本物のピアノのように演奏できる「電子ピアノ」。アコースティックピアノの音色と、電子楽器ならではの機能を持ち合わせたアイテムです。しかし、タッチの重さやスピーカーの数が製品によって異なるため、どれを購入すればよいのか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、電子ピアノのおすすめモデルをご紹介。選び方のコツや、電子ピアノと一緒に用意しておいた方がよいアイテムも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

電子ピアノのメリットとは?

ヘッドホン対応モデルなら騒音を気にせず練習できる

By: kawai.jp

電子ピアノは、ヘッドホンをつなげると音漏れせずに演奏できます。アコースティックピアノのように音が外へ響かないため、夜や早朝など、時間帯を問わず練習できるのがメリットです。演奏したいときに気軽に使用できます。

また、ピアノの習い始めなどでまだ周囲に聞かせたくないときにもヘッドホン対応のモノが便利です。自分だけに聞こえる状態で、思うがままに練習できます。ヘッドホンを使うと周囲の音も気になりにくくなるため、集中して練習したいときにもおすすめです。

コンパクトなので省スペースで設置できる

By: kawai.jp

電子ピアノはピアノ線や弦、響板がないため、アコースティックピアノに比べて場所を取りにくいのが特徴。大きなフレームが必要ないので、省スペースで設置できます。卓上タイプなら、机さえ用意できればピアノ専用の場所を用意することなく使用できるのもポイントです。

アコースティックピアノより軽いため、床の強度も気にせず設置できます。アコースティックピアノに近い本格的な電子ピアノでも、大人が数人いれば運べる重量感。マンションなどで使用する際にもおすすめです。

音色の切り替えやメトロノームなどの機能が使える

電子ピアノは、製品ごとにさまざまなサウンドやメトロノーム機能が内蔵されています。なかには、アップライトピアノとグランドピアノの音色を楽しめる製品も展開。オルガンやシンセサイザーの音を搭載しているモデルもあり、多種多様な音色を楽しみたい方におすすめです。

また、メトロノームを搭載している電子ピアノも多く存在します。一定のリズムで弾く練習にぴったりです。また、製品によっては3連符など、間違えやすいリズムに対応したメトロノームを内蔵している場合もあります。

電子ピアノとキーボードの違い

By: roland.com

電子ピアノはピアノサウンドに特化していますが、キーボードは鍵盤楽器に限らずさまざまなサウンドを楽しめる楽器です。

電子ピアノの場合、主な目的は「ピアノを弾くこと」です。鍵盤もアコースティックピアノに近いつくりで、しっかりとした弾き心地を得られます。音の響きや強弱の付け方も、アコースティックピアノのように演奏者のコントロール次第で変わるのが特徴です。

一方、キーボードの魅力は「手軽にさまざまなサウンドを出せること」です。鍵盤のタッチは電子ピアノよりも軽く、あまり力を入れなくてもはっきりとした音が出ます。音の響き具合や強弱の付け方もピアノと異なるため、ピアノの練習には不向きです。

キーボードは、さまざまな音を使う曲作りやバンド演奏などに向いています。また、手軽にピアノを楽しみたいなど、ピアノの練習が目的でない場合にもおすすめです。

電子ピアノの選び方

鍵盤数はアコースティックと同じ88鍵がおすすめ

By: roland.com

ピアノの練習を目的にする場合、鍵盤数が88鍵あるモデルを選びましょう。鍵盤の数が少ないと演奏できる幅も狭まってしまいます。さらに、クラシックなどの曲によっては、そもそも曲を弾くのに音が足りない事態が起こりかねません。しっかりと弾きたいなら88鍵がおすすめです。

88鍵より少ないモノを選ぶとしたら、シンセサイザーの扱いになります。本格的な練習をする予定がなく、手軽に演奏できるモノを探している方は、76鍵など鍵盤数の少ないタイプでも問題ありません。ただし、鍵盤数の少ない製品は、タッチの軽いモノが多い傾向にあります。

鍵盤のタッチをチェック

By: kawai.jp

電子ピアノには、鍵盤のタッチが重いモノと軽いモノがあります。アコースティックピアノに近い弾き心地を望むなら、重いタッチの電子ピアノがおすすめです。また、木製鍵盤にすると、より本物に近い演奏感を得られます。鍵盤が長いとよりしっかりとした弾き心地です。

