カメラを固定するときに役立つ「三脚」。一眼レフカメラ・ビデオカメラ・スマートフォン向けなど、ラインナップが豊富です。三脚ごとに使いやすさや機能性が異なるので、あらかじめ撮影意図を明確にしておきましょう。

今回は、一眼レフカメラ・ビデオカメラ・スマートフォン向けのおすすめ三脚をピックアップしました。選び方も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

三脚の選び方

使用するカメラの種類に合わせたモデルを選ぶ

一眼レフ・ミラーレス

By: kenko-tokina.co.jp

一眼レフやミラーレスカメラ用の三脚を選ぶときは、使いやすさと耐荷重をチェックしましょう。

移動しながらの撮影やアウトドアシーンで使用するときは、コンパクトサイズかつ軽量モデルがおすすめ。屋外の撮影は撮りたいと思った瞬間にカメラを構えられる機動力が重要なので、セッティングのしやすさも確認しておくことが大切です。

耐荷重とは、三脚に設置できるカメラ機材の最大重量のことです。耐荷重を超える荷重が加わると、バランスを失って倒れたり、パーツが破損したりする可能性があります。

望遠レンズやズームレンズを備えたカメラは、本体重量が重くなる傾向があるので、あらじめ耐荷重を調べておきましょう。重量のある機材を設置する場合は、耐荷重15kg以上の製品がおすすめです。

ビデオカメラ

By: velbon.com

ビデオカメラ用の三脚を選ぶときは、雲台の滑らかさをチェックしましょう。雲台とは、三脚とカメラの間に位置するパーツのことです。2つを固定したり、スコープの向きを変えたりするのに利用します。

「オイルフリュード雲台」を採用した製品は、手の振動を低減しながら滑らかで正確な動きをサポートするのが特徴。動く被写体を追いやすく、撮影ミスを減らせるのに役立つのが魅力です。

また、パンストッパーとチルトストッパーを備えた製品は、アングルをチェックしながら片手でパンとチルトを調節できます。

スマホ

By: elecom.co.jp

スマホ用の三脚を選ぶときは、持ち運びやすさををチェックしましょう。コンパクトサイズかつ軽量モデルなら携帯しやすく、さまざまな場所で使用できます。

縦向きと横向きどちらにも対応した三脚は用途に合わせて構図を変えられるので、表現の幅を広げられるのが魅力です。写真撮影だけでなく、動画撮影も楽しめます。

また、Bluetoothリモコンが付属した製品は、リモート撮影が可能。離れた場所からシャッターを押せるため、集合写真を撮影するときなどにも便利です。

パイプの素材をチェック

軽量で持ち運びに有利な「カーボン」

By: amazon.co.jp

カーボン製の三脚は、持ち運びやすい軽量化を実現しているのが特徴です。例えば、「10層カーボンファイバー」を採用した製品は、軽量ながら剛性に優れているのがポイント。アクティブに移動しながら撮影をおこなうときにも活用できます。

アルミ製の三脚よりも高価ですが、剛性に優れているので長く使い続けられます。環境変化を受けにくいため、寒冷地などの過酷なシチュエーションにも対応。プロフェッショナル向けの三脚を求めている方にもおすすめです。

価格が安い「アルミ」

By: manfrotto.com

アルミ製の三脚は、定番シリーズとして人気です。スマートフォン・コンデジ・ミラーレス一眼など、さまざまな機材に対応しています。三脚のラインナップも豊富なので、用途に適した製品を見つけやすいのも魅力です。

カーボン製よりもリーズナブルな価格帯のモノが多いので、はじめて購入する方にもおすすめ。コストパフォーマンスに優れているため、幅広いシチュエーションで使用できます。

脚の固定方法をチェック

ナットロック

By: amazon.co.jp

ナットロックは、ナットを回しながら脚の長さを調節する固定方法です。脚の節目にナットが配置されており、締めつけ具合を調節しやすいのが特徴です。固定力に優れているため、安定した状態で撮影に臨めます。

ナットロックの三脚は、凹凸が少ないのもポイント。使わないときはコンパクトにまとめられます。移動が多い撮影をおこなうときにもおすすめです。

ただし、ナットロックは手で回す必要があるため、操作に慣れるまではセッティングに時間がかかる傾向があります。また、見た目ではロックされているのかわかりにくいので、使用前にロック状態を確認することが大切です。

