ビデオカメラや一眼レフで最高の瞬間を収めたはずなのに、撮影後に確認したらボケやズレにがっかりすることがあります。この問題を解決するのに役立つのが「一脚」です。

ただし、一脚をどう使いこなせばいいかわからず、購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、一脚のおすすめモデルをご紹介。あわせて選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

一脚とは?

By: amazon.co.jp

一脚とは、カメラの撮影時に使用するサポートアイテム。伸縮可能なモノが多いのが特徴です。脚の先端(石突き)を地面に設置してカメラを支えながら撮影することで、縦方向から発生する手ブレを効率的に防ぎます。

スポーツや野鳥の撮影では大型の超望遠レンズを使用しますが、一脚があれば重心をレンズ側に移動できるのも特徴。撮影時にかかる重量を軽減できるので、長丁場の撮影でも体力を温存できます。

一脚と三脚の違い

一脚のメリット

手持ち撮影よりも安定した撮影が可能

By: amazon.co.jp

一脚を使う最大のメリットは安定性の強化です。光量の乏しい場所や焦点距離の長いレンズで撮影するとシャッター速度は遅くなります。その際、一脚があれば縦方向から発生する手ブレを抑えて、難しい条件下でも撮影の成功率を高めることが可能です。

撮影時の機動性が高いのもポイント。観光地やイベント会場では三脚を持って移動しながら撮影を行うのは困難ですが、携帯性に優れる一脚であれば移動しながら撮影ができます。

足元に広いスペースがなくても使える

By: amazon.co.jp

足元のスペースが限られた場所に置けるのも一脚のメリットです。3本の脚を広範囲に広げる必要のある三脚に比べると、省スペースで設置可能。脚1本を垂直に伸ばすだけで手軽に使用できるので、十分にスペースを確保できない運動会やイベント会場などの撮影でも重宝します。

観光地など三脚の使用を禁止している場所でも、一脚の使用は許可していることが多いのもポイント。ただし、有名な寺社仏閣などでは一脚の使用も禁止されている場合があるので、旅行で訪問する際はサイトなどで事前に確認しておきましょう。

軽くて携帯しやすい

By: amazon.co.jp

小型軽量で携帯性に優れているのも一脚のメリットです。3本の脚とセンターポールから構成される三脚と比較して、コンパクトなのが特徴。また、脚を折りたためば三脚よりもコンパクトに収納できるアイテムもあるので、カメラバッグや旅行カバンの中にも簡単に収納できます。

気軽に持ち運びながら、撮影にこだわりたい方におすすめです。

三脚よりもリーズナブル

手頃な価格で入手できるのも一脚のメリットです。造りのしっかりした三脚を購入する場合、アルミ製の安いモデルでも2万円前後の価格がかかります。しかし、一脚の場合は製造に使用する部品が少なく済むこともあり、三脚の価格と比べると安価で購入できるのが魅力。

三脚のように大型で高価な機材は腰が引けるけど、効果的に手ブレを抑えて撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

三脚のメリット

一脚よりもさらに高い安定性

By: amazon.co.jp

一脚と比較すると、格段に高い安定性でカメラ機材を固定できるのが三脚の最大のメリットです。3本の脚を広げて機材を設置するので、カメラから手を離した状態でも自立した状態で機材をしっかりと固定できます。

安定性に優れているため、風景や建築など構図に精密さを求める撮影にも重宝します。また、撮影時に風が吹いても揺れにくいので、機材の転倒防止にも効果的です。

長時間の露光・定点撮影がしやすい

特殊な撮影技法を使用する場合も三脚の方が有利。夜景や星空、花火などを鮮明に撮影する場合や、時間ごとに景色の移り変わりを記録する場合は撮影テクニックを要します。

ただし、これらの撮影技法を使用する場合はカメラ機材を決して動かせないのがポイント。一脚の場合は気を付けていてもブレてしまう場合がありますが、三脚があればしっかりと機材を固定できるので撮影の成功率を格段に高められます。

