ビデオカメラや一眼レフで最高の瞬間を収めたはずなのに、撮影後に確認したらボケやズレにがっかりすることがあります。この問題を解決するのに役立つのが一脚です。

ただ、一脚をどう使いこなせばいいか分からずに購入に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。しかし、一脚のメリットを理解して撮影に活かせれば、今までの悩みを一気に解決可能です。今回は一脚のおすすめのモデルを紹介。あわせて選び方についても解説するので、参考にしてみてください。

一脚のメリット・デメリット

By: kenko-tokina.co.jp

一脚のメリット

ブレのないキレイな画像が撮れる

カメラを手に持って撮影するとのが手ブレの問題。最近のカメラは手ブレ補正機能がかなり進化していますが、最高の瞬間をキレイに撮影するにはカメラを固定するのが一番です。一脚にカメラを取り付けて地面に脚を固定するとブレにくくなるため、安定した状態でキレイに撮影できます。

足元にスペースがなくても使える

一脚の脚部は1本の棒だけの面積しかないため、人の多い場所などで足元にスペースがなくても使えるのが最大のメリット。運動会やパレードなどの人ごみでブレのない画像や動画を撮影するのに最適です。三脚を広げると周囲に迷惑になる場所でも、一脚なら体に密着させて使えるので邪魔になりません。

軽くて携帯しやすい

By: amazon.co.jp

一脚は脚が1本で軽いので、携帯しやすいのもメリット。野山を長時間歩いて野鳥を撮影したり、家族レジャーで子供の様子を動画に収めたりする場合に持ち歩いても負担になりません。最近は軽量かつコンパクトなモデルが人気を集めています。

速やかに取り出してすぐに使える

By: kenko-tokina.co.jp

一脚はカメラをセットしておけばすぐに脚を地面に付けて撮影できるため、大切な瞬間を逃しにくいというメリットもあります。カメラを一脚に固定したまま持ち運べば、カメラにスティックを付けた感覚で撮影できるので便利です。

三脚よりも安い

脚が1本しかない一脚は三脚よりも価格が安い傾向にあります。三脚が高くて手が出せない方でも、一脚なら手軽に購入できるのでおすすめです。一脚の種類は本格仕様のモデルから簡易的なモデルまでさまざまですが、数千円のモデルがメインなのも魅力と言えます。

一脚のデメリット

三脚に比べると安定感が劣る

三脚は3本の脚でしっかりカメラを支えられるため安定感がありますが、一脚は1本しか脚がなく安定性で劣ります。一脚を支える人間の手がカメラをしっかり固定できなければ、画像にブレが生じるため注意が必要です。

撮影中は一脚を手で支えなければならない

By: amazon.co.jp

一脚は人間が手で支える必要があるので、撮影中にカメラから離れられません。長時間撮影する際に三脚でカメラを固定しておくと便利ですが、一脚はこのような使い方ができない点がデメリットです。

長時間の撮影や、その場を離れてリモート撮影にも利用できないため、購入する際は注意しましょう。

三脚に比べるとブレやすい

一脚での撮影は被写体のとっさの動きに合わせて人間の手でカメラを動かす必要があり、三脚に比べるとどうしてもブレが生じやすくなります。三脚は取り付けたカメラを上下左右に動かすレバーがあり、固定したままカメラを水平や垂直に動かせるのでブレにくいのがメリットです。

一脚と三脚どっちがいい?

一脚がおすすめの方

一脚は運動会やスポーツ観戦などの混み合う場所でもできるだけキレイな写真を撮りたい方におすすめです。旅行や山登りなどでブレのない画像を思い出として残したい方も、携帯に優れた一脚を持っていくと重宝します。

また、カメラを使用する頻度がそれほどない方にも一脚がおすすめ。価格も安く扱い方も簡単なので、気軽に購入でき、持っているともしものときに役立ちします。

三脚がおすすめの方

三脚は手で支えなくても自立できるため、ビデオカメラを固定してモータースポーツなどの動きがある被写体を長時間撮影したい方におすすめ。花などの植物をマクロ撮影する場合にも、カメラをしっかり固定できる三脚を使うとキレイな写真を撮影できます。三脚は一脚に比べて大きさも重量もあるので、車で撮影場所に行く方におすすめです。

三脚は、カメラの焦点をしっかり合わせる必要がある夜景の撮影にも向いているほか、ピントの合った美しい作品を撮ることができます。

三脚についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

一脚の選び方

目的に応じて選ぶ

撮影場所が人で混み合うスポーツ会場であれば、できるだけ細くて周囲の邪魔にならない一脚を選ぶと安心して使えます。運動会では取り回しやすい一脚で撮影し、植物の撮影ではカメラをしっかり固定したいなら、一脚の脚部分が三脚のように広がる一脚兼簡易三脚がおすすめです。山登りやトレッキングが趣味なら、スティックにもなるタイプの一脚があると重宝します。

