スマホの画質が向上したことや、簡単にSNSへ動画投稿できることで需要が増えてきた「スタビライザー」。手ぶれを抑えることで高精細な動画や写真の撮影を実現するカメラアクセサリーです。

しかし、スタビライザーにはさまざまな機種がラインナップされているため、初めての方はどれを買うべきか迷ってしまうのではないでしょうか。今回は、スタビライザーの選び方を踏まえたうえで、おすすめの機種をご紹介します。

カメラ用スタビライザーとは?

By: amazon.co.jp

カメラ用スタビライザーとは、動画撮影時に発生する手ブレを抑えるためのカメラアクセサリーのこと。腕や体の揺れが撮影時に振動としてカメラに伝わることで起きる手ブレは、手持ちではどんなに気を付けてもアングルを変更する際などに発生してしまいます。

しかし、カメラ用スタビライザーがあれば、手ブレの発生方向とは反対に動作することで物理的に手ブレの相殺が可能。業務用の高価で大きな撮影機材を使わなくても、プロカメラマンが撮影したような滑らかで安定した動画を手持ちで撮影できます。

また、ミラーレスカメラの手ブレ補正機構と違ってカメラ内のバッテリーを消費しないのもポイント。カメラのバッテリー残量を気にせず長時間の撮影ができます。

カメラ用スタビライザーの選び方

種類をチェック

機械式

By: amazon.co.jp

付属の重りを活用して手ブレを抑えるのが、機械式のカメラ用スタビライザー。カメラ機材の重心を把握しつつ重りの数を調節しながら使用するので少々慣れは必要ですが、シンプルな構造なので初心者でも比較的簡単に扱えます。

基本的な調節は重りの数で行うため、微調整が直感的にでき、目まぐるしく変わる撮影現場にも迅速に対応可能。上部に取手が付いたモデルであれば、地面すれすれからのローアングル撮影も無理のない姿勢でできるので、撮影の幅が広がります。

電気式のモノと比べて価格が安いのも魅力。初めてのカメラ用スタビライザーとしてもおすすめです。

電気式

By: amazon.co.jp

内蔵モーターの動きによって、自動的に手ブレを補正するのが電気式のカメラ用スタビライザー。ミラーレスカメラのボディ内手ブレ補正機構と同じように、手ブレの発生方向とは逆にモーターが動いて水平を維持できるのが特徴。微細なブレや傾きにも対応できます。

ただし、初期設定にはある程度の知識が必要なのが難点。また、慣れていないと操作に手間取るため、初心者にはあまり向いていません。カメラ用スタビライザーの操作経験者で、より安定した構図で本格的な映像作品を撮影したい方におすすめです。

形状をチェック

ハンドヘルド型

By: amazon.co.jp

ハンドヘルド型は、グリップの上にカメラを搭載できるため片手で扱えます。重量も1kg以下の軽量なモノが多く、持ち運びがしやすいので、旅行やイベントなど外出先で手軽に動画の撮影をしたい場合におすすめです。

デジタル一眼カメラなど高価な機材以外に、最近ではスマートフォンに使用できるハンドヘルド型のスタビライザーも販売されています。他形状のモデルと比べて安価に入手できるのも魅力です。

ボディマウント型

By: amazon.co.jp

ボディマウント型は、両手で扱う大きな補正器具を体に付けたベストで支えるタイプ。前後・上下・左右の3軸でカメラを平衡に保てるため高度な補正効果が得られますが、バランスを取るためにはある程度の操作スキルが必要です。

また、他形状のモノと比べて重く大きいので、持ち運びにはあまり向いていません。それほど手軽ではないため、主に本格的な撮影に適しています。なお、最近では折りたたみが可能なボディマウント型のスタビライザーも販売されているので、持ち運びが多い方はチェックしておきましょう。

ショルダーマウント型

By: amazon.co.jp

ハンドヘルド型とボディマウント型の中間に位置するタイプで、ボディマウント型を簡略化したような肩パッドが付いています。使用時は両手と肩の3点で支えるので、動きのある被写体を撮影する場合も安定した姿勢で追い続けられるのが特徴です。

