防湿庫は、温度を一定に保ちつつ湿気もカバーできるので、カメラやレンズを長く愛用し続けるためにあると便利なアイテム。撮影機材は熱や湿気に弱く、劣化させてしまうと画質の低下や故障の原因になってしまうため、しっかりと管理することが重要です。

そこで今回は、防湿庫のおすすめモデルをご紹介します。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

防湿庫の必要性

By: amazon.co.jp

カメラやレンズは非常にデリケートな機材で、油断しているとすぐにカビが発生してしまいます。一般的に気温が25〜28℃、湿度60%以上がカビの生育に最適とされているため、日本の高温多湿な気候はカビが発生しやすい環境です。

レンズやカメラ本体のイメージセンサーにカビが発生すると、撮影した写真にカビが写り込んでしまいます。腐食による故障の原因にもなるほか、一緒に保管している別の機材にもカビを移しかねないため、カメラ機材の保管には防湿庫がおすすめです。

一度発生したカビは、高額な費用を支払って修理に出しても完全に取り除くことが難しく、再発生する場合があることも特徴。防湿庫に機材を保管することで、カビの発生を予防できます。

防湿庫の適正な湿度

一般的に湿度が60%以上になるとカビが発生しやすくなりますが、逆に40%以下になると、レンズのコーティングや部材が劣化する恐れがあります。湿気は問題ですが、乾燥もカメラ機材にとってはマイナス要因なので、その点も留意しておきましょう。カメラやレンズの保管には湿度40〜60%が最適といわれています。

防湿庫の選び方

サイズと収納容量をチェック

By: amazon.co.jp

防湿庫には小さなサイズから大きなサイズまで、多くの種類があります。所有している機材が一眼カメラ5台程度とレンズ数本程度であれば50L以下の小型サイズ、一眼カメラが20台以下、レンズ10本程度であれば120L以下の中型サイズがおすすめです。

電気代などのランニングコストはサイズの大小によってほとんど差がありません。小さめのサイズを2台購入するよりも、大きいサイズを1台購入した方が容量単価が割安な場合が多いため、増設の手間を考慮するとワンサイズ大きめの防湿庫がおすすめです。

所有している機材の量や設置スペースによって選ぶサイズが変わりますが、ワンサイズ大きめの防湿庫の方がコストパフォーマンスに優れ、買い替えることなく長く使い続けられます。

機能で選ぶ

湿度計

防湿庫に湿度計が付属していれば、より確実な湿度管理が可能。目視できるため、湿度の急激な変化にも迅速に対応できます。なお、湿度計は追加で購入することも可能なので、検討してみてください。

湿度計には、指針で表示するアナログタイプと液晶で表示するデジタルタイプがありますが、自分が使いやすい方を選ぶのがおすすめです。

内蔵コンセント

防湿庫のなかには、内部にAC電源のコンセントを搭載しているモデルがあり、庫内でカメラを保存しつつバッテリーの充電もできます。

ACアダプターを直接繋げて充電するカメラが主な場合は、内蔵コンセントが搭載されたモデルがおすすめ。一度に充電できるカメラの台数は限られますが、防湿と同時に充電もできるので便利です。

機材固定用クッション

By: d-strage.jp

防湿庫には機材を保護するクッションや、レンズを固定できる波型のレンズホルダーが付属しているモデルもあります。

また、強い地震が発生した場合でもカメラやレンズ同士がぶつかり合って傷付くのを防げるように、防湿庫内の機材をしっかりと固定できるか、機材の破損リスクを最小限に抑えられるかどうかも事前に確認しておきましょう。

光触媒機構

光触媒とは、光のエネルギーによって働く触媒のこと。光を受けたときに強い還元力を発揮し、機材のニオイやカビの原因となる細菌などの有機化合物を分解する性質をもちます。光触媒機構を搭載する防湿庫は消臭・防菌・防カビ性能に優れているため、カメラやレンズなどの機材管理により効果的です。

除湿方式で選ぶ

ペルチェ除湿方式

By: d-strage.jp

ペルチェ素子という半導体素子を介して、防湿庫内の湿度を調節する方式。ペルチェ素子に直流電流を流すと素子の両面に温度差が生じ、低温側では結露により加湿、高温側では蒸発により除湿が行われます。

電流の方向や大きさを変化させることで低温側と高温側を交換できるため、ペルチェ除湿方式を採用しているモデルは自由に防湿庫内の湿度をコントロールできます。

湿度を電子的に管理しているので、乾燥剤除湿方式と異なり加熱再生時間は必要とせず、常に除湿効果を持続できるうえに、除湿スピードも高速。また、運転音や振動もほとんどないため、夜間でも防湿庫の音を気にせずに使えます。

