ライブ演奏や講演会でのスピーチ、音楽制作、ライブ配信などに欠かせない「マイクスタンド」。一口にマイクスタンドといってもストレートタイプやブームタイプ、卓上スタンドタイプなどさまざまな種類があり、使用シーンや設置場所に応じて選ぶ必要があります。

そこで今回は、おすすめのマイクスタンドをピックアップ。あわせて選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

マイクスタンドの選び方

スタンドのタイプで選ぶ

ストレートタイプ

By: sanwa.co.jp

ライブなどでボーカルが立って歌うのに使用されるのがストレートタイプのマイクスタンド。スタンド部分を上下にスライドさせて高さ調節ができるので、異なる身長の人と共有したいときにおすすめです。

形がシンプルで場所を取りにくいのも魅力。カラーも豊富にあるので、使用場所のイメージに合うモノを選択可能です。

スタンドタイプの脚の部分には重厚感のある円盤型と、安定感があり移動もしやすい三脚型があります。マイクスタンドを移動する頻度が高い場合は、三脚タイプで折りたたみできるモノをチェックしてみてください。

ブームタイプ / ショートブームタイプ

By: amazon.co.jp

床からまっすぐ伸びたスタンドの上に斜めのアームが付いているのがブームタイプ。なかには、高い位置にマイクをセットできるオーバーヘッドタイプもあります。

ブームタイプはマイクの可動域が広いため、立った状態でも座った状態でも使えるのがメリットです。弾き語りにも欠かせないアイテムで、ギターやピアノなどを演奏しながら歌う方にも適しています。

ブームタイプは可動域が広く、スペースに余裕がある場所で使うのがおすすめです。自宅でギターやピアノを弾きながら歌う練習に使用する場合は、できるだけ広いスペースを確保しておきましょう。

デスクアームタイプ

By: kikutani.co.jp

動画配信などに便利なのがデスクアームタイプのマイクスタンドです。クランプなどを使ってデスクやパーテーションに設置できるため、デスクの上にパソコンやほかの機材を置けるのがメリット。アームを動かせるので、複数人で使用するときにはマイクを動かしたり、使わないときにはたたんだりできます。

デスクアームタイプを使用する場合は、取り付ける場所に傷が付いても問題ないかを確認しておきましょう。取り付ける場所に傷を付けたくない場合は、クランプに傷防止のゴムが付いているモノや、別のタイプのマイクスタンドを選ぶのがおすすめです。

卓上スタンドタイプ

By: kyoritsu-group.com

卓上スタンドタイプは脚の部分がコンパクトでアームも短いため、デスクに座ってマイクを使いたい方に適しています。パソコンの横にマイクを置いて、動画配信やゲームの解説を配信したい方にもおすすめ。持ち運びやすいので、部屋を移動して使いたい場合にも活躍します。

また、高さのあるデスクの上に置けば、立ったまま使用することも可能。脚の部分はストレートタイプと同様に円盤型と三脚型があるので、用途に合わせて選んでみてください。

さらに、フレキシブルアームを曲げてマイクの位置を自由にセットできる「グースネックタイプ」もあります。マイクの位置を頻繁に変えたい方におすすめです。

用途によって種類で選ぶ

ボーカル用

ボーカル用のマイクスタンドとして使用されることが多いのが「ストレートタイプ」と「ブームタイプ」。ストレートタイプは、主にライブやコンサート、スピーチなどで使用され、幅を取りにくいためスタジオやリハーサル室など狭い場所でも使用可能です。

ブームタイプは、ギターの弾き語りのほか、ピアノやキーボードを弾きながら歌う際に使用されます。ただし、ストレートタイプより場所をとるため、自宅に設置する際はスペースに注意しましょう。

楽器用

通常のブームタイプでは届かない、高い位置にマイクをセットしたい場合に使用されるのが「オーバーヘッドタイプ」。特に、ドラムのシンバルの音を収音したい場合などに活躍します。

