扱いやすさにすぐれ、高い音質での録音ができる「ダイナミックマイク」。音楽作成や配信用途に探している方もいるのではないでしょうか。しかし、一口にダイナミックマイクといっても、XLRやUSBなど接続方式はさまざま。初めて購入する際はどれを選ぶべきか悩んでしまいがちです。

そこで今回は、ボーカル向け・配信向け・USB接続のおすすめのダイナミックマイクをご紹介。選び方のポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ダイナミックマイクとは?

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクとは、音波を受け取った振動板がコイルを動かし、電磁誘導の原理で電気信号へと変換する仕組みを採用している音楽機器のことです。

構造がシンプルで壊れにくく、安価に製造できるのが特徴。そのため、ライブやレコーディングなど、さまざまな用途で使用されています。宅録や配信用途としてもおすすめです。

そもそもマイクの役割は音を電気信号に変換することです。変換する方式によりダイナミックマイク・コンデンサーマイクなどに分類されます。それぞれマイク特性が異なるため、使用用途に合わせて選びましょう。

コンデンサーマイクとの違い

ダイナミックマイクのメリット

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクにはさまざまなメリットがありますが、家庭で使用する場合、大きなポイントのひとつは扱いが楽なことです。衝撃に強いため、簡単には壊れにくいのが特徴。また、湿度にも耐性があり、保管も簡単です。

さらに、力強く厚みのあるサウンドもダイナミックマイクならではのメリット。大音量にも対応できることから、ドラムやベースなど音の大きな楽器との収録に便利です。

電源が不要で、対応している機材の幅が広いことも魅力。ミキサーやスピーカーなど、さまざまな機器に接続できます。そのほか、構造がシンプルな分、比較的安価なこともダイナミックマイクの大きなメリットです。

コンデンサーマイクのメリット

コンデンサーマイクのメリットは音のよさです。感度が高くボーカルの細かな息づかいなど、繊細な音をとらえられます。また、対応している周波数帯の幅が広く、低音から高音までバランスよく音を拾えるのも特徴です。そのため、ボーカルやナレーションなど収録ではコンデンサーマイクが多く利用されています。

なお、ハイスペックなコンデンサーマイクは繊細で扱いが難しいのは留意点。しかし、最近はUSB接続が可能で手軽に使えるモデルも増えつつあります。

コンデンサーマイクについて詳しく知りたい方はこちら

ダイナミックマイクの選び方

指向性をチェック

単一指向性(カーディオイド)

By: amazon.co.jp

一般的な宅録用途におすすめなのが単一指向性のマイクです。マイク正面の音に対しては感度が高く、後ろの音に対しては感度が低い特性があります。環境ノイズが入りにくいため、クリアな録音が可能です。

また、ハウリングが起きにくいことも単一指向マイクの特徴。録音だけでなく、ライブでの使用にもおすすめです。なお、斜め前方向の音はとらえられるため、1本のマイクに2人のボーカルで歌うといったパフォーマンスにも対応します。

超単一指向性(スーパーカーディオイド)

By: rakuten.co.jp

超単一指向のマイクは単一指向性よりも、録音できる範囲が狭いのが特徴。周囲の音を拾いにくいため、目的の音だけを集中的に録音できるメリットがあります。そのため、マイクの正面に立ってボーカルを録音する場合や、ギターアンプの前にマイクをセッティングして録音するといった用途におすすめです。

一方、手にマイクを持ってのボーカル収録やアコースティックギターの録音など、音源が動く可能性がある場合、音をうまく拾えないことがあるため注意が必要。また、超単一指向性のマイクは真後ろの音を拾いやすい特性があることにも留意しましょう。

周波数特性をチェック

By: amazon.co.jp

高音質で録音したい場合、周波数特性もチェックしてみてください。周波数特性をチェックする際に重要なのが、何を録音するかです。ボーカル用であれば中音域が重要。ピアノやバイオリンなどの録音であれば、高音域までを捉えられるダイナミックマイクが必要です。

