ピアノ曲の練習はもちろん、バンドでの演奏にも利用できる「電子キーボード」。ピアノだけでなく、さまざまな楽器の音色を奏でられるのが魅力です。

ただし、各メーカーからさまざまな製品が展開されているので、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめの電子キーボードをご紹介します。選び方も解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

電子キーボードとは?

By: amazon.co.jp

電子キーボードは、ピアノの音に加えて、オルガンやストリングス、管楽器など、多彩な音色を演奏できる電子楽器です。比較的リーズナブルな価格で購入できるうえ、汎用性が高く、ピアノの練習からバンド演奏まで、幅広い用途に使用できます。

また、ピアノのように調律が必要ない点もメリット。手軽に鍵盤楽器を楽しみたい場合にもおすすめです。さらに鍵盤とスタンド部分が離れており、持ち運びやすいのもポイント。スタジオやライブハウスに携帯できます。

電子キーボードと電子ピアノの違い

By: amazon.co.jp

電子ピアノは電子キーボードと同じくさまざま音色を搭載していますが、弾き心地がピアノに似ているのが特徴です。ピアノのように弦をハンマーで叩く構造は採用されていませんが、弾いた際に重みを感じられます。

また、電子キーボードと電子ピアノでは、備えている鍵盤数も異なります。電子キーボードは製品ごとに鍵盤数が異なりますが、電子ピアノは基本的にピアノと同じ88鍵を採用。サイズは大きくなりますが、弾ける曲が限定される心配もありません。

価格は電子ピアノが高い傾向。鍵盤楽器を気軽に楽しみたい場合には電子キーボード、ピアノの練習に使いたい場合には電子ピアノが適しています。

電子ピアノについて詳しく知りたい方はこちら

電子キーボードの選び方

鍵盤数をチェック

電子キーボードでスタンダードなのは「61鍵」

By: casio.com

電子キーボードの鍵盤数でスタンダードなのが「61鍵」モデルです。61鍵タイプの電子キーボードが対応できる音域は、C2~C7の5オクターブ。88鍵や76鍵などのモデルに比べると限定されますが、比較的多くの曲に対応できます。

また、ラインナップが豊富な点も61鍵タイプの魅力。各メーカーから多種多様な電子キーボードが発売されているので、好みのモデルを選びやすい点でもおすすめです。

一般的なピアノと同じ「88鍵」

By: yamaha.com

本物のピアノは鍵盤を88個備えています。7オクターブ+3鍵の合計「88鍵」を搭載している電子キーボードであれば、ピアノのような本格的な演奏が可能。両手を使って演奏する幅広い曲に対応できるのがポイントです。

ただし、49鍵以下のモデルや61鍵モデルと比べてサイズが大きくなる点には注意が必要。常設して使用する電子キーボードとしておすすめのタイプです。また、ピアノ練習用の電子キーボードを探している場合にも88鍵タイプを選択しましょう。

コンパクトで持ち運び安い「49鍵盤以下」

By: casio.com

電子キーボードは、搭載している鍵盤数が少ないほどサイズがコンパクトです。スタジオやライブハウスなどに携帯する頻度が高い場合はもちろん、使用のたびに出し入れする場合にも適しています。

ただし、演奏できる曲が限定されてしまう点にも注意が必要です。自分が演奏する予定の曲には、どの程度の鍵盤数が必要か事前に調べておきましょう。また、「49鍵盤以下」のモデルは比較的リーズナブルな価格で購入できます。コスト面を重視して電子キーボードを選びたい場合にもおすすめです。

最大同時発音数をチェック

By: casio.com

「最大同時発音数」とは、電子キーボードが同時に出せる音の数を示すスペックです。最大同時発音数が多いモデルであれば、両手を使って演奏した際の音切れを予防できます。和音演奏の多い曲に対応しやすい点も魅力です。

また、電子キーボードに内蔵されている曲にあわせて演奏する場合にも便利。豊かな響きを楽しめます。

タッチレスポンス機能をチェック

By: amazon.co.jp

本格的な弾き心地を求めるのであれば、「タッチレスポンス機能」を備えた電子キーボードがおすすめ。タッチレスポンスとは、鍵盤を弾く強さによって音の強弱を調節できる機能のことです。

ハンマーで弦を叩いて音を出す本物のピアノのように、強く弾くと大きな音、弱く弾くと小さい音を出せるのが魅力。演奏する曲に応じて豊かな音色を奏でられるのがメリットです。ピアノの練習用に使用したい方はもちろん、曲の雰囲気を重視したい方にも適しています。

