ハンズフリーで音を届けたいときに便利な「ピンマイク」。さりげなくシャツの襟やネクタイなどに装着できるので、配信や撮影などのシーンでも役立ちます。

今回は、おすすめのピンマイクをワイヤレスと有線の2種類に分けてご紹介。高音質で集音できるモノも多数ラインナップされており、テレワークやレコーディングなどのシーンにもおすすめです。ピンマイクの選び方も解説しているため、参考にしてみてください。

ピンマイクの選び方

収音タイプをチェック

全指向性

By: rode.com

全指向性は無指向性とも呼ばれ、マイクの向きや角度と関係なく周囲の音全てを拾うのが特徴です。動画撮影などで周囲の音も拾いたい場合は、全指向性のピンマイクが適しています。

また、マイクに向かって話さなくても周囲の音が拾えるので、周囲にいる方々の声を収録したいときにもおすすめです。

ただし、全指向性のピンマイクは全ての音を録音するため、ノイズも入りやすいのが懸念点。生活音などを抑えたい場合は、単一指向性のピンマイクもチェックしてみてください。

単一指向性

By: amazon.co.jp

単一指向性のピンマイクは、特定の方向から入る音のみを拾うよう設計されています。環境音などのノイズが入りにくいので、歌の収録やボイスチャットなどで特定の音だけ拾いたい場合におすすめです。

ただし、単一指向性のピンマイクは、集音方向と別の角度からは音が入りにくいため、指向性から外れると音が極端に小さくなります。集音方向への固定しやすさや安定感などにも注目して選びましょう。

デバイスとの接続を考えて選ぶ

By: amazon.co.jp

ピンマイクの接続方法には、ワイヤレス(無線)と有線の2種類があります。講演会などで、ピンマイクを使う人物が大きく動く場合には、ワイヤレスのピンマイクがおすすめ。より広い範囲を、ケーブルを気にせず動けます。

ただし、ワイヤレスのピンマイクはバッテリー時間に制限があったり、通信の安定性に差異が出たりする場合があります。テレワーク中など長時間同じ場所で使う方には、有線のピンマイクがおすすめです。

有線のピンマイクは、駆動時間を気にせず使用可能。コードがあるので移動範囲は制限されますが、音の途切れなどを気にせず安定して使えます。

ただし、有線のピンマイクは、コードが断線すると使えなくなるため注意しましょう。ワイヤレスにも有線にも一長一短があるので、使用シーンに合わせて選ぶのがおすすめです。

周波数帯域・周波数特性をチェック

By: amazon.co.jp

録音する場合は、周波数帯域や周波数特性に注目して選ぶのがおすすめです。周波数帯域は、ピンマイクが集音できる音の高さの範囲。一般的な話し声を録音する場合は50〜500Hz、歌声を録音する場合は50〜1500Hzを目安にしましょう。楽器演奏などを録音する場合は、15kHzまで対応している周波数帯域の広いモデルがおすすめです。

また、出力に適した音域は、ピンマイクの周波数特性によって変わります。中音域や低音域など、モデルによって安定して出力できる音域が異なるので、用途がはっきりしている場合は周波数特性にも注目して選びましょう。

たとえば、ソプラノ歌手などが録音に使う場合は、高音域の出力が安定したモデルがおすすめ。一方、講演会やインタビューなどに使う場合は、人の声を拾いやすい中音域の安定したモデルがおすすめです。

目的に合った製品を選ぶ

プレゼンや講習会での拡声目的なら単一指向性のワイヤレスタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

プレゼンや講習会などで自分の声を大きくしたい場合は、単一指向性のピンマイクがおすすめです。単一指向性のピンマイクは収音方向が限られているため周囲のノイズを拾いにくく、自分の声だけをピンポイントで拡声できます。

さらに、ワイヤレスタイプのピンマイクなら稼働領域が広がるので、参加者の間に入って話をしたい場合やステージを大きく使いたいときにも便利。小さくて軽いモノなら、長時間の講習会でも快適に使えます。

また、プレゼンなどで大衆向けに話す場合は、スピーカーとの互換性も確認しておきましょう。会場に設置してあるスピーカーを使う場合は、事前に会場の管理者や主催者へ確認しておくのがおすすめです。