軽いタッチが好ましい方は、プラスチック製の鍵盤を採用しているモデルをチェック。軽い分、木製鍵盤よりも楽に弾きやすいのが特徴です。

ペダルにも注目

By: kawai.jp

ピアノのペダルには、ダンパーペダル・ソステヌートペダル・ソフトペダルの3種類があります。電子ピアノでは、少なくともダンパーペダルが付いているモノがおすすめです。クラシック譜面などに出てくるペダルのマークは、ダンパーペダルを表しています。

ダンパーペダルは踏むと弾いた音を伸ばすのが特徴です。3種類ペダルが搭載されている場合、一番右側に設置されています。

ソステヌートペダルは、踏む直前に引いた音を響かせられるのが特徴。中央に設置されている、音を柔らかくするペダルです。ソフトペダルを使うか使わないかで、同じ曲でも印象が変わります。ただし、ソステヌートペダルは使っている方が少ない傾向にあります。

電子ピアノでは、ダンパーペダルを半分だけ踏むハーフペダルに対応していないモノが多い傾向に。より細かな表現をしたい場合は、ペダルがどのように反応するかもチェックするのがおすすめです。

同時発音数をチェック

By: kawai.jp

同時発音数とは、名前の通り最大いくつの音数を同時に鳴らせるかを表す数値のことです。最大同時発音数以上の音を一度に出すと、先に鳴っていた音から消えていきます。音数には、ダンパーペダルで伸ばしている音も含まれるのが特徴です。

例えば、ダンパーペダルで3音を伸ばしながら5音を同時に鳴らすと、8音が同時に鳴っている扱いに。複雑な曲では、ダンパーペダルで音を伸ばしつつ演奏するため、同時発音数が少ないと音が途切れてしまいます。最大同時発音数が多ければ、連弾や速い曲を弾いても音の途切れを気にせず演奏に集中できます。

ダンパーペダルをよく使う方や、複雑な曲にチャレンジしたい方は、最大同時発音数が多い製品を選ぶのがおすすめです。

スピーカーの数をチェック

By: roland.com

コンパクトなモデルやスタンダードなモデルでは、左右に1つずつスピーカーが付いているモノが多くあります。製品のグレードが上がるにつれて、スピーカーの数も増える傾向にあるのが特徴。スピーカーの数が多いと、より立体的でアコースティックピアノに近いサウンドを楽しめます。

スピーカーの多いモノはただ音が大きく聞こえるわけではなく、より響きが繊細に聞こえる特徴があります。本格的に練習をしたい方なら、スピーカーの数が多い電子ピアノがおすすめです。なるべく予算を抑えたい場合は、スピーカーが少ない製品をチェックしてみてください。

あると便利な機能

自分の演奏を確認できる「録音機能」

By: roland.com

電子ピアノ本体に録音機能が付いていると、演奏をそのまま録音できます。自分の演奏を聞き直すことで、ミスしやすいところを見つけられるのがメリット。なかには同時に複数の録音を再生できる電子ピアノもあり、曲作りに向いています。

録音形式はMP3やWAVなどがあるほか、USBメモリに保存することも可能です。パソコンに取り込めるため、複数人で演奏の共有ができます。バンドなどのグループで音楽を作りたい方におすすめです。

楽曲の再生ができる「自動演奏」や「Bluetooth接続」

By: amazon.co.jp

自動演奏とは、電子ピアノ本体に内蔵されている曲を再生する機能のことです。なかには、CDなどを読み込んで再生できるモノもあります。クラシックやポップスなど、さまざまなジャンルのピアノ曲を家で楽しめるのが魅力。曲に合わせて鍵盤が動く製品もあり、練習におすすめです。

Bluetooth接続ができると、電子ピアノの高音質なスピーカーで好きな曲を流せます。Bluetoothにより伴奏を流しながらピアノ練習をしたり、家族で音楽鑑賞をしたりと幅広い使い方が可能です。ヘッドホンをつなげれば、夜でも周囲を気にせず音楽に没頭できます。

曲調に合わせて使える「音色切り替え」

By: roland.com

音色切り替えは、電子ピアノならではの機能です。アップライトピアノやグランドピアノなど、さまざまな鍵盤楽器の音を楽しめます。弾きたい曲に合わせて音色を変える使い方がおすすめです。

