コンパクトサイズで設置に便利な「電子ピアノ」。ヘッドホン端子も搭載されているので、夜間時やアパートなど時間と場所を問わず練習でき、はじめてピアノに触れる子供から久しぶりにピアノをはじめる大人まで、幅広い方から人気のある楽器です。

そこで今回は、電子ピアノのおすすめ製品をご紹介。初心者におすすめのエントリーモデルから本格的な演奏を楽しめるハイグレードモデルまで、さまざまな製品をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

電子ピアノのメリット

生ピアノと比べてコンパクトかつ軽量

By: roland.com

電子ピアノのメリットのひとつが生ピアノと比較してコンパクトで軽量なこと。一般的な家庭ではグランドピアノやアップライト型ピアノを設置する際には、広めのスペースが必要になります。また、重量もあるため設置場所を移動したい場合も不便です。

電子ピアノの大きさはモデルによって異なるものの、一般的なアップライト型ピアノが高さ100cm以上なのに対して高さ70~80cm、奥行30~40cm程度と、ちょっとしたスペースにも設置可能。卓上キーボードタイプなら重さ10kgほどの軽量モデルもあり、設置場所を選ばず移動も簡単です。

音の調律が必要ない

By: roland.com

電子ピアノはデジタル回路を利用して音を鳴らすピアノ。鍵盤を押すことでデジタル回路が作動し、内蔵のスピーカーから音が出力される仕組みです。生ピアノでは最低1年に一度「調律」という、音を調節する必要がありますが、電子ピアノは調律の必要はなく、常に安定した音色で演奏できます。

ヘッドホン接続ができる

ヘッドホンを接続して演奏を楽しめるのが、デジタル回路を使用した電子ピアノならではのメリットです。生ピアノは生音を楽しむアナログ楽器であり、ヘッドホン端子はありません。また、生音のピアノを演奏する場合は防音設備を整えた部屋でなければ、騒音で周囲に迷惑をかけてしまいます。

電子ピアノならヘッドホンを接続して演奏できるため、周囲を気にする必要はありません。アパートやマンションなどに住んでいる場合や、早朝や夜間に練習したいときでも気兼ねなく練習に集中できます。また、ヘッドホンの装着に疲れた場合も、音量を落としてスピーカーから出力できるため便利です。

電子ピアノの選び方

鍵盤のタッチで選ぶ

電子ピアノは重量だけでなく、鍵盤自体も生ピアノより軽いモノが多い傾向にあります。鍵盤を叩いたときに指に伝わってくる重さは、生ピアノの方がずっしりと重く感じられるのが一般的です。

ただし、最近ではより生ピアノの鍵盤タッチに近づけた電子ピアノも登場しています。鍵盤のタッチは弾きやすさに大きく影響するため、慎重に選ぶのがおすすめです。

ピアノのレッスンに通っている方や本格的にピアノを学びたいと考えている方は、軽すぎる鍵盤に慣れてしまうと癖が付いてしまい、生ピアノが演奏しにくくなることも。一方、趣味としてとりあえず弾ければよいという方は、鍵盤の重さにこだわらず、自分にあったモデルを選びましょう。

ペダルの有無で選ぶ

By: casio.jp

電子ピアノの音色は鍵盤だけでなく、ペダルによっても変わります。ペダルは使い方によって、演奏に大きく影響するため有無を確認しておきましょう。とくに、卓上キーボードタイプのなかにはペダルを搭載していないモデルもあるので注意が必要です。

なるべくグランドピアノに近い感覚で練習したい場合は、ペダル付きのモデルがおすすめ。足が届かない子供向けに補助グッズも販売されているのでチェックしてみてください。

音色で選ぶ

電子ピアノは、録音されたピアノ音を再生することで演奏するモノです。そのため録音に使用する生ピアノの音が違うと、当然電子ピアノが発する音色も異なります。自分好みの音色が出せる電子ピアノを選びましょう。

