エレキギターやベースのサウンドを表情豊かに色づけする「ワウペダル」。古くから多くのミュージシャンに愛用されており、なかでもエレキギターを楽しむ多くの方が購入するエフェクターのひとつです。

ただし、サウンドやキャラクターの異なるさまざまなモデルが発売されており、はじめて購入する場合は迷ってしまう場合も。そこで今回は、おすすめのワウペダルをピックアップしてご紹介します。購入を検討している方は参考にしてみてください。

ワウペダルとは?

By: amazon.co.jp

ワウペダルとはエレキギターやベースに接続し、足元に置いて操作するエフェクターの一種です。ペダルを踏み込んだり戻したりすると音の周波数が変わり「ワウワウ」と、まるでしゃべっているような効果を得られます。

歪みエフェクターと組み合わせて踏み込めば、ブーストされた高音域によってフィードバックが発生。一聴してワウペダルとわかる、表情豊かなサウンドを簡単に楽しめます。

ギタリストがエフェクトボードに組み込む人気のエフェクターで、リードプレイからカッティングまで幅広いスタイルに対応可能。ロックやフュージョン、ポップスなど、さまざまなジャンルで使用されています。

使い方としては、ここぞという場面で踏み込む量を調節しながら使用するほか、中音域をブーストさせる使い方も可能。ペダルの踏み込み加減を任意の位置で固定し、イコライザー的に使うギタリストもいます。

ワウペダルのおすすめ

ジムダンロップ(JIM DUNLOP) ワウペダル CRYBABY GCB-95

同社のワウペダルペダルシリーズ「クライベイビー」を代表する定番モデルです。ベーシックなワウサウンドで、はじめて購入する方にもおすすめ。初心者からプロのギタリストまで世界中で愛用されている、信頼性の高さが魅力です。

サウンドを左右するインダクターには、1960年代に誕生した頃から用いられている伝統的な「Faselインダクター」を採用。滑りを防止するゴム足は脱着でき、劣化したら交換が可能です。電池を交換しやすい開閉式のバッテリーボックスを備えています。

ジムダンロップ(JIM DUNLOP) ワウペダル CRYBABY CBM95

定番ワウペダル「クライベイビー」のハーフサイズで設計されたワウペダルです。8×13.5×6.6cmのコンパクトさで、エフェクターボードのスペースが気になる場合やレイアウトの自由度を高めたい場合におすすめ。軽く持ち運びしやすく、ギターケースに収納して移動したい方にも適しています。

また、3種類のボイシングを切り替えできる内部スイッチを備えており、さまざまなサウンド作りにも対応。小型モデルながら可変域が広く、通常サイズと比べても違和感なく使えます。

ジムダンロップ(JIM DUNLOP) ワウペダル SLASH CRY BABY WAH

ワウペダルの使い手として知られているギタリスト「スラッシュ」のシグネチャーモデルです。メタリックレッドフィニッシュカラー採用の本体とペダルにあしらったロゴが魅力。スクリーミングトーンなどスラッシュ自身のカスタムモデルの特徴を備えており、ファンの方におすすめのモデルです。

ハイゲインディストーションサーキットを搭載した、甘く重厚感あふれるサウンドもポイント。強力な歪み系サウンドを好むハードロッカーにも適しています。ディストーションとワウのオンオフは個別で切り替えでき、LEDライトで確認可能です。

ボス(BOSS) PW-3 Wah Pedal

低域の太いワウサウンドと、クラシックなワウサウンドを切り替えて使えるワウペダルです。低ノイズ設計のフルアナログ回路を搭載した「リッチモード」により、レンジの広い迫力のあるワウ効果を発揮。「ヴィンテージモード」では60年代のクラシカルなサウンドを楽しめるなど、さまざまなジャンルや曲に対応したい方におすすめです。

エフェクターボード内に設置しやすい省スペース設計もポイント。本体には堅牢性の高いアルミダイキャストを採用しており、小型ながら操作しやすい安定感を実現しています。

また、踏み心地を好みに合わせて調節できるのも便利。LEDインジケーターを両側面に備えて、設置場所にかかわらず見やすいよう工夫されています。

エキゾチック(Xotic) ワウペダル Wah XW-1

ワウペダルの元祖とされるイタリア製ワウ「Clyde Mocoy Wah」をベースに開発されたワウペダルです。往年の名ギタリスト達も愛用した独特のサウンドが特徴。ヒューマンボイスのような音色を楽しめる、個性的な1台を探している方におすすめです。

2バンドイコライザーを搭載し、ヒューマンボイスの響きをコントロール可能。内部に4回路のディップスイッチを備えており、細かな調節に対応できます。

また、ペダル横のナットを調節すればトルク調節できるのも便利。電池残量が50%以下になるとLEDの点滅で知らせます。

モーリー(MORLEY) 20/20 Bad Horsie Wah

個性的なサウンドで知られている「Bad Horsie」シリーズのコンパクトなペダルワウです。2つのワウモードを搭載しているため、幅広いサウンド作りに活用したい方におすすめ。コンツァーモードでは、トーンのレベルコントロールも可能です。