ボーカル・楽器などさまざまな音を収録したい場合には、周波数特性が広いマイクがおすすめです。

感度をチェック

By: amazon.co.jp

繊細な音作りをしたい方はマイクの感度をチェックしてみてください。感度が高いほど、小さな音を拾えます。感度は「-52dBV/Pa」などと表され、数字が小さいほど感度が高いマイクです。

ただし、感度が高いマイクほどノイズを拾いやすいことには注意が必要。また、とにかく感度が高ければよいわけではありません。ボーカル・アコースティックギター・ドラムなど、録音したい音源や録音環境にあわせて選ぶことが大切です。

一般的な宅録用途であれば、-54.5dBV/Pa程度を目安にしてみてください。なお、高感度のマイクで本格的に録音したい場合、コンデンサーマイクに目を向けてみるのもおすすめです。

接続方法をチェック

本格的な宅録や配信には「XLR接続」

By: amazon.co.jp

ミキサー・オーディオインターフェース・MTRなどの機材へ接続し、本格的に録音するのであればXLR接続のマイクがおすすめです。XLR端子はノイズに強い・外れにくい・堅牢などの特徴があり、ライブや放送などプロの現場で用いられる接続方式。音がよく、宅録や配信用途にも適しています。

また、XLR接続はマイクの主流のため種類が多く、用途や予算にあわせたマイクを見つけやすいことも大きなメリット。ちなみに、XLR接続は開発したメーカーの名前からキャノン接続と呼ばれることもあります。

初心者でも手軽に使える「USB接続」

By: amazon.co.jp

パソコンなどに直接接続して手軽に使えるのが、USB接続のコンデンサーマイク。ほかに機材が必要ないため、予算をおさえつつ録音環境を構築できます。また、セッティングが楽なこともメリット。小型で安価な製品も多く、サブのマイクとしてもおすすめです。

なお、iPhoneと直接接続して使いたい場合は、Lightning接続のマイクが便利。小型のアイテムが多く、出先からの配信なども高音質で行えます。USB接続のコンデンサーマイクのなかには、Lightningへ変換して使える製品もあります。

用途に合ったモデルを選ぼう

ボーカル用

By: amazon.co.jp

歌ってみた系の動画収録など、ボーカルに特化した用途であれば、ボーカル用マイクがおすすめ。周波数特性や単一指向性など、ボーカル録音に特化しているため、セッティングやイコライジングなど細かなことを気にせず、クリアな音で録音できます。

また、ボーカル用マイクとして販売されている製品には、近接効果対策が実施されているモノが多いこともポイントです。近接効果とは、マイクと音源が近い場合に低音が強調される現象のこと。近接効果をおさえるダイナミックマイクであれば、フラットで自然な音を録音可能です。

配信用

By: amazon.co.jp

ゲーム実況などの声を録音するのであれば、配信用マイクがおすすめです。配信用マイクはスタンドなどが付属していることも多く、セッティングしやすいことが特徴。また小型のマイクが多いため、スペースを取りにくいこともメリットです。

ただし、2人以上での会話などを収録したい場合は、指向性に気をつける必要があります。なお、配信向けマイクのなかには指向性を調節できる製品もあります。

ダイナミックマイクのおすすめメーカー

シュア(SHURE)

By: amazon.co.jp

「シュア」は、アメリカに本拠地を置くオーディオ機器メーカー。特に、プロ向けマイクの分野では圧倒的な人気を有しています。シュアを代表するボーカル用マイク「SM58」は多くのライブハウス・音楽スタジオで使われる定番の製品です。

マイクの種類が豊富なこともシュアの魅力。楽器録音やライブ配信など用途にあった1本を見つけられます。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

「ゼンハイザー」はドイツの音響機器メーカーで、ヘッドホン・マイクの分野で特に有名です。多くの革新的な製品を生み出し、映画やドラマ撮影などプロの現場などで利用されてきました。その功績がたたえられ、1987年にはアカデミー賞を、1996年にはエミー賞を獲得しています。

高い指向性を持つマイクや、スマホでの歩き撮りに適した小型マイクなど、専門性の高いマイクを多数取り揃えていることもゼンハイザーの特徴です。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

