ボックス内に被写体を置くだけで、自宅でも本格的な写真が撮れる「撮影ボックス」。一眼カメラはもちろんのこと、スマホでもきれいに被写体を撮影できるアイテムです。

今回は、サイズや照明の明るさなど、さまざまなタイプが取り揃えられている撮影ボックスの選び方とおすすめの製品をご紹介します。どれを選べばよいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

撮影ボックスの効果は?

By: amazon.co.jp

撮影ボックスとは、照明が上部に付属した箱状のツールのこと。ボックス内に置いた被写体を照明が満遍なく照らすので、輪郭がくっきりとした明るい写真に仕上がります。

蛍光灯や白熱灯下で撮影すると、暗すぎたり被写体本来の色が出なかったりしますが、撮影ボックスを使うことで自宅撮影で起こる難点をクリア。ミニスタジオ・簡易スタジオなどともいわれ、クオリティの高い写真を撮影できます。

サイズは折りたたみ式の小型タイプが主流で、収納や持ち運びにも便利。撮影スペースだけでなく、収納するスペースはとれないけれど、プロのような写真を楽しみたい方におすすめです。

撮影ボックスで撮ったきれいな写真は、フリマアプリやネットオークションに出品する際にも有利。商品をきれいに見せ、背景が商品の邪魔をすることもないので、目に留まりやすくなります。最近のSNSの普及もあり、手軽に写真をネット上にアップする機会が多くなった今こそ、あると便利なアイテムです。

撮影ボックスの選び方

撮りたいモノに合わせてサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

撮りたいモノが決まっている場合、被写体が余裕をもって入る大きさのボックスを選びましょう。アクセサリーやコスメ、時計などの小さいモノを撮影するときは、40cm角前後の撮影ボックスがおすすめです。40cm角のボックスは、最大で13インチ程度のノートパソコンが収められるサイズ。スマホやタブレット、携帯ゲーム機などの撮影も可能です。

カバンや靴、ぬいぐるみといった大きめサイズの雑貨を撮りたい場合は、70cm角以上のモノを選んでみてください。プレイステーションなどの家庭用ゲーム機も撮影できます。

また、被写体に合わせて選ぶのはもちろん、撮影スペースや収納スペースを圧迫しない程度の大きさであることも大切。スペースの寸法をあらかじめチェックしておくのが失敗しないポイントです。

光の量で選ぶ

By: amazon.co.jp

撮影ボックスに取りつけるライトの明るさは、「ルーメン(lm)」で表されます。数字が大きいほど明るくなり、最低でも1000~1500ルーメン程度の明るさを確保できるモノがおすすめ。より明るさにこだわって撮影したい場合は1500ルーメン以上のモノを選んでみてください。

また、スイッチで明るさを変えられるモノを選べば、撮影日の天候や使用環境に合わせて調節できるため便利。コンセントから給電するタイプだけでなく、USBケーブルで給電するタイプもあるので、使いやすいタイプを選んでみてください。

背景のカラーパターンで選ぶ

By: amazon.co.jp

撮影ボックスの背景は白色が一般的ですが、背景スクリーンのカラーパターンが豊富にあるモノを選ぶと、撮影の雰囲気に変化が生まれます。

緑や青、赤、黄色など、さまざまな色の背景シートが付属しているタイプなら、被写体に合わせて背景色を変更可能。背景色が変わることによって違った表情も楽しめるので、ただ撮影するだけでなく、配色センスやバランスの感性も磨きたい方にもおすすめです。

ディフューザーの有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

撮影ボックスに設置された照明では光が強すぎる場合や、被写体をふんわりと柔らかい雰囲気に仕上げたい場合は、ディフューザーつきの撮影ボックスを選びましょう。

ディフューザーとは、照明の前に取りつけて光を和らげるアイテムのこと。光を拡散させて被写体に届く光の量を調節する効果があるため、被写体をやさしい印象に見せられます。雰囲気を変えたいときに重宝するので、オプションとしてディフューザーが付属していると便利です。

