激しい動きや臨場感のある映像の撮影が可能な「GoPro」。デフォルトの状態でも使い勝手は良好ですが、別途対応するアクセサリーを活用すると、さらにポテンシャルを引き出すことができます。

そこで今回は、GoProとセットで使いたいおすすめのアクセサリーをご紹介。種類別に便利なアイテムをピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

GoProアクセサリーの選び方

対応モデルをチェック

By: amazon.co.jp

GoPro用のアクセサリーを選ぶ際は、必ず対応モデルに合ったモノを選びましょう。せっかくアクセサリーを購入しても、使用しているGoProに適応していないと無駄になってしまうため、購入の際は事前に対応モデルを確認しておくのがおすすめです。

GoProのアクションカメラは超広角撮影タイプのHEROシリーズと、360度全天球撮影タイプのMAXの2種類が販売されています。マウントやグリップなどのアクセサリーは基本的に両方のGoProで使用可能です。

ただし、ハウジングやバッテリーなどは専用設計になるので、どちらか片方にしか対応しません。また、同じHEROシリーズでも、メディアモジュラーやバッテリーグリップなど新型のアクセサリーは、HERO9以降のモデルにのみ対応している場合も多いため注意が必要です。

純正品か互換製品かチェック

By: amazon.co.jp

GoProのアクセサリーは、メーカーが正規に販売している純正品と互換性のあるサードパーティ製品(非純正)に分かれています。

安心して使いたいのであれば、純正品の方がおすすめ。ただし、純正品の方が価格は高くなる傾向にあります。一方、互換製品はラインナップが豊富なほか、純正品に比べてリーズナブルなのがポイント。しかし、あくまで非純正品であることは留意しておきましょう。

装着方法をチェック

固定式

By: amazon.co.jp

固定式のアクセサリーは、ヘルメット・胸に固定するモノや、手首・腕・足首などに巻きつけて固定するモノなどさまざま。いずれもカメラの向きや角度を変えられるので、シーンや状況に合わせて調節することが可能です。

また、装着するユーザーの体形に合わせてベルトの長さを調節できるのもポイント。ユーザー目線で撮影する場合は、視聴者が追体験しているような映像を撮影できます。

クリップ式

By: amazon.co.jp

クリップ式のアイテムは装着が簡単。いずれもGoProをマウントに取り付け、あとはクリップで挟んで好きな場所に固定するだけです。

リュックなどに取り付ければ、両手を空けた状態で撮影できるので、旅行中の町歩きやハイキングでの使用に便利。なお、クリップ式は取り付けが容易な分、動きや振動が強い場合には映像が大きくブレてしまったり、カメラ本体が脱落してしまったりする恐れがあるので注意しましょう。

粘着式

By: amazon.co.jp

粘着式は面ファスナーなどでGoProを取り付けるタイプ。車のボディやヘルメットなど、凹凸のない面であれば、どこでも取り付けることが可能です。

粘着テープで取り付ける製品の場合は、防水対応かどうかをチェックするのが重要。水や雪で濡れ過ぎると、剥がれやすくなる場合もあります。特にスキーやスノーボードの板に直接貼り付けると振動で剥がれてしまうこともあるので、注意しましょう。

なかにはマリンスポーツにも対応できる、防水に特化した専用アクセサリーもあるので、シーンに適したアクセサリーを選ぶのがおすすめ。なお、粘着テープで取り付けた場合はドライヤーであたためることで取り外せますが、テープの再利用はできないので、取り付ける度に新しいモノと交換する必要があります。

使用シーンをチェック

By: amazon.co.jp

GoProのアクセサリーは、使用シーンに応じてさまざまなアイテムがラインナップされています。それぞれのアクティビティが行われる環境や特性に応じてアクセサリーを選ぶことが重要です。

例えば、シュノーケリングやスキューバダイビングといった水中のアクティビティで撮影するなら防水性を要チェック。スノーボードやサーフィン、マウンテンバイクなどの激しいアクティビティでは耐衝撃性が重要です。

