一定のテンポで音を鳴らしてくれるメトロノームは、楽器の練習をするときに欠かせないアイテムです。大人数でテンポを合わせたいときはもちろん、個人練習の際もリズム感を養うためのツールとして活躍。今回はそんなメトロノームのおすすめをご紹介します。

定番の振り子式や、機能が豊富な電子式の中からいくつかピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

メトロノームの選び方

種類で選ぶ

振り子式

By: amazon.co.jp

振り子式のメトロノームは、昔からある定番のタイプ。音でリズムが取れるのはもちろん、振り子が左右に揺れる動きでもリズムが取れるため、視覚的にテンポの確認ができます。

重力を利用するので、水平な場所に置かないと正しいリズムを刻めないというデメリットはありますが、オーソドックスで使いやすいのが特徴。また、ゼンマイの力で動作するため電池交換などが不要なのも魅力です。シンプルなメトロノームを探している方に適しています。

電子式

By: .amazon.co.jp

振り子式と異なり、電子音でリズムを刻んでくれるのが電子式のメトロノーム。主に電池で動作するため重力の影響を受けず、置き場所を選びません。

また、振り子式は長期間の使用でゼンマイなどの部品が劣化してしまいますが、電子式はその心配がないため、長く正確に使えるメトロノームを探している方に最適です。

また、電子式のメトロノームはイヤホンを差せるものが多いので、夜に練習したい方にもおすすめ。さらに、クリップタイプで服などに付けられたり、チューナー機能を搭載しているモデルがあったりとバリエーションが豊富に揃っているため、多機能で便利に使えるメトロノームを探している方は電子式を選んでみてください。

楽器に合わせて選ぶ

ピアノ

ピアノを演奏する際は、電子式だとピアノの音でかき消されてしまう場合があるため、目でテンポを確認できる振り子式のメトロノームがおすすめです。グランドピアノやアップライトピアノであれば、本体の平らになっているところにメトロノームを置けるので、正確なテンポでリズムを刻めます。

ギター

ギター用のメトロノームを探している場合は振り子式もよいですが、ピアノと異なり水平に置ける場所を探す必要があるため、コンパクトで置き場所を選ばない電子式のモデルもおすすめです。チューナー機能が搭載されているメトロノームであれば、1台でチューニングも合わせられて便利に使えます。

ドラム

ドラムの場合はメトロノームを置く場所が確保しにくいので、服などに留めておけるクリップタイプの電子式モデルを選ぶと便利です。

また、耳に装着できるイヤホンタイプのメトロノームであれば、ドラムを叩く音に埋もれずリズムがしっかり聴き取れます。ドラム用のメトロノームを探している方は、ぜひクリップタイプかイヤホンタイプをチェックしてみてください。

メトロノームのおすすめ|振り子式

ヤマハ(YAMAHA) メトロノーム MP-90

ヤマハ(YAMAHA) メトロノーム MP-90

三角錐デザインを採用しているシンプルかつスタイリッシュな振り子式メトロノーム。深みのある優しい音でリズムを刻んでくれるため、長時間聴いていても疲れにくいのが特徴です。拍子は0・2・3・4・6の5段階で切り替えられます。

本体の色がピンク・ブルー・アイボリーの場合は黒字、本体の色がブラックの場合は白字を採用することで、目盛りを読み取りやすいのも魅力。指紋が付きにくいマット仕上げが施されているため、キレイな状態で長く使いたい方におすすめです。

セイコー(SEIKO) メトロノーム スタンダード SPM320

セイコー(SEIKO) メトロノーム 振り子式 スタンダード SPM320

アンダンテやアレグロをはじめとする速度標語が目盛りに記されており、吹奏楽などの練習にも最適な振り子式メトロノーム。重量が細かく調節されたおもりを採用することで、テンポの精度が高いのが特徴です。本体側面に付いているツマミを操作すれば、拍子の設定もラクに行えます。

巻きやすい形状の巻き鍵が使われており、巻き上げるときにストレスを感じにくいのもポイント。カラーバリエーションはスカイブルー・ノアールブラック・チェリーピンクなど豊富に揃っています。

セイコー(SEIKO) メトロノーム 持ち手つき SPM400

セイコー(SEIKO) メトロノーム 持ち手つき SPM400

本体背面に持ち手が付いている振り子式メトロノーム。これにより、持ち運ぶときの落下を防げるのが魅力です。また、メトロノームの外装ケースとフタはそれぞれ耐衝撃性の高い素材が採用されているため、より安心して持ち運べます。振り子を止めておくためのストッパーが付いており、運搬時の故障を防止できるのも特徴です。

拍子は本体側面にあるツマミで簡単に切り替え可能。そのほかにも巻きやすい巻き鍵を採用していたり、針のぐらつきを防ぐための溝が掘られていたりと、セイコーのこだわりが感じられる1台です。

