サックスを演奏する方にとって、大切な楽器の保管や持ち運びに便利な「サックスケース」。携帯性・強度・サイズなど、さまざまな特徴を備えた製品が展開されており、愛用するサックスに適したモノを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、サックスケースの選び方やおすすめのモデルをご紹介。各モデルの特徴も解説するので、ぜひ自分に合ったサックスケースを選んでみてください。

サックスケースの選び方

サックスのサイズやメーカーに合ったモノを選ぶ

サックスには「ソプラノ」「アルト」「テナー」「バリトン」といった種類があり、それぞれの大きさに応じたサックスケースを選ぶのが重要です。

展開するメーカーによっては、適した種類のモノでもパーツの大きさなどから対応できないサックスケースもあるので注意が必要。ケースを選ぶ際には、サックスのサイズやメーカーを確認したうえで、適したモデルかをチェックしてみてください。

サックスケースの硬さ・重さをチェック

しっかりと保護したいなら「ハードケース」

By: amazon.co.jp

強度が高く、しっかりとサックスを保護したい方におすすめなのが「ハードケース」。大きく、重量があるタイプが多く持ち運びに不便な面もありますが、硬く頑丈なので、衝撃などからサックスを保護しやすいのがメリットです。

ケース表面が頑丈なのはもちろん、内部のクッション性も優れています。移動の際も衝撃を抑え安心して持ち運ぶことが可能。また、大きくて収納力も高く、付属のパーツや小物類の保管と持ち運びにも便利です。

バランスのよい「セミハードケース」

By: amazon.co.jp

強度の高さと軽さのバランスに優れているのが「セミハードケース」。適度な硬さでサックスを保護しつつ、重量も抑えているため比較的持ち運びやすいのが特徴です。セミハードケースには、背負って持ち運べるリュックタイプなどがあります。

リュックタイプは置いた際の安定感は劣りますが、携帯性に優れているのが魅力。自宅以外の場所に持ち運ぶ機会が多い方におすすめです。

軽量で持ち運びやすい「ソフトケース」

By: amazon.co.jp

非常に軽量で持ち運びやすいのが「ソフトケース」。負担を抑えて手軽に持ち運びたい場合に適しています。ただし、柔らかい素材を採用しているモノが多いため、サックスの保護性には劣るので注意しましょう。

ハードケースやセミハードケースと併用するなど、使用する場所や状況に応じて使い分けるのにおすすめのサックスケースです。

留め具の種類をチェック

By: amazon.co.jp

留め具の種類は、保管のしやすさや持ち運び時の使いやすさを左右する重要なポイント。サックスケースに付いている留め具の種類にはジッパー式とフック式があります。

ジッパー式は、サックスケースをコンパクトにでき、スマートな印象を与えるのが魅力。南京錠などを付けてしっかりと保管しやすいのもメリットです。

フック式はスムーズに開閉が可能な反面、引っ掛かりなどで不意に開いてしまうケースがあります。そのため、バンドなどを巻き付けておくと安心です。

好みに合わせてストラップを選ぶ

By: rakuten.co.jp

サックスケース用のストラップには、肩掛けができるショルダータイプと、背中に背負えるリュックタイプがあります。ショルダータイプは背中への圧迫感や汗で蒸れが気になりにくく、リュックタイプは両手が空くので手軽に持ち運びが可能です。

また、移動の手段や距離などでストラップを選ぶのもポイント。車での移動などで持ち運びたい方はショルダータイプが便利です。長距離の移動や、徒歩、自転車などで持ち運びたい方は、リュックタイプにすると負担軽減にも繋がります。

その他の便利な機能もチェック

By: amazon.co.jp

サックスを保管したり持ち運んだりする場合には、サックスケースの収納面が充実しているモノがおすすめです。特にネックなどのパーツ収納が可能かは要チェック。ネックの収納スペースがないタイプだと、ポーチやベル内に収納しなければいけません。