三脚についてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

一脚の選び方

自立式かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚にはミニ三脚を付属した「スタンド型」、一脚単体からなる「モノポッド型」の2種類があります。スタンド型の一脚は脚部の先端を広げて三脚のように自立できるのが特徴です。

自立式のスタンド型一脚は比較的安定性が高く、三脚が広げられないような狭いスペースでもより高い精度で撮影時の手ブレを抑えられます。足場が悪い場所での写真撮影におすすめです。

撮影シーンで選ぶ

By: amazon.co.jp

運動会や発表会などで一脚を使用したい場合は、脚の先端を展開できる自立式のスタンド型一脚がおすすめ。隣にいる保護者との間隔が狭い場所でも広げられるので、子供が活躍する瞬間の写真や動画をより高精細に撮影できます。

旅行や登山で一脚を使いたい場合は、脚部の段数が多い一脚がおすすめ。小さく折りたためるのでバッグへの収納ができ、長時間の移動でも快適に持ち運びが可能です。ロックの方式がナットタイプであれば、脚部のナットを回すだけで展開できるので、急なシャッターチャンスにもより迅速に対処できます。

スポーツや飛行機、野鳥などの撮影に一脚を使用したい場合は、カーボン製で太くがっしりとした一脚がおすすめ。大型の超望遠レンズもしっかりと支えられるので構図が安定し、長丁場の撮影でも疲労を抑えられます。

全長で選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚の脚部をすべて展開した状態の長さを「全長」と呼びますが、一脚を選ぶ際は基本的に自分の身長に合わせたモノを選ぶのがおすすめ。一脚の全長が顔の高さに近い位置まできていれば、撮影の際に腰をかがめずに撮影できるので、無理のない姿勢で利用できます。

屋内での発表会など座った状態で使用する場合は、自分の座高に合った全長の一脚があれば十分。利用シーンに応じた全長のモノを選びましょう。なお、一脚のなかには4mや7mの高さで、疑似空撮が手軽に楽しめるモノも発売されています。

携帯性で選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚をカバンに入れて携帯するなら、できるだけ小さくて軽い一脚を選ぶと負担になりません。最近では、伸縮させると折りたたみ傘程度のサイズになるモデルや、軽い素材を使ったモデルが多数発売されています。一脚の機能にあまりこだわりがなく、カメラの固定さえできればよいなら、携帯性を重視して選ぶのがおすすめです。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚を選ぶ際は素材も重要。主にアルミニウムとカーボンの2種類が採用されているので、予算や用途に応じて選びましょう。

アルミニウム製の一脚は価格が安く、入手しやすいので、はじめて一脚を購入する方にはおすすめです。ただし、カーボン製のモノと比較すると重量がやや重いため、持ち運び時の負担が増えます。

一方、カーボン製の一脚は丈夫さと軽さを両立しているのが特徴。移動が多い旅行や機動力が優先されるスポーツ撮影にも重宝します。ただし、価格がアルミニウム製の2倍近くするのが懸念点です。

雲台が付いているかどうかチェック

By: rakuten.co.jp

雲台の有無も一脚選びのポイントです。雲台とは、一脚の頭頂部にある台座とカメラを繋ぐための部品のこと。一脚単体でもカメラの搭載は可能ですが、雲台があればカメラの撮影アングルを自由に変更可能です。

一脚用の雲台で一般的なのが、水平・垂直・縦横の構図変更がスムーズに行える自由雲台。旅行やスポーツなど頻繁に構図を変えながら撮影するシーンにおすすめです。

なお、雲台付属の一脚を購入する際は雲台の耐荷重も重要。どんなに頑丈な作りの一脚でも雲台の耐荷重が搭載する機材の重量よりも軽いと落下などの危険があるので、十分に確認しておきましょう。

一脚のおすすめメーカー

ベルボン(Velbon)

By: rakuten.co.jp

ベルボンは、創業60年以上の歴史を有する日本の三脚専業メーカー。最高の瞬間を捉えるために欠かせない高品質なカメラアクセサリーを多数製造しています。使いやすさや携帯性を重視した一脚は、多くのカメラユーザーが愛用。誰もが好むシンプルなデザインとおしゃれなロゴも魅力です。

