カメラの撮影を快適に行いたいのであれば、「カメラストラップ」の利用が便利。首や肩にストラップを掛けておけば、カメラを落としてしまうトラブルを予防できます。

ただし、ネックストラップ・ショルダーストラップ・ハンドストラップなどの種類が存在するので、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめのカメラストラップをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

カメラストラップの選び方

カメラストラップの種類

デザインが充実している「ネックストラップ」

By: amazon.co.jp

「ネックストラップ」は、首にかけて使用するタイプです。カメラを首から下げて両手を使いたい場合に便利。長さを調節すれば、ショルダーストラップやハンドストラップのようにも使えます。

また、カメラストラップのなかでもスタンダードなタイプで、ラインナップが豊富に展開されているのもポイント。一眼レフなど重さのあるカメラに便利な幅広のタイプや、軽量なカメラにおすすめのスリムなタイプなども存在します。

さらに、デザインやカラーなどが異なる多種多様な製品が発売されているのも魅力。好みにあわせて選びたい場合にも適しています。

重量のあるカメラにおすすめの「ショルダーストラップ」

By: amazon.co.jp

「ショルダーストラップ」は、肩に掛けて使うタイプです。重量のある一眼レフカメラを所有している場合に便利。ネックストラップに比べて安定感があり、長時間カメラを持ち歩く場合にもおすすめです。

また、使用時に両手が空く点もメリット。アウトドアシーンで写真撮影を楽しみたい場合にも魅力的です。なお使用中は、肩から下げているカメラをぶつけてしまわないように注意するのがポイント。特に背中側にカメラが回ってしまった場合には気をつけましょう。

軽量なカメラにおすすめの「ハンドストラップ」

By: amazon.co.jp

「ハンドストラップ」は、手首を通して使用する軽量なカメラに適したタイプの製品です。ネックストラップやショルダーストラップのような長さがなく、撮影時に邪魔になりにくいのがメリット。また、かさばりにくく、カバンに収納しやすいのも魅力です。

比較的リーズナブルな価格の製品が多いのもポイント。長時間携帯する際にはネックストラップやショルダーストラップが便利ですが、コスパに優れたカメラストラップを探している場合にもおすすめです。

コンパクトな「グリップストラップ」

By: amazon.co.jp

「グリップストラップ」は、手に通して使用するタイプです。カメラを手持ちして連続で撮影する場合に便利。幅広かつやわらかな素材を採用しているモデルが多く、撮影時に手首にかかる負担を軽減できるのがメリットです。

また、安定性を高められるのもポイント。手ブレを抑えたい場合にも効果が期待できます。ただし、長時間カメラを持ち歩く場合には適していないので注意が必要。ネックストラップやショルダーストラップと併用できないタイプもあるので、事前にチェックしておきましょう。

長さ調節がスピーディーな「速写ストラップ」

By: carryspeed.com

「速写ストラップ」は、長さの調節が素早くできるタイプです。カメラの底面に配置されてる三脚用の穴を使って取り付け、ショルダーストラップのようにななめ掛けで使用するのが特徴。ストラップには留め具が付いており、カメラをスライドさせて長さを変更できます。

報道カメラマンやウェディングカメラマンなど、プロにも使用されている製品。使わないときはストラップを短くし、撮影時には簡単に長くできるので速写性に優れており、シャッターチャンスを逃したくない場合に便利です。

また、カメラを体に密着させておけるのもメリット。カメラを壁にぶつけてしまうトラブルを予防できる点もおすすめです。

自分のカメラに取り付けられるかチェック

By: amazon.co.jp

一眼レフカメラは、製品ごとに取り付けられるストラップのサイズが異なります。購入後に取り付けられないトラブルを避けるためにも、事前に所有するカメラに対応するかチェックしておきましょう。

また、サイズたけでなく、対応する重量もあわせて確認しておくのがポイント。スペック表の耐荷重をチェックし、使用を予定しているカメラの重量に耐えられるか把握しておきましょう。重量をオーバーするカメラに使用すると、ストラップが切れてしまう危険性があります。

おしゃれなデザインをチェック

By: amazon.co.jp

カメラストラップを購入する際は、見た目にもこだわって選ぶのがおすすめ。ストラップの幅や長さだけでなく、使われている素材やカラーなども製品ごとに異なるので、好みにあうモデルを選択しましょう。

