「防湿庫」は、温度を一定に保ちつつ湿気もカバーできるので、カメラやレンズを長く愛用し続けるためにあると便利なアイテム。撮影機材は熱や湿気に弱く、劣化させてしまうと画質の低下や故障の原因になってしまうため、しっかりと管理することが重要です。

そこで今回は、防湿庫のおすすめモデルをご紹介します。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

防湿庫の必要性

By: amazon.co.jp

カメラやレンズは非常にデリケートな機材で、油断しているとすぐにカビが発生してしまいます。一般的に気温が25〜28℃、湿度60%以上がカビの生育に最適とされているため、日本の高温多湿な気候はカビが発生しやすい環境です。

レンズやカメラ本体のイメージセンサーにカビが発生すると、撮影した写真にカビが写り込んでしまいます。腐食による故障の原因にもなるほか、一緒に保管している別の機材にもカビを移しかねないため、カメラ機材の保管には防湿庫がおすすめです。

一度発生したカビは、高額な費用を支払って修理に出しても完全に取り除くことが難しく、再発生する場合があることも特徴。防湿庫に機材を保管することで、カビの発生を予防できます。

防湿庫の適正な湿度

一般的に湿度が60%以上になるとカビが発生しやすくなりますが、逆に40%以下になると、レンズのコーティングや部材が劣化する可能性が高くなります。湿気は問題ですが、乾燥もカメラ機材にとってはマイナス要因なので、その点も留意しておきましょう。カメラやレンズの保管には湿度40〜60%が最適といわれています。

防湿庫の選び方

サイズと収納容量をチェック

By: amazon.co.jp

防湿庫には小さなサイズから大きなサイズまで、多くの種類があります。所有している機材が一眼カメラ5台程度とレンズ数本程度であれば50L以下の小型サイズ、一眼カメラが20台以下、レンズ10本程度であれば120L以下の中型サイズがおすすめです。

電気代などのランニングコストはサイズの大小によってほとんど差がありません。小さめのサイズを2台購入するよりも、大きいサイズを1台購入した方が容量単価が割安な場合が多いため、増設の手間を考慮するとワンサイズ大きめの防湿庫がおすすめです。

所有している機材の量や設置スペースによって選ぶサイズが変わりますが、ワンサイズ大きめの防湿庫の方がコストパフォーマンスに優れ、買い替えることなく長く使い続けられます。

機能で選ぶ

湿度計

防湿庫に湿度計が付属していれば、より確実な湿度管理が可能。目視できるため、湿度の急激な変化にも迅速に対応できます。なお、湿度計は追加で購入することも可能なので、検討してみてください。

湿度計には、指針で表示するアナログタイプと液晶で表示するデジタルタイプがありますが、自分が使いやすい方を選ぶのがおすすめです。

内蔵コンセント

防湿庫のなかには、内部にAC電源のコンセントを搭載しているモデルがあり、庫内でカメラを保存しつつバッテリーの充電もできます。

ACアダプターを直接繋げて充電するカメラが主な場合は、内蔵コンセントが搭載されたモデルがおすすめ。一度に充電できるカメラの台数は限られますが、防湿と同時に充電もできるので便利です。

機材固定用クッション

By: d-strage.jp

防湿庫には機材を保護するクッションや、レンズを固定できる波型のレンズホルダーが付属しているモデルもあります。

また、強い地震が発生した場合でもカメラやレンズ同士がぶつかり合って傷付くのを防げるように、防湿庫内の機材をしっかりと固定できるか、機材の破損リスクを最小限に抑えられるかどうかも事前に確認しておきましょう。

光触媒機構

光触媒とは、光のエネルギーによって働く触媒のこと。光を受けたときに強い還元力を発揮し、機材のニオイやカビの原因となる細菌などの有機化合物を分解する性質をもちます。光触媒機構を搭載する防湿庫は消臭・防菌・防カビ性能に優れているため、カメラやレンズなどの機材管理により効果的です。

