一眼カメラを活用した動画の撮影に重宝するのが「カメラ用ジンバル」。手持ち撮影の際に発生する手ブレを補正できるため、カメラ初心者の方でも、安定した撮影ができます。

そこで今回は、カメラ用ジンバル・スタビライザーのおすすめをご紹介。選び方もあわせて解説するので、初心者の方は自分に適したアイテム選びの参考にしてみてください。

ジンバル・スタビライザーとは?

By: zhiyun-tech.jp

カメラ用のジンバルとスタビライザーは、手持ちで動画撮影を行う際に使用する撮影補助機具です。手持ち撮影時に体や手首の揺れが「手ブレ」としてカメラに伝わるため、通常は画面が小刻みにブレて映像が見にくくなります。

ジンバルやスタビライザーを使うことで、手持ちで動画を撮影する場合でも、簡単に手ブレを補正可能です。安定した見やすい画面で、高品質な動画を撮影したい方に適しています。

また、ジンバルとスタビライザーの主な違いは、手ブレ補正の仕組みです。ジンバルは内部の軸を中心に駆動する回転台を、スタビライザーは重心を調節する重りを活用している点が異なります。しかし、そこまで大きな違いではないため、現在は同種のアイテムとして扱われるケースがほとんどです。

カメラ用ジンバル・スタビライザーの選び方

「機械式」か「電動式」か

機械式の特徴

By: amazon.co.jp

機械式のカメラ用ジンバルでは手動で手ブレの補正を行います。本体に取り付けた重りの数や位置を調節することで重心を操り、振り子の原理を利用して手ブレを補正するのが特徴です。

電動式と違って、機械式は電源不要で使えるため、バッテリー残量を気にせず使えるのもポイント。また、価格が安く、導入コストをなるべく抑えたい動画クリエイターから人気があります。

ただし、機械式のモデルは重りのバランス調節が困難。カメラを移動させる際にある程度のスキルが要求されるので、初心者の方にはあまり向かない点に留意しておきましょう。

電動式の特徴

By: amazon.co.jp

電動式のカメラ用ジンバルでは自動で手ブレの補正が行えます。内部にモーターとジャイロで構成された回転台を搭載しており、軸を中心に手ブレの方向とは反対に駆動させることで補正可能なのが特徴。最近はジンバルの主力として人気を集めています。

電源を入れてセットアップすれば、手軽に適切な制御で手ブレを補正できるのもポイント。バランスの調節やカメラワークの操作などの高度なスキルが不要なので、これから動画の制作を始める初心者の方にもおすすめです。

ただし、機械式と比べて、電動式のモデルは価格がやや高めなのが難点。機能性と価格のバランスを考慮したうえで選ぶようにしましょう。

3軸タイプが扱いやすくておすすめ

By: amazon.co.jp

初めて電動式のカメラジンバルを購入する方なら、3軸タイプのモデルを選ぶのがおすすめです。電動式ジンバルには1軸・2軸・3軸からなる3種類のタイプが存在します。

1軸タイプでは水平方向のみ、2軸タイプでは水平と垂直の2方向、そして3軸タイプでは水平と垂直に前後も加えた3方向で手ブレを補正可能です。3軸タイプの電動ジンバルは、さまざまなシーンで優れた手ブレ補正性能を発揮できることから、多くのカメラ用ジンバルで採用されています。

また、3軸タイプは1軸タイプや2軸タイプと比べて価格が若干高くなりますが、初心者の方でも扱いやすく、手ブレの高度な制御が簡単に行えます。動画の品質を重視する方は、3軸タイプの購入を検討してみてください。

カメラを取り付けた状態も考慮して重量をチェック

By: dji.com

撮影で使用する際の重量も、カメラ用ジンバル選びには重要です。サイズの大きいジンバルほど安定性は向上しますが、カメラやレンズなどの機材を搭載するとさらに重くなるのが難点。重すぎるジンバルだと取り回しが難しくなるほか、撮影が長時間続く場合には腕に負担がかかります。