電子ピアノ1台で、EDMやポップス、バンドなど、多種多様な曲作りをできるのが魅力。ピアノを曲作りにも使いたい方は、搭載された音色の数が多いモノをチェックしてみてください。

卓上タイプなら持ち運びやすい

By: korg.com

卓上タイプの電子ピアノなら、専用の置台がなくてもテーブルの上で演奏できます。マンションの高層階など、ピアノを運び入れるのは難しい場所でも持ち運びやすいのが魅力。ライブハウスなどステージ上でのパフォーマンス用としてもおすすめです。

卓上タイプはコンパクトなので、1人暮らしの部屋など設置スペースが限られている部屋でも使えます。手軽に電子ピアノを楽しみたい方にもぴったりです。

付属品をチェック

By: amazon.co.jp

電子ピアノは本体だけでも演奏はできますが、椅子やヘッドホンが付属しているとすぐに演奏することができます。別途用意するほか、最初からセットになっている製品もあるため、初心者などで初めて電子ピアノを購入する場合はセット内容をチェックするのがおすすめです。

普段からピアノを使用しており、スタンドや譜面台、椅子などが一通りそろっている方は、付属品の少ないモノを選ぶと費用を抑えられます。

なお、大型の電子ピアノを初めて購入する場合、環境によっては防音マットが必要です。付属品に含まれているか、チェックしておきましょう。

電子ピアノのおすすめメーカー

ローランド(Roland)

By: roland.com

ローランドは、電子ピアノやシンセサイザー、電子ドラムなど、電子楽器を専門に手掛けるメーカーです。長年培ってきた技術をもとに、クラシカルな電子ピアノからモダンな電子ピアノまで、幅広い製品をラインナップしています。モデリング音源を採用しているのが特徴です。

立体音響も手掛けているため、ヘッドホンを通して聞いたときの臨場感あふれるサウンドが魅力。強弱変化もしっかりと反映されるので、ヘッドホンを用いて練習することが多い方におすすめです。そのほか、Bluetoothなど電子楽器特有のさまざまな機能も搭載しています。

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

ヤマハは、国内でも有数の楽器メーカーです。アコースティックピアノ作りでは120年以上の歴史を持ち、電子ピアノにも知識や技術が活かされています。音源にヤマハのグランドピアノを採用したモデルも展開。手軽に自宅で本格的なグランドピアノの音色を楽しめるのが魅力です。

また、アコースティックピアノと同じ鍵盤アクション構造を採用したハイブリッドピアノも人気。自動演奏により、ピアノ演奏を自宅で聞けます。

カシオ(CASIO)

By: casio.com

時計や電卓、電子辞書で知られるカシオは、電子ピアノやキーボードなど電子楽器も手掛けています。電子ピアノのなかではコンパクトなモノが多く、値段もリーズナブルなのが魅力です。

スタイリッシュなデザインを採用したモデルを展開。また、デザインだけでなくサウンドにもこだわっており、シャープな音色を楽しめます。

人気の「Privia」シリーズは卓上型で、テーブルさえあれば自宅の好きな場所に電子ピアノを運んで演奏できるのがポイント。利便性が高いモノを探している方におすすめです。

カワイ(KAWAI)

By: kawai.jp

カワイは、アコースティックに近い鍵盤のタッチ感を楽しめるメーカー。タッチが重めに作られているので、なるべく本物に近い状態で練習したい方におすすめです。本格的な木製鍵盤のCAシリーズから卓上で手軽に演奏できるESシリーズまで、幅広いラインナップをしています。

サウンドは、重厚感ある低音が特徴です。ライブなどパフォーマンス向けの製品もあります。

コルグ(KORG)

By: korg.com

コルグはシンセサイザーで有名なメーカーです。電子ピアノはリーズナブルな価格で展開しており、初心者でも挑戦しやすいのが魅力。ラインナップもペダルの付いたモノから卓上型まで幅広く、サイズはコンパクト。趣味として電子ピアノが欲しい方におすすめです。