レバーロック

By: kenko-tokina.co.jp

レバーロックは、レバーを開閉して脚を固定するタイプです。レバーを倒すだけのシンプルな構造を採用しているので、スムーズにセッティングができます。

レバーの開閉状況をひと目で把握しやすく、誤操作を防げるのもポイントです。レバーの固定力が緩んだときは、六角ナットなどの工具を用いて締めつけ具合を調節できる製品も存在します。

ノブロック

ノブロックは、つまみを回して固定するタイプです。ナットロックと同様にセッティングまでに時間がかかりますが、固定力を調節しやすいので、さまざまなシチュエーションで活用できます。

なお、ノブロックは古いモデルに採用されているため、流通量は多くありません。また、経年劣化によりネジが折れてしまう可能性もあるので注意しましょう。

ウルトラロック

By: velbon.com

ウルトラロックとは、三脚専業メーカー「ベルボン」が独自開発した固定方法です。脚を回転させながら固定力を調節する仕組みを採用しています。脚が回るだけのシンプルな構造のため、誰でも簡単に使いやすいのが特徴。レバーやナットなどのパーツがなく、コンパクトにまとめられます。

ウルトラロックの三脚は、スピーディーに設置できるのも魅力です。なお、ナットロック同様に締めつけ具合を確認しにくいため、あらかじめ固定力をチェックしておきましょう。

目線より少し下が使いやすい高さの目安

By: manfrotto.com

撮影のしやすさを重視するなら、三脚の高さをチェックしましょう。ファインダーやモニターを覗きながら撮影をするときは、目線よりもやや低い位置まで脚を伸ばせる三脚がおすすめです。

三脚が低すぎると前屈みの姿勢で撮影をおこなうため、身体に負担がかかりやすく、使いにくく感じてしまいます。さまざまなシチュエーションで撮影を楽しみたいなら、胸の高さまで脚を伸ばせるモデルを選びましょう。

三脚の伸縮は、最低高と伸長の数値から確認できます。ローアングルの撮影をおこなうときは最低高が低いモデル、ハイアングルの撮影をするなら伸長の高いモデルが便利です。

脚の段数をチェック

By: manfrotto.com

三脚の段数は、3〜5段が一般的です。段数が少ないほど、安定感が増してカメラがブレにくいのが特徴。段数が多いほどコンパクトに折りたたみやすく、気軽に持ち運びできます。

脚の段数が少ないモデルと多いモデルに優劣はありません。アウトドアシーンでアクティブに使いたいときは4〜5段の三脚にするなど、用途に合わせて段数を選ぶことが大切です。

パイプ径は太い方が安定感が高い

By: velbon.com

パイプ径は、脚の太さを表しています。三脚はパイプ径が細いモデルと太いモデルが存在しており、それぞれ特徴が異なります。

パイプ径が細いモデルは本体重量が軽いので、持ち運びやすいのが特徴です。一方、パイプ径が太いモデルは安定感が増すので、環境の変化を受けやすいアウトドアシーンでも快適に撮影をおこなえます。

望遠撮影や夜景撮影など、手ブレが発生しやすいシチュエーションは、パイプ径が太いモデルがおすすめです。

雲台をチェック

雲台の種類と特徴

By: amazon.co.jp

雲台とは、カメラと三脚を接続するパーツのことです。カメラの向きや傾きを調節するアイテムで、写真撮影や動画撮影に適した雲台が存在します。雲台の種類は、3way雲台・自由雲台・ビデオ雲台の3種類です。雲台の種類ごとに使いやすさが異なるので、あらかじめ用途を明確にしておきましょう。

スタンダードなのは3way雲台です。上下左右方向の動きに加えて、垂直と水平方向に位置を調節できます。

自由雲台は、ボール状の可動部を搭載しているタイプです。ボール雲台とも呼ばれており、構図を調節しやすいのが特徴。カメラを持ちながら傾きをコントロールできるため、ポートレート撮影やスポーツ現場などで活用できます。

ビデオ雲台は、動画撮影用に設計したタイプです。チルトとパンの動きをコントロールしやすく、スムーズに撮影をおこなえます。可動性にも優れているので、動く被写体を追いかけやすいのもポイントです。

クイックシュー式は取り付けも簡単

By: kenko-tokina.co.jp

使いやすさを重視している方は、クイックシュー式の雲台がおすすめです。カメラボディにクイックシュープレートを装着しておくことで、すばやくカメラを着脱できます。三脚を使用した定点撮影と手持ち撮影を切り替えやすく、スポーツ現場やアウトドアシーンなど、機動力を問われるシチュエーションにも便利です。