ネックなどのパーツだけでなく、ほかの小物類や楽譜も収納できるタイプなら、より荷物を減らせて便利。必要なモノをまとめて管理できるのが魅力です。

また、サックスケースが自立するかも確認しましょう。保管はもちろん、電車などでの移動時に一時的に置いておく際に重宝します。

おしゃれなデザインのモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

楽器演奏者や音楽に携わる方にとって、大事な楽器はおしゃれに持ち運びたいもの。自分が気に入ったデザインのサックスケースを使用すると、気分も上がります。

サックスの保管や持ち運びで使用するサックスケースも、おしゃれなモノがおすすめ。デザイン性が高くスマートに使えるサックスケースなら愛着も深くなり、より長く大切に使えます。

サックスケースのおすすめモデル

グローバル(Global) C.C.シャイニーケースII アルトサックス用 エアロ CC2-AAS

状況に応じて使い分けたい方にもおすすめ

流線形のスマートなフォルムが特徴的なアルト用サックスケース。ハードケースながら、軽量なので持ち運びがしやすいのもメリット。留め具はフック式で、スッキリとした印象を与えます。

パッド固定式で大型ストラップのため、肩に金具が干渉せずに持ち運ぶことが可能。ホールド性が高い落とし込み式内装クッションを採用しており、収納性の高さも魅力です。

幅広いメーカーのアルトサックスの収納に対応しているのもポイント。状況に応じて使い分けたい方にもおすすめです。

ヴィヴァーチェ(Vivace) アルトサクソフォン用ケース

おしゃれなデザインにこだわる方におすすめ

高い保護性を備えるアルト用サックスケースです。外装に耐久性のあるポリカーボネート材を採用しているのが特徴。内部にはストラップが搭載されており、移動中のサックスのガタつきを抑えます。ほかにも、マウスピースとネックが収納できるスペースも備わっているため、パーツ類の持ち運びにも便利です。

カラーは、サテンブラックやワインレッドなどをラインナップ。おしゃれなデザインにこだわる方におすすめです。

ヤコブ・ヴィンター(Jakob Winter) バリトンサックスケース JW-2197CA

コンパクトながら衝撃耐性の高いケース

高性能な楽器用ケースを手掛けるドイツのメーカー「ヤコブ・ヴィンター」が展開するサックスケース。重量は4.4kgで、長さ110×奥行き26×高さ41cmと一般的なサイズよりコンパクトな仕様です。

ネックとマウスピースを収納できるスペースも内部に備わっています。ABS樹脂を採用しており、衝撃からしっかりサックスを守れるおすすめのモデルです。

ヘンリー・セルマー・パリ(Henri Selmer Paris) E♭アルトサックス用 NONAKA フライトケース

合成樹脂製の頑丈な外装で保護性能に優れる、アルト用のサックスケースです。サイズは、長さ65×奥行き17×高さ30cmと、コンパクトサイズ。重量も2.1kgと軽量で、持ち運びに便利なモデルです。

内部にはネックが収納できるスペースが設けられています。ベル内にネックを入れる必要がなく、小物類などをベルに入れて持ち運べるのもポイント。さらに、リードケースなども入れておける、フタ付きの収納スペースも設置されています。

収納性に優れたモデルを探している方におすすめのサックスケースです。

ヘンリー・セルマー・パリ(Henri Selmer Paris) E♭アルトサックス用 NONAKA 超軽量パックケース

フランスの楽器メーカー「ヘンリー・セルマー・パリ」のサックスケース。本体重量が1.4kgと軽量で持ち運びやすい、アルトサックス用のケースです。

ショルダーストラップが付いているため、持ち運びにも便利。ショルダーストラップは脱着できるので、シーンや用途に応じて使い分けも可能です。また、特殊成型の発泡スチロール素材を採用しており耐久性にも優れています。

さらに、ロック機能付きのファスナーも搭載。携帯性や、保管時の安全性を重視する方におすすめのサックスケースです。

プロテック(PROTEC) バリトンサックス用セミハードケース PB311CT

優れた撥水性と耐摩耗性を持つバリトン用サックスケース。内装には衝撃吸収シェルやソフトなライニングが用いられており、しっかりとサックスを保護します。

「Low A」と「Low B♭」管のバリトンサックスどちらにも対応。ショルダータイプのストラップも付属しているため持ち運びがしやすいのもポイントです。セミハードタイプのなかでも比較的強度の高いモノを探している方はチェックしてみてください。