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

マンフロットは、イタリアの高品質な写真撮影用の機材メーカー。写真撮影用だけでなく、映画や演劇を撮影するプロ用のカメラ周辺機器の製造と販売も行っています。一脚においては安定感と携帯性に優れているため、プロフォトグラファーからも人気のあるメーカーです。

ジッツオ(GITZO)

By: amazon.co.jp

ジッツオは1917年にフランスで創業した老舗の高級三脚メーカーです。当初はケーブルレリーズやシャッターなどのカメラ用品を製造していましたが、1960年からは三脚や雲台の開発に専念。

一脚の分野ではカーボン製で軽量かつ耐久性に優れるモノを製造しており、品質の高さが世界50カ国以上のプロフォトグラファーから人気を集めるメーカーです。

一脚のおすすめ人気モデル

ベルボン(Velbon) 一脚 EXUP-43

初心者でも簡単に扱えるエントリーモデルの一脚です。重さ約360gと軽量なので持ち運びしやすいのが特徴。さらに、自由雲台を標準搭載しており、縦位置構図の撮影も手軽に楽しめます。

アルミ製の脚部は縮長50cmから全長150cmまで、4段階で伸縮可能。一眼カメラを雲台に搭載すれば目線に近い高さが得られます。レバータイプのロック方式を採用しており、一脚がはじめての方でもロック状態が一目で判別できるのもポイントです。

耐荷重は2kgで、エントリーモデルのカメラを使った撮影などにおすすめ。安価なのも魅力のひとつです。

ベルボン(Velbon) 一脚 RUP-L43Q

手頃な価格ながら優れた安定性を持つアルミ製一脚です。脚部の段数は4段で、下段の脚が細くなるのを抑えて強度アップを図った「RNパイプ」を採用しているのが特徴。重さ約510gのボディで軽量性と安定性を両立しています。

自由雲台を標準搭載。カメラの可動範囲を拡大できる設計が施されているので、撮影時の構図変更がスムーズに行えます。カメラへの着脱が簡単な「クイックシュー機構」を採用しているのもポイントです。

縮長54cmから全長165cmまで長さの調節が可能。耐荷重は2kgで、ミラーレスカメラと軽量ズームレンズを使用した撮影などにおすすめです。

ベルボン(Velbon) 一脚 ULTRA STICK SUPER 8

旅行にも持ち運びやすい高伸縮比を有する一脚です。6倍の伸縮比を持つ8段脚構造「ダイレクトコンタクトパイプ」を採用。全長156cmと十分な高さながら収納時は26cmまで縮小が可能なので、旅行バッグにも簡単に収納できます。

脚先端を握ってひねるだけで全段を一気に固定・解除ができる「ウルトラロック」構造を採用。セットアップがスピーディーにできるので、旅行先で遭遇する決定的瞬間にも迅速に対応できます。

重さは約347gで、アルミよりも軽量かつ丈夫なマグネシウムを部材に採用。耐荷重は3kgで本格的なミラーレスカメラとズームレンズを使った撮影などにも活躍します。

ベルボン(Velbon) カーボン一脚 ジオ ポッド V65

本格的なスポーツ撮影にも対応できるハイスペックなカーボン製5段一脚です。重さ約550gの軽量ボディながら耐荷重4kgと頑丈なのが特徴。望遠レンズを使用した、スポーツや鉄道の撮影などにおすすめです。

ロック方式は新型ナットを採用。約90°回すだけで快適に伸縮と固定が可能な「Vロック」と、パイプが空回りや供回りせず調節できる「空回り防止機構」を搭載しているので、一瞬の対応力が要求されるシーンでも活躍できます。

縮長45cmから全長156cmまで伸縮が可能。重量級の機材もしっかりと支えられる大型の蹄型石突を標準搭載しています。

ベルボン(Velbon) カーボン一脚 ジオ ポッド E76S

超望遠撮影でも活躍するプロ仕様のカーボン製6段一脚です。重さ約658gの軽量ボディながら耐荷重5kgまで可能。一眼レフと望遠レンズを安定して支えられるので、スポーツや野鳥、飛行機などの撮影にもおすすめです。