複数人での通話や録音用なら全指向性の有線タイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

リモート会議などで複数人の会話を集音したり録音したりする場合は、全指向性の有線タイプがおすすめです。全指向性のピンマイクは周囲の音を拾いやすいため、マイクから遠い場所に座っている方の声も拾えます。また、有線タイプのモノならバッテリーを気にせず使えるので、長時間の会議にも便利です。

とくに、パソコンに接続する場合は、接続が安定しているUSB接続タイプがおすすめです。一方、スマホやカメラなど幅広い機器と接続する場合は、汎用性の高いミニジャックプラグを搭載したモデルが適しています。

動画撮影に使うなら全指向性のワイヤレスタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

動画撮影用にピンマイクを使う場合は、全指向性のピンマイクがおすすめです。全指向性タイプなら、どこで音が鳴るかわからない場面でも周囲の音を確実に拾えます。

また、ワイヤレスタイプなら動きの制限が少ないので、スタジオを広く使う動画撮影でも便利。コンパクトなピンマイクを選べば、装着時の違和感も軽減できます。

ピンマイクのおすすめメーカー

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、音響機器と映像機器を手がけているメーカーです。ヘッドホン・ワイヤレスイヤホン・有線イヤホンなど、さまざまな製品を取り扱っています。

オーディオテクニカのピンマイクは、機能性と使いやすさを兼ね備えているのが特徴です。接続機器から電源を確保できるプラグインパワー方式が採用された製品など、便利なモデルをラインナップしています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、映像機器・スマートフォン周辺機器・記録メディアなど、さまざま製品を手がけている総合電機メーカーです。

ソニーのピンマイクは、クリアな音声を収録できるのが特徴。全指向性のマイクカプセルを採用した製品も存在しており、どの方向からでも声を拾えます。また、マイクに当たる風切り音やノイズが低減されるウインドスクリーンを搭載したモノを揃えているのも魅力です。

ロード(RODE)

By: amazon.co.jp

ロードは、高品質なコンデンサーマイクを手がけているマイクロフォンメーカーです。レコーディングマイク・ワイヤレスマイクキット・ガンマイクなど、幅広い製品を扱っています。

ロードのピンマイクは、利便性に優れているのが特徴。ワイヤレスタイプの「Wireless GO」シリーズは、1回の充電で最大約7時間の連続使用が可能です。また、コンパクトサイズかつ軽量化を実現したモデルを揃えているので、気軽に持ち運びできます。

ピンマイクのおすすめ|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスマイクロホン ECM-AW4

取り回しやすいコンパクトサイズのワイヤレスマイク。マイク入力端子が搭載されている録音機器などに繋げて使用します。最大約50m離れた場所の音声もクリアに収録可能。約19gの小型軽量化を実現しているので、持ち運びやすさも良好です。

装着方法はクリップ・アームバンド・据え置きの3通り。歩きながら音声を収録するときはクリップ、屋内でインタビューを録音するときは据え置きなど、用途に合わせて装着方法を使い分けられます。さまざまなシチュエーションで使用可能です。

1回の充電で最大約3時間の連続使用を実現。バッテリー性能にも優れています。

ロード(RODE) Wireless GO II ワイヤレスマイクシステム

2つの音源を同時に録音できるデュアルチャンネル対応のワイヤレスマイクです。送信機に直接録音できる「オンボードレコーディング機能」を搭載。持ち運びやすい小型軽量モデルなので、さまざまなシーンで活用できます。

1回の充電で最大約7時間の連続使用が可能。コンパクトサイズながらバッテリー性能に優れているため、電源を確保できない環境でも快適に使用できます。また、約200mの伝送距離を実現しているのも魅力です。

専用アプリをインストールすることで、フレキシブルゲインコントロールなどの細かい調節も可能。ノイズ発生に備えて、バックアップ用の音が録れるセーフティチャンネル機能にも対応しています。また、3.5mmアナログ出力とUSB-C経由のデジタルオーディオ出力を備えているのもポイントです。

ロード(RODE) Wireless GO

コンパクトサイズかつ軽量化を実現したワイヤレスピンマイクです。送信機には無指向性コンデンサーカプセルを内蔵しており、高音質のサウンドを収録できます。送信機と受信機はどちらも約31gなので、衣類やビデオカメラなどに装着しやすいのも魅力です。映像制作・インタビュー・プレゼンテーションなど、さまざまなシチュエーションで活用できます。

