図工室のイスのような形をした打楽器「カホン」。音楽にほどよくエッセンスを加える素朴な音色が魅力で、アコースティックライブやストリートライブでよく使われる楽器です。

ひと口にカホンといっても材質や響き線の種類で音が異なります。そこで今回は、おすすめのカホンをご紹介。選び方もご紹介しているので、スタイルや好みに合わせて、自分にあったカホンを探してみてください。

カホンとは?

By: amazon.co.jp

カホンは、穴のあいた長方形の木箱を叩いて音を出す打楽器です。元々ペルーが発祥の民族楽器でしたが、1970年ごろスペインのギタリストがカホンの音色を気に入り、欧米でも使われるようになりました。現在では世界中で使われるポピュラーな楽器です。

奏者はカホンの上に座り、打面を叩いて演奏します。コンパクトで電源が必要ないため、ストリートライブなどでドラム代わりに使われることも多い楽器です。

打面中央を叩くとバスドラムのような低めの音、端を叩くとスネアドラムのような高めの音が出て、多彩な表現が可能。素朴な音色はアコギやピアノなどを使うアコースティックライブとも好相性です。

カホンの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

カホンのベーシックな大きさは、幅30〜35cm、奥行き30〜35cm、高さ45〜50cm。サイズの大きいモノほど音が大きくなり、ストリートライブでも遠くまで音を届けられます。

より大きなモノはベースカホンと呼ばれ、低音の響きがより豊かになるのが特徴。ただし、普通のカホンに比べて高音を出しにくくなるのが難点です。

一方、足の上に乗せて演奏するコンパクトサイズのミニカホンもあります。音が小さいので、自宅でも手軽に使えるのが魅力。しかし、打面が小さくなり、低音を出しにくくなるのが難点です。

初心者の方には、標準的な大きさのモノがおすすめ。標準的な大きさのカホンは叩きやすく、多彩な音色が出せるため、さまざまなジャンルの音楽と手軽に合わせられます。

響き線の種類で選ぶ

スナッピータイプ

By: amazon.co.jp

響線が異なると、叩いた時に鳴るカホン独特のノイズのような音「バズ音」が異なります。スナッピータイプは、カホンの内部にスネアドラムにも使われるスナッピーを張っているのが特徴。

打面を叩くと、サラサラとした感触のスネアドラムと同じようなバズ音が出せます。そのためドラムの代用としてもよく使われ、マイクを使えばエレキギターやベースなどを交えたセッションでも存在感のある音が出せます。

また、スナッピータイプのカホンは、低音と高音とでメリハリを付けやすく繊細な曲にもマッチ。手入れも簡単にでき、初心者の方におすすめです。

ワイヤータイプ

By: amazon.co.jp

カホンの内部にギターの弦のような、ストレートなワイヤーを2〜8本張っているのがワイヤータイプのカホンです。低音から高音までタイトな音を出せるのが特徴。

素朴な音ですが、指先の細かな動きにもしっかり反応するため、装飾音を出したい時やテンポのはやい曲などで重宝します。音は素朴ですが多彩な表現が可能で、上達すればするほどより楽しめるタイプです。

材質で選ぶ

ビーチ

By: amazon.co.jp

ビーチはブナとも呼ばれ、日本でもよく使われている木材です。きめが細かく丈夫で、明るくナチュラルな色合いが特徴。

低音から高音までバランスよく鳴らせるため、さまざまな楽曲に対応します。カホン初心者の方や、幅広い楽曲を演奏する方にもおすすめです。

ただし、ビーチ材のカホンは反りやすいのが難点。暖房器具の近くや加湿器の近くなど、過度な温度や湿度が変化する場所での演奏や保管は避けた方が無難です。

バーチ

By: amazon.co.jp

バーチはカバとも呼ばれ、日本では家屋などに使われている木材です。ムラが少なく、白っぽい色が特徴。きめが細かく丈夫で反りにくいため、さまざまな環境での使用に向いています。