また、アクションをしているプレイヤー自身を撮影したいのか、アクション中に見える風景を一人称視点で撮りたいのかなど、撮影するタイミング次第で撮りたいムービーも変わります。まずはグリップやアームなど汎用性の高いアクセサリーから始めてみて、撮影したいアングルが決まったら専門性の高いアクセサリーを買い足すのもおすすめです。

GoProアクセサリーのおすすめ製品|マウント

ゴープロ(GoPro) フレキシブルマウント Gumby AGRTM-001

アクロバティックな視点から撮影できる

さまざまな場所にGoProを固定できる純正品のフレキシブルマウントです。アーム部分に柔軟性と強靭さを兼ね備えた「Nite Ize Gear Tie Rubber Twist Ties」を採用。自由自在に曲げることで手すり・フェンス・木の枝・バイクのフレームなどに取り付けられるため、アクロバティックな視点から撮影したい方におすすめです。

ベース部分に360°回転機構を搭載しているのもポイント。90°ごとに停止ポイントが設定されているので、好みのアングルに調節が可能です。また、クイックリリースマウント用バックルを採用しているため、GoProを別の対応アクセサリーに素早く取り付け直せます。スペア用のタイが2本付属し、工具なしで簡単に交換できるのも魅力です。

ゴープロ(GoPro) マグネティック スイベルクリップ ATCLP-001

軽量コンパクトで携帯や収納がしやすい

強い力で挟み込めるGoPro純正のクリップマウントです。大型のクリップを搭載しているのが特徴。リュックサックのストラップに取り付けられるほか、スケボー・サーフボード・スキー板など板状のモノにGoProを固定する際にも適しています。

クリップの底部にマグネットを内蔵しているのもポイント。機材や手すりなどの平らな金属面に貼り付けてキックスタンドとしても活用できるため、GoProを使って自撮り・集合写真・タイムラプスなどを撮影する場合にもおすすめです。

360°の回転機構も備えており、ベストなアングルで撮影が楽しめるのも魅力。また、軽量コンパクトで携帯や収納がしやすいので、旅行にも重宝します。

ゴープロ(GoPro) サクションカップ AUCMT-302

車載撮影を楽しみたい方におすすめ

強い粘着力で人気のあるGoPro純正のサクションカップマウントです。安定性に優れた業務仕様の吸盤を底面に搭載しているのが特徴。汚れのない平面なら時速240km以上の速さでも剥がれ落ちないことが実証されているため、自動車・バイク・ボートなどにGoProを装着して車載撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

調節可能なアームを備えているのもポイント。GoProをコンパクトに取り付けつつ乗り物の揺れを軽減可能です。加えて、固定力の強い標準ベースと、ほかの対応アクセサリーとの付け替えが簡単なクイックリリースベースが付属するのも魅力。目的に合わせて2種類のベースマウントを使い分けられます。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) GoPro用防水ヘッドストラップカメラマウント GP-TD

快適にハンズフリー撮影が行えるGoPro用のヘッドストラップマウントです。滑り止め付きの調節式ナイロン製ストラップを搭載しており、ループは直径約15〜30cmまで伸縮が可能。頭や大半のヘルメットにGoProをしっかり固定でき、両手が自由になるため、自然観察・自転車・ジップライン・ヘリコプターツアーなどにもおすすめです。

頑丈なポリカーボネート製バックルを採用しており、GoProを安定した状態で固定できるのもポイント。互換性も高く、ハウジングを装着した全モデルのGoProに対応が可能です。防水仕様で設計されており、川でのカヌーや浅い水深の海でのシュノーケリングを楽しむ際にも重宝します。サードパーティ品としてコスパが高いのも魅力です。

エレコム(ELECOM) アクションカメラ用チェストマウント AC-MBCH01BK

臨場感あふれるハンズフリー撮影が楽しめるGoPro用のチェストマウントです。伸縮性の高いナイロン素材を使用したストラップで、GoProを胸元にしっかり固定できるのが特徴。激しい揺れや衝撃にも強いため、登山・スキー・スケボー・サイクリングなどさまざまなスポーツでアクション撮影を行いたい方にもおすすめです。

伸縮によって約52〜120cmまでの胸囲に対応できるのもポイント。さまざまな体格の方はもちろん、厚手の衣服を着た状態でも装着が可能です。HERO10・HERO9・MAXなど現行のGoProにも幅広く対応しており、クイックリリースバックルマウントの採用によって着脱やほかアクセサリーとの付け替えが素早く簡単に行えます。

