ライブ演奏や講演会でのスピーチに欠かせない「マイクスタンド」。自宅での音楽制作やライブ配信などでも便利に活用できます。一口にマイクスタンドといってもストレートタイプやブームタイプ、卓上タイプなどさまざまな種類があり、使用シーンや設置場所に応じて選ぶ必要があります。

そこで今回は、おすすめのマイクスタンドをピックアップ。あわせて選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

マイクスタンドの選び方

用途によって種類で選ぶ

ボーカル用

ボーカル用のマイクスタンドとして使用されることが多いのが「ストレートタイプ」と「ブームタイプ」です。ストレートタイプは上下のみを伸縮させて高さを調節できるタイプ。主にライブやコンサート、スピーチなどで使用され、幅をとらないためスタジオやリハーサル室など狭い場所でも使用可能です。脚の部分は三脚タイプと丸型タイプがあります。

ブームタイプはマイクをセットするホルダーの角度や長さを調節できるマイクスタンド。ギターの弾き語りのほか、ピアノやキーボードを弾きながら歌う際に使用されます。可動域の自由度が高いため、足元に置いたアンプの音を拾うことも可能です。ただし、ストレートタイプより場所をとるため、自宅に設置する際はスペースに注意する必要があります。

楽器用

通常のブームタイプでは届かない、高い位置にマイクをセットしたい場合に使用されるのが「オーバーヘッドタイプ」。特に、ドラムのシンバルの上にセットして収音したい場合などに活躍します。高い場所に設置することで不安定になりやすいため、ブームタイプと比較して重めに設計されているモデルが多いのも特徴です。

オーバーヘッドタイプとは逆に、低い位置の収音に使用されるのが「ショートブームタイプ」。バスドラムやギターアンプなどの前にセットします。脚の形状は三脚タイプと丸型タイプがあり、重めのコンデンサーマイクをセットする場合は安定性のチェックが重要です。

会社や学校用

By: amazon.co.jp

テーブルの上に置いて使用できる「卓上タイプ」は、持ち運びやセットが簡単なのが魅力。主に学校でのスピーチや会議などビジネス用途、ナレーションなどで使われています。

また、フレキシブルアームを曲げてマイクの位置を自由にセットできる「グースネックタイプ」は、ライブ配信や動画作成、ゲーム中継などで活用されています。

机に挟み込んで使用する「デスクアームタイプ」は、作業しながら録音したい場合に便利。角度や位置を自由に調節でき、デスク上のスペースを有効的に活用できるためおすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

マイクスタンドを選ぶ際は、使用目的や設置場所の広さなどを考慮して高さやサイズを確認することが重要です。また、会場などに持ち込んで使用したい場合は、ドアを通り抜けできるのかをチェックしておけばトラブルを避けられます。

折りたたみ時の寸法を確認しておくと同時に、簡単に組み立ててセットできるのかなどのチェックも重要です。

マイクスタンドのおすすめ

タマ(TAMA) ストレート マイクスタンド MS200BK

タマ(TAMA) ストレート マイクスタンド MS200BK

ストレートタイプのマイクスタンドで、高さは910~1550mmの範囲で調節可能です。マイクホルダーの取付部は3/8インチですが、5/8インチ変換アダプターが付属しており、サイズの異なるマイクのセットにも対応しています。

グリップ部は手のひらに馴染むデザインを採用。パイプ下部にラバースペーサーを挿入してあり、緩めたときに手を挟みにくい構造になっています。脚は三脚タイプで、取付部は丈夫な鉄製のボルトとナットで固定。さらに、フィットしやすい構造を採用しているなど、安定性に優れたモデルを探している方におすすめです。

キョーリツ(KC) ストレートマイクスタンド MCS-4400

キョーリツ(KC) ストレートマイクスタンド  MCS-4400

高さ850~1550mmの範囲で調節できるマイクスタンド。シンプルなストレートタイプで、ライブ演奏や講演会でのスピーチなどの使用におすすめのモデルです。付属のマイクホルダーは直径約2.5cmまでのマイクをセットできます。

マイクホルダーの接続部は3/8インチですが、5/8インチ変換アダプターも付属。コンパクトに折りたためるため持ち運びやすく、スタジオやステージの搬入口が狭いときにも便利なモデルです。

タマ(TAMA) ブームマイクスタンド MS205BK

タマ(TAMA) ブームマイクスタンド MS205BK

マイクをセットするホルダーの角度や長さを調節できる、ブームタイプのマイクスタンド。可動域が広くセッティングしやすいため、ギターやピアノなど楽器の弾き語りにおすすめのモデルです。三脚タイプの脚部は床面にフィットしやすい構造で、安定性にも優れています。

