ゲーム実況やライブ配信を始めるにあたって必要不可欠な配信用マイク。ひと口に配信用マイクといっても製品によって特性が異なるので、何を選べばよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの配信用マイクをご紹介。初心者向きのエントリーモデルからプロ仕様のモデルまでピックアップしました。選ぶ際のポイントも解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

マイクの種類と特徴

ダイナミックマイク

By: audio-technica.co.jp

ダイナミックマイクは、搭載した振動板とコイルの振動を電気信号に変えるタイプ。マイク自体に電源を供給する必要がないため、機材に差し込むだけで簡単に使用できます。

精密電子部品を使わないシンプルな構造を採用することで、振動や衝撃に強いのもポイント。少しぶつけたり、落としたりしたくらいでは壊れにくいので、耐久性が気になる方でも安心して使用可能です。

価格は安いモノだと数千円、高性能なモノでも1万円前後から購入できるため、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめ。扱いやすいマイクですが、感度に関してはそれほど高くはないので、高音質で配信をしたい方はコンデンサーマイクを選んでみてください。

コンデンサーマイク

By: audio-technica.co.jp

コンデンサーマイクは、電気を蓄えたり放出したりする「コンデンサー」と呼ばれるパーツに、直流電圧をかけて収音するタイプ。動画配信やレコーディングなどさまざまな用途で使われており、接続した外部機器から電源を供給するのが特徴です。

振動板は薄くて軽い金属膜で作られているため、細かな音のニュアンスやその場の空気感まで忠実に捉えて再現できます。マイクの音質にこだわりたい方におすすめです。

ただし、ダイナミックマイクよりも価格が高いため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。また、衝撃や湿気、極端な温度変化に弱い点にも注意が必要。保管する際には、デシケーターのような湿度管理がしっかりとできる容器で管理するのが理想です。

配信用マイクの選び方

接続方法で選ぶ

機材が揃っていない初心者は「USB接続」から始めよう

By: amazon.co.jp

USB接続に対応した配信用マイクなら、オーディオインターフェースなどの機材を使わず、直接パソコンと接続が可能。面倒な手間なく気軽に使えるため、機材が揃っていない初心者におすすめです。

ケーブル1本で電源の供給も可能なので、複雑な配線が苦手な方でも気軽に使えます。リーズナブルなモデルも充実しており、コストを抑えて配信を始めたい方にもピッタリです。

一方で、USB接続の配信用マイクはステレオミキサー機能が利用できず、パソコンから出る音を拾えないため、ゲーム実況などで使いたい場合は注意が必要。ノイズに対する耐性もあまりよくなく、音質を重視する方は、「XLR接続」のアイテムをチェックしてみてください。

音質重視ならオーディオインターフェースを使った「XLR接続」

By: bluemic.com

XLR接続に対応した配信用マイクは、USB接続よりもノイズが少なくクリアな音声を伝送できるのが特徴。動画配信はもちろん、スタジオでのレコーディングやコンサートホールなどでも使用されています。

ロック機構の搭載なら、不意に外れてしまうようなトラブルを防げるのも嬉しいポイント。また、ケーブルの耐久性が高く断線しにくいので、長い目で見ればコストパフォーマンスも良好です。

一方で、XLRタイプのマイクは多くの場合パソコンに直接接続できず、別途オーディオインターフェースやミキサーなどが必須。周辺機器を揃える必要があるため、高音質で本格的な配信をしたい方におすすめです。

マイクの指向性をチェック

単一指向性

By: bluemic.com

単一指向性は、一方向からの集音に特化しているタイプ。「カーディオイド」とも呼ばれており、ほかの方向からの音をカットしたり、雑音やノイズを拾いにくかったりする特徴があります。一方向の音しか拾わないため、1人で行う動画配信に適した指向性です。

また、単一指向性のなかにも、音の拾う範囲を絞った「スーパーカーディオイド」や「ハイパーカーディオイド」など、さまざまな種類が販売されています。用途やシチュエーションに応じて使い分けるのがおすすめです。

全指向性(無指向性)

By: bluemic.com

全指向性は、マイクの周りにある音を同じ感度で集音するタイプ。範囲で使えるため、1人で配信するよりも複数人で配信するのに向いています。マイクの角度を細かく調節する必要がないのもメリットのひとつです。

一方で、全指向性はハウリングのリスクが高いため、音楽関連の配信で使うのにはあまり適しません。マイク周辺の音声をすべて拾ってしまうデメリットもあり、使用環境によっては雑音を拾わないよう防音対策が必要です。