除湿方式で選ぶ

ペルチェ除湿方式

By: d-strage.jp

ペルチェ素子という半導体素子を介して、防湿庫内の湿度を調節する方式。ペルチェ素子に直流電流を流すと素子の両面に温度差が生じ、低温側では結露により加湿、高温側では蒸発により除湿が行われます。

電流の方向や大きさを変化させることで低温側と高温側を交換できるため、ペルチェ除湿方式を採用しているモデルは自由に防湿庫内の湿度をコントロールできます。

湿度を電子的に管理しているので、乾燥剤除湿方式と異なり加熱再生時間は必要とせず、常に除湿効果を持続できるうえに、除湿スピードも高速。また、運転音や振動もほとんどないため、夜間でも防湿庫の音を気にせずに使えます。

一方、電気効率がやや悪く、防湿庫内の湿度が高いと電力消費が増える傾向にあります。また、耐用年数が少ないのも懸念点。比較的コストはかかりますが、しっかりと湿度を管理したい方におすすめの方式です。

乾燥剤除湿方式

By: amazon.co.jp

防湿庫のユニット内にある乾燥剤に水分を吸着させて除湿を行う方式。電力は主に乾燥剤の加熱再生時に使われるので電気効率がよく、耐用年数は長めです。

一方で、乾燥剤に吸着した水分を除湿するための時間が定期的に必要で、4時間または6時間ごとに約30分間の加熱再生が行われます。その間は防湿庫の除湿効果は停止するので、扉の開閉を行うと湿度が上昇してしまう点は考慮しておきましょう。

しかし、電気効率の高さや耐用年数の長さは良好。ランニングコストを重視する方や、長期間にわたって機材を保管したい方におすすめです。

電気代をチェック

防湿庫では、湿気を吸収するためではなく湿気を吸収した乾燥材やペルチェ素子の水分を蒸発させるのに電気を使うため、防湿庫そのもののサイズによって消費電力はほとんど変わりません。

防湿庫は24時間常に動作させるので、電気代が気になるところですが、一般的に防湿庫の電気代は1日に1円前後、1ヶ月で約30円程度です。

ペルチェ除湿方式の防湿庫の場合は、頻繁に扉を開け閉めして内部の湿度を上げてしまうと、その分消費電力が多くなるので注意が必要。できるだけ湿度を一定に保っておくことが、電気代の節約につながります。

防湿庫のおすすめメーカー

東洋リビング(TOYO LIVING)

By: amazon.co.jp

防湿庫において信頼性の高いメーカー。価格帯としてはやや高価ですが、ドライユニットや湿度計など精度の高い日本製にこだわっており、その品質の高さから多くのプロカメラマンが愛用しています。

乾燥剤除湿方式・庫内コンセント・光触媒機構を主に採用。引き出し式トレーを搭載しているのが特徴で、機材の数量や容積に合わせてトレーを好みの位置に取り付けられます。高価なカメラやレンズを長期間にわたってしっかりと保管できるのもポイント。高品質かつ多機能な防湿庫を探している方におすすめのメーカーです。

トーリ・ハン(TOLIHAN)

By: amazon.co.jp

防湿庫ではトップクラスのブランド。ラインナップを豊富に取り揃えているのが特徴で、製品は「エコノミー」「プレミアム」「薄型」「業務用」などにカテゴリー分けされています。

乾燥剤除湿方式・庫外コンセント・光触媒機構を主に採用。デジタルデュアル湿度計を搭載している製品は、防湿庫の庫内外の湿度を液晶画面で同時に確認できます。価格帯はやや高めですが、予算に合わせて豊富な選択肢のなかから自分に適した防湿庫を選べるのが魅力です。

アイデックス(IDEX)

By: d-strage.jp

ペルチェ除湿方式の防湿庫を取り扱っている日本メーカー。コンセント内蔵や光触媒機構などの機能はなく、シンプルな構造なのが特徴です。

ネット販売で流通コストを抑えているため、除湿効果の高い防湿庫をリーズナブルな価格で購入できます。コスパのよいペルチェ方式の防湿庫を探している方におすすめです。

ハクバ(HAKUBA)

