カラオケ店やライブステージなどで馴染みのある「ダイナミックマイク」。講演会やスピーチ、配信などさまざまな用途で幅広く使用されています。耐久性に優れており、屋内屋外問わず使える汎用性の高さも魅力です。

ただし、各メーカーからさまざまなモデルが販売されているため、どれを選んだらよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのダイナミックマイクをご紹介。選び方も解説するので参考にしてみてください。

ダイナミックマイクとは?

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクとは、音の振動を電気信号に変換するマイク。搭載されたダイアフラムを空気によって振動させ、電気信号を発する仕組みです。カラオケ店やライブハウス、スタジオなどで見かける一般的なタイプであり、講演会などのスピーチや配信にも使用されています。

衝撃・風・温度の影響を受けにくい頑丈な作りで屋内はもちろん、屋外でも使いやすい仕様。音質は中音域が厚めのパワフルなサウンドが特徴です。バンド演奏などさまざまな楽器の音が交わるなかで、ボーカルの声を際立たせやすい特性を持ち合わせています。

コンデンサーマイクとの違い

By: amazon.co.jp

コンデンサーマイクとはおもに屋内で使用されるマイクで、プロのレコーディングでも使用されているタイプです。感度が高くバランスに優れている反面、衝撃や湿度に弱く屋外ステージでの使用には向いていません。保管や取り扱いに注意する必要があり、手軽に使用したい場合には耐久性に優れたダイナミックマイクが適しています。

また、コンデンサーマイクはミキサーやマイクアンプからファンタム電源と呼ばれる電気を供給する必要がある一方、ダイナミックマイクは電源不要。カラオケやスピーチなど一般的な使い方なら、シンプルで扱いやすいダイナミックマイクがおすすめです。

コンデンサーマイクについて詳しく知りたい方はこちら

ダイナミックマイクの選び方

指向特性の違いをチェック

カーディオイド型

By: amazon.co.jp

マイクは音を拾える範囲が指向特性によって決まります。正面の音を中心に収音しながら、周囲の音も拾いやすいのが「カーディオイド型」です。「単一指向性」と呼ばれ、指向特性のなかではもっとも収音する範囲が広いタイプ。多くのダイナミックマイクに採用されています。

正面からの音に対してもっとも感度が高く、131°の範囲をカバー可能。背面からの音に対しては感度が低くなります。2人でひとつのマイクを使って歌うシーンや、ギターの指板を見るために横を向く場面の多い弾き語りにもおすすめです。

マイクを持って動きながら使用するのに向いており、ライブステージで活躍。スピーチでも使用され、マイクを手で持ちながらの演説や講演会などにも適しています。

スーパーカーディオイド型

By: rakuten.co.jp

カーディオイド型と比較して、収音できる範囲の狭いタイプが「スーパーカーディオイド型」。超単一指向性とも呼ばれ、正面から収音できる範囲は115°です。周囲の音に影響されにくい特性からハウリングが発生しにくくクリアな音質が魅力。

周囲の余計な音を拾いにくいため、マイクを固定して歌うライブやスピーチにおすすめです。楽器の音をピンポイントで収音したい場合にも活躍します。正面からの音への感度が優れているため、カーディオイド型より背面の音を収音しやすいのが特徴です。

側面の音には感度が低く、ギターの弾き語りや2人でひとつのマイクを使って歌うシーンには向いていません。正面からの音に対する感度がさらに高い「ハイパーカーディオイド型」もあるのでチェックしてみてください。

周波数特性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクの音質を左右する要因のひとつに周波数特性があります。マイクのダイアフラムに一定の音圧を加えた際の帯域情報量を「Hz」で表示。低音域から高音域の幅が広いほど高音質の目安になります。ダイナミックマイクの場合、40~18000Hzほどの範囲が一般的で左側が低音域、右側が高音域の数値です。

低音域重視なら70Hz以下、高音域を際立った音質が好みなら15000Hz以上が目安。ただし、周波数特性はマイクの音質を判断するひとつの目安にはなるものの、音質のすべてが決まるわけではありません。ダイアフラムの制御能力をはじめ、各パーツの質や採用しているテクノロジーなどにも影響される点に留意しておきましょう。

感度をチェック

By: amazon.co.jp

ダイナミックマイクの感度とは、ダイアフラムに一定の音圧をかけた際に生じる電気信号の値です。数値が高いほど感度に優れている目安であり、「dBV/Pa」で表示されています。通常はマイナスの数値で、0に近いほど感度が高いためチェックしておきましょう。

モデルによって差があるものの、ダイナミックマイクでは−50から−60dBV/1Pが一般的です。ただし、感度の数値が高いほど高音質であるとは限らないため注意が必要。たとえば、配信でマウスのクリック音やキーボードを叩く音が気になるようなシーンでは感度の低いモデルが適しています。用途や使用場所などを考慮したうえで感度をチェックすることが重要です。