送信機と受信機は電源を入れてから約3秒で自動ペアリングするので、スムーズに収録を始められるのが特徴。また、見通しのよい場所であれば、最大約70mの範囲まで使用できます。風切音や周囲のノイズを低減する「ファーウィンドシールド」が付属しているのもポイントです。

1回の充電で最大7時間の使用が可能。バッテリー性能に優れているので、長時間の収録をするときにもおすすめです。送信機はクリップが付属しているため、衣類にも装着できます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) DJI MIC

高音から低音まで忠実に録音するピンマイクです。トランスミッターとレシーバーは安定した通信を実現。最大250m先からでも高音質のサウンドを収録できます。電源を入れて接続するだけなので、使いやすさも良好です。ウインドスクリーン機能を搭載しており、風切音や周囲のノイズを低減できます。

無指向性オーディオ録音を実現。複数人の音声を収録するときや、インタビューを録音するシーンに活用できます。トランスミッターの装着方法は、背面クリップまたはクリップマグネットの2通りです。

レシーバーはLightning・3.5mm TRS・USB-Cポートを搭載。スマートフォンやカメラなどにも対応しているので、クリエイティブな現場でも活用できます。また、トランスミッターとレシーバーはバッテリー性能に優れており、充電ケースを活用することで最大15時間の連続使用が可能です。

SYNCO ポータブルワイヤレスマイク SYNCO G2

全指向性を採用したワイヤレスタイプのピンマイクです。受信機1台で2つのチャンネルの音声を収録できます。インタビュー・プレゼンテーション・自撮り撮影などのシーンにもおすすめです。

「ローカットフィルター」を搭載しているので、風切音や周囲のノイズを低減できます。環境の変化を受けやすいアウトドアシーンでの音声収録も可能です。また、モノラルとステレオどちらにも対応しているので、さまざまなシチュエーションで活用できます。

受信機には3.5mmヘッドホンジャックを搭載。録音中の音声をリアルタイムでモニタリングできます。周囲の環境に合わせて、0〜5段階でゲインを切り替えられるのもポイントです。高性能なバッテリーを搭載しており、1回の充電で最大約8時間の連続使用できます。

ピンマイクのおすすめ|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) モノラルマイクロホン AT9904

電池のいらないプラグインパワー方式を採用した有線タイプのピンマイクです。コンパクトサイズかつ軽量化を実現しているので、装着時の負担を軽減できます。装着方法はクリップ式のため、ネクタイや胸ポケットなどにつけやすいのもポイントです。

3極プラグを採用しており、パソコンにも接続可能。小型軽量ながら本格的な音声収録もおこなえます。ウインドスクリーンのはたらきにより、風切音や周囲のノイズを低減したクリアな音声を収録できるのもポイントです。環境の変化を受けやすい屋外での使用にも適しています。

ソニー(SONY) ラベリアマイクロホン ECM-LV1

全指向性のマイクカプセルを採用したピンマイクです。どの方向からも高音質のステレオ収録を実現。マルチインターフェースシューを搭載したカメラに組み合わせることで、ノイズの少ない音声を収録できます。

コンパクトサイズかつ軽量のため、装着したときの違和感が少ないのもポイント。360°回転するクリップを搭載しているので、自由な角度で装着できます。ネクタイや胸ポケットなど、装着場所を選ばずに使用可能です。

プラグインパワー方式のため、接続した機器から電源を確保できます。ウインドスクリーンが付属。マイクに当たる風切り音やノイズを低減するため、屋外でも音声をクリアに録音可能です。

ソニー(SONY) エレクトレットコンデンサーマイク ECM-SP10

外部ノイズに強い真鍮ボディを採用した有線タイプのピンマイクです。高感度かつ低ノイズのマイクカプセルを搭載しており、高音質で録音できます。

XperiaやiPhoneなどのスマートフォンにも対応。スマートフォンの録音アプリを使って音声を収録できます。インタビューや会議などのシチュエーションにもおすすめです。マイクにはホルダークリップを搭載しているので、ポケットやネクタイに装着できます。

給電方法はプラグインパワー式を採用。プラグインパワー対応の機器に接続することで、バッテリーレスで使用できます。

ロード(RODE) Lavalier GO

4.5mm無指向性コンデンサーカプセルを搭載している有線ピンマイク。さまざまなシチュエーションで高音質の音声を収録できます。3.5mm TRSマイク入力を備えているのも特徴。Wireless GOシリーズをはじめとする幅広い録音デバイスに対応しています。