搭載するカメラとのバランスに合った重量のモノを選ぶのが上手なジンバル選びのポイント。小型のミラーレス一眼やVlog用カメラの場合は、重量1kg以下のジンバルがおすすめです。中型以上のミラーレス一眼を使う場合は、重くても1.5kg程度のモノを選んでみてください。

なお、耐荷重にも注意が必要。耐荷重以上の機材を搭載するとアームやモーターに負担がかかり、性能の低下や破損のリスクがあります。使用する機材の総重量がジンバルの耐荷重に収まっているかもチェックしましょう。

ハンドルの形状や持ちやすさをチェック

By: amazon.co.jp

ジンバルは常に手に持って使用するため、ハンドルの形状や持ちやすさもポイントです。5本の指でしっかり握れる形状や滑り止め加工を備えたジンバルを選べば、片手で手持ち撮影を行う場合でも安定性を発揮できます。

また、利便性を重視するなら、変形可能なハンドルを持つジンバルもおすすめ。カメラを下から支える通常のモード以外にも、上から吊り下げるスリングモードやミニ三脚モードなどにも移行できるため、撮影可能な表現のバリエーションを広げられます。

カメラ用ジンバル・スタビライザーのおすすめメーカー

ディー・ジェイ・アイ(DJI)

By: amazon.co.jp

DJIは中国の深圳に本社を置く2006年設立の映像機器メーカーです。世界トップの市場シェアを有する空撮用ドローンを手掛けていることでも有名ですが、ドローンで培った姿勢制御技術を応用したカメラ用ジンバルも展開。個人の映像クリエイターから映画の撮影クルーまで幅広いユーザーに愛用されています。

DJIのカメラ用ジンバルは、高性能なモデルが多いのが特徴。「SuperSmoothモード」を搭載したモデルなら、焦点距離100mmの望遠レンズでも高い補正効果を発揮します。

モザ(MOZA)

By: amazon.co.jp

モザは中国の深圳に本社を置く2012年設立の「Gudsen Technology」が展開しているカメラ用ジンバルのブランドです。有名企業とコラボするなど世界的にも知名度が高く、アジアや欧米を中心に多くの映像クリエイターからも好評。日本ではカメラアクセサリーメーカーのケンコー・トキナーが正規代理店を担当しています。

モザのカメラ用ジンバルは、コスパに優れているのが特徴。プロユースの映像制作にも使える高性能がリーズナブルな価格で入手できるため、これから映像制作を始める初心者の方にもおすすめです。

ジウン(ZHIYUN)

By: amazon.co.jp

ジウンは中国に本社を置くカメラ用ジンバルメーカーです。横浜で開催された映像機器の国際見本市「CP+」で、2015年に初製品をリリースしたことを皮切りにデビュー。シンプルながらも高品質な製品が中国やアメリカを中心に高く評価されており、日本でもユーザー数を着実に増やしています。

ジウンのカメラ用ジンバルは、ラインナップが豊富なのが特徴。ミラーレス一眼や一眼レフでの使用に適したモデルはもちろん、スマホと兼用できるモデルも発売されており、使用するカメラに合わせて選べます。

カメラ用ジンバル・スタビライザーのおすすめ|人気

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラ用ジンバル DJI RSC 2

プロ仕様の高性能を備えたコンパクトなカメラ用ジンバルです。本体の重量は1.2kgで、耐荷重3kgに対応しながらも、移動時は小さく折りたためるのが特徴。6種類の操作モードも手軽に使えるため、ワンオペで撮影する動画クリエイターにおすすめです。

Titan安定化アルゴリズムにより、スムーズな映像を撮影できるのもポイント。加えて、微細な動きを補正できる「SuperSmoothモード」にも対応。焦点距離100mm程度の望遠レンズを使用する場合でも安定して撮影できます。

ワンタッチで縦位置撮影に切り替えられるので、スマホ向け動画の撮影に重宝するのも魅力。さらに、タイムラプス・ロール360・パノラマなどの撮影モードに加えて、スマホアプリと連携すれば高精度な被写体トラッキング機能も利用が可能です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラ用ジンバル DJI RS 3

