタイプ

「XLRオス-オスタイプ・XLRメス-メスタイプ」は、ケーブルの両側に同タイプの端子が採用されているタイプ。一般的には「XLR(キャノン)オスオス」や「XLR(キャノン)メスメス」などと呼ばれます。

オーディオ機器同士の接続に使われるのが一般的。業務用の機器ではXLRの「メス端子」が出力、「オス端子」が入力になっている場合もあります。マイク接続に使用される頻度の高い「XLRオス-XLRメスタイプ」では、入出力に対応できない場合におすすめです。

長さをチェック

By: amazon.co.jp

XLRケーブルの長さは、製品ごとにさまざま。接続する機器間の距離に適した長さのXLRケーブルを選択するのがおすすめです。長ければ長いほど汎用性に優れていますが、その分ノイズが発生しやすく、音質の劣化を招く場合があるので注意が必要。音質にこだわる場合には、必要最低限の長さを選択しましょう。

また、「XLRオス-XLRメスタイプ」の場合は、所有しているケーブルで長さが足りなくてもケーブル同士を接続して延長できます。

ケーブルの素材をチェック

By: amazon.co.jp

XLRケーブルの素材は、従来銅が使われているのが一般的でしたが、最近では「OFC」と呼ばれる無酸素銅を使ったケーブルが人気です。銅素材のXLRケーブルに比べて、解像度の高い音声を伝送できるのでクリアなサウンドを得やすいメリットがあります。

より音質にこだわりたい場合には、素材に銀メッキ加工が施されたXLRケーブルもおすすめ。無酸素銅を採用したケーブルよりも、さらに解像度が高くクリアなサウンドが実現できます。

プラグ部分のメーカーをチェック

By: amazon.co.jp

XLRケーブルに使われているプラグ部分は、モデルごとに製造しているメーカーが異なります。信頼性の高いプラグ搭載製品を選択しておけば、ノイズが少なくクリアな音声伝送が得やすくなっておすすめ。「ITT」「ノイトリック」「スイッチクラフト」などのメーカーが製造したプラグが人気です。

クオリティの高いサウンドを実現したい場合には、ケーブルメーカーだけでなくプラグ部分を製造しているメーカーもチェックしておきましょう。

XLRケーブルを多く使用する方にはカラーケーブルがおすすめ

By: amazon.co.jp

一般的なXLRケーブルのカラーはブラックですが、製品によっては複数のカラーバリエーションを取り揃えている場合もあります。「カラーケーブル」は、XLRケーブルを多数使用して多くのオーディオケーブルを接続する場合に便利。カラーによって接続している機器が判断できるので、誤った接続を予防できます。

ステージ上での使用は目立ってしまうデメリットがありますが、スタジオでのレコーディングや自宅のDTM環境構築におすすめです。

XLRケーブルのおすすめ

オーディオテクニカ(audio-technica) キャノンケーブル ATL458A

解像度の高いサウンドが楽しめるXLRケーブル

マイク・ミキサー・パワーアンプなどの接続に適したXLRケーブルです。本製品の長さは3mですが、約5.0mの製品もラインナップされています。端子のタイプはスタンダードな「XLRオス-XLRメスタイプ」を採用。コンデンサーマイクの接続はもちろん、ケーブル同士をつないで延長したい場合にもおすすめです。

素材には高純度銅からなる無酸素銅を使用。銅素材を使用したケーブルよりも抵抗や歪みが少なく、解像度の高いサウンドが期待できます。

カナレ(CANARE) XLRケーブル(ITTキャノン仕様)EC

長さ選択ができ幅広い用途で活躍

さまざまな長さが選択できるXLRケーブルです。長さ1.5・3・5・7・10・15・20mのモデルを展開しています。自宅での使用から、スタジオやライブハウスでの使用まで幅広い用途に対応できるのが魅力です。

端子のタイプはスタンダードな「XLRオス-XLRメスタイプ」を採用。信頼性の高いノイトリックのXLR型キャノンコネクタを使用しているのもポイントです。「高密度編組シールド」によって、ノイズを予防できるのも魅力。音質だけでなく耐久性にも優れており、ライブハウスやレコーディングスタジオでも高い評価を得ている製品です。

