カラオケ店やライブステージなどで馴染みのある「ダイナミックマイク」。講演会やスピーチ、配信などさまざまなシーンで幅広く使われています。耐久性に優れており、屋内屋外問わず使える汎用性の高さも魅力です。

ただし、各メーカーからさまざまなモデルが販売されているため、どれを選んだらよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのダイナミックマイクをご紹介。選び方も解説するので参考にしてみてください。

ダイナミックマイクとは?

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクとは、音による空気の振動を電気信号に変換するマイクのこと。搭載されたダイアフラムを空気によって振動させ、電気信号を発する仕組みです。カラオケ店やライブハウス、スタジオなどで見かける一般的なタイプであり、講演会などのスピーチや配信にも使用されています。

衝撃・風・温度の影響を受けにくい頑丈な作りで、屋内はもちろん、屋外でも使いやすい仕様。音質は中音域が厚めのパワフルなサウンドが特徴です。バンド演奏などさまざまな楽器の音が交わるなかで、ボーカルの声を際立たせやすい特性を持ち合わせています。

コンデンサーマイクとの違い

By: amazon.co.jp

コンデンサーマイクとはおもに屋内で使用されているマイクのこと。プロのレコーディングでも使用されているタイプです。感度が高く音のバランスに優れている反面、衝撃や湿度に弱く屋外ステージでの使用には向いていません。保管や取り扱いに注意する必要があり、手軽に使用したい場合には耐久性に優れたダイナミックマイクが適しています。

また、コンデンサーマイクはミキサーやマイクアンプからファンタム電源と呼ばれる電気を供給する必要がある一方、ダイナミックマイクは電源不要。カラオケやスピーチなど一般的な使い方なら、シンプルで扱いやすいダイナミックマイクがおすすめです。

コンデンサーマイクについて詳しく知りたい方はこちら

ダイナミックマイクの選び方

指向特性の違いをチェック

カーディオイド型

By: amazon.co.jp

マイクは音を拾える範囲が指向特性によって決まります。正面の音を中心に収音しながら、周囲の音も拾いやすいのが「カーディオイド型」です。単一指向性とも呼ばれ、指向特性のなかでは収音する範囲が広いタイプ。多くのダイナミックマイクに採用されています。

正面からの音に対して感度が高く、131°の範囲をカバー可能。背面からの音に対しては、感度が低い傾向があります。2人でひとつのマイクを使って歌うシーンや、ギターの指板を見るために横を向く場面の多い弾き語りにもおすすめです。

マイクを持って動きながら使用するのに向いており、ライブステージで活躍。スピーチでも使用され、マイクを手で持ちながらの演説や講演会などにも適しています。

スーパーカーディオイド型

By: amazon.co.jp

カーディオイド型と比較して、収音できる範囲の狭いタイプが「スーパーカーディオイド型」。超単一指向性とも呼ばれ、正面から収音できる範囲は115°です。周囲の音に影響されにくい特性からハウリングが発生しにくく、クリアな音質を表現できます。

周囲の余計な音を拾いにくいため、マイクを固定して歌うライブやスピーチにおすすめです。楽器の音をピンポイントで収音したい場合にも活躍します。正面からの音への感度が優れているほか、カーディオイド型より背面の音を収音しやすいのが特徴です。

側面の音には感度が低く、ギターの弾き語りや2人でひとつのマイクを使って歌うシーンにはやや不向き。なお、正面からの音に対する感度がさらに高い「ハイパーカーディオイド型」もあるのでチェックしてみてください。

周波数特性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクの音質を左右する要因のひとつに周波数特性があります。マイクのダイアフラムに一定の音圧を加えた際の帯域情報量を「Hz」で表示。ダイナミックマイクの場合、40~18000Hzほどの範囲が一般的で、左側が低音域、右側が高音域の数値です。

低音域重視なら70Hz以下、高音域を際立った音質が好みなら15000Hz以上が目安。ただし、周波数特性はマイクの音質を判断するひとつの目安にはなるものの、音質のすべてが決まるわけではありません。ダイアフラムの制御能力をはじめ、各パーツの質や採用しているテクノロジーなどにも影響される点に留意しておきましょう。

感度をチェック

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクの感度とは、ダイアフラムに一定の音圧をかけた際に生じる電気信号の値です。数値が高いほど感度に優れており、製品概要には「dBV/Pa」で表示されています。通常はマイナスの数値で、0に近いほど感度が高いのが特徴です。

