出先で手軽に演奏を楽しむのに便利なのが「ロールピアノ」。柔らかい素材でできているため、コンパクトに丸めて持ち運び、好きな場所で演奏できます。ただし、種類が多くどれを購入すればいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのロールピアノをピックアップ。選び方も解説しているので、購入する際の参考にしてみてください。

ロールピアノとは?

By: rakuten.co.jp

ロールピアノとは、細長いマットに鍵盤を描いた、丸められるピアノのことです。鍵盤に柔らかいシリコン素材を使っており、叩くとピアノの音が出ます。省スペースなので、ダイニングテーブルなどにも置けるのが特徴です。

ただし、ロールピアノは和音が出にくく、感触も異なります。ピアノの代用品としては使えませんが、コンパクトかつ小さいため出先などで演奏したい方におすすめ。価格もリーズナブルなモノが多く、手軽に始められるのも魅力です。

音数の少ないモノはおもちゃのピアノとしても活躍。一方、音数の多いモノのなかにはフットペダルに対応したモノのほか、録音機能やパソコンとの接続に対応したモノもあります。より多機能なモデルなら、DTMや本格的な演奏も可能です。

ロールピアノの選び方

鍵盤数で選ぶ

88鍵

By: amazon.co.jp

88鍵あるロールピアノは、本格的な演奏を楽しみたい方におすすめです。グランドピアノやライトアップピアノと同じ鍵盤数。

ジャズやクラシックなど、上級者向けの曲にも対応でき、幅広いジャンルの音楽が楽しめます。ピアノレッスンや作曲などの補助アイテムとしておすすめです。

なお、88鍵あるロールピアノは、鍵盤数が多い分設置スペースも広いのがネック。自宅に置いて使用する方や、出先で広いスペースを確保できる方におすすめです。

61鍵

By: amazon.co.jp

61鍵のロールピアノは、ほどほどに広い音域が欲しい方におすすめです。88鍵のロールピアノの、低音と高音が1オクターブずつ省かれているタイプ。ポップスなどのジャンルであれば、ほとんどの曲に対応できます。

サイズも88鍵のロールピアノと比べて軽量でコンパクト。旅行先へも手軽に持ち運びできます。作曲中の音の確認や、ピアノ初心者の方にもおすすめの鍵盤数です。

49鍵

By: amazon.co.jp

49鍵のロールピアノは、子供のおもちゃ用としておすすめです。88鍵の約半分ほどと音が少なく、音色も少ないため、本格的な演奏には向いていません。しかし、幅が狭い分、小さな子供でも端まで手が届きやすいメリットがあります。

サイズが小さい分軽量で、小さな子供でも簡単に持ち運び可能。49鍵のロールピアノは、子供向けのカラフルなモデルも多くラインナップされています。触れる部分は柔らかく、価格も比較的リーズナブル。ピアノに触ったことがない子供への入門用としてもおすすめです。

重さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ロールピアノは基本的に軽量です。本格的な88鍵のモデルでも、2kg以下のモノがほとんどなので、持ち運びに便利。

しかし、旅行などで長時間持ち運ぶ場合は、重さをチェックしておきましょう。スピーカーを内蔵していないモノや、鍵盤数が少ないモノ、乾電池に対応しているモノなどは比較的軽量です。多機能なモノほど重くなりやすいため、長時間持ち運ぶ際は搭載機能と重量のバランスをとりながら選びましょう。

スピーカーの有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ロールピアノは基本的にヘッドホンやイヤホンを装着して弾きます。そのため、周囲に演奏を聴いて欲しいときや、ヘッドホンを外して演奏したいときにはスピーカーが必要です。スピーカーを本体に内蔵しているモデルなら、より手軽に演奏を聴いてもらえます。

しかし、スピーカー内蔵モデルは、やや厚みがあり重量も増えるのが難点。また、内蔵スピーカーの場合、音質があまりよくありません。スピーカーを内蔵しているタイプは、49鍵盤など自宅用のおもちゃピアノとして使用する場合におすすめです。

一方、歌の伴奏やピアノレッスンなど、より本格的に演奏する際はより音質の外付けスピーカーに対応しているモノが最適。スピーカーを外付けする場合は、ロールピアノの出力端子を確認しておきましょう。

出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

DTMなど、パソコンを使用して作曲や編集をする方は、「MIDI対応」のロールピアノがおすすめです。本格的な音楽制作には力不足ですが、出先でも手軽にパソコンと接続できるので便利。

3.5mmステレオプラグを備えたモデルなら、イヤホンやヘッドホンとの接続できます。夜間に演奏したい方はチェックしておきましょう。

音色やデモ曲の多さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ロールピアノは、生のピアノの音ほか、ギターやオルガンなど、さまざまな音色を収録しているモデルがほとんどです。なかには、ドラムやパーカッションなどのリズムパターンを再生できるモデルや、デモ曲を再生できるモノもあります。