CableCreation XLR Cable #CX0043

ライブハウスやレコーディングスタジオでの使用にもおすすめ

高耐久なXLRケーブルです。ソフトなPVC素材により、柔軟性に優れているにも関わらず高い耐久性も備えています。自宅でのDTMに使うだけでなく、ライブハウスやレコーディングスタジオに携帯して使用するXLRケーブルとしてもおすすめです。

被膜内部はホイルシールドとメタル編組みシールドを組みあわせた仕様。外部信号の影響を受けにくく、ノイズを低減できる設計です。オス端子の3ピンにはニッケルメッキピンを採用。耐腐食性および耐酸化性に優れ、抜き挿しやプルテストも重ねて行われています。

ベルデン(BELDEN) EC-8412-B XLRケーブル

高い耐久性を備えたXLRケーブルです。カナレのXLRケーブルと同じく、レコーディングスタジオやライブハウスなど、プロの現場での使用に耐えられる品質を備えているのが特徴。耐熱・耐候・耐衝撃性に優れており、断線しにくいのもポイントです。また、柔軟性に優れており、収納時に巻き取りやすいメリットもあります。

解像度の高い音を伝送できるのはもちろん、パワフルで迫力のあるサウンドが得たい場合にもおすすめです。

INVAVO 3m XLRケーブル

強化シールド構造の採用により業務用としても使用できるXLRケーブルです。高品質な素材を使い、接触抵抗を抑えて耐久性と信頼性を向上。マイクやミキサーはもちろん、スピーカーやプリアンプでの使用にもおすすめです。

厚手のアルミラップシールドと高密度編組による2重シールドを採用し、ノイズの低減を実現しているのもポイント。比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパの高さもおすすめです。

カナレ(CANARE) L-4E6S XLRマイクケーブル

豊富なカラーバリエーションが魅力的なXLRケーブルです。ブラック・イエロー・ブルーなどのカラーも選択可能。接続する機器ごとにケーブルのカラーを変え、一目で確認したい場合におすすめです。

ケーブル内部には電磁シールドを採用。外部電波の影響を受けにくく、ノイズを低減できるのもポイントです。

Hosa HMIC-005

世界的なメーカーである「Hosa」が製造するXLRケーブルです。素材に純度の高い無酸素銅を使用し、ダイナミックでクリアなサウンドを実現しています。プラグ部分には、ノイトリックの「リアン」と呼ばれる銀メッキコネクタを採用。信頼性と品質の高さが人気です。

ケーブル被膜には6.8mmのODジャケットを使用。ライブやステージでのハードな場面にも耐えられる仕様です。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、初めてXLRケーブルを購入する方にもおすすめの製品です。

サエク(SAEC) XR5000

高い剛性と導通性能を備えたXLRケーブルです。サエクオリジナルの高精度プラグを採用。導体には独自の連続鍛造伸延技術を使用し、信号の伝送を妨げる結晶粒界を低減しています。結晶を長手方向に連続化させる「PC-Triple C導体」を採用しているのもポイント。優れた導通性能により、クリアでワイドレンジな音声の伝送が可能です。

また、導体中心部にはPC-Triple Cの単芯線、外周部にはPC-Triple Cの細線を配置。ストレスの少ないスムーズな信号伝送を実現しており、低域から高域まで忠実な音楽信号を送れる点もおすすめです。

QYIYO CEOZOM XLRケーブル

リーズナブルな価格で購入できるXLRケーブルです。強化シールド構造を採用。厚手のアルミラップシールドと高密度編組による2重シールドにより、ノイズを抑えた高効率な音声信号の伝送が可能です。

良質な素材を採用し、接触抵抗を抑えているのもポイント。低価格ながら高い耐久性と信頼性を備えたおすすめアイテムです。

UGREEN XLRケーブル 20712JP

ケーブル製品で知られるUGREENが製造するXLRケーブルです。スタンダードな「XLRオス-XLRメスタイプ」が採用されているので、コンデンサーマイクでの使用はもちろん、機器同士の接続やスピーカーの接続など幅広い用途に活躍します。

素材には無酸素銅を採用しており、銅製の編組みシールドでしっかりと保護。ノイズを低減できるだけでなく、耐久性も向上させた仕様です。

NEEWER XLRオスXLRメスカラー マイクケーブル

6種類のカラーが違うXLRケーブルがセットになった製品です。グリーン・ブルー・パープル・レッド・イエロー・オレンジのカラフルなケーブルを採用しており、接続する機器ごとに使い分けられるのがポイント。6本セットながらリーズナブルな価格で購入できます。