By: hakubaphoto.jp

電子式防湿保管庫「E-ドライボックス」シリーズを開発販売しているハクバ。高級感漂うシックなデザインで人気があります。使い方はダイヤルを回して設定するだけで、自動的に湿度を調節できるので、初心者の方でも使いやすい点がメリットです。

ハクバは撮影用のカメラも自社開発しており、カメラのメンテナンスや管理方法についての知識があります。そのため、ハクバの防湿庫は防カビ機能と使いやすさに優れている点が特徴。湿気とホコリに弱いカメラを気密性の高い庫内でしっかり守れます。

カメラ・レンズにおすすめの防湿庫

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ ED-41CAT(B)

光触媒機能付き電子ドライユニットを搭載した防湿庫。庫内を最適な湿度に保つことで機材をカビから守ると同時に、光触媒機能によって消臭や防菌の効果も期待できます。

ハンドル一体型の扉はアルミ製フレームと強化ガラスが組み合わせにより、高い強度とおしゃれなデザインを両立。庫内の棚板は、機材の出し入れがしやすい透明なスライド式引き出し棚です。

大切な機材を守れるように、鍵付きの扉を採用。バッテリーの充電に便利な外部コンセントも搭載されています。電気代が1日1円以下という省エネ設計も特徴のひとつ。搭載されている湿度計も電池交換不要のアナログ式のため、安い維持費で利用できる防湿庫です。

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ ED-80CATP2(B)

本体サイズが幅42.3×奥行き40.6×高さ61.1cm、収納容量77Lの防湿庫。一眼レフ本体を18台程度収納できるため、初心者の方はもちろん、機材が増えてきた中級者以上の方にもおすすめです。

スライド式の棚板には波型のレンズホルダーが付属し、レンズの整理がしやすい設計。マグネットで庫内に取り付けられるLEDバーライトも付属するため、明るい環境で機材の出し入れが可能です。付属する湿度計はアナログ式で、数値を直感的に確認できます。

庫内コンセントを搭載し、収納しながらの充電も可能。トップテーブルは樹脂製のため、レンズやカメラを一時的に防湿庫の上に置く際も傷が付いたり落下したりする心配がなく、安心して作業ができます。

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ LD-120

デジタル表示の湿度計を搭載した防湿庫。除湿機能以外にも光触媒機能を搭載しているため、機材をカビやホコリから保護しながら消臭や防菌効果にも期待できます。

18連のLEDライトを搭載していることが特徴。扉の開閉に連動した点灯と、庫内を照らした状態を維持する連続点灯をスイッチで選択可能。収納品の出し入れに便利なだけではなく、連続点灯により機材を美しくディスプレイできます。

本体サイズは幅41.9×奥行き39.9×高さ86.2cmで、容量は一眼レフ本体を24台程度収納できる118L。多くの機材を抱える上級者でも余裕をもって利用できる大型サイズで、庫内コンセントによる充電も可能です。

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ ED-120CA(W)

ボディカラーにホワイトを採用した明るい印象の防湿庫。ハンドル一体型のドアは全面強化ガラスのおしゃれなデザインで、インテリアとして馴染みやすいのが魅力。腕時計や革製品の保管にも適しているため、見せる収納としても使えます。

波形レンズホルダーが付属するためレンズが整理しやすく、スライド式の棚によって機材の出し入れも簡単。マグネットで取り付けられる丸型のLEDライトは人感センサー付きのため、扉を開ければ自動で点灯し、閉めると自動で消灯します。

118Lの大容量ながら1日の電気代は1円以下で、非常に経済的。機能性とデザインの両方にこだわりたい方におすすめの防湿庫です。

東洋リビング(TOYO LIVING) オートクリーンドライ ED-240CAWP2(B)

一眼レフ本体が48台程度収納できる大容量な防湿庫。大きな望遠レンズを楽に出し入れできる横型ワイドタイプで、扉中央の支柱は使い方に合わせてワンタッチで取り外しできます。扉はハンドル一体型の両開きタイプです。

