ハンズフリーで音を届けたいときに便利な「ピンマイク」。さりげなくシャツの襟やネクタイなどに装着できるので、配信や撮影などのシーンでも役立ちます。

今回は、おすすめのピンマイクを有線タイプと無線タイプの2種類に分けてご紹介。高音質で集音できるモノも多数ラインナップされており、テレワークやレコーディングなどのシーンにもおすすめです。ピンマイクの選び方も解説しているため、参考にしてみてください。

ピンマイクの選び方

収音タイプをチェック

全指向性

By: rakuten.co.jp

全指向性は無指向性とも呼ばれ、マイクの向きや角度と関係なく周囲の音全てを拾うのが特徴です。動画撮影などで周囲の音も拾いたい場合は、全指向性のピンマイクが適しています。

また、マイクに向かって話さなくても周囲の音が拾えるので、周囲にいる方々の声を収録したいときにもおすすめです。

ただし、全指向性のピンマイクは全ての音を録音するため、ノイズも入りやすいのが懸念点。生活音などを抑えたい場合は、単一指向性のピンマイクもチェックしてみてください。

単一指向性

By: rakuten.co.jp

単一指向性のピンマイクは、特定の方向から入る音のみを拾うよう設計されています。環境音などのノイズが入りにくいので、歌の収録やボイスチャットなどで特定の音だけ拾いたい場合におすすめです。

ただし、単一指向性のピンマイクは、集音方向と別の角度からは音が入りにくいため、指向性から外れると音が極端に小さくなります。集音方向への固定しやすさや安定感などにも注目して選びましょう。

デバイスとの接続を考えて選ぶ

By: amazon.co.jp

ピンマイクの接続方法には、有線と無線の2種類があります。講演会などでピンマイクを使う方が大きく動く場合には、無線タイプのピンマイクがおすすめ。より広い範囲を、ケーブルを気にせず動けます。

ただし、無線タイプのピンマイクはバッテリー時間に制限があったり、通信の安定性に差異が出たりする場合があります。テレワーク中など長時間同じ場所で使う方には、有線タイプのピンマイクがおすすめです。

有線タイプのピンマイクは、コードでつながっているため駆動時間を気にせず使用可能。コードがあるので移動範囲が制限されますが、音の途切れを気にせず安定して使えます。

ただし、有線タイプのピンマイクは、コードが断線すると使えなくなるため注意しましょう。無線タイプにも有線タイプにも一長一短があるので、使用シーンに合わせて選ぶのがおすすめです。

周波数帯域・周波数特性をチェック

By: amazon.co.jp

録音する場合は、周波数帯域や周波数特性に注目して選ぶのがおすすめです。周波数帯域は、ピンマイクが集音できる音の高さの範囲。一般的な話し声を録音する場合は50〜500Hz、歌声を録音する場合は50〜1500Hzを目安にしましょう。楽器演奏などを録音する場合は、15kHzまで対応している周波数帯域の広いモデルがおすすめです。

また、出力に適した音域は、ピンマイクの周波数特性によって変わります。中音域や低音域など、モデルによって安定して出力できる音域が異なるので、用途がはっきりしている場合は周波数特性にも注目して選びましょう。

たとえば、ソプラノ歌手などが録音に使う場合は、高音域の出力が安定したモデルがおすすめ。一方、講演会やインタビューなどに使う場合は、人の声を拾いやすい中音域の安定したモデルがおすすめです。

目的に合った製品を選ぶ

プレゼンや講習会での拡声目的なら単一指向性のワイヤレスタイプがおすすめ

By: rakuten.co.jp

プレゼンや講習会などで自分の声を大きくしたい場合は、単一指向性のピンマイクがおすすめです。単一指向性のピンマイクは集音方向が限られているため周囲のノイズを拾いにくく、自分の声だけをピンポイントで拡声できます。

さらに、ワイヤレスタイプのピンマイクなら稼働領域が広がるので、参加者の間に入って話をしたい場合やステージを大きく使いたいときにも便利。小さくて軽いモノなら、長時間の講習会でも快適に使えます。

また、プレゼンなどで大衆向けに話す場合は、スピーカーとの互換性も確認しておきましょう。会場に設置してあるスピーカーを使う場合は、事前に会場の管理者や主催者へ確認しておくのがおすすめです。

複数人での通話や録音用なら全指向性の有線タイプおすすめ

By: amazon.co.jp

リモート会議などで複数人の会話を集音したり録音したりする場合は、全指向性のピンマイクがおすすめです。全指向性のピンマイクは周囲の音を拾いやすいため、マイクから遠い場所に座っている方の声も拾えます。

また、有線タイプのモノならバッテリーを気にせず使えるので、長時間の会議にも便利。通信が安定しており、カフェやコワーキングスペースなどの街中でも手軽に使えます。

とくに、パソコンに接続する場合は、接続が安定しているUSB接続タイプがおすすめです。一方、スマホやカメラなど幅広い機器と接続する場合は、汎用性の高いミニジャックプラグを搭載したモデルが適しています。

