工事不要で設置でき、高い暖房能力を備える「石油ファンヒーター」。メーカーごとに異なる燃焼方式を採用しており、着火にかかる時間やニオイの発生しやすさ、電気代などもモデルによって大きく異なります。

そこで今回は、おすすめの石油ファンヒーターをご紹介。燃焼方式ごとのメリットやデメリット、選び方などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

石油ファンヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

石油ファンヒーターとは、灯油を燃料にして発生させた熱を内部のファンで送風し、部屋に温風を広げる暖房機器。灯油を燃焼させるため暖房能力が高く、広い部屋に対応できるパワフルなモデルも多く展開されています。

また、ガスを使用しないため設置場所の自由度が高い点も魅力のひとつ。燃焼時にニオイが発生しやすいほか、定期的に給油しなければならない点に留意しておきましょう。

石油ファンヒーターの選び方

適応畳数をチェック

By: dainichi-net.co.jp

石油ファンヒーターを選ぶ際は、適応畳数も事前に確かめておきましょう。適応畳数はあたためられる部屋の広さを示しており、「木造9畳、コンクリート12畳」のように部屋の構造と畳数が組みあわせて表記されています。

対応畳数より広い部屋で石油ファンヒーターを使用すると、本来の暖房能力を発揮しにくいので注意が必要。設置したい部屋のサイズにあわせたモデルを選んでみてください。

燃焼方式の違いと特徴

By: dainichi-net.co.jp

ブンゼン式

ブンゼン式は、電気ヒーターであたためて気化させた灯油を燃焼させるスタイル。事前にあたためられた灯油を燃焼させるため、着火までにかかる時間が短いのが特徴です。予熱の時間をできるだけ抑えて、素早く部屋をあたためたい場合におすすめです。

燃焼効率に優れているものの、ヒーターをあたためながら使用するので、電気代がかかりやすい点がデメリット。主にダイニチの石油ファンヒーターに採用されている燃焼方式です。

ポンプ噴霧式

ポンプ噴霧式も、気化させた灯油を燃焼させる点ではブンゼン式と共通。異なる部分は、ブンゼン式が電気ヒーターで灯油をあたためるのに対して、ポンプ噴霧式では燃焼により発生する熱で燃焼筒をあたためる点です。

燃焼筒をあたためる必要があるため、着火に時間がかかるのがデメリット。一方、燃焼中に電気を使用しないので、電気代を抑えながら使用可能です。ポンプ噴霧式は、主にコロナの石油ファンヒーターに採用されています。

ポット式

ポット式は、蒸発皿の上に灯油を垂らし、自然気化させたうえで燃焼します。一般的な石油ストーブに近い、シンプルな仕組みです。電気を使わないため、コストを抑えやすいのが特徴。ただし、着火までにやや時間がかかる場合があります。

また、ノズル不要で直接灯油を燃焼できるので、不純物を燃やしやすいのもメリット。ポット式を採用しているトヨトミの石油ファンヒーターでは、前シーズンの残りの灯油を使い回せる場合も多く、ランニングコストが気になる方におすすめです。

着火の早さをチェック

ほとんどの石油ファンヒーターは、着火までにある程度の時間がかかります。着火までに数分かかるモデルもあれば、数十秒で済むモデルも。性能や価格帯によって大きく異なる部分なので、素早く部屋をあたためたい方はチェックしてみてください。

石油ファンヒーターを設置する場所や利用するシーンにあわせて選ぶのもポイント。家を留守にする機会が少ない方は、部屋のあたたかさをキープしやすいため、着火がやや遅くても気にならない場合があります。

一方で、共働きや一人暮らしの方などは、着火の早いモデルがおすすめです。

タンク容量をチェック

By: dainichi-net.co.jp

石油ファンヒーターを選ぶ際にチェックするべきポイントのひとつが、タンクの容量。石油ファンヒーターは灯油を燃料としているため、容量の大きいタンクを選ぶことで給油の手間が減り、便利に使用できます。

ただし、タンク容量が大きいモデルは本体サイズも大きい場合が多いので、設置場所には注意が必要。また、一般的な灯油用ポリタンクの容量は18Lのため、タンク容量が6Lや9Lのモデルであればポリタンク内の灯油を綺麗に使い切れます。

消臭機能をチェック

By: dainichi-net.co.jp

石油ファンヒーターを選ぶ際は、消臭機能もチェックしておきたいポイント。灯油を燃焼して温風を発生させる仕組みの石油ファンヒーターは、燃焼や消火の際にニオイが発生しやすいので、ニオイを抑える機能を搭載しているモデルがおすすめです。

灯油がノズルに残らないような仕組みを採用したり、ガスを最後まで燃やしきる機能を搭載していたりなど、モデルによってニオイを抑える方法はさまざま。また、ニオイが漏れないようにシャッターやフィルターを搭載しているモデルもあります。

石油ファンヒーターのおすすめメーカー

コロナ(CORONA)