白い色は劣化が目立ちますが、バーチ材は変色しにくいため、いつまでも綺麗な見た目を保つことが可能。カホンを長期間保管する方や、屋外で演奏することが多い方にもおすすめです。

また、バーチ材のカホンは、軽く明るい見た目とは裏腹に重みのある低音が出ます。できるだけ重低音を強く出したい方におすすめ。大きな音が出やすく、ストリートライブにも向いています。

メイプル

By: amazon.co.jp

メイプル材はカエデとも呼ばれ、秋には紅葉することでも有名な木材です。ギターやドラムスティックなど、幅広い楽器で採用されています。

メイプルは、「杢」と呼ばれる複雑な木目を楽しめるのが特徴。衝撃や傷に強いほか、軽量なので屋外ライブなどでも手軽に持ち運べます。ナチュラルな色合いは使い込むほど飴色に変化し、独特のエイジングが楽しめるのも魅力です。

また、サウンドはやわらかくまとまりがあり、クラシックやアコースティックの楽曲と合わせるのに向いています。ただ、音量が出にくいのがネック。屋内でのコンサートや自宅での練習におすすめです。

マホガニー

By: amazon.co.jp

マホガニーは、世界三大銘木とも言われている高級木材です。希少価値が高く、「カリブの宝」とも呼ばれます。赤褐色の色合いと美しい木目が特徴で、柔らかな手触りが楽しめるのも魅力です。

サウンドは、低音に厚みがあるのが特徴。音量も大きく、包み込まれるような深くあたたかみのある音が楽しめます。ストリートライブなどで遠くまで音を届けたい時や、存在感を出したい時におすすめです。

また、マホガニーは使い込むほど色が濃くなっていき、長く使うほどエイジングが楽しめます。ただ、高価で数が少ないのがネック。マホガニー独特の手触りと音色が好きな方におすすめです。

エボニー

By: amazon.co.jp

エボニーは、高級木材として楽器や家具にも使われる木材です。ピアノの黒鍵などにも用いられています。あたたかみのある美しい木目がはっきりと出ているのが特徴。見た目重視の方にもおすすめです。

打面を叩くと重厚感のある低音が楽しめます。音量もあるため、エレキギターやベースなど音量の出る楽器とのセッションにもおすすめ。ただし、音が大きいため自宅での練習には向いていません。ストリートライブなどにおすすめです。

アッシュ

By: amazon.co.jp

アッシュは、ナチュラルな風合いとはっきりとした木目が特徴です。野球のバットにも使われている丈夫な木材。密度が高く硬いため、クリアなサウンドが楽しめます。

ただ、アッシュ材のカホンは、密度が高い分重量も重いのが難点。ストリートライブなどで持ち運ぶのにはやや苦労します。音量が出やすくパワフルなサウンドが楽しめるので、ライブハウスなどで使うのにおすすめです。

カホンのおすすめ

マイネル(MEINL) Headlinerシリーズ スネアカホン MCAJ100BK-MA

マイネル(MEINL) Headlinerシリーズ スネアカホン MCAJ100BK-MA

マイネルは、打楽器メーカーとして有名なドイツのブランドです。ボディにMDF材、フロント板にはやわらかい音色が楽しめるメイプル材を使用。

幅30×奥行き31×高さ46cmと比較的コンパクトで、小柄な女性や小さな子供も使いやすいのが魅力です。価格も比較的リーズナブルで、カホンのエントリーモデルとしても人気があります。

