ビデオカメラや一眼レフで最高の瞬間を収めたはずなのに、撮影後に確認したらボケやズレにがっかりすることがあります。この問題を解決するのに役立つのが「一脚」です。

ただし、一脚をどう使いこなせばいいか分からず、購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、一脚のおすすめモデルをご紹介。あわせて選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

一脚のメリット・デメリット

一脚のメリット

ブレのないキレイな画像が撮れる

カメラを手に持って撮影する際に厄介なのが手ブレの問題。最近のカメラは手ブレ補正機能が非常に進化していますが、最高の瞬間をキレイに撮影するにはカメラを固定するのが一番です。一脚にカメラを取り付けて地面に脚を固定するとブレにくくなるため、安定した状態で撮影できます。

足元にスペースがなくても使える

By: amazon.co.jp

一脚の脚部は1本の棒だけの面積しかないため、人の多い場所などで足元にスペースがなくても使えるのが最大のメリット。運動会やパレードなどの人ごみでブレのない画像や動画を撮影するのに最適です。三脚を広げると周囲に迷惑になる場所でも、一脚なら体に密着させて使えるので邪魔になりません。

軽くて携帯しやすい

By: amazon.co.jp

一脚は脚が1本で軽いので、携帯しやすいのもメリット。野山を長時間歩いて野鳥を撮影したり、家族レジャーで子供の様子を動画に収めたりする場合に持ち歩いても負担になりません。最近では、軽量かつコンパクトなモデルが人気を集めています。

速やかに取り出してすぐに使える

By: amazon.co.jp

一脚はカメラをセットしておけばすぐに脚を地面に付けて撮影できるため、大切な瞬間を逃しにくいメリットもあります。カメラを一脚に固定したまま持ち運べば、カメラにスティックを付けた感覚で撮影できるので便利です。

三脚よりも安い

脚が1本しかない一脚は三脚よりも価格が安い傾向にあります。三脚が高くて手が出せない方でも、一脚なら購入しやすいのでおすすめ。簡易的なモデルから本格仕様のモデルまでラインナップされておりますが、数千円のモデルがメインなのも魅力です。

一脚と三脚どっちがいい?

一脚がおすすめの方

一脚は運動会やスポーツ観戦などの混み合う場所でも、できるだけキレイな写真を撮りたい方におすすめです。旅行や山登りなどでブレのない画像を思い出として残したい方も携帯性に優れた一脚を持っていくと重宝します。

また、カメラを使用する頻度がそれほどない方にも一脚がおすすめ。価格も安く扱い方も簡単なので、持っているともしものときに重宝します。

三脚がおすすめの方

三脚は手で支えなくても自立できるため、ビデオカメラを固定してモータースポーツなどの動きがある被写体を長時間撮影したい方におすすめ。花などの植物をマクロ撮影する場合にも、カメラをしっかり固定できる三脚を使うとキレイな写真が撮影できます。

そのほか、一脚に比べてサイズが大きく重量もあるので、車で撮影場所に行く方にもおすすめです。さらに、カメラの焦点をしっかり合わせる必要がある夜景の撮影にも向いているほか、ピントの合った美しい作品を撮影できます。

三脚についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

一脚の選び方

自立式かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚にはミニ三脚が付属した「スタンド型」、一脚単体からなる「モノポッド型」の2種類があります。スタンド型の一脚は脚部の先端を広げられるため、三脚のように自立できるのが特徴です。

自立式のスタンド型一脚は通常のモノポッド型と比較しても安定性が高く、三脚が広げられないような狭いスペースでもより高い精度で撮影時の手ブレを抑えられます。足場が悪い場所での写真撮影はもちろん、運動会や発表会などの動画撮影にもおすすめです。

撮影シーンで選ぶ

By: widetrade.jp

運動会や発表会などで一脚を使用したい場合は、脚の先端を展開できる自立式のスタンド型一脚がおすすめ。隣にいる保護者との間隔が狭い場所でも難なく広げられるので、子供が活躍する瞬間の写真や動画をより高精細に撮影できます。

旅行や登山で一脚を使いたい場合は、脚部の段数が多い一脚がおすすめ。小さく折りたためるのでバッグへの収納が簡単にでき、長時間の移動でも快適に持ち運びが可能です。ロック機構にナット式が採用されていれば、脚部のナットを回すだけで瞬時に展開できるので、急なシャッターチャンスにもより迅速に対処できます。

