キーボードを固定しておくのに便利な「キーボードスタンド」。音を奏でる楽器ではないものの、演奏中の安定感や、ライブでの見栄えなどを左右する重要なアイテムです。

そこで今回は、おすすめのキーボードスタンドをご紹介。キーボードスタンドの種類や、選ぶ際の注目ポイントについても解説しています。大切なキーボードを支えるために、ふさわしいキーボードスタンドを選んでみてください。

キーボードスタンドの選び方

形状で選ぶ

簡単にセッティングできる「X型」

By: e-casio.co.jp

X型は、前から見たとき、アルファベットの「X」のような形に見えるキーボードスタンドです。比較的軽く、簡単にセッティングできるのが特徴。シンプルな構造で折りたたみも素早くでき、コンパクトに収納可能です。

一方、X型のキーボードスタンドは軽く、キーボードとの設置面が狭いため、重量のあるキーボードを乗せるとやや不安定です。また、軽いキーボードを乗せた場合でも、高めにセッティングするとグラつくことがあります。

X型のキーボードスタンドは、軽くコンパクトなキーボードを乗せる方や、座って演奏する方などにおすすめ。持ち運びやすいので、スタジオでの使用や、ライブ演奏などで便利です。

なお、X型のキーボードスタンドには、支える部分が1本でできている「シングルレッグ」と、2本の支柱を持つ「ダブルレッグ」の2種類があります。高めにセッティングする場合などは、より安定感のあるダブルレッグのモデルを選びましょう。

安定感重視なら「Z型」

By: rakuten.co.jp

Z型は、横から見たときに、アルファベットの「Z」に見えるキーボードスタンドです。安定感に優れているのが特徴。重量のあるキーボードを乗せる方や、高めでセッティングする方におすすめです。

また、立って演奏する際も安定しているため、演奏中も自由に動けます。さらに、Z型のキーボードスタンドは、構造上足元のスペースが広く、フットスイッチやペダルを使いたいときにも便利です。

ただし、Z型のキーボードスタンドはかさばりやすく重量があるので、持ち運ぶ際にやや手間がかかります。ライブ会場やスタジオの据え置き型としておすすめです。

足元が広く使える「テーブル型」

By: amazon.co.jp

テーブル型は、テーブルの形をしたキーボードスタンドです。安定感を最も重視する方におすすめ。比較的高価ですが、楽器との設置面が広く、4本の脚でしっかりと支えるため安定します。重量がある88鍵キーボードなどを使う方にもおすすめです。

折りたたみもでき、持ち運びの際も便利。しかし、重量があり、ややかさばるため、頻繁に持ち運ぶ場合は注意しましょう。基本的にスタジオやライブ会場、自宅などでの据え置き型として使うのがおすすめです。

また、テーブル型のキーボードスタンドは、高さ調節の幅が限られています。基本的に、座って演奏する方におすすめ。足元のスペースが広いためペダルなどを置きやすく、演奏後は椅子などを収納できます。

その他タイプ

By: amazon.co.jp

主なキーボードスタンドは、X型・Z型・テーブル型の3種類です。しかし、ほかにもライブでのビジュアルを意識したモデルや、2台以上のキーボードをセッティングできるモデル、コンパクトなモデルなど、さまざまなタイプのキーボードスタンドがあります。

なかでも複数台設置できるモデルは、37鍵や49鍵など、小型のキーボードを補助的に使う場合にも便利。また、後々に台数を増やせるモデルもあります。上達した段階でキーボードを増やしたい場合など、上達レベルに合わせて使用可能です。

キーボードの安定感やスペックも重要ですが、ライブ用などとして使う場合はデザインも重要なチェックポイント。とくに個性を出したい方は、ステージ映えしやすいデザインのモデルも検討してみてください。

スペックで選ぶ

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

「耐荷重」とは、キーボードスタンドが耐えられる重さのことです。例えば、耐荷重30kgの場合、30kgまでのキーボードが使用できます。とくに重量のあるキーボードを置く場合は、耐荷重に注目して選びましょう。キーボードスタンドに耐荷重より重いモノを乗せると、転倒や破損などの恐れがあります。

