カメラ撮影であると便利なのが「三脚」。手ブレはもちろん、被写体とじっくり向き合いたい時には必須のアイテムです。

最近はカメラジャンルが細分化しており、三脚も多様化。大きな一眼レフと望遠レンズを組み合わせて撮影するのか、軽量なミラーレスを使った撮影で持ち運びを優先したいのかで、選ぶべき三脚も異なってきます。そこで今回は、三脚のおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

三脚の選び方

耐荷重をチェック

耐荷重とは三脚が支えられる機材重量の上限のこと。三脚は各メーカーによって基準がバラバラなので、事前に三脚で使用するカメラとレンズの重量を測った上で、耐荷重にはある程度余裕のあるモノを選びましょう。

また、方向を変えたり固定したりする際に重要な雲台(うんだい)も耐荷重が設定されています。なかには三脚よりも耐荷重が小さい雲台もあるので注意しましょう。耐荷重は雲台の数値に引っ張られるので、耐荷重の大きい三脚でも小さい雲台を装着すると、三脚全体の耐荷重は落ちてしまいます。

目安としては、三脚本体と雲台両方の耐荷重が、三脚で使用するカメラとレンズの合計重量の2倍以上になっているモノを選ぶのがおすすめです。

素材をチェック

アルミ

By: amazon.co.jp

アルミ素材の三脚は比較的価格が安く、カメラ初心者でも総じて気兼ねなく手が出せるのが特徴。一方で、やや重さがあるため、登山や旅行などで荷物の重量を少しでも抑えたい方にとってはストレスになることがあります。そのため、価格重視の方や初めて三脚を購入する方におすすめです。

カーボン

By: amazon.co.jp

カーボン素材は軽量で、持ち運びに便利なのが魅力。また、壊れにくく丈夫なので、タフなシーンでも安心して使えるのが特徴です。

強度や安定性ではカーボンの方が優れていますが、アルミと比べると高価な傾向にあります。三脚の使用頻度が高い方や長く三脚を使い続けていこうと考えている方はカーボン素材の三脚をチョイスしましょう。

脚の長さをチェック

三脚を選ぶ際にはスペック表記を覚えておくと、使用時のイメージがしやすいので確認しておきましょう。重要なのは全高・縮長・最低高の3つです。

「全高」は全伸高や最高全高とも呼ばれ、三脚をフルで伸ばした際の長さを指します。「縮長」は三脚を持ち運びする際の長さのことで、閉脚や折りたたんだ状態のこと。「最低高」とは三脚をセットした状態でもっともカメラが低位置にある高さのことを意味しています。

三脚の最大の高さを確認したい場合は全高、収納時の長さを把握したい場合は縮長、ローポジションの限界を知りたい場合は最低高をチェックしてください。

パイプ径をチェック

By: amazon.co.jp

三脚は製品によって脚の太さが異なり、パイプ径が32〜39mmあたりを大型、26〜30mmあたりを中型、それ以下の細い脚を小型と区別することができます。

所有しているカメラに合う適切な三脚のサイズは、カメラの本体サイズと装着するレンズによって異なります。ハイエンドモデルの一眼レフやフルサイズ機のミラーレスで、大きく重たい超望遠レンズを装着するのであれば大型の三脚がおすすめ。カメラ本体がミドルクラスで、標準〜望遠レンズなどを装着する場合は中型が目安となります。

なお、小型の三脚は別名「トラベル三脚」とも呼ばれることが多く、エントリーモデルの一眼レフやミラーレスで、標準レンズを含む、広角や単焦点レンズなどを装着する際におすすめです。

段数をチェック

三脚の脚は内部が筒状の構造で3本または4本の棒が収納されており、棒の数が3本なのが3段、4本なのが4段となります。それぞれ一長一短があるので、優先する事柄に応じて選ぶのがおすすめです。

3段の三脚は安定性が高いのが特徴。脚部を全開に伸ばした状態でも一番下の脚が4段の三脚と比べて太いので、機材をしっかりと支えられます。一方、収納性はあまりよくないため、持ち運びの際は注意しておきましょう。

4段の三脚はよりコンパクトに収納できるので移動時の持ち運びが容易。一方、一番下の脚が3段の三脚に比べて細いので、安定性ではやや劣ります。使用する際は足場もしっかりとチェックしておきましょう。

脚部のロック方式をチェック

ナットロック方式

By: amazon.co.jp

ナットロック方式はその名の通り、ナットを回すことでロックを開閉する機構。ナット部分は円形でかさばらないので携帯性に優れており、コンパクトに折りたためるのも特徴です。一方で、その都度ナットを回す手間があるのでセットアップに時間がかかるほか、目視でロックが確認できないという難点もあります。