「ショートブームタイプ」は、低い位置の収音に使用におすすめ。バスドラムやギターアンプなどの音を拾うときに、低い位置にセットして使います。

会社や学校用

学校でのスピーチや会議などのビジネス用途、ナレーションなどには、テーブルの上に置いて使用できる「卓上タイプ」がおすすめ。持ち運びやセットが簡単なのが魅力です。

作業しながら録音したい場合には、机に挟み込んで使用する「デスクアームタイプ」が便利。角度や位置を自由に調節し、デスク上のスペースを有効に活用できるためおすすめです。また、ライブ配信・ゲーム中継には、マイクの位置を自由にセットできる「グースネックタイプ」も適しています。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

マイクスタンドを選ぶ際は、使用目的や設置場所の広さなどを考慮して高さやサイズを確認することが重要です。また、会場などに持ち込んで使用したい場合は、ドアを通り抜けできるかをチェックしておけばトラブルを避けられます。あわせて、折りたたみ時の寸法も確認しておくと安心です。

マイクスタンドのおすすめ|ストレートタイプ

タマ(tama) ストレートマイクロホンスタンド MS200DBK

さまざまなサイズのマイクホルダーに対応

脚部に安定感のある円盤型のストレートマイクスタンド。スタンドの高さを88.3~158cmに調節できるので、子供から大人まで使用可能です。3/8インチと5/8インチの変換アダプターを付属しており、さまざまなサイズのマイクホルダーを取り付けできます。

サイズ調節の際に上段パイプが落ちて手を挟むトラブルを防ぐため、パイプの下端にラバースペーサーを挿入しているのがポイント。照明の乱反射を防ぐブラックカラーを採用し、デザインもおしゃれなのが魅力です。

ケーアンドエム(K&M) ストレートマイクスタンド 20120B ST201/2B

デザインがシンプルでおしゃれ

三脚タイプのマイクスタンドで安定感のあるモノを探している方におすすめの製品。三本の脚の先端にキャップが付いているのがポイントです。デザインがシンプルでおしゃれなので、ライブで歌を歌うボーカルの方にも適しています。

先端径は3/8インチのヨーロッパ規格仕様。マイクスタンドの高さを89~159cmで調節できるため、使用する方の身長に合わせられます。

キクタニ(KIKUTANI) ストレートマイクスタンド MS-100KIR

マイクパフォーマンスの見た目にこだわる方に

メタリックレッドカラーがおしゃれでクールなマイクスタンド。ライブで個性的なイメージを印象付けたいボーカルの方に適しています。レッドのギターやドラムを使っているバンドの方にもおすすめ。パイプ径が2.2cmと太めで安定感があり、強度が高いのも魅力です。

マイクスタンドの高さは158.5cmに固定されており、パイプ下部を切断することで高さ調節が可能。対応しているマイクホルダーネジ径は5/8インチと3/8インチです。三脚部分の調節ネジは握り込みやすい形状で扱いやすいのも魅力。マイクパフォーマンスの見た目にこだわる方におすすめです。

キョーリツコーポレーション(Kyoritsu Corporation) マイクスタンド MCS-4400/WH

ホワイトのマイクスタンドを探している方におすすめの製品。三脚部分もホワイトカラーなので、シンプルにまとまったステージによく合います。付属のマイクホルダーには直径約2.5cmまでのマイクが取り付けられるため、細身のダイナミックマイクを使う方におすすめです。

高さは85~155cmで調節可能。本体を折りたたむと長さが約78.5cmとコンパクトになり、付属のソフトケースに入れて携帯できます。重さも約2kgと軽いのがポイント。ライブやイベントにマイクスタンドを携帯したい方におすすめの製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) マイクスタンド MM-SPST3

マイクホルダーがクリップ式になっているマイクスタンド。直径1.8~3.5cmまでのマイクに対応しています。マイクホルダーは取り外しができ、別の5/8インチのマイクホルダーを取り付けることも可能。付属の変換ネジを使用すれば、3/8インチでも取り付けできます。

高さは81.5~146cmに調節可能。やや低めのマイクスタンドなので、子供や背の低い方におすすめです。重さも1.12kgと軽いため、移動や撤収が楽にできます。比較的コンパクトなストレートマイクスタンドを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

マイクスタンドのおすすめ|ブーム・ショートブームタイプ

タマ(tama) ブーム・マイクスタンド MS205BK

人気メーカー「タマ」のマイクスタンド。2ピース構造のブームホルダーを採用しているので、長時間使用でラバーワッシャーが摩耗しても高い固定力を維持できます。

高さ調節をするグリップは、軽い力でも楽に固定できるのがポイント。パイプを緩めたときに上段パイプが落ちて手を挟まないよう、パイプ下端にラバースペーサーが挿入されています。