また、キーボードは鍵盤を指で押さえて弾く楽器です。さらに、キーボードの上には、スコアなどを置く場合もあります。キーボードの重さと耐荷重が丁度のモノよりも、少し余裕を持って選ぶのがおすすめです。

サイズや重さをチェック

By: pixabay.com

キーボードスタンドを選ぶ際は、サイズや重さもチェックしておきましょう。とくによくスタジオやライブ会場などへ持ち運びする機会が多い方は、軽量でコンパクトに折り畳めるモノなら、積み込みや積み下ろしが楽にできます。

また、自宅やスタジオなどで据え置き型として使う場合も、サイズはチェックしておきましょう。設置予定場所に収まるか、使わないときの収納スペースは十分かなど、確認しておくことが大切です。

特定のキーボード専用のモデルもあるので選ぶときに注意

キーボードスタンドのなかには特定のキーボード専用に設計されたモデルもあります。専用設計のモデルは安定感に優れているため、特定のキーボードのみを使用している方は、専用のキーボードスタンドをチェックしてみるのがおすすめです。

一方、専用設計のキーボードスタンドの場合、買い替えなどで別機種に変えた場合は使用できなくなります。キーボードの買い替えを検討中の方や、さまざまなキーボードを使う予定のある方には、汎用性のあるキーボードスタンドがおすすめです。

キーボードスタンドのおすすめ

グラビティー(Gravity) Keyboard Stand X-Form Single KSX 1 GKSX1

軽量なX型のキーボードスタンドです。シングルレッグですが、耐荷重が55kgあるので、重量のあるキーボードの使用も可能。キーボードとの接地面に付けられる、鮮やかなカラーのラバーによって、安定感がキープできるだけでなく個性も出せます。

また、高さ10〜90cmまでの調節が可能。立って演奏する場合にも便利です。床に座った演奏にも対応しているため、琴などのスタンドとしても役立ちます。

さらに、床面に接するラバーフットのうち、1カ所を「Varifoot」に交換可能。グラ付きを補正でき、安定感のよさからも人気があるモデルです。

ヘラクレス(HERCULES) ダブルX キーボードスタンド KS120

X型でダブルレッグタイプのキーボードスタンドです。耐荷重が100kgあり、安定感があります。高さは53〜99cmまで5段階で調節可能。座ったり立ったりと、幅広い演奏スタイルに合わせて使えます。

さらに、簡単に高さ調節できる「EZ-Lokシステム」を採用。スタンドを開閉するだけで高さ調節できます。ゴム足で高さ微妙な調節もでき、ぐらつきのストレスを軽減したい方にもおすすめです。

また、ラバーキャップの一部にスタビライザーキャップを採用。キーボードのがたつきを調節できます。キーボードを叩きつけるようなパフォーマンスでも安定。5.4kgとやや重さがあるため、据え置き型としても人気があるモデルです。

ヘラクレス(HERCULES) X型2段キーボードスタンド KS210

X型で2段タイプのキーボードスタンドです。独自構造の「EZ-LOK」を採用しており、時計のようにネジを回すだけで高さ調節できるのが特徴。1段目の高さ調節に比例して、2段目も調節できます。

高さは、1段目が62〜96cmまで、2段目は1段目にプラスして、19.8〜30cmまでの4段階調節が可能。下段は80kg、上段は45kgまでの重さに耐えられます。

重量は8.6kgと重いため、据え置き型としておすすめです。折りたたみでき、使わないときはコンパクトに収納できます。上部のストッパーを使えば、奥行きも調節可能。シンセサイザーやミニキーボードなどを乗せる方にもおすすめです。

ローランド(Roland) Keyboard Stand KS-10Z

Z型のキーボードスタンドです。88鍵のキーボードも乗せられる大型。最大100kgまでの重さに耐えられます。高さは64〜91cmの間で7段階調節が可能。幅も60〜90cmの間で8段階調節ができ、さまざまなサイズのキーボードと合わせられます。