配信内容に合ったモデルを選ぼう

ゲーム実況

By: bluemic.com

ゲーム実況においてマイクの音質は重要なポイント。ゲームが上手かったり、自分の声に自信があったりしても、マイクの音質が悪いと視聴者が離脱してしまう場合があります。

そのため、ゲーム実況では高音質で印象のよい音声を届けられるマイクを選ぶことが重要。具体的には、自分の声以外の雑音やノイズが入りにくい「単一指向性」や、感度がよく高音質で録音ができる「コンデンサーマイク」を選ぶのがおすすめです。

歌ってみた

By: bluemic.com

歌ってみた系の動画配信なら、自分の声以外が入りにくい単一指向性のマイクを選ぶのがおすすめ。XLR接続に対応する製品を選べば、ノイズが少なくクリアな音質で配信が可能です。

自分の声をきれいに動画に乗せたい場合は、感度の高いマイクを選ぶのもポイント。マイクの感度は「dB(デシベル)」で表記されており、数字がゼロに近いほど感度が優れています。歌ってみた系の配信で使用する場合は、-30~40dBがひとつの目安です。

より高音質に録音をしたいなら、マイクが拾える音域を表す「周波数特性」も確認。高音域に重点を置きたい場合は数値が高いモノ、低音域に重点を置きたい場合は数値の低いモノを選ぶのがおすすめです。

雑談

By: amazon.co.jp

雑談配信を行う場合、ノイズをどのくらい抑えられるかが重要なポイント。基本的には収音範囲の広い「全指向性」よりも、一方向からの集音に特化した「単一指向性」の製品が雑談配信には向いています。

1人で雑談配信をするなら、単一指向性のなかでも「スーパーカーディオイド」や「ハイパーカーディオイド」など、収音範囲の狭い指向性を選ぶのがおすすめ。一方、複数人で雑談配信するなら、「単一指向性」よりも「全指向性」のアイテムが適しています。

なお、接続方法はUSB・XLR接続の両方を使えますが、喋るだけなら扱いやすいUSB接続を選ぶのがベター。雑談配信だけでなく、歌ってみた系の配信でも使いたいなら、音質のよいXLR接続を選んでおくと安心です。

配信用マイクのおすすめメーカー

シュア(SHURE)

By: rakuten.co.jp

「シュア」はアメリカを代表する老舗の音響機器メーカー。マイク業界では知らない人はいないほど有名で、音質にこだわった製品を数多く販売しているのが特徴です。

音質に優れているのはもちろん、耐久性が高く長く安心して使えるのもポイント。初心者向けのマイクも充実しているので、これから配信を始めてみたい方にもおすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: audio-technica.co.jp

「オーディオテクニカ」は、ヘッドフォン・スピーカー・マイクなど、さまざまな音響機器を扱う日本のメーカー。リアルな音にこだわったクオリティの高いマイクを展開しています。

また、気軽に購入できるリーズナブルな価格の製品も充実しているので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめのメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: rakuten.co.jp

「ゼンハイザー」はドイツを代表する音響機器メーカー。世界中の有名なコンサートホールやオペラハウスに音響機器を提供しているなど、クオリティの高いマイクを製造しています。

なかでも、ボーカルマイクロフォン「e800シリーズ」が有名で、歌ってみた系の配信からゲーム実況まで幅広い用途に使用可能。製品のラインナップも充実しているので、ニーズに合った配信用マイクが選べます。

ブルーマイクロフォン(Blue Microphones)

By: amazon.co.jp

ブルーマイクロフォンは、アメリカのマイクロフォン専業メーカー。高音質かつデザイン性の高いマイクを多数取り扱っており、世界的ミュージシャンも好んで愛用しています。

さまざまなタイプの製品を展開していますが、なかでも高品位なレコーディングを実現する「Yetiシリーズ」が人気。指向性パターンを切り替えられるモノや、プラグアンドプレイですぐに使えるモノなど、利便性に優れた配信用マイクを取り揃えているのもポイントです。

配信用マイクのおすすめモデル|ダイナミックマイク

シュア(SHURE) ポッドキャスト用マイクロホン MV7X

XLR接続に対応したプロフェッショナル品質のダイナミックマイク。ノイズが発生しにくく、高音質で収音できるのが特徴です。マイクの感度は-55dBで、指向性は狙った音を的確に拾うカーディオイドを採用しています。

さまざまなマイクスタンドに装着できる金具を備えており、マイクの位置を柔軟に調節可能です。また、本体は頑丈なオールメタル素材を採用しているので、耐久性にも優れています。

