ゲーム実況やライブ配信を始めるにあたって必要不可欠な配信用マイク。ひと口に配信用マイクといっても製品によって特性が異なるので、何を選べばよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの配信用マイクをご紹介。初心者向きのエントリーモデルからプロ仕様のモデルまでピックアップしました。選ぶ際のポイントも解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

マイクの種類と特徴

コンデンサーマイク

By: audio-technica.co.jp

コンデンサーマイクは、電気を蓄えたり放出したりする「コンデンサー」と呼ばれるパーツに、直流電圧をかけて収音するタイプ。動画配信やレコーディングなどさまざまな用途で使われており、接続した外部機器から電源を供給するのが特徴です。

振動板は薄くて軽い金属膜で作られているため、細かな音のニュアンスやその場の空気感まで忠実に捉えて再現できます。マイクの音質にこだわりたい方におすすめです。

ただし、ダイナミックマイクよりも価格が高いため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。また、衝撃や湿気、極端な温度変化に弱い点にも注意が必要。保管する際には、デシケーターのような湿度管理がしっかりとできる容器で管理するのが理想です。

ダイナミックマイク

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクは、搭載した振動板とコイルの振動を電気信号に変えるタイプ。マイク自体に電源を供給する必要がないため、機材に差し込むだけで簡単に使用できます。

精密電子部品を使わないシンプルな構造を採用することで、振動や衝撃に強いのもポイント。少しぶつけたり、落としたりしたくらいでは壊れにくいので、耐久性が気になる方でも安心して使用可能です。

価格は安いモノだと数千円、高性能なモノでも1万円前後から購入できるため、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめ。扱いやすいマイクですが、感度に関してはそれほど高くはないので、高音質で配信をしたい方はコンデンサーマイクを選んでみてください。

配信用マイクの選び方

接続方法で選ぶ

機材が揃っていない初心者は「USB接続」から始めよう

By: hyperxgaming.com

USB接続に対応した配信用マイクなら、オーディオインターフェースなどの機材を使わず、直接パソコンと接続が可能。面倒な手間なく気軽に使えるため、機材が揃っていない初心者におすすめです。

ケーブル1本で電源の供給も可能なので、複雑な配線が苦手な方でも気軽に使えます。リーズナブルなモデルも充実しており、コストを抑えて配信を始めたい方にもピッタリです。

一方で、USB接続の配信用マイクはステレオミキサー機能が利用できず、パソコンから出る音を拾えないため、ゲーム実況などで使いたい場合は注意が必要。ノイズに対する耐性もあまりよくなく、音質を重視する方は、「XLR接続」のアイテムをチェックしてみてください。

音質重視ならオーディオインターフェースを使った「XLR接続」

By: audio-technica.co.jp

XLR接続に対応した配信用マイクは、USB接続よりもノイズが少なくクリアな音声を伝送できるのが特徴。動画配信はもちろん、スタジオでのレコーディングやコンサートホールなどでも使用されています。

ロック機構の搭載なら、不意に外れてしまうようなトラブルを防げるのも嬉しいポイント。また、ケーブルの耐久性が高く断線しにくいので、長い目で見ればコストパフォーマンスも良好です。

一方で、XLRタイプのマイクは多くの場合パソコンに直接接続できず、別途オーディオインターフェースやミキサーなどが必須。周辺機器を揃える必要があるため、高音質で本格的な配信をしたい方におすすめです。

マイクの指向性をチェック

単一指向性

By: razer.com

単一指向性は、一方向からの集音に特化しているタイプ。「カーディオイド」とも呼ばれており、ほかの方向からの音をカットしたり、雑音やノイズを拾いにくかったりする特徴があります。一方向の音しか拾わないため、1人で行う動画配信に適した指向性です。

また、単一指向性のなかにも、音の拾う範囲を絞った「スーパーカーディオイド」や「ハイパーカーディオイド」など、さまざまな種類が販売されています。用途やシチュエーションに応じて使い分けるのがおすすめです。