直径32mmの「極太カーボンファイバーパイプ」を採用。耐久性や関節部の強度を高めたレバー式の「エル・ロック機構」により、より手ブレを抑えた写真撮影が可能です。

新設計の蹄型石突が地面をしっかりキャッチするので流し撮りも安定した状態で行えるのがポイント。縮長42.5cmから全長154cmまで伸縮ができます。

ベルボン(Velbon) スタンド型一脚 ポールポッド EX フリュードヘッド

イベント会場でのビデオ撮影に重宝する自立型一脚です。軽量で丈夫な一脚と小型三脚を合わせた構造。狭い場所や周囲に人が多くて三脚が設置できない状況でも手軽に使用できます。

縮長71.8cmから全長187cmまで伸縮可能。人混みの後ろからでもハイアングル撮影が行えるので、運動会やスポーツ大会などにもおすすめです。動画撮影に欠かせない定速で滑らかに動かせる「オイルフリュード雲台」を採用しています。

重さ約848gで耐荷重1kgに対応しており、ビデオカメラやコンパクトカメラを使用した撮影が可能。一脚のポール部分を取り外せばミニ三脚としても使えます。

マンフロット(Manfrotto) COMPACT一脚 MMCOMPACT

初心者も使いやすい優れた軽量性を持つエントリーモデルの一脚です。赤がアクセントのボディは重さ約330gと軽いのが特徴。軽量ながら耐荷重1.5kgなので、カメラと小型ズームを使用した撮影などに適しています。

脚部の段数は5段で、縮長39cmから全長145.5cmまで長さの調節が可能。持ち手の部分には丸みを帯びたラバー製のハンドグリップを搭載しており、手が滑るのを予防します。

カメラ落下のリスクを減らすリストストラップが付属するのも魅力。安価なのではじめての一脚としてもおすすめです。

マンフロット(Manfrotto) Elementアルミ一脚 MMELEA5

旅行者のために設計された軽く安定性に優れた一脚です。自重がわずか500gながら耐荷重15kgと頑丈なのが特徴。小型軽量にもかかわらずフルサイズの一眼など重量のある機材もしっかりと支えられるので、旅行や登山での撮影にも重宝します。

脚部のロック方式はナット式の「ツイストロックシステム」を採用。ロックの固定と解除が片手でもしっかりと行えるので、一脚がはじめての方でもスピーディーなセットアップができます。

脚部の段数は5段で、縮長40.8cmから全長150cmまで伸縮が可能。人間工学に基づいた持ちやすいハンドルも魅力です。

マンフロット(Manfrotto) XPRO monopod+ カーボンファイバー 一脚 MPMXPROC4

軽量かつ耐久性に優れたカーボン製一脚です。脚部には中上級モデルの三脚にも搭載されているレバー式の「クイックパワーロックシステム」を採用。片手でも簡単に素早いセットアップが可能なので、移動中に見かけた野鳥などの被写体にも迅速に対応できます。

脚部の段数は4段で、縮長52cmから全長164.5cmまで伸縮が可能。目線近くから撮影するのに十分な高さが得られるので無理のない姿勢で使用できます。重さが約600gと軽いので、旅行で快適に持ち運べるのも魅力です。

耐荷重は7kgでフルサイズの一眼ユーザーにもおすすめ。別売のビデオベースを装着すれば自立式のビデオ一脚としても活用できます。

マンフロット(Manfrotto) XPRO ビデオ一脚 フルード雲台付 MVMXPRO500

本格的なビデオ撮影にも対応できる自立式の一脚です。頑丈なアルミ一脚にフルード機構を備えたプロ仕様のビデオ雲台とビデオベースが合体。ウェディング撮影など三脚の持ち込みが難しい現場でも高品質な動画撮影ができます。

ビデオベースは「FLUIDTECH機構」によってパン・ティルト・スイベルの操作が可能。さらに、パン操作だけを有効にさせるロック機構も搭載しているので、動く人物に視点を移動させながら撮影するシーンなどにも重宝します。

