欲しい音声のみ拾える「ガンマイク」。ノイズを除去し、クリアな音声のみを録音するために欠かせない道具で、最近では動画作成においても使用されています。とはいえ、さまざまなモデルのガンマイクが販売されており、初心者にとって選ぶことが難しいのが現状です。

そこで今回は、おすすめのガンマイクをご紹介します。ガンマイクを選ぶ際のポイントも解説するので、用途に合ったモデルを選んでみてください。

ガンマイクとは?

By: avermedia.com

ガンマイクは鋭い「指向性」を有しており、少し離れた場所でもマイクが向いている方向の音をしっかりと拾えるアイテム。指向性とは、どの方向の音が収音しやすいかを表した指標のことです。

ガンマイクは銃のように細長い見た目をしていることから、名前が付けられたとされています。さまざまな用途に使えますが、特に音声を録音する場合に使用するのがおすすめです。

ガンマイクってどんな人に必要?

By: amazon.co.jp

ガンマイクは特定の方向の収音性に優れているアイテムなので、雑音を抑えて人の声をクリアに録りたい場合に適しています。YouTubeなどの動画サイトで配信をしたい方にもおすすめです。屋内で撮影をするときはもちろん、屋外で撮影をするときもきれいに録音できます。

ガンマイクの選び方

重量で選ぶ

カメラにガンマイクを取り付けて撮影する場合は、重量を必ずチェックしておきましょう。重いガンマイクを使用すると、長時間の撮影で腕が疲れやすいのが懸念点。

軽いガンマイクを選べば腕が疲れにくいのはもちろん、アクションの激しい動画を撮るときでも軽快にカメラを動かせます。

ノイズ低減の性能で選ぶ

ノイズをどれだけ低減できるかによって、録音の質は左右されます。よりクリアな音を録りたい場合は、低周波音をカットするフィルターモードが搭載されているガンマイクがおすすめです。また、マイクに取り付ける「ウィンドスクリーン」が付属していれば、風によるノイズも軽減できます。

電源供給の方式で選ぶ

多くのガンマイクに採用されているのが、接続したカメラやレコーダーなどの機器から電源を供給する方式。また、モバイルバッテリーからの充電や乾電池に対応しているモデルであれば、接続している機器の電源を気にせず使えて便利です。特に、屋外で撮影する機会が多い方は、しっかり確認しておきましょう。

ガンマイクのおすすめメーカー

ロード(RODE)

ロードはオーストラリアに本拠地を置くオーディオ機器メーカー。オーディオ機器のなかでも特にマイクに特化しており、レコーディングスタジオで使用されるような本格的なマイクや、スマートフォンに接続するマイクなど、多彩なモデルを展開しています。

プロの現場で使用されるモデルや、個人のクリエイターでも使いこなせるモデルなど、ガンマイクの種類も豊富です。一眼カメラに取り付けて本格的な動画撮影を行いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ゼンハイザーは、1945年に設立されたドイツのオーディオ機器メーカー。マイクはもちろんイヤホンやヘッドホンも取り扱っており、特にスタイリッシュなデザインの完全ワイヤレスイヤホンは非常に高い人気を集めています。

ゼンハイザーは、レコーディング向けのマイクやボーカル向けのマイク、USBポートを経由してスマートフォンに接続できるマイクなどさまざまな種類のマイクを展開。本格的なガンマイクも、多数取り揃えられています。

ゼンハイザーのガンマイクは、高性能ながらコンパクトなモデルを揃えているのが特徴。扱いやすいガンマイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

ソニーは、日本の東京に本社を構える世界的な大手電機メーカー。デジタル一眼カメラのαシリーズやテレビのブラビアシリーズ、スマートフォンのXperiaシリーズなど、さまざまな分野で業界をリードするようなアイテムを開発し販売しています。

ソニーのガンマイクは、鋭指向性と単一指向性、全指向性を切り替えられる高性能なモデルもラインナップ。オーディオインターフェースに対応したモデルでは、本格的な録音が可能です。また、ソニーのガンマイクのなかには、ソニーのカメラに最適化されたモデルもあり、マウントするだけで手軽に使用できます。ソニーのカメラを使っている方におすすめです。

ガンマイクのおすすめモデル

ロード(RODE) 指向性オンカメラマイク VideoMic Rycote

本格的な動画制作を行う一眼ムービーのクリエイターから人気のガンマイクです。使用方法は、カメラのホットシューにガンマイクをマウントして、プラグを3.5mmイヤホンジャックに接続するだけ。電源もプラグインパワー方式なので、手軽に収音が開始できます。

