石油ファンヒーターは、暖房能力が高く短時間で部屋全体をあたためられるのが魅力。ほかの暖房器具と比較して電気代が安いのもメリットです。各メーカーは、省エネタイプや消臭機能付きのモデルなど、さまざまな製品を展開しています。

そこで今回は、石油ファンヒーターのおすすめモデルをご紹介。選び方や気になる電気代についても解説するので、ライフスタイルに適した製品を見つけてみてください。

石油ファンヒーターの魅力

By: dainichi-net.co.jp

石油ファンヒーターの魅力は、部屋全体を素早くあたためられること。バーナーで灯油を燃焼させてファンで温風を送る構造で、即暖性が高くパワフルにあたたかい空気を循環させられます。器具の周辺だけでなく広範囲をあたためられるので、リビングなど広いスペース用の暖房器具としてもおすすめです。

また、ほかの暖房器具と比較して電気代が安いのもメリット。灯油を燃料とするため、消費電力が少なく電気をほとんど使いません。トータルコストは灯油の価格で変動するものの、コストパフォーマンスに優れているのが特徴。工事費などの初期費用が発生しないのも嬉しいポイントです。

石油ファンヒーターの選び方

適応畳数をチェック

By: toyotomi.jp

各製品には、適応する部屋の広さを示す「適応畳数」が設定されています。適応畳数は住宅の構造によって異なり、木造はコンクリートの約8割が畳数の目安です。ただし、適応畳数は代表的な地域や住宅を例に設定されています。部屋の広さや構造だけでなく、住んでいる地域や日当たりなども考慮しましょう。寒冷地に住んでいる方なら、ワンサイズ大きい適用畳数の製品を選ぶのがおすすめです。

また、石油ファンヒーターは適用畳数が大きいほどスピーディーに室内をあたためられます。適応畳数に迷ったときは、少し大きめの製品を選ぶと安心です。なお、出力が大きいほど燃料や電気消費量が多いため、ワンサイズ上を目安に選ぶのがベターです。

着火スピードをチェック

By: aladdin-aic.com

石油ファンヒーターは、スイッチを入れてから着火するまでに数秒~数分ほどの時間を要します。製品によって着火スピードが異なるため、事前にチェックしておきましょう。着火スピードが速いモデルほど、部屋が素早くあたたまり寒さが厳しい冬の朝にも重宝します。

ただし、着火スピードが速いほど、待機時や着火時の消費電力が大きい傾向にあります。点火タイマーで消費電力を抑えられる製品もあるため、ライフスタイルに応じて選びましょう。寒冷地在住の方や一人暮らしの方なら常時スピーディーに着火するモデル、起床後だけで十分なら点火タイマー付きのタイプなど、コストパフォーマンスを念頭に入れて製品を選ぶのがおすすめです。

タンク容量をチェック

石油ファンヒーターに欠かせないのが、タンクに灯油を補給する作業。給油回数を減らしたいなら、タンク容量が大きいモデルを選ぶのがおすすめです。灯油1Lで3時間ほど稼働でき、タンク容量5Lなら2日に1回、9Lなら4日に1回程度の給油が目安です。なお、タンク容量が大きいほど本体も大きくなるため、部屋の広さとのバランスも考慮しましょう。

近年では、省エネタイプや火力を自動調節するモデルもラインナップ。給油の回数を減らしたいなら、タンク容量に加えてエネルギー性能もチェックしましょう。

消臭機能をチェック

By: aladdin-aic.com

石油ファンヒーターにつきものなのが、灯油独特のニオイ。石油ファンヒーターの構造上、特に点火と消火時には灯油のニオイが強く発生します。ニオイによる不快感を軽減したいなら、消臭機能付きの製品を選ぶのがおすすめです。

ニオイの原因となる燃え残った気化ガスを燃やしきったり、火力を下げて消火したりすることで、ニオイを抑えられるモデルもあります。脱臭フィルター付きの製品は、運転時のニオイを軽減しやすいのでおすすめです。石油ファンヒーターを快適に利用するために、消臭や脱臭機能にも注目してみましょう。

石油ファンヒーターの電気代は?

製品によって違いはあるものの、石油ファンヒーターは点火時に300~400W、燃焼時に10~30Wほどの電力を消費します。仮に、消費電力20W、1kWh(1000Wh)の単価を27円で計算すると、1時間あたりの電気代は0.54円。1日8時間×30日稼働すれば、1ヶ月の電気代は0.54円×8時間×30日=129.6円です。

近年、各メーカーでは省エネモードを搭載した石油ファンヒーターを多数ラインナップ。室温が設定温度より高くなると、自動的に消火したり火力を下げたりして、電気代や灯油代の節約を実現できます。新たに石油ファンヒーターを購入するなら、ランニングコストを考慮して省エネタイプを選ぶのがおすすめです。

石油ファンヒーターのおすすめメーカー

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

コロナの石油ファンヒーターは、低消費電力を実現しているのが特徴。独自の「ポンプ噴霧式バーナ」を搭載し、燃焼熱で灯油を気化させるため電力の消費を抑えられます。火力も絞れるので、1回の給油で長時間運転できるのもメリットです。