スポーツや飛行機、野鳥などの撮影に一脚を使用したい場合は、堅牢なカーボン製で太くがっしりとした一脚がおすすめ。大型の超望遠レンズもしっかりと支えられるので構図が安定し、長丁場の撮影でも疲労の軽減が可能です。自由雲台が付属していれば、多彩なアングルからの撮影もフレキシブルにこなせます。

全長で選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚の脚部をすべて展開した状態の長さを「全長」と呼びますが、一脚を選ぶ際は基本的に全長が自分の身長に適したモノを選ぶのがおすすめ。一脚の全長が顔の高さに近い位置まできていれば、撮影の際に腰をかがめずに撮影できるので、無理のない姿勢で利用できます。

ただし、屋内での発表会など座った状態で使用する場合は、自分の座高に合った全長の一脚があれば十分。利用シーンに応じた全長のモノを選びましょう。なお、一脚のなかには4mや7mの高さを持ち、擬似空撮が手軽に楽しめるモノも発売されています。

携帯性で選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚をカバンに入れて携帯するなら、できるだけ小さくて軽い一脚を選ぶと負担になりません。最近では、伸縮させると折りたたみ傘程度のサイズになるモデルや、軽い素材を使ったモデルが多数発売されています。一脚の機能にあまりこだわりがなく、カメラの固定さえできればよいなら、携帯性を重視して選ぶのがおすすめです。

価格で選ぶ

一脚を使う頻度がほとんどなく、とりあえず1つ持っておきたいのであれば、安いモデルでも十分満足できます。逆に、一脚に三脚に近い高機能を求めるなら、高価でも機能の充実したモデルを購入するのがおすすめです。一脚の価格だけを見て選ぶのではなく、自分のニーズに合った価格のモデルを選びましょう。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

一脚を選ぶ際は素材も重要。主にアルミニウムとカーボンの2種類が採用されていますが、予算や用途に応じて選びましょう。

アルミニウム製の一脚は価格が安く、入手しやすいのが特徴。ただし、カーボン製のモノと比較すると重量がやや重いため、持ち運び時の負担がやや増えます。しかし、コスパはカーボン製のモノよりも高いので、初めて一脚を購入する方にはおすすめです。

一方、カーボン製の一脚は丈夫さと軽さを両立しているのが特徴。アルミニウム製のモノと比較すると同型の一脚でもひと回りほど軽く、ハードな使い方をしても壊れにくいので、移動が多い旅行や機動力が優先されるスポーツ撮影にも重宝します。ただし、価格がアルミニウム製の2倍近くするのが難点です。

雲台が付いているかどうかチェック

By: amazon.co.jp

雲台の有無も一脚選びのポイントです。雲台とは、一脚の頭頂部にある台座とカメラを繋ぐための機材のこと。一脚単体でもカメラの搭載は可能ですが、雲台があればカメラの撮影アングルを自由に変更可能です。

一脚用の雲台で一般的なのが、水平・垂直・縦横の構図変更がスムーズに行える自由雲台。旅行やスポーツなど頻繁に構図を変えながら撮影するシーンにおすすめです。また、自立式の一脚には精密な構図作りができる風景撮影におすすめの3way雲台や、ビデオ撮影に重宝する2way雲台が付属するモデルもあります。

なお、雲台付属の一脚を購入する際は雲台の耐荷重も重要。どんなに頑丈な作りの一脚でも雲台の耐荷重が搭載する機材の重量よりも軽いと落下などの危険があるので、十分に確認しておきましょう。

一脚のおすすめメーカー

ベルボン(Velbon)

By: rakuten.co.jp

ベルボンは、創業60年以上の歴史を誇る日本の三脚専業メーカー。最高の瞬間を捉えるために欠かせない優秀なカメラアクセサリーを多数製造しています。使いやすさや携帯性を重視した一脚は、多くのカメラユーザーが愛用。誰もが好むシンプルなデザインとおしゃれなロゴも魅力です。

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

マンフロットは、イタリアの高品質な写真撮影用の機材メーカー。写真撮影用だけでなく、映画や演劇を撮影するプロ用のカメラ周辺機器の製造と販売も行っています。一脚においては安定感と携帯性に優れているため、プロカメラマンからも人気のあるメーカーです。

ジッツオ(GITZO)

By: amazon.co.jp

ジッツオは1917年にフランスで創業した老舗の高級三脚メーカーです。当初はケーブルレリーズやシャッターなどのカメラ用品を製造していましたが、1960年からは三脚や雲台の開発に専念。