また、デザインがおしゃれなのも魅力。サウンドは、明るくパワフルな響きが特徴です。

電子ピアノのおすすめ|初心者・子供向けの安いモデル

カシオ(CASIO) Privia PX-S1100BK スタンダードセット

カシオ(CASIO) Privia PX-S1100BK スタンダードセット

コンパクトながら多機能な電子ピアノです。奥行きが232mmと小さめなので、テーブルの上や寝室のベッドなど、弾きたいときに弾きたい場所で演奏できます。使う場所を選ばない電子ピアノを探している方におすすめです。本製品は据置き型の台座がセットになっています。

操作パネルはフラットになっており、タッチで操作できる仕様です。さらに、60曲のミュージックライブラリーを内蔵。楽譜集も付属しており、初心者もすぐに曲の練習ができます。内蔵曲は、右手と左手のパートそれぞれ消して再生も可能です。自分で曲に合わせて片手ずつ練習できます。

低音域と高音域で音色を分けるスプリット機能や、2種類の音色をミックスできるレイヤー機能も便利です。幅広い演奏表現ができます。ほかに、ピアノサウンドにデジタルエフェクトをかけることも可能です。

ローランド(Roland) 電子ピアノ HP704

ローランド(Roland) 電子ピアノ HP704

アコースティックピアノに近い音を楽しめる電子ピアノです。スーパーナチュラル・ピアノ・モデリング音源を採用しており、ピアノの音が出る仕組みを忠実に再現しています。音の強弱だけでなく、パワフルな音や優しい音などの変化をリアルに感じられるのが魅力です。

ピアニストからの評価が高い「PHA-50鍵盤」を使用しています。木製と樹脂製のセンター・フレームを組み合わせ、ピアノの弾き心地と経年変化への強さを兼ね備えているのがポイント。しっかりとした弾き心地で、ピアノを普段から演奏している方にもおすすめです。ダンパーペダルは、ハーフペダルなど踏み方による音伸びの違いまで再現できます。

練習用モードを搭載しており、オーケストラ伴奏と練習したり、内蔵曲に合わせて右手と左手を別々に練習したりすることも可能です。専用アプリを使えば、毎日の練習記録も確認できます。練習を本格的に始めたい方にもぴったりです。

ローランド(Roland) Digital Piano RP701

ローランド(Roland) Digital Piano RP701

練習に便利な機能が多数搭載された電子ピアノです。ローランドのエントリーモデルで、ピアノの基本性能にこだわって作られました。初めて電子ピアノを購入する方におすすめです。スーパーナチュラル・ピアノ音源により、明るく華やかなサウンドを楽しめます。

PHA-4スタンダード鍵盤を搭載し、グランドピアノのタッチを忠実に再現。繊細な表現にも対応できるため、表現の幅が広がります。ダンパーペダルはハーフペダルにも対応し、クラシック曲の微妙なニュアンスもしっかり演奏可能です。初心者に必要な要素がそろっています。

メトロノームや録音機能も内蔵。リズム練習をしたり、自分の演奏を聞き直したりして練習曲のクオリティを上げるのに便利です。内蔵曲はジャンルが幅広く、クラシックからアニメソングまであります。さまざまな機能により、習い始めの子供がピアノ練習を続けやすいのも魅力です。

ローランド(Roland) 電子ピアノ F701

ローランド(Roland) 電子ピアノ F701

スタイリッシュなデザインの電子ピアノです。現代の住宅を意識して作られており、さまざまな部屋にマッチするモダンさが魅力。サイズもコンパクトなので、省スペースでフィットします。インテリアに馴染みやすい電子ピアノが欲しい方におすすめです。

デザインだけでなく、ピアノとしての性能にも優れています。パワフルな音から繊細な音まで幅広く再現できるスーパーナチュラル・ピアノ音源を搭載。細かな指先の表現も対応する鍵盤は、グランドピアノさながらの弾き心地です。スピーカーは豊かな響きを感じられます。

ヘッドホン・3D・アンビエンスにより、ヘッドホンを使用した際も奥行きのある立体的な音響を楽しめます。時間を気にせず、品質の高い音で練習に集中できるのが魅力です。

操作パネルはシンプルな表記で、直感的な操作ができます。そのほか、メトロノームや録音機能を搭載していることもポイントです。

ローランド(Roland) 電子ピアノ FP-10

ローランド(Roland) 電子ピアノ FP-10

コンパクトなサイズ感の電子ピアノです。小型ながらも弾き心地は本格的。ハンマー・アクションにより、アコースティックピアノのようなタッチを再現しています。センサー性能が優れており、指先の細かな表現も可能です。白鍵には象牙の風合いや触り心地を感じられる素材を採用。本物に近いピアノタッチを楽しめます。