なお、クイックシュープレートを紛失すると、三脚に設置できなくなります。また、取り付けるネジが緩んでしまうことで落下する可能性もあるので、管理には気をつけましょう。

高さ調節の有無や範囲をチェック

By: kenko-tokina.co.jp

三脚のなかには、脚の長さではなくセンターポールの長さを調節できる製品が存在します。ギア式エレベーターを採用した三脚は、細かい高さ調節が可能。脚を最大限に伸ばした状態から、さらに高く設定できます。

ハンドルを回すだけのシンプルな操作性のため、誰でも簡単に使いこなせるのが特徴。こだわりの構図で撮影をおこなえます。

さらに、「フリクションアジャスト機構」を採用したモデルは、エレベーター動作の硬さを調節できるため、何度も構図を変えるときに便利です。また、水準器が付属していると高さだけでなく傾斜の調節もおこなえます。

三脚のおすすめメーカー

マンフロット(Manfrotto)

「マンフロット」は、カメラバッグ・三脚・スマートフォン周辺機器などのアイテムを扱うメーカーです。シンプルな機能性のエントリーモデルからプロフェッショナルモデルまで、ラインナップが豊富。撮影意図に適したアイテムを見つけられます。

マンフロットの三脚は、ローアングルやハイアングルなど、さまざまな高さから撮影をおこなえるのが特徴です。子供やペットの目線に合わせたり、頭上から撮影したりと、表現の幅を広げられます。

ベルボン(Velbon)

「ベルボン」は、三脚用品の製造・販売しているメーカーです。超望遠撮影用やアウトドア向け三脚など、用途に特化した三脚を手がけています。

ベルボンの三脚は、機能性と使いやすさを追求しているのが特徴。コンパクトサイズかつ軽量モデルの製品が多く、旅行やアウトドアシーンでも快適に持ち運びできます。フル開脚・セミ開脚1・セミ開脚2・標準開脚など、開脚角度を細かく調節できる製品なら、撮影意図や設置場所に合わせて使いこなせておすすめです。

スリック(SLIK)

スリックは、三脚・一脚・クイックシューなどを手かげるメーカーです。「滑らか」を意味する「SLIK」の名の通り、滑らかで操作しやすい三脚の開発に力を入れています。

スリックの三脚は、セッティングから撮影までをスムーズにおこなえるのが特徴です。業務用カメラ機材を手がける「アルカスイス」互換のシューを搭載しているので、カメラの着脱も簡単におこなえます。定点撮影と手持ち撮影を切り替えやすいのもポイントです。

三脚のおすすめ|一眼レフ・ミラーレス向け

マンフロット(Manfrotto) Element MII アルミニウム4段三脚キット MKELMII4BK

軽量ながら安定性に優れたトラベル三脚です。最大伸高160cmのため、ローアングルだけでなくハイアングルの撮影もおこなえます。最大耐荷重は8kg。コンパクトカメラからズームレンズを装着した一眼レフまで、幅広いカメラに対応します。

開脚角度セレクターとツイストロックシステムを採用。狙った構図にセットアップしてすばやく撮影をおこなえます。不安定な設置場所で撮影するときにも便利です。センターコラムにはウェイトフックを配置しているため、撮影状況に合わせてウェイトを追加できるのもポイントです。

アルミニウム製のボール雲台を搭載。自由自在にアングルを調節しやすく、ロックも安定します。また、パッド入りのキャリングバッグが付属しているため、持ち運びも便利です。

マンフロット(Manfrotto) befree 3ウェイライブ アドバンス MKBFRLA4BK

写真撮影と動画撮影どちらのシチュエーションでも活躍するトラベル三脚です。最大6kgの耐荷重性能を実現しています。-30〜70℃の環境にも対応するため、過酷な環境下の撮影も可能です。

全伸高は151cm。開脚角度セレクターのはたらきにより、ローアングルからハイアングルまで、多彩な構図で撮影をおこなえます。また、パンとチルトにはフルードドラッグシステムを採用しているので、スムーズにアングルを変えられるのも魅力です。

ハンドルは折りたたみ式のため、使わないときはコンパクトにまとめられます。持ち運びやすさにも優れているので、アウトドアシーンにもおすすめです。

マンフロット(Manfrotto) befree GT カーボンT三脚キット ソニーαカメラ専用 MKBFRTC4GTA

ソニーαユーザーのために開発されたトラベル三脚です。「α7」や「α9」シリーズとの互換性があり、さまざまなレンズを装着可能。12kgの耐荷重性能を備えています。プレート前部の突起がカメラボディを物理的に固定するため、安定したグリップ感を発揮するのもポイントです。