一脚の分野ではカーボン製で軽量かつ堅牢なモノを製造していますが、類稀な品質の高さが世界50カ国以上のプロカメラマンに人気のあるメーカーです。

一脚のおすすめ人気モデル

ベルボン(Velbon) 一脚 EXUP-53

ベルボン(Velbon) 一脚 EXUP-53

手頃な価格で入手できるエントリーモデルのアルミニウム製の一脚です。脚部の段数は5段で伸縮比が高いのが特徴。縮長43cmから全長150cmまでの伸縮に対応できるので、小型ながらアイレベル(目の高さ)近くまでしっかり届きます。

重さ約360gの軽量ボディで耐荷重2kgまで対応。コンパクトカメラや小型のミラーレス一眼を使用した撮影におすすめです。

柔らかいタッチで握れることに加えて寒冷地でも役立つ発泡ゴムグリップと、携帯に便利なハンドストラップが付属。さらに、自由雲台も同梱するので多彩なアングルからの撮影がフレキシブルに楽しめます。

ベルボン(Velbon) 携帯用一脚 ULTRA STICK SUPER 8

ベルボン(Velbon) 携帯用一脚 ULTRA STICK SUPER 8

高い伸縮比と良好な操作性を誇るマグネシウム製の一脚です。特殊な断面形状を持つ「ダイレクトコンタクトパイプ」を採用することで伸縮比6倍を実現。脚部の段数は8段でアイレベルまで届く全長156cmを持ちながら収納時は26cmまで折りたためるので、旅行用の一脚としてもおすすめです。

重さは約347gと軽量にも関わらず耐荷重3kgを達成。小型レンズを装着したフルサイズミラーレスでの撮影にも適しています。

独自のロック方式「ウルトラロック」を採用。脚先端を握ってひねるだけで全段を一気に固定と解除ができるので、旅先で遭遇する急なシャッターチャンスにも迅速に対応できます。

ベルボン(Velbon) プロフェッショナル一脚 Geo Pod V86S

ベルボン(Velbon) プロフェッショナル一脚 Geo Pod V86S

優れた機動性を持ちながらも重量級機材も支えられるカーボン製のプロフェッショナル一脚です。36mm径から始まる超極太のカーボンパイプを使用。重さ725gのボディで耐荷重6kgを達成し、大型の超望遠レンズを装着したフルサイズ一眼レフもしっかりと支えられるので、モータースポーツ・飛行機・野鳥の撮影にもおすすめです。

脚部の段数は6段で全長156cmから縮長42.5cmまでの伸縮が可能。新ロックナットの「Vロック機構」を使って最小の力で精密な伸縮や固定ができるので、変化の激しい眼前の被写体に対しても臨機応変に対処できます。イベント会場での撮り歩きに役立つベルトポケットや、地面をしっかり捉えて一脚の安定性を高められる交換式の蹄型石突が付属するのも魅力です。

ベルボン(Velbon) スタンド型一脚 Pole Pod EX FLUID HEAD

ベルボン(Velbon) スタンド型一脚 Pole Pod EX FLUID HEAD

イベント会場での動画撮影にも重宝する自立式一脚です。軽量で丈夫な一脚と小型三脚を合体。周囲に人が多く設置面積が限られた場所でも自立が可能なので、安定した構図の撮影が楽しめます。

重さは約848gで耐荷重1kgに対応するので、コンパクトカメラやビデオカメラを使った撮影におすすめです。脚部の段数は2段で、縮長71.8cmから全長187cmまで伸ばせるので、人垣の後方からでもハイアングルでの撮影が狙えます。

動画撮影時に定速で滑らかな視点移動ができるオイルフリュード雲台が付属するのも魅力。また、ミニ三脚から一脚を分離すれば、テーブル三脚としても使えます。

マンフロット(Manfrotto) COMPACT一脚 MMCOMPACT

マンフロット(Manfrotto) COMPACT一脚 MMCOMPACT

おしゃれなデザインと優れたコスパが魅力のコンパクト一脚です。素材にアルミニウムとテクノポリマーを採用。重さはマンフロット一脚のなかでは最軽量となる約330gしかないので、散歩や旅行で気軽に持ち歩けます。

耐荷重は1.5kgあるので、コンパクトカメラや小型レンズを装着したミラーレス一眼での撮影におすすめ。脚部の段数は5段で、縮長39cmから全長145.5cmまで伸縮できます。

機能性の高いデザインもポイント。丸みを帯びて握りやすいラバーグリップと落下防止に役立つリストストラップを搭載しています。価格も安いので初めての一脚としてもおすすめです。