収納・持ち運びやすさで選ぶ

By: casio.com

自宅だけでなく、スタジオやライブハウスでも使用する電子キーボードを探している場合には、持ち運びやすさを考慮して選ぶのが重要。電子キーボードは製品ごとにサイズや重量が異なります。コンパクトかつ軽量なモデルの魅力は、携帯する際の負荷を軽減できる点です。

ただし、サイズが小さくなればなるほど、備えている鍵盤数も少なくなる点には注意しましょう。また、電子キーボードは鍵盤数が増えるほど幅が大きくなります。61鍵や88鍵モデルは、持ち上げた際の重心も考慮して選ぶのがおすすめです。

機能をチェック

初心者の練習には「光る鍵盤」がおすすめ

By: casio.com

電子キーボードには、「光る鍵盤」機能を採用している製品が存在します。光る鍵盤機能は、演奏する曲にあわせて次に弾くべき鍵盤が点灯する機能。鍵盤の点灯によってナビゲーションが受けられるので、楽譜が読めない方や、気軽に鍵盤楽器を練習したい方にも便利です。

また、子供用の電子キーボードを探している方にも人気。まずは鍵盤楽器を演奏する楽しみを味わいたい場合にもおすすめです。

BluetoothやMIDIなどの「外部接続機能」

By: casio.com

電子キーボード単体で使用する場合には必要ありませんが、パソコンと接続して使用する場合には「外部接続機能」を搭載しているモデルがおすすめです。MIDI端子を備えている電子キーボードであれば、MIDIケーブルでの接続が可能。ただし、パソコンにはMIDI端子が付いていないので、別途MIDIインターフェイスを購入する必要があります。

また、Bluetooth通信に対応しているモデルであれば、ワイヤレスでの接続が可能。スマホやタブレットと簡単に接続できる点もおすすめです。

電子キーボードのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

「ヤマハ」は、1987年に設立された日本国内の老舗メーカーです。ヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどのオーディオ機器でも有名ですが、ピアノ・ギター・キーボードなどの楽器も多数製造しています。

ヤマハの電子キーボードは、ラインナップが豊富。コンパクトなサイズを採用しているポータブルタイプや、こだわりのピアノ音色を備えたモデルなど幅広いの製品を取り扱っているのが特徴です。

カシオ(CASIO)

By: casio.com

「カシオ」は、1946年に東京で設立されたメーカー。電卓や腕時計、電子辞書などの製造などで有名です。電子ピアノや電子キーボードなどの製品も多数取り扱っています。

カシオの電子キーボードもランナップが充実。光ナビゲーション機能を備えているモデルや、マイクが付属しているモデルなどを展開しており、好みにあわせて選択できます。

ローランド(Roland)

By: roland.com

「ローランド」は、1972年に大阪で設立された電子楽器メーカー。現在では静岡に本社を構えています。シンセサイザーやリズムマシンなどのさまざまな電子楽器を製造していることで有名です。

ローランドが製造する電子キーボードには、61鍵モデルと88鍵モデルが存在。本格的なピアノの音色を搭載している製品も取り揃えています。

電子キーボードのおすすめ|61鍵モデル

ヤマハ(YAMAHA) piaggero NP-12

スリムかつコンパクトなデザインを採用している61鍵モデルの電子キーボードです。本体サイズは幅1036×奥行259×高さ105mm。奥行きを抑えた設計により、すっきりと設置できるのが魅力です。

また、ヤマハのグランドピアノをサンプリングした音色が内蔵されているのもポイント。オルガンやハープシコードなどのサウンドも搭載しています。鍵盤は電子キーボードらしいやさしいタッチで弾けるだけでなく、タッチレスポンス機能も利用が可能。鍵盤を弾く強さによって音の強弱が調節できます。

さらに、単3形乾電池6本で駆動するのもポイント。ほかにも、RECボタンを利用すれば、演奏の録音が可能。自分の演奏をチェックできる点もおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) PSR-E360

タッチレスポンス機能を備えている61鍵モデルの電子キーボードです。音の強弱を表現できるのが特徴。また、クオリティの高いサウンドが内蔵されているのもポイント。ヤマハが楽器製造で培った技術を注ぎ込んでおり、リアルな音色が実現されています。

録音機能も搭載されているので、自分の演奏が簡単に確認可能。録音した演奏を再生して、アンサンブル演奏したい場合にも使用できます。

さらに、内蔵曲のソングブックが付属しているのもメリット。初心者がコードを学びたい場合にもおすすめです。自動伴奏機能を利用すれば、左手でコードを押さえるだけでリズム・ベース・コードを奏でることが可能。気軽に鍵盤演奏が楽しめます。

