子供がピアノを練習する際に、足もとに設置する「ピアノ補助ペダル」。ペダルに足が届かなくても高さを補えます。また、足がブラブラせず安定するほか、正しい姿勢が身につきやすくなるのが魅力です。

ひと口にピアノ補助ペダルといっても、機能や高さ調節の範囲などバリエーションはさまざま。そこで今回は、おすすめのピアノ補助ペダルをご紹介します。

ピアノ補助ペダルとは?

By: rakuten.co.jp

ピアノは大人も子供も同じサイズの楽器を使用するため、子供のうちは足がペダルに届かないことも。また、足がブラブラと宙に浮いてしまい、演奏に集中できなくなる場合があります。

ピアノ補助ペダルは、ペダルに足が届かない子供でも高さを補えるアイテム。小さいうちからペダリングの練習ができるため、演奏に幅を持たせられます。

足の置き場所が定まって演奏に集中しやすくなるのもポイント。また、演奏時の正しい姿勢が身につきやすくなる効果も期待できます。

ピアノ補助ペダルの選び方

子供の身長に合ったモノをチェック

By: yamaichimokken.co.jp

ピアノ補助ペダルを購入する際に、まずチェックしたいのは子供の身長に合っているかどうか。台が低すぎると足が届きませんが、逆に高すぎると使いづらく、姿勢が崩れてしまいます。

目安としては、身長110cmまでの子供には高さ26cm程度まで対応しているピアノ補助ペダルがおすすめ。身長が120cmほどまで伸びれば、高さ22cm程度までのピアノ補助ペダルでも対応可能です。

ただし、ピアノを置いている環境によっても、適切な高さは異なります。あくまで目安としてチェックするのがおすすめです。

細かな高さ調節ができるモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

ピアノ補助ペダルを長く愛用するためにも、高さ調節ができる製品を選ぶのがおすすめ。なかでも、子供の身長に合わせてきめ細かく対応できる、無段階調節ができるピアノ補助ペダルが便利です。高さ調節の方法は、サイドについているハンドルを回すネジ式やフリーストップ式があります。

なお、ハンドルを回す方式の場合、ハンドルが片側のみのモノと両側にあるモノが存在。両側についているモノの方が、両手を使ってよりスムーズに高さを調節できるので、あわせてチェックしてみてください。

演奏のしやすさをチェック

By: yamaichimokken.co.jp

ピアノ補助ペダルを選ぶ際は、演奏のしやすさを確保するためにも、しっかりと重量があるタイプがおすすめ。安定感があり、踏み込んでもズレにくいため快適に演奏できます。また、幅が広いモノであればより安定した状態で演奏可能です。

ピアノ本体に取り付ける「ペダル押さえ」にも注目。もし使用中にペダル押さえが外れてしまうと、ペダルの効果が生かせなくなるため演奏が台無しになってしまいます。

ペダルを実際に踏み込んだときのように、斜めに押さえ込む「スラント方式」のモノは外れにくいのが特徴。スムーズなペダル操作ができます。また、軽い力で踏み込めるため、子供でもペダリングしやすいのが魅力です。

持ち運びしやすさをチェック

By: itomasa.co.jp

レッスンや発表会など、家以外での演奏の際にピアノ補助ペダルを持ち運ばなければならない方は、持ち運びやすさもチェックしておくと安心。重量が軽めのモノを選ぶと、持ち運びの際の負担が軽減できます。

軽いピアノ補助ペダルだと安定感は劣りますが、一方の重いピアノ補助ペダルだと持ち運びが大変。メリット・デメリットを把握したうえで選ぶのがおすすめです。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

ピアノ補助ペダルを選ぶ際には、デザインにも注目してみましょう。ピアノは黒いモノが多いので、ピアノ補助ペダルも黒いモノが主流ですが、なかにはあたたかみのある木のデザインを選べる製品や、爽やかなホワイトカラーの製品もあります。

自宅のピアノのデザインに合ったピアノ補助ペダルを選ぶと、統一感のある空間を演出できるのでおすすめです。

ピアノ補助ペダルのおすすめ

吉澤 ピーコック ピアノ補助ペダル AX-100α

音楽関連製品を製造・販売する「吉澤」のピアノ補助ペダル。幅が約44cmとワイドで、安定感があるのが魅力です。高さは約13~23cmの間で調節可能。無段階に変えられるため、子供の身長に合わせやすいのが特徴です。両サイドに大きくて持ちやすいハンドルがついており、スムーズに高さの調節ができます。

ペダルにしっかりフィットする、L字型のペダル押さえを採用しているのもポイント。斜め下にスライドするのでペダルに力が加わりやすく、スムーズなペダリングが可能です。

ペダル押さえを固定するネジが長めで、ピアノ本体へ取り付けやすいのも嬉しい点。カラーはブラックとウォルナットの2種類を展開しており、ピアノの色と合わせられます。レザー張りで高級感があるピアノ補助ペダルです。