スーパーナチュラル・ピアノ音源を搭載し、雄大な音色から穏やかな音色まで幅広いサウンドを表現できるのが魅力です。ヘッドホンを使用すれば、周囲への音漏れを気にせずピアノ演奏を楽しめます。

88鍵モデルのなかでもコンパクトなので持ち運びやすく、演奏時の場所をあまり取りません。使い勝手のよい本格的な電子ピアノを探している方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) ARIUS YDP-165

ヤマハ(YAMAHA) ARIUS YDP-165

据置き型エントリーモデルの電子ピアノです。ヤマハのコンサートグランドピアノをサンプリングし、きらびやかな高音域とパワフルな低音域を楽しめます。ヤマハのピアノサウンドが好きな方におすすめです。

「グレードハンマー3鍵盤」を採用しており、グランドピアノのタッチを再現しています。連打性に優れているため、3連符やトリルなど装飾音符も、アコースティックピアノに近い表現が可能です。ダンパーペダルは音の伸び具合を細かく調整でき、繊細な表現ができます。

「スマートピアニスト」アプリと連動でき、アプリの譜面を見ながら練習したり、ピアノの音色を変えたりできるのも魅力です。電子ピアノ本体にも、ストリングスなど全10種類のサウンドを搭載しています。曲調に合わせて、好きな音色を探せるのもポイントです。

カシオ(CASIO) Privia PX-770BK

カシオ(CASIO) Privia PX-770BK

響きを追求して作られた電子ピアノです。マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源を採用しており、グランドピアノの響きを豊かな響きを再現しています。弾き方による変化にも対応し、優しい弾き方からパワフルな弾き方まで表現可能です。

さらに、ダンパーペダルを踏んだときの倍音や共鳴音も表現しています。奥行きのある響きは、本物のピアノに慣れている方も、これからピアノ教室で習う方も、練習と本番で違和感があまりなく演奏できるのが魅力です。

鍵盤には3つのセンサーを採用しており、打鍵の速さによる音の出方の違いを逃しません。演奏性能に優れた電子ピアノが欲しい方におすすめです。自然な弾き心地を体感できます。

また、オーケストラと共に演奏できる機能も搭載。有名なカノンをはじめ、さまざまな曲と合わせて演奏できます。

カワイ(KAWAI) ES120Filo

カワイ(KAWAI) ES120Filo

フルコンサートグランドピアノの音を使用したポータブル電子ピアノです。国際ピアノコンクールでも使用されている「SK-EX」のサウンドを採用しており、壮大なサウンドを体感できます。全部で25種類のサウンドを搭載。自分好みの音を探せます。

また、レスポンシブ・ハンマー・アクション・スタンダード鍵盤を使用し、グランドピアノに近い弾きごたえを実現しているのも魅力です。

サイズはコンパクトで携帯性に優れています。バンドなど、ライブでさまざまな場所に電子ピアノを持ち運ぶ方におすすめです。

さらに、本体には100種類のリズムを搭載。多種多様な練習ができるのもポイントです。加えて、Bluetooth接続にも対応しています。最大同時発音数は192音で、基本的には音が途切れず練習可能です。

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ CN201

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ CN201

カワイの電子ピアノのなかでもベーシックなモデル。ピアノらしさを追求しており、レスポンシブ・ハンマー・アクションⅢを搭載することにより、グランドピアノのしっかりとした弾き心地を再現しています。また、鍵盤内におもりを入れ、重みのあるタッチを実現。弾き心地をこだわる方におすすめです。

2種類のフルコンサートピアノを88鍵それぞれにステレオサンプリングし、コンサートピアノならではの豊かな音色を楽しめます。音の強弱などスムーズな音色の変化を再現。そのほかに、アップライトピアノなど8種類のピアノサウンドを搭載しており、曲や気分に合わせて変えられます。

ヘッドホンを使用した際、3種類のモードからサウンドを選択できます。左右の広がりを強調したり、バランスよくしたりと、音の広がりを自分好みにできるのが魅力です。さらに、ヘッドホンの種類に応じて音質も変更できます。