ヤマハ(YAMAHA) ハーモニーディレクター HD-300

操作性に優れたインターフェイスを備えている61鍵モデルの電子キーボードです。タクタイルスイッチ・スライダー・物理ダイヤルなどを配置しているのが特徴。液晶画面を見ず、感触で操作が確認できる設計です。

また、吹奏楽指導者教本「JBCバンドスタディ」の音データを167曲内蔵しているのもポイント。自動演奏を聴きながら、正確なピッチおよびリズムで練習できるのもメリットです。

iOSアプリの「HD-300 Assistant」を利用すれば、HD-300の遠隔操作が可能。iPhoneとの接続にBluetooth通信が使用できる点もおすすめです。

カシオ(CASIO) Casiotone CT-S200

個性的なデザインを採用している61鍵モデルの電子キーボードです。本体サイズは幅930×奥行256×高さ73mm。重量も3.3kgと軽量設計を採用。上部にはグリップを備えており片手でも持ち運びできます。

単3形アルカリ乾電池6本で約16時間連続駆動するのもポイント。コンセントが近くにない場所はもちろん、屋外で使用する場合にも便利です。また、液晶画面とダイヤルを組み合わせた操作パネルは、シンプルなデザインを採用。元の画面に戻すホームボタンを配置されており、操作性に優れている点もメリットです。

音色は400、リズムは77内蔵。ドラム・ベース・シンセサイザーなどの音色を組み合わせてダンスミュージックを楽しめるモードが搭載されている点もおすすめです。

カシオ(CASIO) Casiotone 光ナビゲーションキーボード LK-320

光ナビゲーション機能を備えている61鍵モデルの電子キーボードです。鍵盤の点灯によって、次に弾く場所をナビゲーションする機能を使えるのが特徴。楽器演奏の楽しさを味わいたい場合はもちろん、楽譜が読めない方や初心者の方にもおすすめです。

また、鍵盤が光るタイミングでどの場所を押しても正しい音が奏でられる「らくらくモード」も搭載。アニメの人気曲や世界の童謡を含む120の曲が内蔵されており、小さい子供用の電子キーボードにも適しています。

付属のマイクや歌詞集を利用すれば、カラオケを楽しむことも可能。鍵盤楽器の演奏だけでなく、歌う楽しみも味わえます。スリムかつコンパクトなデザインが採用されており、省スペースに収納できる点も魅力です。

カシオ(CASIO) Casiotone CT-S1000V

カシオ独自の技術「Vocal Synthesis」を搭載している61鍵モデルの電子キーボードです。鍵盤を押しただけで、入力した歌詞通りに楽器が歌う機能を搭載。歌詞データはスマホやタブレットから入力できます。

また、エフェクトによって、リアルタイムで声質をカスタマイズできるのもポイント。音楽表現の幅を広げたい場合にも便利です。さらに、カシオの歴代キーボードおよびシンセサイザーの音色を900種類内蔵しているのもメリット。音色には、コンプレッサー・フェイザー・ディストーション・ワウなどエフェクトがかけられます。

上部にはカシオ独自のバスレフ機構「Horizontal Bass-Reflex System(水平型バスレフスピーカーシステム)」を搭載。迫力のある低音サウンドが奏でられます。スマホやタブレットとの接続にはBluetooth通信を利用可能。ワイヤレスで接続して、スマホやタブレットの音楽をCT-S1のスピーカーで再生できる点もおすすめです。

カシオ(CASIO) Casiotone CT-S1

ミニマルなデザインを採用している61鍵モデルの電子キーボードです。鍵盤・スピーカー・最低限のボタンのみを備えたシンプルなデザインで、インテリアや部屋にマッチしやすいのが特徴。電子キーボードを部屋に常設しておきたい場合にも便利です。

また、アコースティック楽器やビンテージ楽器の音色を鮮やかに再現したAiX音源を搭載。パワフルかつクリアな音を実現するので、臨場感あふれるサウンドを求める場合にもおすすめです。

さらに、タッチレスポンス機能が利用できる点もメリット。ピアノのような表現力を求める場合にも適しています。別売りのワイヤレスMIDI&AUDIOアダプターを導入すれば、Bluetoothでの接続にも対応が可能。スマホやタブレットなどとワイヤレス接続できるのもポイントです。