高さは96~160cmに調節可能。三脚のラバーキャップが床面にしっかりフィットし、振動を拾いにくいのも魅力です。

タマ(tama) マイクスタンド Iron Works Tour Series MS436LBK

高さを44~60.5cmに調節できる低めのマイクスタンド。バスドラムやギターアンプのマイキングにもちょうどよい高さが特徴です。ブームホルダーをラバープレートで挟み、外側からダイキャスト製のプレートで押さえ込んでいるため、ブームアームを安定した状態に保てます。

ブームアームを上段パイプから取り外してストレートタイプのマイクスタンドとしても使用可能。1台でさまざまな用途に使えるので便利です。

ブームアームの後端部にあるカウンターウェイトを取り外して、マイクの重さに合わせて調節できます。汎用性の高いおすすめのマイクスタンドです。

サウンドハウス(Sound House) CLASSIC PRO マイクスタンド MSST

高さが34.5cmと低いショートブームタイプのマイクスタンド。ギターアンプやドラムの音を拾うのに適したモノを探している方におすすめです。ブームアームは長さを51.5~91.5cmに調節できるので、楽器やアンプの位置に合わせられます。

マイクホルダーのネジは3/8インチで、変換ネジを使用すれば5/8インチのマイクホルダーも取り付け可能。本体の重さが1.85kgと軽いため、マイクを向ける楽器の位置が変わっても楽に移動できます。ショートブームタイプのマイクスタンドで、コンパクトかつ価格の安いモノを探している方におすすめです。

キクタニ(KIKUTANI) マイクスタンド MS-203

ブームタイプとしてもストレートタイプとしても使える便利なマイクスタンド。高さを98.5~168.5cmで調節できるので、さまざまな位置でマイクを使いたい方におすすめです。パイプの高さとブームアームの高さを変えることで、ライブイベントだけでなくレコーディングやスタジオ収録などにも活用できます。

クロムメッキ仕上げでスタイリッシュに見えるのも魅力。おしゃれなステージや楽器の雰囲気にもよく馴染みます。色違いでブラックもあり、好みに合わせて選択可能。自分がマイクを使いたい位置に楽に固定できるモノを探している方におすすめです。

ケーアンドエム(K&M) オーバーヘッド・ブームマイクスタンド 21430

3/8インチ・5/8インチに対応したオーバーヘッドタイプのブームマイクスタンド。さまざまなマイクを取り付けられるので便利です。ミニブームの長さは24.5cmで、角度調節により使いやすい位置にマイクを固定できます。

高さを134~220cm、ブームアームの長さを110~200cmに調節できるのもポイント。ブーム先端のアーム角度は160°まで調節可能で、さまざまなアングルにマイクを向けられます。ベースは10kgと安定感があり、ロック付きキャスターが付いているので移動も簡単です。

マイクスタンドのおすすめ|デスクアームタイプ

キクタニ(KIKUTANI) PLUTINUM マイクスタンド MPC1

4軸のスプリングフレキシブルアームを採用したデスクアームタイプのマイクスタンド。デスクの上にさまざまな機器を置いてネット配信するのに適しています。

デスクに取り付けるクランプ部分にはクッションが付いており、傷が付きにくいのもポイント。4つの軸でアームを調節できるため、セッティングの自由度が高いのが魅力です。

最大長は73cmで、厚さ4.5cmまでの机や棚に設置できます。使わないときはコンパクトに折りたためるので、デスク周りをすっきり見せることが可能です。色違いでブラックもあり、インテリアや好みに合わせて選べます。価格が安いので、コスパがよいモノを探している方におすすめです。

Neolight マイクスタンド

付属の変換ネジを使って、マイクホルダーやショックマウントを取り付けられるマイクスタンド。ダイナミックマイクやコンデンサーマイクなど、さまざまなマイクが使えます。クランプは厚さ5.5cmまでのデスクなどに対応しており、傷防止のスポンジが付いているのも嬉しいポイントです。

アームの可動範囲は上部が約180°、下部が約90°と広く、使いやすい高さや角度に調節可能。アーム部にあるスプリング取付穴を変更すると耐荷重が2kgになるので、重いマイクを使いたい方にもおすすめです。

