カメラやレンズを購入したら考えなければならないのが保管方法。撮影機材は総じて熱や湿気に弱く、劣化させてしまうと画質の低下や故障の原因となってしまうので、しっかりと管理することが重要です。

そんな問題を解決してくれるのが「防湿庫」。温度を一定に保ちつつ、湿気もカバーできるので、カメラやレンズを長く愛用し続けるためにはあると便利なアイテムです。そこで今回は防湿庫のおすすめモデルをご紹介。サイズ別にピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

防湿庫は必要?

一般的に気温が10〜35℃で湿度が60%以上になるとカビの発生が増加。日本は高温多湿のシーズンがあるので、油断しているとカメラやレンズにカビが生えて、最悪の場合使えなくなってしまうこともあります。そのため、撮影機材を確実に保管するためには防湿庫などを用意して対応しましょう。

なお、レンズにカビが生えると画質が低下。カメラ本体の場合は、イメージセンサーにカビが生えると画像にカビが写り込んでしまうほか、部品が腐食して故障の原因にもなりかねません。

一度カビが生えると高額な修理代が必要。レンズ1本につき最低でも1万円、高価なものや希少なものだと3万円以上かかります。取り返しのつかない状況を避けるためにも、カメラ機材は防湿庫でしっかりと保管しておくのがおすすめです。

防湿庫の適正な湿度

一般的に湿度が60%以上になるとカビが発生しやすくなりますが、逆に40%以下になると、レンズのコーティングや部材が劣化する可能性が高くなります。湿気は問題ですが、乾燥もカメラ機材にとってはマイナス要因なので、その点も留意しておきましょう。カメラやレンズの保管には湿度40〜60%が最適と言われています。

防湿庫の選び方

サイズで選ぶ

ワンサイズ大きめがおすすめ

By: d-strage.jp

防湿庫を選ぶときは現在所有している機材の総量に対して少し大きめなサイズのものがおすすめ。趣味で写真を続けていると、長くなるほどカメラやレンズの数は必然的に増えてくるものです。それらを考慮して選ぶとよいでしょう。

収納容量の目安

小型タイプとなる収納容量50L以下の防湿庫。収納可能な機材の目安としては、一眼カメラが2〜3台、レンズが5本程度です。

中型タイプとなる収納容量は80〜120L。収納機材の目安としては、一眼カメラが5〜10台、レンズが10本程度、その他カメラアクセサリーの保管も可能です。

大型タイプとなる収納容量140L以上。プロ仕様の大型デジタル一眼レフカメラを複数台所有している方向けです。保管スペースが多く確保できるため、大口径レンズや超望遠レンズにも対応できます。

機能で選ぶ

湿度計

By: amazon.co.jp

防湿庫に湿度計が付属していれば、より確実な湿度管理が可能。目視できるため、湿度の急激な変化にも迅速に対応できます。なお、湿度計は追加で購入することも可能なので、留意しておきましょう。

湿度計には指針で表示するアナログタイプと液晶で表示するデジタルタイプがありますが、自分が使いやすい方を選ぶとよいでしょう。

内蔵コンセント

防湿庫の中には内部にAC電源のコンセントを搭載しているモデルがあり、それらは庫内でカメラを保存しつつバッテリーの充電にも対応できます。

ACアダプターを直接繋げて充電するカメラが主な場合は、庫内タイプがおすすめ。一度に充電できるカメラの台数は限られますが、防湿と同時に充電ができるので便利です。

機材固定用クッション

By: d-strage.jp

防湿庫には機材を保護するクッションやレンズを固定できる波型のレンズホルダーが付属しているモデルもあります。

なお、強い地震が発生した場合でもカメラやレンズ同士がぶつかり合って傷付くのを防げるように、防湿庫内の機材をしっかりと固定できているか、機材の破損リスクを最小限に抑えられるかどうかは事前に確認しておきましょう。

光触媒機構

光触媒とは光のエネルギーによって働く触媒のこと。光を受けたときに強い酸化力を発揮し、機材のニオイやカビの原因となる細菌などの有機化合物を分解する性質を持ちます。光触媒機構を搭載する防湿庫は消臭・防菌・防カビ性能が優れているため、カメラやレンズなどの機材管理により効果的です。