耐久性だけでなく柔軟性に優れたケーブル被膜により、断線や劣化を予防できるのもおすすめのポイントです。

Silk Road LM203

高いコストパフォーマンスを実現したXLRケーブルです。ケーブルの素材には無酸素銅を採用。ノイズや歪みを抑えた音声を伝送できる使いやすさが人気です。音質は、癖のないピュアなサウンドが特徴。低価格ながらクオリティの高い音声を実現できます。

また、直径約6mmの取り回しに優れたケーブルが採用されている点もおすすめです。プラグ部分には油性ペンで文字が書ける赤いリングカバーを搭載。接続している機器を記載しておけば、一目で確認できるのでおすすめです。

AET XLRケーブル EVO0605SHRH0.6XLR

パワフルでスピード感のあるサウンドを追求したXLRケーブルです。高品位で「音楽性や感動の再現」にこだわった音響映像用ケーブルで有名な「AET」が製造。日本国内のISO取得工場で製造された信頼性の高いケーブルが人気です。

自宅でのDTMからスタジオのレコーディングまで、高いサウンドクオリティを求める方におすすめのXLRケーブルです。

オーディオテクニカ(audio-technica) マイクロホンケーブル AT8309

厳重なノイズ対策が施されたXLRケーブルです。強化シールド構造により、業務用としても使える低ノイズを実現。クリアな音声を伝送したい場合におすすめです。端子にはXLRメスと6.3mmのフォーンジャックを採用。「XLRメス-フォーンタイプ」なので、幅広い機器へ対応できます。

フォーン端子のホルダー部には「非磁性体メタルシールド」が施され、プラグ部分には接触抵抗を抑える「非磁性24Kメッキ処理」を採用。耐久性と信頼性を向上させる仕様もおすすめです。

Silk Road マイクケーブル LM204-5

コスパの高さが人気のXLRケーブルです。直径約6mmのケーブルはしなやかで取り回しのよい仕様。素材には無酸素銅が使用されており、ノイズや癖の少ないピュアな音声を伝送できます。端子部のタイプは「XLRメス-フォーンタイプ」を採用。エレキギターやベースの接続にも使え、幅広い機器に対応できます。

メタル製のプラグ部分には、XLR端子側に赤いリングカバーを搭載。カバー上に油性ペンで文字が書けるので、接続機器を記載しておきたい場合にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) キャノン変換ケーブル ATL407A

XLRオス端子とフォーン端子を採用したXLRケーブルです。直径6.3mmの2極プラグが搭載されているので、エレキギターやベースの接続にも対応できます。

ケーブルの素材には高純度銅の無酸素銅を採用。ノイズを抑えた解像度の高い音声信号を伝送できるおすすめのアイテムです。

NANYI 3.5mm TRSステレオオスXLRオスの相互接続オーディオマイクケーブル

片側の端子に3.5mm端子を採用したXLRケーブル。ミキサーやオーディオインターフェースのXLR入力端子にスマホやタブレットを接続したい場合に便利です。XLRプラグハウジングは、耐久性のある黒色スプレイ塗装が施されています。

本製品の長さは約0.5mmなので、デスク上のオーディオインターフェースに機器を接続する場合におすすめです。

ハセガワ(Hasegawa) キャノン接続ケーブル LP11C-11C

端子に「XLRメス-メスタイプ」を採用したXLRケーブルです。一般的な「XLRオス-XLRメスタイプ」とは異なり、両側に同じ端子を搭載しているのが特徴。使用される頻度は少なめですが、業務用のオーディオ機器をはじめ、機器同士を接続する際に使用します。

接続したい機器の双方がXLRメス端子を採用している場合におすすめです。

NANYI XLR マイクケーブル

内部のケーブルをしっかりと保護できるXLRケーブルです。ゴムブーツとトリグリップストレインリリーフと呼ばれる機能を採用。ケーブルが密閉される仕様で、高い耐久性を実現しています。音質の特徴はソリッド。輪郭のある明瞭度の高い音声を伝送できるのがメリットです。

本製品の長さは約0.5mと短めなので、隣りあう機器同士の接続におすすめです。