可動性に優れた「アルミニウムセンターボールヘッド」を搭載。撮影意図やカメラの傾きに合わせて、自由自在にアングルを調節できます。滑らかな動きをサポートするので、すばやく構図を決められるのも魅力です。

脚の高さや角度を独立して設定できるため、傾斜のある場所でもカメラを水平に保てます。確実に脚を固定するツイストロック式「Mロック」を採用しているのも特徴です。

ベルボン(Velbon) 小型トラベル三脚 UT-3AR

小型ながら高性能な三脚。収納時の高さは295mmです。脚を180°逆に折りたたんで収納できるため、使わないときはコンパクトに収納できます。リュックやバッグに入れやすく、登山やツーリングなどのアウトドアにも気軽に携帯可能です。

脚部は長さの調節ができます。伸縮比が約4.6倍とローアングルからハイアングルまで対応可能です。また、固定方法はウルトラロック式。脚部の先端をひねるだけで5段すべてを固定・解除できる、設置スピードに優れたタイプです。

シュープレートには、アルカスイス互換シューを採用。幅広い機器に採用されているタイプなので、さまざまなカメラを設置できます。高機能ながら重要が1kg以下と軽量なのもポイント。持ち運びやすさと使い勝手のよさにこだわる方におすすめの三脚です。

ベルボン(Velbon) カーボン三脚 ジオ カルマーニュ N635III 447111

安定性と使いやすさを追求した三脚です。軽量ながら、優れた剛性を発揮する28mm径のカーボンファイバーパイプを使用。表面を研磨することで、スムーズに脚の長さを調節できます。

開脚角度は、フル開脚・セミ開脚・標準開脚の3段階。セミオートラチェット機構を採用しているので、スムーズに開脚角度を調節できます。角度はそれぞれの脚で設定できるため、ローアングルや不安定な設置環境でも快適な撮影が可能です。

脚ロックナットはシンプルな設計を採用。握りやすく、簡単に脚の長さを調節できます。内部には空回り防止機構を備えているため、接続部分が外れてしまう心配もほとんどありません。また、別売りのスパイク石突や可変石突にも付け替えられるのもポイントです。

ベルボン(Velbon) 超望遠撮影用大型カーボン三脚 4段 プロフェッショナル・ジオ N840

プロフェッショナルのニーズに応えた超望遠撮影用の大型カーボン三脚です。無段階カウンターバランス機構や照明付き水準器など、プロの現場では必須の機能を搭載。野生動物・乗りもの・星景撮影など、幅広いシチュエーションで活用できます。

軽量かつ剛性に優れた36mmカーボンファイバーパイプを採用。パイプ表面を研磨しており、高さ調節をスムーズにおこなえます。また、脚部分の最上段には経年劣化しにくい発泡ゴム製のスポンジグリップを装着しているため、寒冷地でもスムーズな操作が可能です。

開脚角度は、フル開脚・セミ開脚1・セミ開脚2・標準開脚の4段階。撮影意図や設置場所に合わせて、自由自在に角度を調節できます。それぞれの脚ごとに開脚パターンを設定できるため、地面が整備されていない場所でも安定した撮影が可能です。

スリック(SLIK) 三脚 GX 6400 VIDEO

2way雲台を搭載した4段タイプの三脚です。ギア式エレベーターを採用しているので、三脚の高さを細かく調節できます。加えて、フリクションアジャスト機構を備えており、エレベーターの硬さを設定できるのもポイントです。

カメラの向きを自由自在に操作するパンハンドルが付属。上向き・下向き・前後反転など、スムーズに操作できます。運動会や発表会など、動く被写体を捉えたいときにもおすすめです。パンハンドルは着脱式のため、用途に合わせて使い分けられます。

クイックシューとカメラの取り付けは蝶ネジ式なので、指先で簡単に操作可能です。専用工具やコインを準備する必要はありません。DIN規格のクイックシューは安定性に優れており、さまざまなカメラを使用できます。