モデルによって差があるものの、ダイナミックマイクでは−50から−60dBV/1Pが一般的。ただし、感度の数値が高いほど高音質であるとは限らないため注意が必要です。

たとえば、配信でマウスのクリック音やキーボードを叩く音が気になるようなシーンでは、感度の低いモデルが適しています。用途や使用場所などを考慮したうえで感度をチェックすることが重要です。

接続方法をチェック

音質を重視するなら「XLRコネクター」

By: amazon.co.jp

一般的なダイナミックマイクに採用されているXLRコネクターでの接続は、音質に優れているのが特徴。キャノンコネクターとも呼ばれ、接続時にノイズが発生しにくく、クリアな音声を収音できるのがメリットです。

照明や舞台装置の電源から出るノイズの影響も受けにくいので、自宅だけでなくステージやスタジオでの使用にも適しています。なお、パソコンと接続する場合にはオーディオインターフェイスを介する必要があるので気を付けましょう。

さまざまなシーンで使えるダイナミックマイクを探している場合には、XLRコネクター対応のモデルがおすすめです。

手軽に使える「USB」

By: amazon.co.jp

ゲーム実況などの動画配信に加え、テレワークやオンライン会議でダイナミックマイクを利用する場合には、USB接続に対応している製品がおすすめ。USB端子を搭載していれば、ケーブル1本で簡単にパソコンと接続できます。

USB接続対応のダイナミックマイクは、オーディオインターフェイスがなくてもパソコンと接続できるため、初期コストの削減が可能。手軽に使える製品を求めている場合におすすめです。

手元でミュートできる電源スイッチの有無をチェック

By: amazon.co.jp

電源スイッチを搭載したダイナミックマイクなら、手元でミュートできるため便利です。仮にハウリングが発生しても、すぐオフにして対応できます。

複数のマイクを使用している場合もそれぞれのスイッチで対応でき、接続機器側を操作する必要がありません。カラオケ店などで使われているマイクと同じ感覚で使用したい方におすすめです。

ただし、マイクのスイッチがオフになっていることに気づかず、大事な場面で音が出ない可能性もあります。マイクをどのように使用するかを考慮したうえで製品を選びましょう。

ダイナミックマイクのおすすめメーカー

シュア(SHURE)

By: shure.com

ヘッドホンやイヤホンでも有名なシュアですが、ダイナミックマイクでも高い人気を集めています。シュアのダイナミックマイク「SM58」は、世界中のスタジオやライブハウスで使用されている業界のスタンダードモデル。音質に優れているだけでなく、耐久性が高く長期間安心して使用できるのが魅力です。

初心者におすすめのエントリーモデルから高音質なハイエンドモデルまで、豊富なラインナップを取り揃えているのもポイント。初めてダイナミックマイクを購入する場合にもおすすめのメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: rakuten.co.jp

ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンやヘッドホンで知られる音響機器メーカーのゼンハイザー。品質に優れたダイナミックマイクも多数製造しています。

ゼンハイザーのダイナミックマイクは「evolution 900」と呼ばれるシリーズが人気。カーディオイド型やスーパーカーディオイド型などさまざまなモデルが存在します。ラインナップが豊富なので、好みのモデルを探しやすい点もおすすめです。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

オーストリアで設立され、現在はサムスン電子の傘下に加わっているAKG。高音質なサウンドが特徴のコンデンサーマイク以外に、ダイナミックマイクも多数製造しています。

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたモデルが多いので、初めてダイナミックマイクを購入する方にもおすすめ。AKGのダイナミックマイクは高音域の抜けがよいほか、ボーカルのサウンドもしっかり拾えるため、スタジオやステージで利用する場合にも便利です。

ダイナミックマイクのおすすめ|XLR

第1位 シュア(SHURE) SM58ボーカルマイクロホン SM58-LCE

中音域を際立たせたプロ仕様の音質

業界スタンダードのダイナミックマイクとして高い人気を集める製品です。世界中のスタジオやステージで使用されているのが特徴。ボーカル用として設計されており、中音域を際立たせたプロ仕様のサウンドを味わえるのがポイントです。

本製品の指向性はカーディオイド型なので、バックグラウンドノイズを軽減可能。また、「エアー式ショック・マウント・システム」によってハンドリングノイズを抑制し、内蔵されている球形フィルターによってポップノイズが軽減できる点も魅力です。