先進技術でさらなる進化を遂げたプロ仕様のカメラ用ジンバルです。アルカスイス互換の2層式クイックリリースプレートを採用しており、カメラを素早く着脱できます。

新搭載の微調整ノブにより、レンズ交換後のバランス調節も迅速に行えるのが特徴。ドキュメンタリー撮影などで即応性を重視する映像クリエイターの方にもおすすめです。

重さ1.3kgの軽量ボディで耐荷重3kgに対応しており、フルサイズミラーレスと大口径ズームを使った撮影も可能。また、第3世代RS安定化アルゴリズムとSuperSmoothモードによって、補正性能もさらに向上しています。

直感的に使えるOLEDタッチパネルと、撮影モードを素早く切り替えられるジンバルモードスイッチを搭載しているのも便利。バッテリーグリップは最長12時間の連続駆動に対応しており、USB PDによる急速充電や給電しながらの撮影も可能です。

モザ(MOZA) カメラ用ジンバル AirCross 3

4種類の変形機構を持つカメラ用ジンバルです。通常モードとスリングモードに加えて、より安定性を高められるデュアルハンドルモード、純正の電動スライダーと合わせて伸長撮影できるグリップエクステンションモードにも変形が可能。1台のジンバルをさまざまな撮影スタイルで活用したい方におすすめです。

付属の三脚を装着してもわずか1.5kgと軽量ながら、耐荷重3.2kgの頑丈さを備えているのもポイント。折りたためば、持ち運びや収納も簡単に可能です。連続駆動時間が最長20時間と長く、旅行先での動画撮影にも重宝します。

縦位置撮影に移行しやすいように、クイックリリースプレートの構造が見直されているのも魅力。追加アクセサリーを利用することなく、スマホからの閲覧に便利な縦位置動画が撮影可能です。

ジウン(ZHIYUN) カメラ用ジンバル WEEBILL 3 COMBO

利便性と快適性が向上したカメラ用ジンバルです。新設計の強力なモーターと第10世代アルゴリズムを採用。重さ1.1kgと軽量ながら、フルサイズミラーレスと大口径ズームレンズを使ったローアングル撮影でも高い安定性を発揮できます。

片手で簡単に操作できるトリガーボタンやコントロールホイールを搭載しているのもポイント。加えて、ジンバル本体にはマイクとLEDライトも内蔵されているので、なるべく身軽なスタイルで高品質な動画を撮影したい方にもおすすめです。

付属のリストレストと伸縮スリンググリップを装着することで、撮影時にかかる腕の負担を軽減できるのも魅力。また、最長21時間の連続駆動が可能な大容量バッテリーを内蔵しており、USB PDによる急速充電にも対応しています。

マンフロット(Manfrotto) Gimbal 460 キット MVG460

重量級の機材も載せられるイタリアンデザインのカメラ用ジンバルです。重さ1.656kgと比較的軽量ながら、耐荷重4.6kgまで対応。プロ仕様のミラーレス一眼や大口径レンズもしっかりと支えられるので、撮影に大型の機材を使用したい方にもおすすめです。

3軸それぞれにロック機構を備えているため、カメラの着脱や移動時の持ち運びが安定した状態で行えるのもポイント。また、アルカスイス互換のクイックセットアップシステムも採用しており、カメラの再装着した際も撮影をスムーズに再開できます。

タッチパネルをハンドル上部に搭載しているのも魅力。片手でも簡単に各種設定の変更や撮影モードの切り替えが可能です。加えて、専用のスマホアプリを活用すれば、ワイヤレスで離れた位置からジンバルの挙動を操作できます。

カメラ用ジンバル・スタビライザーのおすすめ|安い

モザ(MOZA) 一眼レフ/ミラーレス用ジンバル AirCross 2

高性能ながらリーズナブルな価格で入手できるカメラ用ジンバルです。堅牢かつ軽量なマグネシウム合金をフレーム素材に採用。重量1.05kgの軽さで耐荷重3.2kgまで対応するため、フルサイズミラーレスを活用した撮影にもおすすめです。

インセプションモードやオブジェクショントラッキングなどの多彩な撮影モードが使えるのもポイント。また、最長12時間の連続駆動が可能な3000mAhの大容量バッテリーを備えており、USB Type-Cによる充電のほか、カメラへの給電も行えます。