一方、電気効率がやや悪く、防湿庫内の湿度が高いと電力消費が増える傾向にあります。また、耐用年数が少ないのも懸念点。比較的コストはかかりますが、しっかりと湿度を管理したい方におすすめの方式です。

乾燥剤除湿方式

By: amazon.co.jp

防湿庫のユニット内にある乾燥剤に水分を吸着させて除湿を行う方式。電力は主に乾燥剤の加熱再生時に使われるので電気効率がよく、耐用年数は長めです。

一方で、乾燥剤に吸着した水分を除湿するための時間が定期的に必要で、4時間または6時間ごとに約30分間の加熱再生が行われます。その間は防湿庫の除湿効果は停止するので、扉の開閉を行うと湿度が上昇してしまう点は考慮しておきましょう。

しかし、電気効率の高さや耐用年数の長さは良好。ランニングコストを重視する方や、長期間にわたって機材を保管したい方におすすめです。

電気代をチェック

防湿庫では、湿気を吸収するためではなく湿気を吸収した乾燥材やペルチェ素子の水分を蒸発させるのに電気を使うため、防湿庫そのもののサイズによって消費電力はほとんど変わりません。

防湿庫は24時間常に動作させるので、電気代が気になるところですが、一般的に防湿庫の電気代は1日に1円前後、1ヶ月で約30円程度です。

ペルチェ除湿方式の防湿庫の場合は、頻繁に扉を開け閉めして内部の湿度を上げてしまうと、その分消費電力が多くなるので注意が必要。できるだけ湿度を一定に保っておくことが、電気代の節約につながります。

防湿庫のおすすめメーカー

東洋リビング(TOYO LIVING)

By: amazon.co.jp

防湿庫において信頼性の高いメーカー。価格帯としてはやや高価ですが、ドライユニットや湿度計など精度の高い日本製にこだわっており、その品質の高さから多くのプロフォトグラファーが愛用しています。

乾燥剤除湿方式・庫内コンセント・光触媒機構を主に採用。引き出し式トレーを搭載しているのが特徴で、機材の数量や容積に合わせてトレーを好みの位置に取り付けられます。高価なカメラやレンズを長期間にわたってしっかりと保管できるのもポイント。高品質かつ多機能な防湿庫を探している方におすすめのメーカーです。

トーリ・ハン(TOLIHAN)

By: amazon.co.jp

防湿庫ではトップクラスのブランド。ラインナップを豊富に取り揃えているのが特徴で、製品は「エコノミー」「プレミアム」「薄型」「業務用」などにカテゴリー分けされています。

乾燥剤除湿方式・庫外コンセント・光触媒機構を主に採用。デジタルデュアル湿度計を搭載している製品は、防湿庫の庫内外の湿度を液晶画面で同時に確認できます。価格帯はやや高めですが、予算に合わせて豊富な選択肢のなかから自分に適した防湿庫を選べるのが魅力です。

アイデックス(IDEX)

By: d-strage.jp

ペルチェ除湿方式の防湿庫を取り扱っている日本メーカー。コンセント内蔵や光触媒機構などの機能はなく、シンプルな構造なのが特徴です。

ネット販売で流通コストを抑えているため、除湿効果の高い防湿庫をリーズナブルな価格で購入できます。コスパのよいペルチェ方式の防湿庫を探している方におすすめです。

ハクバ(HAKUBA)

By: hakubaphoto.jp

電子式防湿保管庫「E-ドライボックス」シリーズを開発販売しているハクバ。高級感漂うシックなデザインで人気があります。使い方はダイヤルを回して設定するだけで、自動的に湿度を調節できるので、初心者の方でも使いやすい点がメリットです。

ハクバは撮影用のカメラも自社開発しており、カメラのメンテナンスや管理方法についての知識があります。そのため、ハクバの防湿庫は防カビ機能と使いやすさに優れている点が特徴。湿気とホコリに弱いカメラを気密性の高い庫内でしっかり守れます。

カメラ・レンズにおすすめの防湿庫

東洋リビング(TOYO LIVING) 全自動防湿庫 オートドライ 小型シリーズ AD-120

高品質で信頼性に優れた防湿庫です。庫内の湿度は、15~50%RHでダイヤルによって簡単に調節可能。耐久性に優れた電池交換不要なアナログ湿度計が搭載されており、簡単に庫内の湿度が確認できるのもポイントです。

透明のプラスチック棚はスライド式。棚の設置位置も細かく調節できます。また、使い勝手に優れたトップテーブルが付いている点もおすすめです。

本体サイズは幅423×高さ860×奥行406mm、重量約17kg。左右の持ち手と後部キャスター付きなので、移動させる際の負荷が軽いのもメリットです。

東洋リビング(TOYO LIVING) 全自動防湿庫 オートクリーンドライ Black&Whiteシリーズ ED-80CAT(BW)