また、スタビライザーと機材の重量が両手だけではなく肩にも分散されるため、長時間の撮影でも負担がかかりにくいのがメリット。補正効果と動きやすさを両立させたい場合におすすめです。

カメラ本体の重量をチェック

By: amazon.co.jp

三脚同様、スタビライザーには搭載できるカメラの最大重量(耐荷重)が決められています。スタビライザーに耐荷重を上回るカメラを搭載すると、十分な補正効果が得られないばかりか、スタビライザーが重量に耐えきれず破損する恐れがあるため注意が必要です。

スマートフォンは重くても200gほどですが、一眼カメラではカメラ本体だけで1kgを超えるモノも存在します。また、レンズやLEDライトなど、一緒に使用するカメラアクセサリーの重量も機材の総重量に含まれるので要チェック。スタビライザーを購入する際は、総重量に対して少し余裕がある方がよいため、撮影に使用する機材の総重量を事前に計算しておきましょう。

撮影の用途をチェック

By: dji.com

旅行やイベントなど外出先で手軽に撮影したり、YouTubeやInstagramに配信する動画を1人で歩きながら撮影したりする場合は、ハンドヘルド型のスタビライザーがおすすめ。軽量コンパクトで持ち運びが楽なので、快適に撮影を進められます。

子供やペットの撮影ではローアングルに対応したスタビライザーが便利。被写体の目線から撮影できるのが魅力です。また、多人数で進める本格的な映像制作にはボディマウント型のスタビライザーがおすすめ。重く大きいため持ち運びには不向きですが、精度の高いぶれ補正効果を得られるので、クオリティを重視した撮影に重宝します。

カメラ用スタビライザーのおすすめ|機械式

アールスタイル(R-STYLE) スタビライザーハンドル RS-STB002

ローアングル撮影でペットや子供の動画撮影に活躍する

低価格なカメラ用スタビライザーです。カメラの上にハンドルがあるU字型のデザインを採用。ローアングルが撮影しやすいため、ペットや子供の動画を撮影したい方におすすめです。ハンドルは柔らかいウレタン製なので、長時間の撮影も快適に行えます。

ハンドルの先端にはアクセサリーシューを搭載。マイクやライトなどを取り付けて撮影可能です。コンデジやビデオカメラ、一眼レフカメラのほか、付属のクリップを使用するとスマートフォンも取り付けられます。

価格の安さも魅力のひとつ。コストパフォーマンスに優れたカメラ用スタビライザーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

UTEBIT カメラスタビライザー

撮影時のストレスを軽減するスポンジ搭載のハンドル

低価格ながら使いやすいカメラ用スタビライザー。U型デザインの採用により、快適にローアングル撮影が可能。カメラの位置は約11cmのレールの間で調節できるため、レンズのサイズやシーンに合わせて調節できます。ハンドルの先端にはアクセサリーシューも搭載。モニターやマイクなどを取り付けられます。

ハンドル部分にはスポンジが搭載されているので、手への負担も軽減可能。ローアングルの動画撮影を安定して行える、おすすめのカメラ用スタビライザーです。

ブルーロータス(BLUE LOTUS) ビデオカメラスタンド BL-212

長時間使用しても負担がかかりにくいハンズフリー撮影

ハンズフリーで撮影できるカメラ用スタビライザー。本体を肩に載せてショルダーベルトを装着すると、ミラーレスカメラや一眼レフカメラをハンズフリーで使用できます。耐荷重は約4kgなので、望遠レンズを取り付けたカメラでも使用可能です。

ローアングルやマクロ撮影の際には、本体を脇に挟むと安定して撮影できます。カメラやアダプターの取り付けに工具が必要ないため、セッティングがしやすい点も魅力。専用の巾着袋が付属するので、簡単に持ち運べます。