また、家族でカメラを使用する場合には、シンプルなデザインのモノが便利。性別や年齢を問わず、使いやすいのがメリットです。

疲れにくい工夫がされているかチェック

By: amazon.co.jp

重量のある一眼レフカメラに取り付ける場合や長時間撮影を行う場合には、疲れにくい工夫がされているかもチェックしておくのがおすすめ。幅の広いカメラストラップであれば、肩や首にかかる負担を軽減できます。

また、ストラップ部分にパッドが付いている製品も便利。カメラを持ち歩くことで肩こりが発生してしまうトラブルを予防したい場合に重宝します。

カメラストラップのおすすめアイテム|ネックストラップ

オプテック(OP/TECH) Pro Loop Strap

カメラを首から下げて使いたい場合におすすめのカメラストラップです。肩のカーブにあわせて湾曲したパッドを備えているのが特徴。長時間カメラを首に掛けるようなシーンで重宝します。

また、「プロループコネクター」と呼ばれるコネクターを備えているのもポイント。ストラップ部分は取り付けるカメラにあわせてコネクターを交換できます。長さは、全長95~108cmまでの間で調節が可能。好みにあわせてカメラの位置を設定できます。

さらに、カラーラインナップが豊富に展開されているのもメリット。外観にこだわりたい場合にもおすすめです。

ニコン(Nikon) ストラップ AN-CP23

リーズナブルな価格で購入できる、コスパに優れたおすすめのカメラストラップです。「COOLPIX W300」「AW130」「AW120」など向けに設計されているのが特徴。コンパクトデジタルカメラのような比較的軽量なカメラに使うストラップとして便利です。

2点留めタイプのストラップで簡単に取り付けられるのもポイント。長さの調節もスムーズに行えます。

ニコン(Nikon) ストラップ AN-4

シンプルにデザインされている、あみひも製のカメラストラップです。手頃な価格で購入できるにもかかわらず、長さの調節が可能。首からカメラを提げた状態で適切な長さに設定できます。

また、首の後ろに回る部分に幅をもたせているのもポイント。一眼レフカメラやミラーレスカメラに使用するネックストラップとしてもおすすめです。

ハクバ(HAKUBA) ピクスギア スマートネックストラップ KST-48

ストラップ部分が簡単に着脱できる製品です。全長は約530mm。カメラ取付部のバックルによって、ストラップを取り外すことが可能です。使用するときだけ取り付けられます。

また、コードロックによって長さを調節できるのもポイント。首から提げた際にカメラの位置を好みにあわせて設定できます。3mmの細いコードを採用しているので、コンパクトデジタルカメラのような製品に便利。重量のあるカメラには向きませんが、リーズナブルな価格で購入できるコスパの高さもおすすめです。

ハクバ(HAKUBA) プラスシェル ストライプストラップ 30 KST-67ST30

カジュアルなデザインを採用している、使いやすいカメラストラップです。一眼レフだけでなく、ミラーレスにもマッチする外観を有しているのが特徴。ストラップの幅は約30mmと広めに設定されており、カメラの重量を効果的に分散できるのが魅力です。

また、ネックストラップとしてだけでなく、ショルダーストラップとして利用できるのもポイント。全長は約14.6cm、ストラップ部分の長さは約8.6cmです。10mm幅の先ヒモ部の長さは、自由に調節できます。

ハクバ(HAKUBA) ルフトデザイン ツイルネックストラップ 38 KST-65T38

シンプルかつミニマルなデザインが魅力的なカメラストラップです。しなやかな素材を採用しており、手に巻いて使いやすいのが特徴。ネックストラップとしてはもちろん、ハンドストラップのようにも使用できます。

また、カバンの中でまとめやすいのもメリット。出張や旅行に携帯するカメラストラップとしてもおすすめです。

TARION カメラストラップ ビジョン2 Bohemian-Strap-LYN-241Z

丈夫な素材を採用しているリーズナブルなカメラストラップです。ビンテージ風のデザインが特徴。流行に左右されにくく、長期間愛用できるのが魅力です。

ネックストラップ表面が滑りにくく、首に掛けた際に安定しやすいのもポイント。カメラが滑って壁にぶつかってしまうトラブルを予防したい場合にも便利です。

全長は137cm、ストラップの長さは71cm。幅は3.8cmに設計されており、重量のある一眼レフカメラで使用する際に首にかかる負担を軽減できるのもメリットです。キヤノン・ニコン・オリンパスなど、幅広いメーカーのカメラに対応。カメラを複数台所有している場合や買い替えを検討している場合にもおすすめです。