全指向性(無指向性)

By: bluemic.com

全指向性は、マイクの周りにある音を同じ感度で集音するタイプ。範囲で使えるため、1人で配信するよりも複数人で配信するのに向いています。マイクの角度を細かく調節する必要がないのもメリットのひとつです。

一方で、全指向性はハウリングのリスクが高いため、音楽関連の配信で使うのにはあまり適しません。マイク周辺の音声をすべて拾ってしまうデメリットもあり、使用環境によっては雑音を拾わないよう防音対策が必要です。

配信内容に合ったモデルを選ぼう

ゲーム実況

By: amazon.co.jp

ゲーム実況においてマイクの音質は重要なポイント。ゲームが上手かったり、自分の声に自信があったりしても、マイクの音質が悪いと視聴者が離脱してしまう場合があります。

そのため、ゲーム実況では高音質で印象のよい音声を届けられるマイクを選ぶことが重要。具体的には、自分の声以外の雑音やノイズが入りにくい「単一指向性」や、感度がよく高音質で録音ができる「コンデンサーマイク」を選ぶのがおすすめです。

歌ってみた

By: amazon.co.jp

歌ってみた系の動画配信なら、自分の声以外が入りにくい単一指向性のマイクを選ぶのがおすすめ。XLR接続に対応する製品を選べば、ノイズが少なくクリアな音質で配信が可能です。

自分の声をきれいに動画に乗せたい場合は、感度の高いマイクを選ぶのもポイント。マイクの感度は「dB(デシベル)」で表記されており、数字がゼロに近いほど感度が優れています。歌ってみた系の配信で使用する場合は、-30~40dBがひとつの目安です。

より高音質に録音をしたいなら、マイクが拾える音域を表す「周波数特性」も確認。高音域に重点を置きたい場合は数値が高いモノ、低音域に重点を置きたい場合は数値の低いモノを選ぶのがおすすめです。

雑談

By: audio-technica.co.jp

雑談配信を行う場合、ノイズをどのくらい抑えられるかが重要なポイント。基本的には収音範囲の広い「全指向性」よりも、一方向からの集音に特化した「単一指向性」の製品が雑談配信には向いています。

1人で雑談配信をするなら、単一指向性のなかでも「スーパーカーディオイド」や「ハイパーカーディオイド」など、収音範囲の狭い指向性を選ぶのがおすすめ。一方、複数人で雑談配信するなら、「単一指向性」よりも「全指向性」のアイテムが適しています。

なお、接続方法はUSB・XLR接続の両方を使えますが、喋るだけなら扱いやすいUSB接続を選ぶのがベター。雑談配信だけでなく、歌ってみた系の配信でも使いたいなら、音質のよいXLR接続を選んでおくと安心です。

配信用マイクのおすすめメーカー

シュア(SHURE)

By: amazon.co.jp

「シュア」はアメリカを代表する老舗の音響機器メーカー。マイク業界では知らない人はいないほど有名で、音質にこだわった製品を数多く販売しているのが特徴です。

音質に優れているのはもちろん、耐久性が高く長く安心して使えるのもポイント。初心者向けのマイクも充実しているので、これから配信を始めてみたい方にもおすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: audio-technica.co.jp

「オーディオテクニカ」は、ヘッドフォン・スピーカー・マイクなど、さまざまな音響機器を扱う日本のメーカー。リアルな音にこだわったクオリティの高いマイクを展開しています。

また、気軽に購入できるリーズナブルな価格の製品も充実しているので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめのメーカーです。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

オーストリアで創業された「アーカーゲー」は、ヘッドホンやイヤホンなどで知られるオーディオメーカー。業務用としても使える品質に優れた製品を多数取り扱っていることで人気を集めています。

アーカーゲーのマイクは、ラインナップが豊富。ダイナミックマイク、コンデンサーマイクともに複数のモデルを展開しています。また、高音質なハイレゾ音源に対応している製品が存在するのもポイント。歌や楽器演奏を動画配信したい場合にもおすすめのマイクメーカーです。