「AKG」は、音楽の都として知られるオーストリアのウィーンで生まれたオーディオ機器メーカーです。AKGの特徴のひとつが、さまざまな技術を数多く生み出してきたこと。そのため、多くの特許を取得しています。マイクやヘッドホンは世界中の放送局や音楽作成の現場で利用されていることでも有名です。

サウンドの特徴としては、艶やかさが挙げられます。ボーカルやアコースティック楽器との相性が高いマイクです。

ダイナミックマイクのおすすめ|ボーカル向け

第1位 シュア(SHURE) ボーカルマイクロホン SM58

ボーカル向けダイナミックマイクの定番製品です。ライブハウスや音楽スタジオなどでは必ずといってよいほどSM58が用意されています。

人気の秘密は、さまざまな面で優れていること。サウンドはクリアでバランスがよく、ボーカルの細かなニュアンスまでしっかりと捉えます。

また、頑丈なので壊れにくいのも特徴です。加えて、ハンドリングノイズへの強さや、破裂音をカットするメッシュグリルと内蔵のポップフィルターもポイント。ハイスペックながら、比較的リーズナブルな価格も魅力です。

なお、SM58にはスイッチ付きのモデルと、スイッチなしのモデルが存在しています。ライブパフォーマンスではスイッチのないモデルを用いるのが一般的。ステージ上で音が途切れるリスクを減らせます。

第2位 シュア(SHURE) ボーカル・マイクロホン BETA 58A

ボーカルの細かな息づかいまで表現できるダイナミックマイクです。ポイントのひとつが感度の高さ。-51.5dBV/Paと小さな音もしっかりと捉えます。周波数特性が50~16000Hzと広く、低音から高音までのバランスに優れていることも特徴です。

超単一指向性でねらった音だけを捉えるため、クリアな録音が可能。出力レベルが高く、ノイズや雑音が気になりにくいことも魅力です。メッシュグリルの素材には、衝撃に強い硬化スチールを使用。頑丈なため、持ち運んで使用したい方に適しています。本格的にレコーディングしたい方向けのダイナミックマイクです。

第3位 ゼンハイザー(SENNHEISER) ボーカルダイナミックマイクロホン e 935

低音から高音までのバランスがよいダイナミックマイク。特に、厚みのある中音域とクリアな高音域が特徴です。

内部のコイルはハムバッキングタイプで、パソコンのモニターなどから発生するハムノイズを軽減できるのもポイント。パソコンを使っての宅録で効果を発揮します。単一指向性でボーカルの音をクリアに捉えやすいこともポイント。ハウリングを抑制します。

100%金属製のハウジングを使用するなど、頑強さも魅力。ライブパフォーマンスで使用したい方にもおすすめです。また、持ち歩きに便利な専用のポーチが付属しています。

第4位 アーカーゲー(AKG) ボーカル用 ダイナミック・マイクロホン D5

超単一指向性を持ったボーカル用のダイナミックマイクです。ねらった音を捉えやすく、ハウリングの少ないタイプを探している方におすすめ。感度は-52dBV/Paとやや高めで、ボーカルの細かなニュアンスを広いやすいことがポイントです。

周波数特性は70~20000Hz。低音から高音までバランスよく捉えます。また、高音域に特性が広いため、ピアノや管楽器の録音にもおすすめです。

ノイズへの強さもポイント。デュアルショックマウントが物理的なノイズを低減するため、ライブステージでの使用にも対応します。

第5位 ベリンガー(BEHRINGER) ULTRAVOICE XM8500

コストパフォーマンスに優れた、おすすめのボーカル用ダイナミックマイク。低価格ながら、プロ用マイクに引けを取らないスペックです。周波数特性は50Hz~15000Hzと幅広いのが特徴。ポップノイズを低減するフィルターを搭載しており、ボーカルをクリアに表現できます。

ショックマウントを内蔵しており、ハンドリングノイズが少ないことも魅力です。また、感度は-70dBV/Paとやや低めで、余計な音を拾いにくい仕様。そのほか、専用のハードケースが付属しているのもポイント。ダイナミックマイクを持ち運びたい方にも適しています。