鍵盤を叩く強さが変わると音の大きさが変わるかも重要なポイントです。表現力豊かなピアノ演奏には、タッチの強弱による変化が重要。思い通りの演奏ができるよう、電子ピアノの音色にこだわって選んでみてください。

スピーカーの数で選ぶ

By: yamaha.com

電子ピアノは搭載されているスピーカーの数によって、音の強弱や変化の具合が大きく異なるのでチェックしておきましょう。ハイグレードなモデルほど多くのスピーカーを搭載しており、グランドピアノのように上から降り注ぐような高音や、足もとから低音が響くような表現力を再現しています。

本物のピアノに近い臨場感や音場を体感したいのであれば、スピーカーを4~6個程度搭載しているモデルがおすすめです。

最大同時発音数の多さで選ぶ

電子ピアノには、いくつの音を同時に出せるかを示した最大同時発音数が決められています。最大同時発音数は少なくても64音、ハイグレードモデルであれば256音というモノもあります。

最大同時発音数は、純粋に鍵盤を叩いた数ではありません。電子ピアノは左右にスピーカーがあるので、ひとつの鍵盤を叩くと2つの音が同時に聞こえます。つまり、5個の鍵盤を叩くと発音数は10。音を伸ばすためのダンパーペダルを使用すると、伸ばした余韻の音も発音数に加わります。

最大同時発音数が少ない電子ピアノは、最初に出した音から順に消えていくのが特徴です。音が途中で切れてしまい、不自然な演奏になることも。ピアノ初心者であれば64音の電子ピアノでも十分ですが、ダンパーペダルを使用する中級者以上であれば、128音は欲しいところです。生ピアノに近い滑らかな演奏をしたい場合は、192音や256音のモノを選びましょう。

その他の機能で選ぶ

音色の切り替え機能

By: amazon.co.jp

ピアノの音以外にほかの楽器の音をサンプリングした音色やエフェクト音を出せるモデルなら、演奏の幅が広がるとともに楽しく練習できるのが魅力。曲によって音色を変えたり、ポップスやロックなどさまざまなジャンルの曲を演奏したりも可能です。

また、作曲やDTMで自宅録音する際には、ドラムやベース、ギターなどの音色を使ってのレコーディングも楽しめます。

自動演奏機能

By: amazon.co.jp

自動演奏機能の有無も電子ピアノを選ぶときにチェックしておきたいポイント。伴奏を弾いてくれるタイプのモデルなら、ひとりで練習するときでも豪華な演奏が楽しめます。練習に役立つ電子ピアノを探している場合は、有名な曲の自動演奏に対応したモデルもおすすめです。

録音機能

By: kawai.jp

演奏を録音できる機能を搭載したモデルなら、練習の成果をチェックしやすいため便利です。客観的に自分の演奏を聴くことにより、悪い癖や修正点に気付けます。とくに、指摘する人がそばにいないなど、一人で練習している方は録音したほうが早い上達を望めるのでおすすめです。

なかには、オーディオファイルに重ねて録音できる、オーバーダビング機能を搭載した本格的なレコーディングも行えるモデルもあるので、チェックしてみてください。

電子ピアノの価格相場

初心者には10万円以下のエントリーモデルがおすすめ

By: casio.jp

はじめてピアノに触れる場合は、飽きずに長続きするのか心配になることもあります。これからはじめるのであれば、購入しやすくピアノの楽しさを手軽に実感できる10万円以下のエントリーモデルがおすすめです。

最近では開発技術の進歩により、低価格なモデルでも弾き心地や音色にこだわった高品質な電子ピアノが販売されています。ピアノレッスンに通いはじめた子供の自宅練習用として扱いやすい、コストパフォーマンスに優れたモデルもあるのでチェックしてみてください。

中級者以上のレッスン用なら10~20万円程度

By: roland.com

徐々に演奏レベルが上がってくると、ワンランク上の音質や機能を搭載したモデルが欲しくなります。10~20万円の価格帯には、高機能ながら手軽に自宅で練習できるモデルも多く、中級者以上のレッスン用にもおすすめです。