カメラストラップのおすすめアイテム|ショルダーストラップ

ピークデザイン(peak design) SLIDE SL-AS-3

ショルダーストラップとしてだけでなく、ネックストラップやスリングストラップとしても使える製品です。プロ用に設計されており、多彩な機能を備えているのが特徴。ストラップ本体にクッションを備えているため、快適に使えるのが魅力です。

また、耐荷重が90kgと堅牢性に優れているのもポイント。強度が高いので、重量のある一眼レフカメラやレンズを使用する場合にも便利です。さらに、滑り止めが付いているのもメリット。肩からカメラを提げた際に安定しやすく、長時間カメラを持ち歩く場合にも適したショルダーストラップです。

ソニー(SONY) ショルダーストラップ STP-SS5

ソニーのロゴが際立つデザインを採用しているカメラストラップです。シンプルな形状の製品なので、性別や年齢を問わず使用が可能。家族で同じカメラを使う場合にも便利です。

また、やわらかい素材を使っているのもポイント。ショルダーストラップとして利用するだけでなく、手に巻きつけて撮影することも可能です。裏地には滑り止めを配置。肩から提げた際にカメラが安定しやすいのもメリットです。

ストラップの幅は最大40mm。重量のある一眼レフを使用する際に肩や首にかかる負担を軽減できる点もおすすめです。

ブルックリンファクトリー(BROOKLYN FACTORY) カメラストラップ NUTS p00074

気分にあわせてカラーを変更できるリバーシブルタイプのカメラストラップです。ナチュラルな印象を与えるカラーが採用されており、シーンを選ばず使いやすいのが特徴。4種類のカラーラインナップが展開されているのも魅力です。

ストラップの幅が3.2cmと幅が広めに設計されているのもメリットです。素材には、天然素材100%のコットンを採用。つなぎ目にマイクロファイバーが使われているだけでなく、しっかりとした厚みがあり強度が優れている点もおすすめです。

マップカメラ(MAPCAMERA) 細OBIストラップ OBI MONOCHROM 零

発売されて以来ロングセラーを記録しているカメラストラップです。シンプルなデザインを採用しているのが特徴。素材にはやわらかなファブリックが使われており、手に巻いて使用することもできます。

また、落ち着いた色調のカラーラインナップが展開されているのもポイント。カメラはもちろん、衣服を選ばず使用しやすい点もおすすめです。

チャムス(CHUMS) カメラストラップ3.8スウェットナイロン CH60-2669

ポップなデザインを採用しているカメラストラップです。素材にはやわらかなスウェットを採用。負荷のかかりやすい部分にはナイロンが使われており、堅牢性にも優れています。

また、スウェットの表面に撥水・撥油・防汚性能を備えた加工剤「Asahi Guard E-SERIES」を採用しているのもポイント。水や汚れに強く、アウトドアシーンで写真撮影を行う場合にも便利です。

ストラップの幅は3.8cm。長さは56~108cmの間で調節できます。ショルダー部分には滑り止めが付いており、使用時にカメラが壁や人にぶつかってしまうトラブルを予防できる点もおすすめです。

カメラストラップのおすすめアイテム|ハンドストラップ

ピークデザイン(peak design) CUFF CF-SG-3

写真撮影の際にカメラの落下を予防できるハンドストラップです。コンパクトなデザインを採用しているのが特徴。携帯する際にかさばりにくく、カバンにもすっきりと収まります。

また、使用する際に小さく目立ちにくいのもポイント。スタイリッシュに使えます。また、独自の「アンカーリンクシステム」を採用しているのもメリット。カメラだけでなく、双眼鏡など幅広いデバイスに取り付けられます。リストループロックは、簡単に長さの調節が可能。手首にしっかりとフィットさせたい場合に便利です。

エツミ(ETSUMI) ハンドストラップ アクション E-671

幅広いカメラに対応できるハンドストラップです。幅20mmのスリムタイプなので、すっきりと手首に巻けるのが特徴。ストラップ部の裏面には滑りを抑えるポリウレタンが配置されており、手首にしっかりとフィットします。

全長は約27cm、先端のテープ幅は10mmに設計されているので、購入する際には事前に所有するカメラへの取り付け有無をチェックしておきましょう。また、シンプルなデザインを採用しているのもポイント。飽きにくい外観を有しており、性別や年齢を問わず使いやすい点もおすすめです。

エツミ(ETSUMI) コールマン ネオプレーンハンドストラップ CO-8515

アウトドアブランドとして知名度の高いコールマンが製造するおすすめのハンドストラップです。一眼レフカメラ用に設計されているのが特徴。素材には厚手のネオプレーン生地が使われています。