また、低音から高音まで、ドラムセットに近い音が出せるスナッピータイプを採用。音のバランスがよく、まとまりもあるため、さまざまな楽曲に合わせやすいカホンです。

さらに、軽量なのも魅力のひとつ。専用のケースも付属し、手軽に持ち運べます。ストリートライブなど、移動することが多い方にもおすすめです。

マイネル(MEINL) ARTISAN EDITION CAJONS BULERIA LINE AEBLMY Mongoy

マイネル(MEINL) ARTISAN EDITION CAJONS BULERIA LINE AEBLMY Mongoy

ボディに9プライ12mmのバーチ材を使用したカホンです。大きな音が出やすく、ストリートライブにおすすめ。フロントパネルには、エレガントな木目が美しいモンゴイと呼ばれる木材を採用しており、ステージでも映えます。

サイズは幅約29×奥行き約30×高さ約48cm。豊かな低音と抜けのよい高音が奏でられるため、さまざまな楽曲で活躍します。さらに、左右に5本ずつチューニング可能なユニットを搭載。演奏する楽曲に合わせて繊細な調節が可能です。

ラテン・パーカッション(Latin Percussion) LP Aspire Cajon LPA1331

ラテン・パーカッション(Latin Percussion) LP Aspire Cajon LPA1331

ラテン・パーカッションはアメリカの打楽器メーカーです。略して「エルピー」と呼ばれています。なかでも本製品は、カホン初心者の方から上級者の方まで、幅広い方から人気があるLPの定番モデル。

特に演奏のしやすさに配慮されているのが特徴です。底面にはゴム足を搭載しており、激しい楽曲の演奏中も安定します。また、角を丸めているため、スムーズにスナップをきかせられるのも魅力です。

音質は、クリアでバランスが取れており、高音と低音のコントラストもはっきりとしています。アクセントとしても映え、さまざまな楽曲と合わせやすいのが特徴です。

さらに、打面を留めているネジを調節することで、楽曲に合わせて音色の調節が可能。スナッピータイプの響線の調節にも対応しており、多彩な表現が楽しめます。比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスにも優れたカホンです。

デ・グレゴリオ(De Gregorio) KIYO

デ・グレゴリオ(De Gregorio) KIYO

デ・グレゴリオは、世界的にも有名なスペインのカホン専門メーカーです。略してDGとも呼ばれます。DGのなかでも本製品は、カホン初心者の方におすすめのエントリーモデル。テンションの調節や弦の交換などの必要がなく、手軽に扱えるカホンです。

しかし、エントリーモデルながらも、DGらしい高品質なサウンドが味わえます。幅29×奥行き29×高さ49cmのボディには、バーチ材を採用。左右に5本ずつスナッピーを配置し、歯切れのよい低音と、まるみのある高音が特徴です。

また、バーチ材の特徴を生かしたナチュラルなデザインは、部屋のインテリアとしてもなじみます。普段はイスなどとして使用でき、気が向いたときに使用可能。カホンの教則DVDも付属するため、すぐに練習を始めたい方にもおすすめです。

パール(Pearl) ブームボックスカホン PCJ-633BB

パール(Pearl) ブームボックスカホン PCJ-633BB

打面に高級木材のレッドマホガニーを採用したカホンです。上品で高級感のあるデザインが特徴。側面には、なめらかなファイバーグラスを使用しています。

また、カホン内部には、ドラムセットのような音色が楽しめるスナッピーを搭載。打面を叩くと、タイトでキレのあるスラップが楽しめます。ホール部分をスピーカーキャビネットと同じ方式にすることにより響きも豊かで、存在感のあるサウンドです。

大きさは幅30.5×奥行き30.5×高さ48cmと扱いやすい標準的なサイズ。エッジ部分を丸くすることで、演奏時の負担が軽減されています。さらに、座面には滑り止め加工が施されているため安定感も優秀です。

パール(Pearl) アッシュカホン PCJ-AWC SC 653

パール(Pearl) アッシュカホン PCJ-AWC SC 653

フロントパネルにアッシュ材を採用したカホンです。アッシュ材は、硬くパワフルな音が出せるのが特徴。比較的大きな音も出しやすく、高音と低音が明瞭に響くキレのあるサウンドが楽しめます。

