動画撮影をする際に重宝するカメラ用の「スタビライザー」。手ぶれを軽減することで高精細な動画や写真の撮影をサポートするカメラアクセサリーです。

カメラ用スタビライザーは、さまざまな機種がラインナップされているため、初めての方はどれを買うべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、スタビライザーの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

カメラ用スタビライザーとは?

By: amazon.co.jp

カメラ用スタビライザーとは、動画撮影時に発生する手ブレを抑えやすいカメラアクセサリーのこと。腕や体の揺れが撮影時に振動としてカメラに伝わることで起きる手ブレは、手持ちの際に気を付けてもアングルを変更する際などに発生する可能性があります。

しかし、カメラ用スタビライザーがあれば、手ブレの発生方向とは反対に動作することで物理的に手ブレの軽減が可能。業務用の高価で大きな撮影機材を使わなくても、プロが撮影したような滑らかで安定した動画を手持ちで撮影できます。

また、ミラーレスカメラの手ブレ補正機構と違い、カメラ内のバッテリーを消費しないのもポイント。カメラのバッテリー残量を気にせずに長時間の撮影ができます。

カメラ用スタビライザーの選び方

種類をチェック

電気式

内蔵モーターの動きによって、自動的に手ブレを補正するのが電気式のカメラ用スタビライザー。ミラーレスカメラのボディ内手ブレ補正機構と同じように、手ブレの発生方向とは逆にモーターが動いて水平を維持できるのが特徴です。微細なブレや傾きにも対応できます。

ただし、初期設定にはある程度の知識が必要なのが難点です。また、慣れていないと操作に手間取るため、初心者には不向き。カメラ用スタビライザーの操作経験者で、より安定した構図で本格的な映像を撮影したい方におすすめです。

機械式

付属の重りを活用して手ブレを軽減するのが、機械式のカメラ用スタビライザーです。カメラ機材の重心を把握しつつ、重りの数を調節しながら使用するので慣れが必要。ただし、シンプルな構造のため、初心者でも比較的簡単に扱えます。

細かい調節がしやすいので、状況の変化が多い撮影現場にも対応可能。上部に取手が付いたモデルであれば、地面すれすれのローアングル撮影もできます。また、無理のない姿勢で撮影できるのもポイントです。

電気式と比べて価格が安いモノが多いのも魅力。初めてのカメラ用スタビライザーとしてもおすすめです。

形状をチェック

ハンドヘルド型

By: amazon.co.jp

ハンドヘルド型は、グリップの上にカメラを搭載できるため片手で扱えます。重量も軽量なモノが多く、持ち運びがしやすいのが特徴。旅行やイベントなど外出先で、手軽に動画の撮影をしたい場合におすすめです。

デジタル一眼カメラなど高価な機材以外に、スマートフォンに使用できるハンドヘルド型のスタビライザーも展開されています。ほかの形状と比べて安価で入手しやすいのも魅力です。

ボディマウント型

ボディマウント型は、両手で扱う大きな補正器具を体に付けたベストで支えるタイプ。前後・上下・左右の3軸でカメラを平衡に保てるため、高度な補正効果が得られます。ただし、バランスを取るためには、ある程度の操作スキルが必要です。

ほかの形状と比べて重く大きいので、持ち運びには不向き。本格的な撮影に適しているモノを探している方におすすめです。

ショルダーマウント型

ハンドヘルド型とボディマウント型の中間に位置するタイプで、ボディマウント型を簡略化したような肩パッドが付いています。使用時は両手と肩の3点で支えるので、動きのある被写体を撮影する場合も安定した姿勢で追い続けられるのが特徴です。

また、スタビライザーと機材の重量が両手だけではなく肩にも分散されるため、長時間の撮影でも負担がかかりにくいのがメリット。補正効果と動きやすさを両立させたい場合におすすめです。

カメラ本体の重量をチェック

By: amazon.co.jp

三脚同様、スタビライザーには搭載できるカメラの耐荷重が定められています。スタビライザーに耐荷重を上回るカメラを搭載すると、十分な補正効果が得られないほか、スタビライザーが重量に耐えきれず破損する恐れがあるため注意が必要です。

スマートフォンは重くても200gほどですが、一眼カメラではカメラ本体だけで1kgを超えるモノも存在します。また、レンズやLEDライトなど、一緒に使用するカメラアクセサリーの重量も機材の総重量に含まれるので要チェック。スタビライザーを購入する際は、総重量に対して少し余裕がある方がよいため、撮影に使用する機材の総重量を事前に計算しておきましょう。

撮影の用途をチェック

By: amazon.co.jp

旅行やイベントなどの外出先で手軽に撮影したり、YouTubeやInstagramに配信する動画を1人で撮影したりする場合は、ハンドヘルド型のスタビライザーがおすすめ。軽量かつコンパクトで持ち運びしやすいので、快適に撮影を進められます。

子供やペットなどの撮影は、ローアングルに対応したスタビライザーが便利。被写体の目線から撮影できるのが魅力です。また、多人数で進める本格的な映像制作には、ボディマウント型のスタビライザーがおすすめ。重く大きいため持ち運びには不向きですが、精度の高いブレ補正効果を得られるので、クオリティを重視した撮影に重宝します。