装着方法はクリップ式。襟やネクタイなどに挟めるので、インタビューやプレゼンテーションなどのビジネスシーンでも活用できます。また、音漏れを防ぐポップフィルターが付属しているのも魅力です。

優れた耐久性のKevlar強化ケーブルを採用しているため、屋外でもアクティブに収録をおこなえます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ピンマイク 400-MC018

機能性と使いやすさを兼ね備えた有線タイプのピンマイク。約65gの軽量ボディを採用しています。また、約6mのロングケーブルのため、取り回しやすいのもポイントです。

どの方向からでも音が拾える全指向性を採用。複数人で話し合うときやインタビューをするときにも活用できます。

ピンマイク本体には3極と4極を切り替えるスイッチを搭載。ビデオカメラ・スマートフォン・ICレコーダーなど、さまざまな機器に接続できます。また、マイクは電池式のため、電源供給非対応の機器にも使用可能です。

バッファロー(BUFFALO) クリップ式マイク BSHSM03

使いやすさに優れたコンパクトサイズのピンマイクです。マイク部にクリップを搭載しているので、ネクタイやポケットに装着しやすいのがポイント。小型軽量モデルなので、装着時の負担を軽減できます。

どの方向からでも音声が拾える無指向性を採用。インタビュー・プレゼンテーション・自撮り撮影など、さまざまな用途で活用できます。

ウインドウスクリーンを搭載。マイクに当たる風切音やノイズを低減してクリアな音声を収録できます。環境の変化を受けやすいシーンにもおすすめです。3.5mmステレオミニプラグを採用しているため、幅広い機器で使用できます。

シュア(SHURE) CVL Centraverseラベリアコンデンサーマイクロホン CVL-B-C-TQG

装着しても目立ちにくいコンパクトサイズのピンマイクです。映像制作の現場やビジネスシーンなど、幅広いシチュエーションで活用できます。

単一指向性を採用しており、クリアな音声を収録可能。付属のウインドスクリーンを使用することで、ポップやブレスなどの不要なノイズを低減できます。また、TA4Fコネクターにより、Shureワイヤレスボディバックシステムとスムーズに接続できるのも魅力です。

KTSOUL ピンマイク

クリアなサウンドを収録できる有線タイプのピンマイクです。全指向性を採用しているので、マイクの向きや角度に影響を受けずに全方位から音を拾えるのがポイント。YouTubeなどの動画撮影やインタビュー、プレゼンテーションなど、さまざまなシーンで活用できます。

専用アプリや変換アダプターを使用することで、iPhoneやAndroidにも接続可能。中域から高域までカバーするため、原音を忠実に録音できます。

付属アダプター・マイク・ケーブルは、付属の携帯ケースに収納できるのがポイント。気軽に持ち運びできます。

BOYA スマホ・一眼レフ用ラベリアマイク BY-M1

無指向性コンデンサーマイクを搭載した有線タイプのピンマイクです。スマートフォン・デジタル一眼レフカメラ・オーディオレコーダーなど、幅広い機器に対応しているので、さまざまな用途で活用できます。360°をカバーする「オムニピックアップバターン」を採用しており、高音質のサウンドを収録可能です。

3.5mm4極ゴールドプラグ付きケーブルを採用。約6mのロングケーブルのため、取り回しやすさも良好です。マイクにはクリップが付属しているので、簡単に取り付けられます。動画撮影・インタビュー・プレゼンテーションなどのシチュエーションにもおすすめです。

MIRFAK Audio MC1 ラべリアマイクロフォン MFA01

360°高感度録音を実現する有線タイプのピンマイクです。全方向性コンデンサーマイクを搭載しているので、複数人の音声を収録するときにもおすすめ。歪みの少ないサウンドに仕上がります。

ケーブルは耐久性と耐摩耗性に優れているのが特徴。高密度シールド層が外部干渉を低減するため、安定した信号伝送をおこないます。また、金メッキのプラグは酸化防止性と耐摩耗性があり、高音質の音声を届けられるのも魅力です。

スマートフォン・オーディオレコーダー・ビデオカメラなどで使用が可能。本体のスライドスイッチを切り替えるだけで、スマートフォンモードとカメラモードを切り替えられるのがポイントです。音質だけでなく、使いやすさにもこだわっています。

ピンマイクの売れ筋ランキングをチェック

ピンマイクのランキングをチェックしたい方はこちら。