東洋リビング独自開発の光触媒機構を搭載した防湿庫です。庫内の湿度は30~50%RHの間で任意設定可能。耐久性に優れた日本製の高性能電子ドライユニットにより、しっかりと湿度を管理できます。

光触媒機構や可視光LEDが搭載されており、防湿庫内を清潔に保ちやすいのもポイント。消臭・防菌・防カビ性能に優れている点が魅力です。扉には強化ガラスが使われており、一体型のアルミ製フレームハンドルを搭載。また、アナログ湿度計も付いています。

人感センサー丸型LED庫内灯や、収納品が出し入れがしやすい透明のスライド棚が採用されているのもおすすめポイントです。

トーリ・ハン(TOLIHAN) NTシリーズ NT-83-M3

乾燥剤除湿方式を採用した防湿庫です。奥行きが300mmとスリムなので、壁際はもちろん、デスク上へ設置する場合にもおすすめ。フラットなデザインで、インテリアや部屋とマッチしやすいのもポイントです。

本製品は棚板が2枚付属した46Lのモデル。カメラが9~12台収納できる設計です。扉にはアナログの湿度計が付いており、庫内の湿度を簡単に確認可能。デジタル湿度計のように電池交換する必要がないので、手間を省きたい方にもおすすめです。

また、レンズを保管する際に便利なレンズマットが付属しているのポイント。しっかりと固定して収納できるだけでなく、庫内でレンズ同士がぶつかるのを予防できるメリットもあります。

トーリ・ハン(TOLIHAN) PREMIUMシリーズ PH-80

コンセントを2基搭載した乾燥剤除湿方式の防湿庫。庫内と背面に1基ずつコンセントを搭載しており、カメラのバッテリーやモバイル機器の充電が可能です。庫内にはLED照明が搭載されており、本体上部のスイッチでON・OFFを切り替えられます。

本製品にはデュアル湿度計が付いており、庫内だけでなく庫外の湿度も確認可能。アナログ式なので電池交換の必要がなく、長期間メンテナンスなしで使えます。また、光触媒機構が搭載されているのもポイント。防カビ・抗菌・脱臭などの効果が期待できる点もおすすめです。

トーリ・ハン(TOLIHAN) エコノミータイプ ECシリーズ EC-47-M2

トーリ・ハンが製造するエコノミータイプの防湿庫です。交換不要な乾燥剤を使用している乾燥剤除湿方式の防湿庫なので、メンテナンスの手間がかかりにくいのが特徴。消耗品がなく、1日にかかる電気代も1円以下とランニングコストを抑えられます。

奥行きのある棚板はスチール製。堅牢で収納力に優れている点もおすすめです。

アイデックス(IDEX) 防湿庫 デジタル防湿保管庫 DS-135M

130Lの大容量を備えた防湿庫です。本体サイズは幅380×奥行390×高さ960mm。上下2段式を採用しているのが特徴です。また、除湿ユニットも2基搭載されているので、スピーディに除湿できます。本体上部には3段階で明るさ調節が可能な白色LED湿度表示を搭載。寝室に設置する防湿庫としてもおすすめです。

本製品はペルチェ除湿方式を採用。デジタル操作パネルによる簡単設定が可能で、防湿庫内の湿度を細かく調節してしっかりと管理できるのがポイントです。位置調節可能なスライド棚やアジャスター脚なども搭載されており、使い勝手に優れています。

ハクバ(HAKUBA) ハクバ E-ドライボックス KED-25

高級感ある塗装が施されており、インテリアとしても楽しめる防湿庫です。スチール製のキャビネットは粉体塗装仕上げ。本体サイズは幅358×高さ270×奥行315mmとコンパクトで、設置スペースが限られている場合にもおすすめです。本製品は容量約25Lのモデルですが、設置スペースや収納するカメラの台数に合わせてさまざまなサイズがラインナップされています。

鍵の付いた強化ガラス製のドアには、アナログの温湿度計を搭載。庫内の温度や湿度が簡単に確認できるのはもちろん、電池交換の必要がないメリットもあります。

ハクバ(HAKUBA) ドライボックスNEO 5.5L KMC-39

手軽に使えるボックスタイプの防湿庫です。容量約5.5L、本体サイズ幅330×高さ135×奥行220mmのコンパクトなサイズが魅力。カメラやレンズを収納する目的だけでなく、乾物・粉もの・パスタなどの保管にもおすすめです。