また、叩き分けによる音の違いが出やすいため、細かなリズムもとりやすく、テンポのはやい曲や装飾音の多い曲にもマッチ。エレキギターやベースなどと合わせるのにもおすすめです。

さらに、アッシュ材のはっきりとした木目が楽しめるのも魅力。木材ならではのあたたかみが感じられ、インテリアとしても映えます。コストパフォーマンスがよく、カホン初心者から上級者まで幅広い層から人気のあるモデルです。

パール(Pearl) クラブカホン PBC-512CC

パール(Pearl) クラブカホン PBC-512CC

軽量なアジアンパイン材を使用したカホンです。大きさは幅29×奥行き29.5×高さ47cmと、比較的コンパクト。小柄な方も扱いやすく持ち運びやすいモデルなので、ストリートライブにもおすすめです。

内側にはスナッピーが張ってあり、ドラムセットに近い音が出せます。比較的リーズナブルで、カホン初心者の方にもおすすめです。

シュラグヴェルク(Schlagwerk) 2 in One SR-CP404

シュラグヴェルク(Schlagwerk) 2 in One SR-CP404

カホンを世界へ広めたことで有名なドイツのメーカー、シュラグヴェルクのカホンです。焼印を施したスタイリッシュなデザインが目を引くモデル。インテリアとしても映えます。

打面にはビーチ材、側面にはバーチ材を採用。低音から高音まで広い音域の音がバランスよく出せるカホンです。レスポンスに優れており、初心者の方も手軽に多彩な音色を楽しめます。

また、音量もパワフルでさまざまな楽器とのセッションや、ストリートライブなどでも活躍。さらに、響き線の着脱ができるのも魅力です。上達してきたらスナッピーをワイヤーへ付け替え、より多彩な音色に挑戦できます。

シュラグヴェルク(Schlagwerk) 2 in One カホン デラックス エボニー SR-CP432

シュラグヴェルク(Schlagwerk) 2 in One カホン デラックス エボニー SR-CP432

フロントパネルに高級木材のエボニーを使ったカホンです。美しい木目を生かしたあたたかみのあるデザイン。落ち着いた色合いでエレガントな雰囲気があり、インテリアとしてもおすすめです。

打面を叩くと、エボニーらしい重厚感のあるサウンドが楽しめます。豊かな響きで、音量もパワフル。音を遠くに届けられ、ライブステージでも活躍します。

ただし、高級木材を使用しているため、比較的高価なのがネック。エレガントなデザインが好みの方や、どっしりとした重厚感のある音が好みの方におすすめです。

シュラグヴェルク(Schlagwerk) 2 in One ベースカホン SR-BC462

シュラグヴェルク(Schlagwerk) 2 in One ベースカホン SR-BC462

比較的大きく、低音が出やすいベースカホンです。幅48×奥行き30×高さ50cmとサイズが大きいためしっかりと鳴らすには慣れが必要ですが、サイズが大きい分遠くまで音を届けられます。

打面にはビーチ材を使用。内部にはスナッピーが張られており、軽快なサウンドを楽しめます。また、ドラムペダルと組み合わせて、小型バスドラムとしても使用可能。楽器のみで演奏するアンプラクド・ライブなどにおすすめです。

ammoon カホン C-68Z

ammoon カホン C-68Z

足の上に乗せて演奏するミニサイズのカホンです。サイズは幅23×奥行き10×高さ29cmとコンパクトで、専用のケースも付いており持ち運びに便利。小柄な方や子供でも手軽に扱えるモデルです。

打面には、ナチュラルな木目が楽しめるゼブラウッドを採用。素朴なサウンドが楽しめるワイヤータイプです。ミニカホンなので全体的に軽い音ですが、付属の六角レンチで音を調節できます。

また、ベルトストラップが付属するため、立ったまま演奏できるのも特徴。新しい演奏スタイルに挑戦したい方にもおすすめです。価格もリーズナブルで、アコースティックライブや、自宅での練習にも役立ちます。