レバーロック方式

By: slik.co.jp

レバーロック方式はレバーによってロック状態を操作する機構。レバーを倒すだけですぐにロックができ、ロック状態も目視で確認が可能。ただし、レバーがかさばるのがデメリット。携帯性を重視している方はナットロック方式がおすすめです。

雲台をチェック

2WAY雲台

By: amazon.co.jp

2WAY雲台は別名「ビデオ雲台」とも呼ばれることがありますが、雲台に搭載したカメラを水平と垂直の2軸方向に動かせるのが特徴です。

撮影操作としては、カメラを水平方向に動かしながら撮影する「パン」やカメラを垂直方向に動かしながら撮影する「チルト」に対応しやすいのがポイント。主にパノラマ写真や動画の撮影をしたい方におすすめです。

また、超望遠レンズなど重量級のレンズを使用する際も使い勝手は良好。撮影において迅速な構図作りが求められる撮影に便利なタイプです。

3WAY雲台

By: amazon.co.jp

3WAY雲台は水平・垂直の2方向に加えて、カメラを横位置から縦位置へも動かせるのが特徴。カメラ位置の微細な調整が可能なので、2WAY雲台よりも汎用性が高いのが魅力です。

撮影するのはカメラを通常の横の状態(横位置)だけでなく、縦に構えた状態(縦位置)でも瞬時に対応できるのもポイント。三脚でしっかり手ブレを抑えて撮影したい方におすすめのタイプです。

自由雲台

By: amazon.co.jp

自由雲台は別名「ボール雲台」とも呼ばれることがありますが、水平・垂直・縦横すべてをひとつのダイヤルで操作できるのが特徴です。

ダイヤルを緩めると雲台内部にある球状の調整機構が自由に動かせるので、即座かつフレキシブルにカメラの位置と構図を調整することが可能。頻繁にカメラ位置を変えて、さまざまなアングルから写真を撮りたい方におすすめのタイプです。

機能をチェック

水準器

By: amazon.co.jp

風景や建築物の撮影では水平を保つのが重要。少しでも傾いていると構図が崩れ、不恰好な写真に仕上がってしまいます。三脚の雲台に水準器が搭載されている場合は正確に水平が取れるので、これらの撮影で要求される厳密な構図作りに重宝します。

最近のデジタル一眼カメラには簡易的な水準器を内蔵している機種もありますが、より厳密な水平取りには雲台に搭載されたものを使用するのがおすすめです。

オイルフリュード

By: amazon.co.jp

オイルフリュードとは別名オイルフルードと呼ばれることもありますが、雲台の摺動部にオイルの粘りを利用した機構のこと。カメラの位置をスムーズに動かせるので、パンやチルトなどの操作もしっかり対応できます。主に2WAY雲台に採用されているので、ぜひチェックしておきましょう。

クイックシュー

By: amazon.co.jp

カメラと雲台の取り付け方法には主にねじ込み式とクイックシュー式の2種類があります。安価な三脚はほとんどがねじ込み式を採用していますが、カメラを取り付ける度にネジを回さなければならず、時間がかかってしまうのが難点です。

一方、クイックシュー式は、あらかじめカメラの底部に接続用のプレートを装着しておけば、三脚への取り付けがレバーひとつで可能。三脚への脱着が迅速かつ簡単に行え、すぐに三脚を使いたい場合でも即座に撮影へ移行できます。三脚を頻繁に使う場合はクイックシュー機構に対応したモデルが便利です。

エレベーター

By: slik.co.jp

雲台の下にはセンターポールと呼ばれる支柱がありますが、エレベーター機構を搭載した三脚では、側面のハンドルを回すことでセンターポールを上方向へ伸ばせます。脚部を最大まで伸ばした状態よりもさらに高い位置を確保できるのが特徴です。

しかし、センターポールを伸ばすほど三脚の安定性は下がります。エレベーター機構は普段はどうしても高さが足りない場合のみに使用するのがおすすめです。

三脚のおすすめメーカー

スリック(SLIK)

By: slik.co.jp

長年三脚をリリースしている国内メーカー。現在は写真用品を取り扱うケンコー・トキナーの子会社という立ち位置ですが、ブランドは継続しており、世界各国にユーザーがいます。

取り扱っている三脚にはミニ三脚からプロ仕様の大型三脚まで幅広いラインナップがあり、アクセサリーなども充実。三脚の使い方セミナーが開催されるなどサポートも手厚いので、初心者でも気軽に三脚を導入できる環境が整っています。

