カメラやレンズを購入したら考えなければならないのが保管方法。撮影機材は熱や湿気に弱く、劣化させてしまうと画質の低下や故障の原因になってしまうため、しっかりと管理することが重要です。「防湿庫」は、温度を一定に保ちつつ湿気もカバーできるので、カメラやレンズを長く愛用し続けるためにあると便利なアイテム。

そこで今回は、防湿庫のおすすめモデルをご紹介します。サイズ別にピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

防湿庫とは?

By: amazon.co.jp

防湿庫とは、カメラやレンズなどの撮影機材を収納してカビや結露などの湿害から守るための保管庫のこと。機材の保管というと、安価なプラスチック製のドライボックス(簡易防湿庫)がカメラを始めたばかりの初心者には人気ですが、密閉性がさほど高くなく、乾燥剤を定期的に交換する手間もかかります。

しかし、防湿庫は金属製で高い密閉性を持っており、内蔵の湿度調節機構によって全自動で庫内の湿度を最適に保てるのが特徴。電源を入れるだけで簡単に庫内の除湿ができ、乾燥剤交換の手間も不要なので、より効率的かつ快適に機材を保管できます。

防湿庫は必要?

一般的に、気温が10〜35℃で湿度が60%以上になるとカビの発生が増加。日本は高温多湿のシーズンがあるので、油断しているとカメラやレンズにカビが生えて、最悪の場合使えなくなってしまうこともあります。そのため、撮影機材を確実に保管するためには防湿庫を用意して対応しましょう。

また、レンズにカビが生えると画質が低下します。カメラ本体の場合は、イメージセンサーにカビが生えると画像にカビが写り込んでしまうほか、部品が腐食して故障の原因にもなりかねません。

一度カビが生えると高額な修理代が必要。取り返しのつかない状況を避けるためにも、カメラ機材は防湿庫でしっかりと保管しておくのがおすすめです。

防湿庫の適正な湿度

一般的に湿度が60%以上になるとカビが発生しやすくなりますが、逆に40%以下になると、レンズのコーティングや部材が劣化する可能性が高くなります。湿気は問題ですが、乾燥もカメラ機材にとってはマイナス要因なので、その点も留意しておきましょう。カメラやレンズの保管には湿度40〜60%が最適といわれています。

防湿庫の選び方

サイズで選ぶ

ワンサイズ大きめがおすすめ

By: d-strage.jp

防湿庫は、現在所有している機材の総量に対して少し大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。趣味で写真を続けていると、カメラやレンズの数が必然的に増えてくるので、その点も考慮したうえで選びましょう。

収納容量の目安

小型タイプの収納容量は50L以下。収納可能な機材の目安としては、一眼カメラが4〜5台、レンズが数本程度です。中型タイプの収納容量は50〜120Lで、一眼カメラが10〜20台、レンズが10本程度、その他カメラアクセサリーの保管もできます。

大型タイプの収納容量は140L以上なので、プロ仕様の大型デジタル一眼レフカメラを複数台所有している方向けです。保管スペースが多く確保できるため、大口径レンズや超望遠レンズにも対応できます。

機能で選ぶ

湿度計

防湿庫に湿度計が付属していれば、より確実な湿度管理が可能。目視できるため、湿度の急激な変化にも迅速に対応できます。なお、湿度計は追加で購入することも可能なので、検討してみてください。

湿度計には、指針で表示するアナログタイプと液晶で表示するデジタルタイプがありますが、自分が使いやすい方を選ぶのがおすすめです。

内蔵コンセント

防湿庫のなかには、内部にAC電源のコンセントを搭載しているモデルがあり、庫内でカメラを保存しつつバッテリーの充電もできます。

ACアダプターを直接繋げて充電するカメラが主な場合は、内蔵コンセントが搭載されたモデルがおすすめ。一度に充電できるカメラの台数は限られますが、防湿と同時に充電もできるので便利です。