また、生ピアノを手がけているメーカーのモデルを選ぶのもポイント。生ピアノの音色の再現を目指したモデルや、本格的な生ピアノに匹敵する美しい音色を奏でるモデルも販売されています。

本格的な演奏を楽しみたいなら20万円以上の高級モデル

By: casio.com

予算に余裕があり、より本格的な演奏を楽しみたい方なら20万円以上の高級モデルがおすすめ。趣味として楽しみたい方はもちろん、ピアノの演奏テクニックを突き詰めたい方にも最適です。高級モデル最大の特徴が音質のよさ。グランドピアノの音質に迫る再現性を実現しているモデルもあります。

住宅事情などにより、「本当はグランドピアノが欲しいけど電子ピアノを選択せざるをえない」という場合は、各メーカーの高い技術力を駆使して開発されたハイグレードモデルをチェックしてみてください。

電子ピアノのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

世界的に有名なメーカー「ヤマハ」。ヤマハの楽器は世界中で使用されており、ピアノの音にも定評があります。また、電子ピアノのなかでも定番人気のメーカーで、エントリーモデルからハイグレードモデルまで、ラインナップが充実しているのも魅力です。

カワイ(KAWAI)

By: amazon.co.jp

ピアノ販売で世界トップクラスのシェアを占める「河合楽器製作所」。生ピアノを作り続けているこだわりが電子ピアノにも反映されているのが特徴で、スタンダードモデルから木製鍵盤が採用されています。

ローランド(Roland)

By: roland.com

日本発祥の電子楽器メーカーで、世界的にも人気があります。ローランドの電子ピアノは、音量を調節するスイッチなどが小さな子供でも分かりやすく表記されているのが特徴。また、電子ピアノの技術はローランドからスタートしたモノが多く、電子ピアノの技術をリードしているメーカーでもあります。

コルグ(KORG)

By: korg.com

コルグはシンセサイザーやデジタルピアノを展開する、電子楽器メーカー。その楽器は世界中のアーティストからも人気です。電子ピアノはスタイリッシュでおしゃれなデザインが多いのが特徴。また、電子ピアノならではの機能が多く盛り込まれているのも魅力です。

カシオ(CASIO)

By: casio.jp

電卓で有名な電機メーカー「カシオ」。電子ピアノの質感やグレードは価格以上に高いモノが多く、電子メーカーのデジタル技術が惜しみなく注ぎ込まれています。とくに、タッチの強さに応じた発音を再現できる技術に優れており、生ピアノのような繊細な演奏が可能です。

電子ピアノのおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) 電子ピアノ Clavinova CSP-170PE

ヤマハ(YAMAHA) 電子ピアノ Clavinova CSP-170PE

ピアノ譜面の自動作成機能を搭載した電子ピアノです。スマホやタブレットに無料アプリをダウンロードすれば、収録している好きな曲のピアノパート譜を自動で作成し、曲に合わせて演奏を楽しめます。ランプによって弾く鍵盤と打鍵のタイミングがわかるので、譜面が読めない方にもおすすめのモデルです。

さまざまな楽器の音色で演奏でき、自動伴奏機能も搭載。ポップスやロック、ジャズ、ボサノバなど多彩なジャンルに対応しています。マイクを接続して弾き語りを楽しめるほか、録音も可能。最大16トラックの同時再生に対応しており、本格的なレコーディングも可能です。

ヤマハ(YAMAHA) 電子ピアノ ARIUS YDP-164R

ヤマハ(YAMAHA) 電子ピアノ ARIUS YDP-164R

基本機能の充実したヤマハ電子ピアノのスタンダードモデルです。高低を調節できる椅子が付属しており、子供のレッスン用としておすすめ。ヤマハ最高峰グランドピアノ「CFX」の響きをサンプリングしており、力強くきらびやかな音色と豊かな低音が特徴です。