動画撮影に使うなら全指向性のワイヤレスタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

動画撮影用にピンマイクを使う場合は、全指向性のピンマイクがおすすめです。全指向性タイプなら、どこで音が鳴るかわからない場面でも周囲の音を確実に拾えます。

また、ワイヤレスタイプなら動きの制限が少ないので、スタジオを広く使う動画撮影でも便利。小型のピンマイクを選べば、装着時の違和感も軽減できます。

無線タイプの安定性が気になる場合は、ケーブルが長い有線タイプのピンマイクを選ぶのもおすすめ。とくに動きが少ない動画撮影の場合は、有線タイプのピンマイクも検討しましょう。

音質にこだわるなら実績あるメーカーを選ぶ

By: amazon.co.jp

歌や演奏の録音などで音質にこだわりたい方は、実績あるメーカーを選ぶのがおすすめです。実績がある人気メーカーのピンマイクには、培ってきた技術が生かされているモデルも多く、より安定した音質で出力できます。

高音質なモデルほど高価ですが、その分よりクリアな音を集音可能。仕事でよくマイクを使う方や、音質が大きく影響するレコーディングなどで使う方は、メーカーにも注目して選びましょう。

ピンマイクのおすすめ|ワイヤレス

ソニー(SONY) B帯アナログワイヤレスマイクロホンパッケージ UWP-D21

高音質で講演会などでも安定した音を届けられる

高音質で安定した音を届けたい方におすすめの高機能なピンマイクです。講演会などでも使われることが多い定番モデル。ソニー独自の「デジタルオーディオプロセシング技術」や、「トゥルーダイバーシティー受信方式」を採用しているのが特徴です。

また、「NFC SYNC機能」により、素早くチャンネル設定が可能。音の大きさを自動調節する「オートゲインモード」も搭載しており、初めてピンマイクを使う方でも簡単に設定できます。

ソニー(SONY) ワイヤレスマイクロホン ECM-W1M

幅広い使い方ができ動画撮影にもおすすめ

動画撮影などにおすすめのワイヤレスマイクです。レシーバーとマイクはBluetooth接続されているため、最大100mまで離れた場所の音も集音可能。屋外など広い場所の動画撮影などでも便利に使えます。

クリップタイプ・アームバンド・据え置きの3種類に対応しているので、撮影時の服装や環境に合わせて取り付けできるのもポイント。被写体と撮影者の両方の音声を録音できるモードにも対応しており、幅広い使い方ができます。

ロード(RODE) 超小型ワイヤレスマイクロフォンシステム Wireless Go

長時間の使用にもおすすめの軽さとコスパの良さが魅力

持ち運びに便利なワイヤレスタイプのピンマイクです。手のひらサイズで31gと軽いので、長時間の使用にもおすすめ。裏側にはクリップが搭載されており、コートやジャケットなどの襟へ簡単に取り付けられます。

フル充電で約7時間使用でき、2.4GHzデジタル通信を採用しているので通信も安定。付属のファーウィンドシールドを使えば、屋外で集音する際も風切音を抑えられます。高機能ですが比較的安く、人気があるピンマイクです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ラべリアマイクロホンワイヤレスシステム ATW-1101/L

初めて使う方も簡単に設定できるピンマイクです。自動設定機能を搭載しているので、チャンネルなどの設定を省略して使用できます。

また、2.4GHzデジタル通信を採用し、トランスミッターとレシーバーで双方向通信を常時行っているので、通信の安定性も良好。小型ながらも高音質なため、講義やプレゼンなどのシーンにもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 800MHz帯タイピン形ワイヤレスマイクロホン WX-4300B

タイピン型のピンマイクです。ネックホルダーが付属し、送信部を首にかけて使用できます。講師やプレゼンテーター向けに開発されているので人の声を拾いやすく、大勢の前で話すシーンにおすすめです。

また、別売りのヘッドセットを使えば、より小型軽量なピンマイクとして使えます。本体には抗菌剤入りエンジニアプラスチックを採用しているため、カビや雑菌の繁殖を抑える効果が期待できるのもポイントです。

ニコン(Nikon) ワイヤレスマイクロホン ME-W1

カメラでの収録におすすめのピンマイクです。カメラメーカーとして有名なニコンが開発しており、動画撮影時に被写体の声をクリアに録音できるよう設計されています。

Class1のBluetoothを採用しているので、最大50m離れた場所の声も録音可能。ステージを大きく使う講演会の様子を収録したいときに便利です。レシーバー側の音も録音できるので、被写体と撮影者側の音声を同時に録音したいときにも役立ちます。