消火時に火力を下げて、灯油独特のニオイを抑制する「クリーン消火」機能を搭載。フタがタンクから離れない「よごれま栓」を標準装備し、手や床を汚すことなく給油できます。ほとんどのモデルに「秒速点火」機能を備え、約7秒のスピード着火ができるのも魅力です。

ダイニチ(DAINICHI)

By: amazon.co.jp

ダイニチは、石油ファンヒーターの人気メーカー。ヒーターであたためた気化ガスをバーナで燃焼する「ブンゼン気化式」を採用しています。燃焼効率が高く、予熱なしの40秒着火を実現。稼働中もヒーターを使うため消費電力はやや高いものの、寒い冬場に部屋を素早くあたためられるのがメリットです。

「パワフル秒速消臭システム」を標準搭載し、消火時に燃え残った気化ガスを燃やしきって遮断。消火時のニオイを抑制でき、室内でより快適に過ごせます。ワンタッチで開け閉めできる「ワンタッチ汚れんキャップ」で、スピーディーに給油できるのも便利です。13タイプのシリーズを展開し、多くの製品のなかからライフスタイルに適した1台を選べます。

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

アラジンは、イギリスで誕生した主に石油ストーブを手がけるメーカー。コロナやダイニチなど日本のメーカーとは一線を画し、オリジナリティあふれる石油ファンヒーターを展開しています。

遠赤外線で体の芯まであたためたり、マイナスイオンでニオイを抑えたりと、ほかのメーカーには見られない機能を搭載。デザインにもこだわり、室内をおしゃれに演出するモデルをラインナップしています。

石油ファンヒーターのおすすめモデル

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-G3219Y

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-G3219Y

コンクリート12畳までの部屋に適応した石油ファンヒーター。操作ボタンが大きく使いやすいのが特徴です。弱燃焼時11W、待機時消費電力1W以下とエコ機能も備えています。

「秒速タイマー」機能を搭載し、タイマー設定した時刻以降に運転スイッチを入れると約7秒で着火。設定時刻の5分前から余熱を開始する仕組みで、常時7秒で着火する「秒速点火」により消費電力を抑えられます。ニオイ低減機能やチャイルドロックなど基本機能を備えながら、安い価格で入手できるのも人気の理由です。

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-ST3619BY

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-ST3619BY

コンクリート13畳までの部屋に適応した石油ファンヒーター。同シリーズでは、コンクリート17畳と20畳タイプも展開しています。大型操作パネルを採用しているので、見やすく使いやすいのが特徴。火力セレクトキー付きで、弱・中・強と3段階の火力に設定できます。

「秒速タイマー」「クリーン消火」などの機能に加え、「新ecoモード」を搭載。ワンタッチで20℃運転に切り替わり、自動的に火力を抑えたり上げたりして経済的に室温をキープします。「お知らせサイン」を設置し、給油や自動消火の時期を2色の光と音で知らせてくれるのも便利です。

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-VX3619BY

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-VX3619BY

コンクリート13畳までの部屋に適応したハイスペックな石油ファンヒーター。同シリーズではコンクリート17・20・24・26畳の大型モデルも展開しており、スペースの広さに適した製品を選べます。

「プレミアム消臭『極』」を搭載し、「消臭シャッター」と「においとり触媒」のW効果でニオイを低減。「ダブルフロー」構造で低温風を同時に吹き出すため、温風の上昇を抑えて足元から部屋のすみずみまであたためられます。7.2Lのタンクを採用しているので、給油回数を減らせるのもおすすめのポイントです。

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-WZ5719BY

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-WZ5719BY

消臭性能の高さが特徴の石油ファンヒーター。「プレミアム消臭『極』」に加えて「脱臭フィルター」を設置し、ニオイを背面に誘導してしっかりと除去します。温風の吹き出し口が可動式ルーバーになっており、ピタッと閉じることで点火時と消火時のニオイを低減。点火時のニオイを約25%、消火時のニオイを約70%低減できると謳っています。

「ビッグルーバー」が火力に応じて快適にスイング。弱運転時には大きく動くことで温度のムラを防ぎ、強運転時には下向きの角度を調節して広範囲をあたためるなど、快適な室内環境を作り出します。「新ecoモード」に加えて、「省エネセンサー」も搭載。約10分間人がいなくなると自動で最小火力運転に切り替え、さらに50分ほど人がいないと自動で消火します。灯油や電気代を節約できるだけでなく、消し忘れ防止にも役立つ便利な機能です。

ダイニチ(DAINICHI) 石油ファンヒーター FW-3219S

ダイニチ(DAINICHI) 石油ファンヒーター FW-3219S

コンクリート12畳までの部屋に適応した、メーカーのスタンダードモデル。保温なしの35秒スピード着火を実現し、冬の朝や帰宅時など常時スピーディーに室内をあたためられます。W371×D299×H429mmと小型ながら、5Lの給油タンクを備えているのも魅力です。

「ecoおまかせモード」付きで、室内のあたたまり具合を感知して燃焼量を自動コントロール。好みの温度に設定できるため、快適に電気代や灯油代を節約できます。消し忘れ防止の自動消火装置やタイマーなど、使い勝手が高まる機能も搭載。操作パネルには「フッ素コーティングルーバ」を採用し、汚れに強くお手入れしやすいのもメリットです。