携帯性で選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚をカバンに入れて携帯するならできるだけ小さくて軽い一脚を選ぶと負担になりません。最近は伸縮させると折りたたみ傘程度のサイズになるモデルや、軽い素材を使ったモデルが多数発売されています。一脚の機能にはこだわりがなくカメラの固定さえできればよいなら、携帯性を重視するのがおすすめです。

価格で選ぶ

一脚を使う頻度がほとんどなく、とりあえず1つ持っておきたいのであれば安いモデルでも十分満足できます。逆に、一脚に三脚に近い高機能を求めるなら、高価でも機能の充実したモデルを購入する方がおすすめです。一脚の価格だけを見て選ぶのではなく、自分のニーズに合った価格のモデルを選びましょう。

一脚のおすすめメーカー

ベルボン(Velbon)

By: amazon.co.jp

ベルボンは、創業60年の歴史を誇る日本の三脚専業メーカー。写真を最高の作品として残すために欠かせない優秀なカメラアクセサリーを多数製造しています。使いやすさや携帯性を重視した一脚は、多くのカメラユーザーが愛用。誰もが好むシンプルなデザインとおしゃれなロゴも魅力です。

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

マンフロットは、イタリアの高品質な写真撮影用の機材メーカー。写真撮影用だけでなく、映画や演劇を撮影するプロ用のカメラ周辺機器の製造と販売も行っています。一脚においては、安定感と携帯性に優れているため、プロカメラマンからも高評価を得ています。

一脚のおすすめ人気モデル

ベルボン(Velbon) 一脚 UP-400

ベルボン(Velbon) 一脚 UP-400

手頃な価格が魅力のベルボンのエントリーモデルです。4段階の伸縮により、持ち運び時の縮長51cmから最大全高160cmまで調節可能なため、幅広いシーンに対応します。

脚の先端部である石突(いしづき)には、地面の状態に合わせて「ゴム」と「スパイク」から選べる可変石突を採用しているのがポイント。

フローリングや芝生など、傷をつけたくない場所ではゴムを選択し、グラウンドや石畳など地面を掴む安定性が欲しい時はスパイクを選択と、状況に応じて使い分けることができるため、さまざまな場所での撮影に活躍します。

さらに、経年変化に強い発泡ゴム製のスポンジグリップ採用しているほか、ストラップが標準装備されているなど、エントリーモデルながら充実した装備も魅力です。本体重量は390gで、搭載荷重は1.5kg。はじめての一本におすすめの一脚です。

ベルボン(Velbon) 一脚 RUP-L40

ベルボン(Velbon) 一脚 RUP-L40

ベルボンのスタンダードモデル一脚。軽くて丈夫な「RNパイプ」を採用することで、下段に向かうにつれ脚の径が細くなってしまう「径落ち」を最小限に抑制し、安定性を高めている点が特徴です。

結果として、縮長48.6cmかつ重量330gという、ベルボンの一脚の中で最軽量クラスの携帯性を持ちながらも、搭載荷重2kgまで対応する安定性を実現しています。

コンデジ・ミラーレスカメラ・小型ビデオカメラはもちろんのこと、標準レンズを装着した一眼レフも搭載可能な耐荷重はこのクラスの一脚では珍しく、本製品ならではの魅力です。最大全高は158.4cmまで。価格と性能のバランスがよい、コスパに優れた一脚です。

マンフロット(Manfrotto) Compact一脚 MMCOMPACT

マンフロット(Manfrotto) Compact一脚 MMCOMPACT

マンフロットの一脚におけるエントリーモデルです。最大の魅力は、一脚としては珍しいカラーバリエーションの豊富さ。ブラック・レッド・ホワイトの3色で展開されているため、カメラやほかのアクセサリーと色を合わせてコーディネートを楽しめます。

さらに、重量はマンフロットの一脚ラインナップのなかでも最軽量クラスの330g。加えて、縮長が39cmと一般的な一脚のエントリーモデルのなかでも特に短く、持ち運び性に優れている点も見逃せません。

最大全高は145.5cmで、搭載荷重は1.5kgまで対応。気軽に持ち運べるおしゃれな一脚を探している方におすすめのモデルです。

マンフロット(Manfrotto) Compactアドバンス一脚 MMCOMPACTADV

マンフロット(Manfrotto) Compactアドバンス一脚 MMCOMPACTADV

マンフロットが展開するリーズナブルなコンパクト一脚シリーズ中、最上位クラスにあたるモデル。5段伸縮脚を採用したことによるコンパクト性と、全高155cmまで伸ばせる高い伸縮性が特徴です。