ピンマイクのおすすめ|有線

ソニー(SONY) エレクトレットコンデンサーマイク ECM-SP10

XperiaやiPhoneなど、スマホの録音アプリに対応したピンマイクです。50〜15000Hzまでの周波数特性を持った高音質モデル。全指向性タイプなので、歌のレコーディングなどで周囲の音をしっかり集音したいときにもおすすめです。

コンパクトサイズなので、持ち運びや装着も簡単。付属のホルダークリップを使って、ジャケットの襟などに素早く取り付けられます。プラグインパワー方式により電池切れの心配がなく、スマホに接続してすぐに使えるのも魅力です。

ロード(RODE) スマートフォン専用ラベリアマイク smartLav+

プロ向けに開発された高音質なピンマイクです。クリップ付きのスマートなデザインで、ジャケットの襟などにさりげなく取り付け可能。クリップにはホールド力があり、丈夫な「Kevlar強化ケーブル」を使っているので、襟元にしっかりと固定できます。

また、付属の「フォーム製ポップシールド」により、ウィンドノイズと破裂音を軽減できるのも魅力。屋外での撮影時も、よりクリアな音声を視聴者に届けられます。スマホと直接接続すれば、好みのオーディオアプリを使った録音が可能です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ステレオマイクロホン AT9901

ノイズを抑えやすい堅牢なメタルボディを採用したピンマイクです。ウィンドスクリーンも付いているため、風などのノイズも軽減可能。屋外や街中などで録音したい方におすすめです。

デジタル録音機器に対応しているので、ボイスレコーダーなどとの接続に向いています。単一指向性を搭載したステレオタイプのため、プレゼンなどにもおすすめ。ホルダークリップはシンプルで目立ちにくく、ネクタイやジャケットの襟などに付けて使えます。

オーディオテクニカ(audio-technica) モノラルマイクロホン AT9904

全指向性のピンマイクです。メタルボディを採用しているのでノイズが入りにくく、よりクリアな音声が録音可能。ウィンドスクリーンも付いており、風などの音を抑えられます。

また、2ウェイホルダークリップが付いているのもポイント。シャツの襟などに挟んで使えるだけでなく、ピンマイクスタンドとしても機能します。小型なので、撮影などでさりげなく身に付けたい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) クリップマイク HS-MC06BK

テレワークなどにもおすすめのピンマイクです。オンラインでの音声チャット向けに開発されており、パソコンに接続するだけで使い始められます。Skype for Businessでの動作確認済みなので、仕事などですぐに使いたい方にもおすすめです。

ケーブルの長さも1.6mあり、デスクトップパソコンとの接続もスムーズ。全指向性のピンマイクを採用しているため、周囲の会話を相手に届けたいときにも役立ちます。

オリンパス(OLYMPUS) 単一指向性モノラルマイクロホンセット ME52W

単一指向性のピンマイクです。口述記録などでも使いやすいよう設計されているのが特徴。周囲に人がいても、装着者の声だけをピンポイントで集音するよう設計されているので、動きながらリポートする際にも便利です。

小型で目立ちにくく、撮影などのシーンにもおすすめ。ウィンドスクリーンが付いているため、屋外でも風の音を抑えながら収録できます。約1mの延長コードが付属しており、移動範囲を広げられるのもポイントです。

ファイファイン(FIFINE) USBピンマイク K053

パソコンとの接続に便利なUSB接続タイプのピンマイクです。USBサウンドカードにはイヤホンジャックが付いており、ヘッドホンやスピーカーに接続可能。ケーブルは約2mあるので、デスクトップパソコンにも簡単に取り付けできます。

単一指向性のピンマイクのため、周囲のノイズを抑えて録音できるのも魅力。ウィンドスクリーンが付いており、風の音なども抑えられます。周波数特性が50~16000Hzと幅広いので、歌のレコーディングなどにもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) クリップ式マイク BSHSM03

安さを重視する方におすすめのピンマイクです。安価なので、試しにピンマイクを使ってみたい方にもおすすめ。パソコンとの接続向けに開発されており、マイクジャックへ接続するだけで使えます。

集音部分にはウィンドスクリーンを採用しているため、風の音なども抑えながら録音可能。マイククリップが付いているのでシャツの襟元などにも挟んで装着できます。SkypeやZOOMなどでの音声通話にも便利なモデルです。

クレサン(Cresun) クリップマイク

安価ながら、スマホなどとの接続にも対応したピンマイクです。マイクアダプターが付属しており、さまざまなデバイスとの接続が可能。ケーブルは1.5mあるので、デスクトップパソコンとの接続にもおすすめです。

全指向性のピンマイクのため、撮影などで録音したいときにも便利。周囲の方達との会話を相手に届けたいときなどにも役立ちます。本体は約16gと軽いので、長時間の音声チャットなどにも便利です。

ピンマイクの楽天市場ランキングをチェック

ピンマイクの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。