ブルーマイクロフォン(Blue Microphones)

By: bluemic.com

ブルーマイクロフォンは、アメリカのマイクロフォン専業メーカー。高音質かつデザイン性の高いマイクを多数取り扱っており、世界的ミュージシャンも好んで愛用しています。

さまざまなタイプの製品を展開していますが、なかでも高品位なレコーディングを実現する「Yetiシリーズ」が人気。指向性パターンを切り替えられるモノや、プラグアンドプレイですぐに使えるモノなど、利便性に優れた配信用マイクを取り揃えているのもポイントです。

配信用マイクのおすすめモデル|コンデンサーマイク

オーディオテクニカ(audio-technica) コンデンサーマイクロホン AT2020

高性能ながらリーズナブルで、入門用にもおすすめな配信用のコンデンサーマイクです。2006年に発売されてから累計出荷台数100万台を超えるロングセラーが続く製品。動画配信だけでなく、DTMにも利用できます。

指向性は、狙った音を的確にキャッチする単一指向性を採用。横や背面方向からの収音を抑え、雑音を抑えた配信が可能です。また、専用のスタンドマウントやポーチが付属しているのもメリット。外出先に携帯して使用する場合にも便利です。

接続にはXLRケーブルを使用。ノイズを抑えたクリアなサウンドが取り込める点もおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) コンデンサーマイク AT4040

1インチサイズのダイアフラムを採用している配信用のコンデンサーマイクです。放送局やライブステージなど、業務用として使用できる性能を備えているのが特徴。スムーズかつナチュラルな音響特性が魅力で、音の立ち上がりにも優れています。

また、開放的なデザインにより、内部反響を軽減できるのもポイント。ノイズを抑えたクリアな配信を実現したい場合にも便利です。精密な加工が施されたニッケルメッキの真鍮製バッフルにより、高い安定度を有するのもメリット。付属の専用ショックマウントにより、防振性を高められるのも魅力です。

さらに、80Hzローカットフィルタースイッチや10dBパッドスイッチを備えています。エアコンなどの騒音や雑音を低減したい場合にもおすすめです。

アーカーゲー(AKG) コンデンサーマイク C214

優れた音質で定評のある「C414 XLⅡ」のサウンドを受け継いでいる、配信用のコンデンサーマイクです。上位モデルに比べて、低価格で購入できるのが特徴。C414 XLⅡと同等のダイヤフラムが1枚搭載されており、コスパの高い配信用マイクを求めている場合におすすめです。

音質は高音域が4kHz持ち上げられているのがポイント。BGMを流しながら配信し、声を際立たせたい場合にも便利です。最大音圧レベルは136dB。20dBのパッドも付属しており、音圧が高い音源にも対応できます。

また、ローカットフィルターを備えているのもメリット。エアコンなどの騒音をカットしたい場合に使用できます。ショックマウントも標準で付属しているので、振動によるノイズを抑えたい場合にも便利。別途ショックマウントを購入する手間やコストが抑えられる点も魅力です。

ブルーマイクロフォン(Blue Microphones) Baby Bottle SL

ポップなデザインがおしゃれな配信用のコンデンサーマイクです。かわいらしい外観ながら、音質に優れているのが特徴。見た目にも楽しめる配信用マイクを求めている場合にもおすすめです。

音質は中音域を豊かに表現できる設計。ボーカル録音にも適しており、歌ってみた系の動画配信をする場合にも便利です。また、アコースティックギターのなつかしさを感じさせるサウンドも実現できるので、楽器の収録にも適しています。

付属品としては、カスタム・ショックマウントやウッド・ストレージボックスが付属。高級感あるボックスで保存できるほか、振動を抑えてノイズを軽減したい場合にもおすすめです。