ストラップ部のクッション性が高く、手首に巻いた際にやわらかさを感じられるのもポイント。長時間使用した際に手首にかかる負担を軽減できるのもメリットです。先端のベルト幅は7mmのデザイン。一般的な10mm幅のテープに比べてスリムなので、さまざまなカメラへの取り付けに対応できます。

ハクバ(HAKUBA) ハンドストラップ ネジ取付けタイプ KA-N60

カメラ底部にある三脚用の穴に取り付けるタイプのハンドストラップです。コンパクトなデジタルカメラはもちろん、ジンバルやアクションカメラなどにも対応できます。

また、ムダを省いたミニマルなデザインを採用しているのもポイント。コンパクトかつスリムに設計されており、カバンに入れた際にかさばりにくい点もおすすめです。

さらに、リーズナブルな価格で購入できるのもメリット。コスパに優れたカメラストラップを求めている場合にも魅力的な製品です。

203 Camera Straps. レザー ハンドストラップ

素材にレザーを採用しているハンドストラップです。手頃な価格ながら、おしゃれな外観を有しているのが特徴。ブラウンを基調としたカラーによりあたたかみを感じられるのも魅力です。

また、使用を重ねることで風合いが増す点もメリット。革製品らしいエイジングを楽しみたい場合にもおすすめのカメラストラップです。

カメラストラップのおすすめアイテム|グリップストラップ

ハクバ(HAKUBA) ハクバ ピクスギア グリップストラップ KGP-04

写真撮影時の手ブレを軽減したい場合に便利なグリップストラップです。カメラ底部に取り付ける台座をコンパクトにデザインしているのが特徴。サイズの小さい一眼レフに使用する場合にも便利です。

ストラップに手を通せば、カメラをしっかりとホールディング可能。また、台座に付いているストラップ取り付け部を利用して、ショルダーストラップやネックストラップを併用できる点もおすすめです。

SmallRig Black Mamba リストストラップ 3848

撮影時の安定性を高められるグリップストラップです。手が滑ってカメラが落下してしまうトラブルを予防できるのが特徴。手ブレを軽減して、美しい写真を撮影したい場合にも便利です。

ストラップの裏地にはマイクロファイバーを使用。フォームクッションも内蔵されており、やわらかく手にフィットします。また、通気性に優れているのもポイント。手の甲にかいた汗も素早く吸収でき、快適に使用できます。

さらに、「クイックアジャスタブルスナップボタン」を搭載しているのもメリット。ストラップの分解や組み立てを簡単に行えるだけでなく、締まり具合もスピーディに調節できます。

ケンコー・トキナ―(Kenko Tokina) 握 カメラグリップ

小型のカメラでもしっかりとホールドできるグリップストラップです。本製品は、カメラ本体のストラップ取り付け部と三脚ネジ穴を利用するタイプ。台座部にはメスネジが付いており、ストラップを取り外さずに三脚が使えます。

また、シンプルなデザインを採用しているのもポイント。価格もリーズナブルなので、コスパに優れた使いやすいグリップストラップを求めている場合にもおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) グリップストラップ HLD-6用 GS-4

オリンパスが製造するパワーバッテリーホルダー「HLD-6」を利用する際に使える、便利なグリップホルダーです。一眼レフカメラに取り付けるバッテリーのストラップ取り付け穴を利用するのが特徴。バッテリーの分重量が増したカメラをしっかりと保持したい場合にも便利です。

デザインはシンプルながら、高級感を感じさせる作り。外観にもこだわってカメラストラップを選んでいる場合にもおすすめです。

ベルボン(Velbon) クイックシュー QRA グリップ 474131

「クイックシュープレート」を搭載しているグリップストラップです。カメラネジつまみが付いており、簡単に取り付けられるのが特徴。コインなどを使ってネジを締められるだけでなく、手でも簡単に締められます。カメラネジは35mmの範囲でスライドするので、幅広いカメラに対応可能です。

また、ベルボンのクイックシュー機構「QRAシステム」と互換性がある点もメリット。ストラップを取り外さずに三脚が利用できる点も便利です。さらに、ソフトパッドが手を包み込むようにフィットするのもポイント。ホールド感が高く、手ブレを軽減したい場合に重宝します。

