スマホの画質が向上し、本格的な撮影が楽しめるようになったことや簡単にSNSへ動画投稿できることで需要が増えてきた「スタビライザー」。手ぶれを抑えることで高精細な動画や写真の撮影を実現するカメラアクセサリーで、ジンバルとも呼ばれます。

しかし、スタビライザーはさまざまな機種が販売されているため、初めての方はどれを買うべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、重要なカメラアクセサリーであるスタビライザーの選び方を踏まえた上でおすすめの機種をご紹介します。

カメラ用スタビライザーとは?

By: amazon.co.jp

カメラ用スタビライザーとは、動画撮影時に発生する手ブレを予防するためのカメラアクセサリー。腕や体の揺れが撮影時に振動としてカメラに伝わることで起きる手ブレは、手持ちではどんなに気を付けていてもアングルを変更する際などに発生してしまうのが悩ましいところです。

しかし、カメラ用スタビライザーがあれば、手ブレの発生方向とは反対に動作することで物理的に手ブレの相殺が可能。業務用の高価で大きな撮影機材を使わなくても、プロカメラマンが撮影したような滑らかで安定した動画を手持ちで撮影できます。

また、ミラーレスカメラの手ブレ補正機構と違ってカメラ内のバッテリーを消費しないのもポイント。カメラのバッテリー残量を気にせず長時間の撮影ができます。

カメラ用スタビライザーの選び方

種類をチェック

機械式

By: amazon.co.jp

付属の重りを活用して手ブレを抑えるのが、機械式のカメラ用スタビライザー。カメラ機材の重心を把握しつつ重りの数を調節しながら使用するため少々慣れは必要ですが、シンプルな構造なので初心者でも比較的簡単に扱えます。

基本的な調節は重りの数で行うため、微調節が直感的にでき、目まぐるしく変わる撮影現場にも迅速に対応が可能。上部に取手が付いたモデルであれば、地面すれすれからのローアングル撮影も無理のない姿勢でできるので、撮影の幅が広がります。

電気式のモノと比べて価格が安いのも魅力。初めてのカメラ用スタビライザーとしてもおすすめです。

電気式

By: amazon.co.jp

内蔵モーターの動きによって、自動的に手ブレを補正するのが電気式のカメラ用スタビライザー。ミラーレスカメラのボディ内手ブレ補正機構と同じように、手ブレの発生方向とは逆にモーターが動いて水平を維持してくれるのが特徴。微細なブレや傾きにも対応できます。

ただし、初期設定にはある程度の知識が必要なのが難点。また、慣れていないと操作に手間取るため、初心者にはあまり向いていません。カメラ用スタビライザーの操作経験者で、より安定した構図で本格的な映像作品を撮影したい方におすすめです。

形状をチェック

ハンドヘルド型

By: amazon.co.jp

ハンドヘルド型は、グリップの上にカメラを搭載できるため片手で扱えます。重量も1kg以下の軽量なモノが多く、持ち運びがしやすいため、旅行やイベントなど外出先で手軽に動画の撮影をしたい場合におすすめ。

デジタル一眼カメラなど高価な機材以外に、最近ではスマートフォン専用に使用できるハンドヘルド型のスタビライザーも販売されています。他形状のモデルと比べて安価に入手できるのも魅力です。

ボディマウント型

By: feiyu-tech.jp

ボディマウント型は、両手で扱う大きな補正器具にカメラを吊り下げるような形で使用するタイプ。前後・上下・左右の3軸でカメラを平衡に保てるので高度な補正効果が得られますが、バランスを取るためにはある程度の操作スキルが必要です。

また、他形状のモノと比べて重く大きいので、持ち運びにはあまり向いていません。それほど手軽ではないため、基本的には本格的な撮影に適しています。しかし、最近では折り畳みが可能なボディマウント型のスタビライザーも販売されているので、持ち運びが多い方はチェックしておきましょう。

ショルダーマウント型

By: amazon.co.jp

ハンドヘルド型とボディマウント型の中間に位置するタイプで、ボディマウント型を簡略化したような肩パッドが付いています。使用時は両手と肩の3点で支えるので、動きのある被写体を撮影する場合も安定した姿勢で追い続けられるのが特徴です。

また、スタビライザーと機材の重量が両手だけではなく肩にも分散されるため、長時間の撮影でも疲れにくいのがメリット。補正効果と動きやすさを両立させた撮影がしたい場合におすすめです。

カメラ本体の重量をチェック

By: dji.com

三脚同様、スタビライザーは搭載できるカメラの最大重量(耐荷重)が決められています。スタビライザーに耐荷重を上回るカメラを搭載すると、十分な補正効果が得られないばかりか、スタビライザーが重量に耐えきれず破損する恐れがあるため注意が必要です。