GoProアクセサリーのおすすめ製品|ハウジング・ケース

ゴープロ(GoPro) 保護ハウジング ADDIV-001

過酷な環境でもGoPro本体を守れる純正品のハウジングです。HERO9・HERO10・HERO11の3機種に対応しており、泥・汚れ・ゴミから保護が可能。また、水深60mまで潜れる防水性能も追加できるため、深い水中でのダイビング撮影にGoProを活用したい方にもおすすめです。

レンズを覆う部分には平面ガラスを採用しており、水中・陸上の両方で高画質が得られるのもポイント。また、ハウジングを装着した状態でもフロントLCDスクリーンを操作して映像の確認が可能です。

初期搭載の防水バックドアを付属のスケルトンバックドアに換装できるのも魅力。防水性能は低下しますが、マイクの録音性能とタッチスクリーンの操作性が向上するので、陸上でのアクティビティ撮影がよりしやすくなります。

ゴープロ(GoPro) バイトマウント+Floaty ASLBM-003

HERO9/10/11に対応するGoPro純正のライフジャケットです。水上で目立つカラーと高い浮力を備えたクッション素材のパッドを採用しているのが特徴。水に落下しても浮き上がって見つけやすくなるため、シュノーケリング・サーフィン・ウェイクボードなどのマリンスポーツを撮影する場合におすすめです。

口に咥えた状態でGoProを保持できるバイトマウントが付属するのもポイント。マリンスポーツの最中に両手が自由になるので、一人称視点でのハンズフリー撮影を行う場合に重宝します。口内に接触する部分は人間工学に基づいた頑丈なデザインと食品グレードの素材が採用されており、安心してマウスマウントが可能です。

ゴープロ(GoPro) Caseyセミハードカメラケース ABSSC-002

優れた保護性能とカスタマイズ性を兼ね備えるGoPro純正の圧縮成形ケースです。全天候に対応したセミハードタイプの外装シェルを採用。GoPro本体とアクセサリーを衝撃や水漏れからしっかり保護できるので、アウトドアでの使用にもおすすめです。

内部に大小複数の仕切りパッドが搭載されているのもポイント。GoPro本体のサイズやアクセサリーの数に応じて内部レイアウトの細かなカスタマイズが可能です。また、柔らかなトリコット生地の裏地を備えており、機材を傷付けず保管できます。

取り外し可能なメッシュポーチが付属しているのも魅力。予備バッテリーやSDカードなどの小物を収納するのに重宝します。ケースの寸法は22.5×16×9.5cm。外装にはソフトな握り心地の持ち手が搭載されています。

FiTSTILL GoPro HERO11対応防水ハウジングケース

優れたコスパで人気のあるサードパーティ品の防水ハウジングです。HERO9・HERO10・HERO11専用に設計されており、傷・衝撃・塵などからGoPro本体の保護が可能。また、低価格ながら水深60mまでの防水性能も備えているので、マリンスポーツにも使える安いハウジングを探している方にもおすすめです。

レンズを覆う部分には高透過率の大型硬化ガラスが採用されているのもポイント。深い海のなかでも鮮明で高画質な動画が撮影可能です。12枚のアンチフォグインサートが付属するのも魅力。GoPro本体とハウジングとの隙間を埋めるのに使えるほか、水中撮影時にハウジング内が曇るのを軽減できます。

HSU GoPro収納ケース

大容量ながらリーズナブルな価格で入手できるGoPro用の収納ケースです。外寸は幅33×奥行き22.4×厚さ7.1cmと十分な余裕があります。GoPro数台と一緒に多数のアクセサリーを持ち運びたい方におすすめです。

内部に衝撃吸収性の高い高密度フォームが配置されているのもポイント。あらかじめGoPro本体やアクセサリーの形にくり抜かれており、フォームを部分的に取り外すことで収納する機材に合わせて内部レイアウトを細かくカスタマイズできます。