By: rakuten.co.jp

コロナは、新潟県に本社を置く日本のメーカー。石油ファンヒーターを中心とした暖房機器のほか、エアコンや除湿乾燥機などの空調家電も発売しています。また、「エコキュート」のブランドで有名な住宅設備機器も主軸のひとつです。

コロナの石油ファンヒーターは、種類が多いため、部屋のサイズや予算にあわせたモデルが見つかりやすいのが魅力。省エネを重視したモデルも展開しているので、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

ダイニチ(DAINICHI)

By: rakuten.co.jp

ダイニチは、新潟県新潟市に本社を構える日本の暖房機器メーカーです。石油ファンヒーター・石油ストーブ・セラミックファンヒーターなどの暖房機器を展開。コーヒーメーカーやコーヒー豆焙煎機を発売している点も特徴です。

ダイニチは、石油ファンヒーターにブンゼン式と呼ばれる燃焼方法を採用しています。着火までに必要な時間が短く、冷えた部屋も予熱なしで素早くあたためられるので、即暖性を重視する方におすすめです。

トヨトミ(TOYOTOMI)

By: rakuten.co.jp

トヨトミは、愛知県名古屋市に本社を置く暖房機器メーカーです。石油ストーブや石油ファンヒーターなどの暖房機器をラインナップ。窓用エアコン・スポットエアコン・扇風機などの空調機器も展開しています。

トヨトミの石油ファンヒーターは、シンプルながら高性能。人感センサーを搭載したモデルも多くラインナップされており、人の動きを検知して効率的な運転ができます。電気代や灯油代を抑えながら使用したい方におすすめです。

石油ファンヒーターのおすすめモデル

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-VX4621BY

スタイリッシュなデザインの石油ファンヒーターです。フラットな形状にマットな質感が組みあわされており、さまざまなインテリアに馴染みやすいのがポイント。おしゃれな石油ファンヒーターを探している方におすすめです。

2層の温風を吹き出す構造も特徴のひとつ。温度が異なる風を上下に分割して送風するので、部屋の広範囲を素早くあたためられます。さらに、ターボモードも搭載しており、180秒間暖房出力を10%アップして運転可能です。

燃焼用と送風用の2種類のモーターを内蔵。2つのモーターを効率的に動作させ、低消費電力を実現しています。また、消火時のニオイを内部に閉じ込める消臭シャッターを搭載。点火や消火時のニオイを軽減できます。

タンク容量は、7.2L。木造12畳、コンクリート17畳まで対応しています。

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-VG3321Y

省エネ運転ができるおすすめの石油ファンヒーター。設定温度を20℃に切り替える「新ecoモード」を搭載しており、最大火力を約60%に抑えて省エネ運転を実行します。しっかりと部屋をあたためながら、灯油の節約が可能です。

ニオイの発生を抑える仕組みに加え、消臭できる触媒を搭載しているのもポイント。点火や消火時のニオイが気になる方にぴったりです。

オレンジ色の大型液晶パネルを搭載しており、薄暗い部屋でも表示を読み取りやすいのが魅力。運転や温度調節のボタンも大きく設計されているため、操作しやすいのがポイントです。

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-SR3321Y

リモコン操作に対応している、おすすめの石油ファンヒーターです。付属のリモコンを使用すると停止・延長・温度調節など、離れた位置からでも操作できるので便利。本体には、リモコンを収納できるポケットも搭載しています。

オレンジ色の大型液晶パネルを採用しており、離れた位置や暗い場所でも操作しやすいのがポイント。運転ボタン・ecoボタン・タイマーボタンなど、ボタンが大きく設計されているのも魅力です。また、自動消火時や給油を知らせる際に鳴るメロディーは、2段階で音量を調節できます。

本体サイズは高さ426×幅394×奥行き324mmとコンパクトなので、さまざまな部屋に無理なく設置できます。シンプルでインテリアに溶け込みやすいデザインも魅力です。

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-CWZ36BY

部屋全体をムラなくあたためられる、おすすめの石油ファンヒーター。「秒速タイマー」や「秒速点火」機能を利用すれば、冷え込んだ状態でも素早く使用可能です。大型の可動式ルーバーが搭載されており、効率的に部屋をあたためられます。

電気代を抑えた省エネ運転も魅力のひとつ。人の動きを検知できる省エネセンサーを搭載しているため、人がいなくなると自動で最小火力運転に切り替えられます。さらに、約50分間人がいない状態が続くと自動で消火されるので、消し忘れを防止。

優れた消臭性能を備えているのもポイントです。火力を下げニオイが発生しにくいように消火できるほか、ノズルに灯油を残さない仕組みを採用。また、ニオイを抑える光触媒除菌や脱臭フィルターにより、発生したニオイを軽減できます。

リモコンが付属しているため、離れた位置からの操作が可能。高性能で使いやすい、おすすめの石油ファンヒーターです。

ダイニチ(DAINICHI) 石油ファンヒーター FW-3721SGX

着火の時間が短い、おすすめの石油ファンヒーター。保温していない状態でも、約35秒のスピードで着火可能です。フラップを3枚搭載しているので、温風を遠くまで届けられます。