バッグス(bags) アルトサックス用ファイバーケース EFAS

外装に軽量で頑丈なグラスファイバーを採用した、アルトサックスケース。重量は2.15kgと軽量。リュックストラップ付きなので、背負って持ち運びが可能です。

また、内装はコンパクト設計なため、サックスがスッキリと収納できるのもポイント。背面には、A4サイズの楽譜が収まるポケットも設けられています。さらに、ファスナーロックも搭載しているので、セキュリティ面に優れているのも魅力です。

スマートなデザインで、ブラックやブルーなどのカラーをラインナップ。自分好みのモデルでおしゃれに持ち運びたい方にもおすすめのサックスケースです。

ブロプロ(BROPRO) アルトサックスケース W700CTSX

スタイリッシュなデザインのアルト用サックスケースです。側面に設置された大きめのポケットや、背面に備わったA4サイズの楽譜が収納できる大型ポーチなど、機能面に優れているのも特徴。スワブ・リード・チューナーといったアクセサリーも収納可能です。

背面に備わっているポーチは脱着できるので、使い勝手にも優れています。内部にはサックスの保護性を高めるクッションや、ネックとマウスピースが収納できるポケットを搭載。収納ポケットにはセーフティーベルトも付属しているため、落下などによる損傷のリスクも軽減します。

また、横置きと縦置きができる足が付いており、電車などで持ち運ぶ際にもおすすめのサックスケースです。

キャノンボール(Cannonball) Tenor Sax コンパクトケース

安全性の高いダイヤルロックを搭載しているテナー用のサックスケース。高価なサックスを持ち運ぶ方におすすめのモデルです。内部には小物類が収納できるスペースを備えていたり、外部には楽譜が収納できるポケットが付いていたりするなど、収納性に優れています。

リュックのように背負って持ち運べるうえ、ショルダータイプのストラップも付属。移動手段などによって使い分けができます。

リッター(RITTER) ソプラノサックス用ギグバッグ RBS7-SO

アウトドア・バッグを取り扱うブランド「リッター」のソプラノ用サックスケースです。スリムで洗練されたデザインが特徴。外側には耐水性に優れたポリエステル素材を採用しています。また、5mmの高密度フォームや1mmのボードなどを組み合わせた、厚さ26mmのパッドが内部に搭載されているのもポイントです。

さらに、キャリーハンドルやリュックタイプのストラップが付いており、持ち運びしやすい仕様。小物類の収納や持ち運びに便利なアクセサリーポケットも搭載されています。利便性に優れたサックスケースを探している方におすすめのモデルです。

バム(bam) テナーサックス用ケース PEAK

フランスのケースメーカー「BAM」のテナー用サックスケース。外装には合皮素材が採用されており、耐摩耗性と耐水性に優れています。

収納スペースも豊富で、複数のポケットを搭載。ケース前面下部にある大きめのポケットは、楽譜やアクセサリーなどを収納可能です。

また、ストラップと背中部分には低反発ウレタンが使われているのが特徴。長時間移動の際などに身体への負担を抑えられます。おしゃれで使い勝手にも優れたサックスケースとしておすすめのモデルです。

Moon Embassy ソプラノサックスケース

耐水性に優れた1200Dオックスフォード生地を採用した、ソプラノ用サックスケース。しなやかなソフトケースで、高級感があり洗練されたデザインが特徴です。

内部には、厚さ15mmの柔らかい綿パッドが備わっており、サックスを衝撃などから保護します。また、外装にはポケットが搭載されているので、アクセサリーなどの収納にも便利。本体やポケットの留め具はジッパー式で、開閉もスムーズに行えます。

サイズは、長さ76×高さ12cmとコンパクト。ショルダータイプのストラップも付属しているなど、携帯性を重視する方におすすめのサックスケースです。