真上や真横など対応している撮影アングルで選ぶ

By: amazon.co.jp

撮影ボックスは、本体上部から照明を照らし、被写体正面から撮影するタイプが主流。被写体を動かせば背面や側面も撮れますが、一方向からの撮影には変わりないため、撮影できる角度が限られてしまいます。

角度を変えて、被写体のさまざまな表情を撮影したい方は、マルチアングルタイプの撮影ボックスを選びましょう。正面からだけでなく、真上や真横からも撮影できるタイプなら、撮影写真の幅が広がります。また、角度を変えることで陰影のつけ方を変えられたり、置き画の撮影ができたりして便利。被写体の魅力を存分に伝えやすくなります。

撮影ボックスのおすすめ

PULUZ 撮影ボックス 20×23×24cm

幅23×高さ24×奥行22cmのコンパクトな撮影ボックス。コスメやアクセサリー、時計などの小さい被写体を撮影したい場合におすすめです。撮影後は折りたたんで収納できるので、収納スペースが限られている方にも適しています。

本体上部には40個もの高輝度LEDライトを搭載し、1100ルーメンの明るさで撮影可能。被写体そのものの色を再現できるため、ネットオークションやフリマアプリに掲載するための撮影にも向いています。

また、白・黒・青・黄・緑・赤の背景布が付属しており、簡単に背景色が切り替え可能。自宅にいながら、さまざまな雰囲気の写真を撮影できるので便利です。

EMART 折りたたみ式 撮影ボックス

プラスチックボタンで簡単に組み立て可能な撮影ボックス。組み立て後は幅23×高さ24×奥行24cmとコンパクトで、小さな被写体を撮影するのに適しているタイプです。背景スクリーンはベーシックな白と黒の2色つき。加えて、携帯スタンドが付属しており、スマホでも手ブレのない写真を撮影できるオプションがついているのも魅力です。

本体上部の手前と奥に、20灯の高輝度LEDライトが1列ずつ設置。被写体全体にライトがあたり、明るい写真を撮影できます。また、ライトはUSB給電式を採用しており、パソコンなどから給電して使えて便利です。

さらに、本製品には収納ケースがついています。コンパクトに収納可能なので、収納スペースが気になる方や持ち運んで使う機会がある方におすすめです。

PULUZ 撮影ボックス 30×30cm

80灯のLED照明を搭載し、照明の色温度や明るさを調節できる機能がついた撮影ボックスです。照明の色温度は、一般的な蛍光灯色である白色、あたたかみを感じる暖色、白色と暖色の2色を混ぜたミックスから選択可能。写真の雰囲気がガラリと変わるので、被写体の雰囲気に合わせて違った印象の写真を撮影できます。

また、背景布が6色付属しており、自由に切り替えできるのもポイント。白・黒・黄・赤・青・緑から選べます。さらに、本製品は、被写体を多角度から撮影できるマルチアングルタイプを採用。正面からの水平撮影に加え、45°の高さと上部の穴から90°の垂直撮影も可能です。

ヒラノ照明 革明 40cm簡易スタジオ EK-SB003

LEDライトを140灯搭載し、明るい写真が撮れる撮影ボックス。照明をボックス内に満遍なく反射させる拡散反射素材を採用しているため、被写体を明るく照らせます。照明の色は昼光色・昼白色・電球色の3色から切り替え可能で、それぞれ違った印象を演出可能です。

長期間収納していてもシワが気になりにくい「防シワ加工」が施された4色の背景布が付属しており、急遽の撮影にも対応できます。また、天窓つきなので、正面からだけでなく俯瞰からの撮影ができるのも魅力です。

