マイクアームは、マイクを任意の位置にセットするためのアイテムです。デスクの縁に取り付けるので、スペースを取らず、振動の影響を受けにくいのが特徴。すっきりしたデスクでweb会議やゲーム実況をするのにおすすめです。

しかし、マイクアームは取り扱うメーカーや製品数が多く、どれを選べばよいのか分からない方も多いはず。そこで今回は、マイクアームのおすすめ製品と選び方について解説します。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

マイクアームを使うメリット

By: audio-technica.co.jp

マイクアームは、デスク上のスペースを取らないほか、デスクで発生した振動の影響を受けにくいのがメリット。アームの位置も自由に変えられるので、簡単にマイクを口元まで近付けられるのもポイントです。

マイクを設置するには、マイクスタンドを利用する方法もあります。しかし、マイクスタンドはデスク上に置いてセッティングするため、どうしてもスペースを取るもの。また、デスクの振動の影響により、ノイズが入ってしまう可能性もあります。

マイクアームの選び方

アームの長さをチェック

By: elgato.com

マイクアームは、製品によってアームの長さに違いがあるので、用途に合ったモノを選ぶようにしましょう。例えば、マイクアームをデスクの後方に取り付けたい場合は、マイクアームが短すぎると口元まで届きにくくなります。

また、マイクアームの長さが短いと、長さのあるマイクを使用する際にマイクを逆さに吊るしにくいのがデメリット。高い位置にマイクをセットできず、アームがデスクスペースを取ってしまうケースもあります。

デスクの横にマイクアームを取り付ける場合は、口元とマイクまでの距離が短くなるため、短めのマイクアームでも対応が可能。また、コンパクトな形状を好む方は、アームが短いモデルを選ぶのがおすすめです。

取り付けられる机の厚さをチェック

By: amazon.co.jp

マイクアームは、主にクランプをデスクの天板に挟み込んで固定するため、クランプが対応する厚みを確認することが重要です。もし、天板の厚み以上にクランプが開かない場合は取り付けられません。

また、マイクアームをしっかりと固定するには、クランプを天板に強く締め込む必要があります。クランプを強く締めると、天板にキズが付いてしまう場合があるため、キズを避けたい方はクッションを搭載したモデルを選ぶのがおすすめです。

取り付けるマイクの種類に合ったモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

マイクアームは、マイクを取り付けられるホルダーを搭載したモデルもあります。付属するホルダーによって、取り付けられるマイクが異なるので、注意して選びましょう。

マイクホルダーの代表的なタイプは、クリップ型・差し込み型・ショックマウント型の3種類です。クリップ型は対応するマイク径が広く、さまざまなマイクを取り付け可能。差し込み型は、直径のサイズに合うダイナミックマイクを差し込んで取り付けできます。

ショックマウント型は、マイクを吊るすようにマウントするタイプで、コンデンサーマイクにおすすめ。マイクアームから伝わる振動の影響を受けにくく、ノイズを軽減します。

耐荷重をチェック

By: elgato.com

マイクアームは、モデルによって耐荷重が異なるので、使用するマイクが対応できるかチェックしましょう。耐荷重はマイクの重さだけでなく、ショックマウントなどのマイクホルダーを含めた重量に耐えられるかを確認する必要があります。

耐荷重を超えるマイクを取り付けると、アームが重さに耐えられず、任意の位置にマイクを配置できません。事前に必ずチェックしておきましょう。

マイクアームのおすすめ

オーディオテクニカ(audio-technica) マイクロホンブームアーム AT8700J

オーディオテクニカ(audio-technica) マイクロホンブームアーム AT8700J

アームを伸縮・回転できるマイクアーム。マイクの高さや角度を自由に変更できるため、自宅での録画や動画配信におすすめです。回転角度は、アーム取付部が360°、マイク取付部が270°、上部アーム部が180°、下部アーム部が135°。可動距離は680mmです。

ケーブル留め具用面ファスナーが付属しており、コンパクトに折りたためるのも特徴。サイズは430×398mmです。収納時に省スペースな製品を求める方にも適しています。また、マイク耐荷重は最大2kgなので、さまざまなマイクに対応しています。

本製品は、最大50mm厚のデスクやテーブルに設置可能。カラーはブラック・ホワイトをラインナップしています。明るいカラーのマイクアームを探している方にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) BLUE Compass BA100CBK

ロジクール(Logicool) BLUE Compass BA100CBK

本体にマイクのケーブルを格納できるマイクアームです。取り回しがよく、見た目がすっきりとしている製品がほしい方におすすめ。スプリング内蔵型なので、アームを自由に動かせるうえ、静音性にも優れています。

自在にトルクが調整できるフリクションヒンジを採用しているのもポイント。マイクを360°回転させられます。また、土台部分はC型クランプで頑丈に固定できるため、ぐらつきや操作中の軋み音を軽減可能です。

エルガト(Elgato) Wave Mic Arm LP

エルガト(Elgato) Wave Mic Arm LP

低い位置に固定できるマイクアーム。肩より下に収まるので、視界を遮られたくない方におすすめです。また、アームは水平方向に360°、垂直方向に90°回転できるため、操作性も良好。デスクの作業スペースが必要な場合は脇にずらせます。

ボールヘッドにより、マイクの位置を正確に安定させられるのも魅力。さらに、マイクのケーブルはアーム内部に収納できます。デスクをすっきりとさせたい方にもぴったりです。磁気式のカバーなので、簡単に開閉してケーブルをしまえます。