カメラストラップのおすすめアイテム|速写ストラップ

CARRY SPEED CARRY SPEED PRO MARK IV STRAP SYSTEM

一眼レフカメラやミラーレスカメラ用に設計されている速写ストラップです。幅広にデザインされた、ネオプレーン製のショルダーパッドを搭載しているのが特徴。カメラの重量を分散し、肩にかかる負担を軽減できるのがメリットです。

写真を撮影する際は、カメラを持って引き上げるだけ。スピーディにストラップの長さが調節できるので、シャッターチャンスを逃したくない場合にも便利です。

カメラを吊り下げた際には、レンズが後ろ向きになる仕様。壁などにレンズをぶつけてしまうトラブルも予防できます。また、台座部分にネジ穴が付いているのもポイント。ストラップを利用したままで三脚や機材への取り付けができます。

CARRY SPEED CARRY SPEED SLIM MARK IV STRAP SYSTEM

長時間カメラを持ち歩く場合に便利な速写ストラップです。カメラの重さを効果的に分散できるのが特徴。幅が広めにデザインされたネオプレーン製のショルダーパッドが付いています。

また、クイックアジャスターを備えているのもポイント。タグを引き下げれば、簡単に撮影可能な長さにストラップを設定できます。カメラを提げた際にレンズが後ろ向きになる点もメリット。レンズが壁や人などのぶつかってしまうトラブルを予防できるだけでなく、シャッターチャンスに素早くカメラを構えたい場合にも便利です。

さらに、台座部分にネジ穴が配置されているのも長所。ストラップを外さずに三脚が利用できる点もおすすめです。また、不意の脱落を防止する3ボタン式バックルも搭載。セーフティストラップなどの安全を考慮した機能も備えています。

ハクバ(HAKUBA) ルフトデザイン スピードストラップ 38 KST-62SS38

ストラップの長さをスピーディに調節できる、比較的リーズナブルな価格速写ストラップです。ストラップを伸ばしたい場合には、タブをつまんで引き下げるだけ。縮める際はタブを下げながらDリングを引き上げる設計です。

ストラップの長さを縮めれば、しっかりと体にフィットさせることが可能。携帯する際にカメラが揺れるのを防ぎ、レンズが壁などにぶつかってしまうトラブルを低減できます。

カメラストラップの幅は38mm。取り付け部の先ヒモは幅10mmにデザインされており、一般的な一眼レフカメラに適しています。

素材にはしなやかなポリエステルを使用。取り回しがしやすいだけでなく、長さの調節もスムーズに行えます。また、樹脂パーツとの摩擦によってストラップがしっかりと固定され、不意に長さが変わりにくい点もおすすめです。

ハクバ(HAKUBA) BLACKRAPID クロスショット ブリーズ 361001

肩から滑り落ちてしまうトラブルを予防できる速写ストラップです。「ラバーモールドパッド」を採用しており、ななめ掛けした際に肩にしっかりとフィットするのが特徴。カメラの不意な落下が心配な場合にも便利です。

また、デュラフレックスのバックルを搭載しているのもポイント。接続部の耐久性が高く、長期間使用できる点もメリットです。さらに、左右対称なデザインを採用しているのも長所。どちらの肩に掛けても使える設計です。

カメラ位置の設定は、スプリング入りのバンパーを使用。操作性に優れており、固定や解除がスピーディに行える点もおすすめです。

ハクバ(HAKUBA) IND2 バンジーストラップ2 IND2-BGST2

簡単に伸縮するストラップを採用している製品です。「バンジーシステム」を搭載しており、約10cmの伸縮を実現。カメラを提げている際は体にフィットし、撮影時には素早くストラップを伸ばせます。

また、ショルダーストラップやネックストラップとして使用できるのもポイント。全長は約100~135cmの間で調節できます。素材にはポリエステルと本革を採用。シンプルなデザインを採用しており、シーンを選ばず使いやすい点もおすすめです。

SmallRig カメラ用ショルダーストラップ PSC2428

幅広いカメラに対応する汎用性に優れた速写ストラップです。「Rapid Link」と呼ばれる構造を採用しているのが特徴。カメラの着脱を簡単に行えるので、複数のカメラを使い分ける場合に便利です。

カメラストラップの長さは、110~160cmの間で調節が可能。ユーザーの身長にあわせて簡単に長さが設定できます。また、人間工学に基づいたデザインのパッドを備えているのもポイント。長時間カメラを持ち歩く際、首や肩にかかる負担を軽減したい場合にもおすすめです。

カメラストラップの売れ筋ランキングをチェック

カメラストラップのランキングをチェックしたい方はこちら。