スリック(SLIK) 三脚 シネマスプリント 240

使いやすさを追求した動画撮影向けの三脚です。2way雲台はオイルフリュードとスプリングバランスヘッドを採用しており、滑らかな動きをサポートします。

開脚角度は、通常・ミドル・ローの三段階なので、さまざまなシチュエーションで使用可能です。雲台とエレベーターの間には「レベリングユニットⅡ」を配置。傾斜のある環境でも雲台を水平に保てるため、安定した構図で撮影できます。

簡単にカメラを取り付けられるアルカスイス互換のシューを搭載。前後のバランスも調節しやすく、狙い通りの構図で撮影をおこなえます。また、脚の伸縮はレバーロック式なので、安定感に優れているのも魅力です。

スリック(SLIK) 三脚 VT-523 N

携帯性と使いやすさを兼ね備えたビデオグラファー向け三脚です。スプリングバランス機構とオイルフリュードの組み合わせています。撮影意図や設置場所に合わせて、カメラアングルをスムーズに調節できるのが特徴です。

パンとチルトの動きをコントロールするレバーは、雲台の左側に配置。ロック状態を確認したり固定具合を調節したりと、さまざまな操作をスムーズにおこなえます。安定性だけでなく、使いやすさにこだわっているのも魅力です。

石突はスパイクとゴムの2種類が付属。アスファルトなどの硬い場所に設置するときはゴム、砂浜や芝生に設置するときはスパイクにするなど、用途に合わせて付け替えられます。

AOKA トレッカー三脚 カーボン 5段 KN225C+KB25

過酷な環境下でも快適に使用できるトレッキング向け三脚です。センターポールを搭載しながら、軽量化を実現。180°開脚折りたたみ機構により、コンパクトに収納できます。持ち運びやすさと使いやすさに優れているので、撮りたいと思ったときに使用可能です。

耐荷重は11kg。重量のある機材なども設置できるため、表現の幅を広げられます。脚は取り外し機構を備えており、一脚として使えるのもポイントです。

そのほか、アルカスイス互換の自由雲台が付属。カメラをスムーズに着脱できるため、手持ちと三脚撮影の切り替えも簡単です。

AOKA トラベラー三脚+自由雲台 KG254C+BH33

全伸長最大162.4cmを実現したフォトグラファー向け三脚です。軽量かつ剛性に優れた10層カーボンファイバーを採用しているのが特徴。16kgの耐荷重を発揮するため、広角から望遠まで幅広いレンズを装着できます。

センターポールは取り外し可能。ハイアングルだけでなく、ローアングルの撮影にも対応します。子供やペットの目線に高さを合わせたり、頭の高さから撮影したり、さまざまな表現が可能です。

それぞれの脚を異なる高さや角度に調節できるため、傾斜のある場所でも安定した撮影をおこなえます。カメラを水平に保てるので、登山やアウトドアシーンの撮影も便利です。

三脚のおすすめ|ビデオカメラ向け

マンフロット(Manfrotto) ビデオキット ツイン3段アルミ MSタイプ MVK502AM-1

快適な操作性をサポートするビデオカメラ向け三脚です。フルードドラッグシステムを採用しており、手の振動を低減しながら滑らかで正確な動きを実現します。構図をすばやく決められるのも魅力です。

耐荷重は7kg。また、スプレッダーとゴムスパイクのはたらきにより、三脚の安定化を図れるのもポイントです。バブル水準器を活用することで、常に水平の構図で撮影をおこなえます。

二段式ツインチューブ設計のため、折りたたみが可能。使わないときはコンパクトにまとめられます。また、パッド入りのキャリーケースが付属しており、持ち運びも便利です。

ベルボン(Velbon) 小型ファミリービデオ三脚 4段 ビデオ II EX-447

定速かつ滑らかな動きを実現するオイルフリュード雲台を採用したビデオ三脚です。粘性のある潤滑剤を使っているため、スムーズな操作性を実感できます。付属のBluetoothリモコンとスマートフォンホルダーを装着することで、スマホを使った撮影も可能です。

パンストッパーとチルトストッパーを側面同軸に配置。アングルをチェックしながら、片手でパンとチルトを調節できます。安定性だけでなく、使いやすさにこだわっているのも魅力です。

「EXビデオシリーズ」のなかでも小型・軽量のため、子供の運動会や発表会など、場所を選ばずに使用できます。また、専用のキャリングケースが付属しているので、持ち運びも便利です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 三脚 ZF-400 WSH

幅広いシチュエーションで使用できるファミリー向け三脚です。付属のスマホホルダーを装着することで、スマートフォンの取り付けも可能。縦位置と横位置どちらにも対応しているため、表現の幅が広がります。動画撮影だけでなく、写真撮影をおこなえるのもポイントです。