別売りのフォローフォーカスシステムと組み合わせることで、手元でレンズのピントリングを操作できるのも魅力。加えて、専用アプリを使えば、カメラのバランスを自動調節したり、ジンバルのリモート制御を行なったりなども可能です。

ジウン(ZHIYUN) カメラ用ジンバル WEEBILL S

パワーと携帯性を両立させたコスパ良好のカメラ用ジンバルです。重さ約0.98kgと軽量ながら耐荷重3.5kgまで対応。モーター出力の増加によって応答速度が向上しており、フルサイズミラーレスを搭載した場合でも滑らかで安定した撮影を実現できます。

上から吊り下げて持つスリングモードへの変形機構を備えているので、ローアングルからのスポーツ撮影などにもおすすめ。また、折りたたむとA4用紙の面積よりもコンパクトに収納できるため、移動時もかさばらずに持ち運べます。

後部左右とハンドル下の計3ヶ所に1/4ネジ穴を搭載しているのも魅力。シーンに応じてサーボフォーカス・画像転送システム・一脚など、別売りの純正アクセサリーを取り付けられます。内蔵バッテリーは最長約14時間の連続駆動が可能です。

Zeadio ハンドヘルドスタビライザー DV-U-GRIP

優れたコスパで人気のある機械式のカメラ用スタビライザーです。底部からハンドル部にかけて弧を描く形状に設計されているのが特徴。吊り下げた状態で持つと高い安定性が得られるため、ローアングルからスポーツなどの撮影を行うのにおすすめです。

重さ約0.344kgと軽量ながら、耐荷重6kgと頑丈なので、フルサイズミラーレスや大口径レンズを使った撮影にも対応できるのもポイント。カメラの取付部には2個の1/4カメラネジが搭載されており、さまざまな種類のカメラが固定できます。

持ちやすいように凹凸と滑り止めを設けたハンドルも魅力。先端には3個のシューマウントを備えており、外付けモニター・マイク・LEDライトなど複数のアクセサリーを同時に使用可能です。

ニューワー(Neewer) ハンドヘルドスタビライザー 10090476

機動性を重視した撮影で重宝する機械式のカメラ用スタビライザーです。ロッドに耐久性と携帯性を両立したカーボンファイバーを採用しており、直径15mmと細身ながら耐荷重3kgまでのカメラに対応。また、リーズナブルな価格でも人気があります。

ロッドにストレッチ調節機能が搭載されているのもおすすめポイント。レバーを回すと、スタビライザーの全長を39〜60cmの範囲で素早く調節できるため、ローアングルとハイアングルの両方に対応可能です。

高精度ベアリングと低摩擦ジョイントの採用によって、滑らかな動きでカメラを動かせるのも魅力。加えて、滑り止め加工を施したゴム製ハンドルや、カメラの取付と固定位置の調節が簡単に行えるクイックシュープレートも備えています。

フェイユーテック(FeiyuTech) 一眼レフ・ミラーレス用ジンバル SCORP-C

多機能ながら安い価格で入手できるカメラ用ジンバルです。3軸モーターロック・5way重心位置調節・メモリースライダーなどの便利な機能が充実。手頃な価格ながらフルサイズミラーレスも搭載できるため、初心者やコスパ重視の方にもおすすめです。

快適な握り心地が得られるエルゴノミクスハンドルに加えて、吊り下げでの使用に重宝するハンギングハンドルも搭載。上部のパワフルキーを活用すれば、縦位置・横位置どちらでも直感的にジンバルの各種設定を操作できます。

本体重量は1.2kgで、ハンギングハンドルの下に折りたたみ式のミニ三脚を搭載しているのも魅力。また、フォローフォーカスキットやエクステンションロッドなど別売りの拡張アクセサリーも用意されています。

マンフロット(Manfrotto) Gimbal 220 キット MVG220

イタリアの老舗三脚メーカーが手掛けたカメラ用ジンバルです。重さ1.1kgの軽量ボディで耐荷重2.2kgに対応。バッテリーの連続駆動時間は最長7時間で、中型程度までのミラーレス一眼を活用した本格的な映像制作におすすめです。