ローランド(Roland) GO:KEYS Music Creation Keyboard GO-61K

Bluetooth通信を利用したワイヤレス接続に対応している61鍵モデルの電子キーボードです。スマホやタブレットとワイヤレス接続すれば、オンライン上の曲を流しながら演奏が可能。高品質なスピーカーが内蔵されているので、Bluetoothスピーカーとしても利用できます。

また、指1本で本格的な演奏を奏でられる「ループ・ミックス」機能も搭載。リアルタイムにエフェクトがかけられる「パフォーマンス・パッド」も備えており、直感的な演奏が楽しめます。

本体サイズは幅877×奥行271×高さ82mm。比較的コンパクトなデザインを採用しているにもかかわらず、クオリティの高い音色を500種類以上搭載している点もおすすめです。

ローランド(Roland) ハーモニー&リズム練習用キーボード JUSTY HK-100

吹奏楽やリズム練習用に適した61鍵モデルの電子キーボードです。1オクターブを12等分にした平均律と、美しい響きの和音が奏でられる純正律を簡単に切り替えられるのが特徴。オーケストラ・吹奏楽・合唱な伴奏に使用できます、

また、メトロノーム機能を備えているのもポイント。正確なリズムをトレーニングしたい場合にも便利です。本体サイズは幅877×奥行271×高さ82mmと比較的コンパクト。重さも3.9kgほどなので、頻繁に持ち運びたい方にもおすすめです。

さらに、Bluetooth通信に対応しているのもメリット。専用アプリを利用すれば、iPhoneやiPadから本体の操作や設定が行えます。

コルグ(KORG) ENTERTAINER KEYBOARD EK-50

自動伴奏機能を搭載している61鍵モデルの電子キーボードです。左手の指1本もしくはコードを押えるだけで、伴奏を鳴らせるのが特徴。280種類以上の伴奏データと4つのバリエーションを内蔵しており、シンプルなモノから複雑なモノまで演奏する曲にあわせて選択できます。

搭載している音色は、ピアノ・バイオリン・サックス・ドラムなど702種類以上。ソロ演奏だけでなく、バンドのバッキングキーボードとしても利用できます。

操作パネル中央には液晶画面を配置。主なスイッチにLED自照式を採用しており、暗い場所での視認性にも優れています。また、上部にスピーカーを搭載しているのもメリット。10W×10Wのパワフルなサウンドを奏でられます。

電子キーボードのおすすめ|88鍵モデル

ヤマハ(YAMAHA) P-45

本格的なピアノの音色を内蔵している88鍵モデルの電子キーボードです。AWM音源を改良してリアルなピアノサウンドを再現しているのが特徴。グランドピアノの臨場感あふれる音を楽しめるのが魅力です。

また、グレードハンマースタンダード(GHS)鍵盤が採用されているのもポイント。低音部の鍵盤は重く、高音部は軽く設定されており、自然なタッチ感を実現しています。さらに、比較的スリムなデザインを採用しているのもメリット。奥行きが30cm未満に設計されており、すっきりと設置できる点もおすすめです。

設定がボタン1つで簡単できるのも魅力。「GRAND PIANO/FUNCTION」ボタンを押しながら任意の鍵盤を押して、音色やデモ音源を変更できます。

ヤマハ(YAMAHA) STAGE KEYBOARD YC88

グランドピアノの音色を複数内蔵している88鍵モデルの電子キーボードです。ピアノのダイナミックな表現や繊細なニュアンスを実現できるのが特徴。好みにあわせてピアノの音色を切り替えられるのが魅力です。

ヤマハを代表するシンセサイザー「DX7」やオルガン、ストリングスなどのサウンドを選択できるのもポイント。ピアノの練習だけでなく、バンド演奏にも使用できます。

また、ナチュラルウッドグレードハンマー3鍵盤が採用されているのもメリット。素材に無垢材を使った鍵盤によって、本物に近いピアノの重量感を感じられる点もおすすめです。

ローランド(Roland) GO:PIANO88 GO-88

88鍵モデルながら、軽量設計を採用している電子キーボードです。本体サイズは幅1283×奥行291×高さ87mm。重量も7.0kgと比較的軽いので、使用する際以外は収納しておきたい場合にも便利です。

また、ヘッドホンが使用できるのもポイント。早朝や夜間に演奏したい場合にも適しています。スマホやタブレットとBluetoothで接続すれば、ワイヤレススピーカーとしても利用が可能。音楽鑑賞用に使用できる点もおすすめです。