サイズは幅40×高さ43×奥行40cmで、小さなモノからタブレットなどの高さがあるモノも撮影できます。収納バッグがついているため、収納時や持ち運びにも便利です。

470studio Slowbeat 撮影ボックス

幅40×高さ45×奥行26cmで、フィギュアや人形などの高さがある被写体の撮影に向いている撮影ボックス。40灯のライトが搭載された可動式のバーが2本付属しており、撮影の角度に合わせて適した位置に照明を移動できます。USBケーブルで給電できるので、コンセントが近くになくてもパソコンなどの機器があればどこでも撮影可能です。

本製品は、折りたたむとブリーフケースほどの大きさにまとめられます。また、軽量素材でつくられているため、持ち運びしやすいのも魅力です。

HAKUBA 撮影ボックス

正面と真上の2パターンのアングルから撮影できる撮影ボックスです。約530ルーメンのLED照明がボックス内を均一に照らします。USB給電式でコンセントが近くになくても撮影可能。140cmのロングケーブルも付属しています。

オプションでついてくる背景紙は、ブラック・ホワイト・オレンジの3色。被写体のイメージやカラーに合わせて変更可能です。組み立て時は幅44×高さ43.5×奥行59cmと、靴や雑貨などを撮りやすい大きさになり、折りたためば縦43×横44cm×厚み3cmに薄く収納できます。

SAMITIAN 撮影ボックス 60×60×60cm

高さや幅があるモノも撮影しやすい60cm角の撮影ボックス。明るさは3400ルーメンと、大きなボックス内でも満遍なく照らせる光量があります。高いカラーレンダリング効果を有したライトなので、被写体本来の色味を再現しやすいのがポイント。また、無段階の調光器も備えており、明るさを自由に調節できるため便利です。

ボックスの内側には、高品質なアルミニウムフィルム反射材を採用。光をボックス内全体に拡散でき、耐熱性も有しています。さらに、正面だけでなく上部の穴からも撮影可能なマルチアングル式なので、さまざまな角度から撮った写真を楽しめるのも魅力です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 撮影キット 60×60cm

マルチアングルタイプの撮影ボックス。組み立て後は幅64×高さ63.5×奥行82cmで、ワインやブーツなどの高さのある被写体も撮影しやすいサイズです。撮影するモノに合わせて雰囲気を変えられる、4色のバックスクリーンつき。バックスクリーンはシワになりにくいプラスチック素材でつくられているため、アイロンがけなどの手間が不要です。

本体上部には39灯×4列のLEDライトを搭載。8000ルーメンと明るく、ボックス内側の反射板によって光をさらに拡散するので、被写体を全方向から照らせます。また、ディフューザーの役割を果たす光拡散スクリーンも付属しているので、光を柔らかく調節可能です。

Amzdeal 撮影ボックス 80cm

82cm角の大型撮影ボックスです。正面と真上からの撮影ができるマルチアングルタイプで、大きめの被写体もさまざまな角度からの撮影を楽しめます。本体には2列50灯のLEDライトを搭載。8000ルーメンの明るさを有しており、被写体を自然な明るさで撮影可能です。

被写体のイメージに合わせて柔らかい光に調節できるディフューザーつき。背景スクリーンも白・黒・ベージュの3色が付属しており、多種多様な撮影に対応します。

折りたたんでコンパクトにできるので、収納の場所を取りにくいのもポイント。収納バッグには取っ手がついているため、持ち運ぶ際にも便利です。

SAMITIAN 撮影キット 80×80×80cm

高輝度なSMDライトを126個搭載している撮影ボックス。12000~13000ルーメンほどの明るさを持ち、照明パネルが360°回転するので、必要に応じて照明の角度を調節できます。また、無段階で調光可能な調光器や、光の質を柔らかくできるライトディフューザーが付属。どんな場面の撮影にも対応できるのも魅力です。

背景布には、反射しにくいマットなPVC素材を採用。防水防塵効果のある素材のため、万が一汚してしまった際にも掃除しやすい仕様です。

撮影角度は、正面水平方向・正面45°方向・上部からの垂直方向とマルチアングルに対応。大きい被写体でも、さまざまな角度から撮影できます。