出先で手軽に演奏を楽しむのに便利なのが「ロールピアノ」。柔らかい素材でできているため、コンパクトに丸めて持ち運び、好きな場所で演奏できます。ただし、種類が多くどれを購入すればよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのロールピアノをピックアップ。選び方も解説しているので、購入する際の参考にしてみてください。

ロールピアノとは?

By: amazon.co.jp

ロールピアノとは、細長いマットに鍵盤を描いた、丸められるピアノのことです。鍵盤に柔らかいシリコン素材を使っており、叩くとピアノの音が出ます。省スペースなので、ダイニングテーブルなどにも置けるのが特徴です。

ただし、ロールピアノは和音が出にくく、感触も異なります。ピアノの代用品としては使えませんが、コンパクトかつ小さいため出先などで演奏したい方におすすめ。価格もリーズナブルなモノが多く、手軽に始められるのも魅力です。

音数の少ないモノはおもちゃのピアノとしても活躍。一方、音数の多いモノのなかにはフットペダルに対応したモノのほか、録音機能やパソコンとの接続に対応したモノもあります。より多機能なモデルなら、DTMや本格的な演奏も可能です。

ロールピアノの選び方

鍵盤数で選ぶ

88鍵

By: amazon.co.jp

88鍵あるロールピアノは、本格的な演奏を楽しみたい方におすすめです。グランドピアノやライトアップピアノと同じ鍵盤数。

ジャズやクラシックなど、上級者向けの曲にも対応でき、幅広いジャンルの音楽が楽しめます。ピアノレッスンや作曲などの補助アイテムとしておすすめです。

なお、88鍵あるロールピアノは、鍵盤数が多い分設置スペースも広いのがネック。自宅に置いて使用する方や、出先で広いスペースを確保できる方におすすめです。

61鍵

By: amazon.co.jp

61鍵のロールピアノは、ほどほどに広い音域が欲しい方におすすめです。88鍵のロールピアノの低音と高音が1オクターブずつ省かれているタイプ。ポップスなどのジャンルであれば、ほとんどの曲に対応できます。

サイズも88鍵のロールピアノと比べて軽量でコンパクト。旅行先へも手軽に持ち運びできます。作曲中の音の確認や、ピアノ初心者の方にもおすすめの鍵盤数です。

49鍵

By: amazon.co.jp

49鍵のロールピアノは、子供のおもちゃ用としておすすめです。88鍵の約半分ほどと音が少なく、音色も少ないため、本格的な演奏には向いていません。しかし、幅が狭い分、小さな子供でも端まで手が届きやすいメリットがあります。

サイズが小さい分軽量で、小さな子供でも簡単に持ち運び可能。49鍵のロールピアノは、子供向けのカラフルなモデルも多くラインナップされています。触れる部分は柔らかく、価格も比較的リーズナブル。ピアノに触ったことがない子供への入門用としてもおすすめです。

重さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ロールピアノは基本的に軽量です。本格的な88鍵のモデルでも、2kg以下のモノがほとんどなので、持ち運びに便利。

しかし、旅行などで長時間持ち運ぶ場合は、重さをチェックしておきましょう。スピーカーを内蔵していないモノや、鍵盤数が少ないモノ、乾電池に対応しているモノなどは比較的軽量です。多機能なモノほど重くなりやすいため、長時間持ち運ぶ際は搭載機能と重量のバランスをとりながら選びましょう。

スピーカーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ロールピアノは基本的にヘッドホンやイヤホンを装着して弾きます。そのため、周囲に演奏を聴いて欲しいときや、ヘッドホンを外して演奏したいときにはスピーカーが必要です。スピーカーを本体に内蔵しているモデルなら、より手軽に演奏を聴いてもらえます。

しかし、スピーカー内蔵モデルは、やや厚みがあり重量も増えるのが難点。また、内蔵スピーカーの場合、音質があまりよくありません。スピーカーを内蔵しているタイプは、49鍵盤など自宅用のおもちゃピアノとして使用する場合に適しています。

一方、歌の伴奏やピアノレッスンなど、より本格的に演奏する際はより音質の外付けスピーカーに対応しているモノがおすすめ。スピーカーを外付けする場合は、ロールピアノの出力端子を確認しておきましょう。

出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

DTMなど、パソコンを使用して作曲や編集をする方は、「MIDI対応」のロールピアノがおすすめです。本格的な音楽制作には力不足ですが、出先でも手軽にパソコンと接続できるので便利。