ベルボン(Velbon)

By: amazon.co.jp

1955年に写真用三脚輸出専業としてスタートした国産メーカー。収納時に脚を180°回転させることで大幅にコンパクト化できる「ウルトレック」などが好評で、高性能な三脚を多数リリースしています。

ラインナップも豊富で自分の撮影目的や用途に合わせて最適な三脚を選べるのもポイント。海外にも愛用者のいるブランドです。

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

イタリア発の高性能三脚メーカー。創業は1972年で、カメラ記者のリノ・マンフロット氏が当時使いにくかったスタジオ機材を改良したことが始まり。軽量で高性能な三脚シリーズは高いデザイン性も相まって、世界各国の写真家やジャーナリストから高く評価されています。

水平から垂直へ簡単に移行できるセンターポールシステムや業界初の3WAYギア付き雲台などの独自機構を搭載した三脚を開発。スマホ用のミニ三脚からプロ仕様の大型カーボン三脚、さらにはビデオ用のLED照明まで、撮影サポート機材を幅広く取り扱っています。

ジッツオ(Gitzo)

By: amazon.co.jp

フランス発の三脚メーカー。ケーブルレリーズなどのカメラアクセサリーを開発していたアルセーヌ・ジッツォーヴェン氏によって1917年に創業され、三脚は第二次世界大戦後に製造を開始。現在では主流となったカーボン三脚やマグネシウム雲台、トラベラー三脚を作った元祖としても知られています。

機能性に優れた三脚を多く展開。世界中のプロフェッショナルから支持されています。高価格帯のモデルが主ですが、妥協したくない方におすすめのメーカーです。

三脚のおすすめモデル

スリック(SLIK) ザ プロフェッショナル NS

スリック(SLIK) ザ プロフェッショナル NS

パイプ径が36mmと太脚のアルミ製3段三脚。カメラの高さを調節するエレベーター部分はクランクを回した場合のみ上下するウォームギア式となっており、重量級の機材をしっかりと支えることができます。

高精度な同社3WAY雲台「SH-909」が付属しているのもポイント。全高は最大2m、縮長は900mm、重さは6210gなので、幅広いシーンで使えます。

ジッツオ(GITZO) システマティック三脚 4型 3段ロング GT4533LS

ジッツオ(GITZO) システマティック三脚 4型 3段ロング GT4533LS

用途に応じてセンターポールやポールヘッドのビデオ雲台を組み合わせることができる、カーボン仕様の大型三脚。パイプ径は37mmと太く、重量級の機材を安心して設置できます。

全高は1560mm、縮長は690mm、重さは2310g。価格は10万円を超える代物ですが、耐久性は高く、長く使い続けられるので、満足度の高い三脚を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

マンフロット(Manfrotto) 057カーボン三脚 4段 MT057C4

マンフロット(Manfrotto) 057カーボン三脚 4段 MT057C4

カーボン製で4段仕様の三脚。パイプ径は39.2mmと極太で、安定性が高いのが特徴です。脚のロックはメーカー独自のレバーロック式を採用。全高は最大2m、縮長は665mmです。

本体の重さは3500gと軽量なので、複数三脚を持って行きたい時にも便利。信頼度の高いロングセラーモデルの三脚を求めている方におすすめです。

ベルボン(Velbon) プロフェッショナル・ジオ V840BWセット

ベルボン(Velbon) プロフェッショナル・ジオ V840BWセット

超望遠のレンズをセットしたデジタル一眼カメラにも対応できるカーボン製の三脚。カウンターバランス機構を搭載した大型のビデオ雲台とのセット製品で、パイプ径は36mmと太めです。

全高は1660mmながら脚は4段式になっており、縮長は665mmとコンパクト。重さは5110gと持ち運びもストレスにならないレベルです。持ち運びに便利な大型三脚を探している方は検討してみてください。

ジッツオ(GITZO) マウンテニア 3型4段 ロング GT3542L

ジッツオ(GITZO) マウンテニア 3型4段 ロング GT3542L

高性能なカーボン製三脚。パイプ径ごとにファイバー組成を最適化した「Carbon eXact」を採用しているのが特徴です。

従来品よりも小さな脚をより強靭に、径の太い脚は軽くなっているのもポイント。パイプ径は32.9mm、全高は最大1780mm、縮長は590mm。重さは1950gと軽めです。重さ重視で三脚を探している方におすすめです。