カメラ収納部の反対側にはジッパー付きのストレージポケットが搭載されており、小物類を簡単に収納できるのも魅力。また、外装には防水加工が施されているほか、カラビナも付属しているので、アウトドアシーンでも快適に移動が可能です。

GoProアクセサリーのおすすめ製品|グリップ

ゴープロ(GoPro) 三脚付きミニ延長ポール Shorty AFTTM-001

GoPro純正のコンパクトな延長ポールです。収納した際のサイズは11.7cmとコンパクト。上着やズボンのポケットにも簡単に収納できるため、野外アクティビティや旅行のパートナーとしておすすめです。

普段はビデオ撮影用のハンドグリップとして使えますが、ポールを引き出すと最長22.7cmまで伸ばせるのもポイント。グループショットや自撮りのほか、撮りにくいアングルの撮影でGoProを使用するときに重宝します。

格納された脚を開くとミニ三脚にもなるのも魅力。バランスを保ったまま地面やテーブルに設置できるので、タイムラプス撮影の際にも役立ちます。互換性も幅広く、全てのGoProカメラで使用が可能です。

ゴープロ(GoPro) MAX Grip+三脚 ASBHM-002

MAX向けに開発されたGoPro純正品のカメラグリップです。360度撮影を行う際にグリップが動画に映り込まないように特別な設計が施されているのが特徴。HEROシリーズにも対応していますが、MAXを使ってドローンで低空撮影したようなより臨場感のある360度撮影を楽しみたい方におすすめです。

延長ポールの長さを23〜56cmの範囲で調節できるのもポイント。ポール部分をひねるだけで一定の長さに固定できるので、初めての方でも直感的に操作が可能です。また、マグネット式の留め具で格納された折りたたみ脚を備えているのも魅力。脚を広げればミニ三脚としても使用できるため、平面での安定性が向上します。

ゴープロ(GoPro) 三脚+延長アーム 3-Way 2.0 AFAEM-002

3つの必須ツールを1つにまとめたGoProで人気の純正グリップです。自撮り・追い撮り・近距離からのアクション撮影に便利な延長アームを搭載。さらに、アームを畳んだ状態で脚を広げればミニ三脚にも変形できるので、1つのアクセサリーでさまざまな撮影に対応したい方におすすめです。

自由雲台と同じ特性を持つボールジョイントを内蔵しているのもポイント。グリップに固定したままGoProの角度だけを素早く変えられるため、自由なアングルからの撮影が直感的な操作で楽しめます。

最長延長時の長さは49.53cmですが、折りたたみ時は20.32cmまでコンパクトに収納できるのも魅力。加えて、水中や水上でも使える防水構造を採用しているので、マリンスポーツの撮影にも活躍できます。

ゴープロ(GoPro) バッテリーグリップ Volta APHGM-001-AS

HEROの駆動時間を延長できる純正品のバッテリーグリップです。4900mAhの大容量バッテリーを内蔵。GoProの標準バッテリーと合わせて5.3K動画を4時間以上も記録できるので、撮影時間が長くなりがちなVlogや街歩き動画の撮影にもおすすめです。

電源のON/OFF・録画の開始/停止・モード切り替えなどが片手で簡単に操作できるカメラボタンを搭載しているのもポイント。加えて、GoProを取り外した状態ではリモコンにもなり、最長30m離れた位置にあるGoProを遠隔操作できます。

対応カメラはHERO9/10/11の3機種で、ハウジングやモジュラーなど別のアクセサリーとも併用が可能なのも魅力。また、全天候型の設計を採用しており、水中以外であれば、登山やスキーなどの過酷なスポーツ撮影にも活躍します。

FiTSTILL 防水モノポッドフローティングハンドグリップ HANDGP02

マリンスポーツ撮影で重宝するサードパーティ品のフローティンググリップです。GoProを装着した状態で水に落下しても水面に浮かび続けるのが特徴。先端部分には水面で目立つオレンジ色が採用されており、万一手を離して紛失しても見つけやすいため、サーフィンやシュノーケリングでGoProを活用する方にもおすすめです。

重さ77g、全長17.78cmと軽量コンパクトで持ち運びやすいのもポイント。グリップ本体には高品質なフォーム素材が使われており、日光に当たってもベタつかず、快適に使用できます。また、GoProを取り付けるマウント部分は、錆びにくいステンレススチール製です。