スプリング式のレバーを採用しているため、高さや幅の調節も簡単です。また、9.8kgと比較的重めのモデルですが折りたたみ可能。ライブ会場などへの搬入も手軽にできます。

カシオ(CASIO) キーボード・ピアノ用スタンド CS-4B

シンプルで安い、テーブル型のキーボードスタンドです。カシオのキーボード専用に設計されたモデル。サイズは69.7×69.6×57.0cmで、座って使用する際に便利です。足元にスペースがあるため、フットペダルなども置けます。

1人でも簡単に組み立て可能。キーボード本体底面のねじ穴を使って固定するので、鍵盤を強く叩いてもズレたりガタついたりせず安定感があります。

ディコン オーディオ(Dicon Audio) 4本脚型 キーボードスタンド KS-060

折りたたみもできるテーブル型のキーボードスタンドです。折りたたみ時のサイズは71×39cmとコンパクト。使わないときは家具の隙間などに収納できます。

また、折りたたみ式ですが、耐荷重は70kgあるため、重量のあるキーボードもセッティング可能。幅は、71〜101cmまで無段階調節ができ、88鍵など大型のキーボードにも対応しています。

高さは、64〜82cmの間で4段階調節が可能。座ったり立ったり、さまざまな演奏スタイルに合わせて調節できます。

Stay Music Piano 1200

持ち運びにも便利な、2段式のキーボードスタンドです。6.9kgと、2段式のなかでは比較的軽量なモデル。専用のバッグへコンパクトに収納でき、ストリートライブなどへも手軽に持ち運べます。

上段には10°の傾斜が付いており、88鍵の大型キーボードにも対応。また、スマートな見た目とは裏腹に耐荷重は130kgで、安定感があります。

ポール部分にはケーブルを通すスペースがあり、付属のケーブルクリップで固定可能。オプションでマイクスタンドや譜面台を追加でき、弾き語りにもおすすめです。

キクタニ(KIKUTANI) 3段キーボード・スタンド AKB-668

3段式のキーボードスタンドです。上段と中段の高さ調節と、下段の角度調節が可能。さらに下段はアームの間隔を45〜75cmの間で調節でき、キーボードに合わせてセッティングできます。

耐荷重は約20kgあり、ミニキーボードを乗せるのにおすすめ。鍵盤を強く叩く激しいパフォーマンスより、自宅でゆっくりと練習したいシーンなどに適しています。

ケーアンドエム(K&M) 18860 Keyboard stand Spider Pro 18860-000-30

個性的なデザインの2段式キーボードスタンドです。別売のサポートアームを使って、3段式への増設も可能。アーム部分は伸縮と高さ調節ができます。汎用性が高く、さまざまなサイズのキーボードに合わせられるモデルです。

耐荷重も1段あたり約35kgあり、ライブなどでの使用もおすすめ。折りたたみにも対応しており、より手軽に搬入できます。

シーケンツ(SEQUENZ) キーボード・スタンド Standard-S-ABK 61鍵用

微調節が可能なテーブル型のキーボードスタンドです。キーボードラックの高さ・角度・奥行きを調節可能。上段の取り外しもでき、1段のキーボードスタンドとしても使用できます。

また、2段式のモデルですが、工具不要で簡単に組み立て可能。アルミ製なので本体重量も約6.3kgと軽量です。ライブ会場などにも、素早く運搬できます。

ロックジャム(RockJam) Xfinity キーボードスタンド RJXX363-MC

X型でダブルレッグのキーボードスタンドです。「ダブルXメタル設計」を採用しており、耐荷重20kgまでのキーボードを乗せられます。安く耐久性も良好なので、手軽にキーボードスタンドを使いたい方などにおすすめです。

また、トップとボトムに滑り止めエンドキャップが付属。キーボードとスタンドをつなげるサポートストラップも付いており、演奏中も安定感があります。

高さは10〜98cmの間で調節可能。座り姿勢から立ち姿勢まで、幅広い演奏スタイルに対応しています。成長に合わせて使用できるので、子供から大人まで幅広い方におすすめです。