スリック(SLIK) カーボンマスター924 PRO N

スリック(SLIK) カーボンマスター924 PRO N

パイプ径32mmで、デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラなどのフルサイズ機も安心して使える大型三脚。耐久性のあるカーボン製の脚は4段仕様で、縮長は554mmと短く、持ち運びに便利です。

全高は最大1790mmと十分で、重さは2340gと軽め。汎用性が高いので、頻繁に三脚を使う方におすすめのモデルです。

ベルボン(Velbon) ジオ・カルマーニュ N740セット

ベルボン(Velbon) ジオ・カルマーニュ N740セット

耐久性の高いおすすめの三脚。パイプ径32mmのカーボン製4段仕様で、ハードな撮影シーンでも安心して使えるのが特徴です。

全高は最大1890mm、縮長は698mm、重さは3410g。軽量なマグネシウム合金を採用した大型3WAY雲台とのセットにより、大型の機材もしっかりと支えることができるのもポイントです。

ハスキー(HUSKY) #1003 3段 ヘッド一体型

ハスキー(HUSKY) ♯1003 3段 ヘッド一体型

強度が高いジュラルミン素材を採用した三脚。エレベーター機構を備えており、現在の三脚の原型となったハスキー三脚の標準モデルです。

脚のパイプ径は31.8mmで、全高は最大1930mm、縮長は770mm。重さは3700gと持ち運びする際はストレスにならないレベルです。固定式の3WAY雲台はズレにくく、カメラをしっかりと固定して使えるのもポイント。トータルバランスに優れたおすすめのアイテムです。

スリック(SLIK) ザ プロフェッショナル4 NS

スリック(SLIK) ザ プロフェッショナル4 NS

アルミ製三脚「ザ プロフェッショナルNシリーズ」のロングモデル。全高2390mmとエレベーターを下げた状態でも2mを超え、高い位置からの撮影が可能です。

脚のパイプ径は36mm。4段仕様で縮長は935mm、重さは5100gです。「とにかく大きい三脚を使ってハイアングルから撮影したい」という方はぜひチェックしておきましょう。

スリック(SLIK) ライトカーボン E83 FA

スリック(SLIK) ライトカーボン E83 FA

シャープなデザインが特徴的な中型カーボン製三脚。パイプ径は28mmと十分な太さで耐久性に優れています。

脚は3段仕様で、全高は最大1795mm、縮長は690mm。重さは1775g。汎用性が高いものの、価格は5万円以下と比較的お得なので、コスパ重視で三脚を選びたい方におすすめのモデルです。

ベルボン(Velbon) ジオ・カルマーニュ N535M Ⅱ

ベルボン(Velbon) ジオ・カルマーニュ N535M Ⅱ

パイプ径が25mm、全高は最大1810mm、縮長は651mm、重さは1890gのカーボン製中型三脚。最低高が277mmと三脚としてはローポジションに対応できるのが特徴です。

クイックシュー機構を備えた大きめの3WAYが付属しているのもポイント。ハイアングル撮影はもちろん、ローアングルにもスムーズに対応できる使い勝手のよい三脚を探している方におすすめです。

マンフロット(Manfrotto) 055プロカーボンファイバー三脚 4段

マンフロット(Manfrotto) 055プロカーボンファイバー三脚 4段

メーカー独自のレバーロック式を採用することで、素早く伸縮できるのが特徴。センターポールは横へ90°倒すことができるので、最低高は90mmとかなりローアングルからの撮影も可能です。

パイプ径は29mm、全高は最大1700mm、縮長は540mm。重さは2100g。汎用性の高い三脚を探している方はぜひチェックしておきましょう。

ジッツオ(GITZO) マウンテニア三脚 2型 4段 GT2542

ジッツオ(GITZO) マウンテニア三脚 2型 4段 GT2542

進化したカーボン素材「Carbon eXact」を採用した三脚。細い脚はより耐久性がアップし、太い脚はより軽量化されているのが特徴です。

パイプ径は29mm、全高は最大1670mm、縮長は560mm、重さは1680gと持ち運びにも便利。脚のナット式ロックや開脚機構も使いやすく、万能な三脚です。

シルイ(SIRUI) N-2204X+K20X SET

シルイ(SIRUI) N-2204X+K20X SET

耐久性の高い中型タイプの三脚。3本の脚のうち1本は着脱が可能なので、それを活用すれば一脚としても使うことができます。

パイプ径は25mmで、全高は最大1720mm、縮長は640mm、重さは1900g。収納する際はコンパクトにまとめられるほか、しっかりとした自由雲台が付属しているのも魅力です。