優れた機能性も魅力。一体化された熱可塑性プラスチック素材のショックマウントシステム「Rycote Lyre」がカメラから伝わる振動や鳴動を抑えます。さらに、2段階のハイパスフィルターや3段階のPADも備えているので、不要なノイズの入り込みや過剰な音量上昇を防ぎ、ターゲットの音声だけを高音質で収音可能です。

ロード(RODE) マルチパワードショットガンマイク NTG2

映画撮影などの現場でも使用されている、プロ仕様の高性能ショットガンマイクです。重さ約161gと軽量ながら、完全な周波数レスポンスと低ノイズでクリアなオーディオ品質を実現しているのが特徴。一眼カメラでの本格的な映像制作を行いたい方におすすめです。

また、ハイパスフィルターを内蔵しているのも魅力。空調機器や交通車両の音のような低周音が取り込まれるのを、効果的に防げます。付属のウインドスクリーンや別売りのウインドジャマーを装着すれば、屋外での撮影でも高音質で収音可能です。

電源の供給方式を選べるのもポイント。接続にはXLRケーブルを使用し、電源の供給はプラグインパワー方式によってカメラから行えるほか、乾電池による給電にも対応しています。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ミニショットガンマイクロフォン MKE400

コンパクトかつ高音質な高性能ショットガンマイクです。軽さと頑丈さが両立した金属製のボディを採用しながら、重さは約60gと軽いのが特徴。洗練された干渉管と高音質なマイクカプセル、そしてプリアンプを組み合わせることで、音質を損なわず鋭い指向性を実現しています。

また、余計なノイズの入り込みを低減するローカットフィルタスイッチを搭載。さらに、カメラとの接続部に高性能ラバークッションを採用することで、カメラやレンズの操作音や駆動音が伝わりにくいのも特徴です。電源には単4電池1本を使用し、連続で約300時間の長時間駆動が可能。ウレタン製のウインドスクリーンが付属します。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 指向性RFコンデンサーマイクロフォン MKH 416-P48U3

最高クラスの音質で集音ができる、高級ショットガンマイクです。高い明瞭度と音響精度を有しているのが特徴。また、重さ約175gの軽量ボディは頑丈で、ノイズなどの干渉にも強いため、多くの放送局・制作会社・映画スタッフをはじめとしたプロの現場で重宝されています。

カメラとの接続にはXLRケーブルを使用。プラグインパワー方式で、電源の供給はカメラから行います。ゼンハイザーを代表するモデルのひとつなので価格は高価ですが、映像だけではなく音声の品質も追求したい方におすすめです。

ソニー(SONY) ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M

ソニーのカメラに最適化された、専用の小型ガンマイクです。他社のカメラでは使用できませんが、Handycam・Cyber-shot・αなどソニーのカメラでは、マルチインターフェースシューにマウントするだけで電源供給されるので手軽に使用できます。

使用できる動作モードは2種類。「ガンモード」では指向性が強化されるので、少し離れた前方の狙った音を集中的に収音できます。また、ソニーのビデオカメラ「Handycam」でズームモードを使用すれば、ズーミングに合わせてマイクの指向性を変更可能です。重さは約45gと軽量。風切り音を防ぐウインドスクリーンも付属しています。

ソニー(SONY) ショットガンマイクロホン ECM-B1M

フルサイズミラーレスのα7・α9シリーズで映像制作を行うクリエイターにピッタリな高性能ショットガンマイクです。コンパクトなボディには8個のマイクユニットとデジタルシグナルプロセッサーを搭載。1台のガンマイクで鋭指向性・単一指向性・全指向性の収音モードが使えるので、多彩なシーンに活用できます。

デジタルオーディオインターフェースに対応しているのもポイント。音声をデジタル信号のままダイレクトに伝送できるので、劣化のない高音質録音が可能です。また、徹底した防振構造とケーブルレス仕様の採用により、振動ノイズを抑制しています。

3段階のノイズカットフィルターや、音量調節用のアッテネータを備えているので、細かい設定のカスタマイズにも対応。さらに、防塵・防滴に配慮した設計で、アウトドアシーンでも重宝します。

オーディオテクニカ(audio-technica) ステレオマイクロホン AT9946CM

コンパクトボディでステレオ録音が可能な、高性能ガンマイクです。重さ約60gの小型軽量ボディに、狙った音を高精度に収音できる超指向性マイクと2個の単一指向性マイクを搭載。合計3個のマイクユニットを活用することで、高音質なステレオ録音を実現しています。

また、独自構造のショックマウントによって、カメラの操作音やレンズの作動音など余計な音声の入り込みを抑制。さらに、ローカットスイッチで振動や風切り音などのノイズも低減できます。

電源は、カメラの3.5mmイヤホンジャックから給電するプラグインパワー方式。ウインドジャマーが付属するので、風の強い現場でも使用できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ショットガンマイク AT875R