スマートフォンは重くても200gほどですが、一眼カメラではカメラ本体だけで1kgを超えるモノも存在します。また、レンズやLEDライトなど一緒に使用するカメラアクセサリーの重量も機材の総重量に含まれるので要チェック。スタビライザーを購入する際は、総重量に対して少し余裕がある方がよいので、撮影に使用する機材の総重量を事前に計算しておきましょう。

撮影の用途をチェック

By: amazon.co.jp

旅行やイベントなど外出先で手軽に撮影したり、YouTubeやInstagramに配信する動画を一人で歩きながら撮影したりする場合は、ハンドヘルド型のスタビライザーがおすすめ。軽量コンパクトで持ち運びが楽なので、快適に撮影を進められます。

子供やペットの撮影ではローアングルに対応したスタビライザーが便利。被写体の目線から撮影できるのが魅力です。また、多人数で進める本格的な映像制作にはボディマウント型のスタビライザーがおすすめ。重く大きいため持ち運びには不向きですが、精度の高いぶれ補正効果を得られるので、クオリティを重視した撮影に重宝します。

カメラ用スタビライザーのおすすめ|機械式

アールスタイル(R-STYLE) スタビライザーハンドル

アールスタイル(R-STYLE) スタビライザーハンドル

安い価格で安定したローアングル撮影が行える、ハンドヘルド型の機械式スタビライザーです。2kgの耐荷重に対応しているので、大口径レンズを装着した高さ120mm以下のフルサイズミラーレスでも使用できます。また、スマホクリップが付属するため、高画質なスマホカメラを使った本格的な動画撮影にもおすすめです。

また、柔らかいウレタンパッドで覆われた上部ハンドルを装備しているのもポイント。快適な握り心地が得られるので、長時間の動画撮影でも疲れにくいのが特徴です。ローアングル撮影にも対応しているので、子供やペットの目線で撮影する際に重宝します。

そのほか、ハンドル先端にホットシューを搭載しているのも魅力のひとつ。LEDライトやマイクなどのカメラ用アクセサリーを装着することで、ハイクオリティな動画が撮影できます。

ウランツィ(Ulanzi) U-Grip Pro

ウランツィ(Ulanzi) U-Grip Pro

優れた機能美を持つデザイン性に優れたハンドヘルド型機械式スタビライザーです。上部ハンドルグリップの先端にはホットシューを3つ配置。LEDライトやマイクなど複数のカメラ用アクセサリーを同時に搭載できるので、ライティングと音響にもこだわった動画が撮影できます。

ローアングル撮影にも対応するハンドルグリップには高級ノンスリップスポンジとクッションゴムを採用。高い衝撃吸収性によって手ブレを効果的に予防できるほか、長時間の撮影で疲労が溜まりにくいのも特徴です。

また、重量が約252gと軽量なのもポイント。カメラ取り付け部にはスライドレールが搭載されているので、カメラやレンズの厚みに合わせて固定位置の調節が可能です。そのほか、スマホ用のホルダーも付属します。

ハーグ(Hague) MMCミニモーションカメラスタビライザー

ハーグ(Hague) MMCミニモーションカメラスタビライザー

細かなバランス調節がしやすいハンドヘルド型の機械式スタビライザーです。流線型デザインのカウンターバランスアームに装着できる薄型ウエイトが大小合わせて14枚も付属。重りの調節がしやすいので、搭載するカメラ機材に適した重量バランスを正確に見つけられます。

カメラ搭載部分とハンドルとの接合部に当たるボールジョイントの構造もポイント。高度に研磨されたボールがナイロンソケットに包み込まれており、堅牢性と同時に極めて自由な動きを実現しています。動きながら撮影してもカメラの水平をしっかりと保てるので、アクティブな動画作品を撮影したい方にもおすすめです。

耐荷重は1kg。ハーグはイギリス発のメーカーですが、日本語の取扱説明書も付属するので、初心者でも安心して使用できます。

ニューワー(Neewer) フィルムムービーシステムキット

ニューワー(Neewer) フィルムムービーシステムキット

本格的な映画撮影にも対応できる、リーズナブルなショルダーマウント型の機械式スタビライザーです。トップハンドルを備えたC型ブラケットに、レールロッドシステムとショルダーマウントを搭載。肩と両手の3点で機材をしっかりと保持できるので、大口径レンズを装着したフルサイズ一眼レフなど重量級の機材での使用にもおすすめです。

自由に組み立てや分解が可能なので持ち運びも簡単。また、通常のアイレベル撮影時は肩に背負って使用したり、ローアングル撮影時はトップハンドルを使用したりするなど、撮影シーンに合わせた使い分けもできます。

レールロッドは耐摩耗性と耐腐食性を備えたアルミ合金製。スムーズなマニュアルフォーカス操作をサポートするフォローフォーカスや、望ましくないフレアを削減するマットボックスを採用しているのも魅力です。

