スマホの画質が向上し、本格的な撮影が楽しめるようになったことや簡単にSNSへ動画投稿できることで需要が増えてきた「スタビライザー」。手ぶれを抑えることで高精細な動画や写真の撮影を実現するカメラアクセサリーで、ジンバルとも呼ばれます。

しかし、スタビライザーはさまざまな機種がラインナップされているため、初めての方はどれを買うべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、重要なカメラアクセサリーであるスタビライザーの選び方を踏まえた上でおすすめの機種をご紹介します。

カメラ用スタビライザーとは?

By: amazon.co.jp

カメラ用スタビライザーとは、動画撮影時に発生する手ブレを予防するためのカメラアクセサリー。腕や体の揺れが撮影時に振動としてカメラに伝わることで起きる手ブレは、手持ちではどんなに気を付けていてもアングルを変更する際などに発生してしまうのが悩ましいところです。

しかし、カメラ用スタビライザーがあれば、手ブレの発生方向とは反対に動作することで物理的に手ブレの相殺が可能。業務用の高価で大きな撮影機材を使わなくても、プロカメラマンが撮影したような滑らかで安定した動画を手持ちで撮影できます。

また、ミラーレスカメラの手ブレ補正機構と違ってカメラ内のバッテリーを消費しないのもポイント。カメラのバッテリー残量を気にせず長時間の撮影ができます。

カメラ用スタビライザーの選び方

種類をチェック

機械式

By: amazon.co.jp

付属の重りを活用して手ブレを抑えるのが、機械式のカメラ用スタビライザー。カメラ機材の重心を把握しつつ重りの数を調節しながら使用するため少々慣れは必要ですが、シンプルな構造なので初心者でも比較的簡単に扱えます。

基本的な調節は重りの数で行うため、微調節が直感的にでき、目まぐるしく変わる撮影現場にも迅速に対応可能。上部に取手が付いたモデルであれば、地面すれすれからのローアングル撮影も無理のない姿勢でできるので、撮影の幅が広がります。

電気式のモノと比べて価格が安いのも魅力。初めてのカメラ用スタビライザーとしてもおすすめです。

電気式

By: amazon.co.jp

内蔵モーターの動きによって、自動的に手ブレを補正するのが電気式のカメラ用スタビライザー。ミラーレスカメラのボディ内手ブレ補正機構と同じように、手ブレの発生方向とは逆にモーターが動いて水平を維持できるのが特徴。微細なブレや傾きにも対応できます。

ただし、初期設定にはある程度の知識が必要なのが難点。また、慣れていないと操作に手間取るため、初心者にはあまり向いていません。カメラ用スタビライザーの操作経験者で、より安定した構図で本格的な映像作品を撮影したい方におすすめです。

形状をチェック

ハンドヘルド型

By: amazon.co.jp

ハンドヘルド型は、グリップの上にカメラを搭載できるため片手で扱えます。重量も1kg以下の軽量なモノが多く、持ち運びがしやすいため、旅行やイベントなど外出先で手軽に動画の撮影をしたい場合におすすめ。

デジタル一眼カメラなど高価な機材以外に、最近ではスマートフォン専用に使用できるハンドヘルド型のスタビライザーも販売されています。他形状のモデルと比べて安価に入手できるのも魅力です。

ボディマウント型

By: amazon.co.jp

ボディマウント型は、両手で扱う大きな補正器具にカメラを吊り下げるような形で使用するタイプ。前後・上下・左右の3軸でカメラを平衡に保てるため高度な補正効果が得られますが、バランスを取るためにはある程度の操作スキルが必要です。

また、他形状のモノと比べて重く大きいので、持ち運びにはあまり向いていません。それほど手軽ではないため、基本的には本格的な撮影に適しています。しかし、最近では折り畳みが可能なボディマウント型のスタビライザーも販売されているので、持ち運びが多い方はチェックしておきましょう。

ショルダーマウント型

By: amazon.co.jp

ハンドヘルド型とボディマウント型の中間に位置するタイプで、ボディマウント型を簡略化したような肩パッドが付いています。使用時は両手と肩の3点で支えるので、動きのある被写体を撮影する場合も安定した姿勢で追い続けられるのが特徴です。

また、スタビライザーと機材の重量が両手だけではなく肩にも分散されるため、長時間の撮影でも疲れにくいのがメリット。補正効果と動きやすさを両立させたい場合におすすめです。

カメラ本体の重量をチェック

By: dji.com

三脚同様、スタビライザーは搭載できるカメラの最大重量(耐荷重)が決められています。スタビライザーに耐荷重を上回るカメラを搭載すると、十分な補正効果が得られないばかりか、スタビライザーが重量に耐えきれず破損する恐れがあるため注意が必要です。