高音質での収音が可能な、プロ向けのガンマイクです。パフォーマンスを高める高耐久な設計と構造を採用しており、放送やコンテンツ制作などの現場におすすめ。ナチュラルな音響特性のため、スムーズかつ自然な音声を録音できます。

鋭い指向性を備えているのも魅力のひとつ。不要な音を効果的に低減し、狙った音をしっかり拾えるため、長距離の集音に適しています。本体重量が80gと軽量設計なのもポイント。サイズもコンパクトなため、邪魔になりにくく長時間の撮影にもピッタリです。

本格的な撮影などで高音質録音をしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

エムエックスエル(MXL) ショットガンマイク FR-333M

離れた場所の音声も高音質に収音できる、高性能なショットガンマイクです。全長約25.4cmで強力な指向性を持っているので、10m以上離れた場所の音声もピンポイントで狙えます。結婚式やスポーツ大会など、対象にあまり近付けないシーンの収録におすすめです。

出力にはXLRケーブルを使用し、電源の供給はカメラから行います。同梱のマイクホルダーを介してブームに搭載して使うのが通常の使用方法ですが、市販のシューアダプターを使えば、カメラのホットシューでも使用可能です。風切り音を遮断できるウインドスクリーンも付属します。

SYNCO コンデンサーマイク MIC-M3

指向性に優れた高性能なガンマイクです。前方の狙った音を集中的に拾えるため、周囲の環境音が大きいシーンでも高品質な録音が可能。また、独特な収音構造を採用し、一般的な単一指向性より音をきれいに拾えるのが特徴です。

本体サイズは約186×32mmと小さめなので、カメラに取り付けても邪魔になりにくいのが魅力。本体重量も52gと軽量設計で、長時間の撮影でも重宝します。接続には3.5mm TRSケーブル・3.5mm TRRSケーブルを使用。一眼レフ・ミラーレスカメラでの撮影はもちろん、スマートフォンでの撮影にも使用できます。

電池式のため、接続機器からの給電が不要なのもポイント。風防スポンジを備えているので、屋外での撮影にもおすすめです。

シュア(SHURE) ショットガンマイク VP83

きめ細かいハイクオリティな収音が可能なガンマイクです。Rycote社による一体型のLyreショックマウントシステムを採用しており、振動や機械的なノイズをしっかり低減できるのが特徴。また、軽量設計ながら耐久性に優れたメタル製の構造を採用しているので、屋外でも安心して使用できます。

指向性に優れており、狙った音をクリアに収音できるのも魅力。ローカットフィルターで周囲の雑音や環境音を抑制でき、屋外でも高品質な収音が可能です。また、単3形アルカリ乾電池1本で、最大約130時間使用できます。手軽に高解像度の収音ができるガンマイクを探している方におすすめです。

アバーメディア(AVerMedia) LIVE STREAMER MIC 133 AM133

屋内でも屋外でも使いやすい便利なガンマイク。本体にはメタル素材が採用されており、頑丈ながらも重量は約30gと軽量です。ホットシューマウントが付属しているので、購入後すぐに一眼カメラに取り付けて撮影を開始できます。

デバイスとの接続に3.5mm端子を採用している点が特徴のひとつ。デジタルカメラはもちろん、スマートフォンやノートパソコンなどさまざまな機器に接続し、高音質な収音を実現します。プラグインパワーを採用しているので、バッテリーなしで駆動可能です。

付属のマイクスタンドを使用すれば、デスク上でも安定して使用できます。ウインドスクリーンも同梱しているので、さまざまな環境でクリアな音を録音可能。複雑な設定が不要で、接続すればすぐに使い始められる簡単な仕様です。

また、キャリングケースが付属するので手軽に持ち運びもできます。ストリーマーやYouTuberなどのクリエイターにおすすめのガンマイクです。

コミカ(Comica) 外付けマイク CVM-V30 LITE

スマートフォンでも使用できるおすすめのガンマイク。デジタルカメラとスマートフォンの両方に対応しており、本体背面に搭載されたスイッチを切り替えるだけで使用可能です。カメラやスマートフォンとは3.5mm端子で接続します。

接続デバイスから給電するプラグインパワーに対応。事前の充電が不要なうえ、使用中にバッテリーが切れる心配がいりません。周囲のノイズを低減しながら録音できるので、室内はもちろん外での撮影でもクリアな音声を収音できます。

衝撃を効率的に吸収できるショックマウントを採用。振動によるノイズを防ぎます。また、ウインドスクリーンも付属。本体サイズは160×50.8×86mmで、重量は52gと軽量なので、カメラやスマートフォンと合わせて気軽に持ち運べます。