耐荷重は、このクラスの一脚では最大となる3kgまで対応。200mmまでの望遠ズームレンズを装着したエントリーモデルの一眼レフにも使用可能なので、一眼レフユーザーにとって魅力的なモデルです。

縮長は41.5cmで、本体重量は350g。望遠ズームレンズ搭載の一眼レフにも使えるお手頃価格の一脚を探している方におすすめの一本です。

ベルボン(Velbon) 一脚 ULTRA STICK SUPER 8

ベルボン(Velbon) 一脚 ULTRA STICK SUPER 8

ベルボンが展開している一脚のなかで最大の伸縮比を誇る、携帯性重視のモデルです。8段伸縮脚を採用しており、縮長わずか26cmから最大全高156cmまで伸ばせるという、優れた伸縮性を有しています。

さらに、脚部のロック構造に、ベルボン独自の技術である「ウルトラロック」を採用している点も見逃せません。ウルトラロックとは、脚の先端部分を握ってひねるだけで、先端部だけでなく全段をまとめて固定・解除できる機構です。このロック機構により、8段の伸縮脚を驚きのスピードで伸ばし、一脚をセッティングできます。

また、ベルトホルダーが付属しているため、一脚をズボンのベルトに吊り下げて携帯できるのも嬉しいポイント。重量は347gで、搭載荷重は3kgまで。携帯性と素早いセッティング性を突き詰めたおすすめの一脚です。

ベルボン(Velbon) 一脚 Pole Pod VIDEO

ベルボン(Velbon) 一脚 Pole Pod VIDEO

着脱式のミニ三脚が付属する、ベルボンの簡易三脚式一脚「Pole Pod」シリーズの製品。三脚部を外せば通常の一脚としても使用できる一方、三脚部側を卓上ミニ三脚として単独で使用することも可能な、オールマイティーな一脚です。

本製品ならではの特徴は、標準装備されている小型ビデオ雲台。水平・上下の2方向の動きを簡単に操作できるため、動く被写体を追いながら快適に撮影できます。

また、三脚部を装着した状態での最大全高は182cmと、一脚としては最大クラス。人の頭越しに撮影できるので、運動会などで人混みの後方から撮影する場合にも重宝します。

さらに、脚のロック部にウルトラロック構造を採用しているため、省スペースで素早くセッティングできる点も見逃せません。重量は1.2kgで、搭載荷重は1.5kgまで。たくさんの人が集まるイベントでの使用にもおすすめのビデオカメラ用一脚です。

ベルボン(Velbon) 一脚 Geo Pod V75

ベルボン(Velbon) 一脚 Geo Pod V75

ベルボンのハイスペック一脚。ロック構造には新型のロックナットを採用しており、約90°回転させるだけで固定または解除が可能なため、素早くセッティングできます。

パイプ径32mmを採用した脚の先端部には、大型の蹄型石突を装備。地面をしっかりと掴む形状による安定性の高さが特徴で、スポーツ写真など、被写体に合わせてカメラを大きく動かす必要のある撮影にもおすすめです。

また、腰部に身につけるための専用ベルトポケットも付属しているため、一脚を差し込んでの撮り歩きも可能。さらに最大全高181cmと、シーンを選ばず活躍できるスペックを有しています。

重量673gでありながら、搭載荷重は5.5kgまで対応と、一眼レフの搭載が余裕な点も大きな魅力。どんな場面でも使えるハイクオリティーな一脚を探している方におすすめです。

マンフロット(Manfrotto) XPRO セルフスタンディング・アルミニウム一脚3段 MMXPROA3B

マンフロット(Manfrotto) XPRO セルフスタンディング・アルミニウム一脚3段 MMXPROA3B

脚部に3本のシャフトが格納されていて、シャフトを広げることで簡易三脚としても使える自立式モデル。本製品の最大の魅力は、耐荷重性能です。簡易三脚機能を持つ一脚のなかで最大クラスとなる10kgまで搭載可能のため、高倍率ズームレンズを装着した一眼レフカメラにも対応可能です。

また、片手で簡単にロック操作ができるマンフロット独自の「クイックパワーロック機構」を採用しており、操作性も良好。さらに、最大全高が168cmのため、幅広いシーンで活躍が見込めます。