ダイナミックマイクのおすすめ|配信向け

第1位 シュア(SHURE) ポッドキャスト用マイクロホン MV7X

手軽に本格的なサウンドで録音できるダイナミックマイク。プロの現場で用いられているSM7Bを家庭用にアレンジした製品です。音のよさなど、基本的な機能は継承しつつ、音声の収録に特化することで、家庭での使いやすさを高めています。

また、コストパフォーマンスに優れていることも魅力。出費をおさえつつ、本格的な録音環境を構築可能です。

さらに、ショックマウントを搭載しており、ノイズに強いこともポイント。クリアな音声を収録できます。重量は550gと軽量なのでコンパクトなマイクスタンドで支えられることも特徴のひとつ。省スペースで収録したい方におすすめです。

第2位 シュア(SHURE) ボーカルマイクロホン SM7B

さまざまな用途で活躍するダイナミックマイクです。周波数特性は 50~20000Hzと幅広いのが特徴で、ボーカルの声を自然な形で捉えます。エア・サスペンション式衝撃アイソレータとポップフィルターを内蔵していることもポイント。物理的なノイズを低減し、ねらった音を収録可能です。

電磁的なシールドを採用しており、モニターなどから発生しがちなハムノイズに強いことも魅力。複数台のパソコンがあるような録音環境でもノイズの少ないクリアな録音が可能です。

搭載されているスイッチを使えば、低域の感度を落とすロールオフと中域を強調したプレゼンスブーストの切り替えが可能。配信者の声質や環境に応じて使い分ければ、よりクリアな音声を収録可能です。

なお、SM7Bは世界的ミュージシャンであるマイケル・ジャクソンが使用したことでも知られています。

第3位 シュア(SHURE) 楽器用マイクロホン SM57

楽器演奏などを配信したい方におすすめのダイナミックマイクです。大音量に対応しているのがポイント。ギターやドラムなどの楽器でも、原音に忠実なサウンドを録音できます。クセの少ない周波数特性も特徴。40~15000Hzと幅広く、さまざまな楽器の録音が可能です。

内蔵のエアー式ショックマウントシステムにより、物理的なノイズに強いこともメリット。単一指向性なので、ねらった音をしっかりと捉えられます。

頑強さに優れていることも魅力。衝撃に強く、ハードな使用にも耐えられると謳われています。持ち運びに便利な専用ポーチが付属しており、音楽スタジオなどで収録したい方におすすめです。

第4位 オーディオテクニカ(audio technica) ハイパーカーディオイドダイナミックマイクロホン AT2040

室内でのノイズに強い、配信向けのダイナミックマイクです。指向性はハイパーカーディオイド特性のため周囲の音を拾いにくく、ねらった音声を捉えます。

また、一体型のショックマウントが机などから伝わる物理的な振動を低減。音響特性に優れたウィンドスクリーンがポップノイズを少なくし、クリアな音声を伝えます。

ハウジングは金属製で、堅牢さに優れていることもポイントです。サイズは長さ145.3×最大径52mmと小型で、重さは615gと軽量。専用のポーチが付属しているなど、持ち運びしやすさも考慮されています。

第5位 ベリンガー(BEHRINGER) ダイナミックカーディオイドマイクロフォン SL 84C

コストパフォーマンスに優れたダイナミックマイク。出費をおさえつつ配信環境を構築したい方におすすめです。リーズナブルな価格ながら、性能の高さがポイント。周波数特性は50~15000Hzと幅広く、感度も-54±2dBV/Paと高いため、音声の細かなニュアンスも捉えられます。

また、ハウリングノイズを低減させる内蔵ショックマウントやノイズを低減するポップノイズフィルターなどを搭載。クリアな録音が可能な製品です。

ダイナミックマイクのおすすめ|USB接続

第1位 シュア(SHURE) ポッドキャストマイクロホン MV7

手軽な収録から本格的な録音までをカバーする、おすすめのダイナミックマイクです。ポイントはUSBとXLRの接続方式に対応していること。さまざまなシーンで活用できます。

USB接続では、専用アプリケーションで追加機能にアクセス可能。ゲインやEQなど、細かな設定を調節できます。また、「オートレベルモード」を有効にすれば、マイクが自動で出力レベルをコントロール。音声のボリュームを一定に保てます。

