スピーカーを置くだけなら机の上でも十分ですが、スピーカーがもつ本来の音質を楽しみたい方には「スピーカースタンド」がおすすめです。スピーカースタンドを設置するだけで音がクリアになり、シアタールームに置けば臨場感あふれる時間を楽しめます。

今回は、素材別におすすめのスピーカースタンドや選び方をご紹介。好みの音質や使用場所などに合わせて適切なモノを選び、満足のいく空間を作り出しましょう。

スピーカースタンドとは?

By: kripton.jp

スピーカースタンドとは、スピーカー本来の音質を楽しめるように設計された台座のことです。床や机の上でスピーカーを再生すると、共振してノイズが発生したり、スピーカー本体の振動まで吸収されて軽い音になったりします。

スピーカースタンドは、スピーカー底面と設置部分の振動を吸収し、共振によるノイズの発生を抑制できるのがポイント。スピーカー本来の音質を損なわないよう、振動をコントロールして音質を整える役割を持っています。

スピーカースタンドの効果は?

By: amazon.co.jp

床や棚へ置いたときには籠っていた音でも、スピーカースタンドを使えば霧が晴れたようにクリアな音に変わります。音の空間的な広がりや楽器の位置まで判別できるようになるので、まるでライブ会場にいるような臨場感を味わえるのも魅力のひとつ。

細かな音や低音の輪郭もくっきりと出るようになりますが、音質は製品によって異なるので、自分好みのモノを探し出すのもひとつの楽しみ方です。

スピーカースタンドの選び方

スピーカーを置いたときの高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカースタンドを選ぶ際は、ツイーターが耳の位置にくるよう、高さを考慮しましょう。なかでも耳がツイーターの中心から5cmほど上になるよう設置できるモノが最適です。

ブックシェルフ型スピーカー用のスピーカースタンドは、主に椅子に座って聞くことを前提として設計されています。ソファやイスなどに座り、実際に聞くときの体勢をとってみて、理想的な高さを測っておきましょう。

なかには、自由に高さ調節のできるスピーカースタンドもありますが、調節できないよう設計されているモノの方がよりしっかりと音質を整えられる傾向にあります。

スピーカーの形状に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーにはブックシェルフ型以外にも、床に置いて使う大型のフロア型、縦に長いトールボーイ型(ペンシル型)などがあります。スピーカースタンドを選ぶ際は、それぞれの形状に合ったモノを選ぶようにしましょう。

スピーカースタンドの多くはブックシェルフ型に合わせて作られています。フロア型やトールボーイ型のスピーカースタンドを探している方は、購入前にスピーカーの形状に合っているかチェックしておきましょう。

スピーカーと天板のバランスで選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーが安定するように、スピーカー底面の大きさとスピーカースタンドの天板の大きさをチェックしておきましょう。

スピーカースタンドの天板がスピーカーの底面部分よりも大きなモノの方が安定し、万が一の転倒を予防できます。天板のスピーカーをネジで固定できるモノなら、大きな地震が起きたときも安心です。

しかし、スピーカースタンドの天板の方があまりにも大きいと見た目のよさが損なわれてしまいます。安定性がありながらインテリアとしても映える、バランスのよいスピーカースタンドを選びましょう。

純正品かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

有名なメーカーのスピーカーを使用する場合、専用のスピーカースタンドがないかチェックしておきましょう。オプションとして純正品のスピーカースタンドが用意されている場合があります。

専用のスピーカースタンドが用意されている場合、専用品を使用するのがおすすめです。専用というだけあって、そのスピーカーの性能を最も引き出せるように設計されています。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカースタンドには木製と金属製の2種類があり、どちらを選ぶかによって音質が全く異なります。

木製のスピーカースタンドは柔らかな音質が好きな方におすすめ。響きを優先して作られているので低音の輪郭が曖昧になりがちですが、硬めに作られているので、高音が聴きやすいのが特徴です。

一方、金属製のスピーカースタンドはクリアな音質を楽しみたい方に適しています。音がクリアになる分、硬くきつくなる傾向がありますが、木製よりも振動の吸収に優れているのがポイント。籠りがちな低音もはっきりと聞こえるのが特徴です。

木製のスピーカースタンドおすすめモデル

ハミレックス(HAMILeX) 小型スピーカースタンド 2台1組 NX-B300S

床や卓上などへの設置におすすめのスピーカースタンドです。高さは15cmと低めの設計。オーディオスピーカーはもちろん、テレビ台やパソコンなど、さまざまな機器と合わせて置きやすいのが魅力です。