センターポールには、ステーストッパーを配置。開脚角度を任意の場所で固定できます。カメラの着脱は、専用のクイックシューを利用。三脚を使った定点撮影と手持ち撮影をスムーズに切り替えられるのも魅力です。

脚ロックはレバー式を採用。撮影意図に合わせてスムーズに調節できます。備えているラック&ビニオン式エレベーターにより、高さを細かくコントロール可能です。

リーベック ビデオカメラ三脚 VLI-TH-Z

約2.4kgと軽量ながら高い剛性を発揮する三脚です。伸縮式のミッドスプレッダーとフットラバーにより、スライダーを取り付けたときの安定性が高く、快適な撮影をおこなえます。スライダープラットフォームにはボールペアリングが8個配置されており、滑らかな動きのスライダーショットが可能です。

ワンタッチで着脱できるスライドプレートを採用。カメラの取り外しがスムーズなので、定点撮影から手持ち撮影の切り替えも簡単です。また、LED照明付水準器を備えているのもポイントです。

脚は約180°開閉が可能。わざわざ脚を取り外さなくてもキャリングケースに収納できます。使わないときはコンパクトにまとめられるため、持ち運びも便利です。

ハクバ(HAKUBA) 三脚 W-312B2

軽量かつ安定性に優れた4段式の三脚です。ロックレバーを起こして脚を伸ばすだけのシンプルな構造なので、簡単に使いこなせます。コストパフォーマンスにも優れているため、カメラ初心者におすすめです。

それぞれの脚の長さを変えられるのも魅力。水準器が付いているので、傾斜のある環境でも水平を保てます。また、アングルを自由自在にコントロールしやすい3way雲台を採用しているのもポイントです。

別売りのアクセサリーを使用することで、スマートフォンやアクションカメラも装着できます。専用キャリングケースが付属しているため、移動しながらの撮影も便利です。

Wide Trade レベリングベース搭載カーボン三脚 LS-225CEX

スタジオ撮影からアウトドアシーンまで対応するオールラウンダーな三脚です。10層カーボンファイバーチューブを採用しており、軽量ボディながら高い堅牢性を有しています。

可動性と安定性に優れたハーフボールシステムを搭載。撮影環境や傾斜に合わせて、スムーズに水平調節をおこなえます。最低高8.4cm、伸長140cmで、さまざまなアングルの表現が可能です。

コンパクトサイズかつ軽量化を実現しているため、カメラバッグにもすっきりと収納できます。持ち運びやすいので、旅行などのシチュエーションにもおすすめです。

Glvaner ビデオカメラ三脚 GL-B-0003

60〜170cmまで高さ調節ができるビデオカメラ三脚です。Webカメラ・ミラーレス一眼・アクションカメラなど、幅広い製品を設置できます。強化アルミを採用しており、軽量性に優れているのも魅力です。

自由自在にアングルを変えられる3Way雲台を搭載。被写体の動きに合わせてすばやく構図を調節できます。また、固定方法はレバーロックなので、操作性も良好です。

三脚の先端には、滑り止めを防止するゴムを施しているのも特徴。タイルなどの滑りやすい環境でも安定した撮影をおこなえます。

Ulanzi 三脚 MT-44

ビデオカメラ・スマートフォン・アクションカメラを装着できる三脚です。32〜109cmの4段階伸縮をおこなえるので、撮影意図に合わせて三脚の長さを調節できます。三脚を閉じると自撮り棒としても使用可能。セルフィーやVlogを撮影するときにも便利です。

360°自由自在に回転するボールヘッドを搭載しているので、こだわりのアングルで撮影をおこなえます。縦位置と横位置どちらにも対応しており、動画だけでなく写真撮影も可能です。

脚部分は回転ロック式を採用。簡単に使いこなせるので、セッティングもスムーズにおこなえます。また、三脚の先端に滑り止めのゴムが付いているのもポイントです。

JPNCheery 三脚

さまざまな高さで撮影をおこなえる5段階伸縮の三脚です。最大147cmまで三脚を伸ばせるので、人の目線に近い自然なアングルの撮影ができます。使いやすさに優れた3way雲台を備えているため、表現の幅を広げられるのも魅力です。

スマートフォン・ビデオカメラ・タブレットなど、さまざまな機材を設置可能。Bluetoothリモコンとスマートフォンを接続するだけで、離れた場所からシャッターを押せます。集合写真を撮影するときも便利です。