スマートフォンは重くても200gほどですが、一眼カメラではカメラ本体だけで1kgを超えるモノも存在します。また、レンズやLEDライトなど、一緒に使用するカメラアクセサリーの重量も機材の総重量に含まれるので要チェック。スタビライザーを購入する際は、総重量に対して少し余裕がある方がよいため、撮影に使用する機材の総重量を事前に計算しておきましょう。

撮影の用途をチェック

By: dji.com

旅行やイベントなど外出先で手軽に撮影したり、YouTubeやInstagramに配信する動画を一人で歩きながら撮影したりする場合は、ハンドヘルド型のスタビライザーがおすすめ。軽量コンパクトで持ち運びが楽なので、快適に撮影を進められます。

子供やペットの撮影ではローアングルに対応したスタビライザーが便利。被写体の目線から撮影できるのが魅力です。また、多人数で進める本格的な映像制作にはボディマウント型のスタビライザーがおすすめ。重く大きいため持ち運びには不向きですが、精度の高いぶれ補正効果を得られるので、クオリティを重視した撮影に重宝します。

カメラ用スタビライザーのおすすめ|機械式

ジーディオ(Zeadio) 手持ちスタビライザー Camera Grip Standard Edition

リーズナブルな価格で入手できるシンプルなハンドヘルド型スタビライザーです。さそりの尾のようにグリップハンドルが弧状になったデザインを採用しているのが特徴。グリップの上部を持つことで手ブレを抑えつつローアングル撮影も快適に楽しめます。

滑りにくいゴムレールを搭載しているため、一眼レフやカムコーダーなど奥行きのある機材もしっかりと固定可能。また、グリップの先端にはホットシューアダプターを装着できるので、LEDライトやマイクなどのカメラアクセサリーを取り付けられます。

本体の重量は344gと軽量で、耐荷重4kgに対応。カメラを本製品に装着したまま三脚への設置もできます。

ウランツィ(Ulanzi) 手持ちカメラスタビライザー U-Grip Pro

複数のカメラアクセサリーを取り付けできるハンドヘルド型スタビライザーです。グリップの先端に3方向型のホットシューマウントを搭載しているのが特徴。外付けモニターやLEDライト、マイクなど複数の撮影機材を同時に組み合わせて使用できます。

重さは約252gで、グリップ部分には手触りがよく耐熱性に優れた高級ノンスリップスポンジを使用。考え抜かれた凹面パターンと人間工学に基づいたC字型デザインによって、長時間の撮影もストレスなく進められます。

一眼カメラ・ビデオカメラ・アクションカメラのほか、別売のアダプターを使えばスマホの搭載にも対応。手頃な価格も魅力です。

ニューワー(Neewer) ハンドヘルドスタビライザー 10090476

優れたコスパで人気のあるハンドヘルド型スタビライザーです。本体のポール部分が軽量かつ耐久性のあるカーボンファイバーで作られているのが特徴。耐荷重は最大3kgなので、一眼レフなど重めの機材もしっかりと支えて手ブレを抑制できます。

高精度ベアリングと低摩擦ジョイントの採用によって、ポールの高さは39〜60cmまで調節が可能。より高い精度で手ブレを抑制するため重心を変えられるほか、ハイアングルやローアングルの撮影時にも重宝します。

大・中・小合わせて合計6個のアルミ製ウェイトが付属。初心者でも手ブレ補正効果の強弱を直感的に調節できるので、初めてのスタビライザーとしてもおすすめです。

ニューワー(Neewer) カメラショルダーリグ 10089728

移動しながらの動画撮影が快適に進められるショルダーマウント型のスタビライザーです。柔らかいゴム製のショルダーパッドを搭載。肩にかかる機材の重量を軽減しつつ、優れた安定性で撮影に臨めるので、一眼カメラを使用した動画撮影におすすめです。

レールロッドは体型に合わせて長さの調節が可能。また、肩に乗せたままスライダーとしても使えるため、レンズのズーム機能を使うことなくズームインなど操作が可能です。

エルゴノミックデザインを採用した握りやすい2本のハンドルを搭載。また、モジュール式のセットアップを採用することで、右利きと左利きの両方に対応できるのもポイントです。

フライカム(FLYCAM) ボディマウントスタビライザー Comfort Arm & Vest

手ブレ補正効果を強化できるボディマウント型スタビライザーです。コンフォートアームとコンフォートベストのセットになっており、別売のハンドヘルド型スタビライザーと組み合わせて使用するのが特徴。全身を使って機材を支えられるので手ブレ補正の精度をより高められます。