長時間使用しても負担がかかりにくい、おすすめのカメラ用スタビライザーです。

ニューワー(Neewer) ポータブルカメラ映画ビデオ作成システム 10072189

ショルダーマウント型のカメラ用スタビライザー。カメラ取り付け後に本体のパッドを肩に載せると、安定した状態で撮影できます。ハンドルには人間工学に基づいたデザインが採用されているので、快適に操作可能。利き腕にかかわらず使用できる点も魅力です。

本体には、国際規格である15mmの標準レールを2本搭載。ズーム用のスライダーとしても使用できるため、映画のような動きのある映像を簡単に撮影可能です。また、肩パッドには柔らかいゴムが採用されているので、長時間の撮影でも肩にかかる負担を抑えられます。

フライカム(Flycam) カメラスタビライザー Flycam C6

手軽に滑らかな動画を撮影できるカメラ用スタビライザー。本体重量は約1.7kgで、センターポールの長さは53~81cmの間で調節可能です。センターポールにはスケールが搭載されており、ジンバル位置をどの程度動かしたかをひと目で把握できます。

重りの端から端までの距離が約40cmと、幅広な設計を採用しているのもポイント。回転慣性が向上しています。補助脚も搭載されているため、自立させるような使い方も可能です。シンプルながら使いやすい、おすすめのカメラ用スタビライザーです。

ニューワー(Neewer) 手持ち式スタビライザー 10090474

シンプルながら使いやすいカメラ用スタビライザーです。本体の素材には、軽量ながら耐久性に優れたカーボンファイバーとアルミ合金を採用。センターポールは39~60cmの間で長さを調節でき、ハイアングルとローアングルの両方の撮影に使用できます。

ウェイトプレートには左右3つずつ、合計6つのウェイトディスクを搭載。ウェイトディスクを付けたり外したりしながら、シーンに合わせて適したバランスに調節可能です。ハンドル部分にはゴムが採用されており、しっかりとグリップできます。

フライカム(Flycam) ビデオカメラ安定化用ボディマウントシステム CMFT-AV

ボディマウント型のカメラ用スタビライザー。ベストのほかにアームも付属しており、カメラの手振れを全身で抑えながら滑らかな動画を撮影可能です。各アームはCNC加工で設計されているため、高品質なのはもちろん耐久性にも優れています。

アームにはスプリングが搭載され、手振れを効率よく吸収可能。アームはベストの左右どちらにも動かせるので、右利き・左利きを問わず使用できます。ベストには通気性に優れた柔らかいパッドが内蔵されているため、長時間快適に装着可能です。

カメラ用スタビライザーのおすすめ|電気式

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラスタビライザー DJI RSC 2

プロレベルの動画撮影が可能なカメラ用スタビライザーです。ミラーレスカメラや一眼レフカメラと組み合わせて使用可能。独自の「Titan安定化アルゴリズム」を搭載しており、100mmの望遠撮影時でもスムーズな動画を撮影できます。

スマートフォンにワイヤレスで映像を送信し、スマートフォン側からカメラをコントロールできる「RavenEye映像伝送システム」に対応。「ActiveTrack 3」を活用したトラッキング機能により、動く被写体も逃さずに捉え続けられます。

シーンに合わせて切り替えられる、6種類の操作モードを搭載。本体には操作スティックや1インチのOLEDスクリーンも搭載されており、直感的に操作できます。また、折りたたみ機構を採用しているので、コンパクトな状態で持ち運び可能です。フル充電した際の駆動時間は、約14時間。急速充電にも対応しています。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラスタビライザー DJI RS 2

素材にカーボンファイバーを採用した頑丈かつ軽量なカメラ用スタビライザー。本体重量が約1kgの軽量設計ながら約4.5kgの積載量に対応しています。大型のレンズと一眼レフカメラのセットも取り付けられるので、幅広いシーンで使用可能です。

タッチ操作に対応した、約1.4インチのフルカラー液晶画面を搭載。手元でプレビューを確認できるのはもちろん、各種パラメーターを手軽に調節できます。

「SuperSmoothモード」の搭載により、ズームレンズ使用時でも滑らかな動画を撮影可能。また、トラッキング機能を使えばカメラをあらかじめ指定した経路通りに動かせるため、1人でも簡単に動きのある動画を撮影できます。