カメラ用スタビライザーのおすすめ|電気式

ディー・ジェイ・アイ(DJI) RSC 2 スタビライザー

一眼レフ・ミラーレスカメラ対応のスタビライザーです。独自の「Titan安定化アルゴリズム」設計により、ブレを軽減した滑らかな映像を撮影可能。被写体が動き回るアクティブな撮影でも活用できます。

フォーカスを調節できるフロントダイヤルを搭載。モニターを確認しながら、ピント合わせを指1本でおこなえます。また、ポートレート用の縦向き撮影に対応しているのも特徴。SNS用の映像も簡単に撮影できます。

バッテリーは急速充電に対応しているので、充電時間が短いのも魅力。連続稼働時間は最大14時間のため、電源を確保できないアウトドアシーンの撮影にも適しています。さらに、折りたたみ設計を採用しており、専用ケースに収納して持ち運び可能です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) RONIN-SC スタビライザー

ミラーレスカメラ用の3軸スタビライザーです。軽量かつ堅牢な性能を実現。積載量は2.0kgなので、さまざまなカメラを搭載できます。

激しい動きを撮影するときに便利な「スポーツモード」を搭載。突発的な動きや、逆サイドへの方向転換などにも対応可能です。

パノラマ・タイムラプス・モーションラプス・モーションコントロールなど、多彩な自動撮影機能を搭載。また、Roninアプリにより、操作性が向上しているのもポイントです。カメラのバランス調節やジンバルの使用方法などをスマートフォンから確認できます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) RS 2 スタビライザー

優れたカーボンファイバー製モノコック構造を採用した、軽量のスタビライザーです。積載量は約4.5gなので、フルサイズカメラや大きいレンズも搭載できます。連続使用時間は、最大12時間。急速充電を使用すると、15分の充電で2時間駆動します。

被写体を自動追尾する「ActiveTrack 3.0」を搭載。さらに、持ち手部分にあるタッチ画面から「ActiveTrack 3.0」をスピーディーに設定できるのも魅力です。

3Dフォーカスシステムは、レンズと被写体の距離を計測して、低照度の環境でもクリアな映像を撮影できます。また、ToFセンサーにより、素早いオートフォーカスを実現。カメラを動かしながら被写体を撮影するシーンでも活躍します。

ZHIYUN WEEBILL S スタビライザー

コンパクトかつ軽量設計が特徴のスタビライザーです。本体重量は2kg未満と軽量ながら、フルサイズカメラとレンズを搭載できます。本製品の前モデル「WEEBILL LAB」と比べて、モーターの出力が300%アップ。撮影時に起こる揺れや傾きに対する応答速度も50%向上しているので、安定した撮影ができます。

2層連結式のクイックリリースプレートを採用しており、スタビライザーとカメラの取り外しをスムーズにおこなえるのが魅力。再びスタビライザーに搭載するときは、バランスを調節する必要はほとんどありません。撮影中でも素早い機材交換に対応できます。

プロのニーズに応える10種類の撮影モードを搭載。さまざまな撮影シーンに対応できます。また、持ち手を2点にする「吊り下げ式デザイン」を採用しているので、力を使わずにスタビライザー撮影がおこなえるのもポイントです。

ZHIYUN CRANE M2 スタビライザー

コンパクト設計が特徴のスタビライザーです。コンパクトカメラやミラーレスカメラなど、さまざまサイズのカメラを搭載できます。専用アクセサリーを取り付ければ、アクションカメラも搭載可能です。

ジンバルモードやバッテリーレベルなどはOLEDディスプレイに一括表示。スタビライザーの設定や状態を直感的に把握できます。

独自のロックピンとラッチ設計を採用。移動中などの揺れによって、軸が揺れるのを防止。アームを折りたたんでロックするだけで、バックパックやポケットに収納できます。

ZHIYUN CRANE M3

スマートフォン・アクションカメラ・ミラーレスカメラなどを搭載できるスタビライザーです。本体に付属しているライトは、2600-5400Kの範囲で色温度を設定可能。また、色再現性に優れているのも特徴です。

ボルテックスモードやポートレートモードなどの撮影機能を搭載しているので、MV撮影やVlog撮影などの用途でも活躍します。カメラの取り付け部分は、クイックリリースプレートを採用。スライドするだけでカメラを取り外しできるため、バランスを再調節する必要なく撮影に臨めます。

USB Type-Cポートを採用しており、急速充電に対応。約2時間の充電で最大8時間使用できます。また、充電しながらでも撮影可能。モバイルバッテリーなどを活用すれば、電源を確保できない屋外でも撮影をおこなえます。

ZHIYUN CRANE 2S Pro スタビライザー CR113

大型カメラをオプションなしで搭載できるスタビライザー。垂直クイックリリースにより、縦向き構図にも対応しているのが特徴です。

着脱式のバッテリーを採用しており、最大12時間の連続使用が可能。また、フォーカスホイールを搭載しているため、微細なフォーカスコントロールを実現しています。ピント合わせもスムーズにおこなえるのが魅力です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) MOZA MINI-P スタビライザー MPG02