本体表面には、ブラックマットシート張りの仕上げが施されているのが特徴。前面部分がカットされたスクエア型の台座、そして滑らかな曲線の支柱は、あらゆるデザインのスピーカーとマッチします。

クリプトン(KRIPTON) スピーカースタンド SD-5

さまざまなスピーカーを設置できる、おすすめのスピーカースタンドです。漆を塗った木目デザインが、搭載するスピーカーの美しさを演出します。木目調のお部屋にスッキリとなじみやすいのがポイントです。

また、クリプトン独自の技術で作った「ホワイトアッシュ無垢材」を用いているのが特筆すべき点。部屋の中にきれいな高音を響き渡らせます。天板や柱の中心部には、金属素材を採用。スピーカーをしっかりと固定し、安定した音質を実現します。

ハミレックス(HAMILeX) スピーカースタンド 2台1組 NR-600

ダークブラウンのカラーが特徴的なスピーカースタンドです。本体サイズは幅28×奥行29.5×高さ37cm。重量は3.5kgと比較的軽量なので、持ち上げて移動しやすいのが魅力です。

本製品は、テレビ台やオーディオラックを展開している「NRシリーズ」でデザインを統一することが可能。部屋の空間を総合的にコーディネートできるのがうれしい点です。また、スピーカーをしっかりと固定できる「スベリ止めシール」を8枚付属しています。デザイン性を重視する方に使いやすい製品です。

山本音響工芸 スピーカースタンド DKS KIT 1組 DKS-50

素材に桜無垢材を採用した、高品質なスピーカースタンドです。北海道で自生している国産アサダ桜を使用。10cm角の支柱には、無垢の角材をそのまま採用しています。

底板と天板には、厚み32mmの集成材を使用。透明感があり、響きのある音響で楽しめるのがメリットです。丸いくぼみには、アフリカ産のコクタンピンを組み込みます。

木材のよさを引き出しながら高音質で音楽を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ハミレックス(HAMILeX) 小型スピーカースタンド 2台1組 NX-B300T

ブラックマットシート張りのデザインがおしゃれなおすすめのスピーカースタンドです。幅広いスピーカーにマッチしやすいのがメリットです。

台座にはフロント部分がカットされたスクエア型、支柱には曲線デザインを採用しています。高さは60cmと高めなので、小型スピーカーの設置を考えている方におすすめです。

また、スベリ止めシールを8枚付属。重量は1台あたり約4.5kgです。

クリプトン(KRIPTON) スピーカースタンド SD-1

「AV REVIEW」のビジュアルグランプリにおいて受賞歴をもつ、おしゃれなスピーカースタンドです。支柱には、クリプトンの独自技術を施した「木製ゴムランバーコア」素材を使用。鉄球サンドが混じっているオーディオボードと組み合わさることによって、高い剛性と制振性を実現しています。

本体表面には、黒色のポリウレタン塗装を採用。さまざまなスピーカーへも合わせやすいのが魅力です。重量は7.5kg、サイズは幅24.9×奥行32.5×高さ62cm。高音だけでなく低音もしっかりと響き渡らせる、おすすめのスピーカースタンドです。

BQKOZFIN スピーカースタンド Audio-stand-S008-70cm

小型のスピーカーを設置しやすいスピーカースタンドです。サイズは幅23×奥行30×高さ70cm。ソファや椅子に座ったときに、ちょうどいい高さに設置できます。

天板の耐荷重は、1台あたり約50kgと良好。重量を気にせずに、さまざまなタイプのスピーカーを設置できます。本体背面には、ケーブルを固定できる留め具を搭載。前面から見たときに、スピーカーの配線をスッキリと隠せるのがメリットです。

さらに、スベリ止めシールを約8枚付属しています。深いブラウンのデザインを採用しているので、落ち着いた雰囲気の部屋を演出しやすいのがポイントです。

金属製のスピーカースタンドおすすめモデル

ビクター(Victor) スピーカースタンド LS-EXHR99

床はもちろん、卓上にも設置できるコンパクトサイズのスピーカースタンドです。ビクターの「EX-HR10000」「EX-HR99」「EX-HR55」「EX-HR9」「EX-HR5」「SX-WD9VNT」に対応しています。