GoProアクセサリーのおすすめ製品|その他

ゴープロ(GoPro) デュアルバッテリーチャージャー + Enduroバッテリー

HERO9/10/11に対応する高性能なEnduroバッテリー2個とデュアルチャージャーのセットです。Enduroバッテリーは1720mAhと大容量で、常温環境下の使用ではGoProの標準バッテリーと比べて撮影時間が最大40%も延長します。

-10℃までの低温環境でのパフォーマンスが向上しているのもポイント。寒冷地でもバッテリーを消耗する速度が緩やかなので、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツでの使用にもおすすめです。

同梱のデュアルチャージャーでは2個のEnduroバッテリーを同時に充電が可能。各バッテリーの充電状況はLEDライトで確認が可能です。また、USB Type-Cポートに別売りのGoPro Superchargerを繋ぐことで、充電速度を最大38%も高速化できます。

ゴープロ(GoPro) MAX用デュアルバッテリー充電器 + バッテリー

By: gopro.com

MAXに対応するデュアルチャージャーと予備バッテリーのセットです。デュアルチャージャーでは2個のMAX用バッテリーを同時に充電が可能。自動優先機能によってバッテリーを効率よくフル充電できるので、いつでも速やかに撮影が始められます。

1600mAhの容量を持つMAX専用の予備バッテリーが同梱するのも魅力。バッテリーと充電器を個別に購入するよりも安上がりなので、コスパ重視の方にもおすすめです。

ゴープロ(GoPro) メディアモジュラー ADFMD-001

HEROの機能を拡張できるGoPro純正のメディアモジュラーです。モジュラーシステムに対応するHERO9/10/11に装着が可能。前方の音声をクリアに集音できる指向性マイクを搭載しているので、Vlogなどの撮影で音質を改善したい方にもおすすめです。

GoPro本体の周囲をフレームで覆うラップアラウンドデザインを採用しており、耐久性と耐候性を向上できるのもポイント。また、風の影響にも強く、付属のウインドスクリーンをマイクに装着することで風切り音や周囲の雑音を軽減できます。

上部と側面の2箇所にコールドシューマウントを搭載しているのも魅力。ライトモジュラーやディスプレイモジュラーに加えて、サードパーティ製のアクセサリーとも併用が可能です。また、3.5mmマイク端子やHDMI出力端子も備えています。

FiTSTILL GoPro HERO9/10/11 Black用強化ガラスフィルムセット

強化ガラスで作られたHERO9/10/11用の保護フィルムです。耐衝撃性能に優れており、表面硬度9Hの硬さによって引っかき傷にも強いのが特徴。モニターやレンズを傷や衝撃からしっかり保護できるので、GoProをハードに使いたい方にもおすすめです。

フィルムは0.3mmと薄く、肌触りが滑らかなため、スムーズなタッチ操作を妨げないのもポイント。また、表面に撥油コーティングが施されているので、指紋や油汚れが付きにくく、万一付いてもクリーニングクロスなどで簡単に拭き取れます。

メインモニター用・サブモニター用・レンズ用で各2枚ずつ、合計6枚の保護フィルムが付属するのも魅力。手頃な価格ながら貼り付けに便利なキットも充実しているため、コスパ重視の方からも人気があります。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 防水カメラ用 液晶プロテクター GoPro MAX用 KLP-GPMAX

水辺でもクリアな液晶画面が保てるGoPro MAX用の保護フィルムです。表面に水を馴染ませる特性を持つ「親水コーティング」が施されているのが特徴。水で濡れても曇りにくいため、MAXでマリンスポーツの360度撮影を行う方にもおすすめです。

親水コーティングに「セルフクリーニング機能」が搭載されているのもポイント。表面に付着した皮脂などの汚れを水が浮かび上がらせる性質を持っているので、フィルムが汚れても流水で簡単に洗い流せます。

透明性に優れた高光沢仕様も魅力。全光線で95.5%の高透過率を実現しており、クリアな見え味でモニターを確認できます。加えて、ハードコート加工によって2Hの表面硬度も備えているため、傷からも画面の保護が可能です。