本格的な写真撮影に欠かせないカメラストラップ。シンプルなアイテムだからこそ、あまり違いを意識することは多くないですが、実は用途に応じてさまざまな種類があります。

そこで今回は、カメラストラップの必要性や選び方、そしておすすめのモデルをご紹介。カメラメーカー純正品はもちろん、マイナーブランドのおしゃれなアイテムまで幅広くピックアップしたので、ぜひお気に入りを見つけてください。

カメラストラップの必要性

すぐにカメラを構えられる

カメラストラップがあれば、いざ写真を撮りたいと思った瞬間にすぐカメラを構えられます。例えば、被写体として狙っていた鳥が飛んできた時や、ベストアングルの風景が突然決まった際など、カメラストラップがあれば一瞬のタイミングを逃すことなく写真をスマートに撮影することができます。

落下防止効果

カメラで撮影をしていると、ふとした瞬間に手を滑らせてカメラが落下することも考えられます。しかし、カメラストラップを付けておけば、避けられる可能性があるので安心です。大切なカメラを不注意で壊してしまわないためにも、カメラストラップは必須アイテムと言えます。

盗難防止効果

特に海外の観光地などに行くと、高価なカメラをターゲットとした“ひったくり”の被害に遭うことも考えられます。そんなとき素手でカメラを持っているよりは、カメラストラップをつけておけば安心感がアップ。盗難防止に一定の効果が期待できます。

カメラストラップの種類

ネックストラップ

By: amazon.co.jp

首から下げるタイプのストラップ。いろいろな場所に持ち歩いてスナップ写真など撮るのに非常に重宝します。このタイプはストラップ部分の幅が広めになっているものが多いです。

ショルダーストラップ

By: amazon.co.jp

肩に掛けるタイプのカメラストラップは持ち運びに便利。重めの一眼レフにおすすめです。手首に巻き付けることでハンドストラップに近い使い方もできます。形状自体はネックストラップにも近いですが、斜め掛けにできる程度の長さあるのが特長。ストラップ部分の幅も比較的細めです。

ハンドストラップ

By: amazon.co.jp

手首に巻きつけるタイプのカメラストラップ。常にカメラをホールドしておきたい方や、長めのストラップだとストレスを感じる方におすすめです。

グリップストラップ

By: amazon.co.jp

手首に巻き付けるタイプのカメラストラップ。ハンドストラップに似ていますが、手の甲に一眼レフを固定するためのグリップがついています。

速写ストラップ

By: amazon.co.jp

肩掛けのストラップにカメラボディを取り付けることができ、グリップしたままスライドが可能なタイプのカメラストラップ。ストラップとカメラの接続部分に回転マウントがついているため、どんな体勢からでも素早くスムーズにカメラを構えることができます。

カメラストラップの選び方

カメラとのバランスで選ぶ

カメラ本体とストラップの重さや太さのバランスが取れているかどうかを考慮しましょう。重いカメラに対して、細くて軽いカメラストラップだと肩や首にカメラストラップが食い込んでしまいます。一方、カメラストラップが本体に対して大きすぎると扱いにくいため注意が必要です。

ミラーレス一眼やコンデジは一眼レフと比べるとコンパクトかつ軽量なので、細めのカメラストラップがおすすめ。一眼レフユーザーはなるべく太めのモデルを選びましょう。

取り付け部分のサイズで選ぶ

カメラ本体のストラップ取り付け部分は、機種によってサイズが異なります。せっかくお気に入りのカメラストラップを購入しても取り付けができないということにもなりかねないので、購入前に確認しておきましょう。

デザインで選ぶ

カメラストラップのデザインは、水玉やボーダーといった親しみやすいタイプから革製の製品までさまざまです。機能を追求するか、普段使いを意識しておしゃれなデザインにするかなどは、ユーザーの好みよって選ぶとよいでしょう。

一眼レフユーザーにおすすめのカメラストラップ

ノーブランド 一眼レフ用カメラストラップ LC-005

カラフルでポップなデザインの一眼レフ用のストラップ。一眼レフのストラップは真っ黒のシンプルなデザインのものが多い中、男女問わずおしゃれに合わせることができるモデルです。価格もリーズナブルなのでカメラ初心者にもおすすめ。スナップ写真などの気軽な用途に最適です。

ハクバ(HAKUBA) 速写ストラップ KST-62SS38BK

実勢価格2000円程度とリーズナブルな本格派ショルダータイプの速写ストラップ。ストラップの長さはDリングとタブを使って簡単に調節可能で、範囲は650~1100mmです。

ストラップ部分の太さが28mmか、35mmの2種類から選べます。デザインはシンプルなブラックで、一眼レフでの本格撮影におすすめのモデルです。

ハクバ(HAKUBA) PixGEAR グリップストラップ KGP-04

カメラグッズでは定番メーカーであるハクバのグリップストラップ。カメラをしっかりとホールドして、手ブレを軽減してくれます。取り付け台座は40×70×14mmと比較的コンパクトなので、小さめの一眼レフにも使用可能です。

ネックストラップやショルダーストラップとの併用も可能なので、普段は首や肩から掛けておいて、いざという時はグリップストラップで撮影と使い分けられます。価格も1000円程度とリーズナブルなので、グリップストラップの購入を検討している方におすすめです。

パルクフェルメ(Parcferme) カメラストラップ 90030

ウォッシュド加工を施した本革製のおしゃれなカメラストラップ。首掛けにも肩掛けにも調整できる汎用性の高さが魅力です。革は明るめのキャメルカラー。本革を採用していため、実勢価格は4000円程度とやや高めです。

ミラーレス一眼ユーザーにおすすめのカメラストラップ

マンフロット(Manfrotto) カメラストラップ PL-C-STRAP

ミラーレス一眼用のネックストラップです。パッドの部分は高いクッション性を持つネオプレーン素材を採用しているため、使い勝手がよいのが特長。デザインは黒ベースに赤色のラインが入っていて、落ち着きがありながらもおしゃれです。

キング(KING) ネックストラップ CCLS-01 BLACK

シンプルでおしゃれな本革製ネックストラップ。ストラップの幅は16mm、紐部分の幅は8mmと細めです。カラーはブラウン・ブラック・ホワイト・ライトブラウンの4色。「ミラーレス一眼に合わせてカメラストラップもおしゃれにしたい」という方におすすめのモデルです。

コンデジユーザーにおすすめのカメラストラップ

アルティザン・アンド・アーティスト(ARTISAN&ARTIST) ハンドストラップ ACAM-295

シンプルなコンパクトデジカメにおすすめのハンドストラップです。ベルト部分はアクリル素材でできており、ブラック・ベージュ・レッドの3色があります。ベルト幅は20mmと細めで、適度に柔らかく手にも馴染みやすいのが特長。さりげないおしゃれを楽しみたい方にもおすすめのカメラストラップです。

ニコン(Nikon) ネックストラップ AN-CP23

ニコンの純正ネックストラップ。ロゴのデザインなどが異なる4種をラインナップに取り揃えています。実勢価格は1000円以下、カメラストラップにあまり予算を割けない方にもおすすめです。ニコンのコンデジをお使いの方はぜひ検討してみてください。

オリンパス(OLYMPUS) ショルダーストラップ CSS-S109LL II

本革仕様のオリンパス純正ショルダーストラップです。オリンパスのカメラはオプション品が豊富で、レンズジャケットやボディージャケットも革製のものが発売されているので、合わせて購入するのもよいでしょう。実勢価格は4000円程度とやや高いですが、ストラップも純正品で揃えたいオリンパスユーザーにおすすめのモデルです。

カメラストラップのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

カメラストラップのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。