独自センサーで鍵盤の動きを感知する「グレードハンマー3鍵盤」により、グランドピアノのような演奏を楽しめるのも魅力。ヘッドホンを装着してもピアノ本体から音が鳴っているような聴き心地を実現する「ステレオフォニックオプティマイザー」を搭載しており、夜間の練習も快適に行えます。

ヤマハ(YAMAHA) 電子ピアノ ARIUS YDP-S54

ヤマハ(YAMAHA) 電子ピアノ ARIUS YDP-S54

モダンなデザインでインテリアとも調和しやすい電子ピアノ。シンプルながらもヤマハ最高峰グランドピアノ「CFX」の音をサンプリングした、本格的な音色を楽しめるおすすめモデルです。3本ペダルを搭載しているほか同時発音数192音で、ペダルを多用する曲や音数の多い曲でも自然な響きで演奏できます。

ダンパーペダルの共鳴音の深さを変えられる「ダンパーレゾナンス」や、押さえている鍵の弦の共鳴を再現する「ストリングレゾナンス」など、リアルなピアノ音も魅力。そのほか「グレードハンマー3」を搭載しているため、グランドピアノのような弾き心地が得られます。

ヤマハ(YAMAHA) 電子ピアノ Pシリーズ P-515

ヤマハ(YAMAHA) 電子ピアノ  Pシリーズ P-515

弾きごたえのあるグランドピアノのようなタッチを体感できる、木製鍵盤を搭載した電子ピアノです。ヤマハ「CFX」とベーゼンドルファー社「インペリアル」の2種類の音をサンプリング。よりリアルなタッチ感を実現する「エスケープメント機構」を搭載しているなど、本物のグランドピアノのような演奏を楽しめるモデルを探している方におすすめです。

スタイリッシュなデザインながら、2WAYスピーカーの搭載でパワフルなサウンドを出力。独自の音響技術「ツイステッドフレアポート」により、ノイズの少ない迫力のある低音サウンドも実現しています。

無料アプリ「スマートピアニスト」で直感的に操作できるのも便利。スマホやタブレットで音色設定などを操作できるほか、内蔵曲の譜面表示やコード譜の自動作成に対応しており、アンサンブルや練習に役立ちます。

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ Concert Artist SERIES CA58R

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ Concert Artist SERIES CA58R

カワイの最高峰グランドピアノ「SK-EX」と、フルコンサートグランドピアノ「EX」の音をサンプリングした高級モデルです。弱打から強打までグランドピアノのスムーズな音色変化を再現。グランドピアノのさまざまなパーツの共鳴音を再現する機能「アコースティックレタリング」を採用しているなど、本格的なモデルを求めている方におすすめです。

グランドピアノの音場を再現した上面放射スピーカーを採用。下方向のウーファーを加えた4つのスピーカーにより、リアルな表現力を楽しめます。Bluetooth接続でiOSデバイスとワイヤレスで接続できるのも特徴。「カワイデジタルピアノアプリ」を使用すれば、調律師がチューニングしたかのような弾き心地を楽しめる「コンサートチューナー」など、さまざまなアプリを利用できます。

USBポートを設けており、WAV形式やMP3方式で演奏の録音も可能。お気に入りの曲を再生しながら演奏を楽しめるほか、オーディオファイルに重ねて録音できるオーバーダビングやラインイン録音など、本格的レコーディングも行えます。

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ CN29A

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ CN29A

タッチ・音・機能にこだわって開発された電子ピアノです。グランドピアノの弾き心地を再現する高性能鍵盤「レスポンシブ・ハンマー・アクション3」を搭載。木製鍵盤に近いタッチ感で繊細な演奏表現ができます。

最高峰グランドピアノ2種類の音をサンプリングしており、好みの音色を選択することも可能。音響メーカー「オンキヨー」と共同開発した回路基板とスピーカーにより、生ピアノ本来の美しい響きを奏でます。