三脚の先端は滑り止め防止のゴムが付いているため、タイルなどの滑りやすい環境でも快適に撮影ができます。

Pivo 三脚 TRPD

シンプルな構造で使いやすさに優れた三脚です。耐荷重は5kgなので、ビデオカメラだけでなく、小型軽量のミラーレス一眼レフカメラも設置できます。

センターポール1本だけで最長160cmまでの高さ調節が可能。人の目線に近い構図で撮影をおこなえます。また、レバーロック式を採用しているため、使いやすさも良好です。

開脚角度は3段階。根元のストッパーを押さえながら操作するだけなので、簡単に使いこなせます。収納方法は逆向き折りたたみ式のため、コンパクトにまとめられるのも魅力です。

三脚のおすすめ|スマホ向け

マンフロット(Manfrotto) Element MII アルミニウム4段三脚MBTキット MKELMII4RMB

設置から撮影までをスムーズにおこなえる、ツイストロックシステムを採用したスマホ向け三脚です。アルミニウム製のボール雲台を搭載しており、撮影意図に合わせて自由自在に角度を調節できます。最大伸高160cmながら、1.55kgの軽量化を実現しているため、持ち運びもスムーズです。

耐荷重は8kg。スマートフォン・コンデジ・ミラーレス一眼レフカメラなど、さまざまな機材を使用できます。センターコラムにはウェイトフックを備えているため、撮影状況に応じてウェイトを追加可能です。

スマートフォン用アダプターとBluetoothリモコンが付属。約8.4cm幅までのスマートフォンを固定できます。Bluetoothリモコンは、最大約27.5mまで対応するため、リモート撮影をおこなうときも便利です。

マンフロット(Manfrotto) PIXI Smart MKPIXICLAMP

コンパクトサイズかつ軽量化を実現したスマホ向け三脚です。手のひらほどの大きさなので、気軽に持ち運びながら撮影をおこなえます。ユニバーサルな設計のスマートフォン用クランプが付属しているため、さまざまな機種を使用可能です。

ボタンプッシュ型のロックシステムを採用しているので、セットアップも簡単。撮影をしたいと思ったときにスマートフォンを構えられます。

三脚を畳むことでグリップとしても使用可能。手に馴染みやすく、動画撮影も快適におこなえます。

ベルボン(Velbon) スマホ三脚 302649

ローアングルからハイアングルまで対応するスマホ向け三脚です。三脚と自撮り棒の2wayモデルを採用。自撮り棒モードでは74cmまで伸ばせるため、広範囲を写したり複数人でセルフィーをしたりと、さまざまな用途で活用できます。

スマートフォングリップは強力なバネを備えているので、固定力に優れているのも特徴。歩きながらの撮影も快適におこなえます。また、スマートフォンは縦向きと横向きどちらにも対応しており、シーンに合わせて使い分けが可能です。

そのほか、リモート撮影をおこなえるBluetoothリモコンが付属。使わないときは持ち手部分に収納できます。機能性だけでなく、使いやすさにこだわっているのも魅力の三脚です。

エレコム(ELECOM) スマートフォン用2way三脚 P-STSR02

機能性と使いやすさを兼ね備えたスマホ向け三脚です。三脚だけでなく自撮り棒としても活用できます。自撮り棒モードでは、約18.5〜68cmまで長さ調節が可能。スムーズに伸縮するため、セルフィーをするときに便利です。

三脚モードの長さ調節は、約24.5〜74cmまで対応。スマートフォンを縦向きにしてテレビ通話をしたり、横向きにして集合写真を撮影したりと、さまざまなシチュエーションで使用できます。Bluetoothで接続するワイヤレスリモコンが付属しており、離れた場所からでもシャッターを押せるのもポイントです。

スマートフォンホルダーは6.7インチまでの大きさに対応します。また、ホルダー部分に滑り止め加工が施されているのもポイントです。スマートフォンホルダー・自撮り棒・リモコンが一体化しているため、気軽に持ち運びできます。

エレコム(ELECOM) スマートフォン用三脚 ロング P-STSRSLBK

最大160cmまで伸ばせるロングタイプのスマホ向け三脚です。三脚の高さは、約38〜160cmまで調節可能。ローアングルからハイアングルまで対応します。ハイアングルの構図が得意なので、広角撮影や全身撮影をするときにもおすすめです。静止画だけでなく動画撮影にも活用できます。