本製品は取り外し可能な除湿剤ケースが蓋の裏に付いており、付属の乾燥剤を入れて使用するタイプ。乾燥剤が湿気を吸い取らなくなった際には、ハクバの「キングドライ」を追加で購入すれば継続して使えます。

湿度管理にこだわりたい方やカビの発生を抑えたい場合には、ハクバの湿度計や防カビ剤「レンズ専用防カビ剤フレンズ」を使用するのが便利。本体価格がリーズナブルなので、別途湿度計や防カビ剤を追加しても購入時の費用を抑えられる点はおすすめです。

ハクバ(HAKUBA) ドライソフトボックス M KDSB

カメラやレンズを保管したまま持ち運びできるソフトタイプの防湿庫です。プラスチックや金属製の防湿庫とは異なり、ポリエステル素材を使用しているのが特徴。本体サイズは約幅230×高さ190×奥行140mmながら、重量は210gほどと軽く携帯性に優れています。

本製品は、ミラーレスカメラやエントリークラスの一眼レフカメラとダブルズームキットを保管するのにぴったりなMサイズ。乾燥剤は、メッシュポケット付き中仕切りに入れる仕様です。また、中仕切りの位置は、収納するモノのサイズに合わせて変更できます。

Re:CLEAN 防湿庫 RC-21L

シンプルながらスタイリッシュなデザインが魅力的な防湿庫です。本体サイズは、脚を含んでも幅350×奥行275×高さ252mm。容量約21Lのコンパクトな防湿庫なので、設置スペースが限られている場合にもおすすめです。

本体の材質にはスチールが採用されており、扉には強化ガラスを使用。耐久性に優れているため、長期間使用できるのもポイントです。リーズナブルな価格ながら、除湿ユニットが庫内を任意の湿度に自動調節します。誤差±3%以下の精巧なアナログ湿度計が付いているのもメリットです。

また、本製品は静音性にも優れているので、寝室に設置する防湿庫としてもおすすめです。

ホクト(HOKUTO) 防湿庫・ドライボックス HBシリーズ102L HP-102EX

ペルチェ式除湿システムを採用した高性能な防湿庫です。省エネ機能が搭載されており、1日約1.2円の電気代で使用可能。ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。本体上部には青色タッチスクリーンも搭載。表示器の明るさを調節できる点も魅力です。また、庫内にもLED照明が搭載されています。

コンセントを挿して通電するだけで簡単に使えるのもポイント。全自動除湿機能が搭載されているので、自動で安定した湿度が保てます。本製品は容量約102Lの大容量モデルのため、収納するカメラ・レンズの数が多い方やこれから増える予定の方におすすめです。

ホクト(HOKUTO) 防湿庫・ドライボックス HSシリーズ容量25L HS25L

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた防湿庫です。エントリーモデルにあたるHSシリーズに属する製品。本製品の容量は約25L、サイズは幅380×奥行260×高さ280mmのコンパクトなモデルですが、41Lや51Lなどのモデルも用意されています。

強化ガラスを使用したドアには、デジタルの温湿度計を搭載。電池交換は必要ですが、庫内の温度や湿度を一目で簡単に確認できます。また、稼働中の音が静かで振動もないので、寝室への設置にもおすすめの防湿庫です。

シルイ(SIRUI) 電子防湿庫 HC70

電子制御によって素早く庫内の湿度が調節できる防湿庫です。電気効率がよく耐用年数が長い乾燥剤除湿方式を採用。光触媒のユニットも搭載されており、防カビ・抗菌・脱臭などの効果も期待できます。

本体上部には液晶画面を搭載。湿度や温度を一目で確認して管理できるのがポイントです。棚板は約1.2mmの冷延鋼板を使用して作られており、堅牢性に優れているのが特徴。重量のある一眼レフカメラを保管しておく場合にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 防湿庫 200-DGDRY003

1%単位で湿度を設定できる防湿庫です。本体上部にデジタル操作パネルを搭載。庫内の湿度を25~60%RHの間で調節できます。本製品はコンセントを挿しておくだけで常時調湿が可能。乾燥剤交換の必要もなく、メンテナンスの手間がかかりにくい点もおすすめです。

強化ガラスの扉は鍵付き。子供やペットのいる家庭に設置する防湿庫としても便利です。

ナカバヤシ(Nakabayashi) DB-27L-N キャパティ ドライボックス 27L

リーズナブルな価格で購入できるボックスタイプながら、湿度計が付いた防湿庫です。蓋の周囲にシリコンゴムを使用した密閉方式を採用。庫外の湿気を遮断しやすく、湿度を維持しやすいのがポイントです。

本製品の容量は約27L。本体サイズは幅306×奥行486×高さ270mmと比較的コンパクトですが、より収納力を求める場合には同製品をスタッキングして使用する方法もおすすめです。