無料アプリ「Piano Partner2」を利用すれば、内蔵曲の譜面を端末側に表示できます。上部には譜面台も搭載。楽譜を見ながら演奏できます。さらに、本格的なサウンドが楽しめるのもメリット。ローランドのデジタルピアノ譲りのサウンドが内蔵されています。

ローランド(Roland) Stage Piano RD-88

世界中でプロのアーティストにも使用されている88鍵モデルの電子キーボードです。本物に近いピアノの演奏性を実現する「PHA-4スタンダード鍵盤」を採用しているのが特徴。ナチュラルなフィーリングで演奏できます。

また、ローランドのフラッグシップモデルシンセサイザーとして知られる「ZEN-Core」の音源エンジンが採用されているのもポイント。バンド演奏でも高品位なサウンドが奏でられます。

さらに、直感的な操作パネルを採用しているのもメリット。好みのサウンドがスピーディに選択できる点もおすすめです。

河合楽器(KAWAI) ES110

88鍵モデルながら、比較的リーズナブルな価格で購入できるエントリーモデルの電子キーボードです。カワイフルコンサートグランドピアノEXが備えている88の鍵盤を1音1音ステレオサンプリングしており、臨場感あふれる音色を楽しめます。

また、12cm口径の大型スピーカーを搭載しているのもポイント。本体サイズは幅131.5×奥行29×高さ15cmと比較的コンパクトながら、パワフルな低音が再生できます。

さらに、コンサートチューナー機能が利用できるのもメリット。本物のピアノで調律師が行うような音色の調整が行える点もおすすめです。

電子キーボードのおすすめ|49鍵以下モデル

ヤマハ(YAMAHA) PSS-A50

演奏だけでなく、パソコンと接続できDTMにも使用できる37鍵モデルの電子キーボードです。本体サイズは幅506×奥行201×高さ54mmとコンパクト。小型ながら豊富なサウンドが内蔵されており、多彩なエフェクト機能も活用できます。

また、アルペジエーター機能を搭載しているのもポイント。鍵盤を押さえるだけで、簡単にフレーズやバッキングパターンを自動演奏できる点もおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) sonogenic SHS-500

ライブに適した37鍵モデルの電子キーボードです。ストラップを使用すれば、ギターのように肩に掛けて演奏が可能。スタイリッシュなデザインで、ライブ時に映えやすいのも魅力です。

また、MIDI端子を搭載しているのもポイント。パソコンと接続すれば、音楽制作用の電子キーボードとしても利用できます。内蔵されている音色は、シンセサイザー・ギター・ベースなど30種類。鍵盤を弾く際の力加減で強弱が調節できる「HQ(High Quality)Mini鍵盤」を備えている点もおすすめです。

カシオ(CASIO) Casiotone ミニキーボード SA-50

コンパクトなデザインを採用している32鍵モデルの電子キーボードです。本体サイズは幅446×奥行208×高さ51mm。重量も1.0kgと軽く、子供でも持ち運びやすい設計です。

また、本物の楽器からサンプリングした高品質な音色を内蔵しているのもポイント。ピアノ・管楽器・打楽器など、さまざまな楽器の音を奏でられます。きらきら星・アルプス一万尺・くるみ割り人形など、10曲のソングバンクを備えているのもメリット。メロディーを消して伴奏にあわせた練習ができる点もおすすめです。

最大同時発音数は鍵盤数と同じ32音で、コード演奏時の音切れも予防できます。

カシオ(CASIO) Casiotone CTK-240

手軽に鍵盤楽器の演奏が楽しめる49鍵モデルの電子キーボードです。50曲のソングバンクが搭載されているだけでなく、楽譜集が付属しているのも特徴。レッスン機能を利用すればメロディーが消せるので、伴奏にあわせてメロディーの練習ができます。

液晶画面には、音色・リズム・内蔵曲名などを表示。目で見て簡単に設定が確認できる点もおすすめです。

カシオ(CASIO) Casiotone ミニキーボード SA-76

子供用としてもおすすめの44鍵モデルの電子キーボードです。本物の楽器からサンプリングした音色は100種類内蔵。ピアノとオルガンの音色をワンタッチで簡単に切り替えられる点も魅力です。

また、チューニング機能を備えているのもポイント。合唱の音取りをする際にも使用できます。さらに、ヘッドホン端子を搭載しているのもメリット。早朝や夜間に演奏する場合はもちろん、騒音が気になる場合にもおすすめです。

電子キーボードの売れ筋ランキングをチェック

電子キーボードのランキングをチェックしたい方はこちら。