水平時の全長は740mm、耐荷重は最大2kgです。1/4・3/8・5/8インチのマイクマウントに対応しています。クランプは最大60mmまで調整可能。保護パッドが付いているのもメリットです。

CACENCAN マイクアームスタンド マイククリップ付属 H-MS-US-B

CACENCAN マイクアームスタンド マイククリップ付属 H-MS-US-B

着脱可能なスタンドが付いているマイクアームです。高さ約40cmの支柱を追加できます。高い場所にマイクを設置したい方におすすめです。また、下部アームとマイクは360°の水平回転に対応。上下移動の可動範囲も広いため、使いやすい設計です。

付属のクランプは、机の厚さ約50mmまで設置可能。クランプ自体の厚みが約3mmと薄いため、壁に沿って机を配置したい方にもぴったりです。さらに、配線フックとヘッドセットフックが付属。デスクの上を整頓できます。

マイククリップや3/8-5/8インチの変換ネジが付属する点もメリット。ダイナミックマイクやコンデンサーマイクなど、さまざまなマイクに対応しています。耐荷重は約1.8kgです。

FAUNOW マイクアーム faunow-01

FAUNOW マイクアーム faunow-01

ポップガードとショックマウントが付属するマイクアームです。息や振動によるノイズを軽減したい方におすすめ。ポップガードは二重メッシュ仕様を採用しているほか、360°回転できるのが魅力。ショックマウントの直径は約40~50mmに伸縮可能です。

ダイナミックマイク用のマイクホルダーが付属しているのもポイント。変換アダプタも付いており、さまざまなマイクやショックマウントに適合する点もメリットです。また、固定クランプは最大約65mmの厚さに対応。厚めのデスクを使っている方にもぴったりです。

最大耐荷重は約2.5kg。アームは折りたためるほか、重量は約381gと軽量です。ケーブルバンドが5本付属しているので、持ち運びやすい製品を探している方はチェックしてみてください。

Smatree マイクロフォンアームスタンド ショックマウント付き

Smatree マイクロフォンアームスタンド ショックマウント付き

クランプにより約10cmの厚さにまで取り付けられるアームマイク。厚みのあるデスクを使っている方におすすめです。また、上部アーム・下部アームはそれぞれ360°の水平回転が可能。上部アームは垂直方向に155°の角度調整ができます。

ショックマウントが付属するため、振動や衝撃によるノイズを軽減可能。ショックマウント部分は360°の角度調整ができます。上部アームの長さは約20cm、下部アームの長さは約26cm。コンパクトな製品を求める方にもおすすめです。

ファイファイン(FIFINE) ブームアーム マイクスタンド BM88

ファイファイン(FIFINE) ブームアーム マイクスタンド BM88

マイクのケーブルを内部に収納できるマイクアームです。煩雑になりがちなケーブルを整頓できます。また、マイクを低い位置に固定できるため、モニタースクリーンの下の空間を有効活用可能です。さらに、関節と根本は360°の水平回転が可能。上部アームは垂直方向に200°の角度調整ができます。

変換アダプタが付いており、1/4・3/8・5/8インチのネジサイズに対応可能です。さまざまなマイクに対応します。耐荷重は約1.5kg。安定的に使いやすいおすすめの製品です。

PLATINUM デスクアーム式 フレキシブル マイクスタンド MPC1

PLATINUM デスクアーム式 フレキシブル マイクスタンド MPC1

クランプにクッションを搭載しているマイクアームです。デスクを傷付けたくない方におすすめ。クランプは厚さ約45mmの机に設置可能です。また、3/8インチのネジサイズに対応したマイクホルダーが付属しています。

根元・中間・先端・ホルダー部の4軸が動くのも特徴。使用しない場合はコンパクトに折りたためます。最大長は約730mm、折りたたみ時のサイズは約235×34mmとコンパクト。重量は約510gと持ち運びにも便利です。カラーはブラックとホワイトをラインナップしているため、明るい部屋にもマッチします。

YOPIN マイクアーム H6

YOPIN マイクアーム H6

クランプが垂直・水平のどちらの方向にも固定できるマイクアームです。卓上はもちろん、ベッドなどに固定したい方にもおすすめ。クランプは360°回転します。

直径45~52mmに対応しているショックマウントが付属。振動を軽減できるため、コンデンサーマイクを使っている方にもぴったりです。また、直径25~35mmに対応しているマイクホルダーも付属します。変換アダプタが付属する点もメリットです。

ダブルフィルターを採用したポップガードが付属するため、飛沫の付着や音割れを防止したい方にもおすすめです。さらに、収納袋と5本のケーブルバンドも付属するので、携帯性にも優れています。

KTSOUL マイクアーム

KTSOUL マイクアーム

マイクホルダーとショックマウントが付属するマイクアームです。ダイナミックマイクとコンデンサーマイクのどちらにも使えます。マイクホルダーは直径約30~40mm、ショックマウントは直径約40~52mmに対応しています。ショックマウントには衝撃を緩和するクッションが付いている点もメリットです。

ダブルフィルターを採用したポップガードも付属。また、角度や距離の調節がしやすいフレキシブルアームを採用しているため、口元にマイクを寄せたい方にもぴったりです。クランプの厚みは約5.6cmに対応しています。収納袋やケーブルバンドが付属するので、携帯性を重視する方にもおすすめです。

マイクアームの売れ筋ランキングをチェック

マイクアームのランキングをチェックしたい方はこちら。