バンガード(VANGUARD) ALTA PRO 2+263AP

バンガード(VANGUARD) ALTA PRO 2+263AP

パイプ径26mmで、アルミ製の3段仕様の三脚。脚のロック機構は35°回転させると縮む独自のモノで、素早く伸縮させることができます。

3WAY雲台が付属しているのもポイント。全高は最大1753mm、縮長は724mm、重さは2500gです。比較的リーズナブルな価格帯なので、コスパ重視で三脚を選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

ベルボン(Velbon) シャルパ635 Ⅲ

ベルボン(Velbon) シャルパ635 Ⅲ

素早く伸縮できるレバーロック仕様の三脚。アルミ製の3段仕様で、クイックシュー機構付きの雲台がセットになっているのが特徴です。

パイプ径は29mm、全高は最大1790mm、縮長は670mm、重さは2420g。最低高は295mmとローポジションの撮影も可能です。価格は1万円台と安価なのも魅力。お手頃価格の三脚を探している方におすすめです。

マンフロット(Manfrotto) 055プロアルミニウム三脚 3段 +RC付き3Way雲台キット

マンフロット(Manfrotto) 055プロアルミニウム三脚 3段 +RC付き3Way雲台キット

3WAY雲台がセットになったアルミ製3段仕様の三脚。脚のロック機構はレバー式で、開脚角度が大きいのが特徴です。

センターポールは引き出して横へ90°倒すことが可能。パイプ径は30mm、全高は最大1830mm、縮長は740mm、重さは3500gなので、どっしり構えて撮影がしたい方におすすめの三脚です。

マンフロット(Manfrotto) Befree アドバンス MKBFRTC4-BH

マンフロット(Manfrotto) Befree アドバンス MKBFRTC4-BH

カーボン製のトラベル三脚。脚部には「M ロックシステム(ツイストロック式)」を、雲台にはフリクション調整とパンロックノブを採用しており、機能性が高いのが特徴です。

パイプ径は21.7mm、全高は最大1500mm、縮長は410mm、重さは1250g。スリムな形状ながら耐荷重は8kgと、重量級の機材に対応できるのも魅力です。

スリック(SLIK) エアリーカーボン644LED

スリック(SLIK) エアリーカーボン644LED

パイプ径22mmのカーボン製4段仕様の三脚。全高は最大1795mm、縮長は475mm、重さは1210g、さらに収納時は85mm径とコンパクトに収まるのが特徴です。

自由雲台がセットになっているほか、エレベーターの下部にはLEDライトが搭載されているのもポイント。持ち運びに便利なので、三脚を使う際でもフットワーク重視で撮影したい方におすすめです。

ベルボン(Velbon) UTC-63

ベルボン(Velbon) UTC-63

メーカー独自のウルトラロック機構と脚の反転収納により、コンパクトにまとまるカーボン製の三脚。クイックシュー対応の自由雲台が付属しているのが特徴です。

パイプ径は30mmと小型の三脚としてはかなり太めですが、これは本製品が5段仕様のため。全高は最大1550mm、縮長は340mm、重さは1520gと、携帯性に優れているモデルです。

バンガード(VANGUARD) VEO2 235CB

バンガード(VANGUARD) VEO2 235CB

全高は最大1450mm、縮長は403mm、重さは1200gと軽量なカーボン製の三脚。5段仕様の脚とセンターポール反転機構により、収納時はコンパクトにまとまるのが特徴です。

価格が1万円台と比較的リーズナブルなのもポイント。使い勝手は良好なので、お得感の高い三脚を求めている方におすすめです。

MeFOTO A1350Q1

MeFOTO A1350Q1

発売から数年経っているロングセラーモデルの三脚。豊富なカラーラインナップを取り揃えているのが特徴です。

アルミ製の5段仕様で、全高は最大1565mm。脚を反転させることができるので縮長は390mmと短めです。重さは1630gと持ち運ぶ際もスムーズに対応することが可能。なお、3本の脚のうち1本は取り外しが可能なので、一脚としても活用することができます。

シルイ(SIRUI) A-1005+Y-10 SET

シルイ(SIRUI) A-1005+Y-10 SET

全高は最大1490mm、縮長は360mmと小型のアルミ製三脚。コンパクトながら、パイプ1本を取り外して一脚にも対応できるのが特徴です。

5段仕様の脚に加え、センターポールが2段仕様になっているのもポイント。重さは1500gとサイズのわりに重めですが、自由雲台が付属しているので、使い勝手は良好です。