3.5mmステレオプラグを備えたモデルなら、イヤホンやヘッドホンとの接続できます。夜間に演奏したい方はチェックしておきましょう。

音色やデモ曲の多さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ロールピアノは、生のピアノの音ほか、ギターやオルガンなど、さまざまな音色を収録しているモデルがほとんどです。なかには、ドラムやパーカッションなどのリズムパターンを再生できるモデルや、デモ曲を再生できるモノもあります。

音色やデモ曲の多さは、好みや状況に合わせて選ぶのがおすすめ。しかし、ロールピアノの場合、生のピアノの音より、ハープシコードなどの音の方が弾きやすいと感じる場合があります。迷ったときは、音色の多いモデルを選ぶのがおすすめです。

和音に対応しているかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

生のピアノや電子ピアノでは当然のように鳴る和音ですが、ロールピアノのなかには和音に対応していないモノもあります。音の確認など、1音ずつ鳴らすだけであれば不要な和音ですが、曲を弾く場合は必須です。

本格的に曲を引く場合や、これからピアノを本格的に練習したい場合は、和音対応のモノを選びましょう。また、不協和音にならないよう、ロールピアノのなかには黒鍵を凹凸にして、より弾きやすくしたモノもあります。

そのほかの機能で選ぶ

フットペダルの有無をチェック

By: rakuten.co.jp

本格的に演奏したい方には、フットペダルに対応しているロールピアノがおすすめです。ピアノペダルのように音の伸びをコントロールできるので、より表現の幅が広がります。

ただ、フットペダルに対応しているモデルは限られており、88鍵盤に付属していることがほとんどです。価格も比較的高めですが、本物のピアノに近い雰囲気が楽しめるので、表現に幅を持たせたいピアノ上級者の方におすすめです。

録音機能をチェック

By: amazon.co.jp

ロールピアノには、自分の演奏を聴きなおせる録音機能が付いているモデルもあります。後から演奏を聴きなおすことで、演奏中には気がつかなかったテンポの揺れや、左右の強弱の違い、前回の練習から上達した点などをチェックできるのがメリットです。

また、録音した自分の演奏を友人や家族に聴いてもらいたい場合にも便利。浮かんだフレーズをすぐに録音できるので、作曲をする方にもおすすめの機能です。

メトロノーム機能をチェック

By: rakuten.co.jp

メトロノーム機能は、テンポやリズムを一定に保つことが難しい、初心者の方におすすめの機能です。別売のメトロノームがある場合はなくても問題ありません。しかし、メトロノームを持ち歩く手間や設置スペースが省けるので、搭載されていると便利です。

また、ロールピアノのなかには、さまざまな種類の「リズム機能」を搭載しているモノもあります。曲に合わせれば伴奏のようにも使えるので、リズム感を鍛えたい方にもおすすめです。

ロールピアノのおすすめ

ニコマク(NikoMaku) ロールピアノ

滑りにくい素材で弾きやすい、高級シリコン採用のロールピアノです。黒鍵が白鍵より高く、実際のピアノのような立体感のある作りになっています。88鍵盤でフットペダルが付属し、外出先で本格的に練習したい方におすすめ。鍵盤を巻けば20×18cmのコンパクトサイズに収納でき、重さわずか1.1kgと持ち運びも簡単です。

128種類の音色やリズムを内蔵しているほか、MIDIにも対応。USB端子を設けており、携帯音楽プレーヤーやパソコンと接続可能です。キーをワンタッチで変更できるトランスポーズ機能や録音機能など、便利な機能も充実しています。

YOI Vocal ロールピアノ MI004

Bluetooth機能を搭載したロールピアノです。スマホをワイヤレスで接続して、好きな曲を流しながら練習が可能。スピーカーは内蔵しておらず、イヤホンや外部スピーカーで音を出したい方におすすめのモデルです。パソコンと接続すれば、ピアノソフトを利用できます。

500mAhバッテリー内蔵の充電式で、あらかじめ充電しておけばコードレスで演奏可能。128種類のリズムと音色、14曲のデモ演奏を内蔵しています。クルクルと巻いて収納でき、持ち運びも簡単。本格的な演奏で役立つフットペダルが付属しています。

Boskily ロールピアノ

88鍵盤を採用したロールピアノです。感度に優れたショックボタンを搭載しているのが特徴。厚手の充填シリコンにより、リアルな操作感を実現しているおすすめモデルです。128種類の音色と100種類のリズム、80曲のデモ演奏を内蔵し、バリエーション豊富な練習を可能にしています。