音質だけでなく品質や耐久性、信頼性に優れているのも本製品のメリット。手頃な価格で購入できるにもかかわらず、長期間愛用できるコスパの高さもおすすめの点です。

第2位 ゼンハイザー(SENNHEISER) ダイナミックマイク e 945

周囲の雑音を抑え、パワフルかつ豊かなボーカルが録音できる

シャープな指向性を採用したボーカル用のダイナミックマイクです。スーパーカーディオイド型なので、周囲の雑音を抑えてボーカルのみをクリアに収音可能。40~18000Hzの周波数帯域に対応しており、パワフルかつ豊かなボーカルが録音できます。

ハンドリングノイズやハウリングを抑制する設計が採用されているので、ステージで使用する場合にもおすすめ。メタルハウジングを用いており、堅牢性にも優れているのも魅力のひとつです。さまざまな環境下でも安心して使用できます。

第3位 オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックボーカルマイクロホン AT-X11

優れた防振性・耐久性のダイカストメタル採用

コスパに優れたダイナミックマイクです。ヘッドケースに着脱式のプロテクトリングを搭載。ヘッド部分に傷がつくのを予防できるだけでなく、デスク上に置いた際の転がりを防げるのが魅力です。

グリップ部は防振性や耐久性に優れたダイカストメタル製。外出先に携帯する頻度が高い場合にも安心です。本製品の指向性はカーディオイド型。バックグラウンドノイズの混入を防ぎ、クリアなボーカルを録音できる仕様です。

また、標準プラグとミニプラグの2ウェイ構造を採用しているのも特徴。さまざまな機材につなげられるダイナミックマイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位 アーカーゲー(AKG) ダイナミックマイク D7 3139X00010

収音できる範囲の狭いスーパーカーディオイド型のダイナミックマイクです。周辺のノイズ混入を抑制できるのが特徴。メッシュフィルターによってポップノイズを軽減できる点や、高性能なショックマウントによってハンドリングノイズを抑えられる点も魅力です。

本製品の感度は−52dBV/1P。周波数特性は70~20000Hzと広く、バランスに優れた音質を実現しています。さらに、ダイヤフラムの厚みが中心部と外縁部で異なる「ラミネート・バリモーション・テクノロジー」を採用。迫力のある低音からクリアな高音までバランスよく収音できます。

また、交換用インナーや専用のマイクケースなど、付属品が充実している点もおすすめです。

第5位 シュア(SHURE) BETA 58A ボーカル マイクロホン BETA 58A-X

迫力あるサウンドが特徴のダイナミックマイクです。伸びのよい中音域が特徴で、ボーカルサウンドをきれいに収音可能。周囲の雑音を効果的に抑制できるスーパーカーディオイド型なので、クリアな音声が録音できます。

ノイズを抑えつつ、パワフルな出力が可能なネオジウムマグネットを搭載している点も魅力。ボーカルを際立たせたい場合にも便利です。

メッシュグリルは堅牢性に優れた硬化スチール製。万が一落下してしまった場合の衝撃だけでなく、汗からもマイクをしっかりと保護できる仕様です。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックボーカルマイクロホン ATR1300x

ボーカルだけでなく楽器の録音にも適したダイナミックマイクです。明瞭度の高いクリアなサウンドが特徴。特定方向の収音性に優れたカーディオイド型なので、バックグラウンドノイズやハウリングを効果的に抑制できます。

本製品にはXLR端子と直径6.3mmの標準モノラルプラグを備えた5mのケーブルや、専用マイクホルダーが付属。リーズナブルな価格ながら、付属品が充実している点もおすすめです。本体側面にはトークスイッチを搭載。ON/OFFの切り替えが手元で簡単に行えるのもポイントです。

また、堅牢性に優れたダイキャストボディを採用している点も魅力。ライブなどのシーンでハードに使えます。

第7位 ファイファイン(FIFINE) DYNAMIC VOCAL MICROPHONE K8

屋内と屋外のどちらでも使えるダイナミックマイクです。スリムなデザインのメタル製ボディを採用しており、頑丈な作りに仕上がっているのが特徴。重厚感があるのもポイントです。

