グリーンバックは、撮影した映像の背景のみを切り抜き、別の背景と置き換えるクロマキー合成に役立つアイテム。映画撮影の現場でよく使われますが、最近ではYouTubeの動画を制作したり、ZoomなどのWeb会議でバーチャル背景を利用したりと、活用されるシーンが増えています。

そこで今回は、おすすめのグリーンバックをご紹介。選び方も解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

グリーンバックとは?

By: esupply.co.jp

グリーンバックとは、写真や動画を撮影する際に、被写体の背景として設置するモノトーンのスクリーンのことです。緑色のスクリーンを使うことが多いため、グリーンバックと呼ばれますが、青や黒、白なども存在します。

グリーンバックを背景に撮影すると、「クロマキー合成」を簡単に行うことが可能。クロマキー合成は、映像から特定の色のみを切り抜き、別の映像と置き換える合成技術です。グリーンバックの色を指定して切り抜けば、被写体のみが残り、背景に好きな映像を選んで合成できます。

一般的には映画の撮影現場などでよく使用されますが、ZoomなどのWeb会議に参加する場合や、YouTubeなどの動画を制作する場合にも便利です。背景を好きな映像に置き換えられるだけでなく、自宅の生活感を隠したり、プライバシーを守ったりと幅広く役立ちます。

グリーンバックの選び方

必要なサイズをチェック

By: elecom.co.jp

グリーンバックは、被写体がすっぽり収まるサイズを選ぶのがポイントです。部分的にはみ出てしまうと、その部分の背景が切り抜かれず、不自然な合成映像に仕上がってしまいます。

立った状態で動画や写真を撮影する場合は、つま先から頭まで収まる十分に大きなサイズを選びましょう。一方で、Web会議の場合は、上半身を映すことがほとんど。Web会議で映る範囲を確認しながら、画面の背景をカバーできるサイズを選ぶのがおすすめです。

グリーンバックのなかには、ランナップは少ないものの、シーンに合わせてサイズを調節できるモノも存在します。狭い部屋から広いスタジオまで、さまざまな場所で使用したい方は、チェックしてみてください。

設置方法をチェック

By: elecom.co.jp

グリーンバックには、好きな場所で組み立てられる「スタンドタイプ」、広げると自立する「屏風タイプ」、据え置きに便利な「壁掛けタイプ」、椅子の背もたれに取り付けられる「バンドタイプ」などがあります。

大きなグリーンバックを使いたい場合は、安定感のあるスタンドタイプや屏風タイプがおすすめです。また、狭い場所に設置したい場合や、Web会議でコンパクトなグリーンバックを使用する場合は、壁掛けタイプやバンドタイプを検討してみてください。

素材をチェック

By: suntech-sp.com

クロマキー合成をきれいに仕上げるコツは、背景であるグリーンバックの色ムラを抑えることです。色ムラがあると、その部分が切り抜かれずに残ってしまいます。

色ムラの主な原因は、グリーンバックのシワやたるみです。表面にシワやたるみによる凹凸ができると、影ができて色ムラになります。

きれいなクロマキー合成を目指すなら、グリーンバックの素材に注目しましょう。シワの付きにくさを重視する方は、ポリエステル素材がおすすめ。なかには、低温でアイロンをかけてシワを伸ばせるモノもあるので、チェックしてみてください。

なお、シワができにくい素材でも、しっかり張らないと生地がたるむ場合があるので要注意。布をしっかり張れるかどうかも、あわせてチェックして選ぶのが大切です。

持ち運びやすさをチェック

By: esupply.co.jp

さまざまな場所に設置して使いたい方は、持ち運びのしやすさもチェックしておきたいポイントです。

1辺200cm未満の比較的コンパクトなグリーンバックは、軽いため持ち運びに便利。特に、巻いてたためるモノは、たたんでも折り目が付かないので気軽に持ち運べます。

一方で、1辺200cm以上の大きめサイズや、スタンド付きのグリーンバックは、重いモノが多いので注意が必要です。持ち運ぶ機会が多い方には向いていません。

どうしても持ち運ぶ必要がある方は、軽量設計のモノや、スタンド部を分解してコンパクトに持ち運べるモノがおすすめです。

グリーンバックのおすすめ

泉(IZUMI) CHクロマキースタンド CH-1800

スタンドタイプながら、下から引き上げるだけで簡単に設置できるグリーンバックです。スタンド部に布を内蔵するケース一体型を採用しているのが特徴。持ち手のボタンを押しながら持ち上げると、ケースから支柱と布が同時に引き出されます。

スタンドの複雑な組み立てが必要ないうえ、布をセットする手間も省けるため、時短で設置したい方や初心者の方にぴったりです。また、引き上げ時にできるシワやたるみを最小限に抑えられるように設計されており、グリーンバックの色ムラを予防することが可能。クロマキー合成をよりきれいに仕上げられます。

有効サイズが幅180×長さ190cmと大きめなので、Web会議や動画制作はもちろん、グループ撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

Elgato GREEN SCREEN 折りたたみ式クロマキー背景布 10GAF9901

「X-フレーム」を採用し、高さを簡単に調節できるスタンドタイプのグリーンバックです。ポップアップ技術により、設置も簡単。アルミケースを開き、ハンドルを好みの高さまで引き上げるだけで、フレームと布をしっかり固定できます。

スクリーンサイズは、幅148×長さ180cmの縦長で、ZoomなどのWeb会議や椅子に座りながらの撮影にぴったり。また、シワになりにくい生地を使用しているため、色ムラを抑えてきれいにクロマキー合成を仕上げたい方におすすめです。