フライカム(Flycam) フライカムC6

優れたコスパで、メディア関係者からも人気のあるハンドヘルド型の機械式スタビライザーです。センターポールの長さを約53〜81cmに変更できるほか、ハンドル付きジンバルの位置も動かせるのが特徴。搭載する機材に適した位置が見つけやすいので、高い精度で安定感が得られます。

重りは底部パーツの左右端に取り付ける形で使用。過度な回転を防ぐので、被写体を追いかけながら撮影するシーンにも重宝します。また、自立できる補助脚も装備。地面に置いて撮影することで、より確実に手ブレを抑えられます。

重さは約1.7kgで、耐荷重は最大7kg。センターポールとカメラ台には目盛りが刻まれているので、使用するカメラ機材に合わせた取り付け位置を記録できます。

カメラ用スタビライザーのおすすめ|電気式

ディー・ジェイ・アイ(DJI) RONIN-SC

ディージェイアイ(DJI) RONIN-SC

ミラーレス一眼での使用に最適化された、高性能なハンドヘルド型の電気式3軸スタビライザー。マグネシウム・アルミ合金を使用したボディは約1.1kgと軽量にも関わらず、最大2kgの耐荷重があるのでフルサイズミラーレスも使用可能です。内蔵バッテリーは最大11時間の駆動ができます。

また、アクション満載のシーンでも、優れた手ブレ補正能力を発揮するのもポイント。特に、「スポーツモード」を使えば安定性を維持しながら各軸の感度を向上できるので、素早く動く被写体を追跡するのに重宝します。突発的な動きや逆サイドへの方向転換などにも対応できるため、サッカーやラグビーの撮影にもおすすめです。

グリップの底部に付属のミニ三脚を装着すれば自立も可能。「Force Mobile」機能を使えば、連携したスマホの動きに合わせてジンバルの動きを遅延なく操れるので、遠隔撮影をする際に重宝します。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) RONIN-S

ディージェイアイ(DJI) RONIN-S

一眼レフを使用する映像クリエイターから高い人気のあるハンドヘルド型の電気式3軸スタビライザーです。重さ約1.4kgのボディは最大3.6kgまでの耐荷重に対応するので、フルサイズ一眼レフでの使用にもおすすめ。バッテリーは最大12時間持つため、長丁場の動画撮影にも重宝します。

片手で完結できるシンプルな操作性も特徴。また、独自の「スムーズトラック技術」によってフロントトリガーを長押しするだけでアップライトモードから吊り下げモードへスムーズに移行できるので、多彩なアングルからの撮影が快適にこなせます。「スポーツモード」が搭載されているのもポイントです。

同梱ケーブルで対応カメラシステムと接続すれば、手元のホイールでフォーカス位置の制御が可能。加えて、多彩な自動撮影機能も搭載しており、モーションラプスやトラックなどの高度な撮影技法が手軽に使用できます。

ジウン(ZHIYUN) WEEBILL S

ジウン(ZHIYUN) WEEBILL S

ミラーレス一眼用に設計されたハンドヘルド型の電気式3軸スタビライザーです。重さ約980gと軽量ながら大口径ズームを装着したフルサイズミラーレスにも対応が可能。新世代モーターの「InstuneAlgorithm System」を採用したことで、素早いパンや複雑な動きを伴うカメラワークにも迅速かつ安定して対応できます。

カメラを吊り下げる形で使用できるスリングモードへの変形機構を搭載。より安定したハンドリングで快適なローアングル撮影が行えます。また、携帯性が優れているのも特徴。3軸ロック機構を使用すれば各部が固定され、A4サイズ程度にコンパクト化できます。

そのほか、別売のワイヤレストランスミッターを使用すれば、フルHDの低遅延映像をスマホへ伝送できるのもポイント。スリングモード中でも構図の確認が容易にできるようになります。

フェイユーテック(Feiyu Tech) G6 Plus

フェイユーテック(Feiyu Tech) G6 Plus

優れたコスパが人気のハンドヘルド型電気式スタビライザーです。重さは約663gと軽く、耐荷重は800gまでなので、小型ミラーレスや高級コンデジでの使用におすすめ。加えて、GoProなどのアクションカメラのほか、同梱のアダプターを使えばスマホの搭載も可能です。

スタビライザー側でカメラの各種設定を操作できるのも特徴。側面の「マジックリング」からは電動ズームの操作、フォーカス調節、ホワイトバランスや露出などの各種カメラ設定が操れます。さらに、内蔵のOLEDディスプレイではカメラのパラメーターも確認できるので、大半の撮影設定を手元だけで操作が可能です。

バッテリー駆動時間は最大9時間。生活防水機能を備えているので、水辺やスキー場などのアウトドア撮影でも活躍します。