コンパクトに携帯できる折りたたみ式のスタビライザーです。ペイロード最大900gながら、アクションカメラ・スマートフォン・フルサイズミラーレスカメラなどを搭載できます。日常を撮影するVlogから本格的な映像制作まで、さまざまなシーンで使用可能です。

専用アプリ「MOZA MASTER」を使用すると、ファームウェアアップデートや各軸のコントロール、モーションラプスなどの機能を活用できます。また、テンプレートに沿って撮影するだけで、ショートムービーを制作する「MAGIC MODE」を搭載。さまざまな撮影モードとビデオ編集ツールを活用できるため、外出先でも動画制作をおこなえます。

連続使用時間は最大20時間なので、充電を気にすることなく撮影に臨めます。スタビライザーを自立させるためのミニ三脚が付属。タイムラプスなどの撮影も手軽におこなえます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) スタビライザー MOZA AirCross 2

最大積載量3.2kgを実現したスタビライザーです。幅広い種類のカメラやレンズと互換性があるので、さまざまなシーンで活用できます。3000mAhの大容量バッテリーで、最大12時間の連続使用が可能。バッテリーは独自のUSB充電インターフェイスを備えているため、外部電源でも充電できます。

専用アプリ「MOZA Master」をインストールしたスマートフォンをカメラ上に取り付け、被写体を選択することでオブジェクト追跡が可能。動きながらの撮影でもピントを合わせられます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) MOZA Air 2S スタビライザー

小型シネマカメラ・フルサイズ一眼レフカメラに対応したスタビライザーです。スマートマイクロハンドコントロールホイールを採用。パンやチルトなどの操作や感度調節を指先でスマートにコントロールできます。

3200mAhの大容量バッテリーを搭載。最大20時間の連続使用が可能です。USBポートは、Type-Cを採用。また、独立した充電インターフェイスにより、モバイルバッテリーなどの外部電源からでも充電できます。電源を確保しにくい、アウトドアの撮影にもおすすめです。

FeiyuTech G6Max マルチ対応ジンバル 3軸カメラスタビライザー

A4サイズの半分程度の大きさなので、ポケットに入れてもかさばりにくいスタビライザー。携帯性に優れており、旅行やVlogなどの撮影にもおすすめです。

コンパクトながら、耐荷重1.2kgを実現。スマートフォン・アクションカメラ・コンパクトカメラ・ミラーレスカメラなどを搭載できます。また、クイックリリースシステムを採用しているので、カメラの取り外しをスムーズにおこなえるのも特徴です。

ローパワーOLEDディスプレイを搭載しているのもポイント。インセプションモードやモーションタイムラプスなどのモードを簡単に設定できます。

カメラ用スタビライザーのおすすめ|機械式

R-STYLE スタビライザーハンドル RS-4580441948544

ローアングルの撮影に適したハンドル型のスタビライザー。フォーム・パッドが入ったハンドルを採用しているため、長時間撮影する場合にもおすすめです。

高さ120mm以下のカメラに対応。取り付け部分はスライド式を採用しているので、カメラの大きさや重さに合わせて手軽にバランスを調節できます。また、ハンドル上部先端の「アクセサリーシュー」には、ライトやマイクなどの取り付けも可能です。

UTEBIT カメラスタビライザー UTEBIT_HDSTB

一眼レフ・スマートフォン・アクションカメラなど、さまざまな撮影機材を搭載できるスタビライザーです。ローアングルの撮影が便利なハンドル型を採用。グリップのスポンジは凹面パターンなのもポイントです。

ホットシューには、モニター・マイク・撮影ライトなどを取り付け可能。撮影シーンに適したアクセサリーを搭載できます。また、軽量かつコンパクト設計も魅力です。

Neewer 手持ち式スタビライザー 10090476

高さを調節できる手持ちタイプのスタビライザーです。ハイアングル・ローアングルの切り替えをスムーズにおこなえるのが特徴。ボディ素材はカーボンファイバーを採用しており、耐久性に優れているのも魅力です。

ハンドル部分には、ゴム製のグリップを搭載。また、本体重量が約2kgと軽量ながら、最大荷重約3kgに対応しているのも魅力です。

FLYCAM スタビライザーアーム&ベスト CMFT-AV

安定した体勢で撮影をおこなえるボディマウント型のスタビライザーです。軽量かつ耐久性のある素材を採用。ベストには、通気性を備えたやわらかいパッドを入れているのがポイントです。

ベストに付属しているチェストプレートとストラップは、身体の大きさに合わせて調節可能。また、簡単に組み立てられる設計なので、準備から撮影開始までスムーズにおこなえます。

Neewer カメラショルダーリグ 10089728

肩に乗せて撮影できるショルダータイプのスタビライザーです。やわらかいゴム製のショルダーパッドは、肩の圧力を軽減するので、動画撮影時の安定性を高められます。

クイックリリースプレートの高さを気軽に調節可能。また、レールロッドにクイックリリースプレートをスライドすると、レンズを調節せずにズーム撮影ができます。