ノイマン(NEUMANN) コンデンサーマイク TLM102 NICKEL

スタジオでの使用にも耐えられる高性能な配信用のコンデンサーマイクです。最大音圧レベルは144dBと高く、ドラムやアンプを通したギターサウンドをキャッチしたい場合にも使用が可能。大音量に耐えられる設計により、バンドサウンドなどを配信したい場合にも便利です。

また、6kHz以上をわずかにブーストさせており、ボーカルを的確に捉えられるのもポイント。ほかの音源とり声を際立たせたい場合にも使用できます。さらに、グリル内にポップスクリーンが内蔵されているのもメリット。音声録音時の破裂音を抑え、聴きやすいサウンドで配信ができます。

指向性はカーディオイドを採用。サイドやバックからの収音を抑え、クリアな音声が実現できる点もおすすめです。

配信用マイクのおすすめモデル|ダイナミックマイク

シュア(SHURE) ダイナミックマイク SM58

ダイナミックマイクの代表的存在として知られる定番製品です。プロのミュージシャンにも使用される音質や耐久性の高さが特徴。単一指向性によって周囲の雑音を効果的に抑制できるほか、クリアで伸びのあるボーカルが録音できます。

球形のメッシュグリル内にはポップフィルターを搭載。破裂音や風切り音の混入を抑えられるのも魅力です。また、エアー式ショック・マウント・システムを備えているのもポイント。ハンドリングノイズを吸収する設計により、手に持って配信を行う場合にも対応できます。

さらに、堅牢性の高いスチール製メッシュ・グリルを採用しているのも長所。ハードな使用に耐えられるマイクを求めている場合はもちろん、外出先へ持ち運ぶ頻度が高い場合にもおすすめです。

シュア(SHURE) ダイナミックマイク SM7B

動画配信のほか、スタジオでのボーカルレコーディングにも対応できる、単一指向性のダイナミックマイクです。ダイナミックレンジが広く、ナチュラルに音声を捉えられるのが特徴。クリアかつ繊細なボーカルを録音したい場合にも便利です。

また、エア・サスペンション式衝撃アイソレータやポップフィルターを備えているのもポイント。呼吸音や破裂音の混入を抑え、クリアなサウンドで配信ができます。さらに、電磁波シールドも搭載されており、パソコンや音響機器から発生するハムノイズを抑えたい場合にも便利です。

付属品としては、ウィンドスクリーンやスイッチカバープレートを同梱。アクセサリ類を別途購入する手間がかからない点もおすすめです。不要な低音域をカットしたい場合や中音域を強調したい場合には、スイッチ1つで対応できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) AT2040

スタジオのようなクオリティの高いサウンドが録音できる、配信用のダイナミックマイクです。自宅で発生するエアコンや窓からの騒音、ブームアームからの振動などを効果的に抑えられるのが特徴。本体にショックマウントが内蔵されているほか、2種類の素材を採用しているウインドスクリーンも備えています。

指向性はハイパーカーディオイドを採用。カーディオイドよりもさらに指向性を高めており、周囲からの雑音混入が軽減できます。接続にはXLR端子を使用。オーディオインターフェイスを介してパソコンと接続すれば、ノイズを抑えたクリアなサウンドが実現できます。

また、マウンティングクランプや変換ねじ、マイクポーチなどが同梱されているのもメリット。付属品が充実している点もおすすめです。

アーカーゲー(AKG) ダイナミックマイク D5

比較的リーズナブルな価格で購入できる、コスパに優れた配信用のダイナミックマイク。配信用マイクを導入する際のコストを抑えたい場合にもおすすめです。

また、中心部と外縁部で厚みが異なるダイヤフラムを採用しているのもポイント。透明感のある高音域やパワフルで迫力のある低音を実現しており、歌ってみた系の配信にも利用できます。

指向性はスーパーカーディオイドを採用。周囲からの雑音混入を抑え、音声を的確に捉えられる点も魅力です。さらに、アーカーゲーが特許を取得している「ダブルフレックス・ショックマウント」も内蔵しているのもメリット。振動により発生するノイズを軽減したい場合にも便利です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) E945