手元でミュートできる電源スイッチの有無をチェック

By: .amazon.co.jp

電源スイッチを搭載したダイナミックマイクなら、手元でミュートできるため便利です。スイッチがないモデルはシンプルで扱いやすい一方、接続した機器の電源を入れた瞬間から音を拾うため使いにくい面があります。スイッチを備えていれば、仮にハウリングが発生してもすぐオフにして対応可能です。

複数のマイクを使用している場合もそれぞれのスイッチで対応でき、接続機器側を操作する必要がありません。カラオケ店などで使われているマイクと同じ感覚で使用したい方におすすめです。ただし、マイクの機能として問題ない状態でスイッチ部だけ壊れてしまう可能性がある点に注意しておきましょう。

ダイナミックマイクのおすすめ

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックマイクロホン PRO41

高磁力マグネットユニットを採用したダイナミックマイク。ボーカルの声をナチュラルに収音しやすいカーディオイド型で、さまざまなシーンで使いやすいおすすめモデルです。パワフルでクリアな音質はリードボーカルからコーラスまで幅広く対応します。

スライド式のスイッチを搭載し、ハウリング発生時にすぐ対応できるのがポイント。ポップノイズ対策に有効な2重構造ヘッドケースを採用しているほか、高品質な内部ショックマウントによりハンドリングノイズも低減しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックマイクロホン AE6100

ハウリングに強い特性をもつハイパーカーディオイド型のダイナミックマイクです。正面からの感度に優れており、周囲の音をなるべく拾いたくないシチュエーションにおすすめ。音抜けがよく、ボーカルをより際立たせたいときに適しています。

ポップノイズを抑制する「3層構造ヘッドケース」やハンドリングノイズを軽減する「Dual Acoustic」を採用。ノイズ対策に徹底的にこだわっている高品質な1本です。頑丈なダイキャストボディの採用で過酷なツアー環境にも対応しているほか、柔軟性のあるラバー素材採用のマイクホルダーが付属しています。

シュア(SHURE) ダイナミック マイクロフォン SM58SE

1925年創業の老舗オーディオ機器メーカー「シュア」のダイナミックマイクです。正面からの音をしっかりと収音できるカーディオイド型。周波数特性50~15000Hzと、低音域から高音域までバランスに優れた音質を実現しています。

とくに、中音域から低音域にかけてキレのある音質が特徴。ライブステージのボーカルマイクやクラブのDJマイクとしておすすめのモデルです。

シュア(SHURE) ダイナミックマイク SM57-LCE

楽器用マイクとして高いレスポンス性を備えているダイナミックマイクです。ギターやベース、ドラムなどの収音におすすめ。−54dBV/Paの高感度とバックグランドノイズを最小限に抑えるタイトな指向性を実現し、狙った音源をしっかりと収音します。

頑丈な設計により、ハードな使用環境で安心して使える仕様。振動の伝達を最小限にカットする「エアー式ショックマウンドシステム」を採用し、ハンドリングノイズを軽減しています。

シュア(SHURE) ダイナミック マイクロフォン BETA58A-X

カーディオイドより正面の音に対して感度を高めたスーパーカーディオイド型ダイナミックマイクです。周囲の不要な音を排除でき、ハウリングを抑制してボーカルの音を中心に収音。ボーカルの繊細なニュアンスを再現できるモデルが欲しい方におすすめです。

周波数特性50~16000Hzのバランスに優れた音質で、中音域と低音域にキレのあるボーカル用としておすすめ。ネオジウムマグネットの採用によって優れたSN比を実現した、ノイズの少ない音質も魅力です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ダイナミックマイクロホン e935

ヘッドホンやマイクロフォンを手掛けているドイツの音響機器メーカー「ゼンハイザー」を代表するダイナミックマイクです。周波数特性40~18000Hzと幅広く、コンデンサーマイクに近い伸びのある高音域が特徴。正面の音に対する感度に優れたスーパーカーディオイド型で、ボーカルの際立たせたいシーンにおすすめのモデルです。

100%メタルハウジングを採用し、過酷なライブステージに耐えられる仕様。ハウリングの抑制力にも優れています。輪郭のはっきりしたクリアな音質でスピーチ用としてもぴったりです。

アーカーゲー(AKG) ダイナミックマイクロホン D5

ダイアフラムの動きを適切に制御する独自の「バリモーションテクノロジー」を採用したダイナミックマイクです。周波数特性70~20000Hzで感度は−54dBV/Pa。透き通るような高音域と迫力のある低音域を収音します。スーパーカーディオイド型の正面の音をしっかりと収音する性能により、ボーカルのパフォーマンスを最大限に発揮できるおすすめモデルです。

高品位デュアルショックマウント内蔵でライブ中のハンドリングノイズを低減。耐久性に優れたグリルとメタル製ダイキャストボディを採用し、屋外でも安心して使用できます。

ソニー(SONY) ダイナミックマイク F-V320

伸びやかに気持ちよく歌える、ボーカル入門用に適したダイナミックマイクです。リーズナブルな価格で購入しやすいのが魅力。高磁力のネオジウムマグネット採用により、クリアな音質と豊かな低音が特徴です。