光触媒機構が組み込まれた独自開発の日本製電子ドライユニットを搭載しており、除湿すると同時に庫内をクリーンな状態に保ちます。

日本製のアナログ式湿度計と、タッチセンサー式スイッチのLEDライトが付属。保管と同時に充電ができる、庫内コンセントも搭載されています。

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ NTシリーズ NT-33-M3

By: .dry-cabi.co.jp

省スペースなことが特徴の防湿庫。本体サイズが幅36×奥行き30×高さ49cmと非常に薄型のため置き場所を選ばず、部屋の中だけでなく机の上や廊下などにも設置可能です。

乾燥剤除湿方式を採用した防湿庫で、付属の湿度計は電池が必要ないアナログ式。トレーのほかにレンズマットも付属するため、複数のレンズを綺麗に並べて保管可能です。

容量は33Lと小型で、カメラが4~6台程度収納可能。価格もリーズナブルなため、それほど機材が多くない初心者におすすめの防湿庫です。

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ エコノミーシリーズ EC-47-M2

By: dry-cabi.co.jp

初心者におすすめの低価格な防湿庫。容量は47Lで、9〜12台程度のカメラ本体を収納できます。交換不要な乾燥剤を用いた乾燥剤除湿方式の防湿庫のため、消耗品がなく長く使い続けることが可能です。

無音かつ無振動で動作するため、アパートやマンションでも置き場所を選ばないことが特徴のひとつ。レンズマットとトレーが付属し、庫内も簡単に整理できます。

搭載されている湿度計は、同時に温度も表示できるアナログ式。電気代は1日1円以下のため、価格も維持費も安い防湿庫を探している方におすすめです。

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ プレミアムシリーズ PH-80

By: dry-cabi.co.jp

プレミアムシリーズに属する多機能な防湿庫。本体サイズは幅40×奥行き38.4×高さ67.4cm、容量は76Lで、18~21台程度のカメラを収納できます。

棚板シートに光触媒の「ルネキャット」が含浸塗布されていることが特徴。防カビだけでなく防菌や消臭効果も期待でき、機材を清潔に保管可能です。庫内と庫外にひとつずつコンセントが搭載されているのも魅力で、バッテリーや周辺機器の充電に役立ちます。

庫内にはLEDライトが搭載されており、庫外からスイッチでオンとオフの切替が可能。ライトを点灯させると青い棚板シートが照らされるため、おしゃれなインテリアとしても楽しめます。

付属の湿度計は温度も確認できるアナログ式。庫内と庫外両方の湿度が表示されるため、どの程度除湿が必要かひと目で確認できます。

トーリ・ハン(TOLIHAN) ドライ・キャビ プレミアムシリーズ PH-155W

By: dry-cabi.co.jp

ワイドタイプの大型防湿庫。本体サイズが幅80.5×奥行き38.1×高さ72.5cmと横に長く、収納容量も152Lと非常に大容量のため、大口径の望遠レンズなどの大型機材も余裕を持って保管できます。

防菌や消臭効果が期待できる光触媒の「ルネキャット」を採用。温度・庫内湿度・庫外湿度を同時に表示可能なアナログ湿度計やLEDライト、合計800Wに対応した庫内と庫外のコンセントも搭載しています。

また、前輪ストッパー付きのキャスターが付属します。ワイドタイプは持ち上げるのが大変なため、置き場所を移動する際にキャスターがあると重宝します。

アイデックス(IDEX) D-strage 100L DS-104M

低価格で高性能がコンセプトのコストパフォーマンスに優れた防湿庫。容量は大量の機材を所有する上級者でも満足できる100L。本体サイズは幅38×奥行き39×高さ76.8cmで、大型のレンズも収納可能です。

除湿にはペルチェ除湿方式を採用。庫外にデジタル操作パネルを搭載しているため、扉を開けずに操作が可能。白色LEDの湿度表示は3段階で明るさを調節できるため、寝室に置いても眩しくないことが魅力です。