縮長は66.5cmで、重量は1.1kg。ミドルクラス以上の一眼レフにも対応した自立式一脚を探している方におすすめです。

スリック(SLIK) 一脚 スタンドポッド7 STAPOD7

スリック(SLIK) 一脚 スタンドポッド7 STAPOD7

ベルボンと並ぶ日本の老舗三脚ブランドであるスリックが手がけている、簡易三脚機能付き一脚。三脚部の着脱が可能なモデルで、一脚として使用するほか、卓上ミニ三脚としても使えます。

搭載荷重は2kgまでと、標準ズームを装着した一眼レフにも対応可能。加えて、最大全高は175cmと、人混みの後方からでもハイアングルで撮影できる高さを有するため、ライブイベントやお祭りなどにもおすすめです。

自由雲台が付属しているので構図も調整しやすいことに加え、取り付け部にクイックシューを採用しているのもポイント。カメラの着脱が素早く行うことが可能です。

縮長は74.5cmで、本体重量は955g。一眼レフをハイアングルで使える自立式一脚を探している方におすすめです。

スリック(SLIK) 一脚 フォトストック2

スリック(SLIK) 一脚 フォトストック2

スリックのウォーキングストック兼用モデル。一脚としてだけでなく、ウォーキングやトレッキングなどでストックの代わりに使える点が特徴です。

上部には、握りやすいウッドドーム形状を採用。重量は330gと軽く、さらにアンチショック機構や方位磁石などトレッキング用ストックとしての機能も多く実装されています。

一方、先端のドーム部を外せば、カメラを固定できる一脚に早変わり。200mmクラスのレンズを装着した一眼レフまで対応している耐荷重性も魅力です。ストック兼用の一脚として初めて「SGマーク」を取得した製品でもあり、安全性にも信頼がおけます。

縮長は82cmで、最大全高は175cm。ストックと一脚を兼用させたい方におすすめのモデルです。

シルイ(SIRUI) 一脚 P326

シルイ(SIRUI) 一脚 P326

中国の新興メーカーであるシルイの一脚です。精度に優れた削り出し部品を多く採用することで、滑らかな操作性を実現している点に定評があります。

本製品はその精度に加え、携帯性を重視したモデル。縮長38cm、重量0.4kgと持ち運びに便利な点が魅力です。

パイプ径32mmのカーボン素材を採用したことで、耐荷重性に優れている点も見逃せません。抜群の携帯性を持つにも関わらず、最大搭載荷重は10kgまでと、高倍率ズームレンズ装着の一眼レフにも対応可能です。

さらに、方位磁石付きストラップや、腰のベルトに一脚を引っかけて持ち運ぶためのカラビナ付きベルトバックルなど、装備も充実。特にトレッキングなどに持っていくのに便利な一本です。

最大全高は154cm。一眼レフ対応かつ携帯性に優れた、登山に持ち歩く際に便利なモデルを探している方におすすめの一脚です。

シルイ(SIRUI) マルチファンクション一脚 P-224S

シルイ(SIRUI) マルチファンクション一脚 P-224S

シルイの簡易三脚式一脚。補助の三脚部が取り外しできるため、一脚としての使用や卓上ミニ三脚としての使用も可能なモデルです。

最大の特徴は、補助脚部にポールジョイント機構を採用している点。このジョイント機構により、カメラをしっかりと支えたまま、20°まで傾けての撮影が可能です。

さらに、グリップ部は360°回転するため、水平方向にパンさせながらの撮影が容易な点も大きな魅力。重量は1.4kgと重めではあるものの、耐荷重が8kgまでとなっているため、一眼レフにも余裕で対応できるのも嬉しいポイントです。

縮長は55cmで、最大全高は160cm。便利機能が多く備えられており、さまざまな状況に対応できるおすすめのモデルです。

レオフォト(Leofoto) 一脚 MP-326C

レオフォト(Leofoto) 一脚 MP-326C

台湾の新興メーカーであるレオフォトが手がけている一脚。レオフォトは2006年創業の比較的新しいブランドですが、高い品質を維持しながらもユーザー目線の大胆な小型化策を導入した製品で注目を集めています。

本製品は、ユーザーのニーズを突き詰めることで「携帯性」と「耐荷重性」という相反しがちなスペックを両立している点が特徴です。

縮長は43.7cm、重量は480gと比較的軽量・コンパクトな部類ですが、パイプ径32mmの10層カーボンファイバーチューブを採用することにより強度アップに成功しており、耐荷重20kgを実現しています。超高倍率ズームレンズを装着した一眼レフを搭載しても、安定して写真を撮影可能です。

最大全高は155.3cm。特に重いカメラを装着して安定した撮影をしたい方におすすめの一脚です。