指向性に優れたスーパーカーディオイドを採用している配信用のダイナミックマイクです。音声をナチュラルに表現したい場合に便利。パワフルかつ豊かなボーカルも録音できるので、歌ってみた系の配信にも利用できます。

また、ハンドリングノイズを低減する設計が採用されているのもおすすめポイント。マイクを手に持って配信する場合にも適しています。さらに、堅牢性の高いメタル製のハウジングやボディが採用されているのもメリット。ハードな使用に耐えられるダイナミックマイクらしく、外出先へ持ち運んで使用する場合にもぴったりです。

ハムノイズ補正コイルも備えているのも便利。パソコンや音響機器方の影響を受けにくい点もおすすめです。

配信用マイクのおすすめモデル|USB接続

シュア(SHURE) ポッドキャストマイクロホン MV7-K-J

USB接続とXLR接続の両方に対応している配信用のマイクです。オーディオインターフェイスやミキサーへの接続だけでなく、パソコンに直接接続できるのが特徴。幅広い配信環境に対応できる製品です。

また、ボイスアイソレーション・テクノロジーを備えているのもポイント。室内で発生するノイズや周囲の雑音を抑えて、音声を的確に捉えられるのも魅力です。本体には3.5mmのヘッドホンジャックも搭載されており、モニタリングも可能。タッチパネルで、マイクゲインやヘッドホンの音量、モニターミックスなども簡単に調節できます。

「ShurePlus MOTIV」と呼ばれるデスクトップ用の無料アプリをダウンロードすれば、イコライザーやコンプレッサーなどの機能も使用が可能。好みにあわせて音質をカスタマイズできる点もおすすめです。

アーカーゲー(AKG) LYRA

レトロなデザインを採用している配信用のUSB接続マイクです。デザイン性に優れており、見た目に楽しめるのが特徴。性能だけでなく、外観にもこだわって配信用マイクを選びたい場合におすすめです。

USBでパソコンと接続すれば、24bit/192kHzでのサウンドレコーディングが可能。高音質なハイレゾ音源に対応しているので、歌ってみた系の動画配信やDTMにも利用できます。

また、4種類の収音モードを搭載しているのもポイント。全面の音のみを拾う「FRONT」や全指向性の「FRONT&BACK」など、使用目的にあわせて簡単に選択できます。OSは、WindowsやmacOSのほか、iOSやAndroidにも対応。幅広い端末と接続して使用できる点もおすすめです。

ブルーマイクロフォン(Blue Microphones) Yeti BM400

ブルーマイクロフォンが独自開発した「トリプルカプセル・テクノロジー」を搭載している配信用のUSB接続マイクです。ナチュラルな音声を録音できるのが特徴。4種類の指向性を選択できるので、雑談やゲーム実況、歌ってみた系の動画まで、幅広い配信に対応できます。

また、本体に3.5mmのヘッドホン端子を備えているのもポイント。ヘッドホンやイヤホンを接続すれば、録音する音声のモニタリングが可能です。ヘッドホンのボリュームは、ボディ前面に配置されているコントローラーで調節できます。

さらに、ピボット方式のベーススタンドが付属しているのもメリット。マイクの角度は録音したい音源にあわせて簡単に変更できます。マイクスタンドを利用する場合には、ベーススタンドの取り外しも可能です。

レイザー(Razer) Seiren V2 X RZ19-04050100-R3M1

明瞭な音声をキャッチできる配信用のUSB接続マイクです。感度が高く、高音域の収音性能に優れているのが特徴。ナチュラルな音声を録音できるのが魅力です。

指向性はスーパーカーディオイドなので、側面や背面からの雑音は効果的に抑制可能。キーボードをタイピングする音やマウスのクリック音が混入してしまうトラブルを軽減できるので、ゲーム実況にもおすすめです。

また、マイク本体にミュートボタンが配置されているのもポイント。手元で消音できるので、配信中に席を外す際に便利です。さらに、内蔵型のショックアブソーバーを備えているのもメリット。マイクにぶつかってしまった際の衝撃をしっかりと吸収し、ノイズを軽減できる点もおすすめです。