スイング機能を搭載しているのもポイント。フラップを自動で動かし、広範囲をあたためられます。また、室温の変化や人の動きにあわせて運転できる「Wエコプラス」に対応しており、灯油代や電気代を抑えながら効率的に使用可能です。

外したキャップが自立する「ワンタッチ汚れんキャップEX」を採用しているため、キャップの置き場所に困らないのも魅力。タンクには取っ手も用意しており、スムーズに持ち運びできます。

タンク容量は9Lで、残油量が8段階でわかる油量モニターも搭載。メロディーや点滅で給油タイミングを知らせます。

ダイニチ(DAINICHI) 家庭用石油ファンヒーター FW-4721GR

立ち上がりの早いブンゼン式を採用した、おすすめの石油ファンヒーターです。室温が15℃以下の場合に、自動で火力を5~10%上げる「オートターボ運転」に対応。冷えきった部屋を素早くあたためられます。

燃え残ったガスを高温でしっかりと燃やしきる「秒速消臭システムプレミアム」を搭載。ニオイの発生を軽減します。タンクには「ワンタッチ汚れんキャップEX」が採用されているため、給油しやすいのも嬉しいポイントです。

薄暗い環境や離れた位置からでも見やすい、オレンジ色の液晶画面を採用しています。各種ボタンも大きく設計されているため、操作しやすいのが魅力。また、チャイルドロック機能も搭載されているので、子供がいる家庭でも安心です。

タイマー機能を搭載しており、異なるタイマーを複数設定できます。平日と休日でタイマーの使い分けが可能です。

ダイニチ(DAINICHI) 家庭用石油ファンヒーター FZ-102

業務用クラスのパワフルな暖房能力を搭載した、おすすめの石油ファンヒーターです。木造の部屋は26畳、コンクリートの場合は35畳の広さに対応。広いリビングも1台でムラなくあたためられます。

パワフルながら省エネな点も魅力。室温が設定温度よりも2℃以上高くなると、自動で消火します。逆に、1℃低くなると点火するため、設定温度をキープしながらあたため過ぎを防止。電気代や灯油代を節約できます。

バーナーの高温時間を長めに確保し、ガスを最後まで燃やしきる仕組みを採用。消火時のニオイを軽減します。また、タンクにはワンタッチで開け閉めができる「ワンタッチ汚れんキャップ」を採用。手を汚さずにスムーズな給油が可能です。タンクには取っ手も用意しており、安定した状態で持ち運べます。

ダイニチ(DAINICHI) 家庭用石油ファンヒーター FW-4221S

シンプルで使いやすい石油ファンヒーター。運転ボタンや運転延長ボタンに目立ちやすい配色が採用されており、操作しやすいパネルを実現しています。液晶画面も大きく文字が表示されるので、スムーズな操作が可能です。

独自のエコ機能「ecoおまかせモード」を搭載。室温が設定温度に達すると燃焼を自動でセーブし、灯油の消費やあたため過ぎを防止しながら適温をキープ可能です。着火にかかる時間も短く、冷えた部屋を素早くあたためられます。

タンクのサイズは5L。タンクが空になると給油モニターの点滅や電子音で通知します。また、タンクには回しやすく、手が汚れにくい「給油汚れんキャップ」を採用。給油作業をスムーズにおこなえます。

独自の「パワフル秒速消臭システム」により、燃焼や消臭時のニオイを軽減。ファンヒーターのニオイが気になる方におすすめです。

トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ファンヒーター LC-SL36H

人感センサーを搭載したおすすめの石油ファンヒーターです。人がいなくなると約5分で弱燃焼に切り替わるのが特徴。さらに、約25分間人がいない状態が続くと自動的に消火されるため、消し忘れ防止も可能です。緩やかに室温を下げるエコモードにも対応しています。

温度と湿度をセンサーで検知し、心地よい室温に自動で調節できるのも魅力。また、消臭システムを備えているのもポイントです。ニオイの発生源となるノズル内の灯油を残しにくい構造を採用しており、ニオイを軽減できます。

サイズは高さ437×幅435×奥行き315mmとコンパクト。離れた位置からでも操作できるリモコンが付属しています。スマートに使える、おすすめの石油ファンヒーターです。

トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ファンヒーター LC-S330

小型で使いやすい、おすすめの石油ファンヒーターです。人感センサーが搭載されており、一定時間人の動きを検知しないと自動で運転を切り替えます。消し忘れを防げるほか、灯油の節約も可能です。

エコモードを搭載しているのもポイント。室温を緩やかに20℃まで下げ、灯油を節約しながら体感温度を維持できます。エコバーナーの搭載により、前シーズンの残りの灯油を使用できると謳われているので、コストを抑えながら効率的な運用が可能です。

給油ランプが表示されても、灯油の消費を抑えながら運転できる給油延長機能を搭載。最大で約60分間の延長が可能です。また、消火時のニオイを軽減できるシステムも備えています。

タンク容量は5L。木造の場合は9畳、コンクリートであれば12畳までの広さに対応しています。

石油ファンヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

石油ファンヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。