夜間の練習に便利なイヤホン端子を備えているほか、パソコンや外部オーディオ機器との接続も可能。Bluetooth機能でスマホをワイヤレス接続すれば、保存している曲に合わせて練習できます。さらに、MIDI端子やマイク端子を設けており、自宅録音でも活用可能です。

MOMOOLA ロールピアノ

Bluetooth接続に対応しているロールピアノです。スマホとワイヤレス接続し、保存している音楽ファイルを再生可能。さらに、ピアノ学習アプリを活用して練習できるなど、使い勝手に優れているおすすめモデルです。MIDI機能も搭載しており、音楽の録音や編集にも役立ちます。

スピーカーを内蔵しているほか、イヤホンを接続できる3.5mm音声出力端子を搭載。夜間や周囲に配慮したいシーンで、練習に集中できます。手触りのよいシリコン素材を採用しているため、拭き取り掃除も簡単。生活防水仕様なので、多少の水濡れは気にせず使えます。

NOONKIY ロールピアノ

日本語表記のコントロールパネルを搭載しているロールピアノ。すべてのボタンが日本語で表記され、直感的に操作しやすいおすすめモデルです。Bluetooth対応でスマホとワイヤレス接続が可能。スピーカーを内蔵しており、ヘッドホンなしで演奏できます。

高低差のある鍵盤で実際のピアノに近い感覚で演奏しやすいのもポイント。88鍵盤でさまざまな曲に対応できるほか、より深みのある演奏を可能にするフットペダルが付属しています。1200mAhバッテリーを内蔵した充電式で、約15~20時間の連続使用が可能です。

Hollee ロールピアノ

128種類の音色とリズムを内蔵しているロールピアノです。88鍵盤でさまざまな曲に対応可能。15曲のデモ演奏にくわえてメトロノーム機能も搭載しているなど、初心者がはじめて購入するモデルとしておすすめです。白鍵盤は3mm長く、黒鍵盤が2mm高くなっている仕様により、リアルなピアノの演奏性を実現しています。

安全性の高いシリコン素材を採用しており、小さな子供が使用する場合でも安心。少々濡れても問題のない防水性を備えています。リチウム電池内蔵の充電式で、電源を確保できないときに便利。モバイルバッテリーを用意しておけば、外出先での突然の充電切れに対応できます。

Lujex ロールアップキーボード

環境にやさしいシリコン素材採用のロールピアノです。クルクルと丸めてコンパクトに収納でき、61鍵盤で重さ1.2kgと持ち運びも簡単。外出先での練習用として用意したい方におすすめのモデルです。USB給電に対応しているほか、単3形乾電池でも駆動。電源を確保できないシーンで重宝します。

接続端子を豊富に備えているのもおすすめポイント。ヘッドホン端子や外部スピーカー端子、MIDI接続端子を設けています。100種類のリズムと128種類の音色を内蔵し、バリエーション豊かな練習が可能。さらに、デモソングを40曲収納しているなど、楽しく練習できる1台です。

ワントーン(Onetone) ロールピアノ OTR-61

鍵盤をクルクルと巻いて収納できるロールピアノです。61鍵盤を採用しており、演奏性と持ち運びやすさを両立。充電式で場所を選ばず演奏でき、子供の練習用から大人のウォーミングアップ用まで幅広く対応するおすすめモデルです。

出力3Wのスピーカーを内蔵しているほか、ヘッドホンと接続しても使用可能。周囲に音が聞こえないように配慮したいシーンで役立ちます。USB-MIDIに対応し、パソコンと接続して曲づくりを利用したいときにも活躍。SDカードスロットとUSBメモリスロットも設けており、保存している曲を再生しながら練習できます。

スマリー(SMALY) ロールアップピアノ SMALY-PIANO-61

リチウムバッテリーを内蔵し、最大約6時間のワイヤレス演奏が可能なロールピアノです。シリコン製鍵盤でクルクル巻いてコンパクトに収納できるため、外出先での練習用としておすすめのモデル。リアルさを追求した弾き心地と和音対応で、ピアノ発表会のウォーミングアップ用としても適しています。

ピアノ以外のオルガンやベース、トランペットなど128音のさまざまな音色を内蔵。エコーやビブラート機能を搭載しているなど、楽しく演奏できる機能も充実しています。最大92音まで収録できる、録音機能を搭載している点にも注目。演奏のチェックや作曲のアイデアを録っておきたい場合に役立ちます。