除湿方式で選ぶ

ペルチェ除湿方式

By: d-strage.jp

ペルチェ素子という半導体素子を介して防湿庫内の湿度を調整する方式。ペルチェ素子に直流電流を流すと素子の両面に温度差が生じ、低温側では結露により加湿、高温側では蒸発により除湿が行われます。

電流の方向や大きさを変化させることで低温側と高温側を交換できるので、ペルチェ除湿方式を採用しているモデルは自由に防湿庫内の湿度をコントロールできます。

湿度を電子的に管理しているので乾燥剤除湿方式とは異なり加熱再生時間は必要せず、常に除湿効果を持続でき、除湿スピードも高速。また、運転音や振動もほとんどないため、夜間でも防湿庫の音を気にせずに使えます。

一方、電気効率がやや悪く、防湿庫内の湿度が高いと電力消費が増える傾向にあります。また、耐用年数が少ないのも懸念点です。

乾燥剤除湿方式

By: amazon.co.jp

防湿庫のユニット内にある乾燥剤に水分を吸着させて除湿を行う方式。電力は主に乾燥剤の加熱再生時に使われるため電気効率がよく、耐用年数は長めです。

一方で、乾燥剤に吸着した水分を除湿するための時間が定期的に必要で、4時間または6時間ごとに約30分間の加熱再生が行われます。その間は防湿庫の除湿効果は停止するので、扉の開閉を行うと湿度が上昇してしまう点は考慮しておきましょう。

しかし、電気効率の高さや耐用年数の長さは良好。ランニングコストを重視する方や、長期間に渡って機材を保管したい方におすすめです。

防湿庫のおすすめメーカー

東洋リビング

By: amazon.co.jp

防湿庫において信頼度の高いメーカー。価格帯としてはやや高価ですが、ドライユニットや湿度計などを精度の高い日本製にこだわっており、その品質の高さからプロカメラマンも多く愛用しています。

乾燥剤除湿方式、庫内コンセント、光触媒機構を主に採用。特徴としては引き出し式トレーの採用にあり、機材の数量や容積に合わせてトレーを好みの位置に取り付けが可能です。

高価なカメラやレンズを長期間に渡ってしっかりと保管できるのもポイント。高品質かつ多機能な防湿庫を探している方におすすめです。

トーリ・ハン(TOLIHAN)

By: amazon.co.jp

防湿庫におけるトップブランド。ラインアップを豊富に取り揃えているのが特徴で、製品は「エコノミー」「プレミアム」「薄型」「業務用」などにカテゴリー分けされています。

乾燥剤除湿方式、庫外コンセント、光触媒機構を主に採用。デジタルデュアル湿度計を搭載している製品においては、防湿庫の庫内と庫外両方の湿度を液晶画面で同時に確認できます。

価格帯としてはやや高めですが、予算に合わせて豊富な選択肢のなかから自分に適した防湿庫を選べるのが魅力です。

アイデックス(IDEX)

By: d-strage.jp

ペルチェ除湿方式の防湿庫を取り扱っている日本メーカー。コンセント内蔵や光触媒機構などの機能はなく、シンプルな構成を採用しているのが特徴です。

除湿方式は比較的安価なペルチェ除湿方式を採用。ネット販売で流通コストを抑えているため、除湿効果の高い防湿庫をリーズナブルな価格で販売しています。コスパのよいペルチェ方式の防湿庫を探している方におすすめです。

カメラ・レンズにおすすめの防湿庫|小型

東洋リビング(TOYO LIVING) 防湿庫 オートクリーンドライ 24L ED-25CA

東洋リビング(TOYO LIVING)  防湿庫 オートクリーンドライ 24L ED-25CA

小型カメラの保管に最適な24Lの防湿庫。LED光連続照射と循環対流システムによる光触媒機能付き電子ドライユニットを搭載することにより、脱臭・抗菌・防カビ効果が期待できるので、クリーンな庫内と最適な湿度を保てるのが特徴です。

1日の電気代が1円以下と省エネに配慮しているのもポイント。電池交換不要なアナログ湿度計も付いていて便利です。

充電に便利な外部コンセントやカメラを守るためのカギが付属しているのでセキュリティ面も良好。価格が2万円台と防湿庫のなかでは比較的安いので、カメラ初心者の方にもおすすめの製品です。