キングストン(Kingston) HyperX QuadCast HX-MICQC

ゲーミングデバイスらしいデザインが採用されている配信用のUSB接続マイクです。「HyperX NGENUITY」ソフトを利用して、RGBライティングを楽しめるのが特徴。LEDステータスインジケーター付きのタップミュートセンサーも搭載されており、消音操作がライトの点灯や消灯によって、目で見て簡単に確認できます。

指向性は4種類を切り替えて使用可能。ゲーム実況はもちろん、雑談や歌ってみた系の動画など、配信の種類によってスイッチで変更できます。また、防振、耐衝撃マウントが付属しているのもポイント。マイクにぶつかってしまった際に起こる衝撃音を抑えられる点も便利です。

ゲインの調節はマイク底部のダイヤルを回転させるだけ。直感的な操作性を有している点もおすすめです。

番外編:配信用マイクといっしょに揃えたいアイテム

ヤマハ(YAMAHA) AG03 MK2

直感的な操作ができるライブストリーミングミキサーです。フェーダーやノブ、スイッチなどが搭載されており、ボリューム調節やミュートなどの操作が簡単にできる設計。別売りのフットスイッチ「FC5」を導入すれば、足元でミュートやリバーブのONOFF操作が行えます。

また、ループバック機能が利用できるのもポイント。パソコンに保存されている音源をBGMとして流しながら配信したい場合に便利です。さらに、複数のエフェクト機能が利用できるのもメリット。コンプレッサー・イコライザー・リバーブなどを使用して音声をカスタマイズできるほか、アンプシュミレーターによってギターアンプによるサウンドも再現できます。

本製品にはCubase AIやWaveLab Castなどのソフトも付属。配信だけでなく、DTMに使用する場合にもおすすめです。

アールエムイー(RME) Babyface Pro FS

スタイリッシュかつスリムなデザインを採用しているオーディオインターフェイスです。アルミ・ブロック削り出し加工の筐体は、サイズが幅108×高さ35×奥行181mm。デスク上にすっきりと設置できるのも魅力です。

配信用マイクとの接続は、USBのほかXLR端子やオプティカル端子にも対応が可能。ノイズを抑えたクリアなサウンドを録音したい場合にも便利です。側面にはヘッドホン出力用の端子も搭載。音声をモニタリングしながら配信したい場合にもおすすめです。

給電はUSBバスパワーに対応。パソコンとUSBケーブル1本で接続して利用できる点もメリットです。

ステッドマン(STEDMAN) PROSCREEN 101

グースネックが付属しているポップスクリーンです。マイクアームなどに取り付けて、位置を適切に設定できるのが特徴。取り付けにはクランプ・アダプターを使用します。

本体の素材はメタル製なので、汚れた際には水洗いが可能。布製のポップガードのように高音域が減衰することがなく、原音に忠実なサウンドが録音できる点もおすすめです。

ブルーマイクロフォン(Blue Microphones) COMPASS

スタイリッシュな外観が魅力的なマイクアームです。ブルーマイクロフォンの製品らしく、デザイン性に優れているのが特徴。インテリアや部屋とマッチしやすいのもポイントです。

また、格納式ケーブルマネージメント・システムを備えているのもメリット。配線をスッキリとできる点も便利です。土台部分の設置はC型クランプを使用。デスクの天板に簡単に固定できる点もおすすめです。

カナレ(CANARE) マイクケーブル 5m EC05B(XX)

カナレのケーブルにノイトリックのコネクターを組み合わせた製品です。マイクケーブルとしては業界標準といわれており、高性能ながら低価格でコスパに優れているのが魅力。耐久性も高く、長期間使用できます。

音質はフラットで癖が少なく、原音を忠実に再現可能。音声やボーカルはもちろん、楽器の録音を行う場合にもおすすめです。

その他配信機材について詳しく知りたい方はこちら