機材固定用クッション

By: d-strage.jp

防湿庫には機材を保護するクッションや、レンズを固定できる波型のレンズホルダーが付属しているモデルもあります。

また、強い地震が発生した場合でもカメラやレンズ同士がぶつかり合って傷付くのを防げるように、防湿庫内の機材をしっかりと固定できるか、機材の破損リスクを最小限に抑えられるかどうかも事前に確認しておきましょう。

光触媒機構

光触媒とは、光のエネルギーによって働く触媒のこと。光を受けたときに強い還元力を発揮し、機材のニオイやカビの原因となる細菌などの有機化合物を分解する性質をもちます。光触媒機構を搭載する防湿庫は消臭・防菌・防カビ性能に優れているため、カメラやレンズなどの機材管理により効果的です。

除湿方式で選ぶ

ペルチェ除湿方式

By: d-strage.jp

ペルチェ素子という半導体素子を介して、防湿庫内の湿度を調節する方式。ペルチェ素子に直流電流を流すと素子の両面に温度差が生じ、低温側では結露により加湿、高温側では蒸発により除湿が行われます。

電流の方向や大きさを変化させることで低温側と高温側を交換できるため、ペルチェ除湿方式を採用しているモデルは自由に防湿庫内の湿度をコントロールできます。

湿度を電子的に管理しているので、乾燥剤除湿方式と異なり加熱再生時間は必要とせず、常に除湿効果を持続できるうえに、除湿スピードも高速。また、運転音や振動もほとんどないため、夜間でも防湿庫の音を気にせずに使えます。

一方、電気効率がやや悪く、防湿庫内の湿度が高いと電力消費が増える傾向にあります。また、耐用年数が少ないのも懸念点。比較的コストはかかりますが、しっかりと湿度を管理したい方におすすめの方式です。

乾燥剤除湿方式

By: amazon.co.jp

防湿庫のユニット内にある乾燥剤に水分を吸着させて除湿を行う方式。電力は主に乾燥剤の加熱再生時に使われるので電気効率がよく、耐用年数は長めです。

一方で、乾燥剤に吸着した水分を除湿するための時間が定期的に必要で、4時間または6時間ごとに約30分間の加熱再生が行われます。その間は防湿庫の除湿効果は停止するので、扉の開閉を行うと湿度が上昇してしまう点は考慮しておきましょう。

しかし、電気効率の高さや耐用年数の長さは良好。ランニングコストを重視する方や、長期間にわたって機材を保管したい方におすすめです。

防湿庫のおすすめメーカー

東洋リビング(TOYO LIVING)

By: amazon.co.jp

防湿庫において信頼性の高いメーカー。価格帯としてはやや高価ですが、ドライユニットや湿度計など精度の高い日本製にこだわっており、その品質の高さから多くのプロカメラマンが愛用しています。

乾燥剤除湿方式・庫内コンセント・光触媒機構を主に採用。引き出し式トレーを搭載しているのが特徴で、機材の数量や容積に合わせてトレーを好みの位置に取り付けられます。高価なカメラやレンズを長期間にわたってしっかりと保管できるのもポイント。高品質かつ多機能な防湿庫を探している方におすすめのメーカーです。

トーリ・ハン(TOLIHAN)

By: amazon.co.jp

防湿庫ではトップクラスのブランド。ラインナップを豊富に取り揃えているのが特徴で、製品は「エコノミー」「プレミアム」「薄型」「業務用」などにカテゴリー分けされています。

乾燥剤除湿方式・庫外コンセント・光触媒機構を主に採用。デジタルデュアル湿度計を搭載している製品は、防湿庫の庫内外の湿度を液晶画面で同時に確認できます。価格帯はやや高めですが、予算に合わせて豊富な選択肢のなかから自分に適した防湿庫を選べるのが魅力です。

アイデックス(IDEX)