Roycel マイクスタンド RC-AP01

ポップガードが付属したマイクスタンドを探している方におすすめの製品。ポップノイズを軽減できるため、朗読や会話などをネット配信するのにもぴったりです。

厚さ4.5cmまでのデスクに取り付けができ、クランプには傷防止のクッションも付いています。ケーブルバンドが3つ付属しており、マイクケーブルをすっきりまとめられるのも魅力。付属の3/8インチ変換ネジを使えば、別売りのショックマウントにも対応します。便利な機能が揃っている使いやすいマイクスタンドです。

Luling Arts マイクスタンド

コスパのよいデスクアームタイプのマイクスタンド。リーズナブルな価格ながら、さまざまな機能を搭載しているのが魅力です。ダイナミックマイク用とコンデンサーマイク用のマイクホルダーが付属しています。伸縮アームのバネを調節すれば、重いマイクを吊り下げることも可能です。

アームの最大長は72cmで、上部アームは約180°、下部アームは約90°の範囲で角度の調節が可能。さまざまな位置にマイクを移動できます。マイクケーブルを固定するケーブルバンドや、ポップガードも付属。動画や音楽をネット配信する方におすすめの製品です。

マイクスタンドのおすすめ|卓上スタンドタイプ

キクタニ(KIKUTANI) マイクミニスタンド DS-28

自由自在に曲げられるグースネックを採用した卓上スタンドタイプのマイクスタンド。マイクの向きや角度を使いやすい位置に固定できるので便利です。脚部は鋳鉄製の円盤型で重量があるため、マイクを動かしても倒れにくく、安定した状態で使えます。円盤型の脚部の直径は16cmで、狭いデスクの上で邪魔になりにくいのも魅力です。

本製品は、ネジ径が5/8のマイクホルダーを取り付けられます。会議や研修だけでなく、ネットイベントや動画配信をする方にもおすすめのマイクスタンドです。

キョーリツコーポレーション(Kyoritsu Corporation) KC マイクスタンド MDS-1500

スタンドの高さを約14~20cmで調節できるマイクスタンドです。ネジを緩めたり締めたりするだけで、簡単に高さ調節ができるので便利。マイクホルダーには直径2.5cmまでのマイクを取り付けできるため、ダイナミックマイクを使用してゲームの実況やネット配信をする方におすすめです。

円盤型の脚部は重厚感があり、安定した状態でマイクを使用できます。価格が安いので初めてマイクスタンドを購入する方にもおすすめです。

ケーアンドエム(K&M) 卓上マイクスタンド 234B

脚部からマイクまでの距離が長いモノを探している方におすすめの製品。アーム部の長さを40~64cmに調節できるので、パソコンや資料を手元に置いた状態で講演やプレゼンをする際に便利です。

アームは根元の部分から角度調節ができるため、マイクの高さを変えることも可能。卓上スタンドタイプで、高さを調節できるモノを探している方におすすめの製品です。

Matturn ミニマイクスタンド

脚部が三脚式で折りたためるマイクスタンド。収録現場やスタジオなどにマイクスタンドを携帯したい方におすすめです。重さが約0.17kgと軽く、折りたたむとコンパクトになるのでカバンに入れて持ち歩けます。

三脚部分を調節することで高さを変えられるのも便利。滑り止めが付いていて安定感があるのも魅力です。

付属のマイクホルダーには、直径3~3.5cmのマイクを取り付け可能。5/8インチの変換ネジも付属しているので、さまざまなマイクスタンドに対応できます。スマホホルダーも付属しているため、スマホで生配信をしたり動画撮影をしたい方にもおすすめです。

YINGYOU 卓上マイクスタンドセット

ポップガードが付属している卓上スタンドタイプ。気になるポップノイズを軽減し、聞き取りやすい音声をネット配信したり収録したりできます。ポップガードが360°回転するのも魅力です。

2タイプのマイクホルダーも付属しており、3.5cmのダイナミックマイクと4.5〜5cmのコンデンサーマイクを取り付けられます。スピーチや会議だけでなく、レコーディングやネットでの音楽配信にもおすすめのマイクスタンドです。

マイクスタンドのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

マイクスタンドのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。