視認性に優れた有機ELディスプレイは、鮮明でさまざまな角度から見やすいのが特徴。ピアノ上達に役立つ練習曲を豊富に収録しているなど、ピアノをはじめる方におすすめのモデルです。

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ ES8

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ ES8

設置スペースに困っている場合に最適な卓上キーボードタイプの電子ピアノ。自宅での練習やステージでの演奏など、さまざまなシーンで使いたい方におすすめのモデルです。引っ越しで設置スペースを確保できた場合には、別売りの固定式専用スタンドを使って据え置きタイプとして使用できるほか、ペダルユニットも取り付けできます。

最高峰グランドピアノの音色をサンプリングしており、リアルなピアノ音を楽しめるのもおすすめポイント。ホールの響きを再現する「リバーブ」やペダルの共鳴効果「ダンパーレゾナンス」など、生音での演奏に近い雰囲気を出せる機能も搭載しています。

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ ES110

カワイ(KAWAI) 電子ピアノ ES110

木製鍵盤のタッチを実現する「RHS鍵盤」を搭載した、卓上キーボードタイプの電子ピアノです。エントリーモデルながらグランドピアノのような上質な弾き心地を実現。重さ12kgの軽量モデルで外部スピーカーやミキサーを接続できる出力端子も備えており、ステージ演奏やバンド練習など持ち運びながら使いたい方におすすめです。

スイッチ類を少なくしたシンプルな外観も特徴で、初心者の練習用としても最適。別売りの専用スタンドとペダルユニットを装着して据え置きタイプとしても使用できます。専用アプリを活用すれば、さらに楽しみ方を広げられるのも魅力。スマホやタブレットからコンサートチューナーの設定などが行えるのも便利です。

ローランド(Roland) 電子ピアノ HP704

ローランド(Roland) 電子ピアノ HP704

エレガントな前脚や曲線デザインが印象的な電子ピアノ。リビングに設置してもインテリアの雰囲気を損なわない、高級感のあるモデルを探している方におすすめです。カラーはダークローズウッド調・ライトオーク調・ホワイト・黒塗鏡面艶出し塗装仕上げの、4カラーをラインナップしています。

木材と樹脂によるハイブリッド構造の鍵盤を採用。本物のグランドピアノのようなタッチ感を実現しながらも、耐久性に優れているのが特徴です。ダイナミックレンジの広いスピーカーを4つ搭載しており、クリアで迫力のあるサウンドを出力しているのもポイント。グランドピアノさながらの奥行きのある音場感を楽しめます。

ローランド(Roland) 電子ピアノ RP501R

ローランド(Roland) 電子ピアノ RP501R

音色やタッチ、ペダルなど基本性能にこだわって開発された電子ピアノです。グランドピアノの特性を追求した、豊かな表現力と自然な減衰音が特徴。新開発のスピーカーにより、伸びやかで艶やかな音色を実現しています。

テンポや拍子を自由に変更できるメトロノームを内蔵しており、練習用としても最適。演奏を録音できるレコーダー機能も備えています。クラシカルなピアノ音のほか、300音以上の楽器音や約70種類ものリズムを内蔵しているなど、初心者が楽しく練習できる機能の充実したおすすめモデルです。

ローランド(Roland) 電子ピアノ FP-10

ローランド(Roland) 電子ピアノ FP-10

コンパクトながら88鍵盤を搭載した卓上キーボードタイプの電子ピアノです。上位モデルにも採用されるハンマーアクション鍵盤は、本物のグランドピアノのようなタッチ感を実現しています。横幅1284×奥行258mmで場所をとらずに設置できるのもポイント。住宅事情により、据え置きタイプを置けない場合におすすめのモデルです。

メトロノームなど練習に便利な基本機能が充実しているのも魅力のひとつ。鍵盤を2つに分けて2人で一緒に演奏できるツインピアノ機能も搭載しており、家族で楽しめます。Bluetooth MIDI接続でオリジナル無料アプリを活用すれば、スマホやタブレットで利用できるのも便利。リモコン感覚で本体の設定や操作ができるほか、内蔵曲の譜面表示や音あてゲームも楽しめます。