重さは約1.95kgで、耐荷重は5kg。脚部の段数は4段で、縮長78cmから全長203cmまで長さを調節できます。

ジッツオ(GITZO) カーボン一脚2型6段トラベラー GM2562T

旅行やアウトドアの撮影で使えるカーボン製一脚です。独自開発したカーボン素材「Carbon eXact」を採用しており、重さわずか405gの軽量ボディで耐荷重12kgを実現。耐久性と軽量性を両立しているので、長期の周遊旅行や登山などにもおすすめです。

脚部の段数は6段で、縮長36cmから全長142cmまで伸縮が可能。撮影時はカメラを搭載すれば目線に近い高さまで伸ばせるほか、収納時はバックパックや旅行用バッグへ簡単にしまえます。

高精度なナットロック機構「トラベラーGロック」を搭載。コンパクトながら優れた操作性なので、旅行先で遭遇する決定的瞬間にもスピーディーに対応できます。

ジッツオ(GITZO) カーボン一脚4型4段 GM4542

超望遠レンズを使用した動体撮影でも活躍するカーボン製一脚です。直径37mmの「Carbon eXactチューブ」を使用。重さ約680gの軽量ボディで耐荷重30kgまで可能なので、プロ用フルサイズの一眼レフと超望遠レンズによる野外スポーツ・飛行機・野鳥の撮影におすすめです。

脚部の段数は4段で、縮長58cmから全長159cmまで伸縮が可能。ロック方式は堅牢で気密性に優れたナットタイプの「Gロックウルトラ」を採用しており、砂や埃の侵入を防ぐので厳しい環境下でも撮影に集中できます。

脚の下端には50mmの大型ゴム石突を搭載。内部には滑らかな動きを可能にするボールを備えているので、流し撮りもスムーズに行えます。

ジッツオ(GITZO) カーボン一脚4型5段ロング GM4552L

ハイアングルからの撮影を可能にするプロ仕様のカーボン製一脚です。脚部の段数は5段で、縮長56cmから全長190cmまで伸縮できるのが特徴。ジッツオ一脚のなかで特に伸縮できるモデルなので、人混みやフェンス越しからスポーツや飛行機の撮影をする際などに重宝します。使用時には脚立と組み合わせるのがおすすめです。

直径37mmと太めの「Carbon eXactチューブ」を使用。重さ約730gの軽量ボディで耐荷重30kgをサポートするので、フルサイズの一眼レフと望遠レンズを使った撮影にも適しています。ロック方式に堅牢性と気密性に優れた「Gロックウルトラ」を、石突にボール内蔵の大型ゴムを搭載しているのもポイントです。

バンガード(VANGUARD) スタンド一脚 VEO 2S CM-264TR

旅行用としても重宝する軽量かつ高性能な自立式のカーボン製一脚です。一脚の先端に一体型の折りたたみ式三脚を搭載しているのが特徴。重さは約860gと、自立式一脚としては軽いので、旅行先で長時間移動する場合でも快適に持ち運びできます。

脚部の段数は4段で、縮長54.5cmから全長163cmまで伸縮が可能。先端の折りたたみ式三脚を広げれば、限られたスペースでも手ブレを抑えた鮮明な撮影が楽しめます。ナット式の「ツイストロック」によって脚部の長さ調節がスムーズにできるのも魅力です。

耐荷重は6kgなのでカメラとレンズのセットを使った撮影にもぴったり。スマホでの撮影に活用できるスマートフォンホルダーも付属します。

さらに、耐荷重は6kgと余裕があるのでフルサイズミラーレスを使った撮影にもおすすめ。スマホでの撮影に活用できるスマートフォンホルダーも付属します。

バンガード(VANGUARD) 自立式ビデオ一脚 VEO 2S AM-264TV

旅行先でも軽快に動画撮影が楽しめる自立式のビデオ一脚です。素材にアルミを使用しており、一体型三脚と雲台を合わせた重さは約1.35kg。耐荷重は6kgあるので、一眼カメラはもちろん、カムコーダーを使用した撮影にも適しています。