キャリーケースも付属するので、持ち運びも簡単。プロのような動画を撮影できる、おすすめのカメラ用スタビライザーです。

フェイユーテック(FeiyuTech) 一眼レフ/ミラーレス対応ジンバル AK2000C

コンパクトで扱いやすいカメラ用スタビライザー。ボディにはアルミ合金を採用しており、1.078kgの軽さを実現しています。2.2kgの積載量に対応しているので、コンデジはもちろん、ミラーレスカメラや一眼レフカメラも使用可能です。

グリップ上部に有機ELのタッチパネルを搭載。パラメーターの調節やモードの切り替えなどを素早く操作可能です。縦撮りやセルフィーモード、タイムラプスなど、さまざまな撮影モードを切り替えて、プロのような動画を撮影できます。

クイックリリースプレートには、折りたたみ機構を搭載。3軸のロックにも対応しており、コンパクトに折りたためるため、カメラと一緒にカバンに入れて気軽に持ち運べます。

約1.5時間でフル充電可能なバッテリーを採用。通常使用の場合は約7時間バッテリーが持続するので、長時間の撮影も可能です。

フェイユーテック(FeiyuTech) 3軸カメラスタビライザー G6Max

さまざまなカメラと組み合わせられるカメラ用スタビライザー。カバンや洋服のポケットにも入れられるサイズながら、約1.2kgの耐荷重を実現しています。軽量なミラーレスカメラのほか、コンデジやアクションカム、スマートフォンも取り付け可能です。

取り付けたカメラとはWi-Fiとケーブルの両方で接続できます。グリップには、「マジックリング2.0」と呼ばれるダイヤルを搭載。ズームやフォーカス、ISOなどを指先だけで素早く調節可能です。

本体に9つの撮影モードを搭載。パンフォローモードやパン・チルトフォローモードのほか、モーションタイムラプスモードやインセプションモードも利用可能です。また、有機ELディスプレイも搭載しているため、撮影中でも素早くパラメーターを確認できます。

生活防水にも対応。悪天候時や水辺でも安心して使用できます。

フェイユーテック(FeiyuTech) 一眼レフカメラ用ジンバル AK4500

クリエイティブな動画撮影を可能にする、一眼レフ向けのハンドヘルド型電動スタビライザーです。カーボン製の本体は約1.6kgと軽く、耐荷重4.6kgまで対応。フルサイズモデルを含む一眼レフで長時間の動画撮影を行う際にもおすすめです。

ハンドル部分にはLCDタッチパネルを搭載しており、ジンバルモードの変更や各種セットアップをスタビライザー本体だけで調節できるのも特徴。また、誤動作を防ぐ「3軸ロックボタン」や、持ち運び時に便利な「取り外し可能ハンドル」も備えています。

付属のバーサタイルハンドルを使えばリモートで手の動きにカメラを追従でき、撮影の幅を広げることが可能。「シャドウハンターモード」や「インセプションモード」などの高度なジンバルテクニックが手軽に使えるモードも充実しています。

ジウン(ZHIYUN) 電動スタビライザー CRANE 3S

幅広いカメラに対応した、本格的なカメラ用スタビライザーです。独自のハイパワーモーターを内蔵しており、耐荷重は約6.5kg。大型のレンズを組み合わせた一眼レフカメラはもちろん、一部のシネマカメラにも対応できるので、本格的な動画撮影が可能です。

「Instuneアルゴリズムシステム」を搭載。強力な手振れ補正効果を実現しています。「TransMount画像転送システム」によりスマートフォンや外部モニターとも連携でき、映像をチェックしながら本体の制御が可能です。

自由度の高い拡張性も魅力のひとつ。同梱された拡張アームを取り付けて、可動部の延長も可能です。2段階のロック機構も搭載されているため、ロック時のガタつきを最小限に抑えて快適に使用できます。

連続稼働時間は、約12時間。本格的なカメラ用スタビライザーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ジウン(ZHIYUN) 電動スタビライザー CRANE M2