コルグ(KORG) 電子ピアノ LP-380

コルグ(KORG) 電子ピアノ LP-380

低価格ながらコルグ最高峰の「RH3鍵盤」を搭載した、コスパに優れた電子ピアノ。連打性能の改善により、心地よいタッチ感を実現しています。従来モデルより約5kg軽量化したスリムなデザインで、狭いスペースに設置したい場合におすすめのモデルです。

また、新設計の高出力アンプと大口径スピーカーにより、リアルなピアノサウンドを再現しているのも魅力のひとつ。タッチの強さで音の出方を3段階で設定できるキータッチコントロール機能も搭載しています。LINE OUT端子を設けており、アンプ付きスピーカーや録音機器との接続も可能です。

コルグ(KORG) 電子ピアノ D1

コルグ(KORG) 電子ピアノ D1

奥行き約26cmのコンパクトボディを採用した、卓上キーボードタイプの電子ピアノです。持ち運びに便利なコンパクトサイズのダンパーペダルが付属。さらに、譜面立てやヘッドホンも付属しているなど、自宅での練習からステージまでさまざまなシーンで活躍するおすすめモデルです。

グランドピアノと同レベルの弾き心地を再現したRH3鍵盤を採用しているほか、コンサートピアノとグランドピアノ、ジャズピアノの3種類の音色を忠実に再現。ダンパーペダルを踏み込んだときの弦の共鳴を再現する「ダンパーレゾナンス」も搭載しているなど、リーズナブルなモデルながら高音質な演奏を楽しめるのも魅力です。

カシオ(CASIO) 電子ピアノ Privia PX-770

カシオ(CASIO)  電子ピアノ Privia PX-770

スリムでスタイリッシュなボディを採用している電子ピアノです。搭載されたペダルは、グランドピアノの共鳴音や動作をシミュレートしているのが特徴。グランドピアノのような奥行きのある響きで演奏できるので、ペダルの踏み方もしっかりと練習したい初心者におすすめです。

グランドピアノのような弾き心地にこだわって開発されており、3つのセンサーで打鍵を感知する「3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤2」を搭載。さらに、音域ごとに異なる発音タイミングの違いを再現するなど、徹底的にグランドピアノの特性をシミュレートしている魅力的なモデルです。

カシオ(CASIO) 電子ピアノ CELVIANO AP-700

カシオ(CASIO)  電子ピアノ CELVIANO AP-700

「ベルリン・グランド」「ハンブルク・グランド」「ウイーン・グランド」の3つのピアノ音を1台に集約した電子ピアノです。響きを徹底的に追求した先進テクノロジー「マルチ・ディメンショナル・モーフィングAir音源」により、時間経過による響きの変化まで再現。本格的なグランドピアノの音色を堪能できるおすすめモデルです。

オーケストラの生演奏をオーディオデータに収録しているのにも注目。本物のオーケストラと共演している気分で演奏できます。30W+30Wの2WAY6スピーカーにより、包み込まれるような臨場感と豊かな音場を実現。世界的に有名なコンサートホールの音響特性を再現した「ホールシミュレート」も内蔵しているなど、上質な演奏を楽しめる機能が充実しています。

カシオ(CASIO) 電子ピアノ CDP-S100

カシオ(CASIO)  電子ピアノ CDP-S100

ACアダプターのほか、単3形アルカリ乾電池6本でも駆動する電子ピアノです。88鍵盤でスピーカーも搭載しながら、奥行きわずか232mmの最小クラスのコンパクトサイズが魅力。重さ約10.5kgで持ち運びしやすい重量なので、手軽にさまざまな場所で演奏したい方におすすめです。

グランドピアノをはじめ、高品位な10種類の音色を内蔵。弾き方の強弱で音色の繊細な違いを表現することも可能です。スマホやタブレットと連携して各種設定などをアプリ上で行えるほか、PDF楽譜ビューワーも利用できます。