「ガンマイク」は撮影した動画の音声ノイズが気になる方や声を上手く録音できなくて悩んでいる方におすすめのアイテム。マイクが向いている方向の音を集中的に拾う特性があるため、特定の音をしっかりと録りたいときに便利です。最近は有名ユーチューバーが自身の動画で実際に使っている機器を紹介することも多く、ガンマイクもそのひとつとして話題となっています。

そこで今回は、ガンマイクのおすすめモデルをご紹介。製品によってそれぞれ性能が異なるので、購入を検討されている方はぜひ参考にして、最適な1本を選んでください。

ガンマイクとは?

By: amazon.co.jp

どの方向の音が収音しやすいかを表した指標のことを「指向性」といいます。ガンマイクは鋭い指向性を持っており、少し離れた場所でもマイクが向いている方向の音をしっかりと拾えるアイテムです。銃のように細長い見た目をしていることから、その名が付いたとされています。さまざまな用途に使えますが、特に音声を録音する場合に使用するのがおすすめです。

ガンマイクってどんな人に必要?

By: amazon.co.jp

ガンマイクは特定の方向の収音性に優れているアイテムなので、雑音を抑えて人の声をクリアに録りたい方に適しています。YouTubeなどの動画サイトで配信をしたい方にもおすすめです。屋内で撮影をするときはもちろん、屋外で撮影をするときもきれいに録音ができます。

ガンマイクの選び方

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラにガンマイクを取り付けて撮影する場合は、重量を必ずチェックしておきましょう。重いガンマイクは長時間の撮影で腕が疲れやすくなりますが、軽いガンマイクを選べば腕が疲れにくいのはもちろん、アクションの激しい動画を撮るときでも軽快にカメラを動かせます。

ノイズ低減の性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズをどれだけ低減できるかによって録音の質が左右されます。よりクリアな音を録りたい場合は、低周波音をカットするフィルターモードを搭載しているガンマイクがおすすめです。また、マイクに取り付けるウィンドスクリーンが付属していれば、風によるノイズも軽減できます。

電源供給の方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

多くのガンマイクに採用されているのが、接続したカメラやレコーダーなどの機器から電源を供給する方式。それに加えてモバイルバッテリーからの充電や乾電池に対応しているモデルであれば、接続している機器の電源を気にしなくてもよいため便利です。屋外で撮影する機会が多い方は特に確認しておきましょう。

ガンマイクのおすすめモデル

ロード(RODE) ショットガンマイク NTG4+

新型コンデンサーカプセルの搭載によって感度を高めているガンマイク。低周波音をカットするハイパスフィルターが採用されており、本体に設置されたデジタルスイッチで簡単に操作できます。マイクのスイッチを切っても設定した内容はそのまま保たれるので、使うたびに設定し直す手間がありません。

カメラやレコーダーなどの機器から電源を供給できるほか、リチウム電池が内蔵されておりモバイルバッテリーからの充電にも対応しているのが便利。約2時間の充電で150時間以上も使えるパワフルなモデルです。

ロード(RODE) ショットガンマイク NTG2

接続した機器からの電源供給はもちろん、単3乾電池でも動作するガンマイク。本体重量が約161gと比較的軽量なので、カメラに取り付けてもラクに使用できます。低周波音をカットするバイパスフィルターが設定可能です。マイクに取り付けるウィンドスクリーンが付属するため、風の音を抑えたクリアな音声が録れます。

ロード(RODE) VideoMic Rycote ショットガン・コンデンサー・マイク 002900

雑音や振動を抑えるための構造を採用したガンマイク。カメラに装着して屋外で撮影する機会が多い方におすすめです。耐久性に優れた熱可塑性プラスチック素材を採用しているため、頑丈で長く使い続けられます。ハイパスフィルターにより、低周波音を抑えられるのも特長。また、スポーツ大会などの大音量を録音できる性能も備えています。

ソニー(SONY) ショットガンマイク ECM-VG1

屋内・屋外どちらの録音にも適しているおすすめのガンマイク。優れた感度を誇るだけではなく、内部の雑音レベルを抑えることで自然な音を録れます。

頑丈なフレームを採用したウィンドスクリーンを用いているのが特長。しっかりと本体にホールドされるため、たとえ強風が吹いても飛ばされにくくノイズを大幅に軽減してくれます。また、ローカットフィルターが内蔵されていて低域のノイズを抑えられるのもポイントです。

ソニー(SONY) ショットガンマイク ECM-673

指向性の鋭さが魅力のガンマイク。中距離の録音に適しているため、屋外で音を録りたいときにおすすめです。風防の役割を果たすウィンドスクリーンが付属しているほか、風・振動によるノイズや低音域をカットするローカットスイッチが搭載されています。重量が約135gと比較的軽量なので持ち運びやすいのもポイントです。

ソニー(SONY) ショットガンマイク ECM-680S

ソニーが展開しているガンマイクのハイエンドモデル。本体のスイッチでステレオ収音モードとモノラル収音モードの切り替えができます。自然な音を録りたい場合はステレオ、特定の音をしっかり捉えたい場合はモノラルで収音するのがおすすめです。

雑音を抑えながら高い感度で録音できる設計も特長のひとつ。ローカットスイッチを使用すれば、風や振動などの雑音をはじめ、低音域もカットできます。全長が約250mmと比較的コンパクトで、持ち運びに苦労しないのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) 小型ガンマイクロホン AT9913iS

スマートフォン用のモノラルガンマイク。約15gと非常に軽量なので、スマートフォンに装着しても負担が掛かりにくいです。ピボットフローティング構造を採用することで、振動ノイズを軽減しているのが魅力。風が気になる場合は、付属のウィンドスクリーンを使用すれば雑音をカットしてくれます。

ガンマイク本体にイヤホンジャックが搭載されており、録音した後にイヤホンやヘッドホンで手軽に音を確認できるのがポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) 小型ガンマイクロホン AT9947CM

小型のガンマイクを探している方におすすめのモデル。約32(W)×112(D)×55(H)、約50gの軽量コンパクトな本体が魅力です。ローカットスイッチを操作すれば、振動や風などのノイズを抑えられます。

風による雑音を防ぐためのウィンドマフは素材にこだわっており、防塵・防滴の効果があるため、屋外で使う際にガンマイク本体をしっかりと保護しながら使用可能です。