日工(NIKKO) メトロノーム スタンダード 221

日工(NIKKO) メトロノーム スタンダード 221

16種類の速度標語が書かれている便利な振り子式メトロノーム。鏡面風に仕上げたおもりが使われており、針の動きが分かりやすいのが魅力です。丸みがあるデザインの巻き鍵を採用しているため、巻くときに手を傷付けてしまう心配が少なく安心して使えます。

おもりが1台ずつ丁寧に調節されており、テンポの精度が高いのも特徴。また、針が揺れるときの音が聴きやすいのでしっかりとリズムを確認できます。目盛りは立体成型を採用しており摩耗に強いため、長く使える1台を探している方におすすめです。

日工(NIKKO) メトロノーム 奏 610

日工(NIKKO) メトロノーム 奏 610

矢羽根材が使われている可愛らしい雰囲気の振り子式メトロノーム。ウレタン加工が施されているので、万が一汚れてしまっても落としやすいのが特徴です。拍子の切り替えはできませんが、テンポは毎分40〜208回の範囲で調節できます。

目盛りのカバーも本体と同じ矢羽根材が採用されているので、使わないときはカバーを付けておけば、木製インテリアのようにおしゃれに置いておくことが可能です。小さめで場合もあまり取らないため、コンパクトな振り子式メトロノームを探している方はぜひチェックしてみてください。

ウィットナー(Wittner) 木製メトロノーム スーパーミニタクテル 880210

ウィットナー(Wittner) 木製メトロノーム スーパーミニタクテル 880210

マホガニー色の木材が採用されているおしゃれな見た目の振り子式メトロノーム。コンパクトなサイズなので置き場所を選びません。耳に優しい落ち着いた音が鳴るため、長時間聴いていても疲れにくいのが魅力です。アンダンテやモデラートなどの速度標語が目盛りに書かれているので、吹奏楽の練習で使いたい方にもおすすめ。デザイン性と実用性を兼ね備えたおすすめモデルです。

メトロノームのおすすめ|電子式

ヤマハ(YAMAHA) チューナーメトロノーム TDM-700G

ヤマハ(YAMAHA) チューナーメトロノーム TDM-700G

チューナー機能が搭載されており、楽器のチューニングを合わせるときにも使える便利な電子式メトロノーム。デュアル機能を駆使すれば、メトロトームとチューナーを同時に使うこともできます。視認性が高い大きめの液晶画面を採用しているのも特徴です。

0〜9の間で拍子を設定できたり、5種類のリズムが内蔵されていたりと鳴らせるリズムの種類が豊富なので、さまざまな練習シーンで活躍してくれます。

ヤマハ(YAMAHA) デジタルメトロノーム ME-110BK

ヤマハ(YAMAHA) デジタルメトロノーム ME-110BK

コンパクトで持ち運びやすいメトロノームを探している方におすすめのモデル。服やカバンのポケットなどにも入れられる手軽なサイズ感が魅力です。音量調節はダイヤル式でラクに操作できます。電子音に加えて、本体上部にあるLEDランプでリズムを刻んでくれるため、耳だけではなく目でもテンポを取りたいという方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) クリップ式デジタルメトロノーム ME-55

ヤマハ(YAMAHA) クリップ式デジタルメトロノーム ME-55

クリップタイプで服や譜面台などに付けて使える電子式メトロノーム。無段階ダイヤル式の音量調節機能を搭載しており、演奏するときの環境に合わせたボリュームで練習ができます。ボタンの配置がシンプルで操作しやすいのも特徴です。電源はCR2032型のリチウム電池に対応しており、1度の電池交換で約50時間動作します。

コルグ(KORG) メトロノーム KDM-3

コルグ(KORG) メトロノーム KDM-3

本体の前面に木材を採用することで、温かみのあるデザインに仕上がっている電子式メトロノーム。ビートパターンが18種類内蔵されているため、曲に合わせて柔軟に変えられます。シンプルな機械式のメトロノーム音をはじめ、8種類の音が収録されているのも特徴です。

搭載されているサウンドアウトモードを使えば、基準音を聴きながら楽器のチューニングを合わせることも可能。振り子式のオーソドックスなデザインと、電子式の利便性を兼ね備えたおすすめのメトロノームです。

コルグ(KORG) イン・イヤー・メトロノーム IE-1M

コルグ(KORG) イン・イヤー・メトロノーム IE-1M

耳に装着して使える小型のメトロノーム。耳元で直接リズム音が聴き取れるため、楽器を演奏しながらでもしっかりとテンポを取れます。耳のくぼみにはまるイヤーフィッターと、耳たぶに挟めるイヤークリップにより優れたフィット感を実現しているのが魅力です。

0〜9拍子のビートに対応しているほか、設定できるリズムのバリエーションが豊富なのもポイント。専用のキャリングケースが付属するため、持ち運ぶときの紛失も防げます。ドラムや管楽器など、音が大きい楽器を演奏する方はぜひチェックしてみてください。