雲台は360°回転が可能。縦向きと横向きどちらにも対応しているため、表現の幅を広げられます。スマートフォンホルダーには、アクセサリーシューが付属。マイクやライトなどのアクセサリーを取り付けられるのも魅力です。

また、ホルダー部分に落下防止の滑り止め加工が付いており、安定性にも優れています。使わないときはコンパクトにまとめられるので、持ち運びも便利です。

NEEWER カメラ三脚スタンド 10100701

カメラアングルを自由自在に調節できる「マルチアングルボールヘッド」を採用したスマホ向け三脚です。垂直方法と水平方向のアングルに対応しているので、縦向きと横向きの撮影をスムーズに切り替えられます。

側面には、LEDライト・マイク・ストロボなどの機材を搭載できるため、本格的な撮影も可能です。

スマートフォンを設置する三脚だけでなく、手持ち撮影用の機器としても活用できます。三脚を閉じるだけなので、使い分けも簡単です。定点カメラとして使用したり、自撮り棒としてセルフィーを撮影したりと、さまざまなシチュエーションで活用できます。

そのほか、iPhoneやAndroidと連携できるBluetoothリモコンが付属。離れた場所にカメラを設置してリモート撮影をおこなえます。専用リモコンはボタンを押すだけなので、使いやすさも良好です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スマホ三脚 200-DGCAM018

約80gと軽いスマホ向け三脚です。コンパクトサイズかつ軽量モデルなので、バッグやポケットに入れて気軽に持ち運びできます。旅行などのシーンにもおすすめです。

スマートフォンホルダーは、360°回転可能。縦向きと横向きのアングルで撮影をおこなえます。横向きでは35°の角度調節ができるため、画角にこだわれるのもポイントです。動画鑑賞・オンライン授業・動画撮影など、さまざまなシチュエーションで活用できます。

三脚を折りたたむと手持ち撮影用の一脚としても使えるため、Vlogやセルフィーを撮影するときにも便利です。スマートフォンの着脱もスムーズにおこなえるので、快適に使いこなせます。

スリック(SLIK) マルチポッドR II MTPODR2

スマートフォンとカメラの両方を設置できるマルチ三脚です。センターポールを搭載することで、全高79cmを実現。6段階の高さ調節をおこなえるため、多彩な表現を楽しめます。

高さを調節することで、テーブル三脚と手持ち三脚どちらの用途でも使用可能です。また、雲台の設計にこだわっており、スマートフォンやカメラとの干渉が少なく、機材をスムーズに設置できます。

Bluetoothリモコンが付属。スマートフォンとリモコンを連携することで、離れ場所からでもシャッターを押せます。集合写真を撮影するときや、野生動物を撮影するときにも便利です。また、専用ポーチが付属しているため、気軽に持ち運びできます。

AOKA ミニ三脚 カーボン 3段 CMP163C+KB20

持ち運びやすさと使いやすさを追求したスマホ向け三脚です。本体重量は約440g。軽量ながら10層カーボンを使用するなど、耐久性に優れているのもポイントです。

3kgまでの耐荷重を発揮するので、スマートフォンだけでなく、より重いカメラも装着できます。シチュエーションに合わせて機材の使い分けが可能です。また、アルカスイス規格のスマートフォンアダプターが付属しているので、iPhoneやGalaxyなど、さまざまな機種に対応します。

三脚は3段式のため、構図に合わせて高さ調節が可能。脚を伸ばしたまま格納することで、自撮り棒としても活用できます。旅行や登山などのシーンにもおすすめです。

UBeesize スマホ三脚 JP-UB-TZ621BK

スマートフォン・デジカメ・アクションカメラなど、幅広い機種を設置できるマルチ三脚です。スマートフォンクリップは14.5cmまで伸びるため、ケースを付けたままのスマートフォンにも対応します。コンパクトサイズかつ軽量化を実現しているので、持ち運びも便利です。

使用方法は、三脚と自撮り棒の2通り。撮影シーンに合わせて使い分けられます。また、Bluetoothリモコンが付属しているため、リモート撮影も可能です。自撮り棒は、集合写真を撮影するときや、複数人でセルフィーを撮影するときに活用できます。

安定感に優れたクイックロックを採用。好みの構図で快適な撮影をおこなえるのもポイントです。三脚には滑り止め加工を施しているので、滑りやすい環境でも安定感を発揮します。

三脚の売れ筋ランキングをチェック

三脚のランキングをチェックしたい方はこちら。