当モデルの61鍵盤タイプにくわえ、フットペダル付きの88鍵盤タイプもラインナップしているのでチェックしてみてください。

山野楽器(Yamano Music) ハンドロールピアノ 61K3-HG

楽器販売にくわえて、ピアノ教室などを展開している「山野楽器」のロールピアノです。クルクルと巻いてスマートに収納できるのが魅力。左側スピーカーは取り外し式で専用ポーチが付属しています。収納性や持ち運びやすさを重視したい方におすすめのモデルです。

左右合計4スピーカーによって、従来モデルより音質が向上しているのもポイント。129音色の本格的なステレオサウンドを楽しめます。フットペダルが付属し、臨場感のあるサウンドで演奏可能。デモ曲を活用する、3パターンの練習機能を搭載しています。

Redstone ロールピアノ

デモ演奏を45曲収録しているロールピアノ。変更できる音色128種類を内蔵しているなど、本格的な演奏が難しい小さな子供でも楽しめるおすすめモデルです。充電してコードレスで演奏できるほか、単4形乾電池4本でも使用可能。3分間操作しないと自動的に電源が切れる節電機能を搭載し、無駄な電池消費を防げます。

MIDI出力端子を設けており、パソコンと接続してDAWやソフト音源に利用可能。ヘッドホン端子搭載で周囲を気にせず練習に集中できるほか、ミニプラグ端子に再生機器を接続すれば好きな曲を流しながら練習できます。

Hricane ロールピアノ

スピーカーを内蔵しているロールピアノです。ヘッドホンを使用せずに練習したい方におすすめ。ヘッドホン使用にも対応しており、夜間に練習する機会が多い方も安心です。Bluetooth接続に対応し、スマホとワイヤレスで接続可能。保存しているお気に入りの曲に合わせて練習したいときに役立ちます。

61鍵盤を採用しており、本格的なウォーミングアップ用から小さな子供用まで幅広く対応可能。80曲のデモ演奏や128種類の音色、100種類のリズムトラックによってバリエーション豊かに楽しめます。和音機能・移調機能・録音機能・伴奏機能など、練習に役立つ機能が充実しているのも魅力です。

KOSIN ロールピアノ

USB充電にくわえて、単3形乾電池4本でも使用できるロールピアノです。あらかじめ充電しておけば、場所を選ばず演奏が可能。61鍵盤で収納性と演奏しやすさを両立しており、初心者や子供用としておすすめのモデルです。

内蔵スピーカーから音が出るほか、イヤホンを接続すれば夜間の練習で役立ちます。MIDI機能や録音機能も搭載し、自宅録音でも活躍。くわえて、変更可能な128種類の音色やテンポコントロール機能など、楽しく練習できる機能が充実しています。

ワントーン(Onetone) ロールピアノOTR-49

スピーカーを内蔵した充電式のロールピアノ。あらかじめ充電しておけば、場所を選ばず演奏を楽しめるおすすめモデルです。49鍵盤で子供用として適しているほか、ピアノ発表会やライブ直前のウォーミングアップ用としても活躍します。

滑らかで触り心地のよいシリコン鍵盤は、黒鍵盤と白鍵盤に段差を設けた仕様。より本物のピアノに近い演奏性を実現し、しっかりと指を立てて練習できます。ヘッドホン端子を設けており、夜間に練習したいときに便利。市販のマイクを接続して、ピアノの音と同時に出すことも可能です。

Camiter ロールピアノ

カラフルな鍵盤デザインを採用したロールピアノです。49鍵盤で音階を色で覚えられる仕様。小さな子供のはじめてのピアノやプレゼント用としておすすめのモデルです。柔らかいシリコン素材で、クルクル巻いてカバンに収納可能。環境にやさしい素材で、安心して使えます。

USB充電タイプで電源を確保できない場所で重宝するほか、乾電池駆動にも対応。さまざまなシーンで電源の有無を心配せずに演奏を楽しめます。買い求めやすい低価格ながら録音機能やエコー・サスティン機能を搭載している、コスパのよさも魅力です。

SGTD ロールピアノ

カラフルな鍵盤を採用した、49鍵盤のロールピアノです。鍵盤は音階別に色分けされており、小さな子供に遊びながら慣れさせたい場合におすすめ。音符に色を指定した専用の楽譜が付属し、小さな子供が練習しやすく工夫されています。長さ81×幅17cmのコンパクトサイズで、持ち運びや保管が簡単です。

大きなボタンを備えたシンプルなコントロール部は使いやすく、日本語の説明書も付属。USB充電にくわえて単3形乾電池でも駆動するなど、使い勝手のよさも魅力です。