コルグ(KORG) 電子ピアノ LP-180

コルグ(KORG) 電子ピアノ LP-180

シンプルで使いやすい電子ピアノです。コルグのスタンダードモデルに位置付けられています。ナチュラル・ウェイテッド・ハンマー・アクションにより高音域は軽く、低音域は重いアコースティックピアノ特有のタッチを再現。エントリーモデルとしておすすめです。

サウンドはピアノのほかにビブラフォンやパイプ・オルガンなど、10種類の音色をラインナップしています。ピアノ曲だけでなく、オルガン曲などにもチャレンジできるのがポイントです。音色の響きを変えられるリバーブやコーラスエフェクトも搭載しています。

ペダルはダンパーペダル・ソステヌートペダル・ソフトペダルの3つを備えており、幅広い表現が可能です。ハーフペダルにも対応しており、細かな表現を必要とするクラシック曲にもぴったりです。

コルグ(KORG) 電子ピアノ B2

コルグ(KORG) 電子ピアノ B2

比較的安い価格で購入できるリーズナブルな電子ピアノ。電子ピアノに初挑戦する方におすすめです。5種類のピアノサウンドをはじめとする計12種類の音色を搭載。趣味として始める方も十分に楽しめる機能を揃えています。

サウンドにこだわっており、本格的なピアノサウンドを体感できるのが魅力です。弾き心地がアコースティックピアノに近く、繊細な指先の表現もしっかりと反映します。ナチュラル・ウェイテッド・ハンマー・アクション鍵盤を搭載しており、本格的なタッチです。

USB端子やAUDIO端子を備えているため、コンピューターやスマートフォン、ヘッドホンなども利用できます。音楽制作用のアプリケーションをPCに入れておけば、電子ピアノをMIDIキーボードとしても使用可能です。曲作りもしたい方に向いています。

電子ピアノのおすすめ|中~上級者向けモデル

ローランド(Roland) LX700シリーズ LX706

ローランド(Roland) LX700シリーズ LX706

コンサート用グランドピアノのような響きを感じられる電子ピアノです。デジタルピアノのハイグレードに位置付けられており、グランドピアノの音と表現力を再現しています。電子ピアノながら、アップライトピアノの形をしているのが特徴。タッチが本物に近く、ピアノ上級者におすすめです。

ローランドが培った技術を取り入れることで、演奏方法によってさまざまに変わる音の響きを自然に表現しています。また、ダンパーペダルの踏み具合による音色の変化にも対応。細かな演奏表現もできるため、本格的な練習をしたい方にもぴったりです。

スピーカーを6基搭載しており、グランドピアノのような鳴りを感じられます。カスタマイズ機能を使えば、自分好みにピアノの音色を調整できます。

ローランド(Roland) DP603

ローランド(Roland) DP603

基本性能に優れた電子ピアノです。スーパーナチュラル・ピアノ・モデリング音源でピアノ本来の複雑な響きを再現しています。スタビライズ・ピン機構を搭載しており、指先の繊細な表現をそのまま音に変えるのが魅力。表現力豊かなピアノが欲しい方におすすめです。

奥行きは35cmとコンパクトで、フタを閉めるとフラットになるスタイリッシュなデザイン。フタは途中で手を放してしまってもゆっくり閉まるため、指を挟む心配がほとんどありません。

Bluetoothオーディオに対応し、高品質なスピーカーで好きな曲を堪能できます。デジタルならではの機能も充実しており、リスニング曲と練習曲を合わせて375曲を収録。好きな曲を片手ずつ練習したり、伴奏に合わせたりと、好みに応じた使い方ができます。

ローランド(Roland) Kiyola KF-10

ローランド(Roland) Kiyola KF-10

日本国内の大手家具メーカー「カリモク」とコラボした電子ピアノです。天然木を使用し、職人により家具調のデザインに仕上げられています。中にローランドのハイグレードな鍵盤を搭載している贅沢な仕様。電子ピアノのキャビネットまでこだわりたい方におすすめです。