マンフロット(Manfrotto) COMPACT Xtremeマルチポール MPCOMPACT

マンフロット(Manfrotto) COMPACT Xtremeマルチポール MPCOMPACT

2種類のスタイルで活用できるアルミニウム一脚です。普段は長めの自撮り棒として使用しますが、グリップ元のゴム石突を外して先端に搭載された自由雲台を取り付ければ、写真撮影用の一脚としても使用できます。

重さは約280gで耐荷重1kgまで対応できるので、コンパクトカメラやアクションカメラを使った撮影におすすめ。自由雲台にはGoProアダプターが搭載されているので、GoPro本体を直接取り付けられます。

脚部の段数は4段で、縮長41cmから全長131cmまで伸縮が可能。Instagramのストーリー機能を使って、旅行先の感動をフォロワーと共有したいときなどに重宝します。

マンフロット(Manfrotto) Elementアルミ一脚 MMELEA5

マンフロット(Manfrotto) Elementアルミ一脚 MMELEA5

トレッカーのために設計された軽量で安定性の高いアルミニウム製の一脚です。重さ約500gのライトボディで耐荷重15kgまで対応できるのが特徴。大口径ズームを装着したフルサイズミラーレスもしっかりと支えられます。

脚部の段数は5段で、縮長41.5cmから全長150cmまでの伸縮が可能。コンパクトに折りたためるので、移動時の持ち運びが簡単にできます。

脚部のナットをひねるだけで伸縮や固定がスピーディーに行える「ツイストロックシステム」も採用。急に訪れる決定的瞬間にも即座に対処できるので、旅行や登山で使用する一脚としてもおすすめです。

マンフロット(Manfrotto) XPRO monopod+ カーボンファイバー一脚4段 MPMXPROC4

マンフロット(Manfrotto) XPRO monopod+ カーボンファイバー一脚4段 MPMXPROC4

旅行に重宝する軽量で丈夫なカーボン製の一脚です。重さ約600gの軽量ボディで耐荷重7kgを実現。大口径ズームを装着したフルサイズミラーレスにも対応しており、素材にはカーボンを使っているので寒冷地でも安全に使用できます。

脚部の段数は4段で、縮長52cmから全長164.5cmまでの伸縮が可能。レバーロックの操作が片手だけで簡単にこなせる「クイックパワーロック」を採用しているので、瞬間を逃さないスピーディーなセットアップができます。

優れた拡張性もポイント。石突は交換が可能ですが、別売のビデオ一脚ベースを装着すれば自立式のビデオ一脚としても活用できます。

マンフロット(Manfrotto) XPRO フルードビデオ一脚アルミニウム5段 MVMXPROA5

マンフロット(Manfrotto) XPRO フルードビデオ一脚アルミニウム5段 MVMXPROA5

携帯性に優れたアルミニウム製のビデオフルード一脚です。ビデオ一脚ベースと一体になっているのが特徴で、動画用一脚としては軽い重量約1.06kgで耐荷重6kgをカバー。ミラーレス一眼や一眼レフを使用した動画撮影におすすめです。

脚部の段数は5段で、縮長52.5cmから全長153cmまでの伸縮が可能。「クイックパワーロック」を採用しており、セットアップが迅速に行えるので、場所を転々と変えながら行う撮影に重宝します。

全方向にスムーズな動作ができる「FLUIDTECH機構」採用の一脚ベースも特徴。パン・ティルト・スイベルなどの操作が快適に行えることに加えて、パン操作だけを有効にさせるロック機構も搭載されています。

ジッツオ(GITZO) カーボン一脚2型6段トラベラー GM2562T

ジッツオ(GITZO) カーボン一脚2型6段トラベラー GM2562T

旅行で活躍するカーボン製の高級一脚です。軽量かつ剛性に優れた「Carbon eXact」を脚部の素材に採用することで、重さ約405gの軽量ボディで耐荷重12kgを実現。大口径ズームを装着したフルサイズミラーレスでも難なく対応できます。

脚部の段数は6段で、縮長36cmから全長142cmまでの伸縮が可能。バッグへの収納が簡単にできるので、移動の多いアウトドアフォトグラファーにおすすめです。また、コンパクトで操作性に優れたナットロックの「トラベラーGロック」を採用しているのもポイントです。