吉澤 ピーコック ピアノ補助ペダル AX-T1

高さを約14~23cmの間で変えられるピアノ補助ペダル。無段階に調節できるので、子供の身長に合わせやすいのが嬉しいポイントです。高さ調節がスピーディにできるフリーストップ式で、頻繁に高さを変える必要のあるピアノ教室にも適しています。

アップライトピアノにも、グランドピアノにも対応可能。重量は約8kgとしっかりした重みがあるため、踏み込んでもズレにくく安定感のあるピアノ補助ペダルです。

吉澤 ピーコック ピアノ補助ペダル SP-D

14.5~23.5cmの間で8段階の高さ調節ができる、ラック式のピアノ補助ペダル。無段階調節と異なり、決まった高さに設定しやすいのが魅力です。ペダルが非常に軽いのも本製品の特徴。踏みやすいのでしっかりとペダリングの練習ができます。

重量は約7kg。ペダルを踏んでもグラグラしたりズレたりしにくく、安定感がある使い心地のピアノ補助ペダルです。

山一木研 ピアノ補助ペダル M-60R

By: yamaichimokken.co.jp

昭和60年にムツミ木工製作所が開発した製品を、山一木研が継承して進化させたピアノ補助ペダル。幅が約40.5cmとワイドで、安定感があるのが魅力です。

本製品の特徴は、ペダルの下に透明なアクリル窓がある点。透明窓からピアノ本体のペダルが見えるため、ペダル押さえをスムーズにセッティングできます。高さは13.5~26cmの間で調節が可能。両サイドのハンドルを回すだけで簡単に高さを変えられます。

ペダル押さえは外れにくいスラント方式で、軽くスムーズに踏み込めるため、小さな子供でも使いやすいのが魅力。重量は約6.4kgです。

イトマサ(ITOMASA) ピアノ補助ペダル P-33

幅約42cmとワイドな作りで、演奏中も足が安定しやすいピアノ補助ペダル。高さは約13.7~23.3cmの間で無段階に調節できるため、身長にぴったり合わせて使用できるのが魅力です。ベストな高さを把握しやすいメモリーシールがついています。

高さの調節はハンドルを回すだけと簡単。両サイドについているため、どちらからでも高さを調節できます。2条ネジを使用しており、スピーディに変えられるのもポイント。本体の表面は塩ビレザー張りで、踏み心地が優しいのが特徴です。

イトーシン ピアノ補助ペダル Queen

ペダル押さえが2種類ある、画期的なピアノ補助ペダル。ショートタイプの場合は約12~17cm、ロングタイプの場合は約14.5~22cmと幅広い高さ調節ができます。両サイドについたハンドルを回すだけなので、調節が簡単。スムーズかつスピーディに高さを変えられます。

ペダルには特殊メカニズムを採用し、スムーズな踏み心地を実現しているのが特徴。サビ止め加工が施されているため、きれいな状態をキープできるピアノ補助ペダルです。

甲南 ピアノ補助ペダル KP-DXF

ハンドルを回すだけで、スムーズに高さ調節ができる「フリーストップ方式」を搭載したピアノ補助ペダル。好きな高さまで回してハンドルをロックするだけで、簡単に使えます。高さは14~22.8cmの間で調節可能。サイドに目盛りがついているため便利です。

ペダル押さえには、軽い力で踏み込めるうえ外れにくいスラント方式を採用。小さな子供でも、無理なくスムーズなペダリングができます。

ピアノが傷つかないようにゴムのストッパーがついていたり、ペダル押さえが回転しないよう固定金具がついていたりと、細かい部分まで配慮されているのもポイントです。

甲南 ピアノ補助ペダル KP-W1

幅41×奥行36cmとワイドなサイズのピアノ補助ペダル。重量は8kgで、しっかりとした重みがあります。高さは約14~23.5cmの間で調節が可能。ハンドルは両サイドについています。

調節しやすい目盛りがついているのもポイント。ペダル押さえは、ペダルを斜めに押し込むスラント方式を採用しています。

ペダル押さえがアーク状に丸みを帯びているのも特徴。使用中に外れにくいうえ、軽い力で踏み込めます。小さい子供のペダル練習にぴったりのピアノ補助ペダルです。

Soarun ピアノ補助ペダル

つややかな質感の本体と、ゴールドのペダルが高級感のあるピアノ補助ペダル。比較的リーズナブルな価格なので、子供が成長するまでの短期間使用したい方に適しています。4種類のカラーバリエーションを展開しており、ピアノの色に合わせて統一感を出したい方にもぴったりです。

高さは14~28cmまで調節可能。両サイドにあるハンドルを回すだけで簡単に高さを変えられます。また、本体は高硬度の樹脂を採用。コーナー部分は丸く整えられています。