インテリアに馴染むデザインはもちろん、弾くことにこだわったローランドの技術を集約しています。スーパーナチュラル・ピアノ・モデリング音源と「PHA-50鍵盤」により、グランドピアノならではのタッチと音を忠実に再現。また、鍵盤は精度が高いうえ耐久性にも優れています。

Bluetooth接続により、高音質スピーカーとしても高い能力を発揮。ピアノ演奏だけでなく、音楽を楽しむための機器としても使えます。Apple Watchなど、ウェアラブル端末との親和性に優れており、アプリからコントロールも可能です。

ローランド(Roland) FP-90X-BK

ローランド(Roland) FP-90X-BK

ハイエンドなポータブル電子ピアノです。ローランドのフラッグシップモデルとして発表されました。同社の技術を詰め込んで作られており、上位クラスのグランドピアノサウンドを再現。持ち運べるモデルのなかでもグレードの高い製品が欲しい方におすすめです。

コンサートピアノやステージピアノを8種類の音色から選択できます。音色そのものを調整できるデザイナー機能も搭載しており、音質やキャビネットの響きなど、細かい項目を自分好みに設定できるのが魅力です。演奏場所による響きの違いも設定できます。

スピーカーを4つ搭載しており、広がりのある立体的な音響を楽しめるのもポイントです。ライブパフォーマンスでも、パワフルな音でピアノの存在感をしっかりと感じられます。ヘッドホンを使用した際は、より臨場感あふれる音で演奏に集中可能です。

ヤマハ(YAMAHA) Clavinova CLP-735

ヤマハ(YAMAHA) Clavinova CLP-735

グランドピアノのような弾き心地を体感できる電子ピアノです。グランドタッチエス鍵盤を採用しており、グランドピアノ特有の手ごたえある弾き心地を楽しめます。タッチによる音色の変化を再現でき、表現の幅も広がるのが魅力。グランドピアノとなるべく同じ感覚で弾きたい方におすすめです。

電子ピアノながら、アコースティックピアノのような本格的なデザインを採用。本番でアコースティックピアノを使う場合でも、弾き心地だけでなく雰囲気の違いも感じずに演奏できます。パフォーマンスに集中しやすいのがメリットです。

グランド・エクスプレッション・モデリングにより、タッチや音の強弱による繊細なサウンド変化にも対応可能です。力強い音から柔らかい音まで、細かく表現できます。世界上位クラスのコンサートグランドピアノをモデリングしており、音質が優れているのもポイントです。

カシオ(CASIO) CELVIANO Grand Hybrid GP-310

カシオ(CASIO) CELVIANO Grand Hybrid GP-310

カシオ電子ピアノのハイグレードモデルです。ドビュッシーやリストも愛したとされるベルリン・ウィーン・ハンブルグと呼ばれる3種類のピアノサウンドを再現しています。音楽家に愛されたサウンドを好む方におすすめです。

3種類の音色はそれぞれ個性があるため、曲に応じて使い分けることで各々の魅力を引き出します。印象派から古典派、オールジャンルとさまざまなジャンルに合わせて演奏したい方にもぴったりです。なお、ベルリンサウンドはC.ベヒシュタインと共同開発されています。

12種類のホールシミュレーターを搭載しており、客席から演奏がどのように聞こえるのかを確認することが可能。演奏者側のサウンドも確認できるため、ホールでの本番前練習にも適しています。

そのほか、レイヤー機能やスプリット機能など、電子ピアノならではの機能も複数搭載。幅広い演奏スタイルに対応しています。

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ CA901

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ CA901

カワイのピアノづくりの技術とノウハウを詰め込んで作られた電子ピアノ。88鍵すべてに木材を使っているのが特徴です。独自の加工を施すことで、反りやねじれの少ない鍵盤を実現しています。加えて、シーソー式の構造を採用するなど、グランドピアノと同じような打鍵感で自宅練習をしたい方におすすめのモデルです。

音色はフルコンサートグランドピアノ「SK-EX」のSK-EXレンダリング音源システムを採用。強い音から弱い音まで、コンサートホールで弾いているかのような響きや共鳴音を実感しながら演奏を楽しめます。

106種類の音色が搭載されているほか、レッスン曲は377曲、ピアノミュージックのデモ曲は114曲とレッスン機能が充実しているのも魅力。お手本として聴いたり、右手と左手のパートを個別に再生したりとレベルに応じた使い方ができます。