バックグラウンドノイズを排除し、声を正確に収音する「ボイスアイソレーションテクノロジー」を搭載しているのもポイント。ゲーム実況から雑談配信まで、幅広い用途やシチュエーションで使えます。

シュア(SHURE) ダイナミックマイク SM58

シュアで人気のダイナミックマイクです。「ゴッパー」の愛称でも親しまれ、世界中で多くのアーティストが使用しています。指向性は単一指向性を採用。ノイズを低減して配信者の声をクリアに収音可能です。

周波数特性は50~15000Hzで、感度は-54.5dB。また、独自の「エアー式ショック・マウント・システム」を搭載し、厄介なハンドリングノイズをシャットアウトできるのも嬉しいポイントです。

さらに、本製品はハードな環境でも安心して使える頑丈設計を採用。耐久性が気になる方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックボーカルマイクロホン ATR1300x

コストパフォーマンスに優れたダイナミックマイクです。強靭なダイキャストボディを採用することで、音の明瞭度を耐久性を両立。ゲーム実況から歌ってみたまで、さまざまなシーンに対応できます。

周波数特性は70~12000Hzで、感度は-52dB。ハウリングが発生しにくい単一指向性を採用しています。手元で操作ができるトークスイッチや、XLR端子を採用した着脱可能な5.0mケーブルなど、実用性も良好です。

基本性能が充実していながら価格が安いのも特徴。リーズナブルな配信用マイクが欲しい方や、これから配信を始めてみたい初心者の方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ダイナミックマイクロホン e835 S

価格と性能のバランスに優れたダイナミックマイク。指向性はカーディオイドを採用しており、周囲の不要なノイズを抑えて配信者の声のみをクリアに収音できます。周波数特性は40~16000Hzで、接続方法はXLRに対応。堅牢なメタルハウジングを採用しているのも嬉しいポイントです。

気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、ワンタッチで手軽に扱える充実した機能を搭載。サイレントミュートスイッチや、ハンドリングノイズを遮断するハムバッキングコイルなど、使い勝手は良好です。

中低音域と高音域を重視したタイトな音質に仕上がっているのもポイント。歌ってみた系の配信で使うのにピッタリの1台です。

オーディックス(AUDIX) ダイナミックマイク D4

楽器の録音にも適したマルチなダイナミックマイクです。周波数特性は40~18000Hzで、音圧レベルは144dBに対応。雑談配信はもちろん、ギターアンプや打楽器など音圧の高い楽器のサウンドもクリアに収音できます。

狙った音のみを集音する「ハイパーカーディオイド」と、ナチュラルで正確な音を探知できる「VLMテクノロジー」を組み合わせることで、ハウリングやノイズが入るのを最低限に抑えられるのも嬉しいポイントです。

ボディにはアルミ・ブラックフィニッシュ、マイク部分にはスチール製メッシュグリルを採用。機能性とデザイン性のバランスで選びたい方にもおすすめです。

配信用マイクのおすすめモデル|コンデンサーマイク

シュア(SHURE) コンデンサーマイク KSM44ASL

さまざまな用途に対応可能なコンデンサーマイク。指向性をカーディオイド・無指向性・双方向性の3種類から選択できるため、音源にあわせた柔軟な運用ができます。

音質面では、歪みの少ない透明度の高いサウンドを収音できる「Prethosアドバンスド・プリアンプ技術」を搭載。周波数特性は20~20000Hzに対応しているので、さまざまな音をバランスよく捉えられます。

ほかにも、3ポジションの切り替え可能な低周波フィルター、高い音圧に対応する15dBパッド、破裂音やブレスノイズを遮断する3ステージのポップ保護グリルなど、基本性能が充実。ワンランク上のコンデンサーマイクが欲しい方におすすめのモデルです。

オーディオテクニカ(audio-technica) コンデンサーマイクロホン AT2020

シンプルで扱いやすいコンデンサーマイク。 専用設計のダイアフラムを採用することで、広いダイナミックレンジと優れた過渡応答を実現。指向性はカーディオイドを使用しているので、サイドとリアのノイズを抑えて狙った音だけを収音可能です。

エントリークラスながら、感度は-37dBで、音圧レベルは144dBに対応。これからゲーム実況や歌ってみたを始めてみたい方にピッタリのモデルです。付属の専用スタンドマウントを使えば、マイクを簡単かつ正確に配置できます。

気軽に購入できるリーズナブルな価格も魅力。コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) エレクトレットコンデンサーマイクロホン e 865 S