By: d-strage.jp

ペルチェ除湿方式の防湿庫を取り扱っている日本メーカー。コンセント内蔵や光触媒機構などの機能はなく、シンプルな構造なのが特徴です。

ネット販売で流通コストを抑えているため、除湿効果の高い防湿庫をリーズナブルな価格で販売しています。コスパのよいペルチェ方式の防湿庫を探している方におすすめです。

ハクバ(HAKUBA)

By: hakubaphoto.jp

電子式防湿保管庫「E-ドライボックス」シリーズを開発販売しているハクバ。高級感漂うシックなデザインで人気があります。使い方はダイヤルを回して設定するだけで、自動的に湿度を調節できるので、初心者の方でも使いやすい点がメリットです。

ハクバは撮影用のカメラも自社開発しており、カメラのメンテナンスや管理方法についての知識があります。そのため、ハクバの防湿庫は防カビ機能と使いやすさに優れている点が特徴。湿気とホコリに弱いカメラを気密性の高い庫内でしっかり守れます。

カメラ・レンズにおすすめの防湿庫

ハクバ(HAKUBA) ドライボックスNEO 5.5L KMC-39

ハクバ(HAKUBA) ドライボックスNEO 5.5L KMC-39

カメラを始めたばかりの初心者におすすめの小型簡易防湿庫です。密閉したプラスチック容器の中に機材と乾燥剤を入れて使用します。乾燥剤は使い捨てのため定期的に交換する必要がありますが、金属製の防湿庫と比べてリーズナブルな価格で導入できるのが魅力です。

収納容量は5.5Lで、カメラ1台とレンズ2〜3本程度の保管が可能。一眼カメラのダブルズームキットを購入したばかりの方や、最小限の機材しか使用しないという方におすすめです。なお、本製品のシリーズには5.5Lのほかに、9.5Lと15Lのモノもラインナップされているので、機材の数や大きさに応じて容量を選べます。

ナカバヤシ(Nakabayashi) ドライボックス 27L 97025

ナカバヤシ(Nakabayashi) ドライボックス 27L 97025

安価な導入コストで大量の機材を保管できる、大型の簡易防湿庫です。フタの周辺にはシリコンゴムが使われており、高い密閉性を持っています。また、アナログ湿度計が見やすい位置に搭載されているので、庫内の湿度をひと目で視認できるのも特徴です。

収納容量は27Lで、カメラ1〜2台とレンズ4〜6本程度の保管が可能。大容量の収納力を持っていますが、本体サイズは幅30.6×奥行き48.6×高さ27cmとコンパクトで置き場所に困りません。また、本製品は積み重ねて使うことも可能なので、できるだけ安い価格で大量の機材を保管したいという方におすすめです。

ハクバ(HAKUBA) E-ドライボックス 40L KED-40

ハクバ(HAKUBA) E-ドライボックス 40L KED-40

小型で置き場所に困らない防湿庫です。本体サイズは幅35.8×奥行き31.5×高さ40cm。コンパクトな設計ながら収納容量は40Lと充実しており、カメラ3台と望遠レンズ2本程度の保管ができます。スチール棚の高さは調節可能なので、機材の大きさに合わせて庫内をカスタマイズできるのも特徴です。

信頼性の高い乾燥剤除湿方式を採用しているにも関わらず、価格が安いのもポイント。アナログ式の温湿度計を内蔵しているので、庫内の状態を簡単に確認できます。強化ガラス製の前面扉には鍵が搭載されており、子供によるいたずらも防げます。

アイデックス(IDEX) D-strage 60L DS-64M

アイデックス(IDEX) D-strage 60L DS-64M

中級者の機材一式を保管できるリーズナブルな防湿庫です。収納容量は60L。目安としてカメラ本体を12〜16台収納できるので、写歴5年以上の方でも機材一式を丸ごと収納できます。

除湿方式にはペルチェ式を採用。乾燥剤除湿方式と違って常時かつスピーディーに除湿できます。価格も安く、気軽に購入できるので、ドライボックスからのステップアップにもおすすめです。