音色やデモ曲の多さは、それぞれの好みや状況に合わせて選ぶのがおすすめ。しかし、ロールピアノの場合、生のピアノの音より、ハープシコードなどの音の方が弾きやすいと感じる場合があります。迷ったときは、音色の多いモデルを選ぶのがおすすめです。

和音に対応しているかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

生のピアノや電子ピアノでは当然のように鳴る和音ですが、ロールピアノのなかには和音に対応していないモノもあります。音の確認など、1音ずつ鳴らすだけであれば不要な和音ですが、曲を弾く場合は必須です。

本格的に曲を引く場合や、これからピアノを本格的に練習したい場合は、和音対応のモノを選びましょう。また、不協和音にならないよう、ロールピアノのなかには黒鍵を凹凸にして、より弾きやすくしたモノもあります。

そのほかの機能で選ぶ

フットペダルの有無をチェック

By: rakuten.co.jp

本格的に演奏したい方には、フットペダルに対応しているロールピアノがおすすめです。ピアノペダルのように音の伸びをコントロールできるので、より表現の幅が広がります。

ただ、フットペダルに対応しているモデルは限られており、88鍵盤に付属していることがほとんどです。価格も比較的高いですが、本物のピアノに近い雰囲気が楽しめるので、表現に幅を持たせたいピアノ上級者の方におすすめです。

録音機能をチェック

By: amazon.co.jp

ロールピアノには、自分の演奏を聴きなおせる録音機能が付いているモデルもあります。後から演奏を聴きなおすことで、演奏中には気がつかなかったテンポの揺れや、左右の強弱の違い、前回の練習から上達した点などをチェックできるのがメリットです。

また、録音した自分の演奏を友人や家族に聴いてもらいたい場合にも便利。浮かんだフレーズをすぐに録音できるので、作曲をする方にもおすすめの機能です。

メトロノーム機能をチェック

By: rakuten.co.jp

メトロノーム機能は、テンポやリズムを一定に保つことが難しい、初心者の方におすすめの機能です。別売のメトロノームがある場合はなくても問題ありません。しかし、メトロノームを持ち歩く手間や設置スペースが省けるので、搭載されていると便利です。

また、ロールピアノのなかには、さまざまな種類の「リズム機能」を搭載しているモノもあります。曲に合わせれば伴奏のようにも使えるので、リズム感を鍛えたい方にもおすすめです。

ロールピアノのおすすめ

ニコマク(NikoMaku) ロールピアノ

ニコマク(NikoMaku) ロールピアノ

機能性の高さで人気のロールピアノです。本格的な演奏ができる88鍵タイプで、音の長さを変えられるフットペダルも付属。ピアノ上級者の方にもおすすめです。

また、129種類の音色に80曲のデモ演奏、さらに100種類のリズムパターンに対応しているので、さまざまなジャンルの曲を楽しみたい方にも最適。和音もきれいに鳴り、タッチ感度も良好です。

録音やスピーカーにも対応しているので、出先での演奏や練習曲の録音にもおすすめ。内蔵バッテリーを搭載しており、コンセントがない屋外などでも使用できます。外出先に持ち運んで使用することがある方にもおすすめです。

Sheny ハンドロールピアノ 88鍵

Sheny ハンドロールピアノ 88鍵

さまざまな場所へ持ち運ぶ方へおすすめのロールピアノです。AC電源と単4電池の両方に対応しており、コンセントのない屋外でも演奏が楽しめます。

また、パソコンと接続できるMIDI出力にも対応しているので、作曲や編集をする方にもおすすめです。録音機能が付いており、作ったフレーズを記録したいときにも役立ちます。

音色も128種類と豊富で、100種類のリズムと14のデモ曲も搭載。黒鍵の方が2mm高く、より生のピアノに近い形で練習できるため、ピアノ練習にも便利です。さらに、フットペダルや最大16音までの和音にも対応。ピアノ上級者向けのクラシックやジャズなどにも適しています。

スマリー(SMALY) ロールアップピアノ 88鍵盤 SMALY-PIANO-88

スマリー(SMALY) ロールアップピアノ 88鍵盤 SMALY-PIANO-88

本格的な演奏にもおすすめの88鍵ロールピアノです。和音に対応しているのに加えて、140種類もの音色に変更可能。フットペダルも付属し、幅広い表現が楽しめます。

多機能なので約1.2kgとやや重めですが、USB充電式を採用しており、電源がない場所への持ち運びが可能です。約3時間の充電で、最大8時間使用可能。屋外など、出先でも時間を気にせず音楽が楽しめます。

また、スピーカーを内蔵しているため、旅行先での演奏にもおすすめ。イヤホンにも対応しており、深夜のピアノ練習にも役立ちます。録音機能付きで、演奏の振り返りにも便利。デモ曲を30曲収録しているのに加えて、テンポコントロール機能も付いているので、リズムトレーニングやテンポキープの練習にもおすすめです。