ヘッドホンが付属しており、周りへの音漏れを機にすることなく練習に集中できるのもポイント。豊富な機能を使いながら演奏を楽しめるおすすめの電子ピアノです。

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ CA49

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ CA49

スタンダードな木製鍵盤の電子ピアノです。グランドピアノにも採用されているシーソー式の木製鍵盤を使用しており、グランドピアノに近いリアルなタッチで音色を表現できます。88鍵すべてをタッチの強さごとにサンプリングしているのも魅力です。

便利な「コンサートチューナーおまかせ設定」を搭載しています。鍵盤のタッチやハンマーの硬さなどを設定された10パターンが用意されており、曲や好みに応じて変更可能です。

操作パネルには有機ELディスプレイを使用しており、視認性に優れているのが特徴。画面をのぞき込まずに操作できるため、演奏途中でもすばやく設定を変更できます。

専用アプリとBluetoothで接続すれば、スマートフォンやタブレットから電子ピアノの設定ができます。Bluetoothとの接続状況は操作パネルで確認可能です。

カワイ(KAWAI) CA901EP

カワイ(KAWAI) CA901EP

カワイ電子ピアノのフラッグシップモデルです。メーカー上位クラスの木製鍵盤を使用しており、プロのピアニストも評価する弾き心地と謳っています。白鍵は象牙のアイボリータッチ、黒鍵は黒檀調のエボニータッチを採用。本格的なタッチが好きな方におすすめです。

ショパン国際ピアノコンクールでも使用されているコンサートピアノの音色をサンプリングしているため、自宅でコンサートホールのような響きを感じられます。強くパワフルな音色からささやかな音色まで表現できるのが魅力。演奏の幅も広がります。

本体は高級感のある黒塗りで艶出し仕上げです。ピアノらしい外観で、本物のアコースティックピアノを弾いているような感覚を引き出します。また、フタはうっかり手を放してもゆっくり閉まる仕様。そのほか、ペダルの位置がグランドピアノとほぼ変わらない場所に設置されているのもポイントです。

電子ピアノのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電子ピアノのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

電子ピアノにおすすめの周辺機器

EMUL 電子ピアノ用 防音マット CPT100M

EMUL 電子ピアノ用 防音マット CPT100M

電子ピアノ専用の防音マットです。演奏時の打鍵音や椅子をずらしたときなどに発生する音や振動をやわらげられます。階下へ音が響きにくいため、マンションの上階に住んでいる方におすすめです。

また、電子ピアノと床の摩擦も軽減できるため、床に傷が付いてしまうのを防げるのもメリット。電子ピアノの本体とサイズがほとんど同じなので、敷く際に余分な場所を取らずにすみます。

そのほか、ベージュカラーでさまざまな部屋に合わせやすいのもポイントです。落ち着いた雰囲気でインテリアに馴染みます。

PEACOCK フリーストップ式 ピアノ補助ペダル AX-T1

PEACOCK フリーストップ式 ピアノ補助ペダル AX-T1

子供向けのピアノ補助ペダルです。100~130cmの身長の方に対応しており、成長に合わせて高さを変えられます。補助ペダルがない状態で子供がピアノを弾くと、足がぶらつき姿勢が崩れてしまいます。補助ペダルを置くと、きれいな姿勢で練習が可能です。

なお、演奏時に高さを合わせるときは、椅子を低くするのではなく、弾きやすい位置に椅子を固定した状態で、足元の補助ペダルを調整するのがおすすめです。

EMUL 電子ピアノ用ヘッドホン SSW-HP200 MK2 011

EMUL 電子ピアノ用ヘッドホン SSW-HP200 MK2  011

電子ピアノの音質に合わせて作られている専用のヘッドホンです。タッチによる強弱の差などもしっかり聞き取れるのが魅力。軽量設計とイヤーパッドの素材にこだわっており、長時間使用した場合でも耳が疲れにくい製品です。

外装部分には金属パーツを使っていないのもポイント。電子ピアノの上に置いた場合に傷つけてしまうリスクを減らせる仕様です。また、耐久性にも優れています。ケーブルは着脱式のため本体と分けて保管可能です。ケーブルが破損した場合には交換もできます。

電子ピアノ用で、音質のバランスがよいヘッドホンを探している方におすすめです。