マグネシウム製の2way雲台が付属するのもポイント。長いハンドルを動かして360°回転しながら撮影ができます。スポッティングスコープを使った野鳥観察にもおすすめです。

脚部の段数は4段で、縮長64.5cmから全長171.5cmまで伸縮が可能。ロック方式にはナットタイプを採用しています。

ハクバ(HAKUBA) サポートスタンド付き一脚 WT-1006

手頃な価格で手ブレを防止できる初心者向けの一脚です。付属のサポートスタンドを足で踏めば、一脚を安定できるのが特徴。一脚の扱いに不慣れな方でも安定した状態で撮影に臨めます。

3way雲台を搭載しているのもポイント。クイックシュー式でカメラの取り付けが簡単にできるほか、水準器が搭載されているので風景や夜景の撮影で必須の水平取りが手軽に行えます。

脚部の段数は4段で、縮長63cmから全長180cmまで長さの調節ができるので、運動会などで人混みの上から狙う場合にもおすすめ。重さ約625gの軽量ボディで耐荷重は3kgなので、一眼レフと望遠ズームを使用した撮影などにも使用可能です。

レオフォト(Leofoto) カーボン一脚 MP-326C

コスパに優れたカーボン製一脚です。部材には軽量かつ安定性に優れた東レ社の10層カーボンファイバーを採用。低価格ながら12kgの耐荷重を可能にし、フルサイズの一眼レフなど重量級の機材もしっかりと支えられます。

脚部の段数は6段で、縮長41.5cmから全長155.5cmまで伸縮が可能。90°回すだけで各段のロックが解除できるナットロックシステムを搭載しているので、片手でもスピーディーなセットアップができます。

重さは約415gと軽いので、旅行や登山など移動の多い撮影にもおすすめ。携帯時に落下のリスクを抑えるリストストラップが付属します。

シルイ(SIRUI) マルチファンクションカーボン一脚 EP-224S

高度なビデオ撮影も楽しめるリーズナブルな自立型のカーボン製一脚です。軽量かつ頑丈な一脚とミニ三脚から構成。一脚には360°の水平回転が可能なパン機構を備えるほか、ミニ三脚には全方向20°まで傾けられる機構を搭載しているので録画中の視点移動が容易に行えます。

レバーロックによって脚の伸縮が素早くできるのもポイント。脚部の段数は4段で、合体時でも縮長61cmから全長152cmまで伸縮できるので、自立型一脚としてはコンパクトに持ち運べます。

重さ約1kgのボディで耐荷重8kgなので、フルサイズの一眼を使用したビデオ撮影にもおすすめ。分離すれば一脚とミニ三脚として別々に使用もできます。

ルミカ(LUMICA) 撮影用ロングロッド Bi Rod 6G-4500

高い視点からの撮影が楽しめるロングロッド型の一脚です。長さを1〜4.5mまで自由に調節できるのが特徴。有名観光地などドローンを飛ばすのが条件的に難しい場所でも使用できるので、いつもの視線とは異なった新鮮なアングルからの写真や動画が撮影できます。カメラとスマホをWi-Fiで連携して、手元でうつりを確認しながらの撮影が可能。

本体の素材にはグラスファイバーを使用しており、重さ約1.1kgとサイズの割には持ち運びがしやすいのもポイント。耐荷重は500gあるので、コンパクトカメラや小型のミラーレスでの撮影におすすめです。

ルミカ(LUMICA) 撮影用ロングロッド Bi Rod 6C-7500

上空撮影が楽しめるロングロッド型のカーボン一脚です。長さを1.6〜7.5mまで自在に伸縮できるのが特徴。ドローンを使用したような独特なアングルからの写真や動画が手軽に撮影できるので、一味違った映像表現に挑戦したい方へおすすめです。

本体の素材にはカーボンファイバーを採用しており、重さは約1.6kg。グラスファイバーよりも軽量かつ剛性に優れているので、長く伸ばした場合でも安定した強度で使えます。最長高度の7.5mまで伸ばした場合の耐荷重は300g。アクションカメラを使用した撮影に適しています。

一脚のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

一脚のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。