ダイニチ(DAINICHI) 石油ファンヒーター FW-5619L

ダイニチ(DAINICHI) 石油ファンヒーター FW-5619L

コンクリート20畳までの部屋に適応した、リビング用におすすめの石油ファンヒーター。同シリーズではコンクリート13・16・23畳のモデルも展開しており、スペースの広さに適した製品を選べます。全モデルに9Lの大容量タンクを備え、給油回数を減らせるのもおすすめ。タンクの上下には2本のハンドルがあり、大容量でも両手でしっかりと持って本体へスムーズにセットできます。

大型モデルながら40秒のスピード着火を実現し、広いスペースでも素早くあたためられます。一時消火機能付きの「ecoおまかせモード」を搭載しており、設定温度より室温が3℃高くなると自動で消火。手間をかけずに、電気代や灯油代を節約できます。リビング使用はもちろん、ワンルーム住まいなど一人暮らしの方にもおすすめのモデルです。

ダイニチ(DAINICHI) 石油ファンヒーター FW-72DX4

ダイニチ(DAINICHI) 石油ファンヒーター FW-72DX4

コンクリート25畳までの部屋に適応した、ハイパワーの石油ファンヒーター。7.2kWの高い暖房出力で、広いスペースもパワフルにあたためられます。45秒のスピード着火で、素早くあたたまるのも魅力です。

大容量の9Lタンクを備えており、こまめな給油が必要ないのも嬉しいポイント。操作パネルに灯油残量を8段階表示するため、タンクを持ち上げずに油量を確認できます。さらに、「ecoおまかせモード」も搭載しており、便利な機能が満載です。

ファンフィルターは取り外しやすく、ホコリがたまりやすいパーツをラクに掃除できます。こまめにお手入れすることで、ホコリの蓄積によるムダな灯油の消費を抑制。フィルターには抗菌剤を含浸し、約99%以上の雑菌を抑えられると謳われています。

アラジン(Aladdin) 石油ファンヒーター AJ-F38D

アラジン(Aladdin) 石油ファンヒーター AJ-F38D(K)

「遠赤ふく射」機能を搭載し、体の芯までじわじわとあたためられる石油ファンヒーター。部屋の温度が安定するとパネルから遠赤外線を放出し、温風暖房により体の芯までじんわりとあたためます。「サーキュレーション温風」で、温度のムラを抑えて室温をキープできるのも特徴です。

イオン消臭機能を搭載し、本体から発生したマイナスイオンにニオイの元を停滞させて吸着。消臭機能があるバーナとの相乗効果で、点火と消化時のニオイを抑制します。タンク内の灯油が切れても、1時間ほど燃焼し続ける便利な機能も装備。スピード点火やエコ運転など、快適性や暖房効率を高める機能も多数備えています。

アラジン(Aladdin) 石油ファンヒーター AKF-DX5816N

アラジン(Aladdin)  石油ファンヒーター AKF-DX5816N

温風気流制御を実現した石油ファンヒーター。部屋の状態を感知し、温風エネルギーや吹き出す方向を自動で変えて、室内をムラなくあたためます。「アラジンエンブレム」により、残りの燃焼時間が表示とアラームで通知されるのも便利です。

約10秒で温風を放出するスピード点火、体感温度を変えずに暖房効率を高めるエコ運転機能も搭載。7Lの大型タンクで、給油回数を減らせるのもおすすめのポイントです。

トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ファンヒーター LC-330

トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ファンヒーター LC-330

コンクリート12畳までの部屋に適応した、スタンダードな石油ファンヒーター。燃焼方式には、蒸発皿に灯油を注ぎヒーターで直接加熱する「ポット式」を採用し、燃焼時11~12W、待機時0.6Wという低消費電力を実現しています。W376×D296×H428mmと小型で、場所を取りすぎないのもメリットです。

「高耐久バーナー」を採用し、要件を満たせば前シーズンに残った灯油を使えます。「給油延長」ボタンを押すと、灯油消費を抑える運転に切り替わる機能を搭載。すぐに給油できないときに利用すれば、最大で60分延長可能です。室温をゆるやかに20℃まで下げ、体感的に寒さを感じにくい独自の「エコモード」機能も備えています。

トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ファンヒーター LC-SL43H

トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ファンヒーター LC-SL43H

コンクリート15畳までの部屋に適応した石油ファンヒーター。文字表示やボタンが大きいため、使いやすく見やすいのが特徴です。「快適おまかせ機能」を備え、室温と湿度を感知して最適な温度に自動調節します。5分ほど人がいないと自動で弱燃焼に切り替わり、25分程度で自動的に消火する機能も搭載。灯油や消費電力のムダを抑えたり、消し忘れを防止したりできます。

手触りのよいラバーコーティングのリモコン付きで、本体から離れた場所や寝たままで操作できるのも便利。文字サイズが大きい液晶パネルに、換気や給油すべきタイミング、湿度の目安を表示します。

石油ファンヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

石油ファンヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。