また、大口径ユニットを採用しており、迫力のある低音域とクリアな中音域を実現。指向性はカーディオイド型で、正面からの音をしっかりと収音します。ポップフィルター搭載で、ポップノイズが気になる方にもおすすめです。

付属のケーブルは長さ約6m。6.35mmのXLRケーブルに加え、マイクスポンジや日本語の取扱説明書も付いています。

第8位 ベリンガー(BEHRINGER) ULTRAVOICE XM8500

コスパに優れたダイナミックマイクです。サウンドは、中域を持ち上げてボーカルの明瞭度を高めているのが特徴。繊細かつきらびやかなサウンドを収音でき、リーズナブルながら音質に優れているのが魅力です。

本製品の指向性はカーディオイド型なので、バックグラウンドのノイズやフィードバックを抑制可能。ハンドリングノイズを軽減するショックマウントも内蔵しており、クリアな音声が拾えるのもポイントです。

また、付属品として高級感あるキャリングケースを同梱。頻繁に外出先で使用する場合にも適しています。

第9位 キョーリツ(KYORITSU) CUSTOMTRY マイク CM-2000

リーズナブルな価格で購入できるダイナミックマイクです。低価格ながら、ライブ・レコーディング・カラオケ・講演会など幅広い用途で使用できるのが魅力。耐久性に優れているので、外出先で使う頻度が高い場合にもおすすめです。

本体側面にはON/OFFスイッチを搭載。手元で簡単にスイッチを操作できるので、実用性にも優れています。本製品には5mのマイクケーブルが付属。購入後にすぐ使える点もメリットです。また、本体カラーはホワイトのほか、オーソドックスなブラックも選択できます。

第10位 オーディックス(AUDIX) ボーカル向けダイナミックマイク OM3

ボーカルの録音向けに設計されたダイナミックマイクです。50~18000Hzの幅広い周波数帯域に対応しているのがポイント。低音から高音までをバランスよく収音できる仕様です。本製品でボーカルをレコーディングすれば、音抜けがよく、輪郭のはっきりとしたクリアなサウンドが楽しめます。

外装には亜鉛ダイキャストを使用。スチール製のメッシュグリルや金メッキXLRコネクターなども採用されており、耐久性に優れている点もおすすめです。

ダイナミックマイクのおすすめ|USB

第1位 シュア(SHURE) ポッドキャストマイクロホン MV7

デジタル録音だけでなくアナログ録音にも対応できるダイナミックマイクです。USB端子とXLR端子の両方を搭載しているのが特徴。USB接続時に専用アプリ「ShurePlus MOTIV」を使えば、コンプレッサーやEQプリセットなどの設定が行えます。

また、本体に備えているタッチパネルでは、マイクのゲイン・ヘッドホンボリューム・ミュートなどをコントロール可能。操作性に優れており、直感的に操作できるのが魅力です。

第2位 オーディオテクニカ(audio-technica) USB/XLRマイクロホン ATR2100x-USB

動画配信やテレワークに便利なUSB接続対応のダイナミックマイクです。USB Type-C端子を備えており、付属のケーブルでパソコンに接続すれば簡単に収音が可能。解像度が高くクリアな音声が拾えるので、Web会議にも適しています。

また、本製品はXLR端子での接続にも対応。ステージやスタジオで利用する場合はもちろん、ミキサーと接続する場合にも便利です。さらに、マイク底部には直径3.5mmステレオミニ端子を搭載。収音されている音声をイヤホンやヘッドホンでモニタリングできる点も魅力です。

USB接続時は19200Hzの高音質レコーディングにも対応可能。音質にこだわってダイナミックマイクを探している方にもおすすめです。USBケーブルやマイクケーブルに加え、マイクホルダーやデスクスタンドが同梱。別途アクセサリ類を揃える手間も省けます。

第3位 サムソン(SAMSON) Recording and Podcasting Pack Q2U

幅広いシーンで使用できるUSB接続対応のダイナミックマイクです。XLR端子での接続にも対応しており、自宅での利用に加えてスタジオやステージでも使用可能。比較的手頃な価格で購入できるにもかかわらず、汎用性に優れているのが魅力です。

さらに、ヘッドホン出力端子も搭載。入力した音声をヘッドホンから直接モニタリング可能です。また、デスクトップ用の三脚やウインドスクリーンが付属しているのもポイント。別途アクセサリ類を購入する手間が省ける点もおすすめです。