コンフォートベストには通気性を備えた柔らかいショルダーパッドを搭載。長時間の撮影に伴う負担を軽減します。また、人間工学に基づいた設計によってさまざまな体型に対応しているのもポイントです。

コンフォートアームはスプリング機構を内蔵しており、調節によって優れた衝撃吸収効果を発揮。最大7kgまでの機材を支えられます。

カメラ用スタビライザーのおすすめ|電気式

フェイユーテック(Feiyu Tech) スマホ用ジンバルスタビライザー Vimble2S

自撮りに対応するジンバルを搭載したスマホ用のハンドヘルド型スタビライザーです。ハンドルの先に伸縮可能な長さ18cmのロッドを備えており、ハイアングル撮影から自撮りまで1台で楽しめます。

「POVモード」を使用するとパン・チルト・ロールの3方向で最大320°までの回転操作ができるのも特徴。また、カメラアプリの顔・物認証機能を検知して最適な構図になるように自動でジンバルが動くので、初心者でも複雑な操作をすることなく手軽に扱えます。

重さは約428gで、内蔵ホルダーはiPhone 11 Pro Maxなど大画面スマホにも対応。電源には内蔵のバッテリーを使用しており、最長12時間の駆動が可能です。

フェイユーテック(Feiyu Tech) 3軸カメラスタビライザー G6 Plus

小型軽量で取り回しに優れたハンドヘルド型スタビライザーです。重量は約663gと軽く、長さも約32.8cmとコンパクトなのが特徴。また、最長9時間の駆動が可能なので、旅行先でも一日中使用できます。

ジンバルの操作性を広げる「マジックリング」機能もポイント。対応するソニー・キヤノン・パナソニックのミラーレス一眼や、GoProなどのアクションカメラで使用した場合、スタビライザー側でフォーカス・ズーム・ISO感度・露出などの調節ができます。

「デュアルコネクション」機能を使えば、カメラとはWi-Fi、スマホとはBluetoothで同時接続が可能。本体を三脚に搭載しつつ遠隔からもジンバルの操作ができます。

ジウン(ZHIYUN) ミラーレスカメラ用手持ち三軸スタビライザー WEEBILL S

プロユースの動画を撮影するために設計されたハンドヘルド型スタビライザーです。従来モデルからモーター出力が300%、ジンバルの応答速度が50%向上。重さ約980gの軽量ボディで最大3.5kgまでの機材に対応しているので、フルサイズミラーレスを活用した本格的な映像制作にもおすすめです。

収納時はA4用紙以下のコンパクトサイズに折りたためるのも特徴。さらに、グリップを吊り下げた状態で持つ「スリングモード」への変形機構を備えるため、ローアングル撮影時でも安定した状態で効果的に手ブレを抑制できます。

最長14時間の連続駆動が可能。また、ハンドルの左右と下部には計3つの1/4ネジを備えているので、アクセサリーを追加することでシステムを拡張できます。

ディージェイアイ(DJI) ミラーレスカメラ用片手持ちスタビライザー Ronin-SC

ミラーレス一眼専用に設計されたプロ仕様のハンドヘルド型スタビライザーです。重さはわずか1.1kgで耐荷重2kgに対応。高い機動力を発揮しつつ撮影が進められるため、フルサイズミラーレスを活用した映像制作にもおすすめです。

優れた運動性能も特徴。サッカーなどのスポーツシーンでも素早く動く被写体を追跡して、突発的な動きや逆サイドへの方向転換にも迅速に対応できます。また、最長11時間の連続駆動が可能なので、長丁場の試合を撮影するのにもおすすめです。

スマホと連携することでパノラマやタイムラプス、モーションラプスなどの遠隔撮影が行えるのもポイント。さらに、スマホのアプリ上でなぞった被写体にピントを合わせつつ構図変更ができる「Active Track 3.0」などの便利な機能も搭載しています。

ディージェイアイ(DJI) 一眼レフ・ミラーレス一眼用片手持ちスタビライザー Ronin-S

重量級の機材にも対応できるプロ仕様のハンドヘルド型スタビライザーです。基本的な性能は軽量モデルのRonin-SCとほぼ共通していますが、耐荷重が最大3.6kgまで拡張されているのが特徴。F2.8ズームなどの大口径ズームやフルサイズ一眼レフを活用した映像制作におすすめです。

本体の重さは約1.84kgなのでプロ向けの機材としては軽量コンパクト。バッテリーは最長12時間の連続駆動ができるほか、急速充電にも対応します。また、Ronin-SC同様、遠隔からの自動撮影機能や吊り下げモードでのローアングル撮影など多彩な機能を搭載するのも魅力です。

拡張性も充実。用途に応じて使い分けられるさまざまな専用アクセサリーが用意されています。