踏み込むとワウがオンになり、足を離せばオフになるスイッチレス仕様で操作しやすいのもポイント。バッファー回路内蔵によって信号劣化を防いでいるほか、独自のオプティカルセンサーの効果でポッド劣化によるノイズ発生を防止しています。エフェクターボードで映える独特なデザインも魅力です。

ヴォックス(VOX) ワウペダル V845

同社が長年培ってきたノウハウを投入して開発されたペダルワウです。1960年代のモデル同様のオーソドックスな外装を採用。黒の塗装でクラシカルな雰囲気を演出しており、ヴィンテージデザインが好みの方におすすめのモデルです。

買い求めやすいリーズナブルな価格も魅力。はじめてワウペダルを購入する初心者にもぴったりな1台です。9V電池で駆動するほか、ACアダプターとセットになったモデルもあるのでチェックしてみてください。

ヴォックス(VOX) ワウペダル V847

世界中のギタリストに愛用されているスタンダードなワウペダルです。同社の伝統的な名機として知られているV846を再現すべく、オリジナルの金型を採用。くわえて、可変範囲を調節するペダルのラックとピニオンギア、サウンドの要であるコイルなど、細部にまでこだわって再現しているおすすめモデルです。

高品位バッファー回路内蔵により、音質が劣化しにくいのもポイント。電源アダプター対応でエフェクターボードに組み込みやすいのも魅力です。単体モデルにくわえて、ACアダプターセットも発売されています。

アイバニーズ(Ibanez) ワウペダル WH10V3

トゥルーバイパスを搭載したワウペダルです。エフェクトオフ時の原音劣化を防ぎたい方におすすめ。バッファードバイパスモードも備えており、接続するエフェクターやアンプなど求めるサウンドに合わせて切り替え可能です。

本体横に設けたスイッチでワウエフェクトの帯域を切り替えでき、ギターとベースの両方に対応。ペダルを固定してからブースト量を調節できる仕様で、ブースター的な使い方でも活躍します。また、堅牢なアルミダイキャストボディを採用した外観も魅力です。

ホットトーン (HOTONE) ワウペダル SOUL PRESSII

丈夫で滑らないと謳うペダルを搭載したワウペダルです。安心して踏みやすいミドルサイズが特徴。エフェクターボードにも組み込みやすく、スペースが気になる方におすすめのモデルです。また、チューナーを接続できる端子を備えています。

ボリュームを切り替えできるのも特徴。エクスプレッションアウト端子も個別に搭載しています。ほかにも、ペダルポジションをモニターできる、LEDインジケーターを搭載しているのも便利。暗いステージでも正確なペダルコントロールをサポートします。

エムエックスアール(MXR) MC404 CAE Wah

数多くの高品質なエフェクターを手がけている「エムエックスアール」のワウペダルです。2つのインダクターを切り替えでき、サウンドキャラクターを選択可能。ブーストスイッチを搭載しているため、ここぞという場面で効果を発揮できるおすすめモデルです。本体側面に搭載したキックスイッチにより、ブースターのオンオフを切り替えできます。

また、オペレーション状態を確認できるLEDライトを搭載。ハードワイヤーバイパスや耐久性に優れたCTSポット、Q用インターナルポットなど高品位なパーツを採用しているのも魅力です。

ベリンガー(BEHRINGER) ワウペダル HB01 HELLBABE

光学コントロールを採用したワウペダルです。メカニカルポットやスイッチが不要で、摩耗しにくい高い耐久性が特徴。周波数レンジを自由に調節できギターとベースの両方に対応しているなど、使い勝手に優れたモデルを求めている方におすすめです。

抵抗調節機能付きのスプリングバックペダル構造により、軽快なペダル操作を実現しているのもポイント。一般的なワウペダルのようにオンオフの切り替え時にペダルを踏み込む必要がない、軽い踏み心地が魅力です。

また、スウィープレンジを拡張できるFine Tuneコントローラーや、オンオフスイッチを備えたブースト機能を搭載しています。

エレクトロハーモニクス(electro-harmonix) ワウペダル Wailer Wah

クラシックなワウサウンドを実現しているワウペダルです。軽く丈夫なギヤ式の採用により、750gの軽量化を実現。一般的なモデルと比較して半分程度の軽さで、電車移動が多い方など、エフェクターボードの重さが気になる場合におすすめです。

伝統的なギヤ式モデルならではの使い心地とサウンドも魅力。スイートスポットでペダルを止める「半止め状態」にすれば、クックドサウンドも楽しめます。買い求めやすい手頃な価格も魅力です。