カメラを素早く着脱できるアルカスイス互換のクイックセットアップシステムを採用。一度バランス調節すれば、一旦取り外しても再装着時にすぐ撮影を再開可能です。また、3軸それぞれにロック機構も備えています。

インセプション・ポートレート・セルフィーなど、多彩な撮影モードに対応しているのも魅力。ハンドル上部のタッチパネルを使えば、片手でも簡単に切り替えられます。さらに、付属のバーサタイルアームでローアングルからのスリング撮影も可能です。

カメラ用ジンバル・スタビライザーのおすすめ|スマホ兼用

モザ(MOZA) カメラ・スマートフォン用ジンバル Mini-P MAX

幅広いデバイスで活用できるカメラ・スマホ兼用ジンバルです。耐荷重1kgまで対応しており、スマホから小型のミラーレス一眼まで搭載可能。汎用性が高いため、シーンに応じてさまざまなカメラを使い分けたい方にもおすすめです。

カメラ取付部のクイックシュープレートに互換性の高いアルカスイス規格を採用しているのもポイント。あらかじめプレートをカメラに取り付けておけば、ジンバルへはもちろん、規格に対応する三脚へもスムーズに固定できます。

折りたたみ式デザインの採用によって、コンパクトに収納や携帯が可能なのも魅力。3軸の駆動にも対応しているほか、最長20時間の連続動作が行える大容量バッテリーも内蔵しています。

ジウン(ZHIYUN) カメラ用ジンバル CRANE M2 S COMBO

暗いシーンの撮影でも活躍できるカメラ・スマホ兼用ジンバルです。重さ0.549kgと軽量ながら、フルサイズミラーレスと小型レンズの組み合わせまで搭載が可能。加えて、付属のスマートフォンクランプを使えば、スマホの取り付けにも対応しています。

最長約10時間30分の連続駆動が可能なのもポイント。ジンバル本体には、急速充電規格USB PDに対応するUSB Type-C充電ポートを備えています。撮影中にバッテリーが切れても、モバイルバッテリーで給電しながらの撮影が可能です。

ジンバル本体にLEDライトを搭載しているのも魅力。太陽光に近い自然な色合いの光を照射でき、5段階の明るさ補正も可能です。室内や夜間など暗いシーンの撮影にもおすすめ。また、同梱する4色のカラーフィルターを活用できます。

ジウン(ZHIYUN) カメラ用ジンバル CRANE M3 COMBO

利便性がさらに向上したカメラ・スマホ兼用ジンバルです。ハンドルの上部に1.22インチのタッチパネルを搭載。カメラとの接続状況・バッテリー残量・モード設定などを直感的に把握できるので、初心者の方にもおすすめです。

ジンバル本体に高性能なLEDライトを搭載しているのもポイント。明るさ調節に加えて、ライトの色合いも寒色と暖色に切り替えられます。また、ボルテックス・ポートレート・GOなど、撮影モードによる多彩な動画表現も可能です。

新設計のクイックリリースプレートを採用しているのも魅力。カメラの着脱やバッテリー交換がスムーズに行えます。最長約8時間の連続駆動に対応しており、モバイルバッテリーによる急速充電が可能なUSB Type-Cポートも備えています。

フェイユーテック(FeiyuTech) マルチ対応ジンバル G6Max

動画クリエイター向けに開発されたカメラ・スマホ兼用ジンバルです。重さわずか0.665kgと軽量コンパクトながら耐荷重1.2kgまで対応。コンデジ・小型ミラーレス・アクションカメラ・スマホなどでVlog撮影を手軽に楽しみたい方におすすめです。

3軸のロック機構を搭載しており、持ち運びや構図の固定が簡単に行えるのもポイント。また、カメラとはWi-FiとUSBケーブルの両方で接続でき、手元の「マジックリング2.0」を使えば、ISO感度やホワイトバランスなどカメラ側の設定も行えます。

アプリと連携することなく9種類の撮影モードが使用できるので、初心者でも多彩な動画表現が楽しめるのも魅力。ジンバル本体は生活防水に対応しており、モバイルバッテリーから給電しながら使用できます。アウトドア撮影にも活躍が可能です。