第4位 オーディオテクニカ(audio-technica) Cardioid Dynamic USB/XLR Microphone AT2005USB

USB接続とXLR接続の両方に対応したダイナミックマイクです。自宅でデジタル録音する場合にはUSB端子を使用し、ステージではXLR端子を使うなど使い分けが可能。品質に優れたデジタルアナログコンバーターが搭載されており、高音質なレコーディングが可能です。

指向性は周囲の音も拾いやすいカーディオイド型。ギターを弾きながらボーカル録音する場合や、2人で歌声を録る場合にもおすすめです。

第5位 アイケーマルチメディア(IK Multimedia) iRig Mic HD 2 IKM-OT-000071

iPhoneやiPad、MacなどのApple製品に対応したUSBタイプのダイナミックマイクです。「MFi認証」を取得しているのがポイント。また、iOSやmacOSだけでなく、Windowsでも使用できます。

96000Hzのフォーマットに対応しており、高音質なハイレゾサウンドでのレコーディングが可能。DTMでの使用はもちろん、動画配信での利用もおすすめです。出力端子はmicroUSBに加えて、ヘッドホン出力も搭載。ヘッドホン出力端子を利用した場合には、本体側面に備えているつまみで出力ボリュームを調節できます。

USBケーブルやLightningケーブルのほか、マイククランプやテーブルスタンドが付属。卓上で使用する場合には別途スタンドを購入する必要がなく、初期コストを削減できます。また、専用ケースも同梱されているので、頻繁に持ち運ぶ場合にもおすすめです。

番外編|ダイナミックマイク周辺アイテム

ヤマハ(YAMAHA) ウェブキャスティングミキサー AG03

ミキサー機能を搭載したオーディオインターフェイスです。マイクで入力した音声に、パソコンなどで再生したBGMや効果音を簡単に多重録音できるのが魅力。音楽の楽しみ方が広がります。

ファンタム電源を搭載したマイク入力端子だけでなく、ギター・ベース・キーボードなどの接続に対応できる入力端子も搭載。ボーカルに加え、楽器を録音したい場合にも適しています。

本体サイズは12.9×6.3×2.2cm。コンパクトな設計にもかかわらず、大型のボリュームスライダーを搭載している点も魅力です。操作性に優れており、動画配信中でも直感的にコントロールできます。

そのほか、ワンタッチで使用できるDSPエフェクトも搭載。音量の差を調節するコンプレッサーや、歌声にエコーを加えるリバーブなどの効果を簡単にかけられます。

シュア(SHURE) ポップストップウインドスクリーン PS-6

ブレスノイズや破裂音を効率よく軽減できるポップガード。価格は高めですが、品質に優れており、ビジネスやエンターテインメントの業界で幅広く使われているのが特徴です。スクリーン部分の直径は15cm。曲げ伸ばし可能なグースネック部分は35cmの長さを備えています。

マイクの前や口元に設置しやすく、使い勝手に優れているのが特徴。高品質で長く使えるポップガードを探している方におすすめです。

タマ(tama) Boom Stands MS205

ドラムキットで有名なタマが製造するフロアタイプのマイクスタンドです。長めにデザインされた脚部のパイプとダイキャスト成形されたベースにより、優れた安定感を実現しているのが特徴。脚部の先端にはラバーキャップが付いており、振動軽減効果が期待できます。

照明の乱反射を予防するブラックカラーを採用しているのもポイント。ステージでの使用はもちろん、歌ってみたなどの動画を撮影する場合にも便利です。そのほか、耐久性を考慮したブームホルダーを搭載。耐久性が高いだけでなく、滑らかかつスムーズに長さの調節が可能です。

キョーリツ(KYORITSU) KC マイクスタンド MDS1500

リーズナブルな価格で購入できる卓上タイプのマイクスタンドです。円形の脚部は直径約11.5cm。コンパクトなデザインを採用しているので、設置スペースが限られている場合に便利です。高さは約13~20cmの間で調節可能。調節ネジを緩めて高さを変更したら、再びネジを締めて固定するだけで簡単にセッティングできます。

付属しているマイクホルダーは、直径約2.5cmまでのマイクを取り付け可能。スタンドとマイクホルダーのセット以外に、ポップガード付きのセットも用意されています。届いてからすぐに使いたい方におすすめの製品です。

ダイナミックマイクのAmazonランキングをチェック

ダイナミックマイクのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。