使用しないときは、スタイリッシュなアルミケースに収納可能。ケースサイズが幅164.5×奥行10.5×高さ11.5cmとコンパクトなので、省スペースで収納できます。一人暮らしの方や、狭い部屋で使用したい方は、チェックしてみてください。

Co-Goods T型スタンド グリーンバック

日光が当たる窓際に設置しても、布が透けにくいグリーンバック。窓際の空いたスペースに設置して撮影したい方などにぴったりです。

T字型のスタンド付きで、布をクリップで留めて使用可能。1本支柱ながら丈夫な設計で、ぐらつきを抑えられます。また、簡単に組み立てられるので、初心者の方にもおすすめです。

布の素材にポリエステルを使用し、シワが気になりにくいのもメリット。さらに、白と緑のリバーシブル仕様のため、用途に合わせて使い分けられます。

布サイズは幅150×長さ200cmの縦長で、小柄な方なら全身の撮影も可能。ZoomなどのWeb会議でバーチャル背景を利用したい方にもぴったりです。

サンテック(suntech) マルチ背景布 02 グリーン/ブルー 6870

幅200×長さ600cmとサイズが大きく、つま先から頭まで全身の撮影に適したグリーンバックです。別売のスタンド「ICバックグラウンド・キットII」に取り付け可能。パイプの太さやサイズが合えば、手持ちのスタンドにも取り付けられます。

また、被写体の色合いに合わせて、緑の面と青の面を使い分けられるリバーシブル仕様である点もメリットです。例えば、緑色の服を着用する場合は、青の面を背景にして撮影するなど活用が可能。

服の色と背景の色が重ならないように撮影できるため、クロマキー合成をする際に背景と一緒に服まで切り抜きしてしまう失敗を減らせます。

ラストライト(Lastolite) 折り畳み式パノラマ背景 LL LB7622

幅400×長さ230cmのパノラマサイズで、グループ撮影や体を大きく動かす動画撮影におすすめのグリーンバックです。大型のため、広い部屋やスタジオでの使用に適しています。

大型ながら、設置方法は比較的簡単です。3本の折りたたみ式アルミフレームを屏風状に組み立てた後に、スクリーンをクリップで留めるのみ。また、扱いやすいアルミフレームを使用しているため、1人でも簡単に組み立てられます。

イーサプライ(esupply) クロマキー グリーンバック EEX-KMS01

重量1.6kgと比較的軽く、扱いやすい壁掛けタイプのグリーンバックです。上部に搭載された2つの引掛け金具を、フックなどに掛けるだけで簡単に吊り下げられます。

使用しないときは、フックから本体を取り外し、シート部分を巻き上げて付属の留め具で固定することが可能。スティック状にたためるため、省スペースで収納したい方におすすめです。

また、ハリがあり、シワになりにくい生地を使用しており、クロマキー合成をきれいに仕上げやすいのもポイント。スクリーンサイズは、幅173×長さ132cmの横長で、Web会議を利用する方はもちろん、腕を大きく広げた状態や、2人並んでの撮影にも適しています。

価格がお手頃で、手に取りやすいのも魅力。価格重視の方は、チェックしてみてください。

FotoFoto グリーンバック 背景布

低温のアイロンでシワを伸ばせるグリーンバック。収納時に折り目が付いてしまっても、アイロンをかけて目立ちにくいように伸ばすことが可能です。さらに、洗濯ができるため、汚れを落とせるほか、シミも予防できます。

また、厚手のポリエステル製布を使用しており、日光や照明が当たる場合に布が透けにくいのもメリット。シミや汚れ、布が透けることによるグリーンバックの色ムラを抑えたい方におすすめです。なお、設置に関しては、別売のスタンドや所持しているスタンドなどに取り付けられます。

幅200×長さ300cmとサイズが大きく、つま先から頭まで全身の撮影にぴったり。さらに、緑のほかに、白や黒のカラーバリエーションも展開しているので、撮影する被写体に合わせてチェックしてみてください。

ニューワー(Neewer) 折り畳み式 リバーシブル クロマキー背景

スタンドや壁掛けフックに吊り下げて使用するグリーンバックです。2辺に取り付け用のフックが付いており、縦向きでも横向きでも設置可能。撮影シーンに合わせて使い分けられます。

幅150×長さ200cmと長さがあるため、椅子に座りながらZoomでWeb会議をする場合はもちろん、立って撮影する場合にも使えて便利。また、リバーシブル仕様で、着用している服の色合いや被写体の色に合わせて、緑の面と青の面を使い分けることが可能です。ポートレート撮影などにも適しています。

伸縮性のあるスチールフレームを採用し、クルっとねじれば直径63cmのコンパクトな丸形にたためるのもメリット。付属のキャリングバッグに収納して、手軽に持ち運べます。

エレコム(ELECOM) 折りたたみ式クロマキー背景スクリーン PCA-CKSF01 GN

椅子の背もたれに取り付けるバンドタイプのグリーンバック。約幅130×長さ130cmの丸形で、胸元から頭までの上半身を撮影したい方におすすめです。

ZoomなどのWeb会議や、YouTubeなどの動画制作にぴったり。Zoomのバーチャル背景を利用して部屋の生活感を隠したり、背景を切り抜いてきれいな景色の映像と置き換えたりと、アイデア次第で便利に使えます。

約幅45×厚み2×長さ45cmと比較的コンパクトにたためるため、省スペースで収納したい方にもぴったりです。ねじって折りたたむタイプなので、折り目やシワが付きにくいのもメリット。持ち運びに便利な収納バッグも付いています。