温度と湿度の表示が可能な白色LCDは3段階の明るさ調節が可能。暗闇のなかでもあまり眩しくならず、作動音も静かなので、寝室でも快適に使用できます。

ホクト(HOKUTO) 防湿庫 HBシリーズ 68L HB-68EM

ホクト(HOKUTO) 防湿庫 HBシリーズ 68L HB-68EM

シンプルで扱いやすい操作性のよさで人気の防湿庫です。庫外にタッチスクリーンを搭載しているのが特徴。庫内湿度の確認が目視で確認できるほか、扉を開けることなく各種設定の変更が外からできるので、機材を高い湿度にさらす時間を大幅に少なくできます。

収納容量は68Lと大容量で、除湿方式にはペルチェ式を採用しています。庫内にはLEDライトを搭載するので、機材の取り出しが簡単にできるほか、インテリアとしても映えます。

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ NTシリーズ 76L NT-103-M3

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ NTシリーズ 76L NT-103-M3

置き場所に困らない薄型タイプの防湿庫です。本体サイズは幅39.8×奥行き30×高さ83.4cm。76Lの収納容量がありながら奥行きが小さい省スペース設計なので、机の上や廊下など限られた空間にも難なく設置できます。

除湿方式は乾燥剤除湿式を採用。ペルチェ式に比べて長寿命なので機材を長期間保管するのにおすすめです。本体右上部には湿度と温度がひと目で確認できる、アナログ式のデュアル湿度計を搭載しています。

棚板シートに光触媒機構「ルネキャット」を搭載しているのもポイント。無駄な装飾のないフラットデザインでインテリアにも馴染む、おすすめの製品です。

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ・スタンダード 77L ED-80CATP(B)

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ・スタンダード 77L ED-80CATP(B)

単に機材を保管するだけに留まらない機能性の高さで人気の防湿庫です。収納容量は77Lと多めで、除湿方式には乾燥剤除湿式を採用。さらに、除湿ユニットには光触媒フィルムが搭載されており、気になるカビ菌や臭気から機材を守ってくれます。

光触媒フィルムは内蔵の可視光LEDを触媒に使って作動するので、暗い部屋の中でも使用が可能。また、マグネット式のLEDバーライトが付属するので、インテリアとして光の演出も楽しめます。

庫内にコンセントを2基搭載しているのもポイント。本体内充電を採用しているカメラでも保管・除湿と同時に充電ができるのも魅力です。

アイデックス(IDEX) D-strage 100L DS-104M

アイデックス(IDEX) D-strage 100L DS-104M

上級者の機材一式を保管できる優れたコスパが魅力の防湿庫です。収納容量は100L。写歴10年以上で、複数のメーカーのカメラやレンズを所有している方でも、機材一式をしっかりと収納できます。

除湿方式にはペルチェ式を採用。背面でのACアダプタープラグの差し込み方式が横からなのも特徴で、プラグの飛び出しが邪魔にならず、接続部の破損リスクも少なくなっています。

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ PREMIUMシリーズ 107L PH-110

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ PREMIUMシリーズ 107L PH-110

機能が充実したプレミアムシリーズの高性能な防湿庫です。収納容量は107Lで、目安としてカメラ24〜27台ほどの保管が可能。写歴が長く、大量の機材を所有している方でも満足できる収納力を持っています。

除湿方式は乾燥剤除湿式を採用。棚板シートには光触媒「ルネキャット」が含浸塗布されているので、除湿だけではなく機材を清潔に保てます。また、庫内の温度・湿度に加えて庫外の湿度も一目でわかるデュアル湿度計を搭載しているのも特徴です。

庫内と庫外に1基ずつ、合計2基の充電用コンセントを搭載するのもポイント。カメラのバッテリーやモバイル機器の充電に重宝します。

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ・スタンダード 116L ED-120CATP(B)

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ・スタンダード 116L ED-120CATP(B)