持ち運びやすいコンパクトなカメラ用スタビライザー。約500gの非常に軽量な設計が特徴のひとつです。軽量なミラーレスカメラやコンデジ、スマートフォンなど、さまざまなカメラを取り付けて、本格的な動画撮影を行えます。

無線接続はWi-FiとBluetoothの両方に対応。グリップの側面にはスライダーが搭載されており、指先の操作だけでスムーズにズームの操作ができます。有機ELディスプレイも搭載されているので、各種パラメーターをひと目でチェック可能です。

カメラの取り付けを素早く行える、クイックプレートシステムを採用。本体には充電用のUSB Type-Cポートが搭載されており、モバイルバッテリーで充電しながらでも使用できます。

モザ(MOZA) 一眼レフ/ミラーレス用ジンバル MOZA AirCross 2

豊富な撮影モードに対応した、ハンドヘルド型のカメラ用スタビライザー。3.2kgの最大負荷重量に対応していながら本体重量は約950gと軽量なので、片手でも楽に扱えます。本体にはマグネシウム合金が採用されており、高い耐久性も魅力です。

直感的な操作をサポートする「スマートホイール」を搭載。フォーカスの調節はもちろん、パン・チルト・ロールといった軸の切り替えと制御も片手で素早く行えます。各種パラメーターは有機ELディスプレイに搭載されているため、すぐにチェック可能です。

水平モードと垂直モードを切り替えられるので、スマートフォン向けの縦動画も簡単に撮影できます。タイムラプスやモーションタイムラプス、モーションコントロールにパノラマなど、さまざまな撮影モードを使用し、プロレベルの撮影が可能です。

バッテリー容量は3000mAh。フル充電すると約12時間連続で使用できます。

モザ(MOZA) 3軸マルチデバイスジンバル Mini-P MPG02

複数のデバイスに対応できるクロスプラットフォーム仕様の、ハンドヘルド型電動スタビライザーです。重さ約694gの軽量ボディで、耐荷重は900gに対応。スマホやアクションカメラから、F2.8単焦点レンズ付きのフルサイズミラーレスまで使用できます。

付属のL字ブラケットの位置を調節することで、縦位置構図と横位置構図を素早く切り替えられるのも特徴。構図に縛られないので、スマホでの再生を前提にした縦画面でのライブ配信やVlogの撮影にもおすすめです。

スタビライザーのハンドル部に搭載したコントローラーからカメラに接続できるのもポイント。撮影開始や一時停止の遠隔操作はもちろん、カメラの設定画面を開いて各種項目の調節も指先で簡単に行えます。

ジウン(ZHIYUN) カメラスタビライザー WEEBILL S

吊り下げるようにカメラをセットできる、おすすめのカメラ用スタビライザー。ハンドルの下にカメラを取り付ける、独自の「スリングモード」が特徴のひとつです。腕への負担を軽減できるほか、ローアングルの撮影もより安定して行えます。

独自のアルゴリズムの搭載により、強力な手振れ補正効果を実現。また、リリースプレートが用意されているため、スムーズにカメラを着脱可能です。3軸ロック機構の採用により各軸を固定できるので、安心して持ち運びできます。

ジウン(ZHIYUN) カメラ用電動スタビライザー WEEBILL 2

映像クリエイターのために設計された、プロ仕様のハンドヘルド型電動スタビライザーです。infineon社のセンサーを搭載しているのが特徴。応答速度が従来品よりも向上し、フォローがよりスムーズに行えます。映像制作で精密性の高いカメラワークが必要な方にもおすすめです。

ロール軸・絞り・ISO・フォーカス・ズームが高い精度で調節できる、ホイールを搭載しているのもポイント。また、2.88型のバリアングル式タッチパネルも備えており、多彩なアングルからの撮影も、無理のない姿勢で直感的にこなせます。

耐荷重は4kgあり、大口径ズームとリグを装着したフルサイズミラーレスでも快適に動作するのが魅力。別売の「TransMount イメージトランスミッターAI」を使用することで、タッチパネルへの映像出力やトラッキング機能なども使用できます。