トーリ・ハン(TOLIHAN) 防湿庫 ドライ・キャビ NTシリーズ 46L NT-83-M3

トーリ・ハン(TOLIHAN) 防湿庫 ドライ・キャビ NTシリーズ 46L NT-83-M3

奥行29.8cmとスリムな防湿庫。狭い場所や机の上などにもすっきり収まるので、設置スペースに悩んでいる方におすすめです。

フラットでシンプルなデザインはインテリア性も高く、リビングやダイニングにも違和感なく設置できるのもポイント。なお、本製品は同社の防湿庫におけるエコノミーモデルのため、価格帯としては比較的安い部類に入ります。

乾燥剤除湿方式により庫内の湿度を一定に保つことができるのも特徴。アナログ湿度計も搭載されているので、常に湿度をチェックできます。棚板には光触媒シートが張られており、防カビ・抗菌・脱臭の効果が期待できるのも魅力です。

カメラ・レンズにおすすめの防湿庫|中型

アイデックス(IDEX) デジタル防湿保管庫 D-strage 100L DS-104M

アイデックス(IDEX) デジタル防湿保管庫 D-strage 100L DS-104M

部屋の照明に合わせて庫内の明るさを3段階調節できる防湿庫。湿度表示も青から白のLEDに変更して、見やすさに配慮しているのが特徴です。

除湿ユニットのデザインを前モデルから見直し、ACアダプターのプラグ部分をより使いやすい位置に変更。また、無音で無振動のペルチェ式除湿ユニットを採用しているため静音性が高く、防湿庫を寝室に設置したい方にもおすすめです。

棚は設置位置の変更ができるスライド式なので、さまざまなカメラの保管が可能。100Lで3万円台と本体サイズのわりに安い価格も魅力です。コスパ重視で防湿庫を選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

東洋リビング(TOYO LIVING) 防湿庫 オートクリーンドライ 118L LD-120

東洋リビング(TOYO LIVING)  防湿庫 オートクリーンドライ 118L LD-120

4段仕様の防湿庫。LED庫内灯はドア連動と連続点灯の切り替えが可能なので、収納するのはもちろん、ディスプレイとしてライトアップすることも可能です。

光触媒機能付き電子ドライユニット搭載することにより、脱臭・抗菌・防カビの効果が期待できるので、庫内をクリーンに保つことができるのが特徴。透明スライド式の引き出し棚はカメラやレンズの出し入れがしやすく、使い勝手は良好です。

電気代1日1円以下の省エネ設計のほか、カギ付きなのもポイント。機能性の高い防湿庫を求めている方におすすめの製品です。

カメラ・レンズにおすすめの防湿庫|大型

アイデックス(IDEX) デジタル防湿保管庫 D-strage 130L DS-135M

アイデックス(IDEX) デジタル防湿保管庫 D-strage 130L DS-135M

大型の防湿庫でコスパのよいモノを探している方におすすめのモデル。光触媒や庫内コンセントなどの機能はなくシンプルな構造なので、130Lの大型でも4万円台と比較的安いのが特徴です。

ペルチェ除湿方式により庫内の湿度を一定に保てるのもポイント。明るさ調節ができる白色LED湿度表示やデジタル操作パネルを採用しており、見やすさと使いやすさを兼ね備えています。

スライド式の棚は設置位置の変更ができるので、大小さまざまなサイズのカメラを保管することも容易。汎用性の高い防湿庫を求めている方におすすめです。

トーリ・ハン(TOLIHAN) 防湿庫 ドライ・キャビ プレミアムシリーズ 157L PH-180

トーリ・ハン(TOLIHAN) 防湿庫 ドライ・キャビ プレミアムシリーズ 157L PH-180

高さが1315mmと大型サイズの防湿庫。6段仕様で多くの機材を収納できるのが特徴です。庫内と庫外の湿度がひと目でわかる電池不要のアナログ式デュアル湿度計を搭載しているのもポイント。庫内と庫外にひとつずつコンセントが用意されているので、カメラ本体のバッテリー充電が収納時でも可能です。

同社の防湿庫の特徴である光触媒も搭載し、防カビ・抗菌・脱臭の効果が期待できるのも魅力。乾燥剤方式除湿装置により、庫内湿度を一定に保ってしっかりとカメラを保護してくれます。標準・望遠・マクロ・広角・単焦点・魚眼などさまざまな種類のレンズを所有している方や、すでに小型や中型の防湿庫を使用していて手狭を感じている方はぜひ購入を検討してみましょう。