ブームホルダーは2ピース構造で、長時間の使用でも固定力をキープ。ティルターとパイプの連結部分は専用の設計によって、破損しにくい構造になっています。

ケーアンドエム(K&M) オーバーヘッドマイクスタンド 21021B

ケーアンドエム(K&M) オーバーヘッドマイクスタンド 21021B

1949年に創業し、譜面台や楽器用スタンドを手掛ける老舗ブランド「ケーアンドエム」の定番モデルです。高い位置にマイクをセットして収音したいときに活躍する、オーバーヘッドタイプのマイクスタンド。高さ1120~2010mmの範囲で調節でき、ドラムのオーバートップやコンサートホールなどで活躍します。

脚は三脚タイプながら5.88kgの重量があり、どっしりと安定感のある仕様。優れた耐久性と安定性で高く評価されている人気のモデルです。

クラッシクプロ(CLASSIC PRO)ショートブームタイプ マイクスタンド MSST

クラッシクプロ(CLASSIC PRO)ショートブームタイプ マイクスタンド MSST

さまざまな楽器や音楽系アクセサリーを販売している「サウンドハウス」のオリジナルブランド「クラッシクプロ」のショートブームタイプのマイクスタンド。バスドラム用やギターアンプなど、低い位置で収音したい場合におすすめのモデルです。

高さは345mmで、ブームの長さは515~915mmの範囲で調節可能。リーズナブルで使い勝手のよい、ハイコストパフォーマンスモデルです。

SYMPHA マイクスタンドアーム フレキシブル

SYMPHA マイクスタンドアーム フレキシブル

机の端にクランプで固定できる、デスクアームタイプのマイクスタンドです。使用するときは自由に角度や位置を調節でき、使用後はアームを動かすだけで簡単に片付けられます。

デスク上で動画や音楽を制作する際など、デスク周りのスペースを有効的に活用したい方におすすめのモデルです。2つのアームによるダブルブレース構造によって、高い耐久性も実現しています。

Roycel マイクスタンド ポップガード

Roycel マイクスタンド ポップガード

ポップガードがセットになった、デスクアームタイプのマイクスタンド。DTMでのボーカル入れや動画制作でのナレーション入れなど、ポップノイズが気になる際におすすめのモデルです。また、繊細なコンデンサーマイクを湿気から守る役目も果たしています。

上部アーム約180°、下部アームは約90°可動する構造で使いやすい角度に調節可能。加えて、ポップガードは360°で自由自在に可動するフレキシブルアーム式を採用しており、使い勝手に優れたモデルです。

Getaria ミニ マイクスタンド 卓上三脚

Getaria ミニ マイクスタンド 卓上三脚

テーブルの上に置いて使用する卓上タイプのマイクスタンド。スピーチや会議での使用のほか、自宅での動画制作やライブ配信などの用途におすすめのモデルです。

コンパクトに折りたため、収納や持ち運びに便利。三脚の先端にはノンスリップゴムを搭載しており、スタンドの滑りや、接地面に傷がつくのを防ぎます。

クラッチ式でスタンドをロックできるため、優れた安定性も魅力。高さも調節できるほか、マイクホルダーは180°回転します。

キョーリツ(KC) 卓上マイクスタンド MDS-1500

キョーリツ(KC) 卓上マイクスタンド MDS-1500

直径115mmの丸型土台を採用した、卓上タイプのマイクスタンドです。コンパクトながら重さ1.2kgで、安定性に優れたモデルを探している方におすすめです。高さは約140~200mmの範囲で調節可能。宅録やライブ配信、講演会などさまざまなシーンで活躍します。

マイクホルダーが付属しており、届いたらすぐに使用可能。直径約2.5cmまでのマイクに対応しているほか、3/8インチを5/8インチに変換するアダプターも付属しています。

キクタニ マイクスタンド 卓上タイプ フレキシブルパイプ DS-16

キクタニ マイクスタンド 卓上タイプ フレキシブルパイプ DS-16

クリップ式を採用したグースネックタイプのマイクスタンド。デスク上のスペースが限られている場合におすすめのモデルです。33cmのフレキシブルパイプを搭載しており、角度や位置は自由自在。クリップを挟める場所であれば、どんな場所にも設置できるため便利です。

本体重量400gほどの超軽量コンパクトモデルで持ち運びも簡単。構造上、あまり大きなマイクはセットできませんが、標準的なサイズなら問題ありません。