Fosa ロールアップピアノ

Fosa ロールアップピアノ

作曲や編集におすすめのロールピアノです。MIDIに対応しており、パソコンと接続して曲の編集などができます。61鍵あるので、ポップスなどが好みの方や、出先で手軽に使いたい方におすすめ。

柔らかなシリコン素材のキーボードには、黒鍵と白鍵にわずかな高さをつけることで、より弾きやすく工夫しています。本体も、長さ88×奥行き17.4×高さ0.5cmとコンパクト。重さも998gと軽く、持ち運びに便利です。

COOING ロールピアノ

COOING ロールピアノ

初心者から上級者まで、幅広い層におすすめできる61鍵のロールピアノです。テンポキープに便利なメトロノーム機能が付いているほか、128種リズムを搭載。音色は128種類で、ドラムの音も入っているので幅広い表現が楽しめます。

さらに、14のデモ曲のほか、コード伴奏機能も搭載。まだ1音ずつしか弾けない初心者の方も、伴奏を付けて楽しくピアノ練習できます。フットペダルにも対応しているため、上級者向けの曲に挑戦したいときにも便利です。

録音機能が付いているので、演奏の振り返りにも便利。イヤホンを接続でき、深夜も周囲を気にせず練習できます。外付けスピーカーにも対応しているので、ピアノレッスンなどでも便利です。

また、USB充電ができるので、ワイヤレスで使用可能。電源のない場所でも、気が向いたときにロールピアノを広げて演奏できます。

Lujex ロールアップキーボード ピアノ

Lujex ロールアップキーボード ピアノ

40曲ものデモソングを搭載した、61鍵のロールピアノです。音色も128種類あり、同じ曲でも異なった雰囲気で演奏できます。リズムも100種類あり、ピアノ練習中の伴奏としても便利です。

イヤホン接続に対応しているので、深夜や早朝練習にもおすすめ。MIDI接続もでき、浮かんだフレーズをすぐに記録したい場合にも便利です。外部スピーカー端子にも対応しているため、ピアノレッスンでも役立ちます。

また、USB給電と単3電池の両方に対応しているのも特徴です。重さ約1.2kgと重めですが、ワイヤレスでも使用でき、屋外にも持ち運べます。

Simiecho シリコンフォールディングハンドロールピアノ

Simiecho シリコンフォールディングハンドロールピアノ

多機能な49鍵のロールピアノです。子供向けのモデルですが、録音再生機能にも対応しており、これからピアノを本格的に学ぼうとしている子供にもおすすめ。さらに8種類の音色と6種類のデモ曲を搭載し、より幅広い表現が楽しめます。

また、メトロノーム機能もあり、リズム練習にも役立ちます。スピーカーを内蔵しているため、ピアノレッスンでも活躍。3.5mmステレオ端子を搭載しているので、夜間の練習にも便利です。

3分後にスリープする機能も付いているので、子供が飽きて放置した場合にも、節電できます。素材には、防水性に優れ、毒性のないシリコン素材を採用。子供が口に入れたときや飲み物をこぼした場合でも安心です。

本体は多機能ながら515gと軽量で、持ち運びも簡単。デザインもシンプルで生のピアノに近いため、大人っぽいデザインが好みの子供にもおすすめです。

CAHAYA ロールピアノ CY0114-JP

CAHAYA ロールピアノ CY0114-JP

さまざまなシーンで活躍するロールピアノです。USBケーブル給電と単4電池の両方に対応しています。長時間練習する自宅の場合はUSBケーブルで給電。出先で練習するときは単4電池を使用するなど、場所に合わせて使用できます。

また、単4電池4本で約10時間も使用できる電池持ちのよさも魅力。電池切れを気にせずピアノ練習に集中できます。約600gと軽いので、持ち運びにも便利です。

49鍵とコンパクトで軽いモデルですが、スピーカーを内蔵しており、ピアノレッスンなどでも活躍します。ヘッドホン端子も搭載しているので、近所への騒音が気になる場合にも便利です。また、音色8種類・デモ曲6種類・録音機能搭載・和音対応と多機能。比較的リーズナブルで、コストパフォーマンス重視の方にもおすすめです。

Camiter レインボーロールアップ練習用ピアノ

Camiter レインボーロールアップ練習用ピアノ

カラフルな49鍵のロールピアノです。音によって色を変えているので、楽譜の読めない小さな子供にもおすすめ。スピーカーを内蔵し、USB充電と乾電池の両方に対応しているタイプなので、出先でも手軽に使用できます。

また、8種類の音色と、6曲のデモ曲にも対応しており、小さな子供でも楽しくピアノに触れられる製品です。3.5mmステレオ端子や録音機能にも対応しているため、これからピアノを習おうとしている方にも適しています。