また、スピーカー固定時の安定性が高いのが特徴です。MDF材を採用したボードの上には、コルク・真ちゅう・フェルトの3層構造からなるインシュレーターを採用。ウッドコーンのスピーカーをワンランク上の音で楽しめます。

クリアかつはっきりとした低音で音楽を聴ける、おすすめのスピーカースタンドです。

キクタニ(KIKUTANI MUSIC) モニタースピーカースタンド MO-SPS-Z

スピーカーに上向きの角度をつけられるおすすめのスピーカースタンドです。音が耳に届きやすくなり、より快適な音楽鑑賞を実現できます。

また、スタンドを裏表で反転して、10・15°の2種類の角度を選択できるのがメリットです。さらに、8つのインシュレーター付き。細かな組み立てを必要とせず、すぐにセッティングできます。

キクタニ(KIKUTANI MUSIC) モニタースピーカースタンド MO-SPS

臨場感あふれるサウンドで聴き取れるアイテム。クラシック音楽を聴いたり、音楽制作を行ったりしたい方に最適。いつも聞いている音楽を、より没頭して楽しめます。

また、ゴム素材のインシュレーターを採用。無駄な振動を省くことで、本来の高音質を維持したまま再生できます。サイズは20.6×24×21cm。底板の厚さは2.8mm、天板の厚さは2.3mmあります。

耐荷重は12kgと良好。さまざまなスピーカーを設置できるおすすめのスピーカースタンドです。

ハミレックス(HAMILeX) ポール型スピーカースタンド 2台1組 SB-109

55~100cmで高さを無段階に調節できる、2台1組のおすすめスピーカースタンドです。所有するスピーカーに合わせて、最適な位置を見つけられます。

また、サイズ10.5×10.5cmのA天板、16×18cmのB天板の2種類を用意。取り付けナットの位置に合わせて天板を選択し、ネジでしっかりと固定できます。ポールの中が空洞になっているため、スピーカーの配線を隠せるのが便利。さまざまなスピーカーの大きさに対応しているのが優れている点です。

タオック(TAOC) スピーカースタンド WST-C60HB

B&Wの小型スピーカーを利用している方におすすめのスピーカースタンド。とくに、B&W805・B&WCM1/CM5の2種類を設置しやすいのが特徴です。

また、TAOCオリジナルの制振構造を採用。スピーカーがもつ本来の音質を発揮させられるのが魅力です。さらに、天板だけでなく底板にもネジ穴が開けられています。ネジを使って、スタンドを固定できるのもポイントです。

天板には、二重構造を採用しています。付属のインシュレーターを用いることによって、音の安定性をより高められるのがポイントです。

ディコンオーディオ(DiconAudio) SS-062

軽量ながら剛性が高い、三脚タイプのスピーカースタンドです。本体素材には、アルミニウムを採用。重量は約2kgと非常に軽量なため、室内での持ち運びをスムーズに行えます。ソフトケースを付属しているので、収納してラクラクと持ち運びできるのがメリットです。

また、保護機能であるエアークッションを搭載。ポールの高さ調節時に、内部にある空気圧によって急激な沈み込みを阻止します。採用するセーフティーピンで高さをしっかりと固定し、スピーカースタンドを安定させられます。

高さは約110~180cmの範囲で変更可能。スタジオやライブハウスなど、さまざまな場所で活用できるおすすめのスピーカースタンドです。

ボーズ(Bose) UFS-20 Series II universal floorstands UFS-20 II B

ボーズのスピーカーを使っている方におすすめの純正スピーカースタンドです。スタイリッシュな細長デザインを採用しているのが特徴的。スピーカーケーブルを隠しながら、高音質で音楽を楽しめます。

対応しているのは、「Bose Surround Speakers」および、「Lifestyle 650」を除くすべての2スピーカー・5スピーカーの製品です。高さは96.5cm。ボーズのスタイリッシュなデザインで統一しつつ、より迫力あるサウンドでテレビや音楽を楽しめます。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカースタンド SPS-90

ヤマハの「NS-P41」「NS-P40」「NS-P285」用に設計されたスピーカースタンドです。設置面の直径は、23cm。テレビ横のスペースが狭くても、スッキリと配置できるのがうれしい点です。

本体の高さは、91~120cmの伸縮式を採用しています。所有するスピーカーの種類に合わせて、ツイーター位置を細かく調節できるのがポイント。対応機種の力を最大限に発揮させられる、おすすめのスピーカースタンドです。

スピーカースタンドのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スピーカースタンドのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。