中高域の感度がアップした音づくりを採用し、小さな声量でも厚みのある音を収音できるのもおすすめポイント。音質劣化の少ないOFCコード採用しているなど、低価格ながら品質の優れた魅力的な1本です。

ケーシー(KC) CUSTOMTRY カスタムトライ ダイナミックマイク CM-2000

5mのマイクケーブルが標準で付属しているダイナミックマイクです。スイッチを搭載しており、実用性の高いおすすめモデル。低価格ながら、カラオケやスピーチなどあらゆるシーンで活躍するコスパのよさが魅力です。

ボーカルの息や風などの雑音の入り込みを防ぐスチール製風防を搭載し、屋外でも安心して使えます。手持ちにくわえてマイクスタンドでも使用でき、一般的なマイクホルダーにセット可能です。マイクスタンド付きやポップガード付きなど、さまざまなモデルがラインナップされているのでチェックしてみてください。

Ankuka ダイナミックマイク

シルバーのエレガントな雰囲気が印象的なダイナミックマイク。周囲の音を適度に軽減しながら正面の音をしっかりと拾えるカーディオイド型で、さまざまな用途で使いやすいおすすめモデルです。6.35mmミニプラグが付属しており、ミキサーやオーディオインターフェースなどの機器との接続に対応しています。

実用的で汎用性に優れた4mXLRケーブルが付属。スイッチを手元に搭載した仕様で扱いやすく、カラオケのマイクとして持ち込みたい場合にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ダイナミックマイク 400-SP045

4.5mケーブルを備えたダイナミックマイク。ケーブルは取り外しできるため、長さが足りないときは長いケーブルに変更可能です。カーディオイド型で発信者の声を集中して拾える仕様。リーズナブルながら高性能なコスパのよさが魅力のおすすめモデルです。

ハンドノイズやフィードバックノイズ対策を施しており、ボーカルやスピーチ、カラオケなどさまざまな用途で活躍。電源スイッチを搭載しているため、ノイズやハウリング発生時に対応しやすく便利です。

FIFINE ダイナミックマイク K8

亜鉛ダイキャストボディを採用した、頑丈なつくりが特徴のダイナミックマイクです。直径36.6cmの大口径ユニット搭載により、カーディオイドの指向性と相まって高感度な収音力を発揮。小さな声もしっかりと収音し、フィードバックノイズも少ないおすすめモデルです。

高性能ポップフィルターで風や息によるポップノイズを抑制。ショックマウントシステムを内蔵してハンドリングノイズも低減しています。マイクケーブルは6mの長さがあり、さまざまなシーンに対応可能です。

ベリンガー(Behringer) ダイナミックマイク ボーカル ULTRAVOICE XM8500

中音域のプレゼンスが豊かなダイナミックマイク。周波数特性50~15000Hzのフラットな音質により、ボーカルから楽器の収音まで幅広く対応できるおすすめモデルです。正面の音を的確に収音しながら適度に周囲の音を拾うカーディオイド型で、ライブステージからレコーディングまでさまざまなシーンに対応します。

ショックマウントシステムの内蔵でマイクを握った際に発するハンドリングノイズを低減。2段階のポップフィルターを内蔵し、耳障りなポップノイズを防ぎます。耐衝撃性に優れた専用キャリングケースが付属しており、ハードなツアーでの持ち運びに便利です。

番外編|ダイナミックマイク周辺アイテム

ズーム(ZOOM) USB3.0 オーディオインターフェース UAC-2

パソコンとダイナミックマイクを接続する際に必要な「オーディオインターフェース」です。ダイナミックマイクを使用して自宅録音を楽しみたい方におすすめ。パソコンに保存したBGMをバックに、ライブステージやライブストリーミング配信をおこなうことも可能です。

PCオーディオのDACとしても活用できる点にも注目。高品位なオーディオコンバーターと4倍アップサンプリング機能により、直接パソコンにヘッドホンやスピーカーと接続するより高音質なサウンドを実現します。

DEARING マイクスタンド

亜鉛合金三脚を採用したマイクスタンド。強度に優れているほか脚部に滑り止め機能を備えており、ステージ上で安心して使えるおすすめモデルです。クリップ部は180°調節式で、さまざまなシーンに対応。スタンドの高さは約60~160cmの範囲で調節できます。

折りたたみ式で未使用時にコンパクトな状態に収納できるのがポイント。専用防水バッグが付属し、持ち運びに便利です。

micawber ポップガード

ダイナミックマイクで録音する際に雑音や湿気からマイクを守る「ポップガード」です。オリジナル取り付けクランプを採用し、さまざまなマイクアームに装着可能。高性能フレキシブルアームを利用して、卓上マイクスタンドやコンデンサーマイクにもセットできる汎用性に優れたおすすめモデルです。

精細なダブルフィルター構造により、ノイズ遮断率が従来モデルと比較して20%向上。スクリーンネットは直径約15.5cmで、ボーカリストやナレーターに適したサイズを採用しています。

ダイナミックマイクのAmazonランキングをチェック

ダイナミックマイクのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。