バックグランドノイズなどを低減し、音声に集中する「ボイスアイソレーション・テクノロジー」を搭載していることもポイントです。さらに、3.5mmヘッドホンジャックを備えており、音のモニタリングも可能。ヘッドホンの音量やマイクのゲインなどは、マイクに搭載されたタッチパネルで操作できます。

第2位 オーディオテクニカ(audio technica) USB XLRマイクロホン ATR2100x-USB

USB接続方式を採用した、ハンドヘルド型のダイナミックマイク。マイクスタンドでの使用のほか、手に持って歌う際にも便利です。また、XLR接続も可能でミキサーへの接続にも対応しています。USB接続時の周波数は192kHz/24bit。周波数特性が50~15000Hzと幅広いこともポイントです。

スイッチが搭載されており、ライブ配信中に素早くオフにすることが可能。スイッチ上部にはライトが付いており、スイッチの入れ忘れ・切り忘れを防止します。

付属品は2本のUSBケーブルとマイクケーブル、ホルダーとデスクスタンド。到着後すぐに配信環境を構築できます。

第3位 サムソン(SAMSON) ダイナミックマイク Q2U

USB・XRL両方の接続方式に対応した、おすすめのダイナミックマイクです。パソコンと直接接続しての配信や、ミキサー・オーディオインターフェースと接続してのライブやレコーディングなど、さまざまな用途に対応します。本体には、3.5mmのヘッドホンジャックを搭載。モニタリングしながらの収録が可能です。

周波数特性は50~15000Hz、感度は-54dBV/Paなど、スペックの高さも魅力。音声・楽器など、さまざまな音を捉えられます。

付属品が豊富なこともポイント。卓上のマイクスタンド・USB接続用のケーブル・ウィンドスクリーンなど、配信に必要なアイテムが同梱しており、届いたその日から配信を始められます。

また、AppleのLightning to USBカメラアダプターを使えば、iPhone・iPadとの接続も可能。モバイル収録システムを構築したい方にもおすすめです。

第4位 サムソン(SAMSON) ダイナミックマイク Q9U

ノイズに強い、USB接続対応のダイナミックマイクです。コイルはハムバッキングで、パソコン画面などから発生するハムノイズを低減。内蔵のショックマウントは振動などによる物理的なノイズを少なくします。また、ポップノイズなどを防止する2層のウインドスクリーンが搭載されていることもポイントです。

マイクの底面には、スイッチを2つ配置。中音域の存在感を高める「MIDブースト」と、低音域をカットする「ローカットフィルター」の切り替えが可能です。声質や配信環境にあわせて使い分けることにより、クリアなサウンドでの録音ができます。

さらに、XLR接続にも対応しており、本格的なレコーディングも可能。周波数特性は50~20000Hzと高音域に幅広い仕様です。そのほか、プラグアンドプレイに対応しており、パソコンにUSBを挿せばすぐに録音が可能。ドライバーをインストールせず使えるのもメリットです。

第5位 FIFINE ダイナミックマイク K658

RGBのライティングが目を惹く、おすすめのUSB接続対応ダイナミックマイクです。ライティングは、マイクに設置されたスイッチでオン・オフの制御ができます。

マイク背面には3.5mmのヘッドホンジャックを搭載しており、録音をモニタリング可能。また、大型のボリュームノブが配置されており、直感的に録音レベルの調節が可能です。ノブ中心部にはミュートスイッチが搭載されています。

ショックマウントが付属しているなど、ノイズへの強さもポイント。周囲の音を拾いにくい単一指向性なので、音声をしっかりと捉えられます。

プラグアンドプレイに対応しており、接続後すぐに使えるのも魅力。Windows・Macに加え、PS4・PS5にも対応しており、ボイスチャット用マイクとしてもおすすめです。マイク本体に加え、ショックマウント・USBケーブル・三脚スタンドなどが付属しています。

ダイナミックマイクの売れ筋ランキングをチェック

ダイナミックマイクのランキングをチェックしたい方はこちら。