除湿ユニットのACアダプタープラグ差し込み口が横向きなのも特徴のひとつ。プラグの飛び出しをなくし、接続部が破損するトラブルを防ぐ工夫がされています。

アイデックス(IDEX) D-strage 130L DS-135M

保管スペースが上下に分かれていることが特徴の防湿庫。収納容量はプロの機材も余裕を持って保管できる大容量の130L。上下に分かれた保管スペースには、それぞれペルチェ除湿ユニットとドアが搭載されているため、機材を分けて管理可能です。

メインの機材と使用頻度の少ない機材を分けて管理すると、庫内の湿度が上がることを防げるため、電気代の節約にもつながります。多くの機材を使い分ける、上級者におすすめの防湿庫です。

庫内には中が見やすいようにLEDが搭載されており、位置調節に対応した棚はスライド式。庫外前面のデジタルパネルから直感的な操作ができるため、初心者でも簡単に使えます。

ハクバ(HAKUBA) E-ドライボックス KED-25

小型で省スペースな防湿庫。本体サイズは幅35.8×奥行き31.5×高さ27cmのコンパクト設計で、収納容量は25L。カメラ本体のみであれば2〜4台、標準ズームレンズ付きの場合は3台程度を保管できます。

キャビネットの素材は粉体塗装仕上げのスチール製で、前面ガラスには強化ガラスを採用。内部には傷防止用のマットも用意されているため、カメラ機材を衝撃や傷から守りながら収納できます。

温湿度計は直感的に判断しやすいアナログメーター式。除湿ユニットには交換不要の特殊乾燥剤を採用しているためメンテナンスの必要がなく、ダイヤルを回すだけで湿度を一定に制御できるので、初心者におすすめの防湿庫です。

ハクバ(HAKUBA) E-ドライボックス KED-60

By: hakubaphoto.jp

低価格でも収納力がある、初心者におすすめの防湿庫。容量は60Lで、標準ズームレンズ付きの一眼レフ3台、中望遠レンズ4本と望遠レンズ1本程度をまとめて収納可能。徐々に機材が増え始めたころに適したサイズです。

除湿ユニットは、ダイヤルを回すだけの簡単設定で作動。キャビネットと棚はどちらも丈夫なスチール製で、重い機材を乗せてもたわみません。全ての棚にマットが付いているため、傷の心配をせずに安心して保管できます。

庫内の温度と湿度の両方が一度に確認できる湿度計付き。湿度計は、数値を直感的に確認できるアナログ式です。

ホクト(HOKUTO) 防湿庫 HBシリーズ HB-50EM

ペルチェ除湿方式を採用した防湿庫。庫外にデジタル湿度計と操作パネルを搭載したことで操作に扉を開ける必要がなく、庫内の湿度を維持しやすいことが特徴。デジタル湿度計は本体と一体型のため電池を必要とせず、消耗品がないことも魅力です。

本体は耐久性に優れたスチール製で、高精度なレーザーカット技術により、高い気密性を実現。スライド式の棚板はカメラやレンズのサイズに合わせて調節でき、落下防止機構も搭載しています。

暗い環境でも庫内が見やすいようにLEDライトも搭載。扉にはおしゃれなハンドルが取り付けられており、全体的にスタイリッシュでインテリアに馴染みやすいデザインです。

大石電機(OISHI) ドライキャビネット DHC-060

強固なスチール製ボディが特徴の防湿庫。扉には強化ガラスが用いられ、鍵も搭載。ボディにも厚い素材が使用され頑丈な設計になっているため、セキュリティにこだわる方におすすめの防湿庫です。

棚はスライド式で、高さ調節が可能。空気の循環を促し庫内を均一な湿度で保てるように、表面に穴が開いた棚板を採用しています。

除湿の設定は庫外の操作パネルから行うため、扉を開ける必要がありません。寝室のような暗い環境でも眩しくないように、パネルの表示は操作の1分後にバックランプが消える仕組みです。