光触媒機能で大量の機材をクリーンに保てる防湿庫です。収納容量は116Lで、24台程度の一眼レフが収納できるので上級者も満足できる大容量を持っています。

乾燥剤除湿式を採用する電子ドライユニットには光触媒フィルムを内蔵。機材の防カビだけではなく、抗菌や脱臭効果も期待できます。電池交換不要なアナログ湿度計・LEDバーライト・2基の庫内コンセントも搭載しているので、利便性が高いのもポイントです。

樹脂製のトップテーブルも付属。機材の落下を予防する役割もあるので、庫内の整理で一時的に機材を防湿庫の上に置く際などにも重宝します。

アイデックス(IDEX) D-strage 130L DS-135M

アイデックス(IDEX) D-strage 130L DS-135M

大量のプロ用機材を保管できる大型の防湿庫です。収納容量は余裕の130Lで、プロカメラマンが使用するようなフルサイズ一眼レフや中判カメラ、大口径レンズなども多数収納できます。

保管エリアが上下に分かれているのが特徴。ペルチェ式の除湿ユニットは上下に1基ずつ搭載されており、別々に除湿管理ができます。頻繁に使用する機材とあまり使用しない機材とで分けて保管するなどの使い方ができるので、大量の機材管理におすすめです。

明るさ調節可能なLCD・スライド引出し棚・庫内LED灯など機能性も充実しています。

ホクト(HOKUTO) 防湿庫 HSシリーズ 135L HP-135EX

ホクト(HOKUTO) 防湿庫 HSシリーズ 135L HP-135EX

スポーツ・飛行機・野鳥の撮影を趣味にしているカメラマンにおすすめの防湿庫です。本体サイズは幅58.8×奥行き39×高さ63.5cmと幅広のデザインを採用しているのが特徴。野鳥撮影などで多用するプロ用のフルサイズ一眼レフや大口径の超望遠レンズもしっかりと保管できます。

収納容量は135Lで、超望遠レンズ以外の機材もたっぷり収納が可能。前面の右上部にはタッチスクリーンが搭載されており、各種設定の変更も扉を開けずに行えます。大容量の収納力ながら価格もリーズナブルなので、あまりコストをかけずに重量級の機材一式を保管できます。

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ PREMIUMシリーズ 152L PH-155W

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ PREMIUMシリーズ 152L PH-155W

大口径の超望遠レンズも快適に保管できる、高性能なワイドタイプの大型防湿庫です。本体サイズは幅80.5×奥行き38.1×高さ72.5cm。収納容量は152Lと非常に大容量なので、野鳥や飛行機の撮影で使用する大型のプロ用機材を一式収めてもまだ余裕があります。

充実した機能もポイント。光触媒「ルネキャット」塗布の棚板シートや、庫内・庫外の湿度が一目でわかるアナログ式のデュアル湿度計、庫内を明るくするLED照明、庫内と庫外で1基ずつ計2基の充電用コンセントなど、「PREMIUM」シリーズで人気の機能が多数搭載されています。

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ・ワイド 160L ED-160CAWP2(B)

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ・ワイド 160L ED-160CAWP2(B)

大量の機材を長期間保管するのにおすすめの高機能な大型防湿庫です。本体サイズは幅84×奥行き60.7×高さ39.9cmで、36台程度の一眼レフが収納可能。ワイド構造を採用しており、扉中央の支柱はワンタッチで取り外しが可能なので、大口径の超望遠レンズなどの大型機材も簡単に収納できます。

乾燥剤除湿式を採用する電子ドライユニットには、内蔵の可視光LEDで作動する光触媒フィルムを搭載。また、タッチセンサー式スイッチで点灯するLEDバーライトも搭載しているので、庫内機材の取り出しや整理がしやすいのも特徴です。

上段奥には庫内コンセントを2基搭載しており、保管と除湿をしながら機材の充電もできます。使い勝手のよいおすすめの製品です。