安定性に優れた新設計の石突を搭載。摩耗した場合は簡単に交換できるので、一脚を長期間に渡って使い続けられます。

ジッツオ(GITZO) カーボン一脚4型3段 GM4532

ジッツオ(GITZO) カーボン一脚4型3段 GM4532

最高クラスの剛性と耐久性を誇るカーボン製の高級一脚です。37mm径から始まる極太の「Carbon eXactチューブ」を使用することで、重さ約670gの軽量ボディで耐荷重30kgを実現。大口径望遠レンズを装着したプロ用フルサイズ一眼レフを載せた際もがっちり安定します。

脚部の段数は3段で、縮長66cmから全長163cmまでの伸縮が可能。独自のナットロックシステム「Gロックウルトラ」は高い密閉性で内部への砂や埃の侵入を低減するので、砂塵が舞うハードな環境でも不具合なく使用できます。

大型石突の内部にボールを搭載しているのも特徴。超望遠レンズを装着した状態でも動いている被写体が追いやすく、流し撮りも快適に行えます。モータースポーツ・野鳥・飛行機などの撮影にもおすすめです。

レオフォト(Leofoto) カーボン一脚 MP-326C

レオフォト(Leofoto) カーボン一脚 MP-326C

優れたコスパが魅力のカーボン製の一脚です。東レの10層カーボンファイバーを素材に採用しており、重さ約415gの軽量ボディで耐荷重12kgをカバー。フルサイズミラーレスにも難なく対応しながら、アルミ一脚並みの安い価格で購入できるのが魅力です。

脚部の段数は6段で、縮長41.5cmから全長155.5cmまでの伸縮が可能。脚部のナットロックは90°回転させるだけで簡単に解除でき、片手で一気にセットアップできるので、急に訪れたシャッターチャンスにも迅速に対応できます。

石突は取り外しに対応。ぬかるみのある場所では別売のスパイクに付け替えるなど、地形に合わせてカスタマイズができます。

シルイ(SIRUI) マルチファンクションカーボン一脚 EP-224S

シルイ(SIRUI) マルチファンクションカーボン一脚 EP-224S

動画撮影に重宝するコスパ良好のカーボン製自立式一脚です。他社のアルミ一脚と同価格帯ながら素材にカーボンを採用。ビデオ一脚としては軽量な約1kgのボディで耐荷重8kgを達成しており、ミラーレス一眼を使用した動画撮影におすすめです。

脚部の段数は4段で、縮長61cmから全長160cmまでの伸縮が可能。耐久性に優れたマグネシウム合金製のレバーロックを搭載しており、脚の伸縮が片手で素早く行えます。

一脚本体は前後左右に20°まで傾けられるほか、360°の水平回転もできるのでパン操作が簡単に可能。また、一脚ベースは一脚本体から分離もでき、モノポッド型一脚とテーブル三脚として別々に活用もできます。

ルミカ(LUMICA) 撮影用ロングロッド Bi Rod 6G-4500

ルミカ(LUMICA) 撮影用ロングロッド Bi Rod 6G-4500

ハイパーアングル撮影が手軽に楽しめるグラスファイバー製の多目的ロングロッドです。脚部の段数は6段で、一脚の長さを1〜4.5mまで自由に伸縮できるのが特徴。人間の視点を遥かに超えた上空から狙えるので、新鮮なアングルの写真や動画が撮影できます。

本体の重さは約1.1kgと軽く、持ち運びが簡単にできるので旅行にもおすすめ。耐荷重は500gなので、コンパクトカメラやビデオカメラを使った撮影で使用できます。

自由雲台が付属するので横位置構図や縦位置構図の切り替えがスムーズに可能。また、撮影時はWi-Fi内蔵のカメラとスマホを使用することで撮影画像のモニタリングもできます。

ルミカ(LUMICA) 撮影用ロングロッド Bi Rod 6C-7500

ルミカ(LUMICA) 撮影用ロングロッド Bi Rod 6C-7500

擬似空撮にも挑戦できるフルカーボン製の多目的ロングロッドです。グラスファイバー製のモノと比べて軽量性・安定性・剛性が向上しているのが特徴。プロクリエイターのより高度な撮影ニーズにも柔軟に応えてくれます。

脚部の段数は6段で、長さ1.6〜7.5mまで伸縮が可能。観光地などドローンの使用許可を得るのが困難な場所でも使えるので、鳥の視点から風景を切り取った擬似空撮が手軽に楽しめます。

重さは約1.6kgなので携帯性も良好。耐荷重は300gなので、主にアクションカメラを使った撮影に使用できます。他人とは違ったアングルからの写真や動画を撮りたい方におすすめです。