シャープな指向性を採用したコンデンサーマイクです。収音範囲の狭いスーパーカーディオイド型なので、リアサイドからの不要なノイズを抑えて配信者の声のみをクリアに収音できます。

周波数特性は40~20000Hz。また、メタル製のボディとマイクカプセルのショックマウントを組み合わせることで、ハンドリング時のノイズを抑制できるのも特徴です。

さらに、電源のオンオフがワンタッチで切り替えられる「ロック式サイレントON/OFFスイッチ」を搭載。ゲーム実況から歌ってみたまで、幅広い用途で使えるマルチな1台です。

ブルーマイクロフォン(Blue Microphones) Spark SL BM1100

多彩な機能を備えたブルーマイクロフォンのコンデンサーマイクです。独自のカスタムを施した大口径のコンデンサーカプセルと、不要なノイズを低減する「ハイパスフィルター」を搭載。透明感のある美しいサウンドを収音できます。

周波数特性は20~20000Hzで、感度は34.9 mV/Pa at 1 kHz。音割れを防ぐPADスイッチは-20dBに対応しているので、激しい音源もクリアに収音可能です。XLR接続ができ、ミキサーやオーディオインターフェースでの使用にも適しています。

マイクを安心して保管できる「木製ストレージボックス」や、振動・揺れの影響を受けずクリアなサウンドを実現する「プレミアムショックマウント」など、付属品が充実しているのも嬉しいポイントです。

アーカーゲー(AKG) Project Studio Line P220

大口径1インチ・ダイヤフラムを搭載したコンデンサーマイク。原音の温かみを再現できるため、雑談配信から歌ってみたまで幅広いシーンで使えます。ローカットフィルターと20dBのPADを組み合わせることで、環境や音源を選ばず使用できるのもポイントです。

周波数特性は20~20000Hzで、最大音圧レベルは135dBに対応。ダイナミックレンジが広いのも特徴で、さまざまな音をバランスがよく捉えて収音できます。

また、マイクロホン内部を保護する堅牢なフロントグリルと、金メッキ処理を施したコネクターを使用しているため、耐久性も良好です。指向性はカーディオイドを採用しており、1人での録音や配信に適しています。

配信用マイクのおすすめモデル|USBマイク

シュア(SHURE) MV88+STEREO-USB

コンパクトで扱いやすい多機能USBマイク。重量79g軽量ボディを実現しています。周波数特性は20~20000Hz、最大音圧レベルは120dB。歌ってみたから雑談配信まで、幅広いシーンで利用可能です。

専用アプリ「ShurePlus MOTIV」を使えば、マイクの設定を自分好みにカスタマイズできるのも嬉しいポイント。側面にはUSB端子のほか、3.5mmヘッドホンミニジャックを搭載しているので、リアルタイムで音声をモニタリングしながら配信できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) マイクロホン ATR2100x-USB

さまざまなシーンで活躍するハンドヘルド型のUSBマイク。手に持って使ったり、デスクスタンドに設置して使ったり、用途に合わせて使い分けができます。接続方法は、USB・XLRの2種類に対応しており、幅広いデバイスにアクセスが可能です。

USB接続時は192kHz/24bitの高音質収音ができるため、配信用マイクの音質にこだわりたい方にもおすすめ。周波数特性は50~15000Hzで、指向性はカーディオイドを採用しています。

モニタリング可能なヘッドホン出力端子や、ヘッドホンの音量調整ができるスイッチなど、基本性能が充実しているのも特徴です。

ブルーマイクロフォン(Blue Microphones) Yeti X BM600X

先進技術を詰め込んだブルーマイクロフォンのフラグシップモデル。独自開発した「14mmコンデンサーカプセル」を搭載することで、高音質で明瞭なサウンドを実現しています。

機能面では、充実した機能を採用。ストリーミングのサウンドを正確にコントロールできる「多機能スマートノブ」、自分だけのボーカルサウンドを作成できる「Blue VO!CEブロードキャストボーカルエフェクト」、各種設定を直感的に操作できる「Logicool G HUB」に対応しています。

指向性は、単一指向性・無指向性・双指向性・ステレオ。対談形式のライブ配信からゲーム実況まで、さまざまな用途で使えます。

レイザー(Razer) Seiren Elite RZ19-02280100-R3M1

ストリーミング配信に特化したプロ仕様のUSBマイクです。電子干渉を抑える「ダイナミック型シングルカプセル」と、不要な低周波数の振動を除去する「内蔵型ハイパスフィルター」を搭載。聞き取りやすいクリーンな音声を収音できます。

オーディオの歪みを防ぐ「デジタル/アナログリミッター」を搭載しているのもポイント。思わず大きな声を上げてしまうゲーム実況でも常に安定した音声が届けられます。

さらに、遅延を気にせず使える「3.5mmヘッドホンモニタリング用端子」を搭載しているのも魅力のひとつです。

キングストン(Kingston) HyperX QuadCast HX-MICQC

基本性能が充実したゲーマー向けのUSBマイクです。不測の衝撃音を抑える防振・耐衝撃マウントと、厄介なポップ音を抑える内蔵ポップフィルターを搭載。ノイズの少ないクリアなサウンドを収音できます。

指向性は、ステレオ・無指向・カーディオイド・双方向の4種類から選択でき、用途に応じで切り替えが可能。オーディオミスをチェックできるLEDステータスインジケーターや、マイク感度を簡単に調節できるダイヤル式のゲイン制御など、実用性を配慮して作られているのも特徴です。

本製品には、3/8インチ・5/8インチのスレッドセットアップに適合する汎用アダプターが付属しているので、さまざまな種類のマイクスタンド・ブームアームに取り付けて使えます。

番外編:配信用マイクといっしょに揃えたいアイテム

ヤマハ(YAMAHA) ウェブキャスティングミキサー AG03

便利な機能が充実したオーディオインターフェースです。面倒な配線不要でセッティングできる「ループバック機能」を搭載。取り込んだ音声に効果音・BGMを加えることで、初心者でも気軽に配信が楽しめます。

接続方法は、インターネット配信に便利なヘッドセットをはじめ、コンデンサーマイク・ダイナミックマイク・Hi-Zに対応。さまざまなデバイスに繋げて使えるのも嬉しいポイントです。

本製品はUSBバズパワーに対応しており、パソコンのUSBポートやモバイルバッテリーから給電が可能。192KHz/24Bitのハイレゾサウンドで、原音を再現できるのも魅力のひとつです。

ブルーマイクロフォン(Blue Microphones) Broadcast Boom Arm BA100C

実用性に優れたクランプ式のマイクスタンド。頑丈なC型クランプでマイクを机にしっかり固定できるため、操作中の軋み音やぐらつきを抑えて快適に使えます。

独自の格納式ケーブルマネージメント・システムを採用することで、散らかりやすいケーブル類をスマートに収納できるのもポイント。マイク周りをスッキリさせたい方にもおすすめです。

トルク調節が可能なフリクションヒンジは360度回転するため、幅広い用途やシチュエーションで使用可能。変換アダプターは、標準の3/8インチスレッドと、5/8インチスレッドのモノが付属し、さまざまなタイプの配信用マイクを取り付けて使えます。

ケーシー(KC) 卓上マイクスタンド MDS-3

リーズナブルな価格が魅力の卓上マイクスタンドです。グースネックタイプのアームを採用しており、シチュエーションに応じてマイクの位置・角度を自由に変更可能。約345mmの卓上で扱いやすい適度な長さなので、ゲーム実況から雑談まで幅広く使えます。

滑り止めゴム足付きの大型ベースを採用しており、安定感は良好。重さのある配信用マイクも安心して使えます。3/8-5/8インチスレッドの変換アダプターや、マイク径が約25mmまでに対応するマイクホルダーなど、付属品が充実しているのも嬉しいポイントです。

タマ(tama) ストレートマイクスタンド MS200

短めの三脚パイプを採用したストレートタイプのマイクスタンド。省スペースでセッティングしやすく便利です。高さは910~1550mmの間で、身長にあったポジションに調節できます。

また、2ピース構造のブームホルダーを採用することで、マイクを長時間安定した状態に固定可能。マイクホルダーは、3/8インチスレッドに対応しており、便利な5/8-3/8インチスレッドの変換アダプターも付属しています。

ほかにも、照明の乱反射を防ぐブラックカラーや、パイプに手を挟みにくいラバースペーサー、耐久性に優れた鉄製のボルトなど、細部まで考慮して作られているのも魅力です。

ステッドマン(Stedman) Proscreen XL SPSXL

扱いやすい金属製のポッピングガードです。スクリーンに「メタルダクト」特殊加工を施しており、高音域の音をクリアに録音できるのが特徴。ハイクオリティなサウンドを求める人におすすめです。取り付け方法はクランプ式で、9~23.5mmのパイプに取り付けられます。

汚れてきたら洗剤や水洗いも可能なので、衛生面が気になる方にもおすすめ。布製のポッピングガードと違い、張り替えたり